記事ID138332のサムネイル画像

【手軽にDIY】大人気ディスクグラインダーおすすめランキング10選

ディスクグラインダーは、金属などを切断したり加工することができます。しかし、ディスクグラインダーはたくさん種類があります。今回はディスクグラインダーの詳しい選び方と、大人気のディスクグラインダーおすすめランキング10選にてご紹介します。要チェックです。

ディスクグラインダーでDIYを充実させよう

ディスクグラインダーによって、DIYの幅を広げることが可能です。鋭い砥石が高速に回転するので、金属などを切断することも可能です。ただし、便利と危険は隣り合わせとも言えるので、しっかりとしたディスクグラインダーを選びたいですよね。

 

今回は、ディスクグラインダーの詳しい選び方と、人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。選び方を参考にしつつ、自分の作業に合いそうなディスクグラインダーを選んでみましょう。

ディスクグラインダーの選び方

次にディスクグラインダーの選び方について詳しく解説して行きます。ディスクグラインダーの選び方を目に通しておく事によって、より質の高い製品を選ぶことができるようになります。具体的にいくつか解説して行きますので一緒に見て行きましょう。

ディスクグラインダーの性能で選ぶ

ディスクグラインダーには性能を表記する項目がいくつかあります。商品を選ぶ上でできる限り高性能であり、ハイパワーなディスクグラインダーを選ぶためにも、少し目を通しておきましょう。

消費電力で選ぶ

ディスクグラインダーを選ぶ上で大切な項目となるのが、ディスクグラインダーの消費電力です。この消費電力はディスクグラインダーのパワーに関係します。DIYを爽快に行いたい方は、消費電力の大きなディスクグラインダーを選ぶようにしましょう。

 

ただし、消費電力の大きなディスクグラインダーは、熱を持ちやすい傾向にありますので、10分に一度ディスクグラインダーを休ませることも必要になってきます。簡単なDIYであればあまり関係はありませんが、長時間作業する場合は、消費電力で選ぶのが大切です。

 

500W以上のディスクグラインダーであれば、金属の切断や研磨などを行うことが可能です。初心者の方は500W程度のディスクグラインダーを選ぶようにしましょう。ディスクグラインダーの使い方に慣れている方は、ハイパワーな商品を選びましょう。

回転数で選ぶ

ディスクグラインダーの性能に、そのまま影響するのが回転数です。回転数が高いとより鋭い砥石に変化します。回転数が高いことによって、ディスクグラインダーで研磨などを効率的に行うことも可能になります。

 

一般的なディスクグラインダーは、回転数が固定されておりますが、中には無段階調整が可能なディスクグラインダーもあります。オールマイティに使いたい方には無段階調整可能なディスクグラインダーがおすすめですし、回転数の高い商品がおすすめです。

 

回転数が低いディスクグラインダーは精密な作業に向いております。研磨作業にて最後の味付けを行うときに使いやすい傾向にあります。回転数が高いと雑な作業を早くこなすことができて、回転数が低いと精密な作業を得意とする傾向にあります。

 

砥石のサイズで選ぶ

ディスクグラインダーには、砥石が使用されておりますが、この砥石のサイズに違いがあります。標準的な砥石のサイズは100mm程度となっております。このサイズで一般的な作業を全て行うことが可能です。

 

中には、150mmサイズなどが用意されておりまして、砥石の部分の外径が大きな商品もあります。これによって、分厚いサイズの金属や木材も最後まで切断することが可能となります。業務用として利用する場合は砥石サイズの外径が大きい方がおすすめです。

 

家庭用のDIYで使用する程度であれば、100mmサイズのディスクグラインダーを選ぶようにしましょう。初めての方や、初心者の方はあまり気にする項目では無いので、価格などに着目して選ぶようにするのがおすすめと言えます。

 

 

無段階調整タイプを選ぶ

ディスクグラインダーの中には、無段階で回転数を調整できるディスクグラインダーもあります。無段階であることによって、高速や低速などの調整が可能となります。一般的なDIYでもこの機能が付いていると作業がしやすいメリットがあります。

 

無段階調整が可能なディスクグラインダーは、高額な傾向にありますが、低速によって作業の安全性を向上します。高速であることによって、金属などの切断を簡単に行うことができます。こちらのメリットを踏まえて選ぶ指標にしてみましょう。

 

住宅地で利用する場合は、ディスクグラインダーの音が気になる方もいるかもしれません。低速で使うことによって、音を最小限にしながら加工や切断を行うこともできます。無段階調整を選ぶのも一つ選択肢として考えてみましょう。

ディスクグラインダーの電源方式で選ぶ

ディスクグラインダーには電源方式に違いがあります。大きく分けて2種類ありまして、AC電源などのコンセントを使うタイプ、充電式の持ち運びしやすいタイプがあります。それぞれのメリットやデメリットを解説していきます。

AC電源を選ぶ

AC電源のディスクグラインダーは、リーズナブルなディスクグラインダーのが多いメリットがあります。そして、リーズナブルでありながらハイパワーなディスクグラインダーが多いメリットがあります。

 

AC電源であることによって、安定的に電圧を確保できるので、パワーが安定しているメリッtもあります。自宅にコンセントなどがあれば、延長コードなどを利用することによって、場所をあまり選ばずに使用できるので、初心者の方にもおすすめです。

 

中には、強力のトルクを発生させるディスクグラインダーもありますので、パワーを追求したい方は、AC電源のディスクグラインダーを選ぶようにしてみましょう。ただし、持ち運びしにくいデメリットがあります。

充電式を選ぶ

2015年ごろには、充電式のディスクグラインダーは、非力ですぐにバッテリーが切れてしまうなどの欠点がありました。しかし、近年のディスクグラインダーの充電式タイプは、非常に安定したパワーを生み出せるようになっています。

 

かなり粘り強くなったことによって、充電式タイプでもしっかりDIYの作業を行うことが可能です。あらかじめ充電を行なっておくことによって、場所に限られずに作業を行えるメリットがあります。

 

作業時にコンセントを確保できない方におすすめであり、持ち運んで利用することが可能なので、いつでもどこでも利用できるメリットがあります。AC電源に比べて高額なディスクグラインダーが多いですが、一度使うと便利だと思ってしまうタイプです。

付加機能で選ぶ

ディスクグラインダーには付加機能がついた商品もあります。長時間の作業を行っても疲れにくいように持ち手の部分が太く、使いやすいディスクグラインダーもあります。他にも、音が低減されているディスクグラインダーもあります。

 

ディスクグラインダーの持ち手には、ソフトなグリップを搭載したモデルもありますので、それらを選ぶことによって、作業中にしっかりと持つことができますので、安全性の高さが高いメリットがあります。

価格で選ぶ

ディスクグラインダーを選ぶ上で、価格で選ぶのもおすすめです。あまり違いが無い商品も多く、メーカーで選ぶことになることが多いです。あとは、価格のリーズナブルなディスクグラインダーを選ぶのがおすすめと言えます。

 

ディスクグラインダーの性能を比較しつつ、リーズナブルなディスクグラインダーを選ぶようにしてみましょう。

メーカーで選ぶ

ディスクグラインダーには、マキタやボッシュ、リョービなどの有名なメーカーがあります。これらのメーカーは電動工具を長年製造しているので、精密な作りになっている傾向にあります。やや高い商品が多い傾向にあります。

 

しかし、長期間安全に使用する場合は、これらのメーカーを選ぶのがおすすめです。ディスクグラインダーは一つ間違えると危険な電動工具となります。ですので、上記のメーカーで選ぶのがおすすめと言えます。

ディスクグラインダーの人気ランキング10選

第10位

イーバリュー(E-Value)

ディスクグラインダー EDG-550

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブル、入門用におすすめ

こちらのディスクグラインダーは、リーズナブルな価格で購入できるディスクグラインダーとなっております。コストパフォーマンスの高さが魅力的であり、初めての方におすすめなディスクグラインダーと言えます。

 

高性能とまでは言えませんが、日常使いでも十分の性能があります。金属の切断や加工、木材や金属の研磨作業にも使うことができます。サビ落としや塗装落としにも使うことができます。ディスクグラインダーという電動工具を一度使ってみたい方におすすめです。

 

AC電源で駆動し、消費電力も550Wありますので、必要十分のパワーがあります。専門的な作業には向きませんが、家庭用のDIYなどの作業であれば、問題なく使うことができます。ディスクグラインダーを試したい方におすすめです。

消費電力550W回転数11,000min-1
砥石サイズ100mm電源AC電源
第9位

髙儀(Takagi)

EARTH MAN 変速ディスクグラインダー

価格:5,078円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

変速ダイヤル付きで、住宅地でも静かにDIY可能

こちらのディスクグラインダーは、変速ダイヤルが付いているモデルとなります。ディスクグラインダーの回転数を調整することができますので、自分好みで作業を行うことができます。作業音も静かに行えるので、住宅地でも安心して作業を行うことが可能です。

 

補助ハンドル付きですので、左右のどちらかに付け加えることができます。自分の利き手で作業を行うことができるメリットがあります。消費電力は500Wとなっておりまして、金属の切断も可能となっております。切断から加工まで行うことができます。

 

定格時間が定められておりまして、30分に一度は本体を休憩させる必要があります。それ以外にデメリットがなく、リーズナブルなディスクグラインダーですので、初めての方や一度使ってみたい方におすすめなディスクグラインダーと言えます。

消費電力500W回転数約5,500~11,000min-1
砥石サイズ100mm電源AC電源
第8位

マキタ(Makita)

ディスクグラインダ ー

価格:9,167円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパワーなディスクグラインダー

こちらのディスクグラインダーは、高速回転に対応した12,000回転を可能とするディスクグラインダーです。高速回転を可能とすることによって、切断などを素早く行うことが可能となります。砥石の質が少し悪い状態であっても、切断加工がしやすいメリットがあります。

 

最大出力960Wとなっておりまして、圧倒的なハイパワーを実現しています。ハイパワーでありながら、効率の良い冷却構造を採用しておりますので、長時間の使用にもおすすめです。DIYにて本格的な作業を行う方におすすめと言えます。

 

電動工具メーカーとして人気の高いマキタは、安心して作業を行えるメリットもあります。高耐久仕様となっておりますので、長い期間DIYに使うことができる品質の高さもポイントです。初めての方にも、使ったことがある方にもおすすめです。

消費電力720W回転数12,000min-1
砥石サイズ100mm電源AC電源
第7位

マキタ(Makita)

ディスクグラインダー

価格:12,289円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電式で場所を選ばない、品質の高さもポイント

こちらのディスクグラインダーは、充電式となっておりますので、あらかじめ充電を行なっておくことによって、いつでもどこでもディスクグラインダーを使うことができます。DIYの幅を広げてくれる画期的なポイントと言えます。

 

昔から使われているマキタは、品質の高さもポイントです。高負荷のかかる作業であっても、長時間使うことができるメリットがあります。ディスクグラインダーを長時間使いたいと思う方におすすめなディスクグラインダーと言えます。

 

コードレスの充電式タイプでありながら、AC電源に引けを取らないパワーを実現。今までは実現できなかったパワーで、あらゆる作業を行うことが可能です。ソフトなグリップを搭載することによって、今までにはなかったパワーで作業を簡単に行うことが可能です。

消費電力記載なし回転数11,000 min-1
砥石サイズ100mm電源充電式
第6位

ボッシュ(BOSCH)

100mmディスクグラインダー

価格:10,008円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパワーでありながら、初心者でも使いやすい

こちらのディスクグラインダーは、安全性の高さが魅力的なポイントとなっております。作業に合わせて回転数を調整することが可能となっております。初めての方でも自分の思った回転数で作業をできるメリットがあります。

 

最大電力についても960Wもありますので、あらゆる作業を行うことができます。パワーに余裕がありますので、圧倒的に快適な作業を実現可能となっております。できる限りハイパワーなディスクグラインダーを選びたい方におすすめと言えます。

 

誰の手であってもジャストフィットしやすいように作られている細径グリップを採用。これによって、ほとんどの方が操作しやすいようになっております。無段変速を搭載するディスクグラインダーなので、作業の効率を向上させることもできるメリットがあります。

消費電力720W回転数2,800~11,000min-1
砥石サイズ100mm電源AC電源
第5位

パナソニック(Panasonic)

ディスクグラインダー EZ46A1X-H

価格:17,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレス充電式、コンパクトで場所を選ばない

こちらのディスクグラインダーは、パナソニック製造のディスクグラインダーとなっておりまして、品質の高さが魅力的なポイントとなっております。狭い場所でも作業しやすいようにコンパクトなボディを採用。これにより、作業の幅が広がります。

 

他にも、コードレスを採用することによって、ACコンセントが無い場所であっても動作させることができます。コードレスタイプの充電式でありながら、ハイパワーな商品となっておりますので、爽快な使い方を可能とします。

 

ディスクグラインダー本製品は、クラストップレベルのトルクを実現。これによって、金属などに押し付けても、止まりにくいので作業しやすい傾向にあります。負荷がかかるとランプ点滅で教えてくれます。初心者におすすめなディスクグラインダーと言えます。

消費電力記載なし回転数18V 10000min-1、14.4V 8000min-1
砥石サイズ100mm電源充電式
第4位

マキタ(Makita)

ディスクグラインダ 9533BLA

価格:10,689円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低速で使うことも可能なディスクグラインダー

こちらのディスクグラインダーは、低速での利用も可能なところがメリットです。細いボデイィを採用することによって、長時間DIYを行っても手が疲れにくいメリットがあります。長時間作業することがある方におすすめなディスクグラインダーです。

 

他にも、安心と安全を考慮した作りになっておりまして、最大出力は880Wでありながら低速での利用ができることです。これによって、初心者であっても安全に作業を行うことができます。研磨作業を行う際に低速にできるので、精密な研磨が可能です。

 

効率的な冷却構造を採用したディスクグラインダーとなっておりまして、真夏の暑い時期に長時間使っても問題ありません。DIYの幅を広げるのにおすすめなディスクグラインダーとなっております。日々のDIYをより効率的にしてくれます。

消費電力720W回転数9,000min-1
砥石サイズ100mm電源AC電源
第3位

ボッシュ(BOSCH)

ディスクグラインダー PWS620-100

価格:5,309円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性高いディスクグラインダー

こちらのディスクグラインダーは、安全性を追求した商品となっております。脱落防止機能付き保護カバーを搭載。これによって、初心者でも安全に作業を行うことができます。ディスクグラインダー自体の性能も良く、初めての方におすすめなディスクグラインダーです。

 

620Wのパワーのあるディスクグラインダーとなっているので、金属などの硬いものであっても、簡単に切断することが可能となっております。そのハイパワーを安全に使いこなすことができる安全性の高さもポイントです。

 

持ち手の部分を細くすることによって、誰でも持ちやすいようになっております。女性の方でも安全に作業することが可能です。ディスクグラインダーの中でも、特に安全性を重視したい方におすすめなディスクグラインダーとなります。

消費電力620W回転数11,000min-1
砥石サイズ100mm電源AC電源
第2位

リョービ(Ryobi)

ディスクグラインダ G-1030 625100A

価格:5,583円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

疲れにくいディスクグラインダー

こちらのディスクグラインダーは、疲れにくいがコンセプトの商品となっております。長時間ディスクグラインダーを使った作業を行う方におすすめです。細いボディとスフトグリップによって、非常に使いやすく疲れにくい商品となっております。

 

電動工具のリョービだからこその、品質を提供している商品であり、初心者でも安心して使うことができます。金属の研磨やバリ取りなども行うことが可能であり、サビ落としにも最適なディスクグラインダーとなっております。DIYの幅を広めてくれます。

 

こちらの商品の一番のメリットは、初心者でも安定して作業を行える作りになっていることです。ソフトグリップや、長時間握っても疲れない細身なボディによって、ディスクグラインダーの作業の効率を上げることができます。

消費電力850W回転数11,000min-1
砥石サイズ100mm電源AC電源
第1位

Primero(プリメロ)

ディスクグラインダー DGR-550AZA

価格:3,210円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルでありながら高性能

こちらのディスクグラインダーは、リーズナブルな価格で購入することができるディスクグラインダーとなっております。リーズナブルでありながらディスクグラインダーの作業全般を可能とする性能を持っております。金属の切断から、金属の研磨作業まで可能です。

 

消費電力や、回転数も程よい数値ですので、初心者の方にも使いやすいディスクグラインダーとなっております。AC電源となっておりますので、コンセントのある場所であれば、どこでも使うことができるようになっております。

 

金属のみならずに、レンガや木などの加工や切断にも使うことができますので、オールマイティに使用することができます。DIYでの加工や作業を簡単にしてくれるディスクグラインダーとなっております。

消費電力550W回転数10,500min-1
砥石サイズ記載なし電源AC電源

ディスクグラインダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5060963の画像

    Primero(プリメロ)

  • 2
    アイテムID:5060962の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 3
    アイテムID:5060961の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 4
    アイテムID:5060960の画像

    マキタ(Makita)

  • 5
    アイテムID:5060956の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 6
    アイテムID:5060954の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 7
    アイテムID:5060953の画像

    マキタ(Makita)

  • 8
    アイテムID:5060952の画像

    マキタ(Makita)

  • 9
    アイテムID:5060807の画像

    髙儀(Takagi)

  • 10
    アイテムID:5060793の画像

    イーバリュー(E-Value)

  • 商品名
  • ディスクグラインダー DGR-550AZA
  • ディスクグラインダ G-1030 625100A
  • ディスクグラインダー PWS620-100
  • ディスクグラインダ 9533BLA
  • ディスクグラインダー EZ46A1X-H
  • 100mmディスクグラインダー
  • ディスクグラインダー
  • ディスクグラインダ ー
  • EARTH MAN 変速ディスクグラインダー
  • ディスクグラインダー EDG-550
  • 特徴
  • リーズナブルでありながら高性能
  • 疲れにくいディスクグラインダー
  • 安全性高いディスクグラインダー
  • 低速で使うことも可能なディスクグラインダー
  • コードレス充電式、コンパクトで場所を選ばない
  • ハイパワーでありながら、初心者でも使いやすい
  • 充電式で場所を選ばない、品質の高さもポイント
  • ハイパワーなディスクグラインダー
  • 変速ダイヤル付きで、住宅地でも静かにDIY可能
  • リーズナブル、入門用におすすめ
  • 価格
  • 3210円(税込)
  • 5583円(税込)
  • 5309円(税込)
  • 10689円(税込)
  • 17800円(税込)
  • 10008円(税込)
  • 12289円(税込)
  • 9167円(税込)
  • 5078円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 消費電力
  • 550W
  • 850W
  • 620W
  • 720W
  • 記載なし
  • 720W
  • 記載なし
  • 720W
  • 500W
  • 550W
  • 回転数
  • 10,500min-1
  • 11,000min-1
  • 11,000min-1
  • 9,000min-1
  • 18V 10000min-1、14.4V 8000min-1
  • 2,800~11,000min-1
  • 11,000 min-1
  • 12,000min-1
  • 約5,500~11,000min-1
  • 11,000min-1
  • 砥石サイズ
  • 記載なし
  • 100mm
  • 100mm
  • 100mm
  • 100mm
  • 100mm
  • 100mm
  • 100mm
  • 100mm
  • 100mm
  • 電源
  • AC電源
  • AC電源
  • AC電源
  • AC電源
  • 充電式
  • AC電源
  • 充電式
  • AC電源
  • AC電源
  • AC電源

まとめ

ディスクグラインダーおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。選び方を参考にすることによって、ディスクグラインダーをもっと明確に選ぶことができるようになるので、是非とも参考にしてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ