記事ID138311のサムネイル画像

【急な雨でも安心】防水リュックのおすすめ人気ランキング10選

最近、バッグに代わって人気のリュック。両手が空いて便利だし、ファッショナブルなものも増えてきています。ですが、水に弱いのが玉に瑕。その悩みを解決してくれるのが、防水リュックです。ここではそんな防水リュックについて、上手な選び方とおすすめ商品を紹介していきます。

防水リュックは二種類ある

急な雨やアウトドアに対応できるので、最近人気の防水リュック。天候を気にせずガンガン使えますし、荷物もたくさん入るものが多いですから、多くの支持を得るのも納得です。ビジネス界では、バッグの需要を横取りし始めているのだとか。

 

そんな防水リュックですが、実は防水性によって二つのグループに分けられるのです。防水か、完全防水か。と言っても、どちらも普通のバッグに比べれば圧倒的な防水性を誇ることは変わりません。どちらが、よりプロユース向けかということだけです。

 

防水と完全防水の違いは後の項で説明いたしますが、どちらの仕様であっても防水性に不安はなく、従来のバッグに比べて格段に実用的なのははっきりしています。頑丈さも段違いですし、防水リュックは今や必需品になろうとしています。

防水リュックの選び方

防水リュックは様々なメーカーから多様なラインナップをもって販売されていますから、選ぶ際に迷うのは当たり前。ですがそれを避けるためにも、ここで上手な選び方について学んでおきましょう。

タイプで選ぶ

前の項で紹介した内容と少し被りますが、防水リュックは二つの種類に分けられます。仕様と、そこから来る防水性を見て行くことで、その違いを明らかにしていきましょう。

スタンダードなジッパータイプ

メインの開口部がジッパーになっている防水リュックは、ジッパータイプに分類できます。シンプルな構造を取るので開け閉めがしやすく、価格も控えめになりますから、使いやすく買いやすいタイプと言えるでしょう。

 

このタイプは、防水性が「防水」になっていることがほとんどです。ジッパー部分から浸水する製品があるから、とのことなのですが、最近のジッパータイプはジッパー部分にも防水加工がされていますから、それほど心配はありません。

 

多くの方が普通のリュックやバッグで慣れ親しんでいるタイプですので、日常的に使いたい方や初心者の方には、このジッパータイプをおすすめします。比較的安価なので、予算を抑えたい方にもおすすめ。

荷物をしっかり守るロールトップタイプ

メインの開口部が巻き上げて留めるタイプになっている防水リュックは、ロールトップタイプに分類できます。登山ザックに多く見られるタイプで、より頑丈にできており、アウトドアユースに向いています。

 

このロールトップタイプの防水性は「完全防水」とされていることがほとんどです。ホースで水をかけたくらいでは全く浸水しませんから、大事な荷物を入れておくにはもってこいですし、タフな使い方にもしっかり応えてくれます。

 

アウトドアレジャーを楽しみたい方や頑丈な防水リュックが欲しい方には、このロールトップタイプのものをおすすめします。また、見た目が本格派なので、ワイルドなファッショングッズとしても一面もこおタイプの防水リュックにはあります。

容量で選ぶ

防水リュックは運搬グッズですから、やはりその容量は選ぶ際に欠かせない要素になってきます。とはいえ、用途によっては大きければ良いというものでもありません。ここで、よく見ておきましょう。

使いやすい16L未満

16L未満の容量を持つ防水リュックは、幅も高さも小さなことが多く、持ち運びが非常に用意であることが特徴です。かさばることが少なく、かつ防水リュックとしての性能はしっかり備えていますから、実用面での不安はありません。

 

日常使いのシーンで活躍させやすいことはもちろん、アウトドアに持って行っても、荷物が多くなければ十分役立ってくれるサイズです。軽量かつ安価なことが多いので、購入を検討しやすいこともメリット。

 

毎日の移動の際に防水リュックを使いたいという方や、腕力に自信の無い女性やお年寄りの方には、この16L未満の容量の製品をおすすめします。また、小型だけにデザインが凝縮されており、背中からはみ出さないので、ファッション性を優先する方にもおすすめ。

スタンダードな16~20L台

16から20L台の防水リュックは、リュックとしての平均的なサイズということもあり、各メーカーが最もラインナップを厚くしているクラスです。積載性と持ち運びやすさを両立しており、バランスの良いリュックが多いのが特徴と言えます。

 

普段使いとアウトドアの両方で、大いに役立ってくれるサイズです。街中で背負っていても不自然ではない大きさですから、少し多めの買い物をしに自転車で出かける時などは、特に重宝します。

 

普通のリュックとしての用途を防水機能付きで十分過ぎるほど満たしてくれます。ですので、特に何かこだわりがあるのでなければ、防水リュックを検討する際にはまずこのサイズのものを検討することをおすすめします。

タフなシーンで活躍する30L以上

30L以上の大容量を誇るモデルになりますと、造りが一層頑丈になり、防水性も大幅にアップして、ジッパータイプでも完全防水に近い防水性を実現するものが出て来ます。見た目も大型でパワフルですし、重量もヘビー級なことが多いのが特徴です。

 

このクラスの防水リュックは山や川、海などで過ごすアウトドアレジャーでの使用を想定して作られていることが多いので、過酷な環境下での耐久性が抜群です。一方、ファッション性の高いものも最近では見られるため、街中で普段使いする方も大勢いらっしゃいます。

 

基本的にこのサイズの防水リュックはアウトドア用ですから、アウトドアスポーツを楽しみたい方におすすめと言えます。しかし、そのワイルドな外観の男らしさは街中でも映えますから、デザイン次第では普段使いにもおすすめできます。

 

 

素材で選ぶ

防水リュックに使われる素材は、基本的には人工繊維がほとんどです。ナイロンやポリエステルといったところでしょうか。耐摩耗性・耐引裂性に優れ、防水性も簡単に高められるからでしょう。大量生産に向きますので、本革などと比べてコスパにも優れます。

 

メーカーやブランドによっては、こうした優れた性質を持つ人工繊維に、さらにオリジナルのレシピで丈夫さや防水性を底上げしている製品をラインナップしているところもあります。例えば、背中側に速乾性の生地を使っている、などです。

 

より頑丈な防水リュックを求めている方や、妥協せず防水リュックを入手したい方は、素材で選ぶのが良いでしょう。結果的にオーバースペックだったとしても、買い物の後には満足感が得られますし、高い実用性は備えているだけで保険になります。

用途で選ぶ

防水リュックは様々なシーンで活躍してくれますが、やはり用途を絞った方が購入時にはスマートにことが運びます。ここでは、用途別に防水リュックの選び方を見て行きましょう。

通勤・通学がメインの場合

通勤・通学がメインの用途の場合、まずはコンパクトなサイズを選ぶのがおすすめです。容量で言えば、16L~20Lくらいのものでしょうか。防水リュックとしては小さな部類に入りますが、鞄であると考えれば十分過ぎる容量と言えます。

 

防水性に関しては、水没する可能性などは低いでしょうから、完全防水でなくても問題ないでしょう。ロールトップタイプを無理に選ぶ必要は無く、ジッパータイプで十分です。また、ジッパータイプには後付けの防水カバーが付いていることもあります。

 

防水リュックを通勤・通学に使うのでしたら、重量も大きな要素になってきます。歩いたり自転車に乗ったりと小刻みな移動を強いられるでしょうから、できるだけ軽い防水リュックを選ぶことをおすすめします。

登山などのアウトドアに使う場合

登山などのアウトドアに防水リュックを連れ出す場合は、できるだけ容量の大きめなものを選ぶのがおすすめです。具体的には20L以上、理想は30L以上でしょうか。着替えや寝袋、時には簡易テントも詰めた上で、非常時用のグッズを入れる余裕も欲しいからです。

 

防水性に関しては、天候の急変や水没に備え、完全防水のモデルを選ぶことをおすすめします。ロールトップタイプの多くは完全防水設計なため、このタイプの防水リュックを狙って行けば防水性は間違いないでしょう。

 

過酷な山道を長時間歩き続けるなどのタフな環境を想定して、ベルトや背中のパッドが厚く柔らかいモデルを選ぶのもおすすめです。中にはパッドに蒸れにくい素材を使っているものもありますし、目当てのモデルがあれば実際に背負ってみると良いでしょう。

 

 

メーカー・ブランドで選ぶ

防水リュックを販売しているメーカーやブランドはとても多いのですが、その国籍はアメリカが圧倒的に多く、その次がドイツや北欧、中国も続きます。防水リュックはそこまで安い買い物ではありませんから、きちんとしたメーカーの物を選びたい方は続出しています。

 

防水リュックは基本的にアウトドアスポーツの世界から持ち込まれたものですから、メーカーやブランドはアウトドアグッズをメインに扱っているところを選ぶと、満足のいく買い物ができそうです。

 

メーカー・ブランドで防水リュックを選ぶのは、良い買い物をしたい・安心して同じ商品を使って行きたいと考える方におすすめです。また、有名メーカーの方がラインナップが豊富で、好みのタイプの製品がはっきりしている方にもおすすめできるでしょう。

防水リュックの人気ランキング10選

第10位

クローム

バラージカーゴ

価格:16,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目もおしゃれな完全防水

こちらは、サイクリストをターゲットに開発された完全防水リュックです。背面に厚いテープで囲われたスペースがあり、そこいヘルメットを収納することが可能。本体両脇には水抜き穴を備えたポケットがあり、ペットボトルを入れておけます。

 

サイクリスト用のリュックということで、突然の雨にも対応できるよう、完全防水設計となっています。ジッパー部分も防水加工されていますから荷物が濡れる心配は無く、ベルトにも水が浸みないので嫌な臭いも出ません。

 

当然、サイクリストの方におすすめの防水リュックなのですが、スタイリッシュな外観はタウンユースにも向きますので、男っぽいおしゃれをリュックを使って楽しみたい方にもおすすめです。アウトドアスペックなので、使い倒せます。

幅×高さ×マチ25×53×14cm重量1.1kg
容量22L素材ナイロン
防水性完全防水タイプロールトップ
第9位

THE NORTH FACE

ヒューズボックス2

価格:15,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気ブランドの大容量モデル

こちらは、アウトドア用品の人気ブランド「ノースフェイス」の防水リュックです。30Lの大容量モデルで、ロングセラーとなっています。シンプルな構造のリュックなので、普段使いに最適。背負いやすい形なのも特徴です。

 

型崩れに強いボックス型の防水リュックなので置き場所に困りませんし、開口部が大きいので荷物をどんどん詰められます。カラーバリエーションが12色と非常に多く、ファッション性を重視して服とのコーディネイトの観点から選んでも良いでしょう。

 

シンプルで使いやすい防水リュックを探している方や、伝統のあるブランドの商品に安心感を覚える方におすすめの防水リュックです。背面に描かれた大きなロゴと、色の組み合わせによって、おしゃれなバッグの代わりにできたりもします。

幅×高さ×マチ33×46×15cm重量1.01kg
容量30L素材ポリエステル
防水性防水タイプジッパー
第8位

アークテリクス

アロー22]

価格:22,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュさが自慢

こちらは、非常にデザイン性に優れたアークテリクスの防水リュックです。アウトドアでも十分に使える耐久性と防水性を持ちながら、見た目はあくまでもタウンユース用のリュックですから、普段使いをためらう必要はありません。

 

縦に長くボトムが横に広いという、わかりやすい格好の良さが自慢で、背負ってる人をダサく見せるということがありません。また、底が広いだけに重心が低く、背負っている時の負担はだいぶ軽減してくれます。

 

この防水リュックは背中の接する部分が狭く、そこがスタイリッシュさの要です。特にバイクや自転車を持っている方には、その見た目の良さからぜひおすすめ。シックな色を選べば、子どもっぽさが出るのを防いでくれる効果もあります。

幅×高さ×マチ35.5×53.5×16.5cm重量1.11kg
容量22L素材ナイロン
防水性防水タイプジッパー
第7位

クローム

アーバンEX ロールトップ

価格:15,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで完全防水

こちらは、扱いやすいコンパクトな防水リュックです。コンパクトとはいっても18Lの容量がありますから、荷物は十分詰められますし、完全防水設計ですので急な雨にもしっかり対応します。薄いので、荷物を入れていなくても邪魔になることはありません。

 

幅が狭いので小柄な方でも無理なく背負うことができ、外ポケットがロールトップ部分についているので小物類はここに入れておけばすぐに取り出せるなど、非常に実用性の高い設計になっているのも特徴です。

 

クロームの防水リュックに共通して言えることですが、スタイリッシュなもの大きなメリット。高い実用性とデザイン性を両立していますので、特に女性の方におすすめの防水リュックと言えます。

幅×高さ×マチ25×56×15cm重量0.7kg
容量18L素材ナイロン
防水性完全防水タイプロールトップ
第6位

オルトリーブ

パックマンプロ2

価格:17,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミドルサイズの万能リュック

この防水リュックは、25Lとミドルサイズの容量を持ちながら、アウトドアから街中での普段使いまで、幅広い用途に対応しています。ヘルメットホルダーを備えながら、小物を入れるのに活躍する外ポケットもしっかり装備しているのはその現われでしょう。

 

背中側とベルトの裏側には、通気性の良い独自素材を採用しているため、長時間背負っても不快な蒸れが生まれづらいのも忘れてはならないメリット。夏場の通勤時や長距離ツーリングの時などに、活躍してくれること請け合いです。

 

屋外を長時間移動することが多いビジネスマンの方や、自転車・バイクでの遠出が趣味な方に特におすすめしたいモデルです。快適かつ実用的なので、オン・オフ問わず役に立ってくれることでしょう。

幅×高さ×マチ28×47×15cm重量1.02kg
容量25L素材ナイロン
防水性完全防水タイプロールトップ
第5位

グレゴリー

ピアポント

価格:30,802円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

背負い心地の良いミドルサイズの防水リュック

通常のナイロンに加え、メランジ織TPUコーティングを施した特殊素材を表裏に使用することで独特のルックスを実現しているこの防水リュック。カバーラップが大きいため、ジッパータイプとしては破格の防水性を誇ります。

 

グレゴリーのリュックの特徴としてその圧倒的な背負いやすさがありますが、このモデルでもそれは健在。アウトドアはもちろんのこと、内側にPCを収納できるスリープも付いていますから、ビジネスユースにもしっかり対応しています。

 

アウトドアを楽しみたい方はもちろん、周りと少し違ったビジネス用の防水リュックを探している方にもおすすめです。カラーバリエーションも豊富ですから、ファッションに合わせて選ぶのも良いでしょう。

幅×高さ×マチ33×51×17cm重量1.15kg
容量20L素材ナイロン
防水性防水タイプジッパー
第4位

クローム

フォートナイト2

価格:28,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンダードな大容量タイプ

こちらの防水リュックは、40Lの大容量を備えるクロームの主力製品の一つです。一人での旅行用であれば一週間分の荷物を詰め込むことが可能で、寝袋やダウンジャケットを収納できるほど開口部も広く、加えて頑丈なので存分に使い倒すことができます。

 

これぞリュックサック、というシンプルな外見も、このモデルの大きな特徴の一つ。目立たない防水リュックを普段使いしたいという向きにも受け入れやすい製品と言えるでしょう。もちろん、迷彩柄などカラーバリエーションも豊富ではありますが。

 

屋外で寝泊まりするようなワイルドな旅行を好む方にはもちろん、大容量の防水リュックが欲しいけれど目立ってしまうものは避けたい、という方にもおすすめの製品です。シkックな見た目なので、どんな場面にもマッチしてくれます。

 

 

幅×高さ×マチ33×52×18cm重量1.6kg
容量40L素材ナイロン
防水性防水タイプジッパー
第3位

ベルーフ

フィールダー13

価格:21,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこにでも連れ出せる安心の国産防水リュック

この防水リュックは、日本のブランドが展開するラインナップの中の一つで、生産国も日本。安心と信頼の国産品です。容量が13Lと控えめな代わりに、背中からはみ出さないサイズと500gを切る圧倒的な軽さが魅力となっています。

 

防水性はしっかり確保されていますし、内側にはストレッチ素材を使用したポケットを備えるなど、国産ならではのかゆい所に手の届く設計が嬉しい逸品です。荷物がそれほど多くないなら、普段使いにもレジャーにも十分対応してくれます。

 

コンパクトな防水リュックが欲しい全ての方に、最初におすすめしたいモデルです。非常に軽量ですから、女性やお年寄りにも自信を持っておすすめできます。13Lと言っても普通のバッグとは比べ物にならない大容量ですから、実用性もばっちりです。

幅×高さ×マチ26×50×15cm重量0.35kg
容量13L素材ナイロン
防水性防水タイプジッパー
第2位

オルトリーブ

メッセンジャーバッグ 39L

価格:13,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日常使いできる大容量防水リュック

39Lもの大容量を誇りながら、タウンユースも軽々できてしまう防水リュックのご紹介です。製品名にもなっているメッセンジャーバッグというのは自転車配達員の使うバッグのことですから、つまりは持ち運びに向いているという意味なのです。

 

背面に丈夫な素材が使われているので、A3サイズの書類を入れても折り曲がりません。また、ショルダーパッドが丈夫かつソフトですから、重たい荷物を入れても肩に負担がかかりづらいのも嬉しいポイント。

 

日常的に多くの荷物を持ち運びする必要のある方には、ぜひおすすめしたい防水リュックです。海外ではプロのメッセンジャーから圧倒的な支持を集めているということですので、その品質は折り紙付きと言って良いでしょう。

幅×高さ×マチ39×50×15.5cm重量1.3kg
容量39L素材ナイロン
防水性完全防水タイプロールトップ
第1位

クローム

ヤルタ 2.0

価格:10,584円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強の完全防水リュック

30Lの容量を備え、かつ1kg程度と軽量な設計になっているこの防水リュック。耐摩耗性・耐引裂性の高さに特化した素材を使用しながら、1万円台そこそこという圧倒的なロープライスを誇ります。防水リュックの中で、コスパはまさにダントツです。

 

大きな開口部を持つ使いやすいメインスペースの他に、ジッパーで閉じることのできるPC用のポケットを備えており、ビジネスユースにもしっかり対応。もちろん頑丈設計ですから、アウトドアに連れ出しても何の心配もいりません。

 

シンプルな見た目はどんなシーンでも浮かずにいてくれますから、防水リュックを選ぶ際にコスパを優先する方にはぜひおすすめしたいモデルです。その気になれば寝袋も収納できる実力がありますが、ぺたんこにして背負っているだけでも十分様になります。

幅×高さ×マチ34×53×19cm重量1.15kg
容量30L素材ナイロン
防水性完全防水タイプロールトップ

防水リュックおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5061194の画像

    クローム

  • 2
    アイテムID:5061179の画像

    オルトリーブ

  • 3
    アイテムID:5061165の画像

    ベルーフ

  • 4
    アイテムID:5061153の画像

    クローム

  • 5
    アイテムID:5061139の画像

    グレゴリー

  • 6
    アイテムID:5061127の画像

    オルトリーブ

  • 7
    アイテムID:5061119の画像

    クローム

  • 8
    アイテムID:5060947の画像

    アークテリクス

  • 9
    アイテムID:5060946の画像

    THE NORTH FACE

  • 10
    アイテムID:5060938の画像

    クローム

  • 商品名
  • ヤルタ 2.0
  • メッセンジャーバッグ 39L
  • フィールダー13
  • フォートナイト2
  • ピアポント
  • パックマンプロ2
  • アーバンEX ロールトップ
  • アロー22]
  • ヒューズボックス2
  • バラージカーゴ
  • 特徴
  • コスパ最強の完全防水リュック
  • 日常使いできる大容量防水リュック
  • どこにでも連れ出せる安心の国産防水リュック
  • スタンダードな大容量タイプ
  • 背負い心地の良いミドルサイズの防水リュック
  • ミドルサイズの万能リュック
  • コンパクトで完全防水
  • スタイリッシュさが自慢
  • 人気ブランドの大容量モデル
  • 見た目もおしゃれな完全防水
  • 価格
  • 10584円(税込)
  • 13980円(税込)
  • 21600円(税込)
  • 28080円(税込)
  • 30802円(税込)
  • 17500円(税込)
  • 15120円(税込)
  • 22480円(税込)
  • 15800円(税込)
  • 16000円(税込)
  • 幅×高さ×マチ
  • 34×53×19cm
  • 39×50×15.5cm
  • 26×50×15cm
  • 33×52×18cm
  • 33×51×17cm
  • 28×47×15cm
  • 25×56×15cm
  • 35.5×53.5×16.5cm
  • 33×46×15cm
  • 25×53×14cm
  • 重量
  • 1.15kg
  • 1.3kg
  • 0.35kg
  • 1.6kg
  • 1.15kg
  • 1.02kg
  • 0.7kg
  • 1.11kg
  • 1.01kg
  • 1.1kg
  • 容量
  • 30L
  • 39L
  • 13L
  • 40L
  • 20L
  • 25L
  • 18L
  • 22L
  • 30L
  • 22L
  • 素材
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • 防水性
  • 完全防水
  • 完全防水
  • 防水
  • 防水
  • 防水
  • 完全防水
  • 完全防水
  • 防水
  • 防水
  • 完全防水
  • タイプ
  • ロールトップ
  • ロールトップ
  • ジッパー
  • ジッパー
  • ジッパー
  • ロールトップ
  • ロールトップ
  • ジッパー
  • ジッパー
  • ロールトップ

まとめ

いかがでしたか。防水リュックと一口に言っても、その種類やサイズ・仕様はさまざまですから、購入の前にはその用途についてしっかり考えることが大切です。色々な知識を集めてよく吟味して、ぜひお気に入りの一品を見つけて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ