記事ID138228のサムネイル画像

【遠い対象もばっちり】人気のオペラグラスおすすめランキング10選

コンサートや劇場に行かれたりしますか。やっとチケットが取れてすごく楽しみにしていたりしますよね。そんな時、2倍も3倍も楽しむために、憧れの人がしっかり見れたらうれしいものです。今回はそこで活躍するオペラグラスをご紹介していきます。

コンサートや劇場で鑑賞の際はオペラグラス

コンサートや劇場に足を運ぶことが好きな方もいると思います。チケットが取れてワクワクしていても、席がいつも舞台の近くであるとは限りません。オペラグラスがあれば、憧れの出演者の衣装や表情、舞台の演出の様子を細かく目で見ることができます。

 

特別な日の大切な瞬間を残さず捉えられるように、オペラグラスを持っていくのはよいアイデアです。オペラグラスは双眼鏡よりも軽量で安価なものが多いので、手に入れやすいのもメリットの1つです。大体2000円程度で購入できるものが多いようです。

 

オペラグラス購入の際には、むやみに高性能なものを選ぶのではなく、使用目的に合わせた商品を選ぶのがいいです。ではたくさんの種類のあるオペラグラスのうちから何を選べばいいのか、選ぶポイントをご説明します。

オペラグラスの選び方

では早速、豊富な種類のあるオペラグラスは何をポイントに選べばいいのかご紹介していきます。

オペラグラスの構造で選ぶ

オペラグラスには大きく分けて3つの種類があります。種類によって構造や倍率が異なるため、使用目的に沿って選ぶのがいいです。

ガリレオ式

1608年に、ガリレオガリレイが考案した天体望遠鏡の鏡筒を、二つ並べて作られた構造です。対物レンズの凸レンズと接眼レンズの凹レンズの組み合わせによって対象を拡大するため、プリズムがなくても成立像が見えるシンプルな構造です。倍率は大きくて4倍程度と低めです。

 

低倍率のため視界が狭く、ボケやすいという欠点があります。一方光学ガラスではなくプラスチックが使用されているため、軽量で安価という点がメリットです。

ポロプリズム式

1854年にイタリアのポロによって発案されたのがポロプリズム式、通称「ポロ式」です。最も古く最もオーソドックスな双眼鏡と言えるでしょう。対物レンズと接眼レンズ、が共に凸レンズになっており、その間に2個の直角プリズムを90度に組み合わせて成立像を得る仕組みです。

 

特徴としてはすべての反射面が全反射するため光度が高く、対物レンズの口径を大きく設計するのが容易なので、光を取り込みやすくなります。天体観測、海洋観測、または業務監視などに最適な構造で、高倍率です

 

一方光路が乙状に折れ曲がるスペースを確保するため、サイズが大きくなるのが欠点です。また、ポロ式はさらに機密性の高い「ポシュロム型」・製造が簡単で大量生産される「ツァイス型」・コンパクトで高性能かつ安価な「マイクロ型」の3つに細かく分類されます。

ダハプリズム式

19世紀後半、主流だったポロ式を小型化するために、ドイツで考案されたのがダハプリズム式です。ダハとはドイツ語で「屋根」という意味で、一部のプリズムが屋根型をしていることが由来です。ダハ式では反射面が全反射でないため、光の損失が起こります。

 

それを精密な技術で加工することで、コンパクトでも光度の高い双眼鏡となっています。同じスペックでもポロ式より小型でスタイリッシュであり人気が高いです。また、軸が2つあるタイプはコンパクトに畳めるので携帯しやすく、子供の目幅にも調整しやすいという利点があります

 

一般的に一番初めに対象物をとらえる対物レンズが、光学機の性能の決め手になります。対物レンズでできた像を拡大する接眼レンズも、一般的には3枚以上の組み合わせから出来ています。ダハ式は構造上高度な技術を要するため、ポロ式より高価な点がデメリットです。

倍率で選ぶ

どのくらいの倍率のものがいいのか、自分の使用目的に照らし合わせてチェックしましょう。倍率が高いものほどいいと考えがちですが、オペラグラスは高倍率であるほど視界が狭くなりぼやけてしまうというデメリットがあります。おすすめ倍率は10倍以下です。

小さい劇場であれば2~4倍

美術館や博物館、小さな劇場であれば2~4倍のものがおすすめです。低倍率のためレンズが軽く、小型で手ぶれにも強いのがメリットです。ちょっと拡大できればいいのであればお手軽な2~4倍程度のものを選びましょう。

2階席や大きな劇場では5~8倍がおすすめ

もう少し拡大してみたいという場合、2階席や大きな劇場、アリーナなどの広いライブ会場などの場合は、5~8倍くらいの倍率がおすすめです。8倍くらいのオペラグラスは品揃えも多く様々な種類から選ぶ事ができます。

 

このくらいの倍率のものであれば見たいものがみれると考えて良さそうです。

「明るさ」と「ひとみ径」で選ぶ

ほとんどの商品で「明るさ」や「ひとみ径」というスペックが表記されているので、ここから見る際の明るさが判断できます。「明るさ」は対物レンズの直径を倍率で割ったものであり、ひとみ径は明るい場所で30センチほど離れて接眼レンズを見ると中央に現れる明るい円の直径です。

 

目標物をはっきり鮮明に見るためには、明るく見られるオペラグラスがいいです。目安としては、昼間のスポーツ観戦であれば明るさは4くらいがベストです。照明を落としたコンサート会場や劇場であれば明るさは5以上のものを選ぶと良いです。

 

オペラグラスの明るさは「対物レンズの有効径」と「倍率」によって決定し、対物レンズの有効径が大きく、倍率が低いほど明るくなるという特性があります。同じ倍率のものであれば対物レンズの有効径が大きいものを選ぶのが良いですが、サイズが大きくなっていしまう点に注意です。

重さで選ぶ

劇場や試合、コンサートは2時間程度のものが多いです。その間持ち続ける場合には重いタイプの場合手に負担がかかってしまいます。目安としては150g程度のものであれば軽くて手が疲れません。

 

軽量かつ手にフィットするものは、鑑賞の際の強い味方になってくれます

眼鏡をかけたまま使えるかで選ぶ

眼鏡を使用している方もいると思います。眼鏡をかけたまま双眼鏡を覗くと、気持ち悪くなってしまいそうで心配ですよね。まず、眼鏡をかけたまま使用したい場合、アイカップがついておらず接眼レンズ部分と目が密着しないものを選ぶと良いです。

 

また、気持ち悪くならないように倍率は低めのものを選ぶのがおすすめです。

視界の広さで選ぶ

視界が広ければ、より色々なものを見ることができます。1つの対象物をじっくり見たいというよりは舞台の上全体を見渡したいというような方は倍率が5倍以下のものを選ぶといいです。5倍以下でも、一般的な広さの会場であれば舞台全体を見渡せるはずです。

 

視界が広いのがいい方は低倍率のオペラグラスを選んでみてください。

 

オペラグラスの人気ランキング10選

第10位

Aomekie

オペラグラス 3x25

価格:2,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クラシックなデザインがかわいいオペラグラス

第10位はAomekieのオペラグラス 3x25です。一番の特徴がクラシックでおしゃれなデザインです。持ち手の長さは自由に調節でき、ピント合わせも簡単にできます。

 

ズーム倍率は3倍で、小さな劇場や博物館、美術館などでの使用に適しています。フォーカシングノブが付いていて見たいものに自在にフォーカスできます。また軽くて丈夫な柄がついていることも特徴です。

 

ポーチが付属しているので、使わないときはポーチにしまって持ち運ぶことができます。なんといっても見た目が他と被らず特徴的であるので、デザインに一目惚れしてしまった方も多いのではないでしょうか。見た目にこだわる方におすすめです

倍率3倍構造
明るさ×ひとみ径−×8.3mm重量150g
第9位

Nikatto

双眼鏡 コンサート用 10×25

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンサート、花火大会、演奏会などに対応するオペラグラス

第9位はNikattoの双眼鏡 コンサート用 10×25です。対物レンズ膜メッキはFMCブロードバンド緑膜で、98%の光透過率です。高品質FMCブロードバンド緑膜により高い光学透過能があり、目の疲れを軽減しながら、鮮やかな画面も与えます。

 

またフォルムは手で持った時に手にフィットする滑らかで無駄のないシャープな造りになっています。サイズも片手で収まるコンパクトボディでコンサート中も違和感なくフィットし、負担のかからない軽量ボディです。

 

ひとみ径≧瞳孔であれば裸眼で観察した場合と同じ明るさが得られます。人間の瞳孔径は2~3mmぐらいなので、10x25などひとみ径が2.5mmの双眼鏡で十分な明るさが得られます。また、レンズ径25mm以下のためNikattoのオペラグラスはコンパクトであると言えます。

倍率10倍構造ポロプリズム式
明るさ×ひとみ径−×2.5mm重量240g
第8位

Baufut

双眼鏡 12×25

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防振・防水の暗くならないオペラグラス

第8位はBaufutの双眼鏡 12×25です。レンズは高い屈折率が特徴のBak4レンズを使用していて高品質であり、明るさ・鮮明さが自慢です。レンズに入ってきた光の多くを全反射する優れた屈折性により隅々までクリアに見えます。

 

光の損失なく接眼レンズまで導く優れた光学性能であなたの映したい対象物の立体感を存分に楽しむことができます。倍率は光の透過率をできるだけあげる12倍の高倍率レンズです。接眼目当てには扱いやすいターンスライド方式を採用しています。

 

IPX5防水設計であり、生活防水に対応でき、アウトドアでの使用もできます。本体には自動車のサスペンションにも使用される傷つきにくく衝撃耐性に優れた樹脂素材を使用しています。丈夫な素材で、万が一落下させてしまっても本体が割れたりしません。

倍率12倍構造
明るさ×ひとみ径−×2.1mm重量
第7位

TAKU

双眼鏡 10×22

価格:1,859円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特殊コーティングレンズでクリアな視界のオペラグラス

第7位はTAKUの双眼鏡 10×22 です。レンズは特殊コーティングが施されており、拡大10倍を維持したまま鮮明でクリアな視界でコンサートやスポーツ観戦などを楽しむことができます。見かけ視界を見直し、以前のモデルよりもさらに広角な視界を捉える事ができます。

 
重量はわずか136gとコンパクトで、どこへでも気軽に持ち運ぶことができます。目幅は本体を持って真ん中の軸を中心に折り曲げることで簡単に調整でき、ピンと合わせも簡単にできるため使いやすいです。
 
 
長時間の使用によって気分が悪くなったりせず、また夜の野外コンサートなどある程度の暗闇でも使用できます。生活防水で、突然の雨にも対応してくれます。ストラップが付いているので、手首にかけて使用でき便利です。
倍率10倍構造
明るさ×ひとみ径−×2.2mm重量136g
第6位

SuperSunny

双眼鏡 10×22

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アイカップ採用で手ぶれしにくい

第6位はSuperSunnyの双眼鏡 10×22です。こちらはコンサートライブ会場スポーツ観戦、オペラ・バレエ観劇、お子さんやお孫さんのピアノの発表会、運動会、アウトドア、フェスや野外コンサート、ドライブ、美術館など用途を選ばず様々な場面で活躍します。

 
双眼鏡は一般的に倍率が高いほどわずかな動きが双眼鏡に伝わり手ブレしやすいため、長時間使用するのには10倍ぐらいが限界と言われています。しかしこちらのオペラグラスは高級双眼鏡に使われるアイカップを採用した手ブレしにくい特別仕様で長時間使用が可能です。
 
 
接眼レンズ部分にアイカップがついておりフェイスラインにフィットするので手ブレがかなり軽減されます。またレンズには高品質のBak4プリズムを採用いっぱいに視野が広がりコントラストの高い視界をお届けします。
倍率10倍構造ポロプリズム式
明るさ×ひとみ径4.84×2.2mm重量137g
第5位

Preime

双眼鏡 10×25

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンサートのために本気で作られたオペラグラス

第5位は、Preimeの双眼鏡 10×25です。コンサートのために作られたオペラグラスで、ポロプリズム式を採用しており視野が明るく肉眼で見る明るさとほぼ変わりません。ひとみ径が2.5mmで肉眼で見ているような自然な見え方で、コンサートを楽しむことができます

 

こちらのオペラグラスはレンズに高性能のBK7プリズムを採用しており、可視域の透過性が非常に高く、異物などの混入が少ない高品質を実現しています。屈折率の不均一も非常に少なく、コンサート中などの長時間利用でも気分が悪くなりにくい仕様です。

 

機能性もさることながら、ボディも片手に載せられるほどコンパクトで、重量はコンサート中の長時間利用でもほとんど気にならない250g以下となっています。ネックストラップ付きなので疲れたら首から下げて利用できます。

倍率10倍構造ポロプリズム式
明るさ×ひとみ径−×2.5mm重量236g
第4位

Nikon

双眼鏡 アキュロンT01 8x21

価格:4,086円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Nikonのダハプリズム式オペラグラス

第4位はNikonの双眼鏡 アキュロンT01 8x21です。一番の特徴は携帯性に優れたコンパクトボディで野外、屋内の会場、劇場などに持ち運ぶのに最適です。機能性もしっかりしておりレンズには多層膜コーティングを採用しており、視野が明るく見たい対象物を見易いです。

 

ピントリングは操作性が良くひねるだけで簡単にピントの調整ができます。接眼目当てはターンスライド方式が採用されており、誰にでも扱い易い設計です。構造はダハプリズム式で軸が2つありコンパクトに畳めるので、お子様にも携帯しやすくなっています。

 

デザイン性にも優れ、ポップでスタイリッシュなデザインが特徴です。カラーバリエーションも豊富で、オレンジ、ブラック、ホワイト、ブルー、レッドの5色から選ぶことができます。

倍率8倍構造ダハプリズム式
明るさ×ひとみ径6.8×2.6mm重量195g
第3位

OLYMPUS

双眼鏡 10X21 DPC I

価格:5,374円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「より小さく、より美しく」をデザインコンセプトにした双眼鏡

第3位はOLYMPUSの 双眼鏡 10X21 DPC Iです。こちらのオペラグラスは「より小さく、より美しく」をデザインコンセプトにしており、倍率は10倍でサイズもコンパクトなためキャンプやコンサート、スポーツ観戦など、普段の生活シーンのなかで気軽な携帯が可能です。

 

ボディカラーはシックなシルバーでグリップ部にスケルトン調のおしゃれなデザインを採用し、初めて双眼鏡を使われる方、デザインに敏感な方でも気兼ねなく使用できます。曲線美を生かしたkしゃれなデザインに仕上がっています。

 

コンパクトでも光学性能・機能は実用的で全てのレンズとプリズムにはコーティングを施しクリアな視界を確保しているほか屋外での使用の際に目に優しいUVプロテクションを採用しています。合焦距離が短いため、博物館鑑賞やアート鑑賞など屋内使用にも最適です。

倍率10倍構造ポロプリズム式
明るさ×ひとみ径4.4×2.1mm重量170g
第2位

personal-α

双眼鏡 10×22

価格:1,667円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニバーサルデザイン・超軽量オペラグラス

第2位はpersonal-αの双眼鏡 10×22です。こちらは持ちやすく丸みを帯びたデザインが特徴的で、誰にでも使い易いユニバーサルデザインです。10倍の倍率があり対象物をしっかり目に捉えることができます。

 

しっかりと拡大できるのに持ち運びにも便利で、重量は137gとトップクラスの軽さです。長時間使用しても疲れないので、コンサート、ライブ、観劇など、あなたの目的にしっかり対応してくれ楽ませてくれます。明るさは4.8で、屋内外のイベントに対応しています。

 

ポロプリズム式なので高倍率でもしっかり光を取り込んでくれ、しっかりとした明るさを実現しています。昼間のコンサートだけでなく、夜間の野外コンサートや照明を落としたステージでも、しっかり目に収めることができます。

倍率10倍構造ポロプリズム式
明るさ×ひとみ径4.8×2.2重量137g
第1位

PENTAX

双眼鏡 タンクローR ポロプリズム 8×21

価格:4,020円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高屈折率ガラスBaK4を採用した明るい視野のオペラグラス

第1位はPENTAXの双眼鏡 タンクローR ポロプリズム 8×21です。こちらのオペラグラスは小型、高性能で手にぴったりなじむコンパクトフォルムになっています。ポロプリズム式双眼鏡でレンズは非球面レンズ、高屈折率ガラスを使用しています。

 

レンズへのマルチコーティング採用により周辺でも歪みの少ないクリアな視野が得られます。外装はハンドリングしやすいラバーコート使用で手にしっかり馴染みます。使いやすさを追求し、スライド式目当てを採用しています。

 

携帯性に優れた対物レンズ口径21mmのコンパクトボディで、自然観察や屋内の観劇などで気軽に持ち歩いて使用できます。レンズに施したマルチコートと高屈折率ガラスBaK4を使用したプリズムにより、光の透過率と反射率を向上しており、明るい視野が得られます。

倍率8倍構造ポロプリズム式
明るさ×ひとみ径6.7×2.6mm重量210g

オペラグラスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5056798の画像

    PENTAX

  • 2
    アイテムID:5056813の画像

    personal-α

  • 3
    アイテムID:5056828の画像

    OLYMPUS

  • 4
    アイテムID:5056837の画像

    Nikon

  • 5
    アイテムID:5057092の画像

    Preime

  • 6
    アイテムID:5057113の画像

    SuperSunny

  • 7
    アイテムID:5056721の画像

    TAKU

  • 8
    アイテムID:5056745の画像

    Baufut

  • 9
    アイテムID:5056765の画像

    Nikatto

  • 10
    アイテムID:5056785の画像

    Aomekie

  • 商品名
  • 双眼鏡 タンクローR ポロプリズム 8×21
  • 双眼鏡 10×22
  • 双眼鏡 10X21 DPC I
  • 双眼鏡 アキュロンT01 8x21
  • 双眼鏡 10×25
  • 双眼鏡 10×22
  • 双眼鏡 10×22
  • 双眼鏡 12×25
  • 双眼鏡 コンサート用 10×25
  • オペラグラス 3x25
  • 特徴
  • 高屈折率ガラスBaK4を採用した明るい視野のオペラグラス
  • ユニバーサルデザイン・超軽量オペラグラス
  • 「より小さく、より美しく」をデザインコンセプトにした双眼鏡
  • Nikonのダハプリズム式オペラグラス
  • コンサートのために本気で作られたオペラグラス
  • アイカップ採用で手ぶれしにくい
  • 特殊コーティングレンズでクリアな視界のオペラグラス
  • 防振・防水の暗くならないオペラグラス
  • コンサート、花火大会、演奏会などに対応するオペラグラス
  • クラシックなデザインがかわいいオペラグラス
  • 価格
  • 4020円(税込)
  • 1667円(税込)
  • 5374円(税込)
  • 4086円(税込)
  • 2680円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 1859円(税込)
  • 2680円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 2850円(税込)
  • 倍率
  • 8倍
  • 10倍
  • 10倍
  • 8倍
  • 10倍
  • 10倍
  • 10倍
  • 12倍
  • 10倍
  • 3倍
  • 構造
  • ポロプリズム式
  • ポロプリズム式
  • ポロプリズム式
  • ダハプリズム式
  • ポロプリズム式
  • ポロプリズム式
  • ポロプリズム式
  • 明るさ×ひとみ径
  • 6.7×2.6mm
  • 4.8×2.2
  • 4.4×2.1mm
  • 6.8×2.6mm
  • −×2.5mm
  • 4.84×2.2mm
  • −×2.2mm
  • −×2.1mm
  • −×2.5mm
  • −×8.3mm
  • 重量
  • 210g
  • 137g
  • 170g
  • 195g
  • 236g
  • 137g
  • 136g
  • 240g
  • 150g

まとめ

ここまでオペラグラスの選び方のポイントと具体的なおすすめ商品ランキングをご紹介してきましたがいかがでしたか。使用目的に合わせて倍率や構造を選んでみてください。この記事が少しでもあなたの商品選びの参考になれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ