記事ID138412のサムネイル画像

【グルメ好きで辛党の方必見】ラー油おすすめ人気ランキング10選

世の中は激辛ブームです。激辛において真っ先に取り上げられるのが麻辣(マーラー)味です。麻辣味を出すのに欠かせない調味料はラー油ですが食べるラー油の登場で人気が沸騰し、すっかり日本の食卓に定着しました。そこで今回はおすすめのラー油をランキング形式で紹介します。

ラー油は人気の調味料

現在のトレンドとして『ラー油』がブームとなっています。ラー油の味といえば麻辣味。麻辣味とは花椒と唐辛子をベースとした中華料理を作る上での味付けです。『麻辣味』は2つの味が合わさった言葉で、『麻味』は花椒による舌が痺れるような辛さ、『辣味)は唐辛子による舌がヒリヒリする辛さが混じりあったのが麻辣味なのです。

 

麻辣味は一昔前においては中華料理店でしかつくれない専売特許でしたが、最近における激辛ブーム、そして食べるラー油の登場で一気に麻辣味が身近になりました。特に食べるラー油の登場はごはんのおかずとしてぴったりだったことが後押しとなり、一気に麻辣味が広まっていきました。

 

一方かけるラー油も、これまでは餃子を食するにおいてちょい掛けするイメージでしかなかったのですが、中華レシピの充実で色々な調理法においてラー油が活用されるようになりました。既にラー油は日本人の食卓になくてはならない調味料になったといっていいでしょう。

ラー油の選び方

ラー油は各メーカーにて様々な商品を販売しており、品揃えも豊富です。ラー油を選ぶ際の選び方について紹介しましょう。

ベースの油で選ぶ

ラー油において食用油は欠かせません。ところで食用油のタイプによってラー油の好みが別れるともいわれており、決して無視はできない要素です。具体的には植物油とゴマ油とに大別されます。

植物油

まず植物油のラー油はピリッとした辛さが特徴です。なぜなら植物油そのものに香りや風味がないため、唐辛子におけるカプサイシンがダイレクトに伝わってくるからです。そして植物油はごま油とは違いあっさりしているので、辛味が好きでさっぱりとした食感を好む人には植物油のラー油がおすすめです。

 

植物油といっても様々なタイプがあり、代表的なのはなたね油ですが、大豆油やとうもろこし油もよく使われます。香りや風味に癖がないため、植物油のラー油はどんな料理にも合わせられます。

 

最近はオリーブオイルを使ったラー油も登場し、ドレッシングやパスタソースに加えたり、パンに塗るといった西洋料理にもラー油が使われだしています。食用油次第で使い道がいくらでも広がるのがラー油の特徴でもあります。

ごま油

一方ゴマ油はコクを求めたい人におすすめです。ゴマ油のラー油の特徴はピリッと辛くてなおかつゴマ油特有の風味とコクがあるところです。ゴマといっても原産地や製造手法によって味わいも異なります。

 

特に濃厚なコクを求めたい人には焙煎ゴマ油を使ったラー油がおすすめです。逆にお子様や強い香りが苦手な人には低焙煎したものか、焙煎なしの白ゴマタイプのゴマ油がおすすめです。

 

しかしごま油のラー油が一気に脚光を浴びたのはいうまでもなく食べるラー油の誕生です。ゴマ油のラー油にフライドガーリックやフライドオニオンを細かく刻んで加えたラー油は一気におかずとしての人気が定着し、食べるラー油が一気にに主役の座に上りつつあるのは皆様ご存知のとおりです。

食べ方で選ぶ

ラー油は人気のある調味料であるだけに各社しのぎを削って様々な商品を出していますが、使い方として調味料として使うか、食用として使うかに分別されます。

かけるタイプ

かけるラー油は従来のように調味料として使うもの。つまり具材のないオイル状のものです。唐辛子を熱した油に漬け込んでから濾しとることで作られたラー油です。

 

かけるラー油の場合、辛味を加えるだけでなく、香りや旨みを足すことができるのが特徴です。最もポピュラーなのはご存知餃子のタレ。あとは麻姿豆腐、野菜炒めといった中華料理やラーメンスープにちょい足ししたり、チャーハン等の炒め油として使う等、中華料理には欠かせない調味料になっています。

 

また中華料理のみならず、ほうれんそうやもやしといった野菜にサッとラー油をふりかけて和えれば、それだけで簡単でヘルシーなおつまみとして味わうこともできます。

食べるタイプ

一方食べるラー油は2000年代後半に登場した歴史の浅い調味料です。食べるラー油は肉や野菜、フライドガーリックといった具材が漬け込んであり、そのままおかずとして食べられるのが特徴です。また様々なおかずにトッピングとして食べられるのも魅力です。

 

食べるラー油はどんな料理にもあいますが、やはり一番合うのはごはんのおかずです。ほかほかのごはんの上に食べるラー油を乗せるとごはんの甘みと食べるラー油の辛さがほど良くマッチしてごはんがまちがいなくすすむこと請け合いです。

 

特に具入りの食べるラー油は意外と食べ応えがあって満腹感も得られるのでついつい沢山食べてしまいがちです。ダイエット中の人には食べる分量に気をつけたほうがいいかもしれません。

ラー油の人気ランキング10選

第10位

九鬼産業

香辛胡麻辣油

価格:487円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ごま油のラー油においてクオリティではトップクラス

九鬼香辛胡麻辣油は六種類の香辛料を香り高いごま油のみで抽出したごまラー油です。特に独自の製法で仕上げた純正の一番搾りのごま油はクオリティが高く、搾りたてのごま油で唐辛子を煮出すことで唐辛子本来の辛さ、旨み、香りを最大限に引き出しています。

 

ごま油からできたラー油なので、香りがとても高く、食欲をまちがいなくそそられます。料理に一番合うのはやはり餃子。サッと一振りするだけで、ごま油の香りと唐辛子の辛さが相まって、餃子の魅力を更に引き立たせてくれます。

 

もちろん餃子以外の中華料理や、和え物、麺類、スープ類といった様々な料理のお供として、辛いもの好きの人にとって欠かせない調味料として人気があります。

 

 

タイプかけるラー油ごま油
唐辛子唐辛子具材・調味料ブラックペッパー・にんにく・ネギ・山椒・八角
内容量45g原産国日本
第9位

株式会社 アイ・ジー・エム トレーディング

食べるベトナムラー油 サテ・トム×3個セット

価格:1,347円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベトナムでポピュラーな食べるラー油

『サテ・トム』はベトナム版の食べるラー油で、日本や中国とは異なる独特の風味をもったラー油としてエスニック料理ファンの間で定番の調味料として人気があります。

 

サテ・トムは日本にはない大豆油をベースに唐辛子をじっくり炒めているのですが、もうひとつ個性的なのが、レモングラスの爽やかな香りと海老の濃厚な旨みを味のベースにしていること。他のラー油とは違いコクより爽やかなテイストが売りですが、そのぶん唐辛子の辛さがダイレクトに伝わってきます。辛いのが苦手な人は注意したほうがいいかもしれません。

サテ・トムに最も合う料理はやはりベトナム料理でしょう。特にフォーにサテ・トムを継ぎ足すと一気に辛さが加わったフォーに変わります。爽やかな辛味が特徴ですので、サラダや冷奴に継ぎ足すと意外においしいともいわれていますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

タイプ食べるラー油大豆油
唐辛子赤唐辛子具材・調味料レモン・ガランガル・にんにく・砂糖・魚醤・食塩・乾燥えび
内容量100g原産国ベトナム
第8位

李錦記

潮州辣椒油   

価格:730円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本場中国で愛用されているラー油

中華料理の本場中国でも一目おかれる有名なラー油で、中国の中華料理店なら必ずといっていい程置かれてある一品といわれています。『李錦記』は中国南部の潮州地方で生産されているラー油で潮州料理も近年、北京料理や四川料理に並ぶ中華料理として注目を集めています。

 

『李錦記 潮州辣椒油』は香りよく炒めたニンニクと唐辛子が入った具入りのラー油で辛さだけでなく、旨みもあって香りが高いのが特徴です。使うときは油だけでなく、具も一緒に使ってみて下さい。

 

餃子のつけだれはもちろん、飲茶のお供や、鍋スープの味付けや麺類のトッピングとしても重宝できます。世界一流シェフにも愛用されており、日本でも業務用のラー油として高い評価を得ています。

タイプかけるラー油大豆油
唐辛子唐辛子具材・調味料乾燥ニンニク・しょうゆ・塩・ごま油・砂糖
内容量335g原産国中国
第7位

あさごもん メルカート株式会社

岩津ねぎラー油

価格:540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

唐辛子を使用していない食べるラー油

『岩津ねぎラー油』は兵庫県朝来市の特産品である岩津ねぎを全国に広めたいという思いから、道の駅『但馬まほろば』にて売り出したのがはじまりです。岩津ねぎ特産品の中の一品ではありますが、岩津ねぎラー油は旅行客の中でも特に評判を呼んでいます。

 

純粋なラー油とは違って唐辛子を使用しておらず、岩津ねぎとごま油、フライドガーリック、豆板醤で味付けをしており、見かけは辛そうですが、ラー油とねぎの風味がうまくマッチしており、旨みとまろやかさが相まって辛さが苦手な人にとっても楽しめるラー油であります。

 

岩津ねぎラー油に最も合う料理は冷奴ではないでしょうか?醤油やポン酢の代わりにラー油を調味料として頂くのですが、豆腐の淡白さとねぎラー油の辛味がとても相性がよく、豆腐が苦手でも安心して食べられるとの評判です。ごはんのお供やおにぎりの具としても相性がよく、ぜひ手元においておきたい調味料です。

タイプ食べるラー油なたね油・ごま油
唐辛子豆板醤具材・調味料葱・フライドガーリック・砂糖・食塩
内容量381g原産国日本
第6位

エスビー食品

乙女たちのおかずラー油

価格:684円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性向けに開発された食べるラー油

S&Bご自慢のおかずラー油シリーズの中で特に女性に人気があるのが、『乙女たちのおかずラー油』です。辛さがもてはやされるラー油にあって、女性向けに考えたであろう、辛さを抑えてあるのが特徴で、辛いのが苦手な人でも抵抗なく味わえるでしょう。

 

そしてなにより女性にうれしいのがニンニク不使用であること。大抵の食べるラー油にはにんにくがつきものですが、『乙女たちのおかずラー油』はにんにくの代わりにアーモンドを使っています。フライドオニオンとアーモンドは意外にラー油にマッチしており、人と会う前でも臭いを気にすることがないのでいつでも味わうことができます。

 

ラー油の中でも辛味を抑えてあるので、どんな料理にも合うのが一番のメリットです。意外と脂っこくないのでサラダやスープにも合いますし、お弁当のお供にも使える等、万能調味料としても使える料理好きには頼もしい一品です。

 

 

タイプ食べるラー油とうもろこし油・ごま油
唐辛子赤唐辛子具材・調味料アーモンド・オニオンパウダー・砂糖・フライドオニオン・粉末醤油・ラージャン・食塩・米・食塩・すりごま
内容量110g原産国日本
第5位

株式会社陣中

具の9割牛タン仙台ラー油

価格:1,070円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

牛タンが入った食べ応えのあるラー油

宮城県仙台市の名物といえば牛タン。その牛タン専門店として全国的に知られる『陣中』が販売しているラー油で、その旨さから仙台土産としてすっかり定着するようになりました。

 

牛タンを小さくカットして、じっくりと甘辛く煮込んだ上、陣中で独自に調合したごま油に唐辛子、にんにく等をブレンドした逸品です。牛タンがたっぷり入っているのでまさに食べるラー油としてごはんのおかずにもぴったりです。

 

もちろんごはんのお供以外にも、お酒のおつまみや、麺類、チャーハンや鍋物といった殆どの料理にも合わせることができる万能調味料で、アイデアや工夫次第で色々な楽しみ方が味わえる逸品です。仙台へ行ったらぜひお土産として選んでみてはいかがでしょうか? まわりからも喜ばれること間違いなしです。

タイプ食べるラー油植物油
唐辛子唐辛子具材・調味料牛たん・醤油・砂糖・オイスターソース・味噌・ガーリック・フライドオニオン・椎茸・
内容量259g原産国日本
第4位

中村屋

香りとしびれほとばしる 食べる麻辣油 ×3

価格:1,393円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新宿中村屋が生み出した定番中の定番

新宿中村屋といえば東京で明治34年に中村屋パンとして創業し、東京を中心に数々のパン、肉まんを中心としたお菓子、カレーを広めた老舗料理店として有名です。肉まんで有名であることから中華料理にも力を入れており、新宿中村屋が販売している食べるラー油は大手にも負けない程のクオリティの高さでファンの人気を集めています。

 

カレーの老舗ということでスパイスの質の高さには定評があり、食べる麻辣油も四川山椒を使用していることからただ辛いだけでなく、本格的な麻辣味が堪能できるラー油に仕上げてあります。

 

その辛さは激辛とはいわないものの後になってじんわり痺れが利いてくる味で本場のラー油に負けず劣らずのクオリティの高さを保っています。中身もピーナッツやクルミといったナッツが入っており健康面にも気を配っているのでおすすめできる食べるラー油です。

タイプ食べるラー油植物油
唐辛子唐辛子具材・調味料乾燥玉ねぎ・落花生・粒状大豆たん白・マーラージャン・砂糖・くるみ・フライドガーリック・乾燥ねぎ・食塩
内容量110g原産国日本
第3位

サウスプロダクト

アカハチ 辛すぎラー油

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

辛さにおいては日本一との評判のラー油

『アカハチ辛すぎラー油』は沖縄ご自慢のラー油で辛さにおいてはおそらく日本一のラー油といわれています。アカハチとは沖縄で生産される唐辛子でなんと辛さはハバネロの5倍。1滴にてお試ししないと、悶絶級の辛さが残り、舌を元に戻すにはだいぶ苦労するかもしれません。

 

しかしただ辛いだけではなく、生にんにくの旨みを加えたことでコクのある辛さを実現し、むしろ辛い中でも食欲をそそる逸品として人気があります。食べるラー油に激辛を求めたい人にはぜひ試してほしい逸品です。

 

ラーメンや餃子といった中華料理はもちろん、揚げ物や焼肉にも合うとの評判で、激辛党の人にはぜひ手にして頂きたいラー油です。

タイプ食べるラー油植物油
唐辛子アカハチ具材・調味料にんにく・醤油・生姜・黒砂糖・アカハチ・白ごま・食塩
内容量118g原産国日本
第2位

桃屋

辛そうで辛くない少し辛いラー油

価格:336円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食べるラー油の火付け役

食べるラー油ブームの火付け役といっていいくらい大ブレイクした調味料が、桃屋が販売している『辛そうで辛くない少し辛いラー油』です。『辛そうで辛くない少し辛い』というネーミングがチャーミングで、辛すぎずに食欲をそそる辛さが最大の特徴です。

 

香ばしいフライドガーリックとフライドオニオンがラー油特有の辛さを和らげており、よりマイルドな辛さに仕上がったことで、老若男女、辛いのが苦手な人にとっても十分味わえるラー油として評判を呼んだのです。

 

どんな料理でも万能調味料として重宝されますが、やはり一番のおすすめはごはんのおかずのお供です。ほかほかごはんの上にちょこっと食べるラー油をのせて食べるとラー油の辛さとごはんの甘みがマッチして絶妙な味わいが広がり、ごはんがいくらでも進みます。ただしダイエット中の人にはほどほどにしたほうがいいかもしれません。

タイプ食べるラー油食用油・ごま油
唐辛子粗挽き唐辛子具材・調味料フライドガーリック・フライドオニオン・唐辛子みそ・砂糖・食塩・パプリカ・すりごま・オニオンパウダー
内容量299g原産国日本
第1位

小笠原フルーツガーデン

薬膳島ラー油

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小笠原諸島のお土産といえばコレ

小笠原諸島のお土産としてナンバーワンの座をキープしている薬膳島ラー油です。小笠原諸島名産という希少価値も相まって、テレビや雑誌でも多数紹介されています。

 

薬膳という名のつくとおり、小笠原諸島の日光のもとで天日干しにした赤唐辛子には薬膳の風味があり、しかも他のラー油にはあまりないウコン、アロエ、グアバ葉が入っている健康志向にもぴったりなラー油です。

 

しかし他のラー油に比べてとびきり辛いのが特徴。なにしろ小笠原諸島原産の硫黄島唐辛子は世界一小粒で激辛といわれているからです。それでも独特の刺激的辛さにハマる人が続出しており、餃子はもちろん、冷奴やサラダ、あらゆる食事のスパイスにも合うラー油として今後も人気は続くでしょう。

タイプかけるラー油植物油
唐辛子小笠原父島産島唐辛子具材・調味料花山椒・ウコン・アロエ 松の実・クコの実
内容量281g原産国日本

ラー油のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5064439の画像

    小笠原フルーツガーデン

  • 2
    アイテムID:5064458の画像

    桃屋

  • 3
    アイテムID:5064552の画像

    サウスプロダクト

  • 4
    アイテムID:5064558の画像

    中村屋

  • 5
    アイテムID:5064154の画像

    株式会社陣中

  • 6
    アイテムID:5064472の画像

    エスビー食品

  • 7
    アイテムID:5064509の画像

    あさごもん メルカート株式会社

  • 8
    アイテムID:5064462の画像

    李錦記

  • 9
    アイテムID:5064545の画像

    株式会社 アイ・ジー・エム トレーディング

  • 10
    アイテムID:5064487の画像

    九鬼産業

  • 商品名
  • 薬膳島ラー油
  • 辛そうで辛くない少し辛いラー油
  • アカハチ 辛すぎラー油
  • 香りとしびれほとばしる 食べる麻辣油 ×3
  • 具の9割牛タン仙台ラー油
  • 乙女たちのおかずラー油
  • 岩津ねぎラー油
  • 潮州辣椒油   
  • 食べるベトナムラー油 サテ・トム×3個セット
  • 香辛胡麻辣油
  • 特徴
  • 小笠原諸島のお土産といえばコレ
  • 食べるラー油の火付け役
  • 辛さにおいては日本一との評判のラー油
  • 新宿中村屋が生み出した定番中の定番
  • 牛タンが入った食べ応えのあるラー油
  • 女性向けに開発された食べるラー油
  • 唐辛子を使用していない食べるラー油
  • 本場中国で愛用されているラー油
  • ベトナムでポピュラーな食べるラー油
  • ごま油のラー油においてクオリティではトップクラス
  • 価格
  • 1100円(税込)
  • 336円(税込)
  • 980円(税込)
  • 1393円(税込)
  • 1070円(税込)
  • 684円(税込)
  • 540円(税込)
  • 730円(税込)
  • 1347円(税込)
  • 487円(税込)
  • タイプ
  • かけるラー油
  • 食べるラー油
  • 食べるラー油
  • 食べるラー油
  • 食べるラー油
  • 食べるラー油
  • 食べるラー油
  • かけるラー油
  • 食べるラー油
  • かけるラー油
  • 植物油
  • 食用油・ごま油
  • 植物油
  • 植物油
  • 植物油
  • とうもろこし油・ごま油
  • なたね油・ごま油
  • 大豆油
  • 大豆油
  • ごま油
  • 唐辛子
  • 小笠原父島産島唐辛子
  • 粗挽き唐辛子
  • アカハチ
  • 唐辛子
  • 唐辛子
  • 赤唐辛子
  • 豆板醤
  • 唐辛子
  • 赤唐辛子
  • 唐辛子
  • 具材・調味料
  • 花山椒・ウコン・アロエ 松の実・クコの実
  • フライドガーリック・フライドオニオン・唐辛子みそ・砂糖・食塩・パプリカ・すりごま・オニオンパウダー
  • にんにく・醤油・生姜・黒砂糖・アカハチ・白ごま・食塩
  • 乾燥玉ねぎ・落花生・粒状大豆たん白・マーラージャン・砂糖・くるみ・フライドガーリック・乾燥ねぎ・食塩
  • 牛たん・醤油・砂糖・オイスターソース・味噌・ガーリック・フライドオニオン・椎茸・
  • アーモンド・オニオンパウダー・砂糖・フライドオニオン・粉末醤油・ラージャン・食塩・米・食塩・すりごま
  • 葱・フライドガーリック・砂糖・食塩
  • 乾燥ニンニク・しょうゆ・塩・ごま油・砂糖
  • レモン・ガランガル・にんにく・砂糖・魚醤・食塩・乾燥えび
  • ブラックペッパー・にんにく・ネギ・山椒・八角
  • 内容量
  • 281g
  • 299g
  • 118g
  • 110g
  • 259g
  • 110g
  • 381g
  • 335g
  • 100g
  • 45g
  • 原産国
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 中国
  • ベトナム
  • 日本

ラー油を選ぶ際の注意点

ラー油を選ぶ際に一つ注意しておきたい点があります。それは必ず唐辛子をつけこんだ商品を選ぶということです。

 

大抵のラー油は唐辛子を植物油ヤゴマ油に漬け込んだものをラー油として抽出しているのですが、中には唐辛子エキスだけを抽出したラー油も実際にあります。しかしエキスだけですと、やはり本物のラー油には味、香りとも見劣りしてしまいます。見分け方としては唐辛子表示のものを選びましょう。

 

辛党の人が選ぶラー油というのは生の唐辛子よりはむしろ粗引き乾燥させた唐辛子が辛さが引き立つとのことです。今流行りのハバネロや唐辛子の種類によってかなり辛さに違いがでるともいわれていますので、チャンスがあればぜひ吟味してみて下さい。

まとめ

今回は激辛ブームに欠かせない調味料、ラー油について紹介しました。いまやラー油は単なる調味料から食材として変貌を遂げ、なお進化を続けています。辛さが苦手の人もぜひラー油を手にとって、ラー油独特のうま味を味わってみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ