記事ID138367のサムネイル画像

【おしゃれ】コーヒーキャニスターのおすすめ人気商品ランキング10選

コーホーキャニスターとは、手軽にコーヒーを保管することができるアイテムとなっています。おしゃれなデザインのものも多いので、一度使ってみましょう。そこで今回は、おすすめのコーヒーキャニスターをご紹介していきます。是非参考にしてみましょう。

コーヒー好きな方こそ、コーヒーキャニスターを使いましょう。

毎日コーヒーを飲まれる方の多いと思いますが、せっかくなら美味しく飲みたいですよね。そこで便利なのが、コーヒーキャニスターといアイテムです。コーヒー豆を保存することができ、非常に機能性も高いので、品質を保ったまま、保管しておくことができます。

商品によって、ガラス・プラスチック・金属など、色々ま素材で作られているものもあるので、チェックしてみましょう。サイズの様々なものが揃っているので、手軽に活用できるかと思います。大切なコーヒー豆をより美味しく飲むためにも、この機会に使いましょう。

そこで今回は、おすすめのコーヒーキャニスターをご紹介していきます。ただ、保存容器として使えるだけでなく、鮮度を保つことにも役立つので、使ってみましょう。デザイン性に優れた商品もかなり多いので、お気に入りのものが見つかるかと思います。

コーヒーキャニスターの選び方

コーヒーキャニスターを使うことで、より高い鮮度を保ったまま、美味しいコーヒーを飲むことができます。ただコーヒー豆を保管する以外にも、粉状のものを保管することもできるので、一度試してみましょう。

素材で選ぶ

素材によって、それぞれメリット・デメリットがあるので、時前に把握しておきましょう。色々な素材で作られているものが、数多く揃っているので、使いやすいものを選びましょう。

ガラス製を選ぶ

ガラス製のコーヒーキャニスターは、密封性が非常に高いので、より鮮度を保って保管することができます。また、透明のものが多く、彩を楽しむことができます。キッチンにも調和するので、かなり使い勝手も良いでしょう。

 

さらに、見やすくコーヒー豆の残量を確認しやすいので、かなり便利です。比較的リーズナブルな商品も多く、手軽に購入できるメリットがあります。ただし、他の素材よりも、重さが出てしまうので、注意しましょう。

 

また、落としてしまうと割れてしまい、怪我をする恐れもあるので、丁寧に扱う必要があります。遮光性に劣ってしまうので、直射日光を浴びないように、冷暗所に保管することが重要です。

金属製を選ぶ

使いやすさを重視したい場合は、金属製のものを選ぶようにしましょう。その中でも一番優秀なのが、ステンレス製のコーヒーキャニスターです。ステンレス素材は、錆びにくく、汚れも落としやすいので、お手入れにも手間がかかりません。

 

また、非常に軽く、遮光性に優れています。デザインも、シンプルながら落ち着いていて、色々なデザインのキッチンにも合うでしょう。ただし、柄が付いていないものが多いので、あまりデザイン性にこだわりのない方向けとなっています。

 

商品によって、金属特有のニオイ移りする場合もあるなど、デメリットもあるので、ロコミなども参考にしながら、選ぶようにしましょう。金属製のニオイが気になる方や、アレルギーの方は、使わないようにしましょう。

木製を選ぶ

おしゃれで落ち着いた雰囲気を出してくれるのが、木製のコーヒーキャニスターです。あまり商品数は多くありませんが、デザイン性に優れているので、一度使ってみましょう。また、万が一落としてしまっても、割れにくいので、安心して使用できます。

 

お子さんがいるご家庭など、安全性を高めたい場合は、木製のものを選ぶようにしましょう。さらに、木製であれば、湿度を一定に保ってくれたり、コーヒー豆の湿気を吸ってゆっくりと外に出す役目も、発揮してくれます。遮光性も抜群なので、かなり使い勝手も良いでしょう。

プラスチック製を選ぶ

とにかく軽く、手軽に使えるものを探している場合は、プラスチック製のものがおすすめです。プラスチックは、加工がしやすい素材なので、UVブロック加工を施したり、強化プラスチック製を採用して割れにくくなっていたりなど、色々な工夫が施されている商品が多くなっています。

 

ただし、遮光性がなく、強い日光に当たってしまうと、白く変色することもあるので、必ず加工の有無をチャックしておきましょう。

 

さらに、温度変化に弱い素材でもあるので、冷凍庫に入れれば少しの衝撃でひび割れてしたりと、色々なデメリットがあります。なので、保管方法を十分注意しながら、使う必要があります。

ホーロー製を選ぶ

商品のラインナップも多いホーロー製のコーヒーキャニスターは、高い耐久性を持っています。そもそもホーローとは、金属をガラスコーティングした素材となっています。非常に丈夫で、熱伝導率の高さに加え、ガラスで錆びにくいといった、あらゆるメリットがあります。

 

また、見た目も美しく、おしゃれなものも多いので、初めて使用する方にもおすすめです。さらに、遮光性が高く、ガラスでコーティングされているため、金属のニオイが移らないなど、手軽にお使いいただけます。

 

ただし、ガラスコーティングをしている分、重さが出てしまうので、扱いには十分注意しましょう。より使いやすいものをお探しの場合は、持ち手が付いたタイプを選ぶと良いかと思います。

機能性で選ぶ

機能性が高いと、かなり高い効果を得ることができます。品質に影響することにも繋がるので、しっかりと機能性をチェックして、時にはロコミなども参考にしてみましょう。

密封性で選ぶ

コーヒーキャニスターを選ぶ際は、一番密封性を重視しておく必要があります。というのも、密封性が高いほど、酸素や湿気がコーヒーキャニスター内に入ってくるのを防げます。

 

機能性が高いと、よりコーヒー豆の鮮度を保つことができるので、まずは密封性を重視しながら、選ぶことをおすすめします。ただ、商品によって、密封性を保つ仕組みが、それぞれ異なります。

 

例えば、蓋をはめるタイプ・蓋を回すタイプ・フックをかけてロックするタイプなど、色々なものがあります。なので、使いやすさも考えながら、選ぶようにしましょう。ただ、密封性が高いものほど、中身を取り出すのに手間がかかることが多いので、使いやすさも考えましょう。

遮光性で選ぶ

コーヒー豆にとって、とくに紫外線は避けたいものです。直射日光が当たる場所や、光の影響を受けやすい場所では、中のコーヒー豆にあらゆる影響を与えてしまいます。なので、できる限り遮光性の高いものを、使うようにしましょう。

 

ホーローや金属製のものは、比較的遮光性が高いので、こういった素材のものを選ぶようにしましょう。また、プラスチック製のものは、紫外線防止予防をしているものなど、加工の有無もチェックしておきましょう。

 

また、屋内の蛍光灯なども、実は少し影響しています。直射日光ほど影響はありませんが、気になる場合は、あらかじめ遮光性の高いものを選ぶことを、おすすめします。

利便性で選ぶ

せっかく良いコーヒーキャニスターを使用しても、お手入れがしにくいと、使いづらく、使わなくなってしまいます。なので、手軽にお手入れできるかも、チェックしておきましょう。

 

例えば、底が丸くなっているものであれば、サッと汚れを落とすことができます。また、ニオイ移りがしにくい素材のものや、食器洗い機などに対応しているかなども、確認しながら選ぶことで、より使いやすいものが見つかると思います。

サイズ・デザインで選ぶ

より高い機能を発揮するためにも、サイズにも注目してみましょう。さらに、キッチンとの調和も考えて、デザインにもこだわりましょう。

サイズで選ぶ

いくら良いコーヒーキャニスターを使用していても、長期間保存すると、少しずつ鮮度や風味が落ちてしまうので、サイズ選びも重要なポイントになります。大体、2週間ほど経つと、劣化が始ります。

 

なので、あまり大容量を入れてしまうと、無駄にしてしまうことがあるので、注意しましょう。美味しく飲むためにも、大体2~3週間で飲み切れるものが入るサイズのものを、選ぶことをおすすめします。

 

300gのサイズのものであれば、キッチンに置いても邪魔にならず、2週間程度の分が入る量なのでおすすめです。少し余裕をもって、500g程度のものを選ぶことで、より使い勝手が良くなります。ただ、これはあくまでも目安なので、飲む人数などに合わせて、選ぶようにしましょう。

デザインで選ぶ

せっかく購入する場合は、デザイン性にもこだわりたいですよね。近年販売されている商品は、比較的おしゃれなものが多いので、自分好みのものを、探してみましょう。

 

もし、選び方が分からない場合は、キッチンとの調和を考えながら選ぶと、より適したものを選ぶことができるかと思います。ホワイトカラー・木製のものなどであれば、色々なテイストのキッチンに合うので、使ってみましょう。

メーカーで選ぶ

おしゃれでおすすめのメーカーが、いくつかあります。例えば、ハリオ・ゼロジャパン・ナルゲン・キントーなどです。非常に機能性も高く、見た目も可愛いものが多いので、一度チェックしてみましょう。

 

また、通販でも手軽に購入できるので、お求めやすくなっています。実用性にも優れているものが多いので、プレゼントにも最適です。このように、色々なメーカーから、販売されているので、メーカーにもこだわってみましょう。

コーヒーキャニスターの人気ランキング10選

第10位

株式会社 竹中

クラフトレシピ キャニスター

価格:1,188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらかじめ入っているものがデザインされているので、間違えません。

中身に合わせて、コーディネートを楽しんで手軽に使用できます。おしゃれで可愛いデザインで、キッチンが華やかになりますよ。

 

可愛く愛用しているといった、ロコミが挙がっていました。コーヒーと記載があるので、ラベルなどを貼る必要がなく、中身が分かりやすいですよ。

サイズ・内容量76×145mm・400ml重さ99.8g
素材ABS樹脂・ポリエステル樹脂デザイン2タイプ
第9位

籐芸

コーヒーキャニスター MTCA90BECF

価格:2,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

割れにくいので使いやすく、逆さまにしてもこぼれません。

お好きなキャニスターを組み合わせて、プレゼントとして贈ることも可能です。コーヒー豆の保存容器として使用でき、美味しさをしっかりと保ちます。

 

さらに、コーヒーの風合いや香りが、木製の雰囲気と良く合います。蓋にはシリコンパッキンがついているので密閉性が高く、逆さまにしても、蓋が開いてこぼれることはありません。

 

品質が非常に高く、こぼれないといった、ロコミが挙がっていました。木製なので落としても割れにくく、安心してお使いいただけます。

サイズ・内容量95×97mm・270ml重さ49.9g
素材ABS樹脂・ポリエステル樹脂デザイン5タイプ
第8位

HARIO

ティー&コーヒーキャニスターボナ BCN-200-W

価格:3,024円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナチュラルで、湿気をしっかりと抑えます。

琺瑯製のキャニスターで、茶葉やコーヒー粉の保存に便利です。蓋は天然木で、琺瑯と天然木との組み合わせによる、ナチュラルなデザインとなっています。

 

シンプルながら便利で、キッチンとの相性もばっちりです。プレゼント用としても、おすすめのコーヒーキャニスターです。

 

落ち着く見た目で、スマートなので設置しやすいといった、ロコミなどが挙がっていました。蓋は木製となっているので、湿気なども防いでくれます。

サイズ・内容量10.2×14.3cm・200g重さ-
素材琺瑯鋼板・アカシアウッド・シリコンゴムデザイン1タイプ
第7位

Melitta

キャニスター MJ-2156

価格:3,456円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用のスプーンが付くなど、付属品も充実しています。

ステンレス製で、汚れも落としやすく、手軽に使用できます。透明な蓋なので、中身をサッと確認できます。

 

ニオイ移りもなく、冷蔵庫に手軽に保管できるといった、ロコミが挙がっていました。 密閉度の高いシリコンを使用し、使い勝手にも優れています。 

サイズ・内容量110×110×130mm・200g重さ280g
素材ステンレス・シリコンデザイン1タイプ
第6位

ゼロジャパン

コーヒーキャニスター CO-200

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすく、場所を取らないので、保存に困りません。

このコーヒーキャニスターは、アメリカ最大手のコーヒーチェーンでも、コーヒー豆の保存容器として採用されていた、高品質となっています。高い密封性に加え、光から食品の変質を防ぐ、透光性がない清潔感のある陶器のボディに仕上げています。

 

また、食品の劣化を防ぐことができ、鮮度を高く保ちます。錆に強く上質で、高い密封性能を長時間保つことを可能にしています。

 

デザイン性にも優れていて、キッチンにも置きやすいといった、ロコミが挙がっていました。あまり場所を取らないので、手軽にお使いいただけます。

サイズ・内容量10.5×16cm・800cc重さ730g
素材陶器・18-8ステンレス・シリコンデザイン9タイプ
第5位

澤井珈琲

コーヒー専用 保存缶

価格:1,540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オリジナル商品で、コーヒー好きにおすすめです。

澤井珈琲のコーヒーの香りを長持ちさせるための、コーヒーキャニスターです。 澤井オリジナルのロゴプリント入りで、容量はたっぷりな、500gの豆を保存することが可能です。

 

コーヒーの味を劣化させる三大要素である、酸素・光・温度からも、しっかりと守ります。

 

湿気ることもなく、粉を保管してもさらさら感が続くといった、ロコミが挙がっていました。手軽に保管できるので、おすすめです。

サイズ・内容量13×18cm・500g重さ-
素材-デザイン1タイプ
第4位

UZIPAL

キャニスター

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

優れた素材を採用し、シンプルなのにおしゃれです。

コーヒー豆・紅茶・お菓子など、色々なものの保管が行えます。密閉度の高いシリコンを使用し、機能性も非常に充実しています。

 

また、透明な蓋なので、中身を確認できます。洗練されたデザインで、どんなテイストのキッチンにも、相性が良いですよ。

 

使いやすく、錆びないので清潔といった、ロコミが挙がっていました。耐久性にも優れていて、ロック式で開閉易く、しっかり密閉保存できます。

サイズ・内容量125×90mm・0.75L重さ255g
素材ステンレス・シリコンデザイン1タイプ
第3位

星硝

セラーメイト 221145

価格:540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広口設計で、お手入れもスムーズに行えます。

使いやすさを考えた、広口設計で手軽に活用できます。透明で、多彩に使いこなせるシンプルなデザインで、キッチンにも調和します。

 

さらに、中身が出しやすく使いやすいので、コーヒーキャニスターとして以外にも、中身を選ばず使い方の用途も広がります。広口だから容器の底まで、綺麗に清潔にできますよ。

 

お手入れに手間がかからないといった、ロコミが挙がっていました。キャップがフラットでになっていて、安定感があるのでスタッキングが可能です。 

サイズ・内容量8.4×11.5×6.7cm・420ml重さ281g
素材ソーダライムガラス・メタクリル樹脂・ポリエチレンデザイン1タイプ
第2位

HARIO

珈琲キャニスターM MCN-200B

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーも3タイプから選べ、使い勝手にも優れています。

コーヒー粉やコーヒー豆を入れて、蓋のツマミを上げた状態で、蓋をセットする仕組みとなっています。サッと使用できるので、持っていると便利です。

 

このコーヒーキャニスターは、透明なので残量が分かりやすく、とても使いやすくなっています。

 

かなりハイスペックで、長く使っても性能が落ちないといった、ロコミが挙がっていました。色々なものを保存できるので、かなり便利でおすすめです。

サイズ・内容量9.9×14.2×9.6cm・200g重さ265g
素材耐熱ガラス・ABS樹脂・シリコンゴム・ステンレスデザイン3タイプ
第1位

タケヤ化学工業

フレッシュロック 角型500

価格:332円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々なものを保存でき、湿気なども防ぎます。

蓋にトライタン樹脂を使用し、上面から見ても内容物が確認できるので、残量が分かりやすく便利です。さらに、パッキン付きなので、横置き保存が可能となっています。

 

さらに、酸性・アルカリ性にも対応し、風味を逃さず湿気を寄せ付けないので、手軽に使用できます。ワンタッチ開閉で出し入れが簡単で、スムーズに扱っていただけます。

 

密封性が高く、保存容器として優秀といった、ロコミが挙がっていました。汚れにくく、ニオイが付着しにくいので、お手入れにも手間はかかりません。

サイズ・内容量6.8×7.9×14.4cm・500g重さ120g
素材飽和ポリエステル・トライタン樹脂・エラストマー樹脂デザイン1タイプ

コーヒーキャニスターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5061887の画像

    タケヤ化学工業

  • 2
    アイテムID:5061890の画像

    HARIO

  • 3
    アイテムID:5061892の画像

    星硝

  • 4
    アイテムID:5061893の画像

    UZIPAL

  • 5
    アイテムID:5061896の画像

    澤井珈琲

  • 6
    アイテムID:5061898の画像

    ゼロジャパン

  • 7
    アイテムID:5061900の画像

    Melitta

  • 8
    アイテムID:5061902の画像

    HARIO

  • 9
    アイテムID:5061907の画像

    籐芸

  • 10
    アイテムID:5061909の画像

    株式会社 竹中

  • 商品名
  • フレッシュロック 角型500
  • 珈琲キャニスターM MCN-200B
  • セラーメイト 221145
  • キャニスター
  • コーヒー専用 保存缶
  • コーヒーキャニスター CO-200
  • キャニスター MJ-2156
  • ティー&コーヒーキャニスターボナ BCN-200-W
  • コーヒーキャニスター MTCA90BECF
  • クラフトレシピ キャニスター
  • 特徴
  • 色々なものを保存でき、湿気なども防ぎます。
  • カラーも3タイプから選べ、使い勝手にも優れています。
  • 広口設計で、お手入れもスムーズに行えます。
  • 優れた素材を採用し、シンプルなのにおしゃれです。
  • オリジナル商品で、コーヒー好きにおすすめです。
  • 使いやすく、場所を取らないので、保存に困りません。
  • 専用のスプーンが付くなど、付属品も充実しています。
  • ナチュラルで、湿気をしっかりと抑えます。
  • 割れにくいので使いやすく、逆さまにしてもこぼれません。
  • あらかじめ入っているものがデザインされているので、間違えません。
  • 価格
  • 332円(税込)
  • 680円(税込)
  • 540円(税込)
  • 1380円(税込)
  • 1540円(税込)
  • 2376円(税込)
  • 3456円(税込)
  • 3024円(税込)
  • 2700円(税込)
  • 1188円(税込)
  • サイズ・内容量
  • 6.8×7.9×14.4cm・500g
  • 9.9×14.2×9.6cm・200g
  • 8.4×11.5×6.7cm・420ml
  • 125×90mm・0.75L
  • 13×18cm・500g
  • 10.5×16cm・800cc
  • 110×110×130mm・200g
  • 10.2×14.3cm・200g
  • 95×97mm・270ml
  • 76×145mm・400ml
  • 重さ
  • 120g
  • 265g
  • 281g
  • 255g
  • -
  • 730g
  • 280g
  • -
  • 49.9g
  • 99.8g
  • 素材
  • 飽和ポリエステル・トライタン樹脂・エラストマー樹脂
  • 耐熱ガラス・ABS樹脂・シリコンゴム・ステンレス
  • ソーダライムガラス・メタクリル樹脂・ポリエチレン
  • ステンレス・シリコン
  • -
  • 陶器・18-8ステンレス・シリコン
  • ステンレス・シリコン
  • 琺瑯鋼板・アカシアウッド・シリコンゴム
  • ABS樹脂・ポリエステル樹脂
  • ABS樹脂・ポリエステル樹脂
  • デザイン
  • 1タイプ
  • 3タイプ
  • 1タイプ
  • 1タイプ
  • 1タイプ
  • 9タイプ
  • 1タイプ
  • 1タイプ
  • 5タイプ
  • 2タイプ

まとめ

今回は、おすすめのコーヒーキャニスターをご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。色々なメーカーから、それぞれ高い機能性を持った商品が販売されているので、かなり便利ですよ。デザイン性にもこだわりながら、キッチンに置いてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ