記事ID138426のサムネイル画像

【備える】乾電池式モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング10選

災害時に便利なのが乾電池式モバイルバッテリー。値段も充電式のモバイルバッテリーに比べると安いです。普段から持ち歩かなくても、家には1つ備えておきたいものです。今回は、乾電池式モバイルバッテリーのおすすめの選び方と人気商品をランキング形式で10選紹介します。

災害時に役立つ乾電池式モバイルバッテリー

災害時に家族や友人などに安否確認をしたり、連絡を取り合ったりする時に必須なスマホ。スマホの生命線になるのがモバイルバッテリーです。モバイルバッテリーと聞くと、USBケーブルでパソコンなどで予め充電して持ち歩く充電式をイメージする人も多いでしょう。

 

乾電池式モバイルバッテリーは、対応する電池さえ用意しておけばすぐにスマホを充電することができます。場合によっては、災害時の支援物資として乾電池を支給されることもあるので1つ持っていて損はありません。

 

サイズも小さく軽量な場合がほとんどなので、鞄の中に入れてもそれほど場所を取りません。モバイルバッテリーと比べて持ちが良いのもポイントです。特徴的な商品も多いので、この機会にチェックしておきましょう。

乾電池式モバイルバッテリーの選び方

では、乾電池式モバイルバッテリーはどのように選べばいいのでしょうか。ここからは、乾電池式モバイルバッテリーの選び方を紹介します。

容量で選ぶ

乾電池式モバイルバッテリーは、容量で選ぶのが手っ取り早いです。一般的に、モバイルバッテリーに表記されている容量に対してスマホは8割程度充電することができます。そのため、初めから災害時や緊急時のために購入するのであれば大容量を選ぶのがおすすめです。

 

android系のスマホは、iPhoneに比べると容量が大きいことも頭に入れておきましょう。1回フル充電するにはだいたい3000mAh近くの容量が必要です。使っているスマホの機種の容量も目安にしながら選べば、いざ使う時も十分充電できないと焦ることもありませんね。

充電時間で選ぶ

1回の充電がどれくらいかかるか時間で選ぶのもおすすめです。乾電池式モバイルバッテリーは、使用する電池の種類や本数によって充電完了までの時間が違います。充電時間は商品によってバラつきがあります。

 

短時間だと1時間半、長時間だと8時間くらいかかるものもあります。電池種類や本数以外にも、乾電池式モバイルバッテリーの性能の部分で時間に大きな差がつくのは言うまでもありません。価格帯も1000円から5000円と幅広いのでお財布と相談しながら選びましょう。

プラグがあるかで選ぶ

乾電池式モバイルバッテリーであると便利なのがプラグです。プラグが付いていると、コンセントに差し込めばUSB出力ポートを介してスマホを充電することができます。災害時にこだわらなくても、外出先や旅行先でも役立ちます。

 

ACアダプターとモバイルバッテリーが1つになっているので、荷物も少なくすることができて移動時も楽です。スマホの充電以外にも、デジカメやタブレットを充電することもできる点も考えると利便性が高いと言えるでしょう。

機能で選ぶ

乾電池式モバイルバッテリーは、電池がなくなってしまうと使うことができません。便利な機能を知っておくと、乾電池式モバイルバッテリーを選ぶ1つの基準になりますよ。

乾電池を使う場合

乾電池を使って、乾電池式モバイルバッテリーを使う時は何本か電池を買い置きしておくのがおすすめです。買い置きしておいた電池を替えるタイミングは、便利機能を搭載している乾電池式モバイルバッテリーを選べばスムーズです。

 

電池を替える目安を診断してくれる機能を搭載している乾電池式バッテリーは便利です。電池の残量も分かるので、いきなり電池切れで使えなくなるといった事態も防いでくれます。使用する電池の種類や必要な本数を事前にチェックして、用意しておきましょう。

 

充電池を使う場合

充電池を使う場合は、繰り返し使用できるので乾電池に比べれば1本当たりの持ちはいいです。充電池に対応した乾電池式モバイルバッテリーにあると便利な機能が、充電する目安を知らせてくれる機能です。

 

乾電池と違い、電池を買い置きする必要はありませんが前もって充電する必要性がある充電池は予備をいくつか持っておくと安心です。何回くらい繰り返しで使えるのかも事前にチェックしておくといいでしょう。

役立つ非常用ライト機能

乾電池式モバイルバッテリーの中には、本体に非常用ライトが付いているものもあります。スマホにライト機能が付ていることがほとんどですが、そのスマホの充電が少ないあるいは無いという時に便利です。

 

足元を照らしたり、目の前を照らしたりできるので懐中電灯を持っていない時も安心です。災害時以外にも、アウトドアなどで屋外を散策する時にも役立つ機能です。乾電池式モバイルバッテリーの中には、電池が少なく充電できなくてもライト機能は使えるものもあります。

海外電圧に対応しているものも

海外に行く機会が多い人は、海外電圧に対応しているかもチェックしておきたいところです。乾電池式モバイルバッテリーの中には、別売りのアダプターを購入するだけで海外で使うことができる機能を備えているものもあります。

 

海外用の乾電池式モバイルバッテリーを持っていない人は、海外に行くときのことも考えてこの機能がある商品を選ぶといいでしょう。オプション品を購入する方が、1つ別に新しく買うよりかは安く済みますよ。

機内に持ち込めるかで選ぶ

頻繁に出張に行ったり旅行したりと飛行機を利用する機会が多い人は、機内に持ち込める乾電池式モバイルバッテリーを選ぶといいでしょう。リチウム電池規制のある飛行機の中にも、安心して持ち込むことができます

 

フライト中にスマホの充電が切れそうという時も、乾電池式モバイルバッテリーを持っているとすぐに充電を始めることができます。災害時や緊急時のことも考えて、乾電池式のモバイルバッテリーを持ち歩いている人はチェックしておきましょう。

乾電池式モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング10選

第10位

内海産業

モバイルバッテリー

価格:750円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライト付きで何かと便利

コンパクトサイズで持ち運びも楽な乾電池式モバイルバッテリーです。操作もシンプルで、「ライトON・OFF」と「充電」をつまみで選択するだけです。機械操作は苦手という人も安心して使うことができます。

 

大人はもちろん、子どもに持たせるにも丁度いい機能性です。1000円以下で購入することができる手ごろさも魅力の1つだと言えるでしょう。コスパ重視で乾電池式モバイルバッテリーを選びたい人にもおすすめです。

 

また、ライト機能があるので災害時にも役立ちます。スイッチのオンオフ機能が本体に付いているので、無駄な電池消耗をしてしまう心配もありません。総合的に見ても、経済的な乾電池式モバイルバッテリーだと言えます。

容量-充電時間-
使用電池単3乾電池4本機能ライト/スイッチオンオフ機能
サイズ6.5×8.2×2cm
第9位

多摩電子工業

AxinG(アクシング) TD32SW

価格:1,274円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

出力電圧高め×急速充電可能!

急速充電ができて値段も手頃な乾電池式モバイルバッテリーを探している人におすすめです。急速充電ができないのとできるのでは、使い勝手も大きく変わります。普段の持ち運びではそこまで重要視しない場合でも、災害時となれば活躍する機能です。

 

使用する電池の本数によって出力電圧も変わるのも、使用するシーンに合わせて使い分けができ便利です。ちなみに単3形アルカリ電池6本で出力電圧1.5A、4本だと1Aです。いずれも、スマホを約1回分充電することができます。

 

容量も、乾電池式モバイルバッテリーの中では大きい方で2800mAhと大容量。iPhoneはもちろん、android端末のスマホも余裕で充電できて安心ですよ。90cmのケーブル付きなのも嬉しいポイントです。

容量2800mAh充電時間-
使用電池単3形アルカリ電池6本/単3形アルカリ電池4本機能急速充電
サイズ15.7x 9.1x 5.4cm
第8位

富士通

USBモバイル急速充電器 FSC342FX-W(FX)T

価格:3,584円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台で3役できる優れもの

こちらの乾電池式モバイルバッテリーは、1台で3役こなすことができます。急速充電にスマホやデジカメの充電、いざという時には乾電池も使用可能です。商品とセットで、単3形ニッケル水素電池が4個付いているので買ったその日から使えます。

 

容量は1900mAhと大容量ではありませんが、半分くらい充電したいという時にはおすすめです。電池を誤って逆さに取り付けてしまった時にショートを防ぐ機能や、タイマー保護機能を搭載しています。

 

他にも、高温検知機能も付いているので暑い時期に持ち運ぶ時の安全性も高いです。ニッケル水素電池と乾電池、両方使える乾電池式モバイルバッテリーを探している人にはおすすめです。

容量1900mAh充電時間約5時間
使用電池ニッケル水素単3・単4形両用/乾電池使用可能機能短絡保護機能/乾電池使用時の充電防止機能/タイマー保護機能/高温検知機能
サイズ7.1×10×2.3cm
第7位

Zanflare

C4 急速電池充電器

価格:3,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる電池が使えて充電速度も選べる!

見た目は少しゴツい乾電池式モバイルバッテリーです。使用できる電池の種類は豊富で、充電時の充電速度も選ぶことができます。また、マルチプロテクション機能搭載で使用環境や過充電や過放電を防止してくれるので安心です。

 

搭載されているディスプレイでは、電圧や電池容量そして充電時間や内部抵抗をチェックすることが可能です。本格的な乾電池式モバイルバッテリーを使ってみたいという人にピッタリな商品です。

 

充電モードも3つあり、使用時の状況に合わせて選択できます。カーアダプタも付いているので、車内での使用も可能です。災害時はもちろん、遠出する時のモバイルバッテリーとして使用するにもおすすめですよ。

容量-充電時間-
使用電池リチウムイオン電池/ニッケル水素電池/ニカド電池機能電池容量測定/急速充電/マルチプロテクション機能
サイズ10.0x4.0x18.0cm
第6位

CHINON

乾電池式充電器

価格:3,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機内持ち込みOK×2台同時充電可能!

出張や旅行が多いという人におすすめの乾電池式モバイルバッテリーです。機内持ち込みできるので、フライト中もスマホを充電したい人も安心して鞄の中に入れておくことができます。

 

アルカリ乾電池やニッケル水素電池の単3を8本使用することで、1800mAh程度のスマホであれば1台から2台フル充電可能です。充電しながらスマホ使用もできるので、すぐに使いたい時も便利です。

 

サイズも手にフィットしやすく、電池を補充する時もスライドカバーを開ければ簡単にセットできます。ホコリも入りにくく故障もしにくいです。電池の使用本数は8本と多いですが、その分充電スピードや充電できる割合も高い乾電池式モバイルバッテリーです。

容量-充電時間1.5~2時間
使用電池単3形電池8本機能充電ソケット
サイズ2.4x13.8 x7.0cm
第5位

エアージェイ

ホワイト BJ-USB

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

緊急用に持っておきたい商品!

フル充電まではいかなくても、スマホの6割程度充電できればなという時におすすめの乾電池式モバイルバッテリーです。見た目は、スケルトンで中身の乾電池が見えるシンプルなデザインなので飽きにくいです。

 

スマホの充電がピンチという時におすすめの商品で、鞄の中に1つ入れておけば災害時だけでなく出先でも活躍すること間違いなしです。特徴的な機能はありませんが、オンオフスイッチが付いているので勝手に電池が消耗してしまうこともありません

 

値段も1000円程度なので、コスパ重視であくまでサブ的な乾電池式モバイルバッテリーを持っておきたいという時におすすめです。モバイルバッテリーと2台持ちで乾電池式モバイルバッテリーを選ぶ時の候補の1つに入れておくといいでしょう。

容量-充電時間-
使用電池単3形電池4本機能オンオフスイッチ
サイズ13.4x 7.0x 2.2cm
第4位

VAMPROSE

乾電池式モバイルバッテリー

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量でライト付きの乾電池式モバイルバッテリー

本体の重さは41gと軽量なので、日頃から持ち歩いても荷物になりません。普段の移動はもちろん、旅行や出張に行く時にも嵩張らないので安心です。デザインもシンプルでパッと見ただけではモバイルバッテリーと分かりにくいのもおすすめポイントだと言えるでしょう。

 

この乾電池式モバイルバッテリーには、ライトが付いているので災害時などの非常時に活躍するでしょう。スマホのバッテリーが少ない時も、モバイルバッテリーのライト機能を使えばいいので無駄な電池消耗をする必要もなく安心です。

 

乾電池の残量が少なくなってスマホの充電ができなくなっても、ライト機能は使うことができるので災害時用に1つ持っておくといいでしょう。

容量-充電時間-
使用電池単3形電池4本機能ライト
サイズ8.5×6.7×1.7cm
第3位

パナソニック(Panasonic)

充電式エボルタ K-KJ57MLE40

価格:4,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

USB出力ポートでスマホ充電可能

もともとは、充電池を充電する充電器です。USB出力ポートがあるので、スマホ充電をすることができます。とにかく、充電池に関連した機能が充実しているので充電池メインで使う人におすすめです。

 

プラグ付きで外出先でこちらの商品を経由してACアダプターとして活用することも可能です。LEDの色で充電池の充電状況を確認することができる残量チェック機能や、充電しすぎないようにするスマートチャージ機能もあります。

 

海外への出張や旅行にもおすすめで、別売りのプラグアダプターを使えば海外で使うこともできます。日頃から充電池を使う機会が多い人は購入するといいでしょう。こちらを持っていれば、災害時はスマートバッテリーとして活用できるので安心です。

容量Min.1950 mAh充電時間-
使用電池エネループ/充電池エボルタ機能買い替え目安診断機能/セット残量チェック機能/プラグ付き/海外電圧対応
サイズ7.2x3.0x13.8cm
第2位

chinon(株式会社チノン)

モバイルバッテリー CH-UC400

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

半分くらい充電したい時に

コンパクトでスマホを半分くらい充電したい時におすすめなのがこちらの商品です。容量が大きいスマホは別ですが、一般的なスマホであれば1度の充電で50%から60%充電できます

 

機内持ち込みもOKなので、頻繁に飛行機に乗って移動することが多い人にはおすすめです。メインのモバイルバッテリーとしてではなく、サブとして使用するのに丁度いいでしょう。1500円以下なので、お財布にも優しいですよね。

 

デザインも飾り気がないので、見た目にこだわりがない人にぴったりの乾電池式モバイルバッテリーです。乾電池だけでなく、ニッケル水素充電池が使えるのも魅力だと言えるでしょう。日頃から充電池を使う人はチェックしておきたい商品です。

容量-充電時間-
使用電池単3形電池4本(アルカリ乾電池/ニッケル水素充電池)機能-
サイズ3.6x 8.0 x 3.5 cm
第1位

パナソニック(Panasonic)

エネループ  スタンダードモデル K-KJ57MCC40

価格:3,476円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スライド式×充電池は2100回充電可能!

長期的に使える乾電池式モバイルバッテリーを探している人におすすめです。決め手は充電池を2100回充電できる点です。モバイルバッテリーとして使う場合は、USB出力ポートにUSBコードを接続してスマホなどを充電します。

 

外出先で充電池を使って充電する時は、2100回繰り返し使えるのでよほど長く使わない限りは完全な電池切れにはなりません。電池をセットする部分はスライド式なので、ホコリが入りにくく故障もしにくいのもポイントです。

 

乾電池式モバイルバッテリーの中では値段は高めです。日頃から充電池を利用している人や、これから利用しようと思っている人にはぴったりの乾電池式モバイルバッテリーだと言えるでしょう。

容量Min.1900 mAh充電時間-
使用電池単3形充電池2本~4本機能セット残量チェック機能/買い替え目安診断機能/海外電圧対応
サイズ3.0x7.2x13.8cm

乾電池式モバイルバッテリーのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5066629の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:5066585の画像

    chinon(株式会社チノン)

  • 3
    アイテムID:5066553の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 4
    アイテムID:5066455の画像

    VAMPROSE

  • 5
    アイテムID:5066417の画像

    エアージェイ

  • 6
    アイテムID:5066398の画像

    CHINON

  • 7
    アイテムID:5066330の画像

    Zanflare

  • 8
    アイテムID:5066266の画像

    富士通

  • 9
    アイテムID:5066140の画像

    多摩電子工業

  • 10
    アイテムID:5066102の画像

    内海産業

  • 商品名
  • エネループ  スタンダードモデル K-KJ57MCC40
  • モバイルバッテリー CH-UC400
  • 充電式エボルタ K-KJ57MLE40
  • 乾電池式モバイルバッテリー
  • ホワイト BJ-USB
  • 乾電池式充電器
  • C4 急速電池充電器
  • USBモバイル急速充電器 FSC342FX-W(FX)T
  • AxinG(アクシング) TD32SW
  • モバイルバッテリー
  • 特徴
  • スライド式×充電池は2100回充電可能!
  • 半分くらい充電したい時に
  • USB出力ポートでスマホ充電可能
  • 軽量でライト付きの乾電池式モバイルバッテリー
  • 緊急用に持っておきたい商品!
  • 機内持ち込みOK×2台同時充電可能!
  • あらゆる電池が使えて充電速度も選べる!
  • 1台で3役できる優れもの
  • 出力電圧高め×急速充電可能!
  • ライト付きで何かと便利
  • 価格
  • 3476円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 4800円(税込)
  • 980円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 3240円(税込)
  • 3299円(税込)
  • 3584円(税込)
  • 1274円(税込)
  • 750円(税込)
  • 容量
  • Min.1900 mAh
  • -
  • Min.1950 mAh
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 1900mAh
  • 2800mAh
  • -
  • 充電時間
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • 1.5~2時間
  • -
  • 約5時間
  • -
  • -
  • 使用電池
  • 単3形充電池2本~4本
  • 単3形電池4本(アルカリ乾電池/ニッケル水素充電池)
  • エネループ/充電池エボルタ
  • 単3形電池4本
  • 単3形電池4本
  • 単3形電池8本
  • リチウムイオン電池/ニッケル水素電池/ニカド電池
  • ニッケル水素単3・単4形両用/乾電池使用可能
  • 単3形アルカリ電池6本/単3形アルカリ電池4本
  • 単3乾電池4本
  • 機能
  • セット残量チェック機能/買い替え目安診断機能/海外電圧対応
  • -
  • 買い替え目安診断機能/セット残量チェック機能/プラグ付き/海外電圧対応
  • ライト
  • オンオフスイッチ
  • 充電ソケット
  • 電池容量測定/急速充電/マルチプロテクション機能
  • 短絡保護機能/乾電池使用時の充電防止機能/タイマー保護機能/高温検知機能
  • 急速充電
  • ライト/スイッチオンオフ機能
  • サイズ
  • 3.0x7.2x13.8cm
  • 3.6x 8.0 x 3.5 cm
  • 7.2x3.0x13.8cm
  • 8.5×6.7×1.7cm
  • 13.4x 7.0x 2.2cm
  • 2.4x13.8 x7.0cm
  • 10.0x4.0x18.0cm
  • 7.1×10×2.3cm
  • 15.7x 9.1x 5.4cm
  • 6.5×8.2×2cm

まとめ

今回は、乾電池式モバイルバッテリーの選び方と人気商品を10選紹介しました。災害時や緊急時にスマホの充電の心配をしなくていいように、今のうちに1つ購入しておくのがおすすめです。これから乾電池式モバイルバッテリーを購入しようか迷っている人は、参考にしてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ