記事ID138383のサムネイル画像

【遠いものもくっきり】おすすめの望遠レンズ人気ランキング10選

カメラにこだわりはお持ちですか。スマホなどで簡単に高画質の写真が撮影できるようになった昨今ですが、さらなる高画質にこだわりたい方、遠くの対象をしっかり納めたい方には望遠レンズの使用がおすすめです。今回は望遠レンズの選び方とおすすめ商品ランキングをご紹介します。

望遠レンズでとっておきの1枚を撮影しよう

望遠レンズはカメラレンズの1つで、望遠鏡のように遠くを撮影したり、近距離にある被写体にピントを合わせて強調して撮影したりできます。また、望遠レンズの場合被写体の距離が同じ場合は広角レンズよりボケやすくなっています。

 

そのため被写体にしっかりピントを当て、背景をぼかすなどの効果が撮影しやすいです。一方で手ぶれがしやすくなっていしまうというデメリットもあります。望遠レンズをご購入の方は、合わせて三脚や一脚を使用することで、ぶれにくく効果的な撮影ができます。

 

また、ぶれやすいという性質のため、手ぶれ補正機能のついた望遠レンズもありますので、合わせてチェックしてみてください。最適な望遠レンズを選んで、旅の思い出やお子様の運動会など、思い出をしっかりおさめてみましょう。

望遠レンズの選び方

焦点距離で選ぶ

焦点距離135mm以下の「中望遠レンズ」

人物や花など、比較的近距離の対象を撮影したい場合、焦点距離が短い中望遠レンズがおすすめです。中でも、焦点距離が85mmのタイプは適度なボケ感を出すことができます。スマホには出せない絶妙な高画質と、背景のボケとのコントラストが出せます。

 

背景をボケさせるためにポートレート写真を撮るときに焦点距離が長いものを選ぶと、被写体が調整できず、しっかり写すことができません。そのためポートレート写真の撮影では被写体ともコミュニケーションが取れて、なおかつボケ感も綺麗になる焦点距離が好まれます。

 

自然な距離感で撮影をしたい場合は85〜135mmを、背景のボケ感を強く出したい場合はそれ以上のレンズを選ぶことがおすすめです。中望遠レンズは自然な距離感のポートレート写真を撮るのに向いていると言えます。

300mmまでの「望遠レンズ」

焦点距離が300mm以下の「望遠レンズ」は、室内でのスポーツを撮るのに向いています。バスケやバレーボールなど、比較的観客席が選手に近いような競技では、「望遠レンズ」を使用してみてください。選手の顔もきちんと納められるくらいだと思います。

 

また、自然公園などで景色や遊具などを撮影する場合もこの「望遠レンズ」がぴったりです。木々や草花、公園にいるいきものなど、微細にいきいきと撮影できると思います。

 

室内スポーツとちょっとした野外活動の際の撮影は「望遠レンズ」です。

400mm以上の「超望遠レンズ」

サッカーなどの野外スポーツを撮影する場合は、観客席と選手との距離が離れているため、焦点距離が400mm以上の「超望遠レンズ」の使用がおすすめです。中でも、最大焦点距離が500mmくらいあるものであれば選手の表情までくっきり映し出してくれます。

 

また、野鳥を撮影する場合も超望遠レンズの使用がおすすめです。撮影者と野鳥はかなり距離が離れている場合が多く、また野鳥は小さいため鮮明に撮影する場合にはだいたい400~800mmのレンズを使用するかたが多いです。

 

山奥で本格的に野鳥撮影を行う場合は、最大600~800mmまで撮影できるレンズがおすすめです。

F値で選ぶ

F値とはレンズに取り込む光量を調整する絞りの大きさを示す数値です。F値が小さいほど少し絞っただけでたくさんの光を取り込むことができ、相対的に取り込める光量が増えるので、高速シャッターが切れるようになり動体撮影が有利になります。

 

また、背景や前景を大きくぼかせるようにもなります。逆にF値が大きくなるほど光量が減るので、低速シャッターで動きの軌跡を表現できるなど、広い範囲でピントの合った写真が撮影可能です。ちなみに、そのレンズで使える最も小さいF値を開放F値と呼びます。

 

運動会や旅行などの一般的な用途や携帯性を重視する場合、F4.5-5.6など開放F値が大きめで焦点距離によって変わる望遠レンズでも十分です。しかし、ボケ表現を活用するポートレートや暗所での撮影、高速シャッターが必要な動体撮影では、開放F値がF2.8以下の大口径望遠レンズが向いています。

手ぶれ機能で選ぶ

焦点距離が長くなればなるほど写真を撮る時のブレに敏感に反応します。そのため、レンズには手ぶれ補正機構が搭載されている場合が多いです。手ぶれ補正機能にも種類があるため、手ぶれ補正が搭載されているというだけで安心できません。
 
 
どの程度強力に手ぶれ補正が効くのかという点を考慮してレンズを選ぶ必要があります。70〜300mm周辺の比較的近距離の撮影が中心の場合は最新の手ぶれ補正機構が搭載されていなくても十分です。
 
 
しかし、超望遠レンズを使用する方はできるだけ新しい、強力な手ぶれ補正機構があるレンズを選ぶことをおすすめします。しっかり手ぶれを補正してくれますよ。
 

持ち運びの便利さで選ぶ

望遠レンズの重さで選ぶ

望遠レンズは遠方まで運んだりする場合も多々あると思います。自家用車で運ばれる場合は比較的重いものでも持ち運べるかもしれませんが、公共交通機関などを使って移動される場合ですと軽量のものの方が持ち運びに便利です。

 

とは言っても望遠レンズは他の焦点レンズと比較すると重いものが多く、大きい鞄に入れる必要があるものが多いです。手軽に持ち運びたいのであれば、重さは最高でも1kg前後のものを選びましょう。

望遠レンズの大きさで選ぶ

重さと類似しますが、望遠レンズの大きさも持ち運びを考えると大切です。コンパクトに持ち運べたら、ちょっとしたお出かけにも持って行きやすくなります。携帯性を考えるのであれば最長でも20cm以下の望遠レンズを選びましょう。

 

その程度であれば普段の鞄にもおさまりやすく、「望遠レンズを持ち運んでいる」ということをあまり意識しなくてもすむかもしれません。

望遠レンズの人気ランキング10選

第10位

Nikon

望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR

価格:142,796円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超望遠500mmをカバーした本格的な超望遠ズームレンズ

第10位はNikonの望遠ズームレンズ AF-S NIKKORです。焦点距離は200−500mmで、手持ち撮影が可能な超望遠レンズで、F値は5.6です。こちらの優れた点は望遠200mmから本格的な超望遠500mmまでのレンズの画角をばっちりカバーしている点です。

 

手ブレ補正効果4.5段のVR機構を搭載し、撮影に自信がなかったとしても超望遠撮影を強力にサポートしてくれます。これから超望遠撮影をはじめる方から写真愛好家の方まで気軽に楽しめる超望遠ズームレンズです。 色収差を効果的に抑えるEDレンズを3枚採用しています。

 

高い光学性能により、ズーム全域にわたって優れた描写力を発揮してくれます。遠くの孔雀なども大きく引き寄せ、高い解像力で鮮やかな羽の質感をリアルに再現します。自分で撮った写真に思わずうっとりしてしまうかもしれません。

焦点距離200−500mmF値5.6
手ぶれ補正あり重量2.09kg
フィルター径95mm
第9位

ソニー

望遠ズームレンズ E

価格:31,999円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レンズ内手ぶれ補正方式のレンズ

第9位は、ソニーの望遠ズームレンズ E です。焦点距離は55−210mmで、室内スポーツやちょっとした景色の撮影に適しており、F値は4.5−6.3です。35mm判換算で中望遠82.5mmから望遠315mm相当までの撮影領域をカバーします。

 

スリムかつ軽量なEマウント専用の光学約3.8倍の望遠ズームレンズです。光学式手ブレ補正機能を内蔵し、望遠撮影時の手ブレも抑えるため誰にでも撮影しやすいです。

 

また、レンズ内モーターとインターナルフォーカシングによる、静かでなめらかなフォーカスで、動画撮影にも適しています。外装にアルミニウム合金を使用した高品位な外観です。 重さは345gと軽量で、持ち歩きにも便利です。

焦点距離55−210mmF値4.5−6.3
手ぶれ補正あり重量345g
フィルター径49mm
第8位

TAMRON

超望遠ズームレンズ SP

価格:100,370円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

600mmの超望遠ズームレンズで迫力あるショット

第8位はTAMRONの超望遠ズームレンズ SP です。焦点距離は150−600mmで、飛行機のようなはるか遠くの被写体もくっきり写すことができ、F値は5−6.3で、高めになっています600mmの超望遠レンズは迫力のあるショットをより美しく撮ることができます。

 

遠くの被写体を美しく撮影できるため、撮影対象が広がります。野鳥やワイルドライフ、スポーツ、飛行機などの撮影を存分に楽しむことができます。手ブレ補正機構「VC」と超音波モーター「USD」を搭載されており、撮影の際の手助けになってくれます。

 

手持ち撮影の機会を増やし、スピーディーなピント合わせで快適に撮影できます。光の反射を大幅に防ぐeBANDコーティングなど、タムロン独自の技術を組み合わせた先進の光学設計が、諸収差を徹底的に補正し、フレアーやゴーストの少ない高画質な映像表現が可能です。

焦点距離150−600mmF値5−6.3
手ぶれ補正あり重量1.95kg
フィルター径95mm
第7位

PENTAX

望遠ズームレンズ HD

価格:51,030円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

進化したAF&最短撮影距離0.95mの小型望遠ズーム

第7位はPENTAXの望遠ズームレンズ HDです。焦点距離は55−300mmで、室内スポーツや自然公園などでの撮影に適しており、F値は4.5−6.3です。旅行や趣味、家族イベントなどさまざまなアウトドアシーンでアクティブに撮影を楽しみたい方にぴったりです。

 

35ミリ判換算では焦点距離84.5~460mmに相当し望遠から超望遠域までカバーする望遠ズームです。AF性能の進化により、静音で高速なAFだけでなく、動画時のフォーカス駆動や絞り動作で音が入りづらい滑らかなピント追従を可能にしています。

 

また、高画質で最短撮影距離0.95mの新開発レンズが撮影領域を大きく拡大します。さらに、沈胴構造の採用により、全長89mmを実現し、コンパクトな持ち運びしやすいサイズで持ち運びがしやすく、防滴構造でさまざまな環境下での信頼性も高めています。

焦点距離55−300mmF値4.5−6.3
手ぶれ補正なし重量442g
フィルター径58mm
第6位

FUJIFILM

望遠ズームレンズ XC

価格:23,463円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手ぶれ補正機能ありのオールガラス製レンズ

第6位はFUJIFILMの望遠ズームレンズ XCです。焦点距離は50−230mmで、室内スポーツや自然公園などでの撮影に適しており、F値は4.5−6.7です。こちらの望遠ズームレンズは、1枚の非球面レンズと1枚のEDレンズを含む10群13枚のオールガラス製レンズです。

 

撮影範囲の全域で高い光学性能を発揮し、距離が離れた被写体でもクリアな画像が撮影可能です。フォーカスレンズの軽量化と高精度モーターの採用により高速かつ静かなAFを実現しています。軽くて持ち運びに便利な点は嬉しいですね。

 

光学式手ブレ補正機能(約3.5段)搭載し、静止画、動画ともに手持ち撮影時の手ブレを抑えます。撮影した写真がぶれぶれだった、ということを防ぐことができます。シルバーとブラックの2色展開です。

焦点距離50−230mmF値4.5−6.7
手ぶれ補正あり重量375g
フィルター径58mm
第5位

OLYMPUS

超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED

価格:45,300円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

野鳥やスポーツ撮影に最適な超望遠ズーム

第5位はOLYMPUSの超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL EDです。焦点距離は75−300mmですが、35mm判換算で150-600mm相当の焦点域をカバーする超望遠ズームレンズです。F値は4.8−6.7です。

 

「マイクロフォーサーズシステム規格」の特徴を生かし、超望遠ズームレンズながら超小型・軽量を実現しています。一眼システムならではの高画質な写真撮影とハイクオリティな動画撮影をサポートする“MSC機構"の搭載で優れた機動性を発揮します。

 

レンズ表面には新たに“ZERO コーティング"を施し、ゴーストやフレアを徹底的に排除します。逆光などの悪条件下での撮影時にもクリアな描写性能を確保しています。ボディー内手ぶれ補正によりすべての焦点距離で優れた手ぶれ補正効果を発揮し、使いやすいです。

焦点距離75−300mmF値4.8−6.7
手ぶれ補正あり重量422g
フィルター径58mm
第4位

Nikon

望遠ズームレンズ AF-P DX NIKKOR

価格:33,500円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型・軽量の超望遠ズームレンズ

第4位はNikonの望遠ズームレンズ AF-P DX NIKKORです。焦点距離は70−300mmの望遠レンズで、室内スポーツや一般的な景色の撮影に向いています。F値は4.5−6.3と大きめのため運動会や旅行などの一般用途向きです。

 

ニコンDXフォーマット専用の望遠レンズになります。AF駆動にSTM(ステッピングモーター)を搭載しているため素早いAFと静音性を実現しており、動画撮影にも適しています。小型・軽量の超望遠ズームレンズで、携帯性に優れています。

 

EDレンズを1枚採用することで、色にじみなど諸収差の発生を抑制しています。手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)もついているので初心者でも扱いやすいです。スナップ撮影や運動会、発表会など、多様なシーンで活躍します。

焦点距離70−300mmF値4.5-6.3
手ぶれ補正あり重量415g
フィルター径58mm
第3位

SIGMA

望遠ズームレンズ

価格:23,109円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスの高いデジタル対応望遠ズームレンズ

第3位はSIGMAの望遠ズームレンズです。高い光学性能とデジタルカメラへの最適化がしてあり、高いコストパフォーマンスが自慢です。焦点距離は70−300mmで、室内スポーツやちょっとした景色の撮影に向いています。

 

F値は4−5.6と開放F値が大きめで、運動会や旅行などの一般的な用途向きになっています。焦点距離300mmで最大撮影倍率1:2のマクロ撮影が可能です。さらに、スイッチの切替で200mmから300mmの間でマクロ撮影が可能になっています。

 

最短撮影距離はズーム全域で1.5mです。SLD(特殊低分散)ガラスの採用により、色収差も良好に補正してくれ、フォーカシングによる収差変動を効果的に補正します。また、最新のコーティング技術により、デジタルで特に発生しやすいフレアやゴーストの発生を軽減しています。

焦点距離70−300mmF値4−5.6
手ぶれ補正なし重量545g
フィルター径58mm
第2位

Panasonic

電動ズーム搭載望遠レンズ

価格:29,143円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動ズーム機能搭載の軽量レンズ

第2位は、Panasonicの電動ズーム搭載望遠レンズです。こちらは焦点距離が電動ズーム搭載望遠レンズの中望遠レンズで、近距離の対象の撮影に適しており、F値は4.0−5.6です。特徴は電動ズーム機能が搭載している点で、動画撮影の際もズーム操作が途切れないので便利です。

 

従来のレンズと同じくマニュアルズーミングも可能です。2群2枚のレンズを独立して駆動させるフローティングフォーカスにより、軽量・小型化を実現しています。ナノレベルの微細構造を持つ、超低屈折率の薄膜をレンズ表面に形成し、ゴースト、フレアを大幅に低減しました。

 

レンズ筐体内に搭載したジャイロセンサーが手ブレを検知し補正する「POWER O.I.S.」を搭載しており、初心者のかたでも扱いやすくなっています。動画撮影中にレンズの動作音が録音されないように、フォーカスには静音かつ高速性を追求したモーターを採用しています。

焦点距離45-175mmF値4.0−5.6
手ぶれ補正あり重量210g
フィルター径46mm
第1位

Canon

望遠ズームレンズ

価格:21,800円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新フォーカス機構でオートフォーカスのレンズ

第1位はCanonの望遠ズームレンズです。焦点距離は55−250mmで遠くの被写体を狙うのに最適なズームレンズで、F値は4−5.6です。35mm判換算で88~400mm相当の望遠域をカバーし、シャッター速度換算で約4段分までの手ぶれ補正機能を搭載しています。

 

夜景撮影を始め、望遠スナップや光量の足りない室内でも安心して活用でき、さらに軽量でコンパクトです。通常撮影と流し撮りをレンズが自動で判別して適切な手ぶれ補正を実施します。一瞬のシャッターチャンスも逃しません。

 

レンズはUDレンズで、写真の色にじみを効率的に除去し、鮮明で美しい描写とコンパクトなレンズ設計を可能にしています。IMAGE STABILIZERを搭載することで、レンズ内で手ぶれを補正してくれ、暗所や手持ちでの撮影にぴったりです。

焦点距離55−250mmF値4−5.6
手ぶれ補正あり重量390g
フィルター径58mm

望遠レンズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5063578の画像

    Canon

  • 2
    アイテムID:5063558の画像

    Panasonic

  • 3
    アイテムID:5063507の画像

    SIGMA

  • 4
    アイテムID:5063516の画像

    Nikon

  • 5
    アイテムID:5063542の画像

    OLYMPUS

  • 6
    アイテムID:5063617の画像

    FUJIFILM

  • 7
    アイテムID:5063630の画像

    PENTAX

  • 8
    アイテムID:5063535の画像

    TAMRON

  • 9
    アイテムID:5063698の画像

    ソニー

  • 10
    アイテムID:5063716の画像

    Nikon

  • 商品名
  • 望遠ズームレンズ
  • 電動ズーム搭載望遠レンズ
  • 望遠ズームレンズ
  • 望遠ズームレンズ AF-P DX NIKKOR
  • 超望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED
  • 望遠ズームレンズ XC
  • 望遠ズームレンズ HD
  • 超望遠ズームレンズ SP
  • 望遠ズームレンズ E
  • 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR
  • 特徴
  • 新フォーカス機構でオートフォーカスのレンズ
  • 電動ズーム機能搭載の軽量レンズ
  • コストパフォーマンスの高いデジタル対応望遠ズームレンズ
  • 小型・軽量の超望遠ズームレンズ
  • 野鳥やスポーツ撮影に最適な超望遠ズーム
  • 手ぶれ補正機能ありのオールガラス製レンズ
  • 進化したAF&最短撮影距離0.95mの小型望遠ズーム
  • 600mmの超望遠ズームレンズで迫力あるショット
  • レンズ内手ぶれ補正方式のレンズ
  • 超望遠500mmをカバーした本格的な超望遠ズームレンズ
  • 価格
  • 21800円(税込)
  • 29143円(税込)
  • 23109円(税込)
  • 33500円(税込)
  • 45300円(税込)
  • 23463円(税込)
  • 51030円(税込)
  • 100370円(税込)
  • 31999円(税込)
  • 142796円(税込)
  • 焦点距離
  • 55−250mm
  • 45-175mm
  • 70−300mm
  • 70−300mm
  • 75−300mm
  • 50−230mm
  • 55−300mm
  • 150−600mm
  • 55−210mm
  • 200−500mm
  • F値
  • 4−5.6
  • 4.0−5.6
  • 4−5.6
  • 4.5-6.3
  • 4.8−6.7
  • 4.5−6.7
  • 4.5−6.3
  • 5−6.3
  • 4.5−6.3
  • 5.6
  • 手ぶれ補正
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • なし
  • あり
  • あり
  • あり
  • 重量
  • 390g
  • 210g
  • 545g
  • 415g
  • 422g
  • 375g
  • 442g
  • 1.95kg
  • 345g
  • 2.09kg
  • フィルター径
  • 58mm
  • 46mm
  • 58mm
  • 58mm
  • 58mm
  • 58mm
  • 58mm
  • 95mm
  • 49mm
  • 95mm

まとめ

ここまで望遠レンズの選び方とおすすめ商品をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。望遠レンズは価格が高価ですので、慎重に調べて最適なものを購入してください。この記事が商品選びの参考になれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ