記事ID138343のサムネイル画像

【温かく滑りにくい】スノーブーツメンズおすすめ人気ランキング10選

今回はメンズ用スノーブーツについてご紹介します。足元からの寒さを防いでくれるスノーブーツは、寒い冬には一足持っていたいアイテム。人気ブランドからたくさんの商品が販売されています。そこで、今回はスノーブーツメンズの選び方や、おすすめの人気商品をご紹介します。

スノーブーツメンズで足元からオシャレに温かく

スノーブーツメンズは、雪道でもガシガシと歩ける、撥水加工や防水加工がされている靴の事です。 たとえ凍結している路面でも、ソール部分に防滑加工していますので、滑りにくく、スパイクが付属されている商品もあります。

 

凍った路面でも安心して歩く事が出来るアイテムで、もちろん機能性に優れていますが、それ以上にデザインがおしゃれなものが多く人気があります。「おしゃれは足元から、冷え対策も足元から」ということで、寒い冬場も足元は暖かく、おしゃれにキメたいものですね。

 

今回は、スノーブーツメンズの選び方や、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

スノーブーツメンズの選び方

スノーブーツと言っても、様々な商品が販売されています。そこでまずは、ランキングに入る前に、スノーブーツメンズの選び方のポイントをご紹介します。

防寒性や防水性に優れたものから選ぶ

スノーブーツメンズは、雪の中で使われるアイテムだけに、防寒性と防水性はまずチェックしておきたいポイントです。次のポイントを参考に、いつでも快適に履けるものを選びましょう。

インナーが保温素材のタイプ

防寒性は、ブーツの内側の素材が重要です。ブーツのインナーの素材がボアやニットなら、保温性が高いと言え、足を入れた時の冷たさも和らげてくれるでしょう。

 

そのほかにも、「オムニヒート」や「アウトラスト」も、スノーブーツのインナーにおすすめの素材です。オムニヒートは、体から発せられる熱を利用して保温する仕組みで、アウトラストはブーツ内の温度を快適にして暖かさを保ってくれます。

アウトドアシーンでは完全防水を

スノーブーツメンズの防水性も大切です。ブーツの防水レベルは、「日常生活防水」と「完全防水」の2種類あります。それぞれ、スノーブーツを履くシーンに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

日常生活防水のブーツは、普段履きに最適で、雨や水溜まり程度ならば、問題ありません。防水性には劣るもののムレにくいので快適なのもポイントです。一方で完全防水のスノーブーツは、アウトドアやスポーツなどで雪の中を歩くシーンに最適です。

 

ですが、完全防水と謳っている商品でも、ゴム長靴のようにブーツ全体が水を通さないというわけではありません。「水深〇cmまで防水」のような商品説明を参考に選ぶのがおすすめです。

 

滑ににくさを重視して選ぶ

滑りにくさも重要なポイントです。アウトドア仕様のものは、滑りにくいソールを採用している事が多いですが、ファッション性を重視したものでは必ずしもそうではありません。雪道は普段よりも歩きにくくなっていますので、歩きやすさにもこだわって選びましょう。

ラバー素材

スノーブーツメンズのソールに最適なのは、ラバー素材です。ラバー素材は滑らない上に、耐久性や摩擦にも優れていますが、レザーソールと違って通気性が悪く、蒸れやすいという難点はあります。更にラバーソールはデザインによって幾つかの種類に分けることができます

 

ラグソール、クレープソール、ビブラムソール等ですが、その中でも滑らないスノーブーツに使われている多くがラグソールを採用しています。ほかにも、EVAやヴィブラムなども、ソールの素材に向いています。

スパイク付き

路面凍結するような寒冷地では、「スパイク付き」のスノーブーツもおすすめです。特にアイスバーンを歩くことが多い方は、ソールに金属製、または樹脂製のスパイクが付属したタイプのブーツを選ぶと良いでしょう。

 

凍結した路面では、ソールのグリップ力だけでは滑りを防止することが難しいです。そこでスパイク付きなら滑りにくく、安全に歩くことができます。

サイズや長さで選ぶ

スノーブーツメンズを快適に履くためには、サイズや長さも重要です。よりご自分に合ったものや利用シーンに合ったものを選ぶのがおすすめです。

雪の多い場所ではロングタイプ

積雪量や降雪量の多い地域では、ロングタイプのスノーブーツを選ぶのがおすすめです。膝下までしっかり覆うことで、ブーツ内に雪が入り込むことがなく、足先の冷えを防いでくれます。

 

また、雪の積もった中を歩くと雪の重みで歩きにくくなってしまうこともあります。そこで、できるだけ軽量化されているタイプならば、歩きやすくおすすめです。

 

スパイク付きのモデルやソールの分厚いブーツは、かなり重たいものもありますので、片足500g以下を目安に選ぶのがおすすめです。

サイズは大きめが良い

スノーブーツは普段履いている靴のサイズで選んで問題ありません。ですが、ぴったりすぎると外気の冷えが伝わりやすくなるため、普段のサイズに0.5cm~1cmプラスしたものがおすすめです。

 

少し大きめの方が暖かさを感じやすく、1cm程度の余裕があると、厚手の靴下を履く時にも窮屈にならず快適です。

 
ですが、海外ブランドの商品の場合、記載されているサイズが日本向けのサイズとは異なることもあります。できるだけ店頭で試着してみたり、口コミでサイズ感を確認するのがおすすめです。

人気ブランドから選ぶ

スノーブーツメンズを販売しているメーカーは多数ありますが、どれにしようか迷ったときは、人気ブランドから選ぶのも一つの方法です。人気のブランドをいくつか紹介しますので参考になさって下さいね。

ソレル

スノーブーツの代名詞といっても過言ではない「SOREL」。1908年の創業以来、ウインター用の防寒ブーツを展開してきた、カナダが誇るスノーブーツの名門です。耐久性と快適性の両立を追求したスノーブーツの開発がまだ進んでおらず、ソエルのブーツは大きな衝撃を与えました。

 

「どんな極寒地であっても暖かく、ドライで快適なスノーブーツを具現化したい」という思いのもと、レザーアッパー+ラバーボトム+着脱可能なフェルトランニング、という革新的コンビネーションを世界に先駆けて開発し、スノーブーツの原型を確立しました。

 

特に、代表モデルの「CARIBOU(カリブー)」は、40年以上変わらないクラシックなデザインと厳しい寒さから足を守る機能性で、世界中に多くのファンを抱える人気商品です。

ザ・ノース・フェイス

アウトドア用品や登山用具を手がけるアメリカ発の人気ブランド「ザ・ノース・フェイス」。こちらのメーカーのスノーブーツは、優れた機能性が特徴です。

 

濡れていても高い保温性を維持する素材や、ブーツ内部の蒸れを排出しながら水の侵入を防ぐ素材など、高機能な素材が多く採用されています。ユニセックスの商品が多く、男女問わず履きこなせる商品が豊富です。家族やカップルで合わせても自然に決まるのも魅力です。

 

防水と防寒のタフなシューズは、アウトドア向けのアイテム生産の技術を持ち合わせているからこそできる技でしょう。おしゃれで機能性の高いスノーブーツを探している方におすすめのブランドです。

コロンビア

コロンビア」は、アメリカの老舗のブランドです。タウンユースでも人気がありますが、アウトドア用品のオリジナリティーの溢れた商品が魅力です。

 

同ブランドのスノーブーツは、機能性や耐久性に優れているのが魅力です。熱反射保温テクノロジーを採用した「オムニヒート」素材を用いているものや、雪が詰まりにくいソールを使ったアイテムなど、実用性を追求して作られています。

 

また、デザインやカラーのバリエーションが多いのも魅力の一つ。豊富なラインナップから好みのモデルを選べる人気のブランドです。

価格で選ぶ

スノーブーツメンズを選ぶ上で価格も重要です。価格が高ければ機能性も良くなるのはもちろんですが、ご自分の求める機能性やデザイン性を考慮して選ぶようにしましょう。

1万円以下

スノーブーツメンズが欲しいけれど、価格が高いものだとなかなか手が出せないという方もいることでしょう。できるだけ安くスノーブーツを購入したいという方には、3000円以下の商品もおすすめです。

 

低価格ながら、スノーブーツのしての性能を備えた商品もありますので、ぜひチェックしてみてください。また、人気ブランドの商品でも、1万円を切る価格で購入できるものもあります。機能性とデザインを考慮して、ご自分の求めるスノーブーツのを選んでくださいね。

1万円~

冬の足元をしっかり守るスノーブーツメンズ。近年では、様々ンなブランドからおしゃれなデザインのアイテムが続々と登場しています。人気ブランドのものでは1万円以上の商品もあります。

 

寒い季節には常に身につけたいアイテムのスノーブーツ。特に良いものを求めている方や、こだわりのブランドがある方は、価格よりも、ご自分の求める機能性やデザイン性を重視して、納得の1足を選ぶのがよいでしょう。

スノーブーツメンズの人気ランキング10選

第10位

ファーストエンカウンタ

スノーブーツ

価格:2,890円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価ながらしっかりとしたデザインと造りが魅力

街中でも履けるデザインと、履きやすさで人気のスノーブーツです。メイン素材に合成皮革を使用していて、表地はフェイクレザーで加工されています。ソール素材にはラバーソールが使用されていて、ヒールの高さは3cmです。

 

見た目は勿論のこと、作りや機能性にもこだわっており、アウトソールはグリップ力が高く、滑りにくい形状のコマンドタイプが採用されています。

 

滑らかな質感で、本格的なワークブーツと比較しても、見劣りしない作りで人気のあるスノーブーツです。低価格ながらデザイン性が良く、しっかりとした作りが魅力です。

メイン素材合成皮革ソール素材または裏地ラバーソール
防寒性ボア付き防水性
第9位

IMENSEAS

スノーシューズ

価格:3,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防滑・防水・防寒に優れたスノーブーツ

カジュアルに履きこなしやすいこちらのブーツは、冬場のちょっとしたアウトドアからタウンユースまで幅広く利用できるアイテムです。ボアとカシミアインソール付きで防寒性も十分あり、足先の冷えを防止してくれます。

 

完全防水ではありませんが防水性もあるので、多少の雨や雪ならば問題ありません。さらに、ソールには溝が深めに入っており、滑りにくいラバー素材を採用しています。防滑性もあるのでまさに冬にぴったりなスノーブーツです。

メイン素材 防水素材、合成皮革ソール素材または裏地ゴム
防寒性ボア&カシミアインソール付き防水性日常生活防水
第8位

Shenji

スノーブーツ

価格:1,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

内部にたっぷりのボアであたたか

ブーツの内部にたくさんのボアを使用したスノーブーツです。冷たい風も通しにくく、真冬でも足先を温めてくれるでしょう。ソールは柔らかいので、圧雪上でも歩きやすいのもポイント。非常にお手頃価格なのも人気の理由です。

 

かかとにはジッパー付きなので着脱も楽々。厚手の靴下を履く場合は、ジャストサイズではなく1cm大きめを選ぶのがおすすめです。「軽くて暖かい」「着脱がしやすい」などと、口コミでも人気の商品です。

メイン素材合皮ソール素材または裏地TPR/ゴム
防寒性ボア付き防水性日常生活防水
第7位

SOREL

PAC NYLON

価格:14,040円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈夫な作りのアウトソール&ラバーシェル

その機能性(保温性・防水性)とデザイン性の良さにファンが多い「ソレル」。こちらは、アッパーに防水ナイロンを施した、ウォータープルーフのスノーブーツです。クラシックなスノーブーツも、防水アッパーをナイロンにすることで、ぐっと新鮮な印象に。

 

重量もかなり軽くなりなっていますが、それでも暖かさは健在です。1サイズ大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。着脱可能なフェルトインナーは雨や雪の浸入をブロックし暖かさを保ってくれます。

 

スノー・アウトドアシーンだけでなく、デイリーユースとして活躍が期待できます。「見た目も良く、機能性も期待通りで、温かく重宝しそう」などと、口コミでもとても高評価の商品です。

メイン素材ナイロンソール素材または裏地バルカナイズドラバーシェル
防寒性フェルトインナー防水性完全防水
第6位

Sixspace

スノーブーツ

価格:3,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーデしやすいショート丈

そのオシャレな見た目ながら、雪道でも濡れる心配のない防水機能が優れている人気のスノーブーツです。 スタイリッシュなのでどんなファッションにも合わせることができます。

 

メイン素材に合皮とスエードが使われていて、 靴底のラバー部分には防水加工がしてあり、水の侵入を防いでくれます。 屈曲性に優れたアウトソールに深溝パターン設計で雪道に対応。クッション性が強く、長時間着用していても足が疲れにくい構造になっています。

 

ジッパー不要のサイドゴアタイプですから、履くときも脱ぐときも簡単です。ボア付きなので防寒性も高いのもポイント。ヒールのないフラットなタイプなので、圧雪上など不安定な雪道でも安心です。足裏で地面の感覚をつかみやすいタイプです。

メイン素材防水素材、合成皮革ソール素材または裏地
防寒性ボア付き防水性日常生活防水
第5位

Sixspace

スノーブーツ

価格:3,399円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格ながら滑りにくく防水機能あり

防寒・防滑・防水機能を兼ね備えたアウトドアテイストのスノーブーツです。 つま先部分は保護設計されており、怪我を防ぎ、雨や雪の日でも安心して履くことができます。

 

ブーツの内部は、高密度の断熱材料が使用されており、冬の時期でも暖かく快適に過ごすことができます。屈曲性に優れたアウトソールに深溝パターン設計で雪道にも対応。雨や雪の日でも滑りにくい素材でなので、安心して歩けます。

 

またファッションアイテムとしても使えるおしゃれなスタイルなのも人気の理由です。非常に低価格で、口コミでも大好評の商品です。

メイン素材合皮ソール素材または裏地
防寒性ボア付き防水性日常生活防水
第4位

SOREL(ソレル)

CARIBOU

価格:19,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レザーを使用した本格派のモデル

50年以上にわたり愛され続けている、フラッグシップモデルの「カリブー」。まさに「ソレル」らしいと言えるスノーブーツです。

 

防寒対策として、厚さ9mmのサーモプラスフェルトインナーを採用。地面からの冷気もシャットアウトし、外気の冷えから足先を守ってくれます。使用限界温度は-40℃と寒さに強く、防水設計のため、積雪時や降雪時も安心できます。

 

アッパーはヌバックとラバー、着脱可能なインナーも付いています。さらに、クッション性にも優れているので長時間履いていても疲れにくいのが魅力です。「温かくて滑らない」「寒冷地の必需品」など口コミでも人気の商品です。

メイン素材天然皮革ソール素材または裏地ゴム
防寒性サーモプラスフェルトインナー使用防水性日常生活防水
第3位

ASICS

スノーシューズ スノトレ

価格:5,443円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防寒対策と快適性を考えて作られたスノトレ

雪上でも普段通りの歩きやすさや履き心地を求める人には、スニーカータイプがおすすめです。防寒対策と快適性を考えられて作られており、雪面での走行をサポートしてくれます。

 

一見すると普通のスニーカーと変わりませんが、アウターソールは低硬度ラバーを採用しており、凹凸の大きなトレッドをアウターソールに配しているので、ソールの溝がしっかりと地面を捉え、滑りにくさも十分です。

 

そして内側部分には、保温性に優れた起毛素材を使用し、防寒対策に加えて快適性を追求しています。冬でもアクティブに動けるスニーカーブーツとして大活躍しれくれるでしょう。

メイン素材人工皮革ソール素材または裏地ラバー
防寒性起毛素材防水性日常生活防水
第2位

コロンビア

チャケイピチャッカオムニヒート

価格:7,128円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

熱反射保温機能・防水防汚機能あり

「Columbia(コロンビア)」の人気のスノーブーツメンズです。防水、保温効果にすぐれているので、通勤やプライベートでもどんなシーンでも幅広く活躍します。体の熱を反射して保温するコロンビア独自の「オムニヒート」を装備しています。

 

ボトムとアッパーは撥水加工済みです。「デザイン・機能・価格」のバランスに優れたスノーブーツです。

 

「雪の中を2時間ほど歩くと指先が冷たさを感じ始めるが、それまでは十分暖かく、浸水もなく快適」「温かくて防水性も十分」などと口コミでも、とても高評価の商品です。

メイン素材ポリエステル(撥水加工)ソール素材または裏地
防寒性オムニヒート防水性オムニシールド
第1位

THE NORTH FACE

Nuptse Bootie Wool IV

価格:9,072円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウール&サーモライトで足元暖か

ブーツ全体に撥水加工済みの圧縮ウールを採用し、サーモライト中綿で保温性を高めた「ノースフェイスのヌプシブーティーウールIV」。軽量で履き心地が良く、デザインもおしゃれで人気のスノーブーツです。

 

日本人の足に合う形状で作られている上に、足首ホールドシステムによってフィット感もアップしています。タウンユースにも最適です。ソールにはノースフェイスオリジナルのビブラムアイストレックを採用。

 

柔らかくて暖かく、歩きやすく、そしてお洒落で口コミでも人気のスノーブーツです。シンプルなデザインですのでいろいろな服に合わせやすいのも魅力です。

メイン素材合皮ソール素材または裏地ヴィブラム
防寒性サーモライト中綿防水性撥水加工

スノーブーツメンズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5061682の画像

    THE NORTH FACE

  • 2
    アイテムID:5062523の画像

    コロンビア

  • 3
    アイテムID:5064593の画像

    ASICS

  • 4
    アイテムID:5061687の画像

    SOREL(ソレル)

  • 5
    アイテムID:5062520の画像

    Sixspace

  • 6
    アイテムID:5062530の画像

    Sixspace

  • 7
    アイテムID:5062133の画像

    SOREL

  • 8
    アイテムID:5062307の画像

    Shenji

  • 9
    アイテムID:5062295の画像

    IMENSEAS

  • 10
    アイテムID:5064599の画像

    ファーストエンカウンタ

  • 商品名
  • Nuptse Bootie Wool IV
  • チャケイピチャッカオムニヒート
  • スノーシューズ スノトレ
  • CARIBOU
  • スノーブーツ
  • スノーブーツ
  • PAC NYLON
  • スノーブーツ
  • スノーシューズ
  • スノーブーツ
  • 特徴
  • ウール&サーモライトで足元暖か
  • 熱反射保温機能・防水防汚機能あり
  • 防寒対策と快適性を考えて作られたスノトレ
  • レザーを使用した本格派のモデル
  • 低価格ながら滑りにくく防水機能あり
  • コーデしやすいショート丈
  • 丈夫な作りのアウトソール&ラバーシェル
  • 内部にたっぷりのボアであたたか
  • 防滑・防水・防寒に優れたスノーブーツ
  • 低価ながらしっかりとしたデザインと造りが魅力
  • 価格
  • 9072円(税込)
  • 7128円(税込)
  • 5443円(税込)
  • 19499円(税込)
  • 3399円(税込)
  • 3399円(税込)
  • 14040円(税込)
  • 1990円(税込)
  • 3000円(税込)
  • 2890円(税込)
  • メイン素材
  • 合皮
  • ポリエステル(撥水加工)
  • 人工皮革
  • 天然皮革
  • 合皮
  • 防水素材、合成皮革
  • ナイロン
  • 合皮
  • 防水素材、合成皮革
  • 合成皮革
  • ソール素材または裏地
  • ヴィブラム
  • ラバー
  • ゴム
  • バルカナイズドラバーシェル
  • TPR/ゴム
  • ゴム
  • ラバーソール
  • 防寒性
  • サーモライト中綿
  • オムニヒート
  • 起毛素材
  • サーモプラスフェルトインナー使用
  • ボア付き
  • ボア付き
  • フェルトインナー
  • ボア付き
  • ボア&カシミアインソール付き
  • ボア付き
  • 防水性
  • 撥水加工
  • オムニシールド
  • 日常生活防水
  • 日常生活防水
  • 日常生活防水
  • 日常生活防水
  • 完全防水
  • 日常生活防水
  • 日常生活防水

まとめ

スノーブーツメンズのおすすめ人気ランキングをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。機能性だけでなく、デザインもしっかり選ぶことで活躍する頻度も増えるはず。今回ご紹介した選び方と商品を参考にお気に入りのスノーブーツを選んでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ