記事ID138229のサムネイル画像

【紫外線対策に】車サンシェードのおすすめ人気ランキング10選

太陽光を遮ることで、車内の温度上昇やダッシュボードの劣化を防いでくれる車サンシェード。扱いやすいカー用品だけに、そのバリエーションは多岐に渡ります。ここではそんな車サンシェードについて、上手な選び方と、おすすめの商品をご紹介していきます。

人と車を守ってくれる車サンシェード

日中の眩しい太陽光は、車内にいる人の肌だけでなく、車の内装にまで紫外線で影響を与えます。レザーやウッドのインテリアを採用している車などは、それが原因で内装が傷んでしまうことも。

 

そんな時に活躍するのが、車サンシェードです。どれも軽量で、コンパクトに収納できるものもあり、価格も手ごろなものが多いのが嬉しいところ。取り付け方も簡単なので、初心者の方でも場合によっては説明書無しで扱えます。

 

また、車サンシェードは日除けだけでなく、駐車中の車内を一目から遠ざける目隠しの役割も担ってくれます。中には消臭・抗菌効果を持つものやスノーカバーになるものもあり、カー用品の中でも必須なグッズの一つとなっていると言えるでしょう。

車サンシェードの選び方

車サンシェードは種類によってその特徴が大きく異なりますから、下準備の無いまま購入しようとするとどれにしようか迷ってしまいます。そうならないために、ここで上手な選び方について学んで行きましょう。

サイズで選ぶ

車サンシェードを選ぶ際に最も重要なのは、自分の車の窓ガラスに合った大きさのものを選ぶことです。サイズがマッチしないと当然ながら十分な遮光効果は得られず、せっかくの買い物が無駄になってしまいます。

 

大きなサイズのサンシェードを小さなガラスに使おうとすれば、本体をゆがめざるを得ず、すぐに傷むことになります。逆に小さなサンシェードを大きなガラスに使おうとすれば、隙間から太陽光の侵入を許してしまいます。

 

縦が1mを超えるようなサイズのものは、大型車用と思っていただいて間違いありません。対して、縦が60cm程度のものは小型車の中でも比較的車高の低いスポーツタイプに適しています。これ以外のものは、おおむねフリーサイズと言って良いでしょう。

コンパクトにまとまるかで選ぶ

車サンシェードは薄いですがある程度の大きさのあるアイテムなので、使わないときにどう収納できるかで選ぶのも重要です。丸めたり畳んだりと収納の仕方はモデルによって異なりますが、小さくまとめられる方が良いという方も多いでしょう。

 

後の項でご紹介しますが、車サンシェードの素材には人工繊維と金属の二種類があります。どちらかと言えば、コンパクトにまとめやすいのは人工繊維タイプのものです。柔らかいのでねじって畳めるものも多く、人気があります。

 

コンパクトにまとめられるかどうかで選ぶのは、比較的小さな車に乗っている方におすすめのやり方です。特に軽自動車などは収納スペースが限られますから、空間を効率的に使うためにもサンシェードのまとめ方をチェックしてあげてください。

タイプで選ぶ

車サンシェードは、大きく二つのタイプに分けられます。車内に付ける中付けタイプと、車外に付ける外付けタイプです。一般的に広く普及しているのは前者ですが、後者も根強い人気を誇っています。

 

中付けタイプはスタンダードな車サンシェードに多く、扱いやすさとリーズナブルさが特徴です。収納しやすい商品が多いため、持ち運びも楽々。初めて車サンシェードを購入する方には、こちらのタイプがおすすめでしょう。

 

外付けタイプはスノーカバーやレインカバーとして使えるものが多く、ガラスを守ってくれるため、大きくて丈夫なことが多いのが特徴です。窓ガラスを傷つけたくない方や、雪の多い地域に住む方にはこちらのタイプがおすすめと言えます。

固定方法で選ぶ

車サンシェードは、固定方法によっても分けることができます。それぞれ特徴とメリットがありますから、ご自身の用途に合わせて検討してみると良いでしょう。どれも扱い方に困るような複雑なものではないので、安心してください。

しっかり固定できる吸盤式

中付けタイプの車サンシェードに見られる、最も一般的な固定方法が、この吸盤式です。フロントガラスに車サンシェードの四隅の吸盤を貼り付けることで固定します。本体の重さがうまく分散されるため、安定感が高いことがメリットです。

 

吸盤の吸着力は長い間使っていると弱ってきますが、付け替え用の吸盤はとても安価に購入できるので心配はいりません。窓ガラスに吸盤の跡が付くのを嫌う方もいますが、水拭きすればすぐに落ちますし、それを補って余りある安定感は魅力です。

 

吸盤式の車サンシェードは安価な商品が多いので、手を伸ばしやすいのも特徴。ですので、最初に車サンシェードをためしてみたいなと考えている方には、こちらのタイプをオススメします。吸盤を替えれば長く使えるのも〇

扱いやすいサンバイザーばさみ式

車サンシェードの中で最も簡単に扱うことができるのは、このサンバイザーばさみ式です。その名の通り、本体を広げてサンバイザーにその上部を挟むだけで使えます。最近急速に需要を伸ばしているので、街中でもよく見かけるのではないでしょうか。

 

この固定方法をとる車サンシェードは柔軟性が非常に高いため、収納するのが楽で持ち運びしやすいこともメリットです。直観的に使えて管理がしやすいとなれば、人気が出るのも当然でしょう。カラーバリエーションが豊富なのも、選ぶ楽しみがあって〇

 

車サンシェードを求めるかた全員におすすめと言っても過言ではない固定方法ですが、中でも収納性・携帯性を重視する方におすすめです。扱いやすく運びやすい上、ある程度サイズの自由が利くので、車の買い替えに対応できるという嬉しい特典もあります。

雪や雨に強いドアばさみ式

最もしっかりと固定できる車サンシェードが、このドアばさみ式のものです。外付けタイップの車サンシェードのほとんどがこの固定方法を取っており、両端をドアに挟みこむことで強風が吹いても外れないよう取り付けられます。

 

表面に金属素材を使うことが多い車サンシェードで、耐久性と耐水性は抜群です。また、窓の上に取り付けるため、雪や雨、砂ぼこりなどのガラスに負担となる要素を防いでくれます。雪の多い地域では、最も多くみられる固定方法と言えるでしょう。

 

丈夫な車サンシェードが欲しい方・雪の多い地域に住む方にはぜひおすすめしたい車サンシェードの固定方法です。外付けゆえに汚れることも多いですが、金属素材のものであれば軽く拭けばすぐに清潔さを取り戻せます。

機能で選ぶ

前の項と一部重複しますが、車サンシェードには遮光以外の機能を持つものもあります。その付加機能の有無で選ぶのも、車サンシェードの購入の際には魅力的なやり方です。上手に選べば、出費を減らすことができます。

 

特に金属製の車サンシェードの場合、その多くが断熱効果に優れるだけでなく、外付けタイプのものであればスノーカバーの役割も果たしてくれます。また、雪や雨だけでなく、落下物や鳥のフンからガラスを守ってくれるというメリットも。

 

雪や雨の多い地域にお住まいの方や、よくアウトドアレジャーに出かける方には、車サンシェードを機能で選ぶことをおすすめします。具体的に狙うべきは外付けタイプの金属製サンシェードでしょう。丈夫で長持ちなことに加え、あらゆるシーンで活躍します。

素材で選ぶ

車サンシェードに使われる素材には、大きく分けて人工繊維と金属の二つがあります。前者は中付け・後者は外付けのものに使われることがほとんどです。そのどちらにも特徴がありますから、用途に応じて選んでください。

シンプルで軽い人工繊維

ナイロンやポリエステルといった人工繊維は、中付けタイプの車サンシェードに使用されることが多く、軽くて通気性が高いことが特徴です。遮光率やUVカット率を上げるために、そのほとんどが特殊加工を施されています。

 

柔軟性の高い素材ですから、収納性と携帯性は抜群。軽量なので荷物にもなりにくく、従来は心配されがちだった耐久性についても向上していますから、経年劣化の心配はさほどありません。

 

車サンシェードについてそれほどこだわりの無い方には、この人工繊維製の製品をおすすめします。扱いやすさが特徴の素材ですから、特に車サンシェードを初めて購入する方はこちらを検討して見ると良いでしょう。

丈夫で高機能な金属素材

金属素材は耐久性と耐水性に優れており、外付けタイプに使われることが多い素材です。アルミや酸化チタンがほとんどで、錆びる心配が無く、軽く拭くだけで清潔さが保てるというメリットもあります。

 

金属素材には消臭効果や抗菌作用を付帯させられているものも多く、中付けタイプが金属素材だった場合、車内を快適に保つことに一役買ってくれます。また、そのほとんどを占める外付けタイプであればスノーカバーやピクニックマットとしても使えるのが強みです。

 

丈夫で汎用性が高い素材なため、雪の多い地域に住む方や、アウトドアレジャーが好きな方におすすめです。また、中付けタイプのものであれば、車内の清潔さにこだわりのある方にもおすすめの素材となります。

遮光率90%以上のものを選ぶ

車サンシェードを選ぶ時、遮光率を確認することを忘れてはいけません。この値が低いことは通常あり得ませんが、万が一車のガラスよりも低い場合(車のガラスは遮光率が高いものもあります)せっかくのサンシェードが無駄になってしまいます。

 

遮光率の低い車サンシェードを使用していると、見た目には光を遮れているようでも、車内には光が入ってきている状態になります。そうなると、車内にいる人の肌に影響があるだけでなく、車の内装、特にダッシュボード上部が被害を受ける恐れがあります。

 

車サンシェードの遮光率の一つの基準となるのは、90%という数字です。この水準であれば、太陽光を十分遮れるだけでなく、紫外線のカット率も高くなる傾向にあります。逆にこの値に達していなければ、選ぶべきではないでしょう。

車サンシェードの人気ランキング10選

第10位

クレトム(Cretom)

ハイメッシュワンタッチシェード

価格:780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

90%UVカットのメッシュサンシェード

人口繊維製のメッシュを三層構造にして、紫外線カット率を90%まで高めた車サンシェードがこちらです。フロントウィンドウ用とサイドウィンドウ用は近い価格で別々に販売されていますが、ここでは前者をご紹介します。特徴は両者とも同じです。

 

比較的格安ながら、高いUVカット率を誇り、上下に四つの吸盤を持つためしっかりとガラスに固定できるなど、使い勝手は良好です。ねじって畳むことができるので、収納場所に困らないコンパクトさも魅力。コスパは高い方でしょう。

 

車サンシェードを手軽に試してみたい方・コスパを重視する方におすすめしたい製品です。また、その高い紫外線カット率から、敏感肌な方や女性の方など、紫外線が気になる方にもぜひおすすめしたい商品となっています。

サイズ40×57cmタイプ中付け
固定方法吸盤式素材人工繊維
吸盤跡あり
第9位

S-WEKA

フロントガラスサンシェード

価格:4,486円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級車に使われるほどの高品質

こちらは、高級外車ブランドBMWの車での使用を前提に作られた車サンシェードです。が、サイズが多くの車に対応しているため、BMW以外の車にも取り付けることができます。価格は少し上級ですが、高級車用だけにその品質の高さは折り紙付きです。

 

遮光率・UVカット率ともに100%に近く、軽量かつ丈夫なので、劣化をさほど気にすることなく、一年中使うことができます。付属のポーチに入れることで、未使用時の収納スペースに悩む必要もありません。非常にコンパクトな形で管理することができます。

 

BMWの車を所有している方にはもちろん、カー用品にはお金をかけたい・品質にこだわりを持ちたいという方には、ぜひおすすめしたい商品です。管理のしやすさと品質の高さで、購入時の価格を安いと思わせてくれます。

サイズ57×147cmタイプ中付け
固定方法サンバイザーばさみ式素材人工繊維
吸盤跡なし
第8位

ニューイング

ロールフィットスクリーンプラス

価格:1,279円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

脱着楽々のサイド用サンシェード

こちらは、フック式を採用した珍しいサンシェードのサイドウィンドウ用になります。専用のフックをサイドウィンドウ上部に引っかけるという変わった取り付け方をしますが、これが意外と便利なのです。

 

窓の開閉とサンシェードの動きが連動するため、窓の開閉時に取り外す必要亜が無く、少しのこととはいえ、手間をへらすことができます。また、細長いパッケージには、どこに置いたか忘れてしまったという時に見つけやすいという隠れた美点もそんざいしています。

 

製品の性質上、サイドウィンドウにサンシェードが欲しいかたにおすすめです。また、夏場に頻繁に窓ガラスを開ける方も必見。ワンタッチでガラスごと開閉してくれるので、ドライブが一層快適になることはうけ合いでしょう。

サイズ73×145タイプ中付け
固定方法フック式素材人工繊維
吸盤跡なし
第7位

メルテック

遮光マジカルシェード

価格:1,062円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能かつ簡単な取り付け方が魅力

サンバイザーに軽く挟み込むだけで簡単に装着できる車サンシェードのご紹介です。扱いやすさに加えて驚異の遮光率99%を誇り、それでいて1000円前後の価格帯に位置するという、コスパ抜群の一品になります。

 

この車サンシェードは、収納袋をハンドルカバーとして使用することができます。ハンドルの表皮は傷みやすいので、保護できる時には極力外気に触れさせるのは避けたいもの。そんな願いをくみ取ってくれる、細かいところにも配慮の行き届いた製品と言えます。

 

車サンシェードに関してコスパ優先の方や、ハンドルカバーも一度に入手したいという方には、ぜひおすすめしたい商品になります。簡単に装着できますから、わずらわしい作業を避けたい年配の方や妊婦さんにも〇。

サイズ70×130cmタイプ中付け
固定方法サンバイザーばさみ式素材人工繊維
吸盤跡なし
第6位

AUTSCA

車用フロントガラススノーカバー

価格:7,820円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外からガラスをがっちりガード

こちらは商品名はスノーカバーとなっていますが、車サンシェードとして使える製品になります。外付けタイプなので窓ガラスの表面を守ることができ、遮光はもちろん、雪や砂ぼこりなどで駐車中にガラスが汚れてしまうのを防いでくれます。

 

表面がアルミでできているため耐久性や耐水性に優れ、サイドミラーカバーも付いているので汎用性も抜群。スノーカバーを名乗るだけに季節を問わず活躍してくれますし、丈夫なのでピクニックシートとしても使うことができます。

 

雪の多い地域に住む方や、丈夫な車サンシェードが欲しい方・車サンシェードに高い汎用性を求めるかたにおすすめの製品です。ドアに挟むだけというシンプルな使い方は、初心者向けでもあります。

サイズ123×192cmタイプ外付け
固定方法ドアばさみ式素材アルミ
吸盤跡なし
第5位

ホメイン

遮光フロントシェード

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで高コスパ

非常にコンパクトかつコスパの高い車サンシェードのご紹介です。折りたたんでねじることでスペースを取らない収納方法を実現しつつ、高い遮光率とUVカット率を誇ります。手軽に購入できる価格帯ながら、必要十分な機能を持った優れものです。

 

見た目も構造もシンプルですので、車サンシェードとしてだけでなく、ちょっとした日除けや、休憩時間の目隠しとしても重宝します。収納しやすい・コンパクトであるというメリットは、持ち運びやすさや汎用性にもつながるということです。

 

簡単に扱える車サンシェードですので、免許取り立てのような初心者の方にまずおすすめしたい商品です。また、リーズナブルな価格帯に位置しているので、メインのサンシェードの予備・サポート用として購入するのも良いでしょう。

サイズ60×130cmタイプ中付け
固定方法サンバイザーばさみ式素材人工繊維
吸盤跡なし
第4位

QcoQce

フロントカバー

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高コスパなオールシーズンサンシェード

こちらは、スノーカバーにもなるオールシーズン適用の車サンシェードです。ドアばさみ式なので実質フリーサイズですから、軽自動車からフルサイズのSUVまで、ほぼどんな車種にでも使うことができます。

 

アルミ製なので耐久性と耐水性が高く、雨や雪からフロントガラスを守ります。四隅に磁石を内蔵しているので、他のドアばさみ式サンシェードより一層しっかりと車体に固定できる上、内側はソフトな素材になっているのでガラスを傷付ける心配もありません。

 

万能なことに加えてフリーサイズと、非常に使い勝手の良い商品ながら、価格帯はとてもリーズナブル。なので、特に中~大型の車にお乗りの方には、ぜひおすすめしたい車サンシェードです。場所や季節を問わず、使い倒すことができます。

サイズ120×183cmタイプ外付け
固定方法ドアばさみ式素材アルミ
吸盤跡なし
第3位

クレトム

遮光フロントシェード

価格:1,100円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

遮光率99%の圧倒的性能

こちらは、先にご紹介したクレトムの車サンシェードのハイグレード版になります。遮光率99%を実現しながらのこの低価格はまさに圧倒的なコスパと言ってよく、格安車サンシェードとしては最も高い人気を誇ります。

 

簡単な脱着方法・耐久性の高い素材・コンパクトに収納できるなど、車サンシェードとして求められる要素は全て兼ね備えています。そこに遮光率99%が加わるわけですから、鬼に金棒とはこのことです。

 

コスパ最優先という方にはもちろんおすすめですが、シンプルな見た目や扱いやすさから、車に乗りたての初心者の方にぜひおすすめしたいモデルでもあります。万が一傷めてしまっても、買い直すのに苦痛を感じる価格帯ではないからです。

サイズ50×73cmタイプ中付け
固定方法サンバイザーーばさみ式素材人工繊維
吸盤跡なし
第2位

メルテック

ブロックシェード

価格:970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消臭・抗菌効果をこの価格で

こちらは酸化チタンを採用した車サンシェードで、遮光・紫外線カットのみならず、車内の消臭やガラスの抗菌まで行ってくれる優等生です。価格も1000円を割りますから、跡の残る吸盤式であることを考えても、高コスパな製品と言えるでしょう。

 

エアクッションが二重になっているので断熱効果が極めて高く、サイズ展開が豊富なので使う車種を選びません。このように高機能かつ非常に扱いやすいので、現在高い人気を市場で誇るモデルとなっています。

 

消臭・抗菌・断熱効果に興味を持たれる方には、ぜひおすすめしたい商品です。価格が非常にリーズナブルですから、格安な車サシェードを探している方も必見です。車種や季節を問わず活躍してくれることでしょう。

サイズ62×131cmタイプ中付け
固定方法吸盤式素材酸化チタン
吸盤跡あり
第1位

メルテック

キルトシェード

価格:2,558円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キルト生地採用の万能サンシェード

キルトパターンの縫い目が特徴的な、ファッショナブルかつ高機能な車サンシェードのご紹介です。キルト縫いを採用することで内部の空気層を増やし、断熱効果を高めています。取り付けも非常に楽で、扱いやすさは抜群の一言。

 

消臭・抗菌効果のある人工繊維を使用しているので、車内を清潔に保つことにも一役かってくれます。加えて見た目がおしゃれなので、停車中の愛車のドレスアップにも貢献してくれる優れもの。人気なのもうなづけます。

 

実用性の高い車サンシェードを探している方はもちろん、ファッション性の高いカー用品を求めている方にもおすすめです。サイズ展開も豊富ですから、車種を問わず選んでいただくことができます。

サイズ70×130cmタイプ中付け
固定方法サンバイザーばさみ式素材人工繊維
吸盤跡なし

車サンシェードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5055168の画像

    メルテック

  • 2
    アイテムID:5055161の画像

    メルテック

  • 3
    アイテムID:5055153の画像

    クレトム

  • 4
    アイテムID:5055137の画像

    QcoQce

  • 5
    アイテムID:5055123の画像

    ホメイン

  • 6
    アイテムID:5055115の画像

    AUTSCA

  • 7
    アイテムID:5055104の画像

    メルテック

  • 8
    アイテムID:5055087の画像

    ニューイング

  • 9
    アイテムID:5055086の画像

    S-WEKA

  • 10
    アイテムID:5055085の画像

    クレトム(Cretom)

  • 商品名
  • キルトシェード
  • ブロックシェード
  • 遮光フロントシェード
  • フロントカバー
  • 遮光フロントシェード
  • 車用フロントガラススノーカバー
  • 遮光マジカルシェード
  • ロールフィットスクリーンプラス
  • フロントガラスサンシェード
  • ハイメッシュワンタッチシェード
  • 特徴
  • キルト生地採用の万能サンシェード
  • 消臭・抗菌効果をこの価格で
  • 遮光率99%の圧倒的性能
  • 高コスパなオールシーズンサンシェード
  • コンパクトで高コスパ
  • 外からガラスをがっちりガード
  • 高機能かつ簡単な取り付け方が魅力
  • 脱着楽々のサイド用サンシェード
  • 高級車に使われるほどの高品質
  • 90%UVカットのメッシュサンシェード
  • 価格
  • 2558円(税込)
  • 970円(税込)
  • 1100円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 7820円(税込)
  • 1062円(税込)
  • 1279円(税込)
  • 4486円(税込)
  • 780円(税込)
  • サイズ
  • 70×130cm
  • 62×131cm
  • 50×73cm
  • 120×183cm
  • 60×130cm
  • 123×192cm
  • 70×130cm
  • 73×145
  • 57×147cm
  • 40×57cm
  • タイプ
  • 中付け
  • 中付け
  • 中付け
  • 外付け
  • 中付け
  • 外付け
  • 中付け
  • 中付け
  • 中付け
  • 中付け
  • 固定方法
  • サンバイザーばさみ式
  • 吸盤式
  • サンバイザーーばさみ式
  • ドアばさみ式
  • サンバイザーばさみ式
  • ドアばさみ式
  • サンバイザーばさみ式
  • フック式
  • サンバイザーばさみ式
  • 吸盤式
  • 素材
  • 人工繊維
  • 酸化チタン
  • 人工繊維
  • アルミ
  • 人工繊維
  • アルミ
  • 人工繊維
  • 人工繊維
  • 人工繊維
  • 人工繊維
  • 吸盤跡
  • なし
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり

まとめ

いかがでしたか。車サンシェードと一口に言っても、その種類や特性はさまざまで、用途に合わせて上手に選びたいものです。ご自身の車や使用目的とよく相談して、ぜひぴったりの品物を見つけて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ