記事ID138369のサムネイル画像

【洗濯を楽に】洗濯ハンガーのおすすめ人気商品ランキング10選

毎日行う洗濯ですが、みなさんは、どのようなアイテムを使用していますか。現在では、かなり便利なタイプの洗濯ハンガーが販売されているので、一度調べてみましょう。そこで今回は、おすすめの洗濯ハンガーをご紹介していきます。参考にしてみましょう。

便利な洗濯ハンガーを使って、もっと手軽に干しましょう。

毎日のように洗濯を行う必要がありますが、干す際には、どういった物を使用していますか。現在では、かなり便利なタイプの商品が販売されているので、この機会に使ってみましょう。手軽に市販たホームセンターなどで購入できるものばかりなので、おすすめです。

さらに、商品によっては、一度にたくさんの洗濯物を干せる商品もあります。靴下や下着など、散らばりやすいものもサッと一度に干すことができるので、とても便利です。また、スペースを取りすぎることなく、効率良く干せるので、形状などにも注目しましょう。

そこで今回は、おすすめの洗濯ハンガーをご紹介していきます。初めて使用される方のためにも、選び方もご紹介していくので、チェックしてみてください。丈夫でしっかりとした商品を、ランキング形式にてご紹介するので、この記事を参考にして、より手軽に干しましょう。

洗濯ハンガーの選び方

毎日のように行う洗濯物は、できるかならば、もっと手軽に干したいですよね。今回は、色々な選び方を挙げていくので、是非参考にしてみましょう。

素材で選ぶ

素材によって、特徴がそれぞれ異なります。当然、メリット・デメリットがあるので、あらかじめ把握しておきましょう。

プラスチック製を選ぶ

色々なアイテムに使用されているんプラスチック製は、洗濯ハンガーでも、大活躍してくれます。軽くて扱いやすく、扱いやすいメリットがあります。また、リーズナブルな価格で購入できるので、洗濯物が多いご家庭でも、手軽にお使いいただけます。

 

ピンチハンガーの場合は、軽く挟むだけで、使用できたりと、使い勝手にも優れています。おしゃれなカラフルなデザインのものも多いので、一度調べてみましょ。ただし、プラスチック製は、紫外線に弱いデメリットがあります。

 

そのため、長時間日光に当たってしまうと、劣化したりして、壊れやすいものでもあるので、定期的に交換する必要が出てきてしまいます。なので、部屋干し用に使用するなど、工夫しましょう。

ステンレス製を選ぶ

長く使い続けたい場合は、ステンレス製のものを、選ぶようにしましょう。ステンレスは、非常に耐久性が高く、頑丈となっています。さらに、錆びにくいので、外で使用しても、綺麗な状態を保つことができます。

 

形も崩れにくく、挟む力も強強いので、洗濯物がズレ落ちたりしてしまう心配も、ありません。ただし、プラスチック素材のものと比べると、比較的値段が高価な傾向にあるので、しっかりと予算なども考えながら、選ぶようにしましょう。

 

長く使い続けることを考えると、元からステンレス製を選んでおく方が、コストを抑えれるかもしれません。重たいものを干す場合や、洗濯物の量が多い場合は、ステンレス製のものがおすすめです。

アルミ・ポリカーボネート製を選ぶ

実は洗濯ハンガーは、色々な素材で作られています。例えば、ピンチハンガーえあっても、本体が丈夫で軽いアルミで作られていて、洗濯バサミの部分が、ポリカーボネート製になっていたりと、場所によって異なる素材を使用しているものもあります。

 

ポリカーボネートとは、衝撃や紫外線に強いので、手軽に使用することができます。場所によって、使用されている素材が異なる場合もあるので、一度調べてみましょう。

 

ただし、有機溶剤や界面活性剤に弱いので、アルカリ性の洗剤などを直接かけてしまうと、ひび割れてしまいます。このように、素材によっては洗剤などによって、悪影響を及ぼしてしまうこともあるので、注意しながら選ぶようにしましょう。

形状で選ぶ

衣類用ハンガーと、ピンチハンガーの両方を使用することで、効率良く干すことができます。洗濯物のサイズや量によって、異なるサイズのハンガーが販売されているので、洗濯物によって買い揃えましょう。

衣類用ハンガーを選ぶ

Tシャツ・ブラウスなど、普段着用する衣類を干す際に用いられるのが、衣類用ハンガーです。一番オーソドックスなタイプになります。洋服はもちろん、フェイスタオルなどを干すのにも便利で、使い勝手に優れています。

 

商品によって、色々な形状となっていて、肩のでっぱりがないアーチ型など、様々なタイプがあります。落ちにくいように工夫がされているものもあるので、機能性にも注目してみましょう。

 

クリップなどが付いていたりと、洋服の種類に合わせて、選びやすくなっています。ただし、洗濯物の肩部分に、ハンガーの跡が残ってしまうことがあります。これを防ぐには、洋服の肩幅よりも1cmほど小さいハンガーを、選ぶと良いでしょう。

ピンチハンガーを選ぶ

靴下などの小さいものなどは、このピンチハンガーがおすすめです。クリップで挟むことで、干すことができます。かさばりやすい小さなものも、しっかりと干すことができ、まとめてセットできるので、スペースを取りすぎず便利です。

 

通常は、衣類用ハンガーとセットで使われることが多いので、それぞれ用意しておくと良いでしょう。中には、コンパクトで小さめに作られているものもあるので、手軽に使用できます。大きいものでも、折り畳めるものもあり、収納にも困りません。

 

ただし、あまり雑に扱ってしまうと、クリップが取れたり、傷みやすくなるので、注意しましょう。

機能性で選ぶ

現在販売されている商品は、かなりハイスペックになっていて、色々な工夫が施されています。なので、特徴なども把握しながら、使いやすさも追及して選びましょう。

落ちにくさで選ぶ

商品によって異なりますが、滑りが良く、洗濯物が落ちやすいものも中にはあります。セーターなど比較的落ちにくい洗濯物に使えても、型崩れなどを起こしやすいので、注意しましょう。

 

また、最初はしっかりとセットできても、洋服が乾いてくると、摩擦がなくなり、ハンガーから外れやすくなります。特に洗濯物が風にあおられた際に、外れてしまうことが多いです。せっかく洗濯して綺麗な状態だったものが、また汚れてしまうことになります。

 

なので、落ちにくさも重視しておきましょう。肩の部分に滑り止めの付いているものや、あらかじめ滑りにくくコーティングを施している、商品もあります。このように、工夫されているものもあるので、チェックしてみましょう。

収納しやすいものを選ぶ

使用しない時にサッと収納できると、とても便利ですよね。また、特にピンチハンガーは、かさばりやすく、スペースを取りがちになってしまいます。ただ、現在販売されている商品は、比較的コンパクトにまとめて、収納できるようになっています。

 

なので、色々な商品を見てみて、収納のしやすさもチェックしてみましょう。ハンガーを入れる専用のケースなどを用意しておくと、さらにスムーズに収納できるかと思います。

 

あまり洗濯ハンガーを使用しない場合は、気にする必要はありません。ですが、家族の人数が多い場合は、特にハンガーの使用量も増えるので、収納性もチェックしておきましょう。

プラスの機能で選ぶ

現在販売されている洗濯ハンガーには、色々な工夫が施されています。例えばフック部分が360°回転する商品があります。これであれば、干す際に向きを変えられるので、かなり便利です。また、風の向きに合わせて回るので、より乾きを早くできるメリットがあります。

 

さらに、洗濯物を早く乾かす工夫が施された、商品もあります。これは、衣類の中に適度な空間を作ってくれるので、より風を通りやすくして、乾きやすくなっています。

 

特に生地の厚い衣類には効果的で、なかなか乾きずらい季節でも、手軽に乾かしてくれる効果があるので、一度使ってみましょう。このように、プラスの機能が施されているものもあるので、要チェックです。

価格・サイズで選ぶ

消耗品として使用するのか、長く使用するのかで選び方が変わってくるので、予算も考えながら選択しましょう。また、サイズも無理なく使用でき、効率の良い干し方ができるものを、選ぶ必要があります。

価格で選ぶ

洗濯ハンガーには、100円単位で購入できるものあれば、3000円程度するものなどもあります。価格によって、それぞれ使い勝手が異なるので、予算も考えながら、選ぶようにしましょう。当然、お値段が高いほど、耐久性や機能に優れていて、長く使用できます。

 

リーズナブルな価格で購入できるものは、確かに機能性もしっかりと備わっているものがあります。とはいっても、高価なものと比べると、それほど長くは使用できないので、こういったことも踏まえて選びましょう。

 

また、サイズも値段にかかわってきます。なので、一人暮らしの場合は、コンパクトなものを選ぶと、コストも抑えることができます。ただし、家族の人数が多い場合は、あらかじめ大きいサイズの商品を選ぶ方が、コストを抑えれるので、色々な用途を考えながら、選びましょう。

サイズで選ぶ

使用する洗濯物の数や、ご家族の人数に合わせて、適切なサイズのものを選ぶようにしましょう。例えば、一人暮らしなのに、かなり大きいサイズのものを選んでしまうと、場所を取ってしまいます。

 

また、賃貸などの場合は、使用できるスペースも限られてきますよね。なので、手軽に使用するためにも、あらかじめどの程度のサイズであれば、無理なく使えるかを、把握しておくと良いでしょう。

洗濯ハンガーの人気ランキング10選

第10位

サワフジ

とばないくん TB-46-10P

価格:1,274円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

飛ぶ心配が全くありません。

しっかり固定できる洗濯ハンガーで、洗濯物が飛ぶ心配が必要ありません。竿にしっかり固定できるキャッチ式で、洗濯ロープにも対応しています。


肩部を握ると変形するものも、襟首部分を伸ばさずに掛けられますキャミソールやエプロンなども掛けられて、色々な使い方ができます。

 

使いやすく、文句が一切ないといった、ロコミが挙がっていました。男性用の大きめサイズの服もしっかり掛けれます。

サイズ45.5x24.5x0.5cm重さ272g
機能性キャッチ式素材ポリプロピレン・鋼
第9位

小久保工業所

洗濯ハンガー 6235

価格:1,438円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衣類に合わせて、自由に調節できます。

幅広のアームでトレーナーを立体的に干せて、内部に空間ができるので、トレーナーが乾きやすくなります。また、アームにも通気用の穴が開いているので、速乾性もありますよ。

 

この洗濯ハンガーは、アームがスライド式で伸び縮みするので、肩幅サイズがほどよく合われます。さらに、竿に賭ける部分はしっかりした、キャッチ式となっています。

 

風で飛ばないので、安心して使えて便利といった、ロコミが挙がっていました。アームを縮めてキャッチ部分を折り畳むと、コンパクトに収納できます。

サイズ7×6×45cm重さ145g
機能性スライド・キャッチ式素材ポリプロピレン・鋼線
第8位

オーエ

マイランドリー2 バスタオルハンガー

価格:1,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毎日使用するバスタオルも、これなら手軽に干せます。

ちぎれやすかったピンチの吊りヒモが、金属製になっているので、安心して使用できます。バスタオルがゆったり4枚干せて、毎日の洗濯が楽に行えますよ。


ベランダの高さからはみ出ないで干せる、補助フック付きで、かなりハイスペックとなっています。アーチワイヤーがタオルに当たらないように、アーチサポートフック付きです。

 

毎日の洗濯が楽になったといった、ロコミが挙がっていました。太いポールにも、ロープにも対応し、自由に使用できます。

サイズ46×25.5×5.5cm重さ-
機能性補助フック付き素材ポリプロピレン
第7位

ダイヤコーポレーション

ワンタッチハンガー8連 057566

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

速乾性に優れているので、素早く乾かせます。

洗濯物をワンタッチで、素早く取り込むことができます。Tシャツやワイシャツなどの、トップスをまとめて乾すことができ、かなり便利でおすすめです。

 

さらに、丸首やハイネックなどの襟が伸びないので、大切な洋服を守ることができます。洗濯物が重ならない工夫を施し、速乾性に優れています。

 

簡単に取り込めるので、助かっているといった、ロコミが挙がっていました。コンパクトなので、マンションのベランダなど高さに余裕がない場所でも、干しやすくしています。

サイズ62.5×41×22.5cm重さ490g
機能性折り畳み式素材ポリプロピレン
第6位

ニッコー

スライド 8連ハンガー F-8

価格:1,298円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サッとセットするだけなので、手間が省けます。

折り畳めるので、収納もスムーズに行えます。この洗濯ハンガーがあると、一度に沢山干せるので、より手軽に洗濯物を終えることが可能です。

 

さらに、丸首シャツも簡単にセットできます。2つのフックがハンガーを、しっかり固定することができるので、風で飛ばされてしまう心配がありません。

 

耐久性があり購入して間違いないといった、ロコミが挙がっていました。スライドさせれば、大きな服にも対応できます。

サイズ41×52.5×48cm重さ948g
機能性折り畳み式素材ポリプロピレン・鋼鉄樹脂皮膜・硬鋼線
第5位

LEEPWEI

ステンレスハンガー BXGYJ-20

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広いバリエーションで、お使いいただけます。

濡れた衣服をかけても、浴室乾燥でも、外での長時間の使用も可能となっています。使い方が色々できるので、使用dけいる幅がかなり広いです。

 

さらに、先端にラバーキャップをすることにより、安全性も備わっています。また、42cmで男女のSML全ての服に対応し、色々な洋服にお使いいただけます。

 

シンプルながら使えて、コスパも最高といった、ロコミが挙がっていました。くぼみが備わっているので、キャミソールやスカートなど、肩ひもがついた衣服に対応しています。

サイズ42×19×3.2cm重さ60g
機能性くぼみ付き素材ステンレス
第4位

シービージャパン

洗濯物干しハンガー

価格:1,818円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチ操作で、家事の手助けになります。

アルミ製のフックは回転するので、収納時にも便利になっています。フックが自立し、高いところに掛けやすいので、より効率良く干せて、おすすめの洗濯ハンガーです。

 

また、下着などを隠して干せる二重フレームで、ねじれやたわみに強いリブ付きなので、長くお使いいただけます。

 

長く使っているのに、全然傷まないといった、ロコミが挙がっていました。ワンタッチで楽々ピンチを。取り換えれるので、かなり手軽に扱えます。

サイズ79×38×26cm重さ860g
機能性折り畳み式素材アルミニウム
第3位

MAWA

すべり落ちないマワハンガー 110564

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衣類に跡が付きにくいので、大切な洋服にも使用できます。

この商品は、ドイツで生まれて60年もの歴史を誇っています。品質の高さとシンプルなデザインで、手軽にお使いいただけます。

 

さらに、緩やかなカーブは、衣類の肩部分を引っ張ることなく掛けられるので、肩部分に跡も付きにくく、大切な衣類も安心して干すことができます。もちろん、収納用としても、活用できますよ。

 

跡が付きにくいので、安心して使用できるといった、ロコミが挙がっていました。厚さが1cmとスリムなので、沢山の衣類を収納することも可能です。

サイズ40×22×1cm重さ75g
機能性ノンスリップコーティング済み素材スチール
第2位

MEXERRIS

洗濯ハンガー JP-MEX-20YJ

価格:1,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納用として使用しても、場所を取りすぎません。

襟元が伸びにくいので、衣類が長持ちするように作っています。また、特殊なラバー加工がされているので、衣類が落ちにくく、快適に使用できます。

 

この洗濯ハンガーは、厚みが5mmと薄くなっているので、クローゼットに収納する際も、スペースを取りすぎません。

 

薄型なのに、とても優秀といった、ロコミが挙がっていました。衣類以外にもネクタイやスカートなど、小物も掛けやすくなっています。

サイズ42x0.5x23cm重さ-
機能性360度回転・滑り止め加工済み素材-
第1位

パール金属

洗濯物干しハンガー 角型 H-8757

価格:1,836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯物が落ちにくく、錆びにくい素材で長く愛用できます。

丈夫でサビに強いオールステンレス製で、長くお使いいただけます。フック部には、風による落下を防ぐストッパー付きです。

 

また、ピンチが20個付いているので、家族の人数が多くても、洗濯物を一度に干せます。 壁際でも干せるので、色々な洗濯物に対応します。

 

錆びにくいので、長く使えるといった、ロコミが挙がっていました。同シリーズで、色々なタイプがあるので、チェックしてみましょう。

サイズ370×300×345mm重さ410g
機能性ストッパー付き素材ステンレス鋼

洗濯ハンガーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5062050の画像

    パール金属

  • 2
    アイテムID:5062052の画像

    MEXERRIS

  • 3
    アイテムID:5062056の画像

    MAWA

  • 4
    アイテムID:5062059の画像

    シービージャパン

  • 5
    アイテムID:5062061の画像

    LEEPWEI

  • 6
    アイテムID:5062063の画像

    ニッコー

  • 7
    アイテムID:5062064の画像

    ダイヤコーポレーション

  • 8
    アイテムID:5062071の画像

    オーエ

  • 9
    アイテムID:5062080の画像

    小久保工業所

  • 10
    アイテムID:5062083の画像

    サワフジ

  • 商品名
  • 洗濯物干しハンガー 角型 H-8757
  • 洗濯ハンガー JP-MEX-20YJ
  • すべり落ちないマワハンガー 110564
  • 洗濯物干しハンガー
  • ステンレスハンガー BXGYJ-20
  • スライド 8連ハンガー F-8
  • ワンタッチハンガー8連 057566
  • マイランドリー2 バスタオルハンガー
  • 洗濯ハンガー 6235
  • とばないくん TB-46-10P
  • 特徴
  • 洗濯物が落ちにくく、錆びにくい素材で長く愛用できます。
  • 収納用として使用しても、場所を取りすぎません。
  • 衣類に跡が付きにくいので、大切な洋服にも使用できます。
  • ワンタッチ操作で、家事の手助けになります。
  • 幅広いバリエーションで、お使いいただけます。
  • サッとセットするだけなので、手間が省けます。
  • 速乾性に優れているので、素早く乾かせます。
  • 毎日使用するバスタオルも、これなら手軽に干せます。
  • 衣類に合わせて、自由に調節できます。
  • 飛ぶ心配が全くありません。
  • 価格
  • 1836円(税込)
  • 1880円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 1818円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 1298円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 1490円(税込)
  • 1438円(税込)
  • 1274円(税込)
  • サイズ
  • 370×300×345mm
  • 42x0.5x23cm
  • 40×22×1cm
  • 79×38×26cm
  • 42×19×3.2cm
  • 41×52.5×48cm
  • 62.5×41×22.5cm
  • 46×25.5×5.5cm
  • 7×6×45cm
  • 45.5x24.5x0.5cm
  • 重さ
  • 410g
  • -
  • 75g
  • 860g
  • 60g
  • 948g
  • 490g
  • -
  • 145g
  • 272g
  • 機能性
  • ストッパー付き
  • 360度回転・滑り止め加工済み
  • ノンスリップコーティング済み
  • 折り畳み式
  • くぼみ付き
  • 折り畳み式
  • 折り畳み式
  • 補助フック付き
  • スライド・キャッチ式
  • キャッチ式
  • 素材
  • ステンレス鋼
  • -
  • スチール
  • アルミニウム
  • ステンレス
  • ポリプロピレン・鋼鉄樹脂皮膜・硬鋼線
  • ポリプロピレン
  • ポリプロピレン
  • ポリプロピレン・鋼線
  • ポリプロピレン・鋼

まとめ

今回は、おすすめの洗濯ハンガーをご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。色々なメーカーから販売されているので、使ってみましょう。機能性なども重視しながら選ぶことで、より使い勝手も良く、家事の手助けにもなりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ