記事ID138247のサムネイル画像

【自宅で脱毛・高評価】光脱毛器のおすすめ人気ランキング10選

ムダ毛が気になるけど、医療脱毛クリニックや脱毛サロンに行くお金がない。VIOの毛を処理したいけれど、他人に見られるなんてとんでもない。そんな方は、自宅で手軽に脱毛できる光脱毛器がおすすめです。詳しい選び方と人気アイテムをご紹介するので、ぜひご参考ください。

あなたのムダ毛、光脱毛器でお手入れしたほうがいいかも

「腕がチクチクする」「剃り跡が目立って、生足を出せない」「青ヒゲのせいでモテない」など、ムダ毛の悩みに苦しんでいないでしょうか。医療脱毛クリニックや脱毛サロンでの施術は効果があるものの、料金がとっても高額。

 

まして、自分のムダ毛だけでなく、パートナーや子供のムダ毛も一掃したいとなると、100万円以上の大金が軽く飛んで行ってしまいます。毛深い肌を他人に見せるのだって、抵抗感がありますよね。そんなときは、おうちでセルフ脱毛できる光脱毛器がおすすめです。

 

毛の抜ける仕組みは、キセノンランプを電力とコンデンサでパワー変換し、発光させたインテンスパルスライト(IPL)でムダ毛を狙い撃ちにするもの。永久脱毛ではありませんが、最近の光脱毛器は大きな減毛・抑毛効果を得られるんですよ。

光脱毛器の選び方

第一に、光脱毛器は据え置きタイプかハンディタイプかで選びましょう。続いて、照射可能部位やカートリッジの種類などを検討します。ご自身に合った光美容器を選べば、ムダ毛の悩みから解放されること間違いなしといえるでしょう。

光脱毛器のタイプで選ぶ

光脱毛器は大別すると、据え置きタイプとハンディタイプに分かれます。メリット・デメリットがあるため、ご自身に適しているのはどちらなのか、まずはじっくりとチェックしていきましょう。

据え置きタイプ

据え置きタイプの光脱毛器のメリットは、業務用並みのハイパワーであることです。本体内部にあるコンデンサの数が多かったり、照射ヘッドにキセノンランプが複数に仕込まれていたりと、強力なIPLライトを発生させることができます。

 

デメリットは価格が5万円近く、もしくはそれ以上と高額になったり、操作が複雑になったりしてしまうこと。ただし、替えカートリッジを補充し続ければ、長期間に渡っての使用が可能です。

 

脱毛サロンでの施術経験がある方、脱毛効果の高さを求める方、カートリッジを維持しながら長期間でお手入れしたい方は、据え置きタイプの光脱毛器がおすすめです。

ハンディタイプ

ハンディタイプの光脱毛器のメリットは、初期費用を抑えられることです。上位モデルの光脱毛器でなければ、1万円ぐらいから購入できます。また、操作がボタンひとつで簡単だったり、旅行先に携帯できたりするのも魅力的です。

 

デメリットは、据え置きタイプに比べて脱毛パワーが穏やかになってしまうこと。また、ハンディタイプだと替えカートリッジが無いため、照射回数がなくなったら使用終了になってしまうことです。

 

そのため、脱毛初心者の方、光美容器の購入や継続に手軽さを求める方におすすめとなるタイプです。

照射可能部位で選ぶ

照射可能部位を確認してから、光脱毛器を選ぶことも大切です。身体やVラインなら、どの光脱毛器でも照射可能の場合が多いです。しかし、VIOすべてのお手入れをしたい、顔の産毛をキレイにしたい、男性のヒゲをどうにかしたいとなると機種が限られてきます。

 

なぜ機種が限られてしまうかというと、IPL脱毛方式はムダ毛のメラニン色素に反応して脱毛を促進するシステムだから。黒ずみの強いIOライン、黒目のある眼球、男性のヒゲに照射すると、皮膚がヤケドしたり、視力低下の原因になったりする危険性をはらんでいるのです。

 

だからこそ、光美容器の製造メーカーは照射可能部位に慎重になります。逆に言えば、上記の部位がOKな光美容器は、スペックの優秀さを物語っていておすすめといえるでしょう。

カートリッジの種類で選ぶ

カートリッジは、基本的に据え置きタイプの光脱毛器のみになってしまいます。また、最初から脱毛用、美顔用とカートリッジ一式が付帯されている場合もあれば、基本の脱毛カートリッジ以外は別売りで、使うなら購入しなくてはならないという機種もあります。

 

長期間に渡ってあらゆるお手入れを継続したいなら、カートリッジの種類のチェックはおすすめ。ご自身の気に入ったカートリッジがあるのかどうか、ぜひ調べておきましょう。

照射範囲で選ぶ

光脱毛器の照射ヘッドの部分に注目してみてください。どれくらいの面積があるかも重要視しておきたいポイントです。あまりにも照射面積が狭ければ、背中や太もも、お腹など広範囲に渡る部位は照射に時間がかかってしまいます。

 

また、顔やデリケートゾーンなど凹凸のある細かい部分の脱毛は、照射面積が大きすぎると逆に目の周りや黒ずみに触れてしまって危ないです。

 

顔用、からだ用など、アタッチメントがついている機種ならよいのですが、全くないようであれば熟考したほうがおすすめといえるでしょう。

照射回数で選ぶ

光脱毛器に充填されている照射回数は、できるだけ多いほうがお得です。1人分の全身脱毛で消費する照射回数は、約3万発。パートナーやお子様とシェアするなら、もっと多い回数が必要になるでしょう。

 

替えカートリッジを追加購入すれば照射回数を補充できる据え置きタイプはともかく、ハンディタイプの光脱毛器がお望みであれば、使用人数に適した照射回数で選ぶこともおすすめです。

照射レベルで選ぶ

照射レベルが何段階に設定されているかも、光脱毛器選びの際にチェックしておきたい要素です。今回のランキング内では少なくて3段階、最も多いアイテムでは10段階調整ができるようになっています。

 

ムダ毛の濃さや太さは個人差が大きく、さらに生えている部位によっても変わってくるため、ある程度は選べたほうが使いやすくなるでしょう。

 

また、低い照射レベルは美顔モードとして使う機種もあります。光脱毛器を美顔器として使いたい方は、そのあたりにも目を向けておくことがおすすめです。

センサーの有無で選ぶ

お肌の色が照射可能かどうか、どの照射レベルがピッタリなのかを、機械が自動で判断するシステムを搭載した光脱毛器もあります。これはなぜ搭載されているかというと、脱毛初心者には手動での自己判断が難しく、赤みやヤケドの原因になってしまうため。

 

センサーつき光脱毛器であれば、こういった手間ナシでサクサク照射をすすめることができます。しかし、自宅でのセルフ脱毛に慣れた方であれば、「自分で調整したいから、むしろいらない」という場合も。

 

全く光脱毛にトライしたことがないなら、肌トラブル防止のためにも、センサーつきの光脱毛器のほうがおすすめだといえるでしょう。

メーカーで選ぶ

光脱毛器はメーカーで選ぶこともおすすめです。とくに、美容家電大手メーカーであるパナソニックやブラウン、フィリップスなら、違う電化製品を所持していて安心感が強いという方もいることでしょう。

 

また、メーカー名をネットで検索して評判を検討するのも得策です。無名のように思われるメーカーであっても、検索してみれば、案外歴史のある企業だったというケースも多いのです。

口コミで選ぶ

最終的には、必ず口コミもチェックしておきましょう。「どんな人が」「どんな魅力に惹かれて」光脱毛器を購入しているかがわかります。

 

また、良いところも悪いところも、ハッキリと記載されている場合が多いです。メリットとデメリットを確認しておけば、納得の上で光脱毛器を選ぶことができるでしょう。

 

 

光脱毛器の人気ランキング10選

第10位

ローワン・ビューティー

ローワン(Rowan) NFIPL-P100

価格:49,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界初のBluetoothスピーカー付き光脱毛器

ローワンは、世界初・Bluetoothスピーカー搭載の光脱毛器です。スピーカー単体としても使えます。照射レベルは8段階。お肌の様子や好みの強さで照射することができます。照射可能部位は、腕、アシ、身体、Vラインなどほぼ全身。

 

顔は低い照射レベルで打つなら、メーカーも推奨しています。音声案内機能つきだから、説明書を読むのが苦手でも大丈夫。美顔用のスキンケアカートリッジもあるので、美容器具としての活用も可能です。

 

Bluetoothスピーカーは、iPhoneなどのスマホとペアリングできます。本格的な据え置きタイプの光美容器をお探しの方、音楽を聞きながら脱毛したい方におすすめです。

タイプ据え置き照射可能部位目・唇・乳首などの色が濃い部位以外
カートリッジ脱毛・スキンケア照射範囲6.0㎠(脱毛・スキンケア共に)
照射回数20万発照射レベル8段階
センサーの有無タッチセンサーサイズ275mm×212mm×89mm
メーカーローワン・ビューティー
第9位

株式会社ティ・ユー・エフ

2PS(ツーピーエス)

価格:40,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

VIO脱毛ができるハイパワーの光脱毛器

ツーピーエスは、鼻から上以外のほぼ全身のムダ毛を解消できる光脱毛器です。なんと、ほとんどの光脱毛器がNGとしているVIOの脱毛が可能。脱毛サロンで、アンダーゾーンを他人に見せるのは抵抗があるという方におすすめです。

 

照射ヘッドは、キセノンランプがツインで搭載されていてハイパワー。女性だけでなく、男性の剛毛や髭にも対処できます。自動連射モードつきだから、太ももや背中など広範囲な部位にも便利です。

 

別売りの美顔カートリッジを買い足せば、美顔器としての効果も楽しめます。口コミでは、「早く買えばよかった」という声も多いです。据え置きタイプにしては、買いやすいお値段の光脱毛器といえるでしょう。

タイプ据え置き照射可能部位VIO込み、ほぼ全身
カートリッジ脱毛・美顔(別売り)照射範囲6.51㎠
照射回数13万2千発照射レベル8段階
センサーの有無サイズ196×138×178mm
メーカー株式会社ティ・ユー・エフ
第8位

Philips(フィリップス)

ルメア エッセンシャル ライトグリーン BRI862/70

価格:29,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「生えてこなくなった」の口コミが多いおすすめ機種

ルメアエッセンシャルは、フィリップスと皮膚科医が共同で開発したハンディタイプの光脱毛器です。たった4回の照射で、最大75%のムダ毛を解決する効果が期待できます。照射回数は、約20万発。カートリッジ交換がないため、追加での費用がかかりません。

 

照射部位に応じて、単射モードと連射モードが切り替えできます。肌色を自動で判断してくれるスマートスキンセンサー搭載。誤って肌色の濃い部分に照射しようとすると停止するので、ヤケドを負うリスクを防ぐことができます。照射レベルは5段階。

 

5レベルで打つと痛みもある分、高い効果を得ることができたとの意見がレビューに多いです。手軽で本格的なハンディタイプの光脱毛器をお望みの方におすすめです。

タイプハンディ照射可能部位顔(鼻から下)・からだ・ビキニエリア
カートリッジ照射範囲
照射回数約20万発照射レベル5段階
センサーの有無スマートスキンセンサーサイズ169 × 68× 45mm
メーカーPhilips(フィリップス)
第7位

ホーム・スキノベーションズ

センスエピJ

価格:26,784円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イスラエル生まれ。フォトフェイシャルもできる光脱毛器

センスエピJは、美容大国イスラエルで開発されたスタイリッシュなおすすめの光脱毛器です。照射ボタンは搭載されておらず、お肌に触れるとオートセンサーが感知してフラッシュを発します。

 

照射可能部位は、顔・からだ・Vライン。5段階の照射レベルからセレクトできます。1~2のレベルで打てば、アタッチメントの付け替えなくフォトフェイシャルの効果も楽しめます。

 

照射回数は、約15万発。光と音の振動をWで使って脱毛するHPL方式で、お肌に優しくあります。家族5人分の全身脱毛ができるので、コスパも抜群。脱毛だけでなく、美顔もできるハンディタイプをお探しの方はぜひ検討してみてください。

タイプハンディ照射可能部位顔・からだ・Vライン
カートリッジ照射範囲2.7㎠
照射回数約15万発照射レベル5段階
センサーの有無肌色センサーサイズ110 X 800X 40mm
メーカーホーム・スキノベーションズ
第6位

ブラウン(BRAUN)

シルクエキスパート プロ3 PL-3111

価格:38,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フラッシュごとにお肌と照射レベルを自動測定

シルクエキスパートプロ3は、シルクエキスパートシリーズの最新スタンダードモデルです。フラッシュ自動調整システムが搭載されており、照射ごとに適切な照射レベルを判断してくれます。

 

アタッチメントにはコンパクトサイズも付属しているので、顔やデリケートゾーンといった細かい部位の脱毛に便利です。顔の頬骨から下の全身、Vラインが照射可能部位。男性もお使いになれますが、ヒゲへの照射はNGなので要注意です。

 

両脚の脱毛スピードは約9分とハイスピード。週に1回、12週間の継続でムダ毛とサヨナラできます。手早く、安全にお手入れできるハンディタイプの光脱毛器をお探しの方はぜひどうぞ。

タイプハンディ照射可能部位顔(頬骨から下)・からだ・Vライン
カートリッジ照射範囲
照射回数約30万発照射レベル3段階
センサーの有無フラッシュ自動調節システムサイズ181×50×70mm
メーカーブラウン(BRAUN)
第5位

パナソニック(Panasonic)

光エステ ボディ&フェイス用 ES-WP81-S

価格:60,153円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

痛いのはイヤ。効果ナシもイヤという男女へ

パナソニックの光脱毛器「光エステ」は、発売当時からお肌への優しさで有名でした。進化バージョンの本機では、照射ヘッド内部にダブルランプ搭載。出力を抑えたキセノンランプを2本にすることによって、効果はそのままに、お肌への痛みを格段に軽減しています。

 

また、照射ボタンがなく、脱毛したい部位に当てれば自動発光してくれるのも便利。「ボタン押すのに疲れた」「ボタンが壊れて修理に出さなきゃ」ということもありません。付属しているアタッチメントは3種類。

 

からだ用・顔用・ビキニライン用と、各部位に応じたフォルムに設計されていて、よりセルフ脱毛しやすくなっています。男性のヒゲにも使用OK。男女で楽しく脱毛したい方、お肌への刺激が少ない光脱毛器をお探しなら、ぜひこちらをどうぞ。

タイプハンディ照射可能部位ワキ・ウデ・アシ・手・ビキニライン・顔(男女)・胸(男)
カートリッジ照射範囲8.3㎠
照射回数約30万発照射レベル5段階
センサーの有無肌検知センサーサイズ253×79×56mm
メーカーパナソニック(Panasonic)
第4位

Philips(フィリップス)

ルメア プレステージ BRI948/70

価格:65,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパワーでラグジュアリーな光脱毛器

海外企業が製造した光脱毛器は、白人の白い肌を想定して作られているため、日本人が使用すると痛みを感じる方が多いです。しかし、フィリップスのルメアプレステージは、アジア人向けに作られており、さらに皮膚科医と共同開発しているからおすすめ。

 

照射部位は、顔の頬から下、腕、脚、腹部、ワキ、ビキニエリアです。付属のアタッチメントは4種類。からだ用、ワキ用、ビキニエリア用、顔用と、それぞれにあった形状をしているから、初心者でも安心。

 

「効果が早く出た」「照射パワーは十分」と、口コミでも高評価です。ハイクラスのハンディタイプが欲しい方に、最適の光脱毛器といえるでしょう。

タイプハンディ照射可能部位腕・アシ・腹部・ワキ・ビキニエリア・あご・頬・鼻下・
カートリッジ照射範囲最大4.1㎠
照射回数約25万発照射レベル5段階
センサーの有無肌色センサー・スマートスキンセンサーサイズ215×97×160mm
メーカーPhilips(フィリップス)
第3位

ブラウン(BRAUN)

シルクエキスパート BD-5004

価格:41,797円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

みんな探してる。型落ちのプレミアム光脱毛器

2018年に発売されたシルクエキスパートのプレミアムモデルです。すでに、2019年度版の新型が発売されているため、リッチな機能を有していながらも価格が下がり、大人気となっています。

 

購入の決め手として多く上げられているのは、照射モードが選べるから。お肌に最適なパワーで発光する「通常フラッシュモード」、穏やかなパワーで脱毛してくれる「やわらかフラッシュモード」、超ソフトに照射できる「超やわらかフラッシュモード」の3種類です。

 

シルクエキスパートのプレミアムモデルを安く購入したい方、脱毛の痛みにとっても弱い方におすすめの光脱毛器です。

タイプハンディ照射可能部位顔・からだ・ビキニエリア
カートリッジ照射範囲
照射回数約30万発照射レベル10段階
センサーの有無フラッシュ自動調整システムサイズ70×205×50mm
メーカーブラウン(BRAUN)
第2位

脱毛ラボ

脱毛ラボホームエディション

価格:58,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

氷冷5℃。もう保冷剤はいらない

2019年2月に満を持して登場した、脱毛ラボホームエディション。全国展開している脱毛ラサロン「脱毛ラボ」が開発したハンディタイプの光脱毛器です。なんと、氷冷5℃のクーリング機能搭載。保冷剤要らずで、つるつるの美肌を目指すことができます。

 

照射回数の残りがディスプレイ表示されるという据え置きタイプ並みのハイスペックぶり。可愛らしいピンク色のデザイン、VIOも脱毛できるとあって大人気です。コンパクトサイズで旅行や外出にも携帯可能。

 

業務用クラスのスペックで光脱毛器が欲しい方、VIO処理したい方、クーリング機能を魅力に思う方におすすめ。最先端の光脱毛をしたいなら、こちらをぜひ試してみてください。

タイプハンディ照射可能部位顔・からだ・VIO
カートリッジ照射範囲
照射回数約30万発照射レベル5段階
センサーの有無サイズ49.85×171.4×76mm
メーカー脱毛ラボ
第1位

エムロック

ケノン まゆ毛脱毛器付 パールホワイト

価格:69,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光脱毛器の王様。レベル10のワンショットが最強

ケノンは、日立グループのコンデンサとHOYAグループのフィルターを装備した大人気光脱毛器です。照射部位は、目の周りや粘膜以外のほぼ全身。IOラインは推奨されていませんが、照射するなら自己責任になります。

 

照射レベルは10段階。高い効果を求めるなら、お肌を保冷剤でキンキンに冷やして「レベル10・ワンショット」での照射が最強です。室内にムダ毛の焦げたニオイが広がるほどのハイパワー。照射後も、しっかりクーリングしてお手入れしておきましょう。

 

眉毛脱毛器の使い方は、1本の毛を付属のピンセットで挟むだけ。10秒間はさんだ後、そのまま引き抜きます。ハズレのない光美容器をお探しの方、ファミリーでシェアしたい方は、ケノンが最強におすすめです。

タイプ据え置き照射可能部位目の周り、粘膜、IOライン以外
カートリッジスーパープレミアム・ストロング・エクストラ・スキンケア照射範囲最大9.25㎠
照射回数最大300万発照射レベル10段階
センサーの有無タッチセンサーサイズ215×290×90mm
メーカーエムテック

光脱毛器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5056661の画像

    エムロック

  • 2
    アイテムID:5056662の画像

    脱毛ラボ

  • 3
    アイテムID:5056976の画像

    ブラウン(BRAUN)

  • 4
    アイテムID:5056665の画像

    Philips(フィリップス)

  • 5
    アイテムID:5056667の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 6
    アイテムID:5056668の画像

    ブラウン(BRAUN)

  • 7
    アイテムID:5056674の画像

    ホーム・スキノベーションズ

  • 8
    アイテムID:5056682の画像

    Philips(フィリップス)

  • 9
    アイテムID:5056686の画像

    株式会社ティ・ユー・エフ

  • 10
    アイテムID:5056690の画像

    ローワン・ビューティー

  • 商品名
  • ケノン まゆ毛脱毛器付 パールホワイト
  • 脱毛ラボホームエディション
  • シルクエキスパート BD-5004
  • ルメア プレステージ BRI948/70
  • 光エステ ボディ&フェイス用 ES-WP81-S
  • シルクエキスパート プロ3 PL-3111
  • センスエピJ
  • ルメア エッセンシャル ライトグリーン BRI862/70
  • 2PS(ツーピーエス)
  • ローワン(Rowan) NFIPL-P100
  • 特徴
  • 光脱毛器の王様。レベル10のワンショットが最強
  • 氷冷5℃。もう保冷剤はいらない
  • みんな探してる。型落ちのプレミアム光脱毛器
  • ハイパワーでラグジュアリーな光脱毛器
  • 痛いのはイヤ。効果ナシもイヤという男女へ
  • フラッシュごとにお肌と照射レベルを自動測定
  • イスラエル生まれ。フォトフェイシャルもできる光脱毛器
  • 「生えてこなくなった」の口コミが多いおすすめ機種
  • VIO脱毛ができるハイパワーの光脱毛器
  • 世界初のBluetoothスピーカー付き光脱毛器
  • 価格
  • 69800円(税込)
  • 58900円(税込)
  • 41797円(税込)
  • 65400円(税込)
  • 60153円(税込)
  • 38280円(税込)
  • 26784円(税込)
  • 29000円(税込)
  • 40900円(税込)
  • 49780円(税込)
  • タイプ
  • 据え置き
  • ハンディ
  • ハンディ
  • ハンディ
  • ハンディ
  • ハンディ
  • ハンディ
  • ハンディ
  • 据え置き
  • 据え置き
  • 照射可能部位
  • 目の周り、粘膜、IOライン以外
  • 顔・からだ・VIO
  • 顔・からだ・ビキニエリア
  • 腕・アシ・腹部・ワキ・ビキニエリア・あご・頬・鼻下・
  • ワキ・ウデ・アシ・手・ビキニライン・顔(男女)・胸(男)
  • 顔(頬骨から下)・からだ・Vライン
  • 顔・からだ・Vライン
  • 顔(鼻から下)・からだ・ビキニエリア
  • VIO込み、ほぼ全身
  • 目・唇・乳首などの色が濃い部位以外
  • カートリッジ
  • スーパープレミアム・ストロング・エクストラ・スキンケア
  • 脱毛・美顔(別売り)
  • 脱毛・スキンケア
  • 照射範囲
  • 最大9.25㎠
  • 最大4.1㎠
  • 8.3㎠
  • 2.7㎠
  • 6.51㎠
  • 6.0㎠(脱毛・スキンケア共に)
  • 照射回数
  • 最大300万発
  • 約30万発
  • 約30万発
  • 約25万発
  • 約30万発
  • 約30万発
  • 約15万発
  • 約20万発
  • 13万2千発
  • 20万発
  • 照射レベル
  • 10段階
  • 5段階
  • 10段階
  • 5段階
  • 5段階
  • 3段階
  • 5段階
  • 5段階
  • 8段階
  • 8段階
  • センサーの有無
  • タッチセンサー
  • フラッシュ自動調整システム
  • 肌色センサー・スマートスキンセンサー
  • 肌検知センサー
  • フラッシュ自動調節システム
  • 肌色センサー
  • スマートスキンセンサー
  • タッチセンサー
  • サイズ
  • 215×290×90mm
  • 49.85×171.4×76mm
  • 70×205×50mm
  • 215×97×160mm
  • 253×79×56mm
  • 181×50×70mm
  • 110 X 800X 40mm
  • 169 × 68× 45mm
  • 196×138×178mm
  • 275mm×212mm×89mm
  • メーカー
  • エムテック
  • 脱毛ラボ
  • ブラウン(BRAUN)
  • Philips(フィリップス)
  • パナソニック(Panasonic)
  • ブラウン(BRAUN)
  • ホーム・スキノベーションズ
  • Philips(フィリップス)
  • 株式会社ティ・ユー・エフ
  • ローワン・ビューティー

まとめ

光脱毛器の選び方と、おすすめの人気機種をご紹介しました。どれか使ってみたいと思えるは見つかったでしょうか。後悔のない光脱毛器を選ぶには、ハイパワーでしっかり効果を届けてくれる機種を選ぶことです。そのぶん、お肌への負担も大きいので、忘れずに冷やしたり、保湿したりしてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ