記事ID138209のサムネイル画像

【初めてでも大丈夫】人気の家庭菜園おすすめ作物ランキング10選

わざわざ野菜を買いに行かなくても、自宅で作物が手に入るというのは非常に魅力的ですよね。しかし、育てるのが大変というイメージがあり、なかなか挑戦できない方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、人気の家庭菜園おすすめ作物をランキング形式でご紹介します。

家庭菜園で、じぶんだけの作物を育てよう

誰でも簡単に、旬の果物や野菜作りが楽しめる「家庭菜園」がブームになっています。北海道から九州まで全国各地で、庭や畑、ベランダ、室内など、場所を問わず楽しめるのが家庭菜園です。

 

土作り、珍しい野菜やハーブのプランター栽培方法、春夏秋冬の収穫カレンダーなどの本も多数販売されており、興味を持つ人が多い中、なかなか始めることができない方も多いのが現状です。

 

今回ご紹介する、人気の家庭菜園おすすめ作物ランキングを参考にして、あなたも家庭菜園デビューをしてみませんか。きっと、新しい楽しみが増えるはずです。

家庭菜園の作物の選び方

家庭菜園を始めるために、まずは何を育てるのかを決めなければなりません。あなたが作物を育てる環境、手入れの頻度などによって適した作物が異なりますので、あらかじめ選ぶポイントを押さえておきましょう。

収穫までの期間で選ぶ

種をまいてから収穫までの期間は、1カ月から半年以上と、野菜によってさまざまです。期間が長ければ長いほど、天候や害虫、病気などのトラブルに遭う可能性も高くなるため、初めて野菜を育てる方は、できる限り早く収穫できるものを選ぶことをおすすめします。

 

最短1カ月で収穫できる超スピード野菜は、水菜、小松菜、リーフレタス、ルッコラなどです。

種まきの季節で選ぶ

家庭菜園は1年中行うことができますが、季節ごとに育つ野菜や果物は異なっています。その季節によって作れる作物を、種まきの季節ごとに整理しておきましょう。

春(3月~6月)

春に種をまく作物は、枝豆、オクラ、バジルなどです。枝豆はスーパーなどでも大量に購入ができますが、家庭菜園で栽培すると甘みが格別に違います。また一度にたくさんできるため、様々な楽しみ方ができます。塩茹ではもちろん、混ぜご飯などにもぴったりです。

 

鮮度が命のオクラは、家庭菜園でこそ収穫したてを食べることができます。オクラの花はハイビスカスのような形をしており、中心が濃い紫色、外側が柔らかい黄色です。とても綺麗なため、栽培中も楽しむことができる野菜です。

 

パスタやピザにはかかせないバジルは、シソ科のハーブです。様々な料理に活用ができるため、自宅で栽培されるハーブとしてとても人気です。水と肥料をたっぷりと与え、アブラムシから守ることがポイントです。

夏(7月~8月)

夏に種をまく作物は、春菊や小松菜です。ビタミンCやカロテンが豊富な春菊は、お鍋やサラダに欠かせない存在です。間引きをしながら大きく育っているものを残すのがポイントで、間引きした春菊ももちろん食べることができます。11月ごろに本格的に収穫できます。

 

小松菜は、種まきから約1ヶ月ほどで収穫ができます。アブラムシや害虫がつきやすいため、種まき直後から支柱を立て、防虫ネットを被せることをおすすめします。

秋(9月~11月)

秋に種をまく作物は、ミニ白菜やリーフレタスです。冬のお鍋に欠かせない白菜は、プランターでも作ることができます。まず苗になるところまで育て、その後大きめのプランターに植え付けをします。定植してから40日ほどで収穫ができ、ぜひお鍋で楽しみましょう。

 

リーフレタスは、種まきから収穫までが約2ヶ月と比較的早く、小さなプランターでも栽培ができるため、初心者の方にもおすすめです。リーフレタスがあるだけで、いつものサラダがとてもおしゃれになります。

 

ちなみに、リーフレタスには、緑リーフレタスと赤リーフレタスがあります。どちらも育てやすいため、彩りを考えて好きなほうを選ぶとよいでしょう。

冬(12月~2月)

冬に種をまく作物として代表的なのは、シシトウです。シシトウは、害虫にも強いため、簡単に育てることができます。ただし、種から育てると育苗期間が長いため、初心者の方は苗から植え付けをすることをおすすめします。

育て方で選ぶ

家庭菜園といっても、多種多様なイメージではないでしょうか。さまざまな栽培方法があり、何が自分にあっているか分からない方も多いはずです。家庭菜園のプランから何を育てるか決めるのも一つの手ですので、チェックしておきましょう。

キッチン菜園

外で作業をしたくない方、そんなに量はいらない方におすすめなのが、キッチン菜園です。お料理の薬味や彩りなどで、少しだけ欲しいと思ったことはありませんか。スーパーで購入すると量が多く、余ったものは捨てるはめになることもあるでしょう。

 

キッチン菜園であれば、すぐ近くに置いておくことができるため、管理もしやすく便利です。中には、水だけで育てられる野菜もあり、ネギ、シソ、もやし、かいわれ大根が人気があります。

 

住宅事情によってはベランダがない、周囲はコンクリートだらけ、日当たりが悪いなど外での栽培が難しいこともあるはずです。そんなときは、キッチン菜園をおすすめします。

プランター菜園

プランター菜園は、ベランダのちょっとしたスペースで栽培できます。都会のマンションに住んでる方、お手入れが面倒な方におすすめの菜園です。プランター菜園におすすめの野菜として、トマト、キュウリ、ナス、ネギ、シソ、イチゴが挙げられます。

既に畑を持っている方や、本格的な家庭菜園をやりたい方には、広い面積で十分な土を確保できる畑での栽培がおすすめです。庭で初めて家庭菜園を行う方は、土台となる土づくりからしっかり行いましょう。

 

畑が広く自分で整地が難しい場合、土起こしを代行してくれる業者もあります。畑を所有していない方でも、市民農園やレンタル農園など区画を借りて栽培する方法もあります。畑で栽培する場合には、ジャガイモ、ニンジンがおすすめです。

収穫量で選ぶ

せっかく家庭菜園をするのであれば、できるだけ多く収穫したいと思いますよね。その場合には、一株で何度も実を実らせる「実もの」、短期間で次々と葉を作る「葉もの」など、なるべく長い期間をかけてたくさんの収穫ができる作物がおすすめです。

 

「実もの」であれば、ミニトマト、ピーマン、ナスなど、「葉もの」であれば、ハクサイ、キャベツ、レタス、コマツナ、ホウレンソウ、シソ、バジルなどがおすすめです。

育てやすさで選ぶ

育てやすさに注目して選ぶと、失敗が少なく、無事収穫までたどり着くことができます。害虫がつきにくい、湿度や温度変化に強いなど、手間なしで簡単に育つ作物がおすすめです。

 

畑を使用する場合には、初心者であれば、土の中で育つ大根やじゃがいもなど、根野菜が育てやすくおすすめです。また、種から栽培するのが難しい作物も、ホームセンターで苗を買えば上手に育てることができます。

家庭菜園の作物の人気ランキング10選

第10位

サカタのタネ

四季なりイチゴ ワイルドストロベリー

価格:216円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

観賞用としてもOK

四季なりイチゴは、1年を通して何度も収穫ができる、四季成り型の家庭菜園向き作物です。ベランダ等の限られたスペースでも栽培でき、見た目も可愛いため鑑賞用としても人気があります。

 

イチゴは果実のため、施肥は欠かせません。 肥料を十分に与え、やや乾燥気味で育てましょう。容器は大きい方が土がたっぷり入り、根もしっかりはりますので場所に余裕があれば大きいサイズを選ぶといいでしょう。

 

イチゴの栽培は、家庭菜園に慣れてきた人向けの作物ではありますが、それでもまだ難易度は中級程度のため、挑戦してみたいという方は育て方をよく調べてみましょう。

種まき時期収穫期間約8か月
難易度中級
第9位

農業屋

グリーンマッペ(緑豆)

価格:270円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栽培カンタン

ズボラでも飽き性の人でも、室内にいながら簡単に栽培できるのがもやしです。収穫までの期間が短く、お世話も手間がかからないため、失敗することもまずありません

 

プランターでも栽培でき、初心者の方でもつくりやすいです。光を当てない暗所で栽培するため、年間を通して栽培することができます。もやしを含め、スプラウトは必ずスプラウト専用の無消毒種子を使用してください。

 

一般に売られている野菜栽培用の種子は農薬で種が消毒されていることがあり、これをスプラウト栽培に使用してしまうと非常に危険なレベルの残留農薬が混入してしまう恐れがあります。

種まき時期通年収穫期間約1週間
難易度初級
第8位

サカタのタネ

おてがる五角オクラ

価格:600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養価が高い

オクラは原産国がアフリカというだけあり、高温の日当たりのいい環境でよく育ちます。反面、耐寒性は弱く、10℃以下になると全く生長しません。「オクラ」は和名かと思いきや、英名です。和名は「アメリカネリ」、フランス語では「ガンボ」と呼ばれます。

 

寒さに弱く、移植を嫌うため、地温が上がってから直まきするのがおすすめです。育苗する場合には、ビニールトンネルなどで保温します。大きく育ち過ぎるとすじっぽくなるため、8cm程度の大きさで若採りしましょう。

 

β-カロテン、ビタミンB1、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、鉄分などが含まれ栄養価が高い野菜です。また、ネバネバの成分であるペクチン、ムチンといった食物繊維には血糖値の上昇を抑えたり、コレステロールの吸収を抑える効果があります。

種まき時期収穫期間約2か月
難易度中級
第7位

サカタのタネ

緑のカーテンゴーヤ

価格:324円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夏バテ防止に

正式名は「ツルレイシ」といいます。独特の苦味と栄養価の高さから年々、人気が高まってきています。加熱しても壊れにくいビタミンCを豊富に含み、夏バテにも効果大です。夏の食卓に積極的に取り入れたい野菜です。

病害虫の被害が少なく、つくりやすい点も魅力です。ゴーヤをベランダに植えてつるをうまく絡ませれば、グリーンカーテンになり、エアコンの節電にもなります。ネットや支柱にしっかり誘引しましょう。

 

通常、ビタミンCは熱を加えると壊れやすいですが、ゴーヤは火を通してもビタミンCがほとんど減りません。夏の紫外線によるシミ・ソバカス予防にもってこいの野菜です。ゴーヤ独特の苦味成分であるモモルデシンは食欲増進の効果があり、夏バテにもおすすめです。

種まき時期収穫期間約2か月
難易度中級
第6位

サカタのタネ

おてがるピーマン

価格:1,432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ビタミンCが豊富

ピーマンには、メラニン色素を分解する作用のあるビタミンCが非常に豊富に含まれています。夏はピーマンを作り、畑仕事の後にピーマンをたくさん食べれば、日焼け対策にもなって一石二鳥です。

 

ナスよりもさらに高温を好み、低温にあうと育ちが悪くなるため注意が必要で、また発育温度は15~20℃のため、外気が十分に暖かくなってから定植することが大切です。一番最初の実は思い切って若どりをし、株全体に養分がいきわたるようにしてあげましょう。

 

ビタミンC、カロテンが非常に豊富で、女性には特におすすめの野菜です。

種まき時期収穫期間約3か月
難易度中級
第5位

サカタのタネ

九条葉ねぎ

価格:338円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薬味におすすめ

昔から薬用植物として栽培されてきたネギは、暑さ、寒さどちらにも強く適応性があります。しかし、通気性の悪い土壌には弱く、ベト病などが発生しやすいため注意が必要です。土壌の多湿にさえ注意していれば、わりと育てやすい野菜です。

 

ネギは、春まき・秋まきどちらでも栽培することができます。秋まきの場合、苗を植えつける春先にとう立ちするため、ネギ坊主は早めに摘み取り、品質を損ねないように注意しましょう。

 

緑色の部分にはβ-カロテン、ビタミンC、カルシウム、カリウムなどが多く含まれ、白色の部分にはネギ特有の刺激性のある臭いの元となる硫化アリルが豊富に含まれています。硫化アリルには殺菌作用や抗菌作用、体を温める作用があり、風邪の予防には最適です。

種まき時期春・秋収穫期間約10か月
難易度中級
第4位

株式会社トーホク

大葉青しそ

価格:162円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お料理の仕上げに

シソは、お料理の仕上げによく使用しますが、スーパーで買うと使い切れず余ってしまうことも多い野菜ではないでしょうか。こんなとき、家庭菜園であれば、ほしいときにほしい分だけ収穫することができます。

 

暑さに比較的強く、土質も選ばない野菜のため、気軽に家庭菜園を楽しむことができます。また、シソは、芽も葉も実も穂も食べることができる野菜です。ビタミン・ミネラル類を多く含み、日本では昔から解毒、咳止めなどの薬草として使われてきました。

 

β-カロテンが多く含まれ、さらにビタミンB1、B2、B6、ビタミンC、E、Kも多く、ナイアシンも含んでいます。カルシウムも豊富で、鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛なども含んでいます。

種まき時期収穫期間約2か月
難易度中級
第3位

タキイ種苗

ナス とげなし千両二号

価格:1,490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の夏にぴったり

インドが原産地のナスは、高温多湿を好み、日本の夏にあった育てやすい野菜です。暖かい環境で苗作りをして、定植後には肥料を切らさないようにすることで、長期間たくさん収穫することができます。更新剪定することで株が若返り、秋ナスの収穫も可能です。

 

種まきから収穫までの日数は、約120日です。ナスの光沢ある果皮の色は、ナスニンと呼ばれるアントシアニン系色素であり、ポリフェノールの一種。高血圧や動脈硬化を予防する効果が期待できると言われています。

 

ナス栽培では、追肥と水やりは欠かせません。植え付けから3週間後に1回目の追肥を行い、ナスは次々と収穫するため、継続的に多くの肥料が必要になります。1回目の追肥以降は、2週間に1度のペースで追肥する必要があります。

種まき時期収穫期間約4か月
難易度中級
第2位

タキイ種苗

短形四葉キュウリ シャキット

価格:475円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夏野菜の代表格

夏野菜の代表格でもあり年中食べられるキュウリは、家庭菜園初心者の方でも育てることができます。つる性の植物で、夏には黄色い花を咲かせ、その後にはキュウリが出来上がります。

 

キュウリは「陽性植物」と言い、一日中太陽の光を必要としている植物のため、日陰になるような場所では育ちません。そのため、キュウリを育てる場合には直射日光が十分に長時間当たる場所に置くようにしましょう。

 

日当たりが良い場所でも時間が経つと影が出来ることもあるため、事前に確認をしてください。他の植物と一緒に育てる場合には、その植物の葉などによって影が出来る場合もあるため、その場合には場所を変える等の工夫をしましょう。

種まき時期収穫期間約2か月
難易度初級
第1位

タキイ種苗

フルティカ

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中玉のトマト

市場に出回っている中玉トマトは、ほとんどがフルティカです。中玉トマトの中でも特に皮が薄い品種のため、高齢の方でもおいしく食べることができます。フルティカの名前の由来は、「フルーティー感覚で食べられる中玉トマト」です。

 

名前の由来の通り、トマトの青さを感じさせずフルーティーな味わいです。普通の中玉トマトより、どちらかと言うと、フルーツトマトに分類されるのではないのでしょうか。家庭菜園だけではなく、ハウス栽培にも向いている品種で、オールシーズンの栽培が可能です。

 

初期の生育がとても強い傾向があり、草勢をやや抑え目に、第一花房に着果してから追肥して栽培します。収穫期間も早いため、初心者の方でも育てやすい作物です。

種まき時期収穫期間約2か月
難易度初級

家庭菜園のおすすめ作物比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5055439の画像

    タキイ種苗

  • 2
    アイテムID:5055440の画像

    タキイ種苗

  • 3
    アイテムID:5055441の画像

    タキイ種苗

  • 4
    アイテムID:5055445の画像

    株式会社トーホク

  • 5
    アイテムID:5055452の画像

    サカタのタネ

  • 6
    アイテムID:5055455の画像

    サカタのタネ

  • 7
    アイテムID:5055461の画像

    サカタのタネ

  • 8
    アイテムID:5055464の画像

    サカタのタネ

  • 9
    アイテムID:5055467の画像

    農業屋

  • 10
    アイテムID:5055475の画像

    サカタのタネ

  • 商品名
  • フルティカ
  • 短形四葉キュウリ シャキット
  • ナス とげなし千両二号
  • 大葉青しそ
  • 九条葉ねぎ
  • おてがるピーマン
  • 緑のカーテンゴーヤ
  • おてがる五角オクラ
  • グリーンマッペ(緑豆)
  • 四季なりイチゴ ワイルドストロベリー
  • 特徴
  • 中玉のトマト
  • 夏野菜の代表格
  • 日本の夏にぴったり
  • お料理の仕上げに
  • 薬味におすすめ
  • ビタミンCが豊富
  • 夏バテ防止に
  • 栄養価が高い
  • 栽培カンタン
  • 観賞用としてもOK
  • 価格
  • 594円(税込)
  • 475円(税込)
  • 1490円(税込)
  • 162円(税込)
  • 338円(税込)
  • 1432円(税込)
  • 324円(税込)
  • 600円(税込)
  • 270円(税込)
  • 216円(税込)
  • 種まき時期
  • 春・秋
  • 通年
  • 収穫期間
  • 約2か月
  • 約2か月
  • 約4か月
  • 約2か月
  • 約10か月
  • 約3か月
  • 約2か月
  • 約2か月
  • 約1週間
  • 約8か月
  • 難易度
  • 初級
  • 初級
  • 中級
  • 中級
  • 中級
  • 中級
  • 中級
  • 中級
  • 初級
  • 中級

まとめ

ここまで、人気の家庭菜園おすすめ作物をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。気になる商品は見つかりましたでしょうか。難しいようで、簡単に育つ作物がたくさんあります。ぜひ、あなたも家庭菜園にチャレンジしてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ