記事ID138414のサムネイル画像

【小説やエッセーを紹介】坂口安吾の人気おすすめランキング10選

坂口安吾は戦後に流行し脚光を浴びて、破天荒な人生を送った無頼派の作家です。現在でもファンは多く、純文学のほかエッセー・推理小説・時代小説などのおすすめの作品があります。今回は、坂口安吾の人気小説・エッセーをおすすめのランキングにして紹介します。

太宰治・織田作之助・石川淳らと共に無頼派作家として活躍した坂口安吾

坂口安吾が作家として知られるようになったのは1931年(昭和6年)頃からです。その後しばらく大きな注目はされませんでしたが、終戦後に脚光を浴びて流行作家になりました。その後は太宰治・織田作之助・石川淳などと、無頼派・新戯作派として活躍していきます。

 

坂口安吾は子供のころから行動的で、ガキ大将の不良だったと言われています。大人になってからも自らの主張を積極的に進めるタイプでした。無頼派作家でも人気が高かった、気弱で優しいタイプの太宰治とは対照的な性格だったようです。

 

終戦間際から戦後に人気が出た作家にもかかわらず、現在にも通じる内容は多く、読むと衝撃を受けたり意外な考え方を知ることができるでしょう。今回は、坂口安吾の人気作品をおすすめのランキングにして紹介しています。

坂口安吾の選び方

坂口安吾は戦後に脚光を浴びて人気が出た無頼派作家ですが、現在でもファンが多く読むと価値観が変わると言われます。純文学になる私小説のほか、推理小説・ホラー・時代小説など様々なジャンルを書いているのでチェックしておくのがおすすめです。

ジャンル

坂口安吾が書いたものでは純文学・エッセー・随筆などが人気で、映画化・ドラマ化がされているものもあります。しかし純文学以外にも様々なジャンルの小説を書いているので、興味のあるものから読んでみるのも良いかも知れません。

文芸作品・私小説

坂口安吾は様々なジャンルの小説を書いていますが、現在でもよく読まれているのは私小説でしょう。戦後に脚光を浴び、流行作家としてもてはやされたイメージが強いですが、独特でアイロニカルな作品が多く現在ファンが多数います。

 

国語の教科書などで純文学作家のイメージが強いかもしれませんが、ジャンル幅はとても広いです。推理小説・時代小説・戯曲のほか、童話・寓話のようなタッチの作品や、滑稽小説のようなタッチのものもあります。

 

無頼派作家で破天荒な作風が多く、見たこともない価値観の作品を読んでみたいという場合にもおすすめでしょう。人間の抱えている闇などのネガティブな一面を、鋭く観察しているような作品が多いです。

エッセー・随筆・評論

坂口安吾の作品では、小説よりもエッセー・随筆の方が好きという感想もあるようです。終戦間際に書かれた坂口安吾の代表作「堕落論」は小説ではなくエッセー・随筆のジャンルに入ります。小説・エッセーのほかには、批評分や論文なども書いています。

 

「ドフトエフスキーとバルザック」「志賀直哉に文学の問題はない」小林秀雄について書かれた「教祖の文学」など、作家・評論家について書かれている文章も多いです。小説よりも直接的に書かれているので、坂口安吾の人柄がよく読めるでしょう。

 

坂口安吾に比べると少し下の世代になりますが、三島由紀夫が敬愛していた作家としても知られているようです。『私は坂口安吾氏に、たうたう一度もお目にかかる機会を得なかつたが、その仕事にはいつも敬愛の念を寄せてゐた。』という言葉が残っています。

長さ

坂口安吾は長編を書くことはなく、短編・超短編・中編がほとんどのようです。ちょっとした時間で読める短いものが多いのですが、軽口のようなタッチで描かれていても価値観がぐらついてしまいそうな鋭い内容の文章になっています。

短編

私小説やエッセイであれば短時間で読めるものが多いです。数分間で読み切れてしまうような短いものもありますので、長いものが苦手な場合には短編から挑戦してみるのもおすすめでしょう。

 

ただ坂口安吾の作風は短編でも内容が濃く、立ち止まって考えてしまうようなものが多いです。気分転換やちょっと気を休めるために坂口安吾の短編を読むというのは、避けておいた方が良いかも知れません。

 

中編

坂口安吾の中編小説であれば、歴史もの・推理ものがおすすめです。人間の持っている深いところを鋭くえぐってくるような私小説とは違って、エンタメ性があり楽しめるでしょう。短時間で読み終われなくても、面白くて一晩で読み終わったなどの感想があります。

 

推理小説であればノンシリーズの「心霊殺人事件」、時代小説であれば黒田除水をテーマにした「二流の人」などがあります。織田信長・徳川家康・豊臣秀吉をテーマにした作品もあり、歴史好きな人におすすめでしょう。

メディアミックス

坂口安吾の作品は皮肉のきいた鋭い文章が魅力ですが、幻想的で美しい映像が思い浮かぶような作品もあります。映画化・ドラマ化・漫画化されているものが多いので、チェックして原作との違いを見つけてみるのも良いかも知れません。

映画化

1958年の「太夫さんより 女体は哀しく」が原作の「負ケラレマセン勝ツマデハ」から、「桜の森の満開の下」、「不連続殺人事件」、「肝臓先生」が原作の「カンゾー先生」、「白痴(1999)」など、人気作品が映画化されてきました。

 

2000年代以降は、「治開花 安吾捕物帖」をアレンジしたアニメ映画「UN-GO episode:0 因果論」が出ています。昭和の文豪のオムニバス短編映画集「BUNGO ささやかな欲望 告白する紳士たち編」にて「握った手」、「戦争と一人の女」も映画化されています。

漫画化

坂口安吾の作品で漫画化されているのは、幻想的な作風のもの、童話・寓話のような作風のものがあります。「夜長姫と耳男」「桜の森の満開の下」は、近藤洋子の漫画で出版されています。先に原作を読んでいたら残酷な描写を想像しながら手にとることでしょう。

 

戦時下・終戦直後の日本人の姿を描いている作品も漫画化されています。漫画で読破で「堕落論」、近藤ようこの漫画で「戦争と一人の女」が出版されました。「戦争と一人の女」は、GHQの検閲により大幅削除されましたが、1971年以降正規版で復活した作品です。

 

 

坂口安吾のおすすめ商品比較一覧表

第10位

講談社

風博士

価格:0円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

坂口安吾が初期に書いた超短編小説

ナンセンスな笑いがある小説で、笑える箇所がいくつもあります。風博士と蛸博士の闘いなど、滑稽小説のようにも感じる場合があるかも知れません。奇想天外で謎めいているけれども、落語のようだったという感想がある小説です。

 

風博士は坂口安吾をモデルにしていると言われていて、大げさな表現に笑いそうになってしまったりと、全体的にコミカルな雰囲気でしょう。見慣れない難しい漢字が沢山出てきますが、コメディ風の表現と組み合わさって更に笑えます。

 

風博士は坂口安吾が25歳くらいの時に同人誌で発表されていて、小説家の牧野信一・島崎藤村に賞賛されて小説家として認められるようになりました。短編小説よりも更に短いので短時間で読めるでしょう。

ページ数227 ページ出版社講談社
発売日1993/2/10ジャンル文芸作品
第9位

青空文庫

夜長姫と耳男

価格:0円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20歳の青年と残酷な少女の物語

主人公は像を彫っている青年の「耳男」です。無邪気さと残酷さを併せ持っている登場人物の「夜長姫」ですが、耳男の大きな耳を馬鹿にしたり、奴隷の娘に耳男の耳を切り落とさせて、その様子を笑いながら見ていたりと残忍なところがあります。

 

両耳を切り落とされた耳男は仏ではなく化け物の像を彫ることを決意します。耳男のストイックな部分や、夜長姫の無邪気な残酷さに、人間の闇の部分を感じるでしょう。全体的には童話・寓話のような易しい文章ですが、恋愛の要素も入っていて子供向きではありません。

 

坂口安吾は作品の舞台になった飛騨の風土に強い興味を持っていたそうです。坂口安吾の小説でも最高峰と呼ばれることもあり、坂口安吾好きであれば読んでおくことをおすすめします。坂口安吾の芸術観・恋愛観が描かれているとも言われています。

ページ数32ページ出版社青空文庫
発売日ジャンル文芸作品
第8位

青空文庫

恋愛論

価格:0円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1947年の「婦人公論」に掲載されたエッセー

1947年はまだ戦争が終わったばかりで、日本がアメリカの統治下におかれていた時代になります。何十年も前の特殊な時代背景で書かれているエッセーですが、現在読んでも通じるものがあります。

 

「恋愛はいつか必ず冷めてしまうけれども人生の花」という部分は誰もがうなづくところかも知れません。また坂口安吾は日本でも人気ですが「恋愛論」は海外でも読まれていて、恋愛について国籍も関係のない内容になっているようです。

 

坂口安吾独特のドライな感じが特徴的て、恋愛に関しては「私は知らない」「警告しても避けることは不可能なもの」「動物的なもの」などが書かれています。恋愛論というタイトルではありますが、実際には小説論になっているという感想もあります。

ページ数 8ページ出版社青空文庫
発売日ジャンルエッセー・随筆
第7位

岩波書店

風と光と二十の私と

価格:983円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

坂口安吾のことがわかる自伝的小説

坂口安吾が学校の教員の仕事をしていた時期のことが描かれていたりと、自伝的な小説になっています。「本当に良い子供は悪い子供の中にいる」など、読みすすめるごとに坂口安吾が好きになるでしょう。

 

坂口安吾の身辺のことが描かれているので、どんな人柄だったのかを想像することもできます。面白おかしく読めるのですが、命を削りながら書いている様子が感じられたりと、無頼派と呼ばれた小説家のイメージ通りと思う人もいるかも知れません。

 

三島由紀夫は「坂口安吾は、何もかもを洞察していた。底の底まで見透かしていたから、明るくて、決してメソメソせず、生活は生活で、立派に狂的だった」と評していたそうです。そんな坂口安吾の色々な面が垣間見られるのおすすめの小説です。

ページ数420ページ出版社岩波書店
発売日2008/11/14ジャンル自伝小説
第6位

新潮社

不良少年とキリスト

価格:529円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

太宰治の自殺について書かれた文章

1948年に入水自殺した太宰治について書かれてあります。「太宰はM・C、マイ・コメジアンを自称しながらどうしてもコメジアンになりきることができなかった。」など、批判的な文体が含まれていますが、太宰論としても読める追悼文になるでしょう。

 

当時は流行作家として活躍していた友人でもあったため、太宰の自殺に関する坂口安吾の言動が注目されていたそうです。太宰の自殺とほぼ同じタイミングで坂口安吾が行方をくらましたため、坂口安吾が太宰を匿っているのではと騒がれたりもしました。

 

太宰の自殺について書かれているのですが「歯が痛い」という書き出しになっていて、驚く人もいるかも知れません。短時間でぱっと書いたような荒い文章とも言われますが、太宰への強い思いが込められているという感想が多いです。

ページ数258ページ出版社新潮社
発売日2019/5/29ジャンルエッセー・随筆
第5位

新潮社

白痴

価格:529円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

戦後文学の代表と呼ばれている作品

1946年に文芸雑誌の「新潮」に掲載された短編小説です。戦後文学の流行作家として脚光を浴びることになった作品でもあり、1999年には映画化もされました。戦時中、仕立て屋の離れを借りて生活している、映画見習い演出家の「伊沢」が主人公です。

 

ある日隣に住んでいる白痴の女が、伊沢の自宅の布団の横に隠れていたことからストーリーが始まります。怯えて怖がっている女を紳士的に対応して一晩とめて以降、主人公と同居するようになり、2人の生活が始まります。

 

何度も白痴の女と離れたいと思いながらも、1945年3月10日の東京大空襲の日、主人公と白痴の女で一緒に逃げる場面などもあります。戦後に発表されて読者に衝撃を与えた作品として知られていておすすめです。

ページ数288ページ出版社新潮社
発売日1949/1/3ジャンル文芸作品
第4位

楽クリエイティング

肝臓先生

価格:1,080円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間の愚かさが明るく描かれている

なんでも肝臓炎と診断してしまうため、肝臓先生と呼ばれている医師が主人公の小説です。診る患者のほとんど全てが肝臓炎を発症していることに気づいた肝臓先生は、研究室に戻って学理究明をすべきか悩んだ末、町医者として病に苦しむ人を助ける方を選びます。

 

舞台は戦時中の昭和12年になっています。肝臓炎の原因は大陸から来たウイルスで、県の保険課や軍の医療部門に研究の必要性を訴えるのですが、認知が広まらず肝臓先生はインチキ扱いされるようになります。

 

揶揄だけでなく救われた人からの尊敬もあり「肝臓先生」と呼ばれているなど、荒唐無稽な感じがしますが実在のモデルがいる小説です。ラストシーンは驚きですが、映画化もされていておもしろく読めたという感想が多いです。

ページ数36ページ出版社楽クリエイティング
発売日2017/8/1ジャンル文芸作品
第3位

講談社

桜の森の満開の下

価格:0円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人を狂わせる桜・山賊・残忍な美女の物語

峠に住み着いている山賊と、峠を通ったために山賊から殺された旅人の妻が登場人物です。亭主を殺された妻は山賊の女房となり、残忍なことを繰り返していきます。以前から住んでいた7人の女房を殺させたり、都に移り住んだ先で生首を並べて遊んだりします。

 

この作品は「夜長姫と耳男」と並べられ最高傑作と言われたり、「白痴」「青鬼の褌を洗う女」と一緒に、坂口安吾作品の最高峰のひとつと呼ばれたりもします。坂口安吾の小説で現在も人気がある作品になるでしょう。

 

美しく印象深いラストシーンでおすすめです。1958年には映画化されています。1989年、1992年、2001年、2018年には戯曲化されています。2001年にテレビドラマ化され、2009年にはアニメ化されました。漫画・絵本などにもなっています。

ページ数267 ページ出版社講談社
発売日1989/4/10ジャンルホラー
第2位

新潮社

不連続殺人事件

価格:562円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

探偵作家クラブ賞を受賞したミステリーの名作

歌人の豪邸に招待された男女が起こす殺人事件です。作家・画家・劇作家・女優など登場人物が多く、複雑な人間関係が描かれています。トリックが現実で実行可能、読者に正確な情報を与えているなど、読む側をだます書き方がされていなくて面白く読めます。

 

坂口安吾は純文学のイメージが強いですが、推理小説・探偵小説が好きで相当な数を読んでいました。不連続殺人事件を書く時には「犯人を当てたら原稿料を呈上する」など、読者に知恵比べの挑戦状を出していたそうです。

 

江戸川乱歩を驚愕させたと言われている小説でもあります。ミステリー作品や推理小説はトリックの巧妙さが注目されることが多いですが、こちらの作品は複雑な登場人物の心理が面白いという感想が多く見られます。

 

 

ページ数416ページ出版社新潮社
発売日2018/8/29ジャンル推理小説
第1位

岩波書店

堕落論

価格:983円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

戦中・終後の日本人の価値観を観察した坂口安吾の代表作

堕落論を読んで価値観が変わったという感想は多いです。戦中・戦後の日本人の様子を観察していますが、現在でも人気の作品になります。堕落といっても意思が弱くだらしない意味ではなく、戦中戦後の日本人に対するメッセージになっているようです。

 

闇市をしている元特攻隊員や、戦争で夫を失った未亡人の恋愛などの例を出しながら、硬直化している日本人の道徳観を批判しています。社会制度や政治が良くなかったからといって、それだけで人間は救われないという指摘の意味も含まれているでしょう。

 

坂口安吾は「人間だから落ちるのであり、生きているから落ちる」というメッセージに加えて、戦時下の美しいかのように見えた日本人の姿は幻想だったとも言っています。凝り固まっている倫理観の外に出て、別の角度から物事を見られるようになるでしょう。

ページ数405ページ出版社岩波書店
発売日2008/9/17ジャンルエッセー・随筆

坂口安吾の人気ランキング10選

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5065767の画像

    岩波書店

  • 2
    アイテムID:5065780の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:5065772の画像

    講談社

  • 4
    アイテムID:5065802の画像

    楽クリエイティング

  • 5
    アイテムID:5065773の画像

    新潮社

  • 6
    アイテムID:5065796の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:5065805の画像

    岩波書店

  • 8
    アイテムID:5065800の画像

    青空文庫

  • 9
    アイテムID:5065809の画像

    青空文庫

  • 10
    アイテムID:5065789の画像

    講談社

  • 商品名
  • 堕落論
  • 不連続殺人事件
  • 桜の森の満開の下
  • 肝臓先生
  • 白痴
  • 不良少年とキリスト
  • 風と光と二十の私と
  • 恋愛論
  • 夜長姫と耳男
  • 風博士
  • 特徴
  • 戦中・終後の日本人の価値観を観察した坂口安吾の代表作
  • 探偵作家クラブ賞を受賞したミステリーの名作
  • 人を狂わせる桜・山賊・残忍な美女の物語
  • 人間の愚かさが明るく描かれている
  • 戦後文学の代表と呼ばれている作品
  • 太宰治の自殺について書かれた文章
  • 坂口安吾のことがわかる自伝的小説
  • 1947年の「婦人公論」に掲載されたエッセー
  • 20歳の青年と残酷な少女の物語
  • 坂口安吾が初期に書いた超短編小説
  • 価格
  • 983円(税込)
  • 562円(税込)
  • 円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 529円(税込)
  • 529円(税込)
  • 983円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • 円(税込)
  • ページ数
  • 405ページ
  • 416ページ
  • 267 ページ
  • 36ページ
  • 288ページ
  • 258ページ
  • 420ページ
  • 8ページ
  • 32ページ
  • 227 ページ
  • 出版社
  • 岩波書店
  • 新潮社
  • 講談社
  • 楽クリエイティング
  • 新潮社
  • 新潮社
  • 岩波書店
  • 青空文庫
  • 青空文庫
  • 講談社
  • 発売日
  • 2008/9/17
  • 2018/8/29
  • 1989/4/10
  • 2017/8/1
  • 1949/1/3
  • 2019/5/29
  • 2008/11/14
  • 1993/2/10
  • ジャンル
  • エッセー・随筆
  • 推理小説
  • ホラー
  • 文芸作品
  • 文芸作品
  • エッセー・随筆
  • 自伝小説
  • エッセー・随筆
  • 文芸作品
  • 文芸作品

まとめ

坂口安吾は戦後に脚光を浴びた作家ですが、現在でもファンは多く作品は読み続けられています。坂口安吾の作品を原作にした映画化・ドラマ化・漫画化なども沢山ありますが、興味がある場合はぜひ原作を楽しんでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ