記事ID138357のサムネイル画像

【液ダレなし・鮮度持続】オイルボトルのおすすめ人気ランキング10選

液ダレをしてしまったり、注ぎ量が上手く調整できなかったりと、オイルボトルに不満を持っている人は意外に多いはず。そんな人は定番のロングセラー商品や評価の高いオイルボトルに交換しましょう。この記事では、おすすめの人気オイルボトルをランキング形式で紹介します。

オイルボトルで料理を楽しく・おしゃれに

油は私たちの食生活になくてはならないものです。最近では、ダイエットができる・健康に良いなどとして、ココナッツオイルやアマニ油、オーガニックオリーブオイルなど、さまざまなオイルの種類が使われるようになってきました。

 

買ったままの容器でも使えないことはありませんが、オイルボトルを使ってみませんか。注ぎやすく液だれしにくいですし、調度よい量を出しやすいオイルボトルなどがあります。見た目もおしゃれなので、キッチンや食卓が華やかになります。

 

しかし、単純なようで意外に選ぶのがむずかしいのがオイルボトルです。そこでオイルボトルのおすすめの選び方をまず紹介します。そして、おすすめのオイルボトルの人気商品をランキング形式で紹介します。

オイルボトルの選び方

ただの容器といって何となく選んでしまうと、意外に失敗の多いのがオイルボトルです。ここではおすすめのオイルボトルの選び方を紹介します。

液だれのしにくさで選ぶ

オイルは水と違って粘着性の高い液体です。注いだ後にすばやく元に戻してもも、注ぎ口からオイルが垂れてしまうことがあります。オイルがたれにくいオイルボトルを選ぶおすすめの方法は次のとおりです。

注ぎ口をチェック

オイルのたれにくさを決めるのは注ぎ口です。見た目で分かりやすいのは、注ぎ口が斜めになっているタイプです。注いだ後に元に戻した後に、注ぎ口付近にあるオイルが中に戻っていくので液だれしにくいのが特徴です。

 

また、オイルボトル本体とは別に、シリコンゴムの注ぎ口を付けているタイプもあります。このようなタイプは、液だれ対策ができているオイルボトルとみて、まず間違いないでしょう。

 

たとえば、オイルボトル本体の注ぎ口に、さらに小さな注ぎ口のパーツをつけ、液だれしたものをすり鉢状の部分で受け止めて中に戻すといった工夫がされているものがあります。

定番品を選ぶ

液だれのしにくいオイルボトルをかなりの確率で選べる方法が、定番品を選ぶことです。少し抽象的だと思われるかもしれません。しかし、ロングセラー、ベストセラーと呼ばれているものはユーザーから評価された製品であり、液だれもしにくいのは確かです。

 

「液だれしにくい究極の醤油さしを探したら、スーパーで売っているキッコーマンの瓶に行きついた」といったエピソードはよく聞く話です。それと似たようなことがオイルボトルにもあります。長く売れ続けているような定番品を探せば、使い勝手でまず問題は起きにくいといえるのです。

 

なぜ、こんな選び方をおすすめするかというと、注ぎ口を見ても、液だれしにくいかよくわからない人がほとんどだからです。迷ったときは定番品、これが液だれしにくいオイルボトルを選ぶコツといえます。

100均はあまりおすすめできない

オイルボトルを探すにあたって、100均ショップの商品を検討する人はとても多いです。結論からいえば、あまりおすすめできません。もちろん、評判の良いオイルボトルがあることは確かです。しかし、総じて「漏れる」「液だれがひどい」といった口コミも多いのです。

 

「すぐに液ダレでべとつくので、交換ばかりしている」といった声もあります。これでは、いくら安い100均でも、かえって高くついてしまうことになりかねません。

 

オイルボトルはずっと使い続けられるものなので、少し良いものを購入するのがおすすめです。

量の調整のしやすさで選ぶ

基本的には、注ぎ口が細くなるほど調整がしやすくなります。注ぎ口の直径をチェックしておおよその目安を立てましょう。

 

オイルボトルを購入するのが初めてで、上手くイメージできない場合、オイルを購入した時の容器を目安にするのがおすすめです。オリーブオイルやサラダオイル、自分でドレッシングを作りたいならドレッシングの容器、などの注ぎ口の大きさを参考にします。

 

スプレータイプも量が調整しやすいといえます。また、空気穴がなく、少量ずつしか出てこないタイプもあります。ヘルシー料理を作りたい、広範囲に少量ずつかけたい、といった場合はこれらのタイプがおすすめです。

鮮度キープ力で選ぶ

オイルは種類によって酸化しやすいものと、酸化しにくいものがあります。また、熱に弱いオイルもあります。鮮度キープ力でオイルボトルを選ぶなら、以下の項目をチェックしましょう。

空気になるべく触れないオイルボトルがおすすめ

美容目的で使用されるホホバオイルやスクワランオイルは空気に触れても酸化しにくい性質を持っています。ダイエット目的でブームとなったココナッツオイルなども酸化しにくいオイルです。一方、えごま油や亜麻仁油は酸化しやすいので、なるべく空気に触れさせたくないオイルです。

 

空気に触れさせたくないなら、密閉度の高いキャップ付きで、注ぎ口が細いものがおすすめです。さらに鮮度をキープしたいなら「真空タイプ」がおすすめです。特殊な容器や構造になっていて、容器内の空気にすら、ほとんど触れないようになっています。

オリーブオイルなら遮光・耐熱性もチェック

オリーブオイルの鮮度キープのためには遮光性のある素材でできたオイルボトルがおすすめです。オリーブオイルは酸化に対してはそれほど弱くはありませんが、熱に弱いという性質をもっています。

 

遮光性のある素材なら、冷暗所やキッチンの収納スペースではなく、表に出しておいても鮮度をキープしやすいといえます。

 

また、耐熱性をもったオイルボトルもオリーブオイルにおすすめのオイルボトルといえます。耐熱性があるオイルボトルは外部からの熱を遮断するので、オイルが温められにくいからです。

 

 

持ちやすさで選ぶ

よく使うオイルボトルは持ちやすさが大切です。太すぎず、細すぎず、自分の手にあった太さのオイルボトルを選びましょう。

 

特に、コンロ周りに置いてここぞという調理のタイミングでオイルを投入したい場合は、持ちにくいとストレスがたまっていしまいますよね。火災の危険すらあります。

 

オイルボトルの中には、手で持つ場所をくびれさせて、持ちやすい工夫をしているものもあります。

衛生面で選ぶ

注ぎ口はどうしてもベトついてしまいやすいので、外部からの汚れも付着しやすく、雑菌が繁殖してしまうこともあります。注ぎ口をカバーしてくれるキャップ付のオイルボトムは、衛生面を重視する人におすすめです。

 

また、オイルボトルを定期的に洗いたい人におすすめなのが、耐熱ガラス製のオイルボトルです。煮沸消毒ができるので、衛生的に使えます。たとえば、精製していないオリーブオイルは、風味の面でも栄養の面でも優れていますが、品質が劣化しやすいという特徴も持っています。

 

このようなオーガニックオイルは、少量を一定期間で使い切り、新しくオイルボトルに入れる前に煮沸しておくと、より衛生的といえます。

セットで選ぶ

キッチンにオイルボトルが並んでいると、おしゃれに見えることがあります。おしゃれに見えるコツは違う種類のオイルを、同じサイズ・同じデザインのオイルボトルに入れて並べることだといわれています。

 

ただし、中身がわからなくなってしまうこともしばしばなので、ラベルを貼っておくことをおすすめします。もちろん、ラベルにもちょっと工夫しておしゃれにしたいものですよね。

 

セットで選ぶ場合に選択肢に上がるのは、やはり100均アイテムです。しかし、すでに述べたとおり、100均のオイルボトルは液ダレをすることがあるので、注意が必要です。Amazonなどで良質の商品がセットでお得に購入できる場合もあるので、こちらもチェックしましょう。

オイルボトルの人気ランキング10選

第10位

tangren

オイルボトルガラス

価格:1,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オイル&ビネガーの2種類が入るオイルボトル

tangrenのオイルボトルガラスは、ひょうたん状の内側と、その外側に2種類のオイルやビネガーを入れられるユニークなオイルボトルです。見た目がとてもおしゃれなのもおすすめのポイントです。

 

注ぎ口は斜めでオイルなどが内側に戻る構造になっているので、液ダレもしにくくなっています。また、コルクでふたをすることによって、オイルなども鮮度よく保ってくれます。

サイズ幅10.2cm、高さ10.7cm容量350ml
材質高硼珪酸ガラス用途食卓用(オイル・ビネガー)など
第9位

Emile Henry (エミールアンリ)

La table

価格:2,998円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フランスのロングセラー・オイルボトル

Emile Henry (エミールアンリ)は、1850年から続くフランスの陶磁器メーカー。伝統的な製法を今に伝え、ブルゴーニュ産の良質な陶土をもとに、職人の技術で作られています。温かかみのある、ハンドメイドなこのオイルボトルは、フランスではオリーブオイルなどを入れて食卓に出されています。

 

耐熱温度は-20℃~270℃なので、煮沸消毒なども可能です。食洗機、電子レンジ、オーブンの使用も可能です。遮光性もあるので、オリーブオイルをはじめした、鮮度をしっかりキープしたいオイルを入れるのにおすすめです。

 

カラーは、日本においてはレッドとホワイトの二色展開となっています。陶器が好きな人にはとてもおすすめなおしゃれなオイルボトルです。

サイズ径7.5×高さ24.3cm容量約400ml
材質陶器(耐熱)用途食卓用
第8位

Zhiyangmaoyi

オイルボトルセット

価格:8,256円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オイルボトルをまとめて購入したい人におすすめ

Zhiyangmaoyiのオイルボトルセットはオイルボトルをまとめて購入したい人におすすめの商品です。500mlのオイルボトルが4つに、スパイス用の容器とラックも付属します。

 

同じ大きさで同じデザインのオイルボトルが並んでいると、とてもおしゃれです。キッチンやダイニングのインテリア性を高めたいなら、このようなオイルボトルセットを購入してはどうでしょうか。

 

ちなみに、☆の数は1となっていますが、いずれも配送関係の口コミが反映されてしまったものです。製品の質自体には問題はなさそうです。

サイズ25×17.8センチ(シェルフ)容量500ml(オイルボトル)、120ml(調味料容器)
材質ガラス用途オイル・スパイスラック
第7位

レック(LEC)

KK-325

価格:476円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1滴ずつオイルを出せる真空キープのオイルボトル

レック(LEC)のKK-325は、ボトル内が浮き上がる構造によって真空をキープ、オイルをフレッシュな状態に保ってくれます。また、1滴1滴ぽたっと出せるオイルボトルなので、ヘルシー志向の人にもおすすめです。1プッシュで約0.2mlの量が出ます。

 

パンやパスタ、サラダなどに、ちょっとオイルをかけたいといったときに重宝するオイルボトルです。真空構造で長期間オイルの鮮度をキープしてくれるので、オイルをあまり使わないといった人にもおすすめです。

 

 

 

 

サイズ4×4×15.5cm容量80ml
材質-用途食卓用(パン・パスタ・サラダ)
第6位

アスベル

フォルマHG

価格:874円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

液切れの良い注ぎ口形状

アスベルのフォルマHGは、液切れの良い注ぎ口形状がおすすめのオイルボトルです。シリコン製の注ぎ口が細く、斜めになっているので、方向を合わせると液漏れが非常にしにくい構造になっています。

 

口コミによると「液ダレしにくく、慣れると少量も調整できる」「スタイリッシュで油漏れしない」など好評です。気に入ってリピーターとなり、複数購入している人もいました。

 

キャップ裏の凸部が、注ぎ口に入る構造になっているため、オイルの鮮度もしっかりキープ。上質なオイルを保存しておきたい、おすすめのオイルボトルです。

 

 

サイズ約φ58×H183mm容量約210ml
材質ソーダガラス用途調理・食卓用
第5位

iTrunk

オイルスプレー

価格:1,079円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少量を広範囲にスプレーできる

iTrunkのオイルスプレーは、1プッシュで少量を広範囲にスプレーできる、おすすめのオイルボトルです。量がコントロールしやすいうえ、まんべんなく広がります。サラダなどにかけるオイル・調味料の量を減らしたい、といった人にもおすすめです。

 

調理用としてフライパンにシュッとひとかけするのも使いやすく、ヘルシーです。また、バーベキューの串料理にひとかけして焼くと、とてもおいしく仕上がりますよ。

 

口コミによると、玉子焼き・目玉焼きが作りやすい、液ダレがないので便利、などの声がありました。ちなみに、化粧品スプレーとしてや、自転車のオイルメンテ用として使っている人もいるようです。

サイズ-容量100ml
材質ガラス用途スプレー
第4位

iwaki

KT5032-BKO

価格:849円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

密栓度を高めた三層パッキンとフタ

iwakiのKT5032-BKOは、密栓度を高めた三層パッキンとフタでしっかり密閉されているのが特徴。オイルをホコリや汚れ、乾燥などからしっかり守ってくれます。オイル以外でも、醤油など乾燥しやすい調味料にもおすすめです。

 

また、この三層パッキンの部分だけをはずせるようになっているため、オイルのベタつきがきになったり、しょうゆがこびりついてしまったときにも洗いやすいのが特徴です。

 

また、瓶の形が微妙なくびれラインを描いているのにも理由があります。これはiwakiが手にフィットしやすく、誰にでも持ちやすいように改良してきた成果です。食卓用としても、調理用としても、どちらにも使えそうな実用性の高いオイルボトルです。

サイズ5.8×5.9×14.5cm容量160ml
材質耐熱ガラス用途オイル・調味料入れ
第3位

タケヤ化学

プルー ヘルシーオイルボトル

価格:436円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

液ダレがなく量が調整しやすい

液ダレがなく量が調整しやすいと口コミで評価の高いのが、タケヤ化学のプルー ヘルシーオイルボトルです。実用性の高さを重視するなら、非常におすすめの調理用オイルボトルです。

 

口コミによると「量が調整しやすいので、ペーパータオルを使う必要がなくなった」「100均のオイルボトルにはなかったクォリティの高さ」「プッシュするだけなので量の調整が簡単」といった内容が多くありました。

 

100均のオイルボトルに不満を感じている人は多いのではないでしょうか。それほど高いものではないので、少し良いものに交換してみませんか。

サイズ幅6.4×奥行6.4×高さ18.3cm容量280ml
材質飽和ポリエステル樹脂用途調理用
第2位

iwaki

KS522-SVON

価格:1,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレスのキャップがスタイリッシュ

iwakiのKS522-SVONはステンレスのキャップがスタイリッシュで、食卓用としても調理用としてもおしゃれに使えるおすすめのオイルボトルです。

 

キャップを空ければ、中はiwakiらしい実用性に優れた注ぎ口があります。オイルが内側に戻るような構造になっており液ダレしにくいです。また、注ぐ方向にガイドが伸びており、量も調整しやすいように工夫されています。

 

本体容器も耐熱ガラスです。煮沸消毒が可能なので、ドレッシングや自家用調味料のボトルとしても利用しやすいのがメリットです。

サイズ20×径5cm容量250ml
材質耐熱ガラス用途オイル差し
第1位

Trudeau

ドリップレス

価格:2,339円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高の注ぎ心地

Trudeau(トゥルードゥー)は1889年創業のカナダのメーカー。家庭用品ブランドとして世界中で知られています。そのトゥルードゥーによるドリップレスは、その名のとおり、液ダレなしが好評で、ロングセラーを続けています。

 

おしゃれなのに使い心地がとてもよいので、プレゼントとしても人気があるようです。傾けるだけでさっと使えるので、炒め物やパスタ料理など、手早く調理するときのオイルボトルとしてもおすすめです。

 

「今までで1番良い」「すっきり注げるので気持ちがよい」「全く液垂れしないので、オイルとバルサミコ酢用をまとめ買いした」など高評価の口コミがたくさんありました。

サイズ70x190mm容量320ml
材質ホウケイ酸ガラス用途調理用、食卓用

オイルボトルの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5061442の画像

    Trudeau

  • 2
    アイテムID:5061439の画像

    iwaki

  • 3
    アイテムID:5061476の画像

    タケヤ化学

  • 4
    アイテムID:5061444の画像

    iwaki

  • 5
    アイテムID:5061459の画像

    iTrunk

  • 6
    アイテムID:5061466の画像

    アスベル

  • 7
    アイテムID:5061450の画像

    レック(LEC)

  • 8
    アイテムID:5061470の画像

    Zhiyangmaoyi

  • 9
    アイテムID:5061462の画像

    Emile Henry (エミールアンリ)

  • 10
    アイテムID:5061455の画像

    tangren

  • 商品名
  • ドリップレス
  • KS522-SVON
  • プルー ヘルシーオイルボトル
  • KT5032-BKO
  • オイルスプレー
  • フォルマHG
  • KK-325
  • オイルボトルセット
  • La table
  • オイルボトルガラス
  • 特徴
  • 最高の注ぎ心地
  • ステンレスのキャップがスタイリッシュ
  • 液ダレがなく量が調整しやすい
  • 密栓度を高めた三層パッキンとフタ
  • 少量を広範囲にスプレーできる
  • 液切れの良い注ぎ口形状
  • 1滴ずつオイルを出せる真空キープのオイルボトル
  • オイルボトルをまとめて購入したい人におすすめ
  • フランスのロングセラー・オイルボトル
  • オイル&ビネガーの2種類が入るオイルボトル
  • 価格
  • 2339円(税込)
  • 1450円(税込)
  • 436円(税込)
  • 849円(税込)
  • 1079円(税込)
  • 874円(税込)
  • 476円(税込)
  • 8256円(税込)
  • 2998円(税込)
  • 1050円(税込)
  • サイズ
  • 70x190mm
  • 20×径5cm
  • 幅6.4×奥行6.4×高さ18.3cm
  • 5.8×5.9×14.5cm
  • -
  • 約φ58×H183mm
  • 4×4×15.5cm
  • 25×17.8センチ(シェルフ)
  • 径7.5×高さ24.3cm
  • 幅10.2cm、高さ10.7cm
  • 容量
  • 320ml
  • 250ml
  • 280ml
  • 160ml
  • 100ml
  • 約210ml
  • 80ml
  • 500ml(オイルボトル)、120ml(調味料容器)
  • 約400ml
  • 350ml
  • 材質
  • ホウケイ酸ガラス
  • 耐熱ガラス
  • 飽和ポリエステル樹脂
  • 耐熱ガラス
  • ガラス
  • ソーダガラス
  • -
  • ガラス
  • 陶器(耐熱)
  • 高硼珪酸ガラス
  • 用途
  • 調理用、食卓用
  • オイル差し
  • 調理用
  • オイル・調味料入れ
  • スプレー
  • 調理・食卓用
  • 食卓用(パン・パスタ・サラダ)
  • オイル・スパイスラック
  • 食卓用
  • 食卓用(オイル・ビネガー)など

まとめ

注ぎやすく、液ダレしにくいオイルボトルを使えば料理が楽しく、おいしく作れるようになります。また、食卓用で使えばちょうど量を簡単に出せたり、油の量を抑えたりできます。実用性だけでなくおしゃれなオイルボトルもたくさんあるので、お気に入りを探してみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ