記事ID138344のサムネイル画像

【肩こり解消!】人気の低周波治療器のおすすめランキング10選

肩こりや神経痛に悩んでいる方やダイエット目的で低周波治療器の購入を検討している方はいませんか。そこで今回は低周波治療器の中から自分にあった低周波治療器のパッドなどの選び方、危険な使い方を解説し、人気でおすすめの低周波治療器をランキング形式で紹介していきます。

低周波治療器の凄さ

低周波治療器は、患部に電流を流すことで、筋肉を動かし、痛みの緩和や疲労回復、血行促進を促すなど様々な効果が得られる治療器として、一般家庭にも広く浸透しています。

 

しかし近年の低周波治療器はただ電流を流すだけではなく、温熱効果をプラスして体内温度を高め、さらに血行促進やこりをほぐしたり、筋肉の疲れを取ることができたり、温泉に浸かっているような効果をもたらすものもあります

 

また、スポーツ後の筋肉の疲労を緩和するための設計が施され、コンディショニングケアなどに役立つものも人気です。今回は低周波治療器の選び方を解説し、人気おすすめアイテムをランキング形式で紹介します。

 

 

低周波治療器の選び方

低周波治療器の選び方のポイントはパッドの大きさや方式、周波数、機能性、携帯型か据え置き型かという4点です。以下では詳しく解説してきます。

パッドの大きさと方式で選ぶ

低周波治療器には直接肌につけて電流を流すためのパッドがついています。使う部位に適したパッドの大きさや方式をチェックしましょう。

電流を身体に伝えやすい湿式パッド

湿式パッドはスポンジ部分を水で湿らせて使用するタイプで、水を使うことで、電流をよりスムーズに身体に伝えることができる点が最大のメリットです。業務用に多く、ひざや足の裏、太腿やふくらはぎなどにおすすめです。

 

粘着式パッドと違い、皮膚に密着しないので剥がすときに体毛が抜けたりすることがなく、使用後はパッドにホコリや皮脂がつくことがないので乾かすだけでメンテナンスの必要性がありません。

 

しかし密着性がないので、ベルトやバンドなどでとめる必要があり、そのため動かすとズレてしまうので、治療中はじっとしていなければなりません。椅子やソファーでじっとしているときにおすすめのパッドです。

部位を選ばない粘着式バッド

粘着式パッドはいわゆるゲルパッドと呼ばれ、皮膚にぴったりと密着して貼りつくので、動かしても剥がれない点が特徴です。通常では貼りにくい関節などにも貼ることができ、身体のどの部分にも使うことができます

 

近年発売されている低周波治療器の多くが粘着式パッドを採用しています。しかし、皮膚に直接貼ることで、皮脂や汚れがバッドにつきやく、また、ほこりなどが付着してしまうため、こまめにメンテナンスしなければ粘着力が弱まり、効力が薄れていきます。

 

粘着力が薄れてきたら、交換する必用が出てくるのでコスパ的な問題が発生します。

使う場所に適した大きさがおすすめ

パッドの大きさは様々なものが展開していますが、足の裏など、患部が特定されていてピンポイントに使いたいのであれば小さなパッドがおすすめです。

 

これに対して背中や臀部、腕や足を包み込んで使う、または大まかな箇所に使用したいのであれば大き目のバッドがおすすめです。

 

中には中間的なサイズで販売していて、小さいサイズと大きいサイズのパッドをオプションで販売している低周波治療器もありますが、そのようなオプションがない低周波治療器もあるので、事前にチェックする必用があります。

周波数で選ぶ

周波数は肩こりや痛みなど症状によって使い分けると効果があります。

筋肉のコリには低い周波数がおすすめ

筋肉のコリや痛みの緩和の持続性のためには一般的に低めの周波数の低周波治療器がおすすめです。

 

現在発売されている低周波治療器のほとんどが、様々な治療に使用できることを目的に幅広く周波数を選択できるタイプなので、筋肉のコリや痛みの緩和の持続を目的にしている方にはそれほど周波数をチェックする必用はありません。

 

しかし、誤って高い周波数で使用したくないという方は、念のため周波数をチェックしておくとよいでしょう。

痛みの治療には高めの周波数がおすすめ

高めの周波数を持つ低周波治療器は、痛みの緩和について即効性があります。先ほども記述したとおり、現在発売されている低周波治療器は、様々な治療に使えるように幅広く周波数を選択できる作りになっています。

 

中には1200Hzという高い周波数を発生させることができる低周波治療器があり、そのようなモデルは痛み治療の専用モードを備えていることが多く、できる限り早く痛みを緩和させたいという方におすすめです。

機能性で選ぶ

低周波治療器にはただ電流を流すだけではなく、温熱効果や様々なモードを搭載した機能性あふれる商品が豊富に展開しています。

便利な自動コース付き

現在リリースされている低周波治療器の多くには、たたくやもむといったコースが付いていますが、その他に、肩や腰、ふくらはぎといった各部位に合わせたマッサージに適した周波数が自動設定されているものもあります。

 

つまり痛い部分にパッドを貼って、ボタン1つでその部位に適した電流やマッサージを同時に行うことができるので、自分で細かく設定する必用がないというわけです。

 

また、刺激の強さも設定できるため、一番弱い設定からはじめて、徐々に強さを上げていき、自分に適した強さを見つけることができます。

更なる効果を得るなら温熱効果付き

低周波治療器には、ただ電流を流すだけではなく、温熱機能を備えて、さらなる効果をもたらすものも多数展開しています。

 

電流を流しながら温熱機能を備えることでパッドをつけた周囲が温まり、筋肉をやわらげたり、血行を良くすることでさらなる効果を期待できます。また、お腹にパッドを装着して温熱機能で温めることで胃腸の調子を整えたり、冷え性対策にも役立てることができます

 

温熱効果機能付きの低周波治療器は、他の製品に比べると価格は若干高めの設定になっていますが、それなりの効果を得ることができます。

途中でやめたいときに役立つ緊急停止機能付き

低周波治療器を使用中に、何らかの事情でストップしたいときに、緊急停止機能がついていないと、電気信号が流れている状態のまま外すことになり、手が濡れていたりすると誤って感電してしまう危険性もあります

 

そこで緊急停止機能を備えた低周波治療器がおすすめです。治療中に停止したい場合には操作ボタンの長押し、または本体をゲルパッドから取り外すことで電源を切ることができるタイプが人気です。

携帯型か据え置き型かで選ぶ

低周波治療器には、様々な機能性を備えて自宅で本格的に使う据え置き型から、使う場所を選ばずに、また、外出にも持ち運び便利な携帯型が展開しています。

使う場所を選ばない携帯型

家の中の様々な場所、またはオフィスなどに持ち歩くことを想定している方には、手のひらに収まるサイズの携帯型低周波治療器がおすすめです。携帯型なら、リビングでテレビを見ながらでも、家事をしながらでも、寝室に持っていって寝る前にも使えます。

 

また、オフィスなど外出にも持ち歩きたいという方には、カバンにスッポリと入る携帯型の低周波治療器はとても便利です。携帯型は、いつでもどこでも、好きな場所で筋肉のコリや痛みを和らげることができます

多機能な据え置き型

低周波治療器を本格的に使いたいという方には、据え置き型がおすすめです。据え置き型は、温熱治療機能を備えていたり、痛みに効く機能を備えているものが多く展開しています。

 

携帯型のように充電切れの心配もなく、低周波治療以外の治療もでき、さらに用途がしっかり分かれていたり、様々な治療コースが設定されていたりと、多機能型が多く展開していますが、そのぶん価格は他の低周波治療器に比べて高めに設定されています。

電圧の調整機能で選ぶ

低周波治療器を選ぶ上では電圧の調整機能にも着目しましょう。

細かく調整できる機器を選ぶ

低周波治療器は、電圧を自分の好みに応じて変える機能がついています。その電圧は症状や部位に応じて最適な強さに合わせる必要があります。しかし、治療する箇所や痛さに応じた適切な電圧というものは人によって様々なです。

 

接骨院などに通ったことがある方ならわかりますが、電圧をかけたときに、ちょうど良さを聞かれることがあります。その通りに電圧の強さは人それぞれなので、電圧はできるだけ細かく設定できるものがおすすめです。

筋肉を刺激するなら強いものを選ぶ

電圧同様に周波数は、高ければ高いほど筋肉の奥深くまで届きます。その周波数は一般的なものは最大で1200Hzに設定されているのでほぼ全ての機器で筋肉へ優れた効果を発揮します。

 

また、筋肉をたたく機能や揉むは電圧が高いものが優れています。電圧が高ければ筋肉をほぐす力に転換され、指圧のような効果をもたらします。電圧の表記は少ないため、揉む・叩くの機能の有無で選ぶと良いでしょう

 

 

メーカーで選ぶ

どうしてもどの低周波治療器を選べば良いかわからないという方には、有名メーカーから選ぶと良いでしょう。

オムロン

オムロンの低周波治療器は、肩や腰、腕、関節、ふくらはぎ、足裏などに対するたたく、もむ、おすといった多彩なモードで快適なマッサージを行うアイテムを多数展開しています

 

パッドは水洗いでき、操作しやすいシンプルなデザインが特徴です。コリや痛みの部位や症状は人によってさまざまで、オムロンの低周波治療器は永年のノウハウでプログラム化した波形技術を用いて、部位や症状ごとに適切な治療を行います。

パナソニック

パナソニックの低周波治療器は、最先端の技術を搭載したものが人気で、そんな中でも温感マッサージは特に多くの支持を集めています。

 

肩コリは、だるさや痛みだけではなく、様々な不調の原因になり得ます。そこで密着ワイドパッドなら約2倍の大きさになったパッドが広範囲のコリを的確にとらえ、さらに約41℃まで暖まる温感ヒーターにより温めながらほぐしてくれます。

 

温感効果を求めるならパナソニックの低周波治療器がおすすめです。

低周波治療器の人気ランキング10選

第10位

エレコム

エクリアリフリー

価格:5,909円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレス低周波治療器

エレコムからリリースされているコードレス低周波治療器のエクリアリフリーは、一歩先行くモバイルマッサージです。約13gの超軽量・直径44mmのコンパクトサイズで全身のコリや痛みを心地よくほぐすコードレス低周波治療器です。

 

深く届く最大周波数550Hzで痛みや神経痛を効果的にやわらげる深層指圧モード、ハンドマッサージを追求した指圧、もみ、たたきモード、これら4種のモード切替のほか、4種のモードを交互に繰り返すおまかせモードの計5つのモードを搭載しています。

 

強さは10段階で調節することができ、治療中に停止したい場合には操作ボタンの長押し、または本体をゲルパッドから取り外すことで電源を切ることができる緊急停止機能対応付きです。

種類携帯型パッド粘着式
重さ13g機能コードレス/5モード/10段階調節
第9位

オムロン

低周波治療器HV-F5000

価格:17,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「こり」に広く、 「痛み」に深く。

オムロンからリリースしているこちらの低周波治療器HV-F500は、4枚のパッドと症状に応じた専用波形で効率的に治療することができる、おすすめの低周波治療器です。

 

こりの原因となる筋肉疲労や血行不良の改善に有効な1~1200Hzのこり用マッサージ波形を採用しています。また、4枚のパッドで治療波形を広く効率的に流すことで、筋肉の収縮・弛緩を促し血液の流れを改善できます。

 

また、患部手中パッドを使用することで患部の痛みに治療波形を集中させることができる、こりと痛みを1台で治療できます。

種類据え置き型パッド粘着式
重さ1.2kg機能症状別コース×4/もみ方コース×5種類
第8位

パナソニック(Panasonic)

ポケットリフレ シャンパンゴールド

価格:3,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いつでも携帯、気軽に全身マッサージ

パナソニックからリリースしているポケットリフレは、いつでも携帯することができ、気軽に全身マッサージすることが可能な人気の低周波治療器です。見ためもまったく低周波治療器に見えないおしゃれなデザインが女性から多くの支持を集めています。

 

縦6.4cm×横12cm×厚さ2.2cmのコンパクト&スリムボディで、さらに、ふた裏をフェイクミラーにし、コスメ感もアップしています。肩こりの緩和、疲労回復、血行の促進、神経痛、筋肉痛の痛みを和らげるおすすめの低周波治療器です。

 

カラーはシャンパンゴールドとビビットピンクの2色のカラーが展開しており、好みのカラーを選ぶことができます。

 

 

種類携帯型パッド粘着式
重さ83g機能フェイクミラー
第7位

オムロン(OMRON)

マイクロカレント波 HV-F602T

価格:27,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スポーツ後の筋肉の疲労や筋肉痛を緩和

オムロンからリリースされているスポーツ後の筋肉の疲労や筋肉痛を緩和する、プロアスリートが使うマイクロカレントを搭載したおすすめの低周波治療器です。コードレスタイプのため、外出中でも使いやすさ抜群です。

 

筋肉疲労の蓄積を防ぐため、身体に微弱な電気を流すことで筋肉を縮めたり、緩めたりするポンピ作用で血液の流れを促進する低周波治療を、肩、腰、ふくらはぎなど9つのモードから選ぶことができます。

 

スポーツの世界ではコンディショニングケアに使われる、ほとんど刺激を受けることがないマイクロカレントモードを採用し、使用シーンを選ばないコードレス設計が操作のわずらわしさを解消したおすすめの低周波治療器です。

種類携帯型パッド粘着タイプ
重さ62g機能マイクロカレントモード
第6位

オムロン(OMRON)

ホットエレパルス プロ HV-F310

価格:10,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかり温めて、 こり・痛みを治療

オムロンからリリースしているホットエレパルスHV-F310は、温泉でゆっくり暖まって疲れを取るように、温熱の刺激で血液の流れを良くし、コリや痛みを治癒するおすすめの低周波治療器です。

 

すばやくしっかりあたためて、血液の流れをよくする温熱モード、温熱の刺激と低周波の刺激で交互に治療するあったかモードの2つの温熱治療モードを搭載し、部位モード、繰り返しモード、もみ方モード、ソフトモード、こだわりモードの5つの治療モードを搭載。

 

新開発の粘着パッドと温熱導士モードを採用し、1分で温かさを実感することができます。

種類携帯型パッド粘着式
重さ300g機能2つの温熱治療モード/こだわりモード
第5位

オムロン(OMRON)

エレパルス HV-F127

価格:4,334円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

痛みをすっきりさせたい方に

オムロンから展開している低周波治療器HV-F127エレパルスは、痛みをすっきりさせたい方のために開発された、充実の治療プログラムを搭載した本格的低周波治療器です。

 

すっきりコース、選んだ部位に効果的なプログラムで治療する4つの部位コース、症状や好みに合わせてもみ方を選ぶことができる4つのもみ方コースの計9種類の自動コースを搭載しています。

 

また、ピリピリ感がないソフトモード、好みの刺激を繰り返す繰り返しモード、肩こりなど集中的にもみほぐすポイントモードに、広い範囲をもみほぐすワイドモード、赤または城の導子コードプラグ側を重点的に治療するバランス調節があります。

種類携帯型パッド粘着式
重さ222g機能9種類の自動コース
第4位

オムロン

温熱低周波治療器 HV-F311

価格:11,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

じっくり温め、じっくり低周波治療

オムロンの低周波治療器HV-F311は、ひどいコリや痛みの緩和に、じっくり温め、じっくり低周波治療できます。

 

ひどいコリや痛みに15分間じっくり温めてから低周波で15分間刺激する温治療Proコース、温熱と低周波で交互に治療し、患部を心地よく刺激する温治療コース、30分間低周波で治療し、定期的な身体のケアに最適な低周波治療コースの3つの治療コースが搭載されています。

 

さらに痛みをともなう部位には1200Hzの高い周波数の深部モードがおすすめです。場所を選ばずに使える充電式タイプで、好みの強さを20段階の強さから選ぶことができるおすすめの低周波治療器です。

種類携帯型パッド粘着式
重さ220g機能3種治療コース/深部モード他
第3位

EVERYWAY

iStim EV-820 TENS

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コリや痛みを和らげる

こちらの低周波治療器は、多種類のモードと自動コースを搭載する低周波マッサージ機です。一定リズムで刺激するノーマル、マッサージ機能のバースト、刺激の強さがゆるやかに上下するSD1、刺激の強さが急激に上下するSD2の5種類の刺激モードを搭載しています。

 

また、12種類のプログラムモードを搭載し、持ち運びしやすい専用収納ケースがついているので、旅行や出張にも持ち運びすることができます。これまで累計20,000台以上の販売実績を誇る、人気でおすすめの低周波治療器です。

種類携帯型パッド粘着パッド
重さ449g機能5種刺激モード/12種自動コース
第2位

shenzhenshi qianhuilai kejiyouxiangongsi

小型 低周波マッサージ

価格:3,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

場所と時間を遠慮せずにリラックス

こちらの低周波治療器は、導電性電極パッドで電気パルスを筋肉に送り、筋肉がそれに反応して、律動的に収縮して、リラックス効果を発揮しながら穏やかなマッサージを楽しめます。

 

血循環の促進、座骨神経痛の緩和、関節炎、疲労回復、筋肉痛にも効果があります。16種類のプログラムマッサージモードを搭載し、20段階の強さ調節が可能な低周波治療器です。設定時間も10~60分で調節が可能で、好きな場所で好きな時間にリラックスできます。

 

画面が大きく、視認性にも優れており、シニアの方にも使いやすく、どのような年代にも対応するおすすめの低周波治療器です。

 

 

種類携帯型パッド粘着式
重さ記載なし機能16モード/20段階強度調整
第1位

オムロン(OMRON)

低周波治療器 HV-F022-W

価格:4,057円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6つの部位選択モードと、3つのもみ方モード搭載

オムロンからリリースしている低周波治療器HV-F021は、操作のしやすいコンパクトデザインで、多彩なモードと強さ調節で快適マッサージを実現するおすすめの低周波治療器です。

 

本体はコンパクトで持ちやすい丸みを帯びたデザインになっており、大きな画面が視認性を向上させています。スイッチは電源とモード選択、強さ選択の3種類のみで、機械が苦手という方にも使いやすい設計になっています。

 

治療箇所は肩、腰、腕、関節、ふくらはぎ、足裏の6種類で、部位選択モードで、選んだ治療箇所に最適なプログラムを選ぶことができ、たたく、もむ、おすの3種類のもみ方モードも搭載しているので計9種類のプログラムから最適な治療を選ぶことができます。

種類携帯型パッド粘着式
重さ約100g(電池含む)機能6部位選択モード/もみ方コース×3種類

低周波治療器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5062399の画像

    オムロン(OMRON)

  • 2
    アイテムID:5062433の画像

    shenzhenshi qianhuilai kejiyouxiangongsi

  • 3
    アイテムID:5062404の画像

    EVERYWAY

  • 4
    アイテムID:5062448の画像

    オムロン

  • 5
    アイテムID:5062409の画像

    オムロン(OMRON)

  • 6
    アイテムID:5062455の画像

    オムロン(OMRON)

  • 7
    アイテムID:5062423の画像

    オムロン(OMRON)

  • 8
    アイテムID:5062462の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 9
    アイテムID:5062469の画像

    オムロン

  • 10
    アイテムID:5062479の画像

    エレコム

  • 商品名
  • 低周波治療器 HV-F022-W
  • 小型 低周波マッサージ
  • iStim EV-820 TENS
  • 温熱低周波治療器 HV-F311
  • エレパルス HV-F127
  • ホットエレパルス プロ HV-F310
  • マイクロカレント波 HV-F602T
  • ポケットリフレ シャンパンゴールド
  • 低周波治療器HV-F5000
  • エクリアリフリー
  • 特徴
  • 6つの部位選択モードと、3つのもみ方モード搭載
  • 場所と時間を遠慮せずにリラックス
  • コリや痛みを和らげる
  • じっくり温め、じっくり低周波治療
  • 痛みをすっきりさせたい方に
  • しっかり温めて、 こり・痛みを治療
  • スポーツ後の筋肉の疲労や筋肉痛を緩和
  • いつでも携帯、気軽に全身マッサージ
  • 「こり」に広く、 「痛み」に深く。
  • コードレス低周波治療器
  • 価格
  • 4057円(税込)
  • 3599円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 11940円(税込)
  • 4334円(税込)
  • 10500円(税込)
  • 27480円(税込)
  • 3490円(税込)
  • 17280円(税込)
  • 5909円(税込)
  • 種類
  • 携帯型
  • 携帯型
  • 携帯型
  • 携帯型
  • 携帯型
  • 携帯型
  • 携帯型
  • 携帯型
  • 据え置き型
  • 携帯型
  • パッド
  • 粘着式
  • 粘着式
  • 粘着パッド
  • 粘着式
  • 粘着式
  • 粘着式
  • 粘着タイプ
  • 粘着式
  • 粘着式
  • 粘着式
  • 重さ
  • 約100g(電池含む)
  • 記載なし
  • 449g
  • 220g
  • 222g
  • 300g
  • 62g
  • 83g
  • 1.2kg
  • 13g
  • 機能
  • 6部位選択モード/もみ方コース×3種類
  • 16モード/20段階強度調整
  • 5種刺激モード/12種自動コース
  • 3種治療コース/深部モード他
  • 9種類の自動コース
  • 2つの温熱治療モード/こだわりモード
  • マイクロカレントモード
  • フェイクミラー
  • 症状別コース×4/もみ方コース×5種類
  • コードレス/5モード/10段階調節

低周波治療器を使ってはいけない部位

低周波治療器は、血行を促進し、筋肉のコリをほぐしたりと、様々な効果をもたらしますが、使ってはいけない部位もあるので注意が必要です。それが外傷のある部位、心臓付近、口の中や陰部、頭部です。

 

外傷部は出血の恐れがあり、心臓付近は心臓に負担がかかってしまうことがあります。また、頭部は高血圧の方は脳出血のおそれがあるので注意が必要です。適切な部位に適切な使い方で有効活用しましょう。

まとめ

ここまでダイエットにも役立つ低周波治療器の選び方とおすすめ商品をランキング形式で紹介してきましたが、気になる低周波治療器は見つかったでしょうか。肩こりや腰痛、筋肉痛など、自分の症状に適した危険のない低周波治療器を選んで、痛みに別れを告げましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ