記事ID138338のサムネイル画像

【移動に使えて便利】輪行袋のおすすめ人気商品ランキング10選

よくサイクリングを行う方には、馴染みのあるアイテムかと思います。色々なメーカーから販売されているので、どういったものがあるのかを、一度チェックしてみましょう。そこで今回は、おすすめの輪行袋を、ランキング形式にてご紹介していきます。

輪行袋を利用して、手軽に自転車を運びましょう。

よくロードバイクやクロスバイクを乗る方であれば、輪行袋を持っているのではないでしょうか。そもそも輪行袋とは、ロードバイクなどを入れる袋で、電車などに乗せることができます。このアイテムを使用することで、普段持ち運びできないような場所まで行けるので、便利です。

また、これらの自転車を入れる形に特化して作られているので、しっかりと守ってくれます。色々な素材で作られているので、一度チェックしてみましょう。また、小さポケットがあったりと、使い勝手に優れたタイプのものもあるので、色々調べてみましょう。

そこで今回は、おすすめの輪行袋をご紹介していきます。これからロードバイクなどを乗る予定の方や、いつも以上に遠く行きたい方などは、是非使ってみましょう。使用しない時は、コンパクトに折り畳んで収納できるので、荷物になることはありません。

輪行袋の選び方

ロードバイクやクロスバイクは、かなりの距離を走行することができます。車のようにスピードを出して、色々な場所に行けるので、このアイテムを使用して、もっと色々な場所に行ってみましょう。

収納方法で選ぶ

商品によって、収納方法がそれぞれ異なるので、特徴を掴んでおきましょう。当然、メリット・デメリットがあるので、あらかじめ知っておくと、より選びやすくなります。

前輪のみ外すタイプを選ぶ

初心者の方や、使い勝手が良いものをお探しの場合は、この前輪のみ外すイプを選ぶと良いでしょう。ロードバイクの前輪は、クイックリリースで簡単に外したり、設置することができます。一方、ギアとの関係があったりと、何かと手間がかかります。

 

なので、手軽に外したり取ることができるこのタイプであれば、サッと収納できるので、とても便利になっています。後輪を外す必要がないので、手も必要以上に汚さず、楽にお使いいただけます。

 

ただし、かさばってしまうので、場合によっては、公共交通機関の規定サイズを超えてしまうことがあります。規定サイズを超えてしまうと、車などでの移動の場合のみにしか使用できないので、しっかりと把握しておきましょう。

両輪外すタイプを選ぶ

両輪外すタイプは、その名の通り、両方のタイヤを外すことになります。このタイプは、縦置き型・横置き型の2つに分かれます。縦置き型は、両輪を外し、床に対して垂直に置くことで、収納することができます。

 

横置き型に比べると、輪行袋に紐がついているものが多くなっていて、電車の手すりなどにくくることができます。よって、安定して持ち運ぶことが可能です。また、横置き型は、逆さ置きタイプとも呼ばれ、ロードバイクのサドル部分が、地面につくように上下を逆にして収納します。

 

揺れにくく、安定して持ち運ぶことができるので、かなり便利です。このように、それぞれタイプによって収納方法が異なるので、自分の使いやすいものを、選ぶようにしましょう。

サイズで選ぶ

電車やバスなど、公共機関を使用する際は、決まった規定サイズがあるので、あらかじめ把握しておきましょう。また、コンパクトに収納できるものであれば、持ち運びがもっと楽にできます。

コンパクトなものを選ぶ

もっと手軽に使いたい場合は、できる限りコンパクトにできるものを、選ぶようにしましょう。例えば、縦型収納タイプの輪行袋は、移動中にかさばらず、持ち運びもスムーズに行えます。なので、多少混雑している電車に乗っても、あまり邪魔になりません。

 

さらに、改札からホームまでの距離が長くても、手軽に持ち運ぶことができるので、チェックしてみましょう。また、ほとんどの輪行袋が使わない時は、コンパクトにまとめて収納することができます。

 

専用のケースが付属している商品もあるので、付属品にも注目してみましょう。もし付いていない場合は、別途で用意することで、よりコンパクトに収納でき、荷物にもなりにくく便利ですよ。

規定サイズを選ぶ

いざ電車で移動するとなっても、しっかりとサイズが決まっているので、あらかじめ把握しておきましょう。それぞれ、鉄道会社の手荷物の規定に従って、サイズを調整する必要があります。JRの規定では、3辺の合計が250cm以内に収める必要があります。

 

このサイズを超えてしまうと、持ち運ぶことができないので、注意しましょう。また、これはJRの場合なので、私鉄・地下鉄・バスなどでは、それぞれ規定サイズが異なる場合があるので、注意しましょう。

 

いざ電車を乗ろうとして、乗れなかったなんてことがないように、しっかりと確認しておくと安心です。前後輪両方外すタイプであれば、それほど気にする必要はありません。ですが、前輪のみ外すタイプの輪行袋は、250cmを超えるものが多いので、サイズを測っておきましょう。

使いやすさで選ぶ

収納をもっと楽に行うためには、ホイールポケットの有無や、伸縮性があるかどうかが、鍵となります。

ホイールポケットの有無で選ぶ

ロードバイクを輪行袋に収納する際は、一般的に袋内でホイールが動かないよう、固定して移動させます。フレームにストラップなどでくくり付けるので、途中でズレてしまうといった、心配がありません。ただし、車体を分解する必要があったりと、何かと手間がかかりますよね。

 

あまりに使いづらいと、結局面倒になり、使わなくなってしまいます。そうならないためにも、ホイールポケットの有無は、チェックしておくと良いでしょう。ホイールポケットが付いていれば、ホイールをポケットに入れるだけで収納できるので、手間がかかりません。

 

また、固定方法が間違っていたり、甘すぎて途中で何度も固定しなおさないといけない、なんて自体も防げるので、かなり便利ですよ。

伸縮性があるものを選ぶ

輪行袋は、多くの商品が、ギリギリのサイズで作られていることが多くなっています。そのため、いざ収納するとなると、無理やり入れなければならないことも、多々あります。破れにくくなっている商品が多いですが。

 

ただ、ずっとそのように使用していると、どうしても早く劣化してしまいますよね。中には、説明書を見ながら使用しないと、上手く入れることができないものもあります。初めて使用する方や、女性の方は特に使いづらさを感じてしまいます。

 

なので、伸縮性があるのかどうかを、チェックしておきましょう。伸縮性があると、引っ張って収納する際も、スムーズに行えます。ゆとりが少しできることで、サッと収納することも可能なので、こういった機能性にもこだわっておきましょう。

デザイン・素材・機能で選ぶ

汚れや雨に濡れることを想定しながら、デザインや素材など、色々な部分に注目しながら、使いやすいものを見つけてみましょう。

デザインで選ぶ

輪行袋と聞くと、グレー・シルバー・ブラックなど、落ち着いた色味の物が多いので、それほどデザインにこだわりがない方も、多いのではないでしょうか。実は、デザイン選びも、重要なポイントとなります。

 

といのも、基本的に輪行袋は、チェーンも一緒に収納します。その際に、チェーンのオイルが染みこんでしまったり、色が付着して取れなくなることがあります。

 

特に、おしゃれさを重視して、明るめのカラーを選んでしまうと、シミなどが目立つことがあるので、注意しましょう。見た目を気にする方は、できる限りブラックなどの、目立ちにくいものが便利です。

素材・機能で選ぶ

素材を重視して選びたい場合は、防水性などの機能性にもこだわってみましょう。濡れた路面やオフロードなど、ロードバイクが汚れた状態で、輪行袋に収納する場合もあります。

 

また、突然雨が降ることを想定して、防水加工が施さているものから、防水性のある素材のものを選ぶようにしましょう。ポリエステル素材のものであれば、乾きやすく耐久性に優れています。

 

また、撥水効果もあるので、便利でしょう。中には、袋の底部に通気口が空いていて、溜まった汚れや輪行袋内を洗った際の水を、流すことができるものもあるので、チェックしてみましょう。

メーカー・価格で選ぶ

もし選び方に迷って際は、メーカーに絞って選ぶことで、より自分に合ったものが見つかるかもしれません。また、予算も考えながら、選ぶようにしましょう。

メーカーで選ぶ

もし選び方に迷った際は、メーカーに絞って選ぶのもポイントです。有名なメーカーとして、モンベル・ドッペルギャンガー・オーストリッチなどがあります。これらは、サイクリング用品を主に扱っていたりと、多くの商品を取り扱っています。

 

また、かなり多くの方に愛用されている商品も、数多くあるので、チェックしてみましょう。有名なメーカーほど、品質も高く、機能性が充実した商品が多いので、安心してお使いいただけます。

 

ただし、中には当たり外れもあるので、ロコミなども参考にしながら、選ぶようにすることが大切です。

価格で選ぶ

商品を購入する際に、誰もが気になるのが、価格ですよね。色々なメーカーから販売されていることもあり、価格もそれぞれ異なります。ただ、あまり安すぎると、すぐにだめになってしまうことがあるので、注意しましょう。

 

もし心配なようであれば、有名メーカーから販売されているものや、ロコミなども参考にしながら選ぶことで、使いやすいものが見つかりやすくなります。ある程度価格がするものは、長く使えるものも多いので、チェックしてみましょう。

 

あまり価格に翻弄されず、機能性なども重視しながら、長く使えるものを選ぶことをおすすめします。

輪行袋の人気ランキング10選

第10位

マルト

輪行袋 RK-01L ブルー

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性も備わり、快適に活用できます。

取付け簡単な、ワンタッチショルダーベルトを採用しています。また、不意の転倒を防ぐ、ハンドルロックベルト付きで、安心して使用できます。

 

コンパクトにできたりと、かなり役立つといった、ロコミが挙がっていました。車輪固定フックで簡単に、確実に固定できます。 

サイズ1500x1100mm素材ポリエステル
付属品ワンタッチショルダーベルト・ハンドルロックベルト・車輪固定フックタイプ前輪のみ外すタイプ
防水性
第9位

大久保製作所

カジュアル輪行袋 RK-02L ブルー

価格:5,616円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い方の動画も載せているので、初めてでも使いやすくなっています。

出し入れの簡単な、フルオープンタイプで、初心者の方にもおすすめの輪行袋です。ハンドルを曲げずに、ロックベルトで固定できます。

 


また、ホイールの固定用フックや、ワンタッチショルダーベルトなど使いやすさにポイントを置いた作りとなっています。

 

初めて使用する人によっても、使いやすいといった、ロコミが挙がっていました。おいた作りです。収納袋に入れて、ボトルゲージに納めることも可能です。

サイズ1100×1500mm素材ポリエステル
付属品ショルダーベルト・ハンドルロックベルト・固定フックタイプ両輪外すタイプ
防水性-
第8位

GORIX

自転車用輪行袋 GX-Ca2 4カラー

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりと支えるので、安定感があります。

ロードバイクやクロスバイクなどを、手軽に持ち運ぶことができます。前後のホイールを外して、収納するだけで、まるごと収納することが可能です。

 

電車移動などもスムーズに行え、旅行用としても役立ちます。ショルダーベルトが収納袋一体となっているので、車体に取り付け不要です。

 

十分な機能性が備わっているといった、ロコミが挙がっていました。下からしっかりと車体を支えて、安定して運べます。

サイズ100~114×88~100cm素材210Dナイロンオックス
付属品-タイプ前輪のみ外すタイプ
防水性
第7位

グランジ

輪行袋 ブラック

価格:5,875円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性のために作られた、女性向けの商品です。

女性の目線で考案された輪行袋で、女性に特化した作りとなっています。フレームサイズが、520mm以下のロードレーサー専用で、便利でおすすめです。

 

前後のホイールを外し、逆さまにして入れるだけなので、力が弱い女性の方でも、手軽にお使いいただけます。自転車の収納方法はきわめてシンプルで、軽く、持ち運びも簡単です。

 

フレームに傷が付きにくく、汚れが付くのが気になる方にも便利といった、ロコミが挙がっていました。長さを調整できる肩紐で、楽に使えます。電車やバスなどの公共交通機関にも、手軽に持ち運べます。

サイズ700x1000x200mm素材-
付属品タイプ前輪のみ外すタイプ
防水性-
第6位

オーストリッチ

輪行袋 ネイビーブルー

価格:8,856円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きめサイズでゆとりがあり、手を汚さず収納できます。

前輪を外すだけで、簡単に素早く自転車を、収納するこができます。後輪はそのままで良いので、手を汚さず、サッと収納できますよ。

 

さらに、ロードバイクやMTBはもちろん、前後キャリアを装着状態でも、収納することが可能です。また、ランドナーにも対応しています。

 

大きめサイズで、ゆとりがある収納しやすいといった、ロコミが挙がっていました。目立ちにくいカラーで、手軽に使用でき便利です。

サイズ800×1380×220mm素材PE250D・CLC
付属品ショルダーベルト・中締ベルト タイプ前輪のみ外すタイプ
防水性
第5位

ドッペルギャンガー

コンパクト輪行キャリングバッグ メッシュ・ベーシック

価格:2,969円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かい作業も行え、素材にもこだわられています。

輪行バッグの中央付近に、手を通せるフラップを配置しています。よって、輪行時フレームを直接手で支え、持ち運びやすく工夫されています。また、収納後カバーを被せた状態でも、細かい調整ができますよ。

 

さらに、荷重が加わりやすい底面の両サイドには、厚めのナイロン生地を配置しているので、耐久性にも優れ、おすすめの商品となっています。

 

安くてこのクオリティーは凄いといった、ロコミが挙がっていました。軽量性を重視しつつ、必要箇所はしっかりと保護できるように、配慮されたデザインになっています。

サイズ1150x1280x190mm素材ポリエステル・ポリウレタン
付属品ベルト・ショルダーベルトタイプ両輪外すタイプ
防水性
第4位

オーストリッチ

輪行袋 L-100 グリーン

価格:6,372円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量タイプで、荷物にもなりません。

シンプルな形で、かなり軽量なので、持ち運んでも荷物になりません。使わない時は、コンパクトにまとめて収納できるので、スペースを取りすぎません。

 

さらに、薄いですが耐久性が高いので、すぐに破れるなどの心配がありません。長く、手軽にお使いいただける、輸行袋となっています。

 

コスパにも優れ、何度も使っているといった、ロコミが挙がっていました。別売のエンド金具を使用することで、よりスムーズに収納できます。

サイズ1100×950×250mm素材ナイロンストレックス
付属品ショルダーベルト・中締ベルト タイプ両輪外すタイプ
防水性-
第3位

オーストリッチ

輪行バッグ YD-175 ブラック

価格:16,785円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

送り状ポケットがあるので、海外にも持ち運べます。

厚さ10mmのウレタンを採用し、プロテクション効果をアップしています。送り状を入れるポケットを使用し、自転車を示す各国の言葉で表示することで、海外遠征時にも使用することができます。

 

航空でも使用できるなど、使い勝手にも優れているといった、ロコミが挙がっていました。3つに折り畳むこともできるので、使わない時は、サッと収納できます。

サイズ135×21×82cm素材ウレタン
付属品タイプ両輪外すタイプ
防水性
第2位

TIOGA

コクーン BAR02800  ブラック

価格:3,888円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汚れても目立たず、薄いですが、しっかりとしています。

薄くて軽い生地を採用した、標準タイプで使い勝手にも優れています。また、ブラックカラーなので、汚れても目立たず、手軽に使用できます。

 

何度も利用しているぐらい、かなり使えるといった、ロコミが挙がっていました。ボトルタイプは標準的なボトルケージにそのままセットできるので、持ち運びにも便利です。

サイズ-素材ナイロン
付属品トラップ・ショルダーストラップタイプ前輪のみ外すタイプ
防水性
第1位

ドッペルギャンガー

マルチユースキャリングバッグ ブラック

価格:3,600円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い撥水効果などがあるので、雨に触れても安心です。

シーンに合わせて持ち運びのスタイルを変えれるので、色々な使い方が行えます。電車などの規定でも、安心して持ち運びができます。

 

また、車体をすっぽり包み込み保護できるので、色々な要因から守ることができます。携帯性・軽量性に優れ、使い勝手も抜群です。

 

色々な使い方ができるので、かなり楽に使えるといった、ロコミが挙がっていました。生地には、直接の応力がかからないため、薄く軽い生地でも、安心して持ち運びが行えます。

サイズ1850×1100×440mm素材ポリエステル
付属品タイベルト・ショルダーストラップタイプマルチタイプ
防水性

輪行袋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5060332の画像

    ドッペルギャンガー

  • 2
    アイテムID:5060337の画像

    TIOGA

  • 3
    アイテムID:5060345の画像

    オーストリッチ

  • 4
    アイテムID:5060351の画像

    オーストリッチ

  • 5
    アイテムID:5060356の画像

    ドッペルギャンガー

  • 6
    アイテムID:5060357の画像

    オーストリッチ

  • 7
    アイテムID:5060359の画像

    グランジ

  • 8
    アイテムID:5060361の画像

    GORIX

  • 9
    アイテムID:5060366の画像

    大久保製作所

  • 10
    アイテムID:5060369の画像

    マルト

  • 商品名
  • マルチユースキャリングバッグ ブラック
  • コクーン BAR02800  ブラック
  • 輪行バッグ YD-175 ブラック
  • 輪行袋 L-100 グリーン
  • コンパクト輪行キャリングバッグ メッシュ・ベーシック
  • 輪行袋 ネイビーブルー
  • 輪行袋 ブラック
  • 自転車用輪行袋 GX-Ca2 4カラー
  • カジュアル輪行袋 RK-02L ブルー
  • 輪行袋 RK-01L ブルー
  • 特徴
  • 高い撥水効果などがあるので、雨に触れても安心です。
  • 汚れても目立たず、薄いですが、しっかりとしています。
  • 送り状ポケットがあるので、海外にも持ち運べます。
  • 軽量タイプで、荷物にもなりません。
  • 細かい作業も行え、素材にもこだわられています。
  • 大きめサイズでゆとりがあり、手を汚さず収納できます。
  • 女性のために作られた、女性向けの商品です。
  • しっかりと支えるので、安定感があります。
  • 使い方の動画も載せているので、初めてでも使いやすくなっています。
  • 安全性も備わり、快適に活用できます。
  • 価格
  • 3600円(税込)
  • 3888円(税込)
  • 16785円(税込)
  • 6372円(税込)
  • 2969円(税込)
  • 8856円(税込)
  • 5875円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 5616円(税込)
  • 4980円(税込)
  • サイズ
  • 1850×1100×440mm
  • -
  • 135×21×82cm
  • 1100×950×250mm
  • 1150x1280x190mm
  • 800×1380×220mm
  • 700x1000x200mm
  • 100~114×88~100cm
  • 1100×1500mm
  • 1500x1100mm
  • 素材
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • ウレタン
  • ナイロンストレックス
  • ポリエステル・ポリウレタン
  • PE250D・CLC
  • -
  • 210Dナイロンオックス
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • 付属品
  • タイベルト・ショルダーストラップ
  • トラップ・ショルダーストラップ
  • ショルダーベルト・中締ベルト
  • ベルト・ショルダーベルト
  • ショルダーベルト・中締ベルト
  • -
  • ショルダーベルト・ハンドルロックベルト・固定フック
  • ワンタッチショルダーベルト・ハンドルロックベルト・車輪固定フック
  • タイプ
  • マルチタイプ
  • 前輪のみ外すタイプ
  • 両輪外すタイプ
  • 両輪外すタイプ
  • 両輪外すタイプ
  • 前輪のみ外すタイプ
  • 前輪のみ外すタイプ
  • 前輪のみ外すタイプ
  • 両輪外すタイプ
  • 前輪のみ外すタイプ
  • 防水性
  • -
  • -
  • -

まとめ

今回は、おすすめの輪行袋をご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。色々な商品が販売されているので、一度チェックしてみましょう。このアイテムを使用するだけで、もっとたくさnの場所に行けて、手軽にサイクリングが楽しめますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ