記事ID138256のサムネイル画像

【自宅で本格ダーツ】ダーツボードのおすすめ人気ランキング10選

オンライン対戦機能などの普及などもあって、ダーツの楽しさに目覚めたり、その奥深さにハマる人が増えています。そんな人は自宅にダーツボードがあったらいいのにと思いますよね。そこでダーツボードの選び方を解説し、おすすめの人気ダーツボードをランキング形式で紹介します。

イギリス兵士の遊びからはじまったダーツ

現在のダーツと直接的につながりがあるといわれているのは、14~15世紀のイギリス、バラ戦争のころの兵士たちの遊びといわれています。酒屋でワイン樽の底をめがけて矢の先を手で投げたのがダーツの始まりです。

 

その後、ターゲットのボードはワイン樽から天然木に変わります。年輪の場所で得点区分ができるなどゲーム性が高まり、イギリス人の娯楽として定着しました。1927年には全英大会が開かれています。戦争で中断しましたが、1947年には世界大会となって現在も続いています。

 

1980年代後半にアメリカのメダリスト社がソフトダーツを開発。先端がプラスチック製なのが特徴で、自動スコアリング機能を搭載したマシンをリリースしました。これが日本のゲームセンターなどで親しまれました。そして、今やダーツを知らない日本人はいないほどになったのです。

ダーツボードの選び方

ここではダーツボードの種類や搭載されている機能、メインテナンスのよさなど、選ぶ際のポイントを紹介します。

ダーツボードのタイプで選ぶ

ダーツボードのタイプは、ハードボードとソフトボードの2種類です。まずは、ボードのタイプを決めましょう。

ハードボード

ハードボードは伝統的な金属製の先端のダーツ(ハードダーツ・コンバージョンポイント)を受けるボードです。ダーツのプロたちが参加するようなメジャーな大会のほとんどは、ハードボードです。

 

材質は麻で、サイズは13.2インチ(約33.5cm)、中心の高さ173cm・スローラインから237cmのところに設置します。

 

メリットは刺さる音が静かで落ちることが少ないことです。また、刺さり方をチェックすることで、スローの良し悪しを判断できます。そのため、初心者こそハードボードにすべきという人もいます。デメリットは重くて設置に難があること、ケガや壁などを傷つける恐れがあることです。

ソフトボード

日本でポピュラーなのはソフトボードです。たとえば、ゲームセンター、ボーリング場、カラオケなどにあるのはほぼソフトボードです。セグメントと呼ばれるパーツが集まって、刺さりやすいように穴が空いています。

 

材質はプラスチックで、サイズは15.5インチ(約39.4cm)、中心の高さ173cm・スローラインから244cmのところに設置します。メリットは自動計算やパソコン接続、オンライン対戦機能などがあることです。先端がプラスチック製なので、安全なのもメリットといえます。

 

デメリットはヒット音がうるさいこと、刺さらずに落ちてしまうことが多いことです。商品によっては静音性を高めているものもあります。

 

 

ソフトボードは機能で選ぶ

ソフトボードは多機能なのが魅力です。自動計算機能やパソコン接続機能、オンライン対戦機能をチェックしましょう。また、一部のボードは静音性に工夫がされています。

自動計算機能

ダーツのスコアはそれほど複雑ではありませんが、それでも面倒に感じることはあります。特に一人で練習をしているときや、集中したいときなどは、自動計算機能があると便利です。また、ダーツを知らない人も楽しみやすいのも大きなメリットといえます。

 

もっとも手軽なのは、ソフトボードにスコアが表示されるタイプです。簡単な操作でスコアを自動計算させて確認できます。一方、スマホやタブレットなどと通信して、それらの機器にスコアが表示されるタイプもあります。

パソコン接続機能

ソフトボードのなかにはパソコンと連携できる機能もあります。たとえば、クリケットカウントアップ、ハーフイット、スプラットなど人気のゲームのスコアなどをパソコン上で管理できます。また、スコアの記録を蓄積する機能なども便利です。

 

グラフィック機能が充実しているので、ダーツバーにあるようなアワードメッセージなど、ゲームを盛り上げる演出も楽しめるものもあります。

オンライン接続機能

オンライン接続機能とは、離れた場所にいる人同士が対戦できる機能です。スマホやタブレット端末などを介することで、ダーツバーにあるようなオンライン対戦ができます。

 

やはり、一人で黙々と練習、またはゲームをするのは寂しいものです。オンライン接続機能があれば、世界中の人とダーツができます。

静音機能

お店でソフトボードのダーツを楽しんでいるときは、それほど音は気になりません。しかし、自宅でダーツをするとかなり音は響きます。アパートやマンションなどでは十分注意したほうがよいでしょう。特に夜はカーンという音が響き、騒音問題になりかねません。

 

ハードボードに変更するというのがひとつの方法。そして、もうひとつの騒音対策が特殊な素材を使って音を抑えているソフトボードを使うことです。たとえばZEROBOADはハードボードと比べても同じぐらい静かです。価格も他のソフトボードとそれほど変わりません。音が気になる人は試してみてはどうでしょうか。

ソフトボードはメンテナンス性で選ぶ

ソフトボードはセグメントといわれるパーツが集まってできています。このセグメントは消耗品なので、何度もダーツを投げていると壊れてしまう場合があります。

 

そのため、ダーツをする頻度が高いならセグメントの交換ができるダーツボードを購入するのがおすすめです。目安としては、1日1時間ダーツをすれば、約半年で交換が必要になってきます。

 

セグメントの交換ができないソフトボードの多くは、大体数千円の安価なダーツボードです。交換に対応していないなら、ボードを丸ごと交換しなければならないのでとてももったいないです。使う頻度に合わせてダーツボードを選びましょう。

 

 

ダーツボードを価格帯で選ぶ

ダーツボードの価格帯は、最安値価格帯が2000~3000円ほど、売れ筋価格帯が5000~8000円ほどです。高級価格帯は1万5000円~3万円ほどとなっています。

 

高級価格帯を購入する場合は、ついでにダーツボードスタンドなどを購入するかもしれません。ダーツスタンドは1万5000円~2万円程度かかるので合計の予算の目安を付けておきましょう。

 

自動計算機能やオンライン機能などの機能を紹介しましたが、これらの機能のあり・なしではそれほど価格は変わりません。おそらく、技術的にあまり難しくないからでしょう。売れ筋価格帯の5000~8000円を探せば、こうした機能を搭載しているものが多く見つかります。

ハードダーツは公式サイズで選ぶ

伝統的な競技あるいはスポーツとして扱われるダーツは、ハードボードを使用することが多いといえます。このハードボードには13.2インチという公式サイズがあります。将来的に大会に出場したいなら、公式サイズを採用しているダーツボードがおすすめです。

 

「公式規格」などと商品説明に書かれている物がおすすめです。一見高級品に見えるダーツボードのなかにもインテリア用や遊び用として作られているものがあります。こうしたものはサイズが合っていない場合があるので注意が必要です。

ハードダーツの素材で選ぶ

静音重視なら、ハードボードは麻製がおすすめです。もっとも、ハードボードのダーツボードはほとんどが麻製なので、人気商品のなかから選ぶなら、一応確認する程度で済みます。かつては木製や紙製も多くありましたが、静音性、耐久性、安価な麻製が主流になっているからです。

 

ただし、木製ダーツボードも販売されています。安価なタイプや、インテリア用のアンティークなダーツボードなどです。こうしたダーツボードは耐久性に難があるので、実際にダーツをするには向いていません。

ダーツボードの人気ランキング10選

第10位

Trademark Global

TG Beveled木製Dart Cabinet – Pro

価格:31,319円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インテリア性も高い

Trademark GlobalのTG Beveled木製Dart Cabinet – Proは、アンティークな木製カバー付のダーツボードです。ダーツボード自体は麻製です。右側はホワイトボードとなっているので、マジックでスコアを付けることができます。

 

付属のダーツもデザインがよいですが、実用性も高いようです。「ダーツボードやダーツが高品質であることにもっと注目すべきだ」といった書き込みもありました。

タイプハードダーツ素材
サイズ18インチ自動計算-
パソコン接続-オンライン対戦-
第9位

BLITZER(ブリッツァー)

BD-26

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業務用ダーツの自宅版

BLITZER(ブリッツァー)は、業務用として販売しているダーツボードを家庭向けに移植したような商品です。公式と同じ環境で自宅で練習したい人に最適です。

 

ねじ止めスパイダーとなっていて、消耗の激しいセグメントの交換もできます。また、ヒット音が響かない静音に配慮された素材になっているところもおすすめのポイントです。

 

「たまに刺さらないことがある」などの不満がありますが、ソフトボードの場合はある程度仕方がありません。「この価格でこのクォリティは入門用としてとても良い」といった満足の意見が口コミで目立ちます。

タイプソフトボード素材ABS樹脂(セグメント交換可)
サイズ15.5インチ自動計算-
パソコン接続-オンライン対戦-
第8位

カイザー(Kaiser)

KW-624

価格:687円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子どもと一緒に遊べる

カイザー(Kaiser)のKW-624は、先端がマジックボールとなっているダーツを使います。とても安全なので、子どもが遊ぶダーツボードとしておすすめです。

 

また、スコアの表示もわかりやすいので、ダーツのルールを詳しく知る必要もありません。パーティグッズとして、みんなでワイワイ使うのも楽しそうです。

 

あくまで遊具ですが、手軽にダーツを楽しみたい人におすすめです。

タイプソフトボード(遊具用)素材ポリエステル
サイズ約350x15x350mm自動計算-
パソコン接続-オンライン対戦-
第7位

ハローズ

ブリッスルダーツボード

価格:6,715円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダーツの本場イギリスの老舗が作ったダーツボード

ハローズはダーツ発祥の地イギリスのハートフォードシャー、ホッズダンに本拠地のある老舗ダーツ用品メーカーです。初心者向けから上級者向けまで幅広いラインナップを揃えており、世界中に愛用者がいます。

 

このブリッスルダーツボードは初心者向け。ダーツ用品メーカーの信頼できるダーツボードが欲しい人におすすめです。全体的にはハローズは他社ブランドに比べ価格が安い傾向があるので、お値打ち品といえるおすすめのダーツボードです。

タイプハードボード素材
サイズ13.2インチ自動計算-
パソコン接続-オンライン対戦-
第6位

Dart7

New GRAN BOARD3 完璧セット

価格:32,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一式すべて揃えたい人におすすめ

Dart7のNew GRAN BOARD3 完璧セットは、商品名の通り、ソフトダーツを心ゆくまで楽しむためのすべての必要アイテムがお得なセットになった商品です。

 

ダーツボードには、GRAN BOARD3という人気商品を採用。公式規格をすべて満たしつつ、ゲームを盛り上げるLEDを付属しています。また、自動計算、パソコンと接続して多彩なゲームなどを楽しめること、オンライン対戦も可能など充実した機能も魅力です。

 

そうしたことから、特にダーツを本格的に楽しむセミプロレベルの人から人気のようです。ダーツバーなどに通い詰めると月に10万円近い出費になってしまうこともあります。そう考えると、3万円超の価格も安いといえるかもしれません。

タイプソフトボード素材ABS素材
サイズ15.5インチ・スタンド(H2000×W600×D350 mm)自動計算
パソコン接続オンライン対戦
第5位

DYNASTY

EMBLEM Queen Type-B

価格:6,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダーツを上手くなりたい人におすすめ

ソフトダーツをメインにしている人であっても、上手くなりたいならハードボードで練習するのがおすすめといわれています。ハードボードは刺さり方を見ることで、自分のフォームの乱れなどがわかるなどのメリットがあるからです。

 

ただし、ハードボードにするとサイズがソフトボードと違います。そのためソフトボードがメインの人にとっては本番で違和感が出てしまったり、変なクセが付いてしまうことも多いといわれます。

 

EMBLEM Queen Type-Bはソフトボードと同じ15.5インチ。太めのスパイダーのラインが印刷されているので、さらにソフトボードに近い感覚で練習ができます。ワンランク上のレベルに進みたい人におすすめのダーツボードです。

 

タイプハードボード素材
サイズ15.5インチ自動計算-
パソコン接続-オンライン対戦-
第4位

MEET

ダーツボード

価格:5,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多人数でのダーツに最適

MEETのダーツボードは多人数でのダーツに最適です。複雑なスコア計算作業を代行してくれる自動計算機能を搭載し、LCDディスプレイに見やすく表示してくれます。簡単な操作をするだけで快適にゲームが楽しめます。

 

最大18種類のゲームモードをプレイすることが可能であり、また、最大8人同時にプレイできます。得点に応じたサウンド機能も搭載しているので、ゲームが盛り上がること間違いなし。一人で静かに練習したい時は、サウンドモードをオフにできます。

 

交換用ダーツも12本付属しているので、これさえ購入すれば、かなり本格的なダーツの環境が整います。

タイプソフトボード素材ABS素材
サイズ15.5インチ自動計算
パソコン接続-オンライン対戦-
第3位

グランダーツ(GRAN DARTS)

dash

価格:7,540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オンライン対戦など多彩な機能が魅力

グランダーツ(GRAN DARTS)のdashは、多彩な機能が魅力のダーツボードです。Bluetoothでスマホなどと簡単にリンクして、世界最大のユーザー数がいるオンライン対戦ができます。「スマホ連動でここまで楽しめるのはコスパが高い」などの口コミもありました。

 

GRAN BOARDは世界最大のユーザー数を誇るメーカーで「GRAN ONLINE」というサービスもスタートさせています。本格的なサービス開始はもう少し先のようですが、ダーツファンからの期待が高まっています。

 

プレイデーターをクラウド上に保存することも可能です。ヒット音、アワードムービーなどのカスタマイズからオリジナルゲームの作成など、多彩な機能が魅力のダーツボードといえます。

タイプソフトボード素材ABS樹脂(静音タイプ)
サイズ15.5インチ自動計算
パソコン接続オンライン対戦
第2位

TARGET

PRO TOUR

価格:7,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界トッププレーヤー認証モデル

Dart7のPRO TOURは、世界トッププレーヤー認証モデル。最高級サイザル麻の高圧縮加工となっており、プロと同じレベルのダーツボードを使いたい人におすすめです。

 

ターゲット社は本場イングランドの会社で、最新のテクノロジーによるダーツボードで人気を集めています。スマートエッジ技術により、従来比で35%のスリム化を実現するなど、省スペースなのもうれしいところです。

 

簡単設置のための日本製ブラケットも付属しています。

タイプハードボード素材
サイズ13.2インチ自動計算-
パソコン接続-オンライン対戦-
第1位

ダーツライブ

DARTSLIVE-ZERO BOARD

価格:5,979円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性で選ぶなら一番のおすすめダーツボード

DARTSLIVE-ZERO BOARDの「ZERO」は騒音ゼロといった意味が込められているダーツボードです。口コミによると「無音とまではいわないが、この静かさは感動モノ」「夜にダーツバーに出かける必要がなくなった」「マンションで使っていても大丈夫」など非常に好評です。

 

また「ハードダーツのように吸い込まれる感じが好き」「粘土に投げてるよう」などの感想もありました。社会人の場合、どうしても練習は夜になってしまいますよね。静音性を重視しつつ、本格的にソフトダーツに取り組みたい人におすすめのダーツボードです。

 

ただし、ソフトボードはたまに落下するため、床に落ちる音が騒音になってしまうこともあります。ラグを敷くなど工夫しましょう。

タイプソフトボード素材プラスチック(静音タイプ)
サイズ15.5インチ自動計算-
パソコン接続-オンライン対戦-

ダーツボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5057815の画像

    ダーツライブ

  • 2
    アイテムID:5057819の画像

    TARGET

  • 3
    アイテムID:5057818の画像

    グランダーツ(GRAN DARTS)

  • 4
    アイテムID:5057816の画像

    MEET

  • 5
    アイテムID:5057850の画像

    DYNASTY

  • 6
    アイテムID:5057865の画像

    Dart7

  • 7
    アイテムID:5057857の画像

    ハローズ

  • 8
    アイテムID:5057836の画像

    カイザー(Kaiser)

  • 9
    アイテムID:5057820の画像

    BLITZER(ブリッツァー)

  • 10
    アイテムID:5057831の画像

    Trademark Global

  • 商品名
  • DARTSLIVE-ZERO BOARD
  • PRO TOUR
  • dash
  • ダーツボード
  • EMBLEM Queen Type-B
  • New GRAN BOARD3 完璧セット
  • ブリッスルダーツボード
  • KW-624
  • BD-26
  • TG Beveled木製Dart Cabinet – Pro
  • 特徴
  • 静音性で選ぶなら一番のおすすめダーツボード
  • 世界トッププレーヤー認証モデル
  • オンライン対戦など多彩な機能が魅力
  • 多人数でのダーツに最適
  • ダーツを上手くなりたい人におすすめ
  • 一式すべて揃えたい人におすすめ
  • ダーツの本場イギリスの老舗が作ったダーツボード
  • 子どもと一緒に遊べる
  • 業務用ダーツの自宅版
  • インテリア性も高い
  • 価格
  • 5979円(税込)
  • 7280円(税込)
  • 7540円(税込)
  • 5199円(税込)
  • 6500円(税込)
  • 32800円(税込)
  • 6715円(税込)
  • 687円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 31319円(税込)
  • タイプ
  • ソフトボード
  • ハードボード
  • ソフトボード
  • ソフトボード
  • ハードボード
  • ソフトボード
  • ハードボード
  • ソフトボード(遊具用)
  • ソフトボード
  • ハードダーツ
  • 素材
  • プラスチック(静音タイプ)
  • ABS樹脂(静音タイプ)
  • ABS素材
  • ABS素材
  • ポリエステル
  • ABS樹脂(セグメント交換可)
  • サイズ
  • 15.5インチ
  • 13.2インチ
  • 15.5インチ
  • 15.5インチ
  • 15.5インチ
  • 15.5インチ・スタンド(H2000×W600×D350 mm)
  • 13.2インチ
  • 約350x15x350mm
  • 15.5インチ
  • 18インチ
  • 自動計算
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • パソコン接続
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • オンライン対戦
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

まとめ

ダーツの楽しみ方は人それぞれです。趣味から本格的な大会参加まで、ソフトボード、ハードボードの選択や、オンライン対戦機能搭載など幅広いダーツボードが販売されています。自分にぴったりのダーツボードを選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ