記事ID138293のサムネイル画像

【生き生き元気に育つ】サボテンの土おすすめ10選

サボテンは、比較的水やりの頻度が少なく育ちやすい人気の植物です。しかし、いざ鉢に植えてみようというときに意外と悩むのが土作り。本記事では、市販で販売している土のおすすめ商品を紹介します。サボテン選び方のコツにも触れるので、興味のある方はぜひお読みください。

初心者でもトライしやすい!サボテンを育てよう

初心者でも気軽に始められて育てやすい多肉植物栽培が人気を集めています。なかでも、サボテンは大注目株。近年は、オーソドックスな品種であれば100円ショップなどでも手に入るようになりました。
 
一度定植すれば水やりの頻度も少なく比較的楽に栽培できますが、初心者の方で最もつまづきやすいのが土作りの部分。土がサボテンに合っていないと、しっかり根が張るまでに時間がかかってしまい最悪のケースでは枯れることもあります。
 
そこで、本記事ではサボテンに適したおすすめの土をご紹介。土作りをマスターして、楽しいサボテン栽培に挑戦してみましょう。

サボテンのための土の選び方

サボテンにとってよい土とは、根に優しいもののことです。植物にはそれぞれ、過ごしやすい環境があるので、それに沿った土を用意することが元気に育てるコツとなります。

通気性のよい土を選ぶ

サボテンは、土がずっと湿っていることを嫌う性質のある植物です。ですから、排水性が高く通気のよい土を選ぶことがおすすめ。土が湿り続けていると根腐れなどの病気の原因となります。

土一粒ずつの大きさをチェック

土を購入する前に、土の粒子がどの程度の大きさであるか確認しておきましょう。大方の製品は、袋を開けなくても透明にデザインされた窓のような部分がありそこから確認できます。
 
一粒ずつが小さいほど保水性が高い、つまり水がはけにくい性質であるということができます。ですから、粒はやや大きめのものを選ぶことが大切。粒子がはっきりと確認できる程度、おおむね1.5mmくらいのサイズのものがおすすめです。
 
定植したい株が比較的大きなものであれば、2mm~5mmくらいの大きさの土を使っても問題ありません。これによって土の間に細かい隙間が生じ、水の通り道ができるので、適度に根への水分補給ができる環境が整います。

粒の形をチェック

土の粒は、できるだけ形がそろっているものがおすすめです。土の中にできる隙間が一定の間隔になることが考えられるため、より排水性、通気性の面で優れた環境を作ることが可能。  

 

粒が不ぞろいのものはサボテンを植え付けるときにグラグラしたり、傾いてしまう要因にもなります。サボテンは頭が大きく育ちますから、成長後に倒れてしまわないようにしっかり植え込むことが必要です。

 

早期のうちに根を安定させ、元気に育てるためにはできるだけ粒がそろった土を選んで植え付けを行いましょう。

鉢底石をチェック

鉢底石というのは、文字通り鉢の底に敷く石のことです。鉢の通気性をよくする目的で、石単体で販売されています。

 

水やりのとき余分な水気が停滞しづらくなるので、忘れずに敷いておきましょう。また、プラスチックやアルミといった、軽い鉢を安定させることができるので、風のある日の転倒を防ぐ目的にも役立ちます。

 

鉢底石は、ホームセンターやドラッグストア、100円ショップなどで入手可能です。使う量は鉢の大きさによってまちまちですが、鉢の底がおおむね隠れる程度まで敷いておけば問題ありません。

 

 

適切な保水ができる土を選ぶ

先の項目で通気性のよい土を選ぶことが大切とご紹介しました。しかし、ではずっと乾いていてもよいのかというとやはりそれには問題があります。特に、サボテンの成長期である春や秋には根が水を吸い上げる速度が速くなり、土の保水性が必要です。

観葉植物用の土をチェック

市販のサボテン用土は、基本的に水はけのよさを重視してブレンドされています。サボテンは水やりの頻度が少ない植物ですが、言い換えれば根腐れしやすい植物であるとも考えられ、まずはそれを避けることが最も重要であると言えるからです。  

 

しかし、あまり水はけがよすぎると今度は土が早く乾きすぎます。観葉植物用の土であれば、適度な保水性があるのでおすすめ。  

 

用途が違うとうまく育たないのでは、と考えがちですが、実際のところ観葉植物用の土とサボテンの土には共通点が多くほとんど問題なく育てることが可能です。ただし、排水性のよいものを選んでサボテンの植え付けを行ってください。

保水材をチェック

保水に適した材料を、自分で土に混ぜ込むという方法もあります。サボテンの植え付けであれば、バーミキュライトという材料が代表的です。バーミキュライトとは、天然石のひとつひる石を原材料として作る鉱物の一種。

 

バーミキュライトを使用することで、土中の保水、排水のバランスを適切に整えることが可能。また、土の温度を一定に保つ効果もあるため、植物を適切に生育するのに大いに役立ちます。

 

使い方としては、土全体の20%~50%程度混ぜるだけ。簡単ですが、ある程度勘所も必要になります。できるだけ、ある程度経験を身に着けてから行うことをおすすめします。

根腐れ防止剤が入った土をチェック

特に観葉植物用の土や、それ以外の土を使うときにぜひ確認してほしいのが、根腐れ防止剤の有無です。根腐れは水のあげすぎなどで起こる病気の一種で、重くなると植物を枯らしてしまう原因になります。

 

根腐れ防止剤のなかで、とりわけ代表的なのはゼオライト。ゼオライトとは、沸石(ふっせき)と呼ばれる天然石の一種です。土壌のpH値をサボテンが好むアルカリ性に整える効果も期待できるので、土選びの際には覚えておくと便利です。

 

市販のサボテン用土には最初からブレンドされている製品が多くあります。もし含まれておらず、他の根腐れ防止剤も配合されていなければ、全体の0.5%程度の割合でゼオライトを足してみてください。

 

根腐れ防止剤が加えてあることを明示してある土であれば、そのまま使うことができます。この場合は、別途ゼオライトを加える必要はありません。

肥料が含まれた土を選ぶ

市販の土には、肥料を加えて販売しているものがあります。こうした製品を使うと、元肥を与える必要がないため大変便利です。

肥料入りの土に植え付けできる時期をチェック

肥料入りの土は、初めて植物を育てる方には難しいところが少なくおすすめです。 しかし、サボテンは元々あまり多くの肥料がある環境を好みません。肥料がなければ大きく育てることはできませんが、生育期以外の時期にあまり多くの肥料があると枯れてしまいます。

 

そのため、肥料入りの土を使うときには植え付けの時期を確認することが必要。春と秋がオーソドックスですが、種類によっては他の季節が適していることもあります。まずは、育てたいサボテンの生育環境をよく調べておきましょう。

 

サボテンの植え付けや植え替えに適していない時期は避け、育ちやすい環境を整えることが大切です。

自分で与える肥料もチェック

肥料が含まれない土を植え付けに使う場合は、自分で肥料をあげてみましょう。サボテンは、基本的にゆっくりと効く緩効性のものを好みます。

 

化成肥料を鉢の外側に置いて使うなどするのがおすすめ。。購入する際、製品の裏書で緩効性であることを確認してください。土同様、肥料もホームセンター等で入手可能です。

 

サボテンの土人気ランキング10選

第10位

花ごころ

多肉植物&ミニ観葉の土

価格:775円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サボテンにも観葉植物にも使える

水はけに優れた土です。サボテンを初めとする多肉植物全般と、小さく育てる観葉植物の植え付け、植え替えに使うことができます。

 

サボテンだけでなくほかの多肉植物も育ててみたい、観葉植物にも興味がある、という方にはぜひおすすめしたい製品です。土が余ってしまっても、他に回すことができるので便利に使うことができます。

 

ある程度の保水力があるため、土が乾くまでは頻繁に水やりをする必要はありません。また、肥料も加えてあるため、この土と鉢、鉢底石のみ用意すれば植え付けを行うことができます。価格がやや高めであることを除けば、初心者にも中級者以上にもおすすめできるよい製品です。

通気性良好根腐れ防止剤入り
肥料入り保水性良好
第9位

刀川平和農園

サボテン・多肉植物の培養土

価格:1,432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くて大容量

大型サボテンを育てる方や、挿し木や株分けでサボテンを増やしたいと考える方におすすめの土。大容量でたっぷりと使えるのが魅力です。一袋1432円(2019年7月現在amazon)とやや高額に感じるところがありますが、10ℓも入っているとなれば納得。

 

一般的なサボテン用土は2ℓ入りで販売されていることが多いのでこれを基準に算出してみます。すると、2ℓあたりおおよそ286円~程度で買えることになりコストパフォーマンス。費用面を重視したいときには、ぜひおすすめしたい製品です。

 

土や軽石などをバランスよくブレンドし水はけや通気性も良好と、肝心の品質も優れています。原料はほぼ熱処理をしてあるためサボテンの病気なども防ぐことが可能。ゼオライトの配合はありませんが、木炭が配合されていることで根腐れを防止することができます。ただし、保水力はあまりないため、特に夏場には水枯れしないよう注意してください。

通気性良好根腐れ防止剤入り
肥料入り保水性低い
第8位

花ごころ

さぼてん多肉植物の土

価格:255円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きのコスパで使い勝手抜群

特に小さなサボテンを育てたい方におすすめの土です。土の粒が小さめにブレンドされているので、小さめのサボテンをグラグラさせずにしっかり植え込むことが可能。軽石などもブレンドされており、根を詰まらせず生き生きと育ちます。

 

また、材料にバーミキュライトが含まれているので適度な保水性にも期待できるでしょう。定植時だけでなく、植え替えのとき、サボテンを殖やすときなどオールマイティーな出番が望めます。水はけや通気性の状態も至って優良。肥料の配合はないため、別途用意してください。

 

サボテン用土のなかではオーソドックスな製品ですから、初心者の方にも勝手よく使えます。リーズナブルな価格設定も大きな魅力のひとつです。

 

 

通気性良好根腐れ防止剤入り
肥料なし保水性あり
第7位

グリーンプラン

サボテン・多肉植物の土

価格:583円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性をトップにバランスのよいブレンド

グリーンプランの「サボテン・多肉植物の土」は大変バランスの取れたブレンドです。土のなかに酸素が通る穴ができるよう、多孔質な素材が配合されているなど通気性抜群。根腐れの防止を一番に考えたい方には特におすすめできる製品です。

 

土内にはバーミキュライトの配合もあり極端な乾燥を防ぐことも可能。至ってバランスがよく、使いやすい土という印象です。他に、根腐れ防止剤としてゼオライト、緩効性の肥料など必要な材料がしっかりとミックスされています。

 

低価格帯の土と比較するとやや高額になるのがネックと言えばネックですが、鉢底石以外のものはすべて土に含まれていると考えるとコスパは悪くありません。初心者の方を中心に幅広いガーデナーに使いやすい製品です。

通気性良好根腐れ防止剤入り
肥料入り保水性良好
第6位

サンアンドホープ

サボテン多肉植物の土

価格:377円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きく育つサボテンに

本製品は、土の粒が大きめの配合です。そのため、小さく育つサボテンやサボテン苗を植え付けるにはやや不向き。根がしっかり覆えず、グラついてしまいます。どちらかと言うと、大きめのサボテンに向いた土です。もし、この土に小さなサボテンを植えたい場合は、事前に土をふるいにかけて粒を細かく整えてください。

 

使い心地は通気性に大変優れ、湿気がこもりにくいブレンドという印象。根腐れ防止剤のゼオライトや緩効性の肥料も配合されており、必要十分な土に仕上がっています。ただ、保水性は弱め。

 

土の中がすぐに乾燥しやすいので、水枯れしないよう注意しておく必要があります。特に、春~夏の気温が高い時期は気を付けてください。慣れている方は、バーミキュライトをブレンドして土を作るのもおすすめです。

 

 

 

 

通気性良好根腐れ防止剤入り
肥料入り保水性低い
第5位

ハイポネックス

サボテン・多肉・観葉植物の土

価格:1,468円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サボテンと観葉植物両用

肥料で有名なハイポネックス社が販売する、サボテン、観葉植物用土です。特筆すべきは、同社が開発した活力剤「リキダス顆粒」がブレンドされている点。リキダス顆粒は、根の生育や傷の再生を助ける働きを持っています。

 

植物がすくすくと元気に育つ助けになるため、あると大変便利。土内の養分を吸収しやしくなることも注目したい点のひとつです。特別、根腐れ防止剤のブレンドはありませんが、水やりの頻度に気を付ければある程度防止することが可能。

 

心配な場合は、本製品にゼオライトをブレンドしてみてください。通気性は良好、緩効性の肥料も配合されています。

 

通気性良好根腐れ防止剤なし
肥料入り保水性低い
第4位

瀬戸ヶ原花苑

サボテン・多肉植物専用培養土

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サラッとした使いやすい土

原材料のベースとなっている軽石や土などはすべて焼成処理をほどこしてあり、サボテンの病気や雑草、カビ等に配慮されています。pH値も、サボテンが好む環境に整えてあるため安心。

 

軽石の細かい粒や、多孔質の材料でサラッと粒のそろった用土に仕上がっています。緩効性の肥料もバランスよく加えてあるため、健全な成長を期待できるでしょう。根腐れ防止剤にはゼオライトを配合し、必要十分。

 

特別なブレンドをしなくてもそのまま使えるため、初心者の方に向いています。定植時のほか、植え替え、増殖時にもおすすめです。

通気性良好根腐れ防止剤入り
肥料入り保水性良好
第3位

刀川平和農園

サボテンの培養土

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長く使えるバランス型

サボテンは定期的な植え替えを必要とする植物です。鉢の大きさにもよりますが、頻度は1年~3年ごと。1年程度ではあまり心配ありませんが、2年以上になると土の劣化が気になってきます。

 

土の形が崩れてしまうと、通気性が悪くなったり水はけに悪影響を及ぼしたりといいことなし。しかし、本製品はある程度長期間の使用でもしっかりと粒を保ってくれます。状況次第ではありますが、おおよそ3年程度ならば十分耐久力を期待可能。

 

また、緩効性肥料や活力剤、根腐れ防止のゼオライトなど必要な成分がしっかりとブレンドされているのも魅力です。

 

通気性良好根腐れ防止剤入り
肥料入り保水性低い
第2位

プロトリーフ

サボテン・多肉植物の土

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サボテン栽培のオーソドックス

土や軽い樹皮を混ぜ合わせたブレンドです。木炭などもミックスしてあり、水が土中にこもりにくい仕様。パーライトを使ってあるため、適度な水持ちも実現しています。根腐れ防止剤にはゼオライト、緩効性の肥料も混合済みです。

 

サボテン栽培の土としては代表的な製品で、初心者から中級者以上の方まで幅広い支持を得た製品。ただし、樹皮をブレンドしていることから、土中には枝などの混入がみられることがあります。小さい鉢に使用する場合は一度ふるいにかけてから使うことがおすすめです。

 

大きめの鉢であれば、事前にふるいにかける必要性はありません。本製品のみで植え込みを行うことが可能な、使い勝手のよい土です。

通気性良好根腐れ防止剤入り
肥料入り保水性良好
第1位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

ゴールデン粒状培養土

価格:484円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

根の張り抜群

アイリスオーヤマの「ゴールデン粒上培養土」は、団粒構造(だんりゅうこうぞう)の土。団粒構造とは、細かい粒子が小さな塊となって組み合った状態のことです。塊同士は積み重なっても適度な隙間を維持するため、土中の空気が通る穴をしっかりと確保します。

 

根が窮屈な状態にならず伸び伸びと張るので、サボテンは元気に育つという訳。さらに、材料は過熱処理をしてあるため、雑草やカビの繁殖を防ぐ効果を得られます。

 

根腐れ防止剤の配合はありませんが、水はけのよい土ということもあり本製品だけで植え込むことが可能。根の呼吸が阻害されにくい構造であるため、根腐れの心配はそう多くはありません。しかし、保水性は高くないため水枯れに注意してください。

通気性良好根腐れ防止剤なし
肥料入り保水性低い

サボテンの土おすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5061669の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 2
    アイテムID:5061654の画像

    プロトリーフ

  • 3
    アイテムID:5060174の画像

    刀川平和農園

  • 4
    アイテムID:5060163の画像

    瀬戸ヶ原花苑

  • 5
    アイテムID:5060144の画像

    ハイポネックス

  • 6
    アイテムID:5060116の画像

    サンアンドホープ

  • 7
    アイテムID:5059484の画像

    グリーンプラン

  • 8
    アイテムID:5059481の画像

    花ごころ

  • 9
    アイテムID:5059480の画像

    刀川平和農園

  • 10
    アイテムID:5058105の画像

    花ごころ

  • 商品名
  • ゴールデン粒状培養土
  • サボテン・多肉植物の土
  • サボテンの培養土
  • サボテン・多肉植物専用培養土
  • サボテン・多肉・観葉植物の土
  • サボテン多肉植物の土
  • サボテン・多肉植物の土
  • さぼてん多肉植物の土
  • サボテン・多肉植物の培養土
  • 多肉植物&ミニ観葉の土
  • 特徴
  • 根の張り抜群
  • サボテン栽培のオーソドックス
  • 長く使えるバランス型
  • サラッとした使いやすい土
  • サボテンと観葉植物両用
  • 大きく育つサボテンに
  • 通気性をトップにバランスのよいブレンド
  • 驚きのコスパで使い勝手抜群
  • 安くて大容量
  • サボテンにも観葉植物にも使える
  • 価格
  • 484円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 980円(税込)
  • 1468円(税込)
  • 377円(税込)
  • 583円(税込)
  • 255円(税込)
  • 1432円(税込)
  • 775円(税込)
  • 通気性
  • 良好
  • 良好
  • 良好
  • 良好
  • 良好
  • 良好
  • 良好
  • 良好
  • 良好
  • 良好
  • 根腐れ防止剤
  • なし
  • 入り
  • 入り
  • 入り
  • なし
  • 入り
  • 入り
  • 入り
  • 入り
  • 入り
  • 肥料
  • 入り
  • 入り
  • 入り
  • 入り
  • 入り
  • 入り
  • 入り
  • なし
  • 入り
  • 入り
  • 保水性
  • 低い
  • 良好
  • 低い
  • 良好
  • 低い
  • 低い
  • 良好
  • あり
  • 低い
  • 良好

まとめ

本記事では、植物栽培のなかでも多くの人気を誇る「サボテンの土」についてまとめました。市販で購入できるおすすめ用土に、気になるものが見付かったらぜひ使って植え付けにチャレンジしてみてください。植物の植え付けが初めてでやり方が分からないという方は、製品袋の裏を見てみましょう。ここに記載がある場合が多いので、確認してから行うことがおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ