記事ID138257のサムネイル画像

【足元から磨こう】ホイールクリーナーのおすすめ人気ランキング10選

車の足元を飾るホイール。ここが汚いと、どんなに高価な車でもみすぼらしく見えてしまいます。それを防ぎ、愛車の見た目をワンランクアップさせてくれるのがホイールクリーナーです。ここではそんなホイールクリーナーの上手な選び方と、おすすめ商品をご紹介していきます。

車はホイールの汚れ方で差が付く

車のホイールには、実用的な側面の他に、ドレスアップパーツ的な役割もあります。様々な種類のホイールがありますが、共通して言えることは、このホイールが汚いとどんなに高価な車でもみすぼらしく見えてしまうということです。

 

そうした事態を防ぐために、有効なのがホイールクリーナーです。水とブラシで擦っただけでは汚れを落としづらい複雑な形状のホイールも、ホイールクリーナーと使えば簡単にきれいにすることができます。

 

ホイールクリーナーは必ずしも費用のかかるものではなく、通信販売やホームセンターで手軽に購入することができます。ホイールがきれいな車は例え古くても見た目が華やぎますから、ドライバーの方々にとってホイールクリーナーは必見のカーグッズと言えます。

ホイールクリーナーの選び方

ホイールクリーナーと一口に言っても、その種類は様々です。自分の車のホイールがどんなものなのか・どんな風にホイールを洗浄したいのかによって、選ぶべき製品は違ってきます。ですので、ここで上手な選び方を学んでおきましょう。

タイプで選ぶ

ホイールクリーナーは、大きく二つのタイプに分けることができます。一つはウェットティッシュのようなシートタイプ、もう一つは霧吹き状のスプレータイプです。それぞれにメリットがありますから、覚えておくと選ぶときに役立ちます。

手軽なシートタイプ

シートタイプは安価で購入しやすく、ウェットティッシュ感覚で使うことができるので、ちょっとした時のホイールの掃除に便利です。軽量で持ち運びしやすいので、車のトランクに常備している方も多いとのこと。

 

シートタイプのメリットは扱いやすさや携帯性だけではありません。パッケージの厚みが使うごとに薄くなっていくので、自分がクリーナーをどれくらい使ったかが一目で分かるのです。買い足しの時期を把握しやすいのは、消耗品として優れているのではないでしょうか。

 

ホイールの手入れを手軽にかつ頻繁に行いたい方には、このシートタイプがおすすめです。安価ですから購入するのに抵抗を覚えづらいですし、液体ではないので気化した薬品を吸い込む心配もありません。

一般的なスプレータイプ

ホイールクリーナーとして一般的に広く普及しているのが、このスプレータイプです。霧吹きのボトルによく似たケースに液体が入っており、それをホイールに吹き付けて薬品の力で汚れを溶かします。

 

スプレータイプのものは洗浄力が強いことが特徴で、頑固な汚れも5分程度で溶かして落としてしまいます。たいていの製品には別売りで詰め替え用の中身が売っており、外側のケースは何度も使えるというのも大きなメリット。

 

ホイールを洗浄する時には腰を落ち着けてしっかり作業したい、という方に、このスプレータイプはおすすめできます。中にはスポンジやブラシが付属しているものもあり、それらを購入すれば道具をそろえる手間が省けます。

使用可能な素材で選ぶ

ホイールクリーナーは、その種類によって使用できる素材とそうでない素材が分かれています。アルミは大丈夫だけれども鉄はダメ、といった具合です。これはホイールクリーナー選びに関して重要なポイントになるので、しっかり学んでおきましょう。

金属素材に対応しているか

たいてい、車のホイールはアルミか鉄でできています。そのため、ほとんどのホイールクリーナーは金属素材に対応しており、特にアルミ素材のものであれば、ほぼすべてのホイールクリーナーで洗浄を行うことができます。

 

ただ、ホイールの中にはマグネシウムやチタンといった、高価だったり珍しかったりする金属でできているものもあります。そうした特殊な金属は、それらに対応したホイールクリーナーでないと洗浄することができません。

 

ほとんどの方は、普通のホイールクリーナーを選べば問題ないでしょう。しかし、特殊な金属を使用したホイールを使っている方や、メッキ部分を洗浄する必要のある方は、それに対応したホイールクリーナーを見つけて下さい。

金属以外の素材に対応しているか

車のホイールの中には、軽量さを突き詰めるためにカーボンファイバーや合成樹脂を使用しているものもあります。そうしたホイールの場合、通常のホイールクリーナーで洗浄しようとすると薬品で劣化してしまうことがほとんどです。

 

そうした事態にならないよう、金属以外の素材を使ったホイールも洗浄できるホイールクリーナーが各社から販売されています。たいていはスプレータイプで、価格もそれなりに高価ですが、その洗浄力の強さは折り紙付きです。

 

高額なスポーツカーにお乗りの方や、軽量なホイールをご自身の車に装着している方には、こうした金属以外の素材に対応したホイールクリーナーを検討することをおすすめします。特殊なホイールはただでさえ高価ですから、それを傷めないための努力は欠かせません。

研磨剤の有無で選ぶ

ホイールクリーナーには研磨剤が入っているものがあります。汚れがよく落ちるので根強い人気がありますが、そうしたタイプのホイールクリーナーを使って洗浄すると、ホイールに傷が付いてしまう心配も。

 

幸い、最近のホイールクリーナーは化学反応を用いて汚れを溶かすタイプがほとんどですから、研磨剤を含有しているものは多くありません。ただ磨くよりも、クリーナーを付けてから拭く・流すという洗浄の仕方が主流になってきているからです。

 

とはいえいまだに研磨剤を含有したホイールクリーナーが販売されていることも確かです。ですので、洗浄の際に絶対にホイールを傷つけたくないと思う方は、選ぶ際にホイールクリーナーのパッケージの裏面をチェックすることをおすすめします。

 

 

香りで選ぶ

ホイールクリーナーは薬品ですので、ほとんどの製品には匂いが付いています。弱いアンモニア臭であることが多く、作業中に気になるレベルのものではないことがほとんどですが、中には匂いが強いものも存在します。

 

ですが、最近では無臭タイプやミントなどの爽やかな香りが付いたホイールクリーナーも多数販売されるようになってきていますので、心配する必要はありません。また、匂いの強いものでも、作業中にマスクをすれば気にならないことがほとんどです。

 

薬品の匂いが苦手だったり、炎天下や密室で作業することが多い方の場合には、無臭タイプのホイールクリーナーをおすすめします。人によっては匂いで気分が悪くなることもありますから、ここは注意が必要です。

他パーツへの使用が可能かどうかで選ぶ

ホイールクリーナーは基本的にホイールを洗浄するための薬品ですが、中にはホイール以外のパーツも洗えるものがあります。タイヤを洗えるものやボディを磨けるもの、窓ガラスを拭けるものなど、バリエーションは様々です。

 

他のパーツも洗えるホイールクリーナーは、ほとんどの場合強力な洗浄力と素材への負担の軽さが両立されており、価格も若干高めになる傾向があります。しかしその汎用性は魅力的ですから、高い人気を誇るのもうなづけます。

 

ホイール洗浄のついでに車全体をきれいにしたいと考える方にはもちろん、このタイプは洗浄力が高いですから、強力なホイールクリーナーをお探しの方にもおすすめです。ガラスが拭けるタイプの場合には、家の掃除に使えたりもします。

ホイールクリーナーの人気ランキング10選

第10位

ナポレックス

アーマオール タイヤ&ホイールクリーナー

価格:1,081円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤも丸ごと洗浄できる

こちらは、ホイールと一緒にタイヤまで洗浄できてしまうホイールクリーナーです。使いやすいスプレータイプで、洗浄力が非常に強力ですから、タイヤトホイールに吹き付けて少し時間が経てばたちどころに汚れが落ちています。

 

このホイールクリーナーはブランケット剤を含んでいるため、タイヤやホイールの溝に泡が浸透しやすく、これが強力な洗浄力の源になっています。土埃や油汚れなど、ブレーキダスト以外の汚れにもしっかり対応しているところが〇

 

タイヤまで洗浄できてしまうホイールクリーナーですから、車の洗浄に時間を取れない方や、車の足元を簡単かつきれいに保ちたい方におすすめです。また、特別な香りが付いていないので、薬品の匂いが苦手な方にもおすすめできます。

使用可能素材使用不可な素材は特になし研磨剤なし
香りなしタイプスプレー
他パーツへの使用タイヤは可
第9位

ソフト99

フクピカ ホイール専用拭くだけシート

価格:198円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルなシートタイプ

こちらは、非常にリーズナブルなシートタイプのホイールクリーナーになります。拭くだけでホイールが綺麗になるだけでなく、防汚コートや撥水加工まで一辺に済ませてくれる優れものです。

 

金属素材に加えて樹脂素材にも使用できますから、ホイール以外のパーツも磨けるのがこのホイールクリーナーの嬉しいところ。シートタイプですから、気づいた時にさっとひと拭きすれば車を清潔に保っておけます。

 

日常的にちょっとしたことでホイールその他の車の部品を磨きたくなる方には、ぜひ毎日のお供としておすすめです。シートタイプは減り方が確認しやすいですし、この価格帯でしたら無くなっても抵抗なく同じものを購入できます。

使用可能素材アルミ・スチール・樹脂研磨剤なし
香りなしタイプシート
他パーツへの使用
第8位

カーピカル

業務用 アルミ錆取りクリーナー

価格:2,592円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミホイールにはこれ

アルミ素材のホイールの汚れを落とすことに特化したホイールクリーナーがこちらです。最近の車のホイールはアロイと呼ばれるアルミでできていることが多いですから、こちらはホイールクリーナーとしてスタンダードな商品と言えます。

 

このホイールクリーナーは錆び取りの際に特に効果を発揮します。同時に、付属の豚毛ブラシを使えば、その強力な洗浄力でホイールの表面をほとんど傷つけることなく磨くことが可能です。遠慮なく、しつこい汚れをゴシゴシこすり落とすことが可能なのです。

 

アルミホイールをご自身の車に装着している方や、力を入れてホイール磨きをしたい方、ホイールの錆びに悩んでいる方におすすめです。毛先の柔らかい豚毛ブラシが付属していることは、傷の面でも汚れ落としの面でも頼もしいですね。

使用可能素材金属素材(特にアルミ)研磨剤なし
香りあり(強い)タイプスプレー
他パーツへの使用不可
第7位

カービューティープロツカハラ

鉄粉除去剤500ml 業務用

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボディも洗える鉄粉除去剤

こちらのホイールクリーナーは、ボディも洗える優れものとなっています。特にアルミホイールを磨くことを想定して開発されていますが、金属素材全般に使用でき、研磨剤不使用なので磨いたものを傷つける心配がありません。

 

このホイールクリーナーはホイールやボディに付着した鉄粉を化学反応で溶かすタイプなので、自分の手で磨く手間が少し省けるのも大きなメリット。ホイールの汚れが落ちるのを待つ間に、ボディへの吹き付けを行うことができます。

 

何と言ってもボディを洗えることがこのホイールクリーナーの魅力ですから、一度の作業で愛車をきれいにしたい方におすすめです。匂いがありますがごく軽いアンモニア臭ですので、作業中に気になるレベルではありません。

使用可能素材金属素材(特にアルミ)研磨剤なし
香りあり(軽い)タイプスプレー
他パーツへの使用ボディも可
第6位

カーメイト

マグナショット

価格:479円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパと洗浄力は抜群

こちらは、非常に洗浄力の高いホイールクリーナーです。しかも、一本当たりの価格が非常に安価で、コスパは全ホイールクリーナーの中でも指折りの良さ。何本か買い置きを持っておいても損はありません。

 

このホイールクリーナーは汚れを紫色に変色させて落とすので、ホイールに吹き付けてから汚れ落としが終わったかどうかを確認しやすいのが特徴です。約3分ほどで薬品の反応が終わりますから、あとは柔らかい布などで丁寧に拭いてやればOK。

 

ホイールクリーナーをコスパ優先で選ぶ方や、汚れがすぐに落ちるタイプのホイールクリーナーをお探しの方に、ぜひおすすめしたい商品です。匂いは強めですが、マスクをするなどして作業すれば問題ないレベルでしょう。

使用可能素材金属素材研磨剤なし
香りあり(強い)タイプスプレー
他パーツへの使用不可
第5位

呉工業

STONER フォーミングジェル ホイールクリーナー 1734

価格:1,257円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無香タイプで体に優しい

老舗の呉工業から、無香でスプレータイプのホイールクリーナーのご紹介です。匂いがないので作業中にマスクをする必要が無く、体に優しいのが嬉しいところ。ホイールにも、もちろん匂いは付きません。

 

スプレータイプと言っても出てくるのは泡ではなくジェルですので、汚れを吸着しやすく、洗浄力は抜群です。ブレーキダストだけでなく、路面からの土埃や油汚れなどもしっかりと落としてくれます。加えて、タイヤにも使用可能な見過ごせない一面も。

 

無香タイプのホイールクリーナーを探している方は、ぜひ検討することをおすすめします。また、タイヤが洗えるのでホイールとタイヤを一度に綺麗にしたいという方にもおすすめです。有名メーカーの商品だけに、信頼性の高い商品と言えるでしょう。

 

 

使用可能素材金属素材全般研磨剤なし
香りなしタイプスプレー
他パーツへの使用タイヤも可
第4位

axe

鉄粉除去剤

価格:2,799円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミメッキにも安心して使える

こちらのホイールクリーナーは、アルミメッキにも使用できる製品になります。通常のホイールクリーナーですと、メッキを洗浄すると剥がしてしまうことが多いのですが、この製品はその心配なくホイール洗浄を行うことができます。

 

これはボディも洗えるタイプのホイールクリーナーですが、前述のようにメッキにも使用できるほど素材に対して優しいので、傷つける心配はありません。化学反応を起こして鉄粉を溶かすタイプですが、低臭気仕様なので作業中の負担が低いのも嬉しいところ。

 

メッキを多用したホイールや、おしゃれなホイールを付けた車にお乗りの方には、ぜひおすすめしたいホイールクリーナーです。メッキのツヤを劣化させることなく、汚れだけをしっかりと落とすことができます。

使用可能素材金属素材全般研磨剤なし
香りあり(弱い)タイプスプレー
他パーツへの使用ボディも可
第3位

ソナックス

ホイールクリーナー エクストリーム

価格:700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高コスパと高洗浄力を両立

こちらは、1本1000円以内で購入できる非常にコスパに優れたホイールクリーナーです。その洗浄力の高さには定評があり、熱でこびりついてしまって中々取れないブレーキダストも、たちどころに落としてしまいます。

 

メッキや鉄に使用しても、素材を劣化させる心配が無いのも特徴。また、一本当たりの価格が非常に安価ですから、汚れが少しでも気になった時にワンタッチで使うことに抵抗を覚える必要がありません。

 

コスパだけでなく洗浄力や使用できる素材のことまで考える方には、こちらのホイールクリーナーがおすすめです。買い置きするにもお財布に優しいですし、金属素材にであれば本当に手軽に使うことができます。

使用可能素材金属素材全般研磨剤なし
香りあり(強め)タイプスプレー
他パーツへの使用不可
第2位

シュアラスター

ホイールケア

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材を傷めないことに特化

こちらは、繊細な泡による洗浄でホイールを傷めないことに特化したホイールクリーナーです。金属素材全般に使用でき、特にマグネシウムなどの珍しい素材を洗浄することに向くよう開発されてもいます。

 

付属のスポンジを使えば、普通の布を使って拭くよりもさらにホイールをいたわることが可能です。香りはありますが爽やかなミントのものなので、作業中に不快感を覚えることはありません。

 

高価なホイールを車に装着している方や、マグネシウム・チタンなどの珍しい素材を使ったホイールを愛用している方には、ぜひおすすめしたい製品です。もちろん、鉄やアルミにも対応していますので、ホイールの傷が気になる方全員におすすめとも言えます。

使用可能素材金属素材全般研磨剤なし
香りあり(ミント)タイプスプレー
他パーツへの使用不可
第1位

洗車の王国

ホイール&タイヤクリン

価格:2,995円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる素材に対応する万能選手

こちらのホイールクリーナーは、金属素材だけでなく、カーボンや合成樹脂といったあらゆる素材のホイールに対応する万能選手です。加えてボディや窓ガラスも磨けるので、これ一つあれば車の洗浄が完了してしまうと言っても過言ではありません。

 

詰め替え用のボトルやスポンジも付属しているのでお値段は少し高めですが、どんな素材にも使えて他のパーツも洗えるのですから、コスパは抜群と言えます。中性クリーナーなので、他の薬品と反応してしまう心配もありません。

 

一本のホイールクリーナーで全てを済ませてしまいたい方や、特殊な素材でできたホイールを車に装着している方に、まず最初に検討することをおすすめします。また、使えるキットが付属していますから、実は初心者にもおすすめの製品です。

使用可能素材原則どの素材でも使用可研磨剤なし
香りあり(強め)タイプスプレー
他パーツへの使用ボディ・窓ガラスも可

ホイールクリーナーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5056864の画像

    洗車の王国

  • 2
    アイテムID:5056849の画像

    シュアラスター

  • 3
    アイテムID:5056838の画像

    ソナックス

  • 4
    アイテムID:5056826の画像

    axe

  • 5
    アイテムID:5056812の画像

    呉工業

  • 6
    アイテムID:5056808の画像

    カーメイト

  • 7
    アイテムID:5056803の画像

    カービューティープロツカハラ

  • 8
    アイテムID:5056794の画像

    カーピカル

  • 9
    アイテムID:5056784の画像

    ソフト99

  • 10
    アイテムID:5056759の画像

    ナポレックス

  • 商品名
  • ホイール&タイヤクリン
  • ホイールケア
  • ホイールクリーナー エクストリーム
  • 鉄粉除去剤
  • STONER フォーミングジェル ホイールクリーナー 1734
  • マグナショット
  • 鉄粉除去剤500ml 業務用
  • 業務用 アルミ錆取りクリーナー
  • フクピカ ホイール専用拭くだけシート
  • アーマオール タイヤ&ホイールクリーナー
  • 特徴
  • あらゆる素材に対応する万能選手
  • 素材を傷めないことに特化
  • 高コスパと高洗浄力を両立
  • アルミメッキにも安心して使える
  • 無香タイプで体に優しい
  • コスパと洗浄力は抜群
  • ボディも洗える鉄粉除去剤
  • アルミホイールにはこれ
  • リーズナブルなシートタイプ
  • タイヤも丸ごと洗浄できる
  • 価格
  • 2995円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 700円(税込)
  • 2799円(税込)
  • 1257円(税込)
  • 479円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 2592円(税込)
  • 198円(税込)
  • 1081円(税込)
  • 使用可能素材
  • 原則どの素材でも使用可
  • 金属素材全般
  • 金属素材全般
  • 金属素材全般
  • 金属素材全般
  • 金属素材
  • 金属素材(特にアルミ)
  • 金属素材(特にアルミ)
  • アルミ・スチール・樹脂
  • 使用不可な素材は特になし
  • 研磨剤
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • 香り
  • あり(強め)
  • あり(ミント)
  • あり(強め)
  • あり(弱い)
  • なし
  • あり(強い)
  • あり(軽い)
  • あり(強い)
  • なし
  • なし
  • タイプ
  • スプレー
  • スプレー
  • スプレー
  • スプレー
  • スプレー
  • スプレー
  • スプレー
  • スプレー
  • シート
  • スプレー
  • 他パーツへの使用
  • ボディ・窓ガラスも可
  • 不可
  • 不可
  • ボディも可
  • タイヤも可
  • 不可
  • ボディも可
  • 不可
  • タイヤは可

まとめ

いかがでしたか。ホイールクリーナーには使用できる素材を始めとしてさまざまな区分があり、用途tと目的によって選ぶべき製品は大きく変わってきます。どんなものをどんな風にきれいにしたいのか、よく検討して自分に合ったホイールクリーナーを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ