記事ID138289のサムネイル画像

【静電気防止やホコリ取りに】洋服ブラシおすすめ人気ランキング10選

洋服を着ていると、静電気が気になったりいつのまにかホコリがついていたりしませんか。それは仕方がないと諦めている人には洋服ブラシがおすすめです。洋服ブラシを使っていれば、まとわりつく静電気やホコリの付着を防いでくれます。今回はおすすめの洋服ブラシをご紹介します。

オシャレな人の必須アイテム

大切に着たい洋服ほど、ケアをしていくブラッシングが大切になります。ブラッシングには洋服についた塵やホコリ、花粉などの汚れを落とす役目があるほか、洋服の繊維の流れを正して型崩れを防ぎ、擦れによる毛玉を作りにくくしてくれます。

 

洋服ブラシ以外にも、外出のときに活躍するポケットサイズのエチケットブラシや、転がしながら衣類のゴミを取り除くコロコロと呼ばれているものなどあります。これらは表面のホコリを除去することはできますが、洋服のケアをすることまではできません。

 

そこで、今回は洋服ブラシの選びかたと人気のある洋服ブラシをランキング形式にしてまとめました。洋服ブラシはオシャレな人ほど使っている人が多いです。お気に入りの洋服を大切に着ていけるように、きちんとケアのできる洋服ブラシを選びましょう。

 

 

洋服ブラシの選びかた

種類で選ぶ

洋服ブラシの素材には天然毛といわれる馬毛と豚毛、そして合成繊維(化学繊維)で作られたブラシが主流です。天然毛は硬さが違うので、洋服の素材に合わせてブラッシングをします。人工毛の合成繊維は安価ですが、ケアを重視する場合には不向きです。

馬毛

馬毛のブラシは馬の尻尾の毛から作られています。柔らかくキメの細かい毛質なのでカシミヤ、アルパカ、アンゴラなどのデリケートな素材のブラッシングに向いています。他にもレザー製品やお手入れに悩む和服のケアにも使用できます。

 

馬毛の中でも高級とされているのが、尾脇毛(おわきげ)と呼ばれている部分です。尾脇毛ブラシに使われているのは尾の根本部分にしかない毛で、職人の手で丁寧に作られます。とても希少なブラシなのでその品質や価格にも頷けます。

 

一般的な馬毛ブラシは豚毛よりも価格が若干高めですが、豚毛とは異なり洋服にダメージを残さない柔らかさがあるためオールマイティで使えます。もし、どの洋服ブラシにしようか悩んでしまうのなら、迷わず馬毛ブラシを購入することをおすすめします。

 

豚毛

豚毛はコシがあり硬めなので、デリケート素材以外の丈夫なスーツやウール、スウェードなどの素材のブラッシングに向いています。豚毛にも白豚毛・黒豚毛があり、黒豚毛のほうが硬めの毛質になっているのでスーツは黒豚毛、他の衣類には白豚毛と使い分けて使う方もいます。

 

特に、スーツを日頃から着ていてる人は洋服ブラシがすすめられます。その理由は、ブラッシングをかけるだけでクリーニングの回数を減らすことができるのでとても経済的だからです。ブラッシングをすることにより洋服のダメージも減って一石二鳥になります。

 

豚毛ブラシは昔から普及されているので、価格も馬毛よりもリーズナブルが多く一般的に広く使われています。汚れを落としたり毛玉を予防する以外にも、花粉を落としてくれるので花粉症を患っている方にも日常使いがおすすめです。

 

合成繊維

値段も手頃で気軽に使える合成繊維のブラシは、エチケットブラシとして普及しています。合成繊維のブラシは天然毛ブラシと同様にホコリやチリなどを取り除くことができますが、自然毛のように洋服を長持ちさせるためのケアをすることができません。

 

合成繊維は動物毛に比べると静電気が起こりやすいので、ブラッシングをする度に新たな静電気を発生させてしまいます。せっかく洋服の繊維を整えても、新たな静電気の発生にによって整っていた繊維を乱してしまう可能性が高いのです。

 

充分なケアをせず、きちんとしたブラッシングをしないままでいると洋服の生地が傷んでしまうこともあるので、もしどうしても使うのであれば急遽必要になった場合や、外出先でのエチケットでの使用のみに留めておくことをおすすめします。

 

形状で選ぶ

洋服ブラシには、サイズや形がたくさんあります。洋服ブラシであれば、ある程度の大きさがあり持ちやすいものが使いやすいです。形状も持ち手があるブラシか、持ち手がないブラシに大きく分かれます。一般的には持ち手がないほうがチカラが入れやすいと言われています。

持ち手があるタイプ

持ち手があるタイプのブラシは握りやすく、手首のスナップをきかせながらのブラッシングがしやすいです。ブラシを選ぶときに共通しているのは重さです。重く感じるブラシは使いにくくブラッシングをする度に苦痛を感じてしまうので、軽いものを選ぶようにしましょう。

 

持ち手となる柄の部分には穴が開いているタイプがあり、紐を通すことで壁に引っ掛けられるため収納しやすくなります。デメリットといえるのは、毛の部分だけでなく持ち手の部分も必要なのでどうしてもサイズが大きくなってしまうことです。

 

広い面積をブラッシングしたいなら毛量が多いほうが時間短縮になりますが、その分サイズがさらに大きくなり重くなり結局使いにくくなってしまうというパターンです。どんな洋服をブラッシングしたいのかをよく見きわめることが大切です。

 

持ち手がないタイプ

持ち手がないタイプであれば、自分の手のサイズに合ったブラシを選択することができます。ブラシ部分を直接握り持つことでチカラが伝わりやすく加減もしやすくなっています。衣類を擦るのではなく、払うようにしてブラッシングするのがおすすめです。

 

自分の手に合ったブラシであれば、持ち手がついているブラシよりも使いやすくなり、チカラの弱い方でも毎日のブラッシングが楽にできるようになります。ブラッシングをしていくうちに衣類の光沢が増し、より美しく長く着続けることができます。

 

デメリットといえるのは持ち手がついていないので、持ち手のあるブラシのように紐を通すことができないタイプが多いことです。そのため、収納したり片付けをする際にはブラシを保管できるスペースをあらかじめ確保しておかなければいけません。

 

 

洋服ブラシの人気ランキング10選

第10位

キヌガワカンパニー

木製豚毛洋服ブラシ

価格:1,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者の方におすすめ

創業30年の総合卸売業者から販売されていますが、信頼のおける国内外の工場で企画・生産された商品です。ホコリと花粉を優しく払える白豚毛100%の洋服ブラシです。ウールやシルクなどの生地も傷めず、使い込むほどに衣類のツヤを出します。

 

豚毛のなかでも柔らかい質感の白豚毛なので、カシミヤやスウェードのブラッシングにも最適です。持ち手にはメイプル・楓の木を使用しています。生地にしっかりとブラシをかけたい場合は、ややかための黒豚毛ブラシのほうをおすすめします。

 

他の洋服ブラシと比べ、手頃な価格が魅力でシンプルなつくりのブラシなので、豚毛を使ってことがない人や自然毛自体をはじめて使う方でも気軽に使えます。まずは、自然毛がどんな感じなのかを試してみたいという方におすすめです。

 

重量110g種類豚毛
サイズ5.7×4.2×25.5cm生産国-
第9位

中田ハンガー

Barca(バルカ) オーシャンブルー

価格:5,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

働くビジネスマンに

国内唯一の木製ハンガー専門メーカーで作られた洋服ブラシです。2018年に発売されたばかりのBarca(バルカ)は、出先でも手軽に使える携帯用ブラシとして販売されました。馬毛と天然木のブナを使用しコットン・リネン・ウール・ポリエステルに使用できます。

 

収納ケースには天然牛革を使っているためとても丈夫です。キズや汚れもつきにくく、経年と共に風合いも変わっていきブラシと共に長く使っていけます。ブラシはグリップ感を重視し、手に収まるサイズでしっかりと握れるようなデザインになっています。

 

携帯ブラシは発売されてからまだ間もないので商品の認知度が低いようですが、メーカーで取り扱っているハンガーやブラシの人気は高く、ギフトとしても喜ばれている一品です。コンパクトな形態ブラシはバリバリと働くビジネスマンにおすすめです。

 

重量-種類馬毛
サイズ100×20mm生産国日本
第8位

江戸屋

携帯用カシミヤ洋服ブラシ

価格:2,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外出先でのケアに

享保3年創業の江戸刷毛・ブラシ老舗メーカーの携帯用ブラシです。300年前から続く伝統を守りながら現在も革新し続け、高品質なブラシを作っています。ブラシの毛は全て豚毛を使用し、用途により硬めの黒豚毛・柔らかめの白豚毛に分かれています。

 

こちらのブラシはデリケート素材向きの白豚毛です。白豚毛の短い毛と長い毛を合わせた二段植毛という特殊な植え方をしているので、生地を傷めることなく本来の毛並みに整えられます。男性の背広の胸ポケットにも入れられる薄型携帯用ブラシです。

 

持ち歩きにも気にならなず、露出した毛を傷めないクリアケース付きです。しっかりした生地に使いたい場合は、コシの強い黒豚毛の携帯用ブラシも取り扱われています。櫛型で手のチカラも伝わりやすく、細かい部位までブラッシングができます。

 

重量50g種類豚毛
サイズ10.5×5×1.3cm生産国日本
第7位

KENT(ケント)

カシミヤ&ウール用 英国製ブラシ

価格:5,130円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王室御用達メーカー

イギリス王室御用達でも有名な老舗メーカーのブラシです。持ち手に使用されている材質はサクラ材で、毛の部分は黒豚毛よりも柔らかい白豚毛が使用されています。そのため、ウール以外でもデリケートなカシミヤなどの素材にも安心して使えます。

 

ウールやカシミヤはなるべくクリーニングを控えたい素材なので、ガシガシ強くあてるのではなく、優しくブラッシングしながら汚れを払って生地の目を整えます。ブラシを撫でるように使うのは、汚れを巻き込んでしまい逆効果なので注意してください。

 

毛足は33mmと長めとなっているので優しくブラッシングができ、できれば全ての衣類を1本のブラシで済ませたい方にはこの兼用できるタイプのブラシがおすすめです。ニットやコート、マフラーなど冬場には大活躍するブラシです。

 

重量65g種類白豚毛
サイズ22×5cm生産国英国
第6位

江戸屋

洋服ブラシ カシミヤ用 No.103

価格:7,550円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カシミヤ専用ブラシ

こちらも江戸刷毛・ブラシ老舗メーカーのブラシです。ブラシは定番のデザインにしており、カシミヤ用に作られたこのブラシは細く繊細な白豚毛をたっぷり使用しています。二段植毛で生地を傷めず、シルクやミンクのケアにも使えます。

 

デリケートな素材の衣類は、日常のお手入れ次第で洋服の見栄えも変わってしまうので、丁寧に優しくブラッシングすることが欠かせません。このブラシであればいつも美しい状態の洋服を着られるように楽しみながらケアができます。

 

クチコミではカシミヤだけではなく、繊維の細いウールやコットン製品にも使えそうという声がありました。ブラシは頻繁に買い替えることもないので、使いやすさとその効果を感じられるこのブラシはおすすめと高評価している方が多いです。

 

重量110g種類豚毛
サイズ5.5×5.5×26cm生産国日本
第5位

G.B.Kent

ハンドバッグサイズ ウールケア 洋服ブラシ

価格:3,456円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウールケアに最適

イギリスの王室御用達証を授けられた1777年創業の老舗メーカーのブラシです。ブラシは全て職人によるハンドメイドで製造されていて、木材部分にはサクラの木を使用し毛の部分は100%天然のしっかりした黒豚毛が使われています。

 

外出先でも旅行先でも手軽に使えるよう、本体は小さめになっています。そのため、毛足の長さは15mmと比較的短めになっています。ウール用のブラシですが、しっかりとした硬めの豚毛なのでジャケットやレザー製品にも使用できます。

 

購入時の衣類の手触りを長くキープでき静電気も起きないので、毎日のブラッシングも苦にならないとクチコミでも評価されています。自宅はもちろん、出張先でもお手入れできるブラシをお求めの方にピッタリなブラシです。

 

重量60g種類黒豚毛
サイズ15×4cm生産国英国
第4位

江戸屋

洋服ブラシ 別誂万能タイプ

価格:19,440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

職人の手植えブラシ

こちらも江戸刷毛・ブラシ老舗メーカーのブラシです。別誂(べつあつらえ)は豚毛を植え込む穴の数が多く毛の量が増えてブラッシング効率が上がるタイプです。さらに、ウールからカシミヤまで使える万能タイプのブラシなので、1本あれば幅広く使えます。

 

職人が丁寧に手植えをしているので、使用していくうちにありがちな毛が抜けてしまうこともこのブラシなら心配いりません。持ち手は桜の木と似ている、水目桜という木材が使われ、持ち手の手触りが良く手に馴染みます。

 

毛にボリュームがありブラッシングしやすいので、一生ものとして長く使い続けられます。価格だけを見てしまうと購入に躊躇してしまいますが、使った瞬間に普通のブラシとの違いが実感できこの値段でも納得できると高評価のブラシです。

 

重量130g種類豚毛
サイズ26×6×6.6cm生産国日本
第3位

浅草まーぶる

ブラシ専門店の服ブラシ(和服兼用)

価格:4,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールマイティのブラシ

浅草に本店のある大正3年創業の老舗ブラシ専門店の洋服ブラシです。伝統的工芸品大賞を何度も受賞した職人の手作りブラシは、100%黒馬毛の長毛を使って丁寧に植えられています。毛の長さは43mmと長くボリュームがあります。

 

ブラシはウールなどの日常的な衣類から和服・毛皮・レースなどのデリケートな素材までオールマイティに使用できます。この1本で身に着けるもの全てに対応できるため、収納場所を取らずお財布にも優しいです。

 

持ち手のしっかりとした天然木と黒馬毛は丈夫で長く使えるのはもちろんのこと、浅草という土地柄か海外の方の目にも止まりやすく工芸品のお土産として購入していく人も多いようです。日本から海外へのお土産としてもおすすめできます。

 

 

重量-種類黒馬毛
サイズ50×230×18mm生産国日本
第2位

アートブラシ

洋服ブラシ 08-0110

価格:3,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伝統と技術を受け継ぐブラシ

モノ作りが盛んな浅草で、初代から代々受け継いできた職人こだわりの1つがこの湯服ブラシです。通常の洋服ブラシとは違って、毛先の部分が密集するように植毛されています。そのため衣類にあてる面積が広くなりホコリや花粉が払いやすくなっています。

 

使っていて気持ちがいい、持ちやすくて使いやすい、職人の作るものは違うという意見があり、評価の高い洋服ブラシです。どんなブラシを買おうか悩んでいるのなら是非おすすめしたい、との購入者のクチコミもありました。

 

他にもペットのマッサージブラシやボディ用、毛玉取り専用などのブラシも作られています。洋服だけにこだわらず常に新しい使い方を提案してくれるので、いろいろな用途で使ってみたいと思わせてくれるメーカーさんです。

 

重量80g種類馬毛
サイズ21.5×5.5×4.7cm生産国日本
第1位

ショージワークス

四角い馬毛の洋服ブラシ HQ-1

価格:5,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いたくなるオシャレなブラシ

大正14年に創業し、原材料の仕入れから完成まで一貫生産している国内唯一のブラシメーカーです。この洋服ブラシには天然の白馬毛が使用されているためしなやかで柔らかく、ブラッシングの度に衣類に光沢が生まれます。

 

通常、ウールやカシミヤの違う素材は個々の専用ブラシを分けて使う事がありますが、このブラシは使いやすい馬の尻尾の毛を使用しさらに長さも足して、分けられていたブラシの特徴を両方取り込み、ウールからシルクまで幅広く使用できるように対応しています。

 

さらに目を惹くのが特徴的なこのデザインです。ウォールナットがアクセントになっていて、置いてあるだけでまるでインテリアのように魅せてくれます。変わったブラシが欲しい方や他の人とは違うブラシが欲しい方、デザインも重視したい方におすすめです。

 

重量200g種類馬毛
サイズ18.2×5.5×9.7cm生産国日本

洋服ブラシおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5059980の画像

    ショージワークス

  • 2
    アイテムID:5059971の画像

    アートブラシ

  • 3
    アイテムID:5059975の画像

    浅草まーぶる

  • 4
    アイテムID:5059972の画像

    江戸屋

  • 5
    アイテムID:5059985の画像

    G.B.Kent

  • 6
    アイテムID:5059967の画像

    江戸屋

  • 7
    アイテムID:5059965の画像

    KENT(ケント)

  • 8
    アイテムID:5059982の画像

    江戸屋

  • 9
    アイテムID:5059979の画像

    中田ハンガー

  • 10
    アイテムID:5059973の画像

    キヌガワカンパニー

  • 商品名
  • 四角い馬毛の洋服ブラシ HQ-1
  • 洋服ブラシ 08-0110
  • ブラシ専門店の服ブラシ(和服兼用)
  • 洋服ブラシ 別誂万能タイプ
  • ハンドバッグサイズ ウールケア 洋服ブラシ
  • 洋服ブラシ カシミヤ用 No.103
  • カシミヤ&ウール用 英国製ブラシ
  • 携帯用カシミヤ洋服ブラシ
  • Barca(バルカ) オーシャンブルー
  • 木製豚毛洋服ブラシ
  • 特徴
  • 使いたくなるオシャレなブラシ
  • 伝統と技術を受け継ぐブラシ
  • オールマイティのブラシ
  • 職人の手植えブラシ
  • ウールケアに最適
  • カシミヤ専用ブラシ
  • 王室御用達メーカー
  • 外出先でのケアに
  • 働くビジネスマンに
  • 初心者の方におすすめ
  • 価格
  • 5940円(税込)
  • 3099円(税込)
  • 4900円(税込)
  • 19440円(税込)
  • 3456円(税込)
  • 7550円(税込)
  • 5130円(税込)
  • 2700円(税込)
  • 5940円(税込)
  • 1840円(税込)
  • 重量
  • 200g
  • 80g
  • -
  • 130g
  • 60g
  • 110g
  • 65g
  • 50g
  • -
  • 110g
  • 種類
  • 馬毛
  • 馬毛
  • 黒馬毛
  • 豚毛
  • 黒豚毛
  • 豚毛
  • 白豚毛
  • 豚毛
  • 馬毛
  • 豚毛
  • サイズ
  • 18.2×5.5×9.7cm
  • 21.5×5.5×4.7cm
  • 50×230×18mm
  • 26×6×6.6cm
  • 15×4cm
  • 5.5×5.5×26cm
  • 22×5cm
  • 10.5×5×1.3cm
  • 100×20mm
  • 5.7×4.2×25.5cm
  • 生産国
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 英国
  • 日本
  • 英国
  • 日本
  • 日本
  • -

まとめ

ちょっとしたひと手間で洋服をキレイに長持ちさせることができる洋服ブラシは、これまでケアを意識してこなかった方にも手軽で始めやすいアイテムです。洋服ブラシを使ってみたい方はランキングを参考にして、大切な想いが詰まっている一着を大事にケアしていきましょう。

 

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ