記事ID138243のサムネイル画像

【有効的】フラットベンチのおすすめ人気商品ランキング10選

ご自宅でちょっとしたトレーニングをしたい時に便利なのが、このフラットベンチです。折り畳み式の商品もあり、手軽に使用することができるので、この際にチェックしてみましょう。そこで今回は、おすすめのフラットベンチをご紹介していきます。

フラットベンチを使って、手軽にトレーニングを行いましょう。

トレーニングを行う際は、多くの方が、ジムなどに通っているかと思います。ただ、ジムに通うとなると費用が必要だったり、限られた時間の中で運動を行う必要がありますよね。また、予約制であれば、確実に行ける保証もなく、納得のいくトレーニングが、行えないことがあります。

そんな時に便利なのが、フラットタイプなどの、トレーニングベンチになります。自分のペースで使用することができるので、自分に合った運動を、行うことができます。商品によっては、フラットタイプ以外にも、色々な使い方ができる商品もあるので、一度使ってみましょう。

そこで今回は、おすすめのフラットベンチをご紹介していきます。初めて使用される方にとっては、選び方が分からないかと思います。この記事では、ポイントにすべき項目や、おすすめの商品をランキング形式にてご紹介していくので、是非参考にしてみましょう。

フラットベンチの選び方

フラットベンチを安全に手軽に使用するためには、色々なポイントをしっかりと確認しておく必要があります。なので、細かい部分にも注目しながら、選んでみましょう。

タイプで選ぶ

タイプによって、価格も違えば、行えるトレーニングの幅も異なります。なので、まずはフラットタイプから初めてみて、慣れてきたらアジャスタブルタイプにするなど、工夫しながら選びましょう。

フラットタイプを選ぶ

初心者の方は特に、このフラットタイプになっているものから、使ってみましょう。他のタイプに比べて、比較的リーズナブルな価格で購入することができます。なので、初めて使用する方にとっても、お買い求めやすくなっています。

 

もちろん、作りはしっかりとしているので、安心してお使いいただけます。また、商品によって異なりますが、大体耐荷重量が200kgを超えている商品が多いので、高重量を扱う場合でも安心して使用できます。ただし、当然角度調整ができません。

 

このタイプであれば、主に寝た状態で使うことが多くなります。そのため、基本的なトレーニングしかできません。反対に、決まったトレーニングを行う際は、このタイプの十分なので、自分の運動方法によって、選ぶようにしましょう。

アジャスタブルタイプを選ぶ

フラットタイプ以外にも、アジャスタブルタイプといって、角度調節が自由に行えるタイプの商品もあります。ただ、フラットタイプとしても使用できる商品もあるので、色々なトレーニングを行いたい場合は、このタイプを選ぶようにしましょう。

 

このアジャスタブルタイプは、どちらかというと、慣れている方向けの商品になります。様々な刺激を変え、特定の部位に効率的なトレーニングを行えるので、持っていると便利でしょう。とはいっても、フラットタイプに比べて、価格が高いので、予算を考えながら選びましょう。

 

特に初めて使用する方の場合は、続か慣ればコストの無駄になってしまいます。そのため、色々な物事があまり長く続いていないようであれば、最初はお求めやすいフラットタイプから、使ってみましょう。

スペックで選ぶ

スペックはきちんと確認して選ばないと、危険を晒してしまうことがあります。なので、時前にどのぐらいの幅が必要かなど、必ずチェックしておきましょう。

耐荷重で選ぶ

必ずチェックしておくべきポイントとして、耐荷重があります。商品によって、耐えられる重さは、異なるので、しっかりチェックしておきましょう。多くの商品が、大体200kg程度耐えることができます。この時、トレーニング器具のみを考えて、選んでしまわないようにしましょう。

 

当然、自分の体重もプラスする必要があります。トータルしてどれぐらいの重さがあるのかを確認し、その重さに耐えれるものを、選ぶようにしましょう。ただし、丁度の重さのものを選ぶのは、あまりよくありません。

 

なので、例えばトータルの重さが150kgであれば、200kg程度のものを選ぶなど、+10kg程度が多く見ておいた方が、より安全に使用できるものが見つかるかと思います。トレーニングをすると筋肉が付き、体重も増えていくので、それも踏まえ選ぶと良いでしょう。

シートの幅で選ぶ

安全に使用するためにも、シートの幅も重要なポイントです。特に、大胸筋などのトレーニングに使用する場合は、シート幅は要チェックです。シートの幅が狭すぎると、座った時や背中を預けた際に、不安定になってしまいます。

 

また、広すぎると可動域が制限され、大胸筋のストレッチを充分確保できないというデメリットが出てしまいます。大体シート幅の目安は、24~26cmが標準です。なので、これを元に選ぶと間違いないでしょう。

 

もし、1cm程度の差でも使用感が気になるという場合は、事前に好みのベンチの幅を測っておくことで、自分に合ったものが見つかるかと思います。トレーニングを効率良く行うためにも、体に合った商品を見つけることが大切です。

固さで選ぶ

ベンチに座った時や、寝た時の使い心地が悪いと、どうしてもスムーズにトレーニングを行うことができません。また、ベンチの上にクッションとなるものを敷いて使用するとなると、安定感などが失われてしまい、危険になってしまいます。

 

そのため、あらかじめクッション性があり、固すぎないものを選ぶようにしましょう。あまりにも固いと、体が痛くなってしまう可能性があります。せっかく鍛えたりするために、トレーニングを行っているのに、反対に体に負担をかけてしまうので、注意しましょう。

 

ただし、逆に柔らかすぎるものは、体への負荷が下がってしまったり、フォームが崩れてしまう原因になります。なので、口コミなどを参考にながら、自分に合った丁度良い固さのものを選び、快適にトレーニングを行えるようにしましょう。

用途で選ぶ

お部屋のスペースも考えて、場合に応じて折り畳み式のものを選びましょう。また、万が一の事故の時も考えて、しっかりと耐久性が備わっているものを、選ぶことが重要です。

折り畳み式を選ぶ

室内に設置するとなると、そうしてもお部屋にスペースが取れないといった方も、多いですよね。その場合は、折り畳み式のものを、選ぶようにしましょう。もしスペースにゆとりがあるようであれば、それほど気にする必要がありません。

 

ただ、圧迫してしまうようであれば、邪魔になり生活がしずらくなります。特に、小さなお子さんや、ペットがいるご家庭では、誤って転倒させたりして、怪我をしてしまうことがあります。なので、折り畳み式を選び、サッと収納できるものを、選ぶようにしましょう。

 

商品によって異なりますが、脚の部分にあるピンを抜き差しするタイプや、ボルトをひねって調整するタイプが多くなっています。なので、どのように折り畳むかもチェックし、収納しやすいかなど、使いやすいものを選びましょう。

耐久性で選ぶ

より安全に使用するためにも、耐久性にも注目しておきましょう。フラットベンチは縦に長い作りになっているので、端に重さが偏ってしまうと、しなって壊れてしまう可能性があります。

 

ただトレーニング中に壊れてしまうと、最悪の場合思いトレーニング機器の下敷きになり、大きな怪我に繋がってしまいます。そのため、耐荷重だけを確認するのではなく、耐久性もしっかりと備わっているのかを、チェックしておきましょう。

 

例えば、しっかりと脚の部分が広範囲に渡って支えることができるか・シートの裏の補強がされているか・接続部のゆるみがないかなど、しっかりと確認しておくことで、安心してお使いいただけます。特に重要な部分でもあるので、忘れず確認しておきましょう。

価格で選ぶ

初めて使用する方は、価格を元に選ばれる方も、多いと思います。ただ、中には甘く作られていることで、安価になっているものもあるので、注意しましょう。フラットベンチは、価格が上がるほど、耐久性が優れているものが、多く販売されています。

 

とはいっても、初めから高価なものを購入するとなると、抵抗がありますよね。もちろん、リーズナブルな価格のものでも、安定性があったりと、安全に使用できる商品もあります。

 

なので、ロコミなども参考にしながら、機能性をチャックし、安全に使用できるものを、見極めるようにしましょう。心配な場合は、返品・交換サービスが受けれるものを購入するなど、工夫して選びましょう。

フラットベンチの人気ランキング10選

第10位

BODYMAKER

フラットベンチEX TM062

価格:14,029円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レベル問わずに、多くの方に対応しています。

安定感に優れたフラットベンチで、自由に使用できます。これからウエイトトレーニングを始められる方にも、おすすめの商品です。

 

ダンベルさえあれば、様々なトレーニングが可能です。シンプルなので、使い勝手も良いですよ。

 

組み立ても楽なので、最高といった、ロコミが挙がっていました。ビギナーの方からジムに通ってる方まで、レベルを問わずにお使いいただけます。

サイズ59×110×42cm重さ12kg
耐荷重-タイプフラット
シート幅-
第9位

JIANGSU JUNXIA GYM EQUIPMENT CO.,LTD

JX FITNESS 多機能フラットウェイトベンチ

価格:5,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納できるスペースがあるので、器具も一つにまとめれます。

多機能フラットベンチで、ダンベルスクワットや、体重トレーニングなど、様々なシーンでお使いいただけます。特に、腹部のトレーニングや、足の運動などに、おすすめのフラットベンチです。

 

ジムに行って運動しなくても、ご自宅で手軽に使用できるので、かなり便利です。便利なダンベル収納ラックにより、ジム備品が一箇所に収納することができます。また、脚ストラップによって、フラットウェイトベンチが簡単に、シットアップベンチに転換できます。

 

収納スペースが有難いといった、ロコミが挙がっていました。初心者から上級者まで、幅広い方に対応しています。

サイズ110×45×80cm重さ-
耐荷重-タイプフラット
シート幅27cm
第8位

スーパースポーツカンパニー

アイロテック フラットベンチEX

価格:12,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

設置スペースを取らず、インテリアとしても馴染みます。

5.5cm厚の硬めのクッションを採用し、質の良いシートはホールド感も抜群となっています。 安定性に優れていて、インテリアにもぴったりです。脚も3つで固定できるので、安定感も備わっています。

 

さらに、ダンベルトレーニングには欠かせないマストアイテムで、自由にご自宅でトレーニングが行えます。 ただし、14mmレンチ1本と、17mmレンチ2本が必要になるので、時前に用意しておきましょう。

 

元々スリムな形状なので、限られたスペースに設置できるといった、ロコミが挙がっていました。初めはラバーの匂いがするので、換気などを行うことで、匂いを緩和させることができます。

サイズ66×110×43cm重さ13kg
耐荷重-タイプフラット
シート幅25cm
第7位

PURE RISE

フラットベンチ

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッションが固めなので、固い方が好みの方に最適です。

ダンベル運動に定番のフラットベンチタイプで、使い方により上半身の様々な箇所を、効果的に鍛えることが可能です。シンプルなカラーなので、お部屋にもしっかりと馴染みます。
 
 
このフラットベンチは、耐荷重250kgを可能にしているので、安心してトレーニングを行えます。しなりやすく、折れやすい先端部は補強を施しているので、トレーニング領域が広がります。
 
 
作りも良く、安定感も抜群で良いといった、ロコミが挙がっていました。7cmの厚みがある固めのクッションで、腕や背中をしっかり保護します。
サイズ55×110×43cm重さ12.8kg
耐荷重250kgタイプフラット
シート幅-
第6位

WASAI

インクラインベンチ mk600 折り畳み式

価格:5,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワンタッチ操作なので、初めての方にもおすすめです。

ワンタッチで折り畳みが可能なので、どなたでも手軽にお使いいただけます。バーベルを載せるフックが備わっていたりと、使い勝手も良くなっています。イエローカラーがアクセントとなり、おしゃれです。

 

さらに、フレームは11段階に分けて、調節することが可能です。フラットタイプから、背を立たせて使用するなど、効率良くトレーニングが行えるので、効果が期待できます。

 

頑丈に作られていて、お値段以上の価値があるといった、ロコミが挙がっていました。使い方も色々なので、初めて挑戦するトレーンニングもスムーズに行えます。

サイズ1150×330×450mm~950mm重さ10kg
耐荷重180kgタイプアジャスタブル
シート幅-
第5位

MRG

フラットインクラインベンチ

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々なトレーニングにタイプし、使える幅が広いですよ。

ダンベルトレーニングに最適な、商品となっています。フラットインクラインベンチに、デクラインができるように改良しました。

 

ダンベルトレーニング以外にも、使い方により様々な部位を鍛えることができ、様々なシーンで活躍します。おしゃれなレッドカラーで、快適にお使いいただけます。

 

強度が高く、長く使えるといった、ロコミが挙がっていました。ドラゴンフラッグに使えるバーが装着可能になり、簡単に取り外しが行えます。

サイズ51×121×47~116cm重さ22kg
耐荷重200kgタイプアジャスタブル
シート幅24cm
第4位

eSPORTSオリジナル

リーディングエッジ 折り畳み式

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッション性がしっかりとしているので、効率良く運動できます。

フラットベンチ時の安定性と、背もたれ角度調整機能を両立した商品となっています。契約プロトレーナーの監修に基づく構造設計で、快適に使用できます。

 

また、フラット運動時に背もたれのしなりを防ぐ、3点フレームを採用しているので、安定感が抜群です。

 

クッション性もあり、痛みなども感じないといった、ロコミが挙がっていました。4層構造シートにしているので、体をしっかりと支え、効率の良いトレーニングが行えます。 

サイズ54×125×42~123cm重さ18kg
耐荷重300kgタイプアジャスタブル
シート幅-
第3位

eSPORTSオリジナル

リーディングエッジ LE-FFB 折り畳み式

価格:5,960円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

必要な機能だけを、取り入れて作っています。

累計販売台数1万台超を突破した、かなり多くの方に支持を得ている、フラットベンチとなっています。耐久性にもこだわった、柔らかすぎない6cm厚のベンチに仕上げています。

 

さらに、無駄な機能を排除しているので、ダンベル運動時の安定性と強度が、さらに高まっています。

 

これが一番自分に合っているといった、ロコミが挙がっていました。組立が不要なので、初めて使用する方にも、おすすめの商品となっています。

サイズ112×37×42cm重さ9.5kg
耐荷重300kgタイプフラット
シート幅27cm
第2位

YouTen

マルチシットアップベンチ 折り畳み式

価格:5,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりと安定感があり、グラつきなどの心配がありません。

色々なトレーニングが、これ1台で行えます。もちろん、フラットベンチとしても使用できます。フレームの太さがアップしているので、より安定感を持たしています。

 

また、シートの上で仰向けになり、大きく腕を動かすダンベルフライなどの時に、肩甲骨の邪魔にならない思想的な幅を実現してます。この商品は、ピンではなく、ワンタッチで固定するので、グラつきがありません。

 

かなり使い勝手が良く、とても優秀といった、ロコミが挙がっていました。スリムに収納できるので、邪魔になりません。

サイズ490×1175×715〜785mm重さ12kg
耐荷重300kgタイプアジャスタブル
シート幅27cm
第1位

YouTen

フラットベンチ 折り畳み式

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かなりの重さに耐えることができ、安心して使用できます。

折り畳み式なので、限られたスペースに収納することが可能です。耐久性も非常に高く、超すオアにも優れています。従来の商品よりも、さらに研究や改良をし、より使い勝手が良くなっています。

 

また、全面設置ワイド脚と、横揺れ防止の4枚ウィングが付き、しっかりと安定して使用できます。750kgの荷重検査で証明済みで、耐荷重300kgに2.5倍の安全率をかけた、安全設計となっています。

 

とても優秀で、気軽に使用できるといった、ロコミが挙がっていました。収納も簡単に行えるので、使いやすくおすすめのフラットベンチです。

サイズ380×1100×470mm重さ12.1kg
耐荷重300kgタイプフラット
シート幅26cm

フラットベンチのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5055883の画像

    YouTen

  • 2
    アイテムID:5055895の画像

    YouTen

  • 3
    アイテムID:5055898の画像

    eSPORTSオリジナル

  • 4
    アイテムID:5055900の画像

    eSPORTSオリジナル

  • 5
    アイテムID:5055901の画像

    MRG

  • 6
    アイテムID:5055908の画像

    WASAI

  • 7
    アイテムID:5055913の画像

    PURE RISE

  • 8
    アイテムID:5055922の画像

    スーパースポーツカンパニー

  • 9
    アイテムID:5055949の画像

    JIANGSU JUNXIA GYM EQUIPMENT CO.,LTD

  • 10
    アイテムID:5055957の画像

    BODYMAKER

  • 商品名
  • フラットベンチ 折り畳み式
  • マルチシットアップベンチ 折り畳み式
  • リーディングエッジ LE-FFB 折り畳み式
  • リーディングエッジ 折り畳み式
  • フラットインクラインベンチ
  • インクラインベンチ mk600 折り畳み式
  • フラットベンチ
  • アイロテック フラットベンチEX
  • JX FITNESS 多機能フラットウェイトベンチ
  • フラットベンチEX TM062
  • 特徴
  • かなりの重さに耐えることができ、安心して使用できます。
  • しっかりと安定感があり、グラつきなどの心配がありません。
  • 必要な機能だけを、取り入れて作っています。
  • クッション性がしっかりとしているので、効率良く運動できます。
  • 様々なトレーニングにタイプし、使える幅が広いですよ。
  • ワンタッチ操作なので、初めての方にもおすすめです。
  • クッションが固めなので、固い方が好みの方に最適です。
  • 設置スペースを取らず、インテリアとしても馴染みます。
  • 収納できるスペースがあるので、器具も一つにまとめれます。
  • レベル問わずに、多くの方に対応しています。
  • 価格
  • 6480円(税込)
  • 5580円(税込)
  • 5960円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 5880円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 12960円(税込)
  • 5799円(税込)
  • 14029円(税込)
  • サイズ
  • 380×1100×470mm
  • 490×1175×715〜785mm
  • 112×37×42cm
  • 54×125×42~123cm
  • 51×121×47~116cm
  • 1150×330×450mm~950mm
  • 55×110×43cm
  • 66×110×43cm
  • 110×45×80cm
  • 59×110×42cm
  • 重さ
  • 12.1kg
  • 12kg
  • 9.5kg
  • 18kg
  • 22kg
  • 10kg
  • 12.8kg
  • 13kg
  • -
  • 12kg
  • 耐荷重
  • 300kg
  • 300kg
  • 300kg
  • 300kg
  • 200kg
  • 180kg
  • 250kg
  • -
  • -
  • -
  • タイプ
  • フラット
  • アジャスタブル
  • フラット
  • アジャスタブル
  • アジャスタブル
  • アジャスタブル
  • フラット
  • フラット
  • フラット
  • フラット
  • シート幅
  • 26cm
  • 27cm
  • 27cm
  • -
  • 24cm
  • -
  • -
  • 25cm
  • 27cm
  • -

まとめ

今回は、おすすめのフラットベンチをご紹介していきましたが、お気に入りの商品は、見つかりましたでしょうか。なかなかジムに通えない方でも、ご自宅で手軽にトレーニングを行うことができるので、かなり便利です。使い勝手も考えながら、自分に合った商品を選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ