記事ID138417のサムネイル画像

【写真好きにおすすめ】インスタントカメラの人気ランキング10選

デジタルカメラなどが普及したことにより、使うユーザーが減ったインスタントカメラ。ですが、最近ではレトロな雰囲気などが魅力となり、若い人に注目されています。今回はおすすめのインスタントカメラを10選、ランキング形式で紹介していきますので、参考にしてください。

インスタントカメラは人気が再熱している

デジタルカメラやスマホのカメラが普及したことにより、フィルムを使うカメラを使うユーザー数は減少しました。しかし、現在はデジタルとは異なるレトロな感じやオシャレな雰囲気の他にも、現像をするまでわからないというドキドキにより若い人に注目されています

 

多くのメーカーが様々な種類インスタントカメラを発売されているので、シーンや撮りたい写真に合わせた機種を選ぶという楽しみもありますが、種類が多いことでどのようなインスタントカメラが自分に向いているのかわからないかもしれません。

 

今回はそんな人のために、インスタントカメラの選び方のポイントや、おすすめのインスタントカメラをランキング形式で紹介していくので、自分に合うインスタントカメラを探すときの参考にしてみてください。

インスタントカメラの選び方

インスタントフィルムの種類やサイズ

インスタントカメラに使わているインスタントフィルムには、種類やサイズがいくつか存在します。どのような大きさのサイズの写真を撮りたいかで選ぶのがおすすめです。

インスタントフィルムの種類

インスタントカメラで使われているインスタントフィルムは、大別すると2つの種類があります。フジフィルムが製造して販売を行っている「instaxフィルム」と、ZINK Imagingが販売をしている「ZINKペーパー」です。

 

この2つのフィルムには互換性がありません。ZINKペーパーのサイズは1種類しかありませんが、instaxフィルムであれば3種類のフィルムサイズがあります。instaxフィルムのサイズで使うカメラが異なるので、一台のカメラで異なるサイズの写真は撮れません。

 

なので、インスタントカメラを選ぶときには、使用するインスタントフィルムの種類とサイズをしっかりチェックすることが重要になります。

出力写真のサイズ

スマートフォンなどのカメラで撮った、デジタルデータの写真であれば、引き伸ばしたりして印刷するときのサイズを自在に変えたりできますが、インストカメラの場合は基本的には撮影データのサイズがフィルムのサイズに依存しています。

 

なので、フィルムサイズが小さい場合は狭い画角になるので、広く写すことはできなくなっています。インスタントカメラで大人数での撮影をしたかったり、風景写真などを広くて大きいサイズで印刷をしたいのであれば、横長のワイド版を選ぶようにしましょう。

 

小さくて可愛い写真を撮りたいのであれば、一般的に普及しているチェキフィルムのサイズのを選ぶのがおすすめです。撮りたい写真のサイズを考えてインスタントカメラを選ぶようにしましょう。

インスタントカメラの機能

インスタントカメラの中には、撮影をするとき便利な機能が付いているのもあります。このような機能があるのだと、便利に撮影を行うことができます。

補助機能について

インスタントカメラが使える機能は、基本的に現在の主流である、デジタルカメラやスマートフォンに内蔵されているカメラよりも劣ってしまいます。なので、スマートフォンのカメラなどのような感覚でインスタントカメラで撮影すると、上手く撮れないことがあります。

 

現在販売されているインスタントカメラの中には、カメラに慣れていない初心者でも使いやすいように、撮影を補助する機能が搭載されているのもあります。明るさの自動調節機能や、シャッタースピードを速くできるインスタントカメラなら失敗しにくくなります。

 

インスタントカメラならではの失敗写真を楽しみたいのであれば、シンプルなのでも問題有りませんが、フィルムがもったいないから失敗はあまりしたくないという人の場合は、上記のような補助機能が搭載されているインスタントカメラを選ぶのがおすすめです。

ピント合わせの方式

インスタントカメラのピント合わせは、オートフォーカス(AF)の機能を備えているのは少なくなっていて、ゾーンフォーカスと言われている方式のが一般的になっています。オートフォーカス方式のほうが、正確にピントが合っている写真を撮ることができます。

 

ですが、インスタントカメラの仕上がりのプリントサイズはカードサイズくらいになっているので、ゾーンフォーカス方式であっても、ピントはある程度は合っているように見えます。

 

しっかりとピントが合っている写真にこだわりたいのであれば、オートフォーカス方式のインスタントカメラを選ぶのがおすすめですが、気軽に写真を楽しむくらいであれば、ゾーンフォーカス方式でも不満はあまり感じることはありません。

自撮りに便利な機能

インスタントカメラを自撮りに使うのであれば、セルフショットミラーなどが搭載されているだと便利です。自分の姿を確認しながら自撮りができるようになるので、付いているのと付いていないのを比較すると、自撮り写真のクオリティが大きく変わってきます。

 

他にもセルフタイマーが付いていると、複数人での撮影をするときに便利です。インスタントカメラで自撮りをしたいのであれば、このような機能が付いているのかをチェックしておくのがおすすめです。

SDカードに対応しているかやデザインもチェック

インスタントカメラの中には、SDカードに対応しているのもありますし、インスタントカメラ自体のデザインも重要です。このような要素も忘れずにチェックしておきましょう。

デジタルデータ対応かどうか

インスタントカメラの撮影枚数は有限なので、デジタルカメラと比較をすると、どうしてもコストパフォーマンスは悪いのがデメリットです。インスタントカメラの多くは撮影したデータをその場で印刷することを前提に開発がされています。

 

なので、ほとんどのインスタントカメラはデジタルでの使用を前提にはしていませんが、現在の最新のインスタントカメラであれば、フィルムに印刷をするのと同時に、SDカード上に撮影データを保存することができるのもあります。

 

写真をSNSなどのネット上に投稿するような人には便利な機能です。撮った写真をフィルムに印刷をして、SNSで写真を共有することができるので、とても便利です。

デザイン

現在のインスタントカメラは、豊富なデザインやカラーバリエーションが豊富です。昔のインスタントカメラは黒やシルバーなどが多かったですが、今はピンクやブルーなど可愛らしいカラーリングのもあります。

 

他にもインスタントカメラの中には、人気があるキャラクターとコラボしているのもあるので、自分のイメージに合っているデザインやカラーリングのインスタントカメラを選んでみてください。

インスタントカメラの人気ランキング10選

第10位

Holga Digital

Black

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SDカード対応

多くのインスタントカメラはフィルムを採用しているので、現像するまでどのような写真なのかわからないというドキドキ感を楽しめますが、同時に失敗写真を量産してしまうというリスクがあります。また、フィルムだと撮影することができる枚数も限られてしまいます。

 

なので、インスタントカメラを使おうとしても、失敗するのを恐れてしまいシャッターをなかなか切れないという人もいます。ですが、このインスタントカメラであればSDカードに対応しているので、フィルムよりも多くのシャッターを切れます。

 

同じ風景でも様々な撮影設定を試したりもできるので、フィルムよりも成功写真の枚数を多くすることができます。カメラ自体のサイズは手のひらに収めることができるので、カバンに入れて気軽に持ち歩くことができます。

撮影機能絞り変更(F2.8・F8),長時間露光撮影写真サイズ4:3,1:1
デジタル対応
第9位

富士フイルム

インスタントカメラ チェキ instax mini ハローキティ

価格:7,566円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハローキティのデザインが魅力的

大人気のキャラクターであるハローキティの40周年記念として発売された「インスタントカメラ チェキ instax mini ハローキティ」。ハローキティのトレードマークとなっている大きなリボンをはじめとして、可愛くて魅力的な顔の形を再現しているデザインが特徴です。

 

サイズは普通のチェキよりも大きくなっていますが、搭載されている機能に違いはありません。なので、見た目にこだわりがないという人にはおすすめできませんが、可愛いデザインのチェキが欲しいという人にはおすすめです。

 

カメラの本体以外にも、ハローキティ絵柄フィルムや、シールにショルダーストラップの他にも接写レンズなどの限定アイテムがセットになっている、ハローキティが好きな人にはたまらないインスタントカメラです。

撮影機能フラッシュ写真サイズ86×54 mm
デジタル対応×
第8位

富士フイルム

写ルンです LF S-ACE NP FL 39SH 1

価格:1,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルでリーズナブルな価格

写ルンですは、発売されてから愛され続けている、富士フイルムのロングセラー商品です。機能はとてもシンプルで、背面にあるネギを巻き上げ、ファインダーを覗いたら、シャッターを押すだけです。

 

撮影機能はフラッシュを使うのかどうかだけなので、カメラを触ったことがない人でも簡単に撮ることができます。また、この写ルンですはスタンダードタイプというモデルになっていますが、ファインダーが大きくなっているので、メガネをしていても見やすいです。

 

最近はフィルムブームが起こっていることにより、写ルンですはリーズナブルな価格や手軽さにより人気が再熱しています。コンビニなどでも購入できるので、手軽に購入することができるのも魅力です。

撮影機能フラッシュ写真サイズ35mmネガ
デジタル対応×
第7位

富士フイルム

写ルンです 防水タイプ LF N-WP3 27SH 1

価格:1,437円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水中写真を楽しめる防水タイプの写ルンです

水深10mまでの水中写真を気軽に楽しむことができる、防水カバー付きのインスタントカメラです。海やプールなどでの水場で使ったり、ほこりが多いところや雪が降っているところで撮影をすることもできます。

 

簡単に操作できるインスタントカメラですが、フラッシュ機能は付いていないことには注意が必要です。なので、晴れている日に撮影をするのに適しています。

撮影機能防水カバー付き写真サイズ35mmネガ
デジタル対応×
第6位

Polaroid

Z2300

価格:18,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格が高いけど高機能なインスタントカメラ

インスタントカメラの代名詞的存在と言えるポラロイド。現在はスマートフォンのカメラが全盛となっていることにより、会社の運営は厳しくなってきていますが、現在でもインスタントカメラの製品の開発は続けられています。

 

ポラロイドのZ2300は他社のインスタントカメラと比較をしても機能性が高くて、インスタントカメラとデジタルカメラの中間のような作りをされています。対応しているフィルムを差し込むことにより、撮影したデータをその場で印刷をするのと同時に、SDカードに記録できます。

 

顔認証やホワイトバランスの調整ができたりと他機能ですが、価格が高めのインスタントカメラになっているので、SDカードに記録をしたい人におすすめですが、このような機能が必要ないのであれば、フィルムのみの安いカメラを選ぶのがおすすめです。

撮影機能日時・日付スタンプ機能,ホワイトバランス,5段階のストロボモード,顔認識写真サイズ5×7.6フルカラープリント
デジタル対応
第5位

富士フイルム

チェキ instax mini8プラス

価格:7,245円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛いインスタントカメラ

instax mini8プラスは女性をメインターゲットにして開発がされたチェキです。若い世代の人から支持されています。カラーリングは5種類から選ぶことができて、どのカラーも可愛らしくてポップな色合いです。

 

カメラ本体のフォルムは全体的に丸くなっているので、一般的なカメラっぽいメカメカとして印象はあまり感じられません。チェキを撮りたいと思っている人におすすめのインスタントカメラです。

撮影機能セルフショットミラー,接写レンズ,ハイキーモード,常時発光フラッシュ写真サイズチェキ用フィルム(instax mini)
デジタル対応×
第4位

富士フイルム

チェキWIDE instax WIDE 300

価格:10,675円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一般的なチェキよりもプリントサイズの横幅が倍

チェキはボディが小さく設計されているのが多くなっています。そのボディに合わせているので、出力される写真のサイズも小さくなっています。なので、一般的なチェキを使って大人数で撮影をして、全員を枠内に収めるためには隙間を詰める必要があります。

 

ですが、instax WIDE 300は一般的なチェキよりもプリントサイズの横幅が倍になっているので、大人数で撮影をしても窮屈になりません。本体は少し大きくなっていますが、シャッターを押すことがしやすいように、グリップがしっかりと作られています。

 

40cmまで近づくことがきる接写レンズも付属しているので、写真のワイドさを活かすことができる、ダイナミックな写真を撮ることができるのも魅力です。

撮影機能撮影範囲切り替え,低輝度自動発光オートフラッシュ写真サイズ86mm×108mm
デジタル対応×
第3位

富士フイルム

写ルンです 1600HS-N FL 39SH 1

価格:4,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

写ルンですの高機能タイプ

写ルンですにはスタンダードタイプの他にも、高機能タイプというのがあります。このインスタントカメラは、ハイスピードシャッター対応の写ルンですになっています。撮影はシンプルで簡単に行うことができます。

 

通常の写ルンですよりも2段分、高いISO1600のフィルムに対応していることにより、暗所での撮影に強くなっていて、シャッタースピードを1/200と速く切れるので、ブレに対しても強くなっています。

 

使い勝手が向上しているので、性能が高い写ルンですを選びたいのであれば、こちらを選ぶのがおすすめです。

撮影機能フラッシュ,高感度フィルム対応,高速シャッター写真サイズ35mmネガ
デジタル対応×
第2位

富士フイルム

instax SQUARE SQ10

価格:18,400円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トップクラスの性能があるインスタントカメラ

富士フイルムのチェキシリーズの中でもトップクラスの性能があるのが「instax SQUARE SQ10」。ハイブリッドインスタントカメラとうたわれていて、普通のチェキと同じようにフィルムにすぐ印刷して、撮影データを本体内蔵メモリやSDカードに保存もできます。

 

インスタントカメラとしては珍しく背面液晶ディスプレイがあることで、撮影したデータの確認をすぐに行えるのも魅力です。中に入っているお気に入りのデータだけを選んで、フィルムに印刷するという使い方をすることもできます。

 

フィルムサイズはチェキでは初となるスクエア型になっているので、撮影をしたデータをトリミングしないでも、インスタグラムに気軽にアップロードすることができます。インたんとカメラをデジタルカメラのような感覚で使いたいという人におすすめです。

撮影機能フィルター機能,2シャッターボタン,microSDからのプリント,スローシンクロ,二重露光,バルブモード写真サイズ86×72mm,1920×1920
デジタル対応
第1位

富士フイルム

instax mini 90 ネオクラシック

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クラシカルなデザインのチェキ

チェキは可愛らしいデザインのが多くなっているので、社会人など大人の人は外で使いにくいと思ってしまう人も多いかもしれません。ですが、「instax mini 90 ネオクラシック」は、大人が使ったとしても違和感がないクラシカルなデザインが魅力的です。

 

オシャレなだけではなくカメラとして考えられていて、一般的なチェキはシャッターボタンが1つしかありませんが、このカメラにはシャッターボタンが2つになっています。それにより縦位置でも横位置でもスムーズに撮影をすることができます。

 

他にも二重露光モードという機能があり、これは2回シャッターを押すことにより、1枚のフィルムに画像を重ねて印刷をするこという機能になっています。上手くこの機能を使うことにより、フォトジェニックな写真を撮ることもできます。

撮影機能2シャッターボタン,接写モード,バルブモード写真サイズ86×54mm
デジタル対応×

インスタントカメラのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5063581の画像

    富士フイルム

  • 2
    アイテムID:5063569の画像

    富士フイルム

  • 3
    アイテムID:5063545の画像

    富士フイルム

  • 4
    アイテムID:5063544の画像

    富士フイルム

  • 5
    アイテムID:5063486の画像

    富士フイルム

  • 6
    アイテムID:5063476の画像

    Polaroid

  • 7
    アイテムID:5063589の画像

    富士フイルム

  • 8
    アイテムID:5063481の画像

    富士フイルム

  • 9
    アイテムID:5063599の画像

    富士フイルム

  • 10
    アイテムID:5063470の画像

    Holga Digital

  • 商品名
  • instax mini 90 ネオクラシック
  • instax SQUARE SQ10
  • 写ルンです 1600HS-N FL 39SH 1
  • チェキWIDE instax WIDE 300
  • チェキ instax mini8プラス
  • Z2300
  • 写ルンです 防水タイプ LF N-WP3 27SH 1
  • 写ルンです LF S-ACE NP FL 39SH 1
  • インスタントカメラ チェキ instax mini ハローキティ
  • Black
  • 特徴
  • クラシカルなデザインのチェキ
  • トップクラスの性能があるインスタントカメラ
  • 写ルンですの高機能タイプ
  • 一般的なチェキよりもプリントサイズの横幅が倍
  • 可愛いインスタントカメラ
  • 価格が高いけど高機能なインスタントカメラ
  • 水中写真を楽しめる防水タイプの写ルンです
  • シンプルでリーズナブルな価格
  • ハローキティのデザインが魅力的
  • SDカード対応
  • 価格
  • 14800円(税込)
  • 18400円(税込)
  • 4480円(税込)
  • 10675円(税込)
  • 7245円(税込)
  • 18980円(税込)
  • 1437円(税込)
  • 1780円(税込)
  • 7566円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 撮影機能
  • 2シャッターボタン,接写モード,バルブモード
  • フィルター機能,2シャッターボタン,microSDからのプリント,スローシンクロ,二重露光,バルブモード
  • フラッシュ,高感度フィルム対応,高速シャッター
  • 撮影範囲切り替え,低輝度自動発光オートフラッシュ
  • セルフショットミラー,接写レンズ,ハイキーモード,常時発光フラッシュ
  • 日時・日付スタンプ機能,ホワイトバランス,5段階のストロボモード,顔認識
  • 防水カバー付き
  • フラッシュ
  • フラッシュ
  • 絞り変更(F2.8・F8),長時間露光撮影
  • 写真サイズ
  • 86×54mm
  • 86×72mm,1920×1920
  • 35mmネガ
  • 86mm×108mm
  • チェキ用フィルム(instax mini)
  • 5×7.6フルカラープリント
  • 35mmネガ
  • 35mmネガ
  • 86×54 mm
  • 4:3,1:1
  • デジタル対応
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×

まとめ

ここまでおすすめのインスタントカメラを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。インスタントカメラは撮りたい写真によっておすすめが変わってきますが、ここで紹介をしたインスタントカメラは、魅力的な写真を撮れるのばかりです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ