記事ID138317のサムネイル画像

【普段の眠りを快適に】人気の腰痛マットレスおすすめランキング10選

腰痛に悩まされている人の中には、普段の寝具が合わないと感じる人も少なくありません。そんな時におすすめなのが「腰痛マットレス」です。腰・首など、痛みが起こりやすい部分を支えてくれる腰痛マットレスについて、今回は選び方・おすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

腰痛マットレスでいつもの睡眠をより快適に

仕事やプライベートなどで疲れた心と身体を癒してくれる「睡眠」において大切な「睡眠の質」を左右する「マットレス」は、実は腰痛とも深い関係があると言われているのです。

 

なかでも、睡眠中に何気なく行う「寝返り」は筋肉を休めるとともに、背骨・骨盤のズレやゆがみを整える役割も持っているとされており、より楽な寝姿勢・寝返りをサポートしてくれる「腰痛マットレス」を使うことで、寝起きに起こる腰痛を軽減できるのです。

 

「腰痛で長時間寝られない」「朝起きた時に腰まわりが痛い」という人にとって、腰痛マットレスは快適な睡眠をとるための便利アイテムといえます。

腰痛マットレスの選び方

腰痛マットレスには、内側の素材や特徴などといった、見た目のデザインでは分かりにくい「違い」があるため、初めて腰痛マットレスを選ぶ時には「どう選べば良いか分からない」という人も少なくありません。ここでは、腰痛マットレスの選び方についてご紹介します。

マットレスのタイプで選ぶ

腰痛マットレスは一見同じように見えますが、特徴・性能などによって様々なタイプが用意されています。それぞれの特徴をチェックして選ぶことで、より楽な寝姿勢ができるようになるため、それぞれの腰痛マットレスのタイプを理解しておきましょう。

高反発マットレス

「マットレスが柔らかすぎて寝姿勢が安定しない」という人におすすめなのが「高反発マットレス」と呼ばれるタイプです。

 

こちらのタイプは大きく分けて「ウレタン製」「樹脂製」という2種類があり、ほどよい固さが普段の寝姿勢をサポートしてくれます。姿勢に合わせて凹凸が変化するため、寝返りする時も苦しくなりにくいのが魅力といえます。

 

また、ウレタン製の高反発マットレスは耐久性に優れており、樹脂製の高反発マットレスは通気性が良いという特徴があります。しかし、数ある腰痛マットレスのなかでも比較的価格が高く設定されていることが多いため、予算と相談しながら決めましょう。

低反発マットレス

「腰に優しく、寝心地の良いマットレスが良い」という人には「低反発マットレス」と呼ばれる腰痛マットレスです。

 

こちらのタイプはNASAが考案した衝撃吸収材がルーツとされており、腕・腰・頭などといった身体の各部分の重さに合わせてゆっくり沈み込むため、身体全体が包み込まれるような寝心地が特徴です。

 

身体を圧迫しないため、寝返りや長時間の使用でも身体に負担がかかりにくいのが魅力的ですが、洗濯ができないうえ、気温が高くなる夏シーズンにはマットレス全体の硬さが変化する場合もあるので注意しましょう。

折り畳みマットレス

「自宅に大きなマットレスを置くスペースがない」という人におすすめなのが「折り畳みマットレス」です。

 

こちらのタイプは通常のマットレスよりもコンパクトなデザインが特徴的であり、必要に応じて二つ折り・三つ折りが可能になっているため、使わない時には畳んで収納することができるのが魅力的です。

 

また、使い方を工夫すれば1人用のソファーとしても使うことができるため、部屋のデッドスペースを活用することもできます。単身赴任や一人暮らしの人におすすめできるタイプです。

マットレスの素材で選ぶ

腰痛マットレスを選ぶ時には、表面の生地のデザインや手触りなどで選ぶ人も少なくありませんが、見た目以上にチェックすべきなのが「マットレス内の素材」です。マットレスの内側の素材によって、寝心地や使いやすさが異なってくるため、各素材の特徴を理解しておきましょう。

ウレタン

「腰痛マットレスは使い勝手の良さで選びたい」という人におすすめなのが「ウレタン」を用いたマットレスです。

 

こちらはマットレスに用いられる素材のなかで最もポピュラーといえる素材であり、1枚のみでの使用はもちろん、コンパクトなデザインを活かして、重ね使いやシーズン別での使い分けなどといった様々な使い方ができるのが魅力的です。

 

また、反発力が強いウレタン素材のマットレスの硬さは「ニュートン値(N)」という値によって表されています。ニュートン値が高いほど硬く、低いほど柔らかくなるとされており、ニュートン値を参考にしながら、自分の好みの硬さのマットレスを選ぶことができます。

ラテックス

「丁度良い硬さの腰痛マットレスが見つからない」という人には「ラテックス」と呼ばれる素材を用いたマットレスがおすすめです。

 

「ラテックス」とは、ゴムの木から抽出される樹液を原料とした素材であり、天然のゴム樹液の配合量によって大きく分けて天然・合成の2種類が存在しています。

 

硬さのバランスが丁度良く、ウレタンやコイルとは全く違う独特の寝心地が特徴です。睡眠時の耐圧分散力が高いため、身体への負担がかかりにくいのが魅力といえます。そのため、朝起きた時に首・肩・腰が痛くなりやすいという人におすすめです。

コイルスプリング

「腰痛マットレスはしっかり支えてくれるものが良い」という人には「コイルスプリング」を採用しているマットレスがおすすめです。

 

マットレス内部に複数のバネを使用しているのが特徴です。季節ごとの温度変化や長期間の使用などによってマットレス全体の硬さが変化するウレタン・ラテックスとは異なり、身体全体を安定して支えてくれるうえ、形が崩れにくいのが魅力的です。

 

また、同じコイルスプリングでも、身体の支え方によって「ポケットコイル」「ボンネルコイル」という2種類が用意されており、価格帯としてはボンネルコイルの方がリーズナブルな傾向があります。体格の良い人や、耐久性重視で選びたい人におすすめできます。

ファイバー

「腰痛マットレスはできるだけお手入れが簡単なものが良い」という人におすすめなのが「ファイバー」という素材を用いているマットレスです。「ファイバー」とは、繊維状のポリエチレンを編んだ素材であり、体格や重さに合わせてフィットしてくれるのが魅力です。

 

繊維同士にはほどよい隙間が空いているため通気性も良く、夏・冬シーズンでの使用にもぴったりです。また、耐水性があることから、腰痛マットレスに用いられる素材のなかでも珍しい洗濯ができる素材として高く評価されています。

 

しかし、ファイバー素材は熱に弱く、高温のお湯での洗濯・ストーブの近くでの使用によって変形してしまう可能性もあるため、使用時には注意する必要があります。

取得しているSEKマークの種類で選ぶ

腰痛マットレスをはじめとした繊維製品のなかには、刺激性・耐久性・毒性などの様々な観点から審査し、一定の基準をクリアしたもの「SEKマーク」と呼ばれるマークが付いているものもあります。品質・安全性重視で選びたい人はよくチェックしておきましょう。

 

マットレスに採用されているSEKマークのなかでも多いのが「抗菌防臭加工」や「制菌加工」です。通称「SEK青マーク」「SEK橙マーク」とも呼ばれるこれらのマークは、繊維に付着した細菌の増殖を抑制する加工が施されています。

 

また「抗菌防臭加工」の方はこれに加えて、細菌による悪臭の発生を防ぐ加工がされています。長期間同じ腰痛マットレスを使いがちな人はもちろん「腰痛マットレスは手入れのしやすさで選びたい」という人におすすめできます。

マットレスのサイズで選ぶ

せっかく自分に合った腰痛マットレスを見つけても、人数・部屋のスペースに合わないと使いにくく感じてしまう場合もあります。そのため、購入前には「設置スペースに合っている科」や「何人で寝るのか」を考えたうえで必要な大きさを選ぶようにしましょう。

シングルサイズ

1人で腰痛マットレスを使用する時に最適なサイズといわれるのが「シングルサイズ」です。こちらのサイズは、縦195cm・横97cm程度のマットレスをいい、部屋の広さとしては最低4畳程度が目安となっています。

 

シングルサイズよりもさらに小さいものは「セミシングルサイズ」と呼ばれており、横幅が少々狭くなっているため、体格や寝姿勢に合わせて選ぶようにしましょう。

ダブルサイズ

腰痛マットレスは1人でゆったり使いたい人・2人で一緒に使う人におすすめなのが「ダブルサイズ」です。こちらのサイズは、縦195cm・横140cm程度のマットレスであり、部屋の広さとしては最低6畳が目安となっています。

 

体格によっては、2人でダブルサイズを使用する時に狭く感じる場合もありますので、体格や設置場所に応じて、さらに大きい「クイーンサイズ」や「キングサイズ」を選ぶのも良いでしょう。

 

クイーンサイズ以上になると、最低8畳の設置スペースが必要となりますので注意しましょう。

手入れのしやすさで選ぶ

「マットレスはいつでも清潔にしておきたい」という人におすすめなのが「手入れのしやすさ」をチェックすることです。

 

毎日使うマットレスは定期的に手入れをしないと、睡眠中の湿気・寝汗を吸い込んだままになり、カビ・菌が発生してしまう場合もあるため、腰痛マットレス自体の通気性の良さなどをしっかり見ておきましょう。

 

腰痛マットレスの中には、防カビ・抗菌仕様になっているものや、カバーを取り外して洗濯できるものもあるため、マットレスごとの仕様・機能性を確認しておくと良いでしょう。

寝姿勢で選ぶ

「新しいマットレスを使ったら腰が痛くなった」という人におすすめなのが「寝姿勢で選ぶ」という方法です。

 

店頭ではソファだけではなく、マットレスについても実際の使用感を体感することができる場合もあります。そんな時には実際に横になって腰回りのへこみ具合・柔らかさなどをチェックしてみましょう。

 

またマットレスで横になる際には「S字カーブの姿勢」ができるかどうかも見てみましょう。「S字カーブの姿勢」とは直立した時の背骨の形をいい、体が「く」の字になるなど、S字カーブが維持できない状態だと腰に負担がかかるため、正しい姿勢が保持できるか確認しましょう。

腰痛マットレスの人気ランキング10選

第10位

Tokyo Best Sleep Center

エムリリー ベッドマットレス シングル

価格:33,997円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低反発・高反発の両方の良さを兼ね備えたマットレス

低反発・高反発の両方のメリットを兼ね備えた『エムリリー』独自開発の「優反発」を採用しているこちらのマットレスは、身体とマットレスの間にすき間ができないため、睡眠中の腰・首への負担を軽減してくれるのが魅力的です。

 

また、マットレスは高反発オープンセルフォーム優反発フォームの二層構造になっており、通気性が非常に高いため、気温や湿度が高くなりやすい梅雨・夏シーズンでも快適に使用できます。

本体サイズ幅97×奥行き185×高さ11cm重量12.2kg
素材ウレタン
第9位

タンスのゲン

三つ折り 高反発マットレス

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カビ・臭いの防止が簡単にできる人気の高反発マットレス

リーズナブルな家具・寝具を展開するブランド『タンスのゲン』から登場したこちらの腰痛マットレスは、過度な沈み込みを実現したオリジナルのウレタンフォームを使用した高反発マットレスであり、腰・首などの寝起きで痛くなりやすい部分をしっかり支えてくれます。

 

マットレス自体はコンパクトな三つ折りになっているうえ、臭いを除去する「Wローリング加工」が施されているため、カビ・臭いの原因となる湿気の除去も簡単にできるのも魅力的です。

 

マンション・アパートなどの設置スペースが限られる場所での使用や一人暮らしにおすすめのマットレスです。

本体サイズ幅97×奥行き195×高さ5cm重量5.83kg
素材ウレタン
第8位

Shop Japan(ショップジャパン)

トゥルースリーパー プレミアケア

価格:26,784円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ショップジャパンの大ヒット商品がリニューアルして登場

アメリカ発の人気通販ブランド『ショップジャパン』における大ヒット商品であるこちらの腰痛マットレスは、従来の体圧分散力・抗菌・防カビ性能はそのままに、防ダニ仕様を加えたリニューアルモデルとなっています。

 

NASAが開発した低反発素材をヒントに開発した独自素材「ウルトラ・ヴィスコエラスティック」が体型・身体の凹凸に合わせて変形するため、身体を包み込むように快適な寝心地を実現しています。

本体サイズ幅97×奥行き195×高さ5cm重量5kg
素材ウレタン
第7位

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

ポケットコイルマットレス

価格:7,769円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安さと機能性を併せ持ったボリューミーなマットレス

厚み17.5cmというボリュームが魅力的なこちらの腰痛マットレスは、589個ものポケットコイルが効率良く体圧分散しつつ、背骨のカーブをキープしてくれるため、より楽な寝姿勢を実現することができます。

 

柔らかめの寝心地でありながら、マットレスのサイド部分には太めのガードサポートコイルが採用されているため、長期間使用しても型崩れしにくいという点が口コミでも高く評価されています。

 

価格もリーズナブルであるため「腰痛マットレスは安さで選びたい」という人におすすめです。

本体サイズ幅120×奥行き195×高さ17.5cm重量36.6kg
素材コイルスプリング
第6位

GOKUMIN

マットレス

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

竹炭のパワーで菌・カビ・ニオイに強いマットレス

「極上の眠り」をコンセプトとしている日本発の寝具ブランド『GOKUMIN』から登場したこちらのマットレスは、超高密度ウレタンフォームを採用しており、抜群の耐久性・なめらかな肌触りを実現しています。

 

また、マットレスに用いているウレタン素材には竹炭を配合しており、高い消臭・調湿・抗菌力により、睡眠中のストレスを軽減してくれます。

 

口コミでは腰痛に悩まされている人の感想も多く掲載されており「安価だけど、翌朝の体がスッキリしているのを感じる」「朝までぐっすり眠れる」と大人気のマットレスです。

本体サイズ幅95×奥行き195×高さ5cm重量3.7kg
素材竹炭入りウレタン
第5位

ニトリ

腰をしっかり支える3つ折りマットレス シングル

価格:5,990円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多彩な使い方ができる三つ折りマットレス

コストパフォーマンスの良い家具を多く展開するブランド『ニトリ』から登場したこちらの腰痛マットレスは、厚さ8cmのボリューミーなウレタンを使用しているうえ、中央部分が固めに作られているため、腰回りへの負担を軽減してくれるのが魅力的です。

 

マットレスは、そのまま使うのはもちろん、普段使っている敷きふとんの下に敷くことで、寝心地・ボリュームをアップさせることができるという点が口コミで人気です。使わない時には、コンパクトに折り畳んで収納できるため、一人暮らしにもおすすめです。

本体サイズ幅100×奥行き200×高さ8cm重量30.5kg
素材ウレタン
第4位

エアウィーヴ(airweave)

マットレス スマートZ シングル

価格:42,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い通気性でオールシーズン使いやすいマットレス

高い通気性を持ち、夏は蒸れにくく、冬は体温を逃しにくいという構造が特徴的なこちらのマットレスは、身体の動きに合わせてマットレスがフィットしてくれるため、寝起きの腰痛も軽減してくれるのが魅力です。

 

エアファイバーとポリエステルの二層構造で復元性が高いため、へたりにくいという点も口コミで評価されています。3分割のマットレスは頭・腰・足部分の素材を入れ替えて使うこともできるため「気分に合わせてマットレスの硬さを変えたい」という人におすすめです。

本体サイズ幅100×奥行き195×高さ9cm重量8.5kg
素材ファイバー
第3位

Magniflex(マニフレックス)

三つ折りマットレス

価格:33,858円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本人のライフスタイルに合わせて開発された世界的に人気のマットレス

トップアスリートも愛用する世界的寝具ブランド『マニフレックス』からリリースされたこちらの腰痛マットレスは、日本人の生活様式に合わせて開発した国内限定モデルであり、首・背骨のカーブを安定させることで、自然で心地よい寝姿勢を実現しています。

 

『マニフレックス』独自の高反発素材「エリオセル」を使用しており、高い体圧分散力を持ちつつ、温度変化によって形が硬さが変わらないという点が特徴です。

 

口コミでも安定した寝心地が高く評価されており「床に直接置いても大丈夫」「朝までぐっすり安眠できる」と大人気の腰痛マットレスです。

本体サイズ幅97×奥行き198×高さ11cm重量7kg
素材エリオセル
第2位

TEMPUR

フトンベーシック S

価格:27,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

睡眠中の寝苦しさ・腰痛などのストレスから解放してくれるマットレス

NASA認定素材を使用したこちらの腰痛マットレスは、日本の空間・環境に合わせて開発された薄型デザインが特徴であり、普段使っている敷きふとんと合わせて使うのはもちろん、畳やフローリングに直接置いても使いやすいのが魅力です。

 

『テンピュール』独自開発のテンピュール素材は、睡眠中の圧迫感を軽減してくれるため、寝苦しさ・寝起きに起こりがちな腰痛に悩まされている人におすすめできるマットレスといえます。

 

また、マットレスは立て掛けが可能であるため、外干ししなくても風通しの良い場所に立てるだけでカビ予防をすることができるうえ、使わない時には付属のバンドで丸めて収納できるため、使い勝手の良いマットレスを探している人にもぴったりです。

本体サイズ幅95×奥行き195×高さ6cm重量4.52g
素材高耐久性ベース・ライトテンピュール
第1位

モットンジャパン

シングル マットレス

価格:39,800円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

腰痛改善のために開発された人気のマットレス

日本人の体型に合わせて設計されたこちらの腰痛マットレスは「楽天リアルタイムランキング」のマットレス部門にて第1位を獲得するほどの高い人気を誇っており、腰痛対策の要といえる「寝返り」に注目した構造が特徴的です。

 

マットレス自体が高反発であるうえ、体圧分散にも優れており、睡眠時の自然な寝返りをサポートしてくれるため、肩まわり・腰への負担が少ないのが魅力といえます。

 

国内の老舗旅館・ホテルの客室にも採用されており、口コミにおいては「朝起きるのが苦にならなくなった」「背中の痛みが楽になって熟睡できるようになった」という絶賛の声が多く寄せられており、腰痛に悩まされている人におすすめのマットレスです。

本体サイズ幅97×奥行き195×高さ10cm重量7.5kg
素材ウレタン

腰痛マットレスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5061862の画像

    モットンジャパン

  • 2
    アイテムID:5061858の画像

    TEMPUR

  • 3
    アイテムID:5061847の画像

    Magniflex(マニフレックス)

  • 4
    アイテムID:5061808の画像

    エアウィーヴ(airweave)

  • 5
    アイテムID:5061784の画像

    ニトリ

  • 6
    アイテムID:5061782の画像

    GOKUMIN

  • 7
    アイテムID:5061781の画像

    アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

  • 8
    アイテムID:5061779の画像

    Shop Japan(ショップジャパン)

  • 9
    アイテムID:5061777の画像

    タンスのゲン

  • 10
    アイテムID:5061763の画像

    Tokyo Best Sleep Center

  • 商品名
  • シングル マットレス
  • フトンベーシック S
  • 三つ折りマットレス
  • マットレス スマートZ シングル
  • 腰をしっかり支える3つ折りマットレス シングル
  • マットレス
  • ポケットコイルマットレス
  • トゥルースリーパー プレミアケア
  • 三つ折り 高反発マットレス
  • エムリリー ベッドマットレス シングル
  • 特徴
  • 腰痛改善のために開発された人気のマットレス
  • 睡眠中の寝苦しさ・腰痛などのストレスから解放してくれるマットレス
  • 日本人のライフスタイルに合わせて開発された世界的に人気のマットレス
  • 高い通気性でオールシーズン使いやすいマットレス
  • 多彩な使い方ができる三つ折りマットレス
  • 竹炭のパワーで菌・カビ・ニオイに強いマットレス
  • 安さと機能性を併せ持ったボリューミーなマットレス
  • ショップジャパンの大ヒット商品がリニューアルして登場
  • カビ・臭いの防止が簡単にできる人気の高反発マットレス
  • 低反発・高反発の両方の良さを兼ね備えたマットレス
  • 価格
  • 39800円(税込)
  • 27000円(税込)
  • 33858円(税込)
  • 42120円(税込)
  • 5990円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 7769円(税込)
  • 26784円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 33997円(税込)
  • 本体サイズ
  • 幅97×奥行き195×高さ10cm
  • 幅95×奥行き195×高さ6cm
  • 幅97×奥行き198×高さ11cm
  • 幅100×奥行き195×高さ9cm
  • 幅100×奥行き200×高さ8cm
  • 幅95×奥行き195×高さ5cm
  • 幅120×奥行き195×高さ17.5cm
  • 幅97×奥行き195×高さ5cm
  • 幅97×奥行き195×高さ5cm
  • 幅97×奥行き185×高さ11cm
  • 重量
  • 7.5kg
  • 4.52g
  • 7kg
  • 8.5kg
  • 30.5kg
  • 3.7kg
  • 36.6kg
  • 5kg
  • 5.83kg
  • 12.2kg
  • 素材
  • ウレタン
  • 高耐久性ベース・ライトテンピュール
  • エリオセル
  • ファイバー
  • ウレタン
  • 竹炭入りウレタン
  • コイルスプリング
  • ウレタン
  • ウレタン
  • ウレタン

まとめ

多くの人が日常生活の中で抱えている悩みの1つである「腰痛」ですが、今回ご紹介したマットレスのように、腰痛に悩む人をサポートしてくれる性能・特徴を持った腰痛マットレスは他にもたくさんあります。ぜひ腰痛マットレスを使って、快適な眠りを実感しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ