記事ID138210のサムネイル画像

【タニタ製が人気!】口臭チェッカーのおすすめランキング10選

自分の口臭は気づくのが難しく、口臭が気になり始めると、人と接するのも億劫になってしまうもの。そこでおすすめなのが「口臭チェッカー」。最近では判定精度も上がっており、人気のアイテムです。そこで今回は、口臭チェッカーのおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。

口臭チェッカーで臭いケア始めよう

どんなに歯磨きをしていても、気になる口臭。特に大切な人や取引先の人と会う時には気になるものです。そんな時は口臭のレベルを素早く計測できる「口臭チェッカー」がおすすめです。また、吐いた息に含まれるアルコール濃度を測定する「アルコールチェッカー」も人気です。

 

口臭チェッカーは、測定部分に息を吹きかけると、3〜5秒ほどで、息の臭いレベルがディスプレイに表示されます。口臭の原因の主体は「揮発性硫化物」と呼ばれるものですが、口臭チェッカーはその揮発性硫化物をセンサーで感知して、結果を数値やアイコンなどで示します。

 

コンパクトな物が多く、持ち歩いて気になる時にさっと測定できる商品も多く発売されています。すぐにチェックできる口臭チェッカーがあれば、安心して大切な場面でも会話することが出来ますね。

口臭チェッカーの選び方

まずは、口臭チェッカーを迷わず選ぶために、どの点に着目すればよいのかについて、いくつかポイントをご説明しますね。

機能性で選ぶ

まずチェックすべきなのは口臭チェッカーの精度や測定レベルなどの機能性です。機能性に注目して、しっかりと臭いを測定できるものを選ぶのがおすすめです。

精度

特にチェックすべきなのは口臭チェッカーの精度です。商品によっては明らかに口臭があるのに反応しない場合もあります。ですから、口臭チェッカーを選ぶ際は、できるだけ高精度で口臭を測定できる商品を選ぶようにしましょう。

 

精度の良くないものだと、安心して使用することができないので精度は重要です。口コミなどを調べておくのもおすすめです。

 

 

測定値のレベルの細かさ

口臭チェッカーを選ぶ際には、測定値の細かさもポイントの一つです。口臭チェッカーの測定値はメーカーごとに異なり、6~3段階評価の商品が一般的です。この測定値の段階が多いほど細かく正確にチェックできるので、基本的には6段階評価のタイプがおすすめです。

測定時間が早いタイプ

口臭が気になるのは主に外出先の場合が多いでしょう。そのため、あまりゆっくり口臭チェックできないこともあるかもしれません。

 

そこまで長くかかる商品は少ないですが、それでも測定時間は商品によって異なるので、落ち着いてチェックできる時間があまりなさそうな方は、できるだけ短時間でチェックできる商品を選びましょう。

表示形式

口臭チェッカーは、測定結果の表示方法も商品によって違うのでその点にも注目して選ぶのがおすすめです。LEDが点滅するだけのタイプもあれば、イラストで示されるタイプもあります。

 

なお、LEDが点滅するだけのものは、点滅スピードによっては、チェックしづらいものもあるので注意が必要です。点滅が分かりやすいものか、イラストで表示されるものが見やすいのでおすすめです。

用途に合わせて選ぶ

口臭チェッカーは、用途に合わせて商品を選ぶことも大切です。口臭チェッカーをどのように使いたいか、何を求めているのかに着目して選ぶとよいでしょう。

周囲にばれないようにチェックしたい

口臭チェッカーの中には、測定時に電子音などを鳴らさずに、静かにチェックできる商品もあります。電子音がしてしまうと、周囲の人に気づかれてしまう可能性があります。誰しも口臭は気になるものですが、出来れば、チェックしているところ人に気付かれたくないものです。

 

そんな時、サイレントモードの機能が付いているものなら安心です。周囲の人に気づかれるずに、さりげなく口臭ェックできるという点はとても嬉しいポイントです。

口臭以外にも体中の臭いを測定したい

口臭チェッカーの中には、「加齢臭、ミドル脂臭、汗臭」までチェック出来る、多機能の商品も販売されています。年齢と共に気になり始める体臭も、これ一台で測定できるので非常に優れものです。

 

「せっかく購入するなら、全身くまなく臭いチェックしたい」と考える方はぜひチェックしてみて下さい。

飲み過ぎかどうかをチェックしたい

口臭のチェックは出来ないですが、アルコールの濃度を測ってくれる「アルコールチェッカー」も人気があります。アルコールチェッカーは、トップセールスマンがよく携帯しているといわれるアイテムの一つです。

 

アルコールチェッカーの中には、前回の数値を記憶しているタイプの商品もあります。前の飲み会の時の数値を記憶しているため、今日は前回に比べて飲みすぎたかどうかの確認ができます。

 

また、アルコールが残ったまま運転は出来ませんし、翌朝の出勤前にアルコール臭くないかチェックするのにも活用できます。

 

 

携帯しやすさで選ぶ

口臭チェッカーを利用している方の多くは、ポケットやカバンに携帯することが多いです。そのため、携帯しやすいかどうかもポイントです。重さや形状にも着目して選ぶと良いでしょう。

 

軽量タイプ

口臭チェッカーの中にはとても軽量なタイプの商品もあります。そのようタイプならポケットに入れていても重たくなく、携帯していても苦にならないのでしょう。

 

やはり、いつも携帯するものは軽量である方が良いですし、かさばらないという点はとても魅力です。せっかく購入する口臭チェッカーですから、携帯するのに邪魔にならないものを選ぶのもおすすめです。

持ちやすいタイプ

スリムタイプの口臭チェッカーなら、携帯はもちろん便利ですが、使用時にも持ちやすく、使いやすいのでおすすめです。スーツの胸ポケットや、カバンの中のペンを入れるような小さなポケットにも収納できるので、とても使い勝手が良いのが魅力です。

 

 

デザイン

見るからに口臭チェッカーと分かるものかた、一見しただけでは口臭チェッカーだとは分からないスタイリッシュなものまで、幅広いデザインがラインナップされています。

 

自宅でのみ使用する場合はチェッカーと分かりやすいデザインでも良いですが、外出先で使用する場合スタイリッシュなタイプがおすすめです。

コスト面で選ぶ

口臭チェッカーは、ほとんどの商品が消耗品です。1年で使用できなくなるタイプや、数百回、数千回まで使用できるタイプまであります。また、例外としてカートリッジを交換すれば、ずっと使用できる商品もあります。

 

どの口臭チェッカーにするか迷っている方は、消耗品であることに注目して、コスト面を重視して決めるのも一つの方法です。

お手頃価格のものを使い切る

口臭チェッカーには寿命があり、使用回数にも限界があります。商品にもよりますが、500~1000回が使用回数限度のものが多いようです。消耗品であることを考慮して、比較的お手頃価格なものを選び、使い切るというのも一つの方法です

 

価格の安いものならば、あまり使用回数を気にすることなく口臭チェックできます。口臭チェッカーは価格に幅がありますし、もちろん、価格の高いものは精度が高いですが、低価格の口臭チェッカーでも簡単なチェックは可能です。

 

手軽に毎日測定したい、こまめにチェックしたいという方は、コスト重視で決めるのもよいでしょう。

カートリッジを交換すればずっと使用可能

口臭チェッカーの中には、カートリッジ交換をすれば、ずっと使用できる商品も販売されています。使い慣れた物をずっと大切にしたい方はこのようなタイプもおすすめです。

 

お手頃価格で使い切るタイプか、多少価格は高くても、メンテナンスして長く使用できるタイプかに注目して選ぶのもおすすめです。

販売店で選ぶ

口臭チェッカーはドラッグストアではほとんど取り扱いがありません。電気製品なので、ヨドバシやビッグカメラなどの家電量販店で取り扱われています。

ヨドバシカメラ

東京都を中心に全国に20以上の店舗数を構えるヨドバシカメラ。パソコンやOA機器を中心に最新のデジタル製品を取り扱い、客層のニーズに合ったアイテムを提供します。

 

ヨドバシカメラはタニタのブレスチェッカーが豊富に取り扱われています。人気の「ブレスチェッカーeb-100」をはじめとして、においチェッカーやミニサイズなどニーズに合わせて多彩な商品を展開。タニタ製品をお探しの方はヨドバシカメラがおすすめです。

ビックカメラ

関東を中心に、全国に店舗を構えるビックカメラ。子会社のソフマップやコジマもですが、豊富な知識を持つ専門販売員を部門ごとに配置しております。そのため、機械が苦手な方や知識に乏しい初心者でも安心してお買い求めいただけるのが最大の魅力。

 

ビックカメラはタニタを中心にアイリスオーヤマやオーム電機など豊富な数の口臭チェッカーを取り揃えています。ビューティー・健康用品に分類されているので、店舗でお探しの場合は美容家電のあたりを探してみましょう。専門販売員が解説してくれます。

エディオン

ヨドバシやビックカメラについで業界大手の家電メーカーエディオン。大阪をはじめ関西を中心に全国展開しており、信頼と実績のある販売店です。

 

エディオンでは口臭チェッカーのほか、口臭ケアグッズの取り揃えも豊富です。ブレスケアや歯磨き、デンタルフロスなどがあり、日用品も販売しています。口臭チェッカーと合わせて購入しておきたいですね!

ケーズデンキ

「新製品が安い」でおなじみのケーズデンキ。全国に500店舗以上のお店を展開し、業界内でも5位の大手家電メーカーです。特に関東や東北・北海道地方に多く展開している、大規模な家電専門店です。

 

主にタニタの口臭チェッカーを取り扱っており、最新の機器まで取り揃えています。スマートフォン向けアプリをダウンロードすると限定クーポンも使えます。

口臭チェッカーの人気ランキング10選

第10位

タニタ(Tanita)

アルコールセンサー HC-211-WH

価格:7,630円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルコール濃度を0.01mg単位で高精度に表示

プロドライバーの方も愛用している、「タニタのアルコールチェッカー」です。アルコールチェッカーのほとんどは、カートリッジの交換ができませんが、こちらのチェッカーはセンサー交換式なので長期にわたり、ずっと使用することができます。

 

また、呼気中のアルコール濃度を0.01mg単位で高精度に表示するため、非常に正確な数値を知ることが出来ます。サイズは少し大きめですが、タニタの商品ということもありとても人気の商品です。

 

「センサーの精度がよい」「翌朝にアルコールが残っているか不安な時には助かる」との声も。口コミ評価も非常に高い商品です。

測定範囲0.00~1.00mg/L重量約130g
サイズ42mm×145mm×24mm(突起部分含む)電源アルカリ単3乾電池×2本
第9位

タニタ

ブレスチェッカー HC-150SWH

価格:3,100円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

携帯にも便利なペン型のスリムタイプ

タニタブレスチェッカー HC-150SWH」は、息を吹きかけて5秒という速さでチェックでき、判定は6段階の数値と可愛いイラストで表示されます。

 

ペン型のスリムタイプのため、ビジネスマンなら胸ポケットに忍ばせて、さりげなく口臭チェックすることができます。また、日常の口臭チェックはもちろん、ニンニク料理など臭いがきつめの食事をした後にも反応があります。

 

また、イラストの表示もあるため、どなたでも分かりやすく人気の商品です。価格もリーズナブルなので、初めて口臭チェッカーを試したという方にもおすすめの商品です。

測定範囲6段階(イラスト+数字)重量32g
サイズ20mm×17mm×112mm電源単4乾電池×1コ(付属)
第8位

COM-SHOT

デジタル 口臭 チェッカー

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3秒息を吹き付けるだけで素早く口臭チェック

可愛らしいデザインながら、しっかりと測定してくれる口臭チェッカーです。口臭レベルを5段階のイラストで表示してくれます。タバコを吸った後や、ニンニク料理などを食べた後になど気になる時に、3秒間息を吹きかけるだけで口臭チェックができます。

 

簡単に素早く口臭チェックすることができるので、その手軽さが魅力です。携帯にも便利なサイズなので、かばんやスーツのポケットなどに入れて、いつでも持ち歩くことが出来るので安心です。

 

イラスト付きなので分かりやすく、口臭チェッカーが初めての方にもおすすめです。「お手頃価格で、コンパクトで使いやすい」などと、口コミでも人気の口臭チェッカーです。

測定範囲5段階(イラスト+数字)重量63.5g
サイズ37mm×19mm×103mm電源単4電池×2本
第7位

タニタ(Tanita)

HC-310 アルコールセンサー アルブロ

価格:3,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

半導体センサーでアルコール濃度を的確に計測

結果が分かりやすい「タニタのアルコールセンサー」です。アルコールが検知されるとバックライトが赤く点灯し、アラームが鳴るので、はっきりして分かりやすいと人気の商品です。

 

また、しっかりした作りと持ちやすいデザイン、スタイリッシュなブラックカラーで人気があります。「簡単に計測でき、機能的にも満足できる」との声もあり、口コミでも高評価です。

 

半導体センサーでアルコールの濃度を的確に測定してくれるので、飲みすぎた朝はこちらでチェックしておくと安心です。また、センサーキャップを持ち上げるだけで、電源が入るのでとても使い勝手が良いです。コンパクトサイズなので、持ち運びにも便利です。

測定範囲0.00mg/L~0.5mg/L重量約74g
サイズ37mm×120mm×20mm電源単4乾電池×2本
第6位

コニカミノルタ株式会社

Kunkun body(クンクン ボディ)

価格:30,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界初ニオイ見える化チェッカー

Kunkun body」は、測定結果をスマホアプリで数値とグラフ表示することができる、世界初の口臭チェッカーです。価格は高めですが、口臭だけでなく、3大体臭である加齢臭、ミドル脂臭、汗臭まであらゆる箇所をチェックできる優れものです。

 

Kunkun body のニオイ検出技術は、複数のガスセンサーを入力として、ニューラルネットワークを組み、機械学習をさせることによって、臭いの種類と強さを判別することができます。この仕組みは、人間の嗅覚と同じシステムとのこと。

 

口臭の強さや、加齢臭・ミドル脂臭・汗臭の総合的な強さを、100 段階の数値とグラフで表示します。また、それぞれ個別の強さを同性・同世代の平均値とともに 10 段階で表示します。

測定範囲10段階重量約231g
サイズ155mmx80mx8mm電源リチウムイオン電池
第5位

タニタ(Tanita)

アルコールチェッカー EA-100

価格:2,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

体調によって異なる酔い度合いが判別できる

お手頃価格ながら、かなり正確な数値を測定できる「タニタのアルコールチェッカー」です。また、前回のデータが残っているため、飲みすぎた否かの目安にしている方も多数います。

 

体調や人によって異なる酔い度合いが分かるのが魅力です。飲酒時やその前後の測定で、変化がわかるので飲酒のペースを調整できます。

 

スタイリッシュなデザインに、作りもしっかりしているため、ビジネスマンの間でもとても人気の高い商品です。蓋を開けば自動的に電源が入り、お手頃価格の割にはとても評価が高いおすすめの商品です。

測定範囲0.00~0.50mg重量約41g
サイズ32mm×17mm×105mm電源単4形アルカリ電池×2本
第4位

サンコー(Sanko)

ポータブルニオイチェッカー2 PRTDOR8V

価格:1,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛らしいイラストで結果が分かりやすい

ポータブルニオイチェッカー2」の大きな特徴は、5段階のイラスト表示による細かい判定が可能なことです。本体は丸みを帯びたデザインになっているため握りやすいのもポイントです。

 

ただし、イラスト自体は5段階とも似通っているので、判別がしにくいというデメリットがあります。ですが、数値や英語表示によってもどの段階なのか分かるので、イラストは補助的な位置付けとして使うのも良いでしょう。

 

口臭チェックの精度に関しても問題がないレベルです。センサーに向けて5秒ほど息を吹きかけると、 5段階で臭いを表示してくれます

測定範囲5段階(イラスト+数字)重量40g
サイズ103mm×37mm×19mm電源単4電池 2個 (別売)
第3位

タニタ(Tanita)

口臭チェッカー HC-212S

価格:6,593円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペン型のスリムタイプの口臭チェッカー

タニタ口臭チェッカーHC-212S]は、操作が簡単ですぐに結果が表示されるため、とても使い勝手の良い口臭チェッカーです。息を吹きかけ5秒で簡単にチェックができ、分かりやすく6段階の数値とイラストで判定します

 

測定箇所が、キャップで保護されているので、安心して使用することができます。スリムなペン型タイプなのでスタイリッシュで持ちやすく、ポケットに入れて携帯していても邪魔になりません。また、数字が大きく見やすい点もポイントです。

 

センサー寿命は測定回数500回または使用開始から1年となっています。操作も簡単ですぐに判別できるので、口臭チェッカーが初めての方にもおすすめです。

測定範囲6段階(イラスト+数字)重量約68g
サイズ20mm×17mm×112mm電源単4形アルカリ乾電池1本
第2位

タニタ

ブレスチェッカー HC-150M

価格:2,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さりげなく口臭チェックできるコンパクト軽量タイプ

タニタブレスチェッカーミニ」は3色の可愛らしいカラーから、好きなものを選ぶことができます。また、手のひらサイズで持ち歩きにも便利なのもポイント。同じタニタから発売されているブレスチェッカーよりも小ぶりで商品重量もわずか35g。

 

口臭チェッカーの中ではかなり軽量なので、カバンのポケットなどどこでも携帯できます。一見してブレスチェッカーとは分からないデザインなので、外出先で使いやすいのも魅力。また、5秒で測定結果が出るため、口臭が気になったらすぐにチェックすることができます。

 

タニタの口臭チェッカーは精度が高く、他社の口臭チェッカーが反応しない場合でもしっかり判定してくれます。数字と顔のイラストによる6段階の判定も分かりやすく、液晶画面もすっきりとしていて確認しやすくなっています。

測定範囲6段階(イラスト+数字)重量35g
サイズ61×41.6×20.7mm電源アルカリ単4乾電池1本
第1位

タニタ(Tanita)

ブレスチェッカー EB-100

価格:2,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さりげなく測定できる消音設計、バイブレーター搭載

タニタ ブレスチェッカー EB-100」は、測定結果をバイブレーターの振動とLEDランプで知らせてくれます。周囲の人に気づかれずにいつでもチェックできるのが魅力の口臭チェッカーです。

 

バイブレーター機能搭載の口臭チェッカーは数少なく、さりげなくチェックすることができるのでとても人気があります。また、口臭の測定範囲は 6段階で、半導体センサーで検知し、3つのLEDランプの点灯と点滅でお知らせしてくれます。

 

センサー寿命は購入後1年経過または1,000回測定した場合のどちらか早い方となります。センサー使用回数を4段階のランプでお知らせするので、センサー寿命がわかりやすいのも魅力です。

 

測定範囲6段階(LEDランプ)重量40.8g
サイズ30mm×19mm×120mm電源単4形アルカリ電池×2本

口臭チェッカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5054091の画像

    タニタ(Tanita)

  • 2
    アイテムID:5054141の画像

    タニタ

  • 3
    アイテムID:5054269の画像

    タニタ(Tanita)

  • 4
    アイテムID:5054290の画像

    サンコー(Sanko)

  • 5
    アイテムID:5054333の画像

    タニタ(Tanita)

  • 6
    アイテムID:5054262の画像

    コニカミノルタ株式会社

  • 7
    アイテムID:5054348の画像

    タニタ(Tanita)

  • 8
    アイテムID:5054155の画像

    COM-SHOT

  • 9
    アイテムID:5054365の画像

    タニタ

  • 10
    アイテムID:5054322の画像

    タニタ(Tanita)

  • 商品名
  • ブレスチェッカー EB-100
  • ブレスチェッカー HC-150M
  • 口臭チェッカー HC-212S
  • ポータブルニオイチェッカー2 PRTDOR8V
  • アルコールチェッカー EA-100
  • Kunkun body(クンクン ボディ)
  • HC-310 アルコールセンサー アルブロ
  • デジタル 口臭 チェッカー
  • ブレスチェッカー HC-150SWH
  • アルコールセンサー HC-211-WH
  • 特徴
  • さりげなく測定できる消音設計、バイブレーター搭載
  • さりげなく口臭チェックできるコンパクト軽量タイプ
  • ペン型のスリムタイプの口臭チェッカー
  • 可愛らしいイラストで結果が分かりやすい
  • 体調によって異なる酔い度合いが判別できる
  • 世界初ニオイ見える化チェッカー
  • 半導体センサーでアルコール濃度を的確に計測
  • 3秒息を吹き付けるだけで素早く口臭チェック
  • 携帯にも便利なペン型のスリムタイプ
  • アルコール濃度を0.01mg単位で高精度に表示
  • 価格
  • 2950円(税込)
  • 2800円(税込)
  • 6593円(税込)
  • 1980円(税込)
  • 2860円(税込)
  • 30500円(税込)
  • 3296円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 3100円(税込)
  • 7630円(税込)
  • 測定範囲
  • 6段階(LEDランプ)
  • 6段階(イラスト+数字)
  • 6段階(イラスト+数字)
  • 5段階(イラスト+数字)
  • 0.00~0.50mg
  • 10段階
  • 0.00mg/L~0.5mg/L
  • 5段階(イラスト+数字)
  • 6段階(イラスト+数字)
  • 0.00~1.00mg/L
  • 重量
  • 40.8g
  • 35g
  • 約68g
  • 40g
  • 約41g
  • 約231g
  • 約74g
  • 63.5g
  • 32g
  • 約130g
  • サイズ
  • 30mm×19mm×120mm
  • 61×41.6×20.7mm
  • 20mm×17mm×112mm
  • 103mm×37mm×19mm
  • 32mm×17mm×105mm
  • 155mmx80mx8mm
  • 37mm×120mm×20mm
  • 37mm×19mm×103mm
  • 20mm×17mm×112mm
  • 42mm×145mm×24mm(突起部分含む)
  • 電源
  • 単4形アルカリ電池×2本
  • アルカリ単4乾電池1本
  • 単4形アルカリ乾電池1本
  • 単4電池 2個 (別売)
  • 単4形アルカリ電池×2本
  • リチウムイオン電池
  • 単4乾電池×2本
  • 単4電池×2本
  • 単4乾電池×1コ(付属)
  • アルカリ単3乾電池×2本

アプリで口臭チェック「RePERO」

IOS向けにリリースされたアプリ「RePERO」では、スマホで写真を撮るだけで口臭をチェックできます。舌の汚れに着目し、食べかすや汚れなどの度合いをAIが色味で判定。口臭リスクを判定してくれます。

 

直接口臭をチェックするわけではないため、歯磨き後や食後などのタイミングによって誤差が生じますが、接客や営業など人と関わる機会の多い方はぜひチェックしてみてください。

 

ただし団体単位で契約しないと使用できないため、個人利用の場合はインストールしてもログインできません。団体で導入を検討される場合は、公式ページから問い合わせてください。

口臭対策にはブレスケア

歯周病や食べかす、磨き残しなど口臭の原因はさまざま。最も効果的な対策はもちろん歯磨きですが、出先や外出中、どうしても歯を磨けないときってありますよね。そんなときにおすすめなのが「ブレスケア」です。

 

ブレスケアの魅力はなんといっても手軽にケアできる点。仕事終わりのデートや飲み会の後、気になる食事の後に口に入れるだけで簡単に息リフレッシュ!持ち運びにはもってこいです。

 

他にもキシリトールガムやモンダミンなど、口臭グッズはたくさんあります。口臭チェッカーで継続的に息のレベルをチェックしながら、常にエチケット対策を心がけましょう

まとめ

口臭チェッカーの選び方のポイントとおすすめの商品をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?口臭チェッカーは臭いの良い・悪いを測定することはできませんが、臭いの強さは測定することができます。口臭に悩んでいる方は、ぜひ口臭チェッカーの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ