記事ID138428のサムネイル画像

【全作品名作】おすすめ人気メタルギアソリッドランキング10選

ノーマン・リーダスとマッツ・ミケルセンを起用した「デス・ストランディング」が今非常に話題です。そんなデス・ストランディングを監督するのが日本が誇るゲーム・クリエイター小島秀夫監督です。本記事では小島監督の「メタルギアソリッド」シリーズを紹介したいと思います。

メタルギアソリッドシリーズの魅力

『メタルギアソリッド』シリーズはMSX2で発売された世界初のステルスゲーム「メタルギア」から連なる『メタルギア』サーガを描いたシリーズです。シリーズを通してソリッド・スネーク、ネイキッド・スネーク、雷電と三人の主人公が存在します。

 

本作の魅力は世界初のステルスゲームとしてシリーズを通して圧倒的なクオリティがあると同時に、徹底的に作りこまれた世界観反核反戦をテーマにした深いストーリーが魅力となっています。そのためメタルギアソリッドのストーリーは「映画のよう」と形容されます。

 

スリリングで敵を出し抜く爽快感のあるステルスゲームと映画のように重厚で時に笑え、時に泣けるストーリーは多くの人を魅了してやみません。そのため、シリーズの世界累計販売数は4000万本を超えています。まさに日本の誇る圧倒的名作ゲームです。

メタルギアソリッドシリーズの選び方

メタルギアソリッドシリーズはMSX2版やリメイク版、外伝を含めれば30本以上存在します。そのため、どこからプレイしていいかわからない人も多いでしょう。本項ではメタルギアソリッドシリーズの選び方を紹介します。

主人公で選ぶ

メタルギアソリッドシリーズにはシリーズを通して三人の主人公が存在します。主人公が違えば物語の彩りも大きく違うでしょう。本項ではその三人の主人公について紹介したいと思います。

ソリッド・スネーク

ソリッド・スネークは全ての始まりであるMSX2版「メタルギア」の主人公で、シリーズを通して「メタルギア」「メタルギア2」「メタルギアソリッド」「メタルギアソリッド2(前半のみ)」「メタルギアソリッド4」で主人公を担当しています。

 

MSX2版「メタルギア」のラスボスであり、シリーズを通して重要な存在として君臨する「BIGBOSS」のクローンで、高い戦闘力と潜入スキルを持っています。愛煙家であり、皮肉屋な側面も存在します。

 

PS1ソフト「メタルギアソリッド」によって世界にばら撒かれた核搭載二足歩行戦車「メタルギア」の根絶とアメリカを裏から支配している「愛国者達」の打倒を目的として活動しています。

ネイキッド・スネーク

ネイキッド・スネークはメタルギアより以前の時代を描いた「メタルギアソリッド3」の主人公です。シリーズを通して「メタルギアソリッド ピースウォーカ」「メタルギアソリッドV:グランドゼロズ」で主人公を担当しています。

 

その正体は後にBIGBOSSと呼ばれる伝説の傭兵で、ソリッド・スネークのクローンの元となった人物です。見た目はソリッド・スネークと大差はありませんがメタルギアソリッド3の事件で右目の視力を失い眼帯をしているのが特徴です。

 

性格はソリッド・スネーク同様冷静沈着で皮肉屋な側面があります。しかしソリッド・スネークと違い、40代になるまでサンタクロースを信じてたり、ワニの頭を被って人を笑わせようとしたりおちゃめな側面があります。

雷電

雷電は「メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ」の主人公です。他にはスピンオフ作品「メタルギア・アイジング・リベンジェンス」の主人公を担当しています。シリーズにおいて様々な役割を担当する人気キャラクターです。

 

雷電は元は「FOXHOUND」に所属する隊員でしたが、後にそのすべてがまやかしであったことが判明します。彼の存在は愛国者達によって無意識に人々を統制するS3計画のコマの一つでしかないことが判明します。

 

その後愛国者達にとらえられた雷電は人体実験によって強化外骨格を埋め込まれしまいます。それによって肉体は大幅に強化されましたが定期的に透析を行わなければなりません。その強化された肉体は「メタルギア・ライジング・リベンジェンス」で体験できます。

プレイスタイルで選ぶ

メタルギアソリッドシリーズは息の長い作品です。それゆえに時代によっては操作方法やゲームスタイルが大きく異なります。

俯瞰で選ぶ

初期のメタルギアは全て俯瞰画面でゲームが展開していました。それはMSX2版メタルギアからの歴史です。そのシステムは立体ポリゴンと化したメタルギアソリッドまで続き、メタルギアソリッド2まで続きました。

 

初期のメタルギアが俯瞰だったのは技術的な問題です。俯瞰だとゲームの楽しさが損なわれるように感じられますが、実際には現代のゲームと遜色なく楽しめる最高のゲームです。技術がないならないなりにとても楽しく作られています。

 

名作ゲームというのはその楽しさも含めて名作なのです。メタルギアソリッドシリーズは全てが名作であり、ひと昔前の作品であっても全く色あせることなく楽しむことができます。俯瞰でもおすすめの作品です。

自由視点で選ぶ

メタルギアソリッド3 スネークイーターのサブスタンス版からカメラが自由移動視点型となりました。それまでのメタルギアソリッドシリーズは頭上からのカメラで固定されており、少ししか動かすことができませんでした。

 

自由移動カメラの魅力はいくつかあります。プレイアブルキャラクターであるスネークを360度自由に見ることができますし、敵の在りかを探りやすくなります。最新作のメタルギアソリッドVまで続くシステムです。

自由移動視点型の導入によってプレイスタイルの幅が大幅に広がりました。しかし、同時に操作しながらカメラを操作しなければならない手間も生まれてしまいます。リアリティが向上したぶん難易度が上がってしまいましたが、馴染みやすいスタイルだと言えます。

シリーズで選ぶ

メタルギアソリッドシリーズは大きく二つのシリーズに分けることができます。大きな違いは小島監督が監督として関わっているかいないかでしょう。

正史で選ぶ

正史とはメタルギアソリッドにおいて主流となるシリーズです。全作で小島秀夫監督が監督として関わっています。その全てがナンバリングタイトルですが、中には「ピース・ウォーカー」などナンバリングタイトルではないものも存在します。

 

正史は小島監督が関わっている作品なのでとくに世界的な評価が高く、ゲームもストーリーもとてつもなく面白い仕上がりになっていると言えます。基本的にメタルギアソリッドシリーズは正史だけプレイしていれば問題ないでしょう。

 

もしあなたがメタルギアソリッドシリーズをプレイしてみたい考えるならば、まずプレイするべきは正史のメタルギアソリッドシリーズでしょう。まさに入門におすすめできるメタルギアソリッドシリーズです。

パラレル・スピンオフで選ぶ

小島秀夫監督が監督して携わったシリーズが正史だとしたら小島秀夫監督が関わっていない。あるいはプロデューサーとしてだけ関わっている作品はパラレル・スピンオフだと言われています。

 

例えば「メタルギアソリッド ポータブル・オプス」はネイキッド・スネークが主人公ですが、小島秀夫監督はプロデューサーとしてしか関わっていないのでファンの間ではパラレルだと言われています。

 

中には「メタルギア・ライジング・リベンジェンス」など雷電が主人公のスピンオフゲーム性が大幅に違う作品もあります。従来のメタルギアソリッドシリーズでは味わえないゲーム性があるのがパラレル・スピンオフの魅力でしょう。

オンラインで選ぶ

メタルギアソリッドシリーズの魅力の一つがストーリーだけではなくゲームプレイも楽しいというものがあります。そういったゲームプレイの魅力を突き詰めたものが、『メタルギアオンライン』と呼ばれるオンライン対戦ゲームです。

 

『メタルギアオンライン』はメタルギアソリッド3の時代からあります。現在は進化しており、『メタルギアオンライン3』が『メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン』を購入するとプレイできます。ただし、PS+会員に登録している必要があります。

 

メタルギアオンラインは主に対戦ゲームが主流でステルス要素は少ししかありません。それでもメタルギアソリッドならではのユニークな要素が沢山揃っています。それゆえに人気の高いオンラインゲームとなっています。

 

 

ハードで選ぶ

メタルギアソリッドシリーズには30年以上の歴史があり、その間に様々なハードで出されました。そのため、持っているハードによってプレイできるゲームが変わります。本項ではメタルギアソリッドシリーズにおすすめなハードを紹介します。

PlayStation3で選ぶ

PlayStation3はソニーがPlayStationの第三世代機として開発したコンシューマーゲーム機です。PlayStation2より大幅に性能がアップしていますがPlayStation4が主流な2019年現在、PlayStation3は前世代機と言わざるを得えません。

 

しかし、シリーズのソフトを最も多くプレイできるのが『PlayStation3』です。小島秀夫監督が打ち出したHD化プロジェクトによって『メタルギアソリッド2』と『メタルギアソリッド3』そして『ピースウォーカー』がPlayStation3向けにHD化されました。

 

現在、レガシーコレクションが発売されたおかげで『メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ』『メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン』を除くすべてのメタルギアソリッドのソフトがプレイできます。

PlayStation4で選ぶ

PlayStation4はソニーにおいて現在主流のコンシューマーゲーム機です。その性能はPS3から大幅にアップしているだけではなく、様々な機能が追加されPSVRなどVRゲームにも対応しています。

 

PlayStation4は残念ながらメタルギアソリッドシリーズを殆どプレイすることができません。しかし、それでもPlayStation4を推奨できる理由が『メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ』『メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン』をプレイできるからです。

 

この二作はメタルギアソリッドシリーズ最後にして最新の作品になります。小島秀夫監督はゲームを出すたびにそのハードの性能をぎりぎり限界にまで引き出そうとします。この二作もまたPS4の性能を最大限に活かしたゲームだと言えます。

おすすめメタルギアソリッドシリーズ10選

第10位

コナミデジタルエンタテインメント

メタルギア ソリッド

価格:77,056円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソリッドの原点にして最高峰

『メタルギアソリッド』はPS1向けに開発されたステルスゲームです。もとは「メタルギア3」として開発されていましたがPS1の開発によって3Dポリゴンの開発が可能となり、三次元のソリッドと主人公の名前から「メタルギアソリッド」となりました。

 

MSX2向けに開発された「メタルギア」「メタルギア2」の続編ではありますが、一部辻褄が合わないところも存在しファンの間ではパラレル扱いとなっています。小島監督曰くあまりシリーズの繋がりは意識せず、その時出せる最高のストーリーを送り出しているようです。

 

実際「メタルギアソリッド」は米国のフォーチュン誌20世紀最高のシナリオと称されるほどの評価を得ました。もしメタルギアソリッドに難点があるとすればハードがPS1と今時入手するのは比較的難しいところでしょう。

ハードPlayStation1主人公ソリッド・スネーク
ジャンルタクティカル・エスピオナージ・アクション
第9位

コナミデジタルエンタテインメント

メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット

価格:8,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソリッド・スネーク最後の物語

「メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット」はPS3向けのゲームとして開発されたソフトです。今までシリーズを支えてきたソリッド・スネーク最後の物語であり、シリーズの集大成としての側面があります。

 

ソリッド・スネークはクローンとして人工的に作られた生命です。それ故に寿命が短く設定されており、40代にも関わらず急激な老化が始まっていました。そんなオールド・スネークとしての最後の愛国者達と因縁のリキッド・オセロットとの戦いを描いています。

 

(発売当時から見て)近未来が舞台の本作は未来の戦争が描かれています。そのリアルで近未来的な紛争地帯をオールド・スネークはスニーキングします。彼の最後の戦いを体感しましょう。

ハードPlayStation3主人公オールド・スネーク
ジャンルタクティカル・エスピオナージ・アクション
第8位

コナミデジタルエンタテインメント

メタルギア ライジング リベンジェンス

価格:849円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

斬奪爽快ソードアクション

『メタルギア ライジング リベンジェンス』はPS3向けに開発されたアクションゲームです。『メタルギアソリッド2』の主人公「雷電」を主人公にしたスピンオフ作品です。今までのシリーズとは違い、爽快アクションを前面に押し出したゲームになります。

 

『メタルギア ライジング リベンジェンス』の開発は小島プロダクションではなくアクションゲームの開発を得意とする「プラチナゲームズ」です。スピード感のあるアクションに敵やアイテムを自由にどの角度からも切れる爽快感のあるゲームです。

 

『メタルギア ライジング リベンジェンス』は確かにアクションゲームですが、しっかりメタルギアソリッドらしいステルスな要素も存在します。まるでニンジャのような潜入アクションが可能です。一風変わったアクションを体験したい人におすすめです。

ハードPlayStation3主人公雷電
ジャンルライトニングボルトアクション
第7位

コナミデジタルエンタテインメント

メタルギア ソリッド3 スネーク イーター

価格:8,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シリーズ最高傑作

『メタルギア ソリッド3 スネーク イーター』はPS2向けに開発されたソフトです。主人公はソリッド・スネークではなく、彼の遺伝子も元であり、伝説の傭兵『BIGBOSS』となる男、ネイキッド・スネークです。

 

『メタルギア ソリッド3 スネーク イーター』はシリーズ最高傑作との評価が名高い作品です。舞台は冷戦下のソ連です。そこでネイキッド・スネークは核戦争を止めるためにかつての師と戦うこととなります。

 

この作品からシリーズの象徴である近接格闘クローズ・クウォーター・コンバット。通称CQCが使われるようになります。選択が幅広くなったスリル抜群の潜入と冷戦下の重厚なストーリーを楽しむことができます。

ハードPlayStation2主人公ネイキッド・スネーク
ジャンルタクティカル・エスピオナージ・アクション
第6位

コナミ

METALGEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY

価格:3,549円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現代にも通じる重厚なテーマ

『METALGEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY』はPS2向けに開発されたソフトです。前後編に分かれており、前半の「タンカー編」の主人公をソリッド・スネークが。後半で本編である「プラント編」の主人公を雷電が務めています。

 

舞台はテロリストに占拠された洋上プラント『ビッグ・シェル』です。テロリストの首謀者は「ソリッド・スネーク」を名乗っており、それを止めようと派遣されたのが若きFOXHOUNDの隊員「雷電」です。彼はそこで世界を揺るがす真実を知ることになります。

 

本作は2001年に開発されたゲームですが、にも関わらず現代に通じるテーマを持つ非常に(当時としては)先見の明がある作品でした。それ故にいまでも時々話題となります。本作もまた最高傑作との評価が名高い作品です。

ハードPlayStation2主人公雷電
ジャンルタクティカル・エスピオナージ・アクション
第5位

コナミデジタルエンタテインメント

メタルギア ソリッド スネークイーター 3D

価格:2,856円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高傑作のリメイク

『メタルギア ソリッド スネークイーター 3D』は『メタルギアソリッド3 スネークイーター』を3DSソフト向けにリメイクしたものです。新規のグラフィック新たな操作性など、現代に最適化されたゲームとなっています。

 

例えば、操作性などは『メタルギアソリッド4』や『メタルギアソリッド ピースウォーカー』に近いものとなっています。匍匐だけではなくしゃがみも可能となっており、銃を撃つときはTPS視点のままです。

 

さらに3DSならではの機能として自分で撮った写真をスネークの迷彩柄として取り込むことができます。もし『メタルギアソリッド3』をプレイするのならば『メタルギア ソリッド スネークイーター 3D』がおすすめです。

ハード3DS主人公ネイキッド・スネーク
ジャンルタクティカル・エスピオナージ・アクション
第4位

コナミデジタルエンタテインメント

メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ

価格:1,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壮大な最終章の前日単

『メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ』はメタルギアソリッドシリーズ最後の作品である『メタルギアソリッドV ザ・ファントム・ペイン』の前日譚となる作品です。あくまで前日譚敵作品なのでゲームの規模をそこまで大きくありません。

 

とはいえ、本作はオープンワールドゲームとなっています。中規模のオープンワールドマップ自由に移動することができます。サブミッションも非常に多彩でやりこみ要素が多数、存在します。

 

本作は『FOX ENGINE』と呼ばれる小島プロダクション独自で開発された最新のゲームエンジンが搭載されています。最高のグラフィックとゲーム設計を楽しむことができます。『メタルギアソリッドV ザ・ファントム・ペイン』を購入する前にプレイしましょう。

ハードPS3/PS4/Xbox 360/Xbox one主人公ネイキッド・スネーク
ジャンルタクティカル・エスピオナージ・オペレーション
第3位

コナミデジタルエンタテインメント

メタルギア ソリッド ピースウォーカー

価格:3,789円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライトで手軽なやりこみ要素抜群なメタルギアソリッド

『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』はPSPソフト向けに開発されたメタルギアソリッドシリーズです。小島監督が手掛けている作品の中で唯一ナンバリングタイトルを持たない作品です。ですが、その質は圧倒的に高く正史の一つとして話題となっています。

 

『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』の特性の一つに初めて携帯機で出された「正史」の『メタルギアソリッド』というものがあります。その結果ライトな中高生の層に手が届きやすく客層が大幅に増加したメタルギアソリッドです。

 

本作は中高生向けに作られているためかややライトな表現が多く、いつもの重厚なテーマをつらぬきつつ笑えて泣けるエンタメ性抜群の作品となっています。またやりこみ要素も非常に多く、長い時間プレイできるゲームです。

ハードPSP主人公ネイキッド・スネーク
ジャンルタクティカル・エスピオナージ・オペレーション
第2位

コナミデジタルエンタテインメント

メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン

価格:4,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メタルギアソリッド最新にして最後の作品

『メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン』はメタルギアソリッドシリーズ最後の作品です。この作品を最後に小島秀夫監督はコナミを円満と言い難い形で退職することになりました。まさに最新にして最後の作品です。

 

本作はステルスゲームとして圧倒的な領域に到達していると言えます。オープンワールドが舞台で、広大なマップで潜入工作を行います。そこには敵兵から野生動物まで様々な障壁が存在します。

 

最新の圧倒的グラフィックスと広大でリアリティ抜群のマップで潜入活動をしましょう。どこまでも極限に高められたリアリティは肌を裂くようなスリルがあります。やりこみ要素も存在する最高のステルスゲームです。

ハードPS3/PS4/XBOX 360/XBOX ONE主人公パニッシュド・”ヴェノム”・スネーク
ジャンルタクティカル・エスピオナージ・オペレーション
第1位

コナミデジタルエンタテインメント

メタルギアソリッド レガシーコレクション

価格:13,998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メタルギアソリッドの全てがここに詰まっている

『メタルギアソリッド レガシーコレクション』はメタルギア25周年を記念して発売された記念パックです。これには『メタルギア』『メタルギア2』『メタルギアソリッド』『メタルギアソリッド2』『メタルギアソリッド3』『メタルギアソリッド4』『ピースウォーカ』が収録されています。

 

つまり『メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ』『メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン』を除くすべての正史のメタルギアが収録されていることになります。しかも全てのソフトが現代に向けてHD化されたHDエディションです。

 

さらにシリーズ歴代のポスターやパンフレットが収録されたブックレットが収録されています。これ一つでほぼ全てのメタルギアソリッドが網羅できるおすすめのパックです。これでメタルギアソリッドを始めてみてはいかかでしょうか?

ハードPlayStation3主人公ソリッド・スネーク/ネイキッド・スネーク/雷電
ジャンルタクティカル・エスピオナージ・アクション/タクティカル・エスピオナージ・オペレーション

おすすめメタルギアソリッドシリーズ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5065206の画像

    コナミデジタルエンタテインメント

  • 2
    アイテムID:5065204の画像

    コナミデジタルエンタテインメント

  • 3
    アイテムID:5065199の画像

    コナミデジタルエンタテインメント

  • 4
    アイテムID:5065194の画像

    コナミデジタルエンタテインメント

  • 5
    アイテムID:5065192の画像

    コナミデジタルエンタテインメント

  • 6
    アイテムID:5064815の画像

    コナミ

  • 7
    アイテムID:5064822の画像

    コナミデジタルエンタテインメント

  • 8
    アイテムID:5064811の画像

    コナミデジタルエンタテインメント

  • 9
    アイテムID:5064806の画像

    コナミデジタルエンタテインメント

  • 10
    アイテムID:5064800の画像

    コナミデジタルエンタテインメント

  • 商品名
  • メタルギアソリッド レガシーコレクション
  • メタルギアソリッドV ザ・ファントムペイン
  • メタルギア ソリッド ピースウォーカー
  • メタルギアソリッドV グラウンド・ゼロズ
  • メタルギア ソリッド スネークイーター 3D
  • METALGEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY
  • メタルギア ソリッド3 スネーク イーター
  • メタルギア ライジング リベンジェンス
  • メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット
  • メタルギア ソリッド
  • 特徴
  • メタルギアソリッドの全てがここに詰まっている
  • メタルギアソリッド最新にして最後の作品
  • ライトで手軽なやりこみ要素抜群なメタルギアソリッド
  • 壮大な最終章の前日単
  • 最高傑作のリメイク
  • 現代にも通じる重厚なテーマ
  • シリーズ最高傑作
  • 斬奪爽快ソードアクション
  • ソリッド・スネーク最後の物語
  • ソリッドの原点にして最高峰
  • 価格
  • 13998円(税込)
  • 4680円(税込)
  • 3789円(税込)
  • 1940円(税込)
  • 2856円(税込)
  • 3549円(税込)
  • 8800円(税込)
  • 849円(税込)
  • 8600円(税込)
  • 77056円(税込)
  • ハード
  • PlayStation3
  • PS3/PS4/XBOX 360/XBOX ONE
  • PSP
  • PS3/PS4/Xbox 360/Xbox one
  • 3DS
  • PlayStation2
  • PlayStation2
  • PlayStation3
  • PlayStation3
  • PlayStation1
  • 主人公
  • ソリッド・スネーク/ネイキッド・スネーク/雷電
  • パニッシュド・”ヴェノム”・スネーク
  • ネイキッド・スネーク
  • ネイキッド・スネーク
  • ネイキッド・スネーク
  • 雷電
  • ネイキッド・スネーク
  • 雷電
  • オールド・スネーク
  • ソリッド・スネーク
  • ジャンル
  • タクティカル・エスピオナージ・アクション/タクティカル・エスピオナージ・オペレーション
  • タクティカル・エスピオナージ・オペレーション
  • タクティカル・エスピオナージ・オペレーション
  • タクティカル・エスピオナージ・オペレーション
  • タクティカル・エスピオナージ・アクション
  • タクティカル・エスピオナージ・アクション
  • タクティカル・エスピオナージ・アクション
  • ライトニングボルトアクション
  • タクティカル・エスピオナージ・アクション
  • タクティカル・エスピオナージ・アクション

まとめ

メタルギアソリッドシリーズの世界観は奥深くなかなか伝えるのが難しい側面があります。しかし、そこには確実に魅力的で美しい世界が存在します。そんなメタルギアソリッドシリーズの魅力が少しでも伝わったのなら幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ