記事ID138184のサムネイル画像

【どんなシーンにもおすすめな油性ボールペン】人気ランキング10選

様々なシーンで油性ボールペンは使用しますが、特に物を書く機会が多い方は書きやすいボールペンがあると疲れにくくて便利です。最近はデザイン性の高い油性ボールペンが増えています。ボールペンの選び方とおすすめのボールペンをランキング形式で10選紹介します。

長時間使用しても疲れない油性ボールペンが魅力

様々なシーンで使用する油性ボールペンは今では生活に欠かせない物の1つです。その中でも書き物を多く行う方や学生さんなど油性ボールペンを多く使う機会がある方は書きやすくて油性ボールペンだと疲れにくくて便利です。

 

そんな生活必需品となっている油性ボールペンの選び方とおすすめのボールペンを「直径」「芯の太さ」「ペン先の収納方法」をもとにランキング形式で紹介します。

油性ボールペンの選び方

油性ボールペンはどんな基準で選ぶと良いのでしょうか。油性ボールペンの選び方をお伝えします。

持ちやすさで選ぶ

油性ボールペンは持ったときの感触や安定感が選ぶポイントの1つです。

グリップのフィットする油性ボールペンを選ぼう

油性ボールペンを持ったときにフィットする物ですと長時間使用しても疲れにくいのでおすすめです。最近はグリップ部分にくびれや凸凹があって指にフィットしやすいグリップや滑りにくい加工がされているグリップなどが販売されています。

 

長時間油性ボールペンを使用するためのグリップの開発が進んでいます。しかしグリップを持ったときのフィット感は人によって違いますので、できればお店などで実際に持ってみて自分に適した油性ボールペンを購入することをおすすめします。

ウエイトバランスの良さで選ぼう

重心がペンの中央から先にかけてある油性ボールペンや書いているときにペン先がぶらない油性ボールペンがウエイトバランスが良いとを言います。ウエイトバランスが良い油性ボールペンの場合、余分な力を入れずにスムーズに文字をかけるのが特徴です。

 

仕事で書き物が多い方や学生さんなど油性ボールペンを頻繁に使う方は特にウエイトバランスを重視して油性ボールペンを選ぶようにしましょう。

書き味で選ぶ

油性ボールペンを選ぶ際は書き味も非常に重要なポイントになります。

発色の良さで選ぼう

油性ボールペンは同じ色のインクであっても種類によって発色が異なります。発色で選ぶポイントとしては見やすくて伝わりやい油性ボールペンがおすすめです。発色を重視する場合はできればお店で試し書きをしてから購入するのがベストです。

低粘度か高粘度は好みで選ぼう

油性ボールペンには低粘度インクの物と高粘度インクの物があります。インクの粘度によって紙へのタッチ感に違いがあります。低粘度インクは万年筆のようにサラッとした書き心地でインクが滲みにくいのが特徴です。

 

一方の高粘度インクはしっかりとした書き心地になります。ただしペン先の性能によっても書き心地は異なりますので注意しましょう。

ペン先の収納方法で選ぶ

油性ボールペンを選ぶ際にはペン先の収納方法にも注目して選びましょう。

ノック式

ノック式は片手でペンの上部をノックしてペン先を出し入れするタイプです。どんなときも簡単に片手でペン先を出し入れできますので油性ボールペンの使用頻度が高い方におすすめです。

 

ただしノック式の場合ポケットやカバンに入れておくと予期せぬときにペン先をノックしてしまってポケットやカバンの中を汚してしまうなど、インクにまつわるトラブルが起こりますので頻繁にポケットやカバンにしまう方は注意が必要です。

キャップ式

キャップ式はペン先にキャップが付いていて使うときにキャップを外してペン先を出すタイプです。キャップ式はインクに関するトラブルが起きにくいのでポケットやカバンなどに油性ボールペンを入れておくことが多い方におすすめです。

 

またペン先を確実に保護できるのもキャップ式の大きなメリットです。

ツイスト式

ツイスト式はペン先を回転させてペン先を出し入れするタイプの油性ボールペンです。片手での操作が難しいですがノック式のように音が出ないのが最大の特徴になります。音を出さずにペン先を出し入れできますのでTPOに関係なく使うことができます。

 

油性ボールペンを先方に出向いて使う方や会議の席などで使用する方にはツイスト式の油性ボールペンをおすすめします。

芯の太さやデザインで選ぶ

油性ボールペンを選ぶ際には芯の太さやデザインにも注目しましょう。

芯の太さで選ぼう

油性ボールペンは細い物だと0.5mm以下から太い物だと1.0mm以上まで様々な太さの芯があります。芯の太さは何に筆記するのかによって使い分けるのがおすすめです。筆記するスペースによって書きやすい芯の太さは違います。

 

手帳や小さなメモ帳のように筆記蘭のスペースが限られている場合は0.5mm以下の油性ボールペンを選ぶことをおすすめします。逆に1.0mm以上の太い油性ボールペンは封筒やハガキの宛名書きをする場合などにピッタリです。

 

特に用途が決まっていない方で油性ボールペンを購入する場合は0.7mm前後の芯の太さの油性ボールペンを選択すると間違いありません。

デザインで選ぼう

油性ボールペンは勿論100円や200円と安価な物が多く販売されていますが最近はビジネスシーンなどで普段使いに高価なボールペンを求める方が増えています。ビジネスマンがちょっとオシャレな油性ボールペンを使っていると様になるようです。

 

デザイン性の高いボールペンは少々高価ですがビジネスの場で油性ボールペンを使用することが多い方にはちょっと高価でオシャレな油性ボールペンもおすすめです。

機能で選ぶ

油性ボールペンを選ぶ際には機能性も重視しましょう。油性ボールペンには一体どんな機能があるのでしょうか。

数種類の芯が1本で賄える油性ボールペン

油性ボールペンは1本のボールペンで数種類のインク芯を出し入れできるボールペンがあります。3色ボールペンや4色ボールペンがこれに当てはまります。様々なシーンで色を使い分けて筆記をしたい方にはおすすめの油性ボールペンになります。

 

数種類の油性ボールペンを筆記で使い分けたいとき、油性ボールペンを何本も出して使うよりも数種類が一体型になっている油性ボールペンの方が使い勝手が良いです。芯の色は3色ならば黒・赤・青が多く、4色になるとここに緑が追加される油性ボールペンが一般的です。

 

また1本はインク芯ではなくシャープペンシルと一体型になっている油性ボールペンもありますので自分の用途に合わせて選ぶようにしましょう。

インクの速乾性で選ぶ

油性ボールペンのインク芯によって速乾性は若干違います。インクの乾きが遅い物だと色移りをしてしまったり、乾ききる前に触ってしまうと文字が滲んでしまいます。速乾性の高い油性ボールペンを選ぶとそういったインクのトラブルを防ぐことができます。

 

最近の油性ボールペンは速乾性が早いインクの物が増えていますので速乾性にも注目して選びましょう。特に重要書類を扱っている方や手紙を良く書く方は速乾性の高い油性ボールペンがおすすめです。

 

また色移りが気になる方も速乾性の高い油性ボールペンが良いでしょう。

油性ボールペンのおすすめ人気ランキング10選

第10位

カミオジャパン

ジェットストリーム 3色ボールペン スヌーピー

価格:610円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

滑らかな書き心地の油性ボールペン

おすすめの油性ボールペンランキング10位は人気キャラクターであるスヌーピーがデザインされている油性ボールペンです。直径が1.2cmで芯の太さは1.5mm、ノック式になっています。グリップ部分は形状が真っ直ぐなので誰もが持ちやすい油性ボールペンです。

 

くっきりと濃い曲線を描ける滑らかな書き心地がおすすめポイントです。インクは速乾性に優れていますので色移りがしにくくなっています。インクの直流を防止するスプリングチップと逆流しないツインボール機構を採用しています。

 

インクは黒・赤・青とビジネスの場や勉強に使い分けをしやすい3色です。青地に白の型抜きのデザインですのでキャラクターが描かれていますがビジネスの場で使用しても恥ずかしくない油性ボールペンになっています。

直径1.2cm芯の太さ0.5mm
収納方法ノック式
第9位

三菱鉛筆

加圧ボールペン パワータンク 0.7

価格:1,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防災グッズとしてもおすすめの油性ボールペン

おすすめの油性ボールペンランキング9位はどんな場面でも万能に書くことができる油性ボールペンです。直径は1.52cmで芯の太さは0.7mm、ノック式です。特徴はインクの出し方にあります。

 

約3000phaの圧縮空気でインクを押し出しますので筆記する際に途切れやかすれを少なくしてくれるのが特徴になります。そのためペン先からの水の浸入を防いでくれますので水に濡れてしまった紙にも書くことができます。

 

また通常ならば高粘度になってしまって書きにくくなる氷点下の環境でもインクの出方がスムーズですので書きやすいです。使う場所を選ばない油性ボールペンだから防災グッズとしてもおすすめです。

直径1.52cm芯の太さ0.7mm
収納方法ノック式
第8位

トンボ(Tombow)

油性ボールペン ZOOM L105 0.5 シルバー

価格:1,567円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュなデザインがビジネスシーンにピッタリ

おすすめの油性ボールペンランキング8位はスタイリッシュなボディが魅力的な油性ボールペンです。直径は1.4cmで芯の太さは0.5mmと手帳やメモ帳に挟んでおくと便利です。ツイスト式ですのでどんな場面でも音を立てずにペン先を出すことができます。

 

シンプルなストレート形状のボディですので性別問わず持つことができます。スラスラと書くことができる超低粘度のインクを採用しています。真鍮の軸が適度な重みとなってペン先がぶれずに書きやすいのもこの油性ボールペンのおすすめポイントです。

 

スタイリッシュなデザインですので特にビジネスマンにおすすめの油性ボールペンです。またプレゼント用にもピッタリです。

直径1.4cm芯の太さ0.5mm
収納方法ツイスト式
第7位

ゼブラ(ZEBRA)

油性ボールペン F-701 0.7mm

価格:756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレスの軸が人気の油性ボールペン

おすすめの油性ボールペンランキング7位は海外でも根強い人気のあるステンレス製のボールペンです。直径が1.1cmで芯の太さは0.7mmです。ノック式ですので油性ボールペンを仕事や勉強で沢山使う方におすすめです。

 

軸がステンレス製ですので丈夫で破損しにくく高級感のあるデザインになっています。芯は交換が可能ですのでインクが無くなったら「F-0.7芯」と交換すると長く使うことができますのでおすすめです。

 

ペン先に重みがある設計になっていますのでウエイトバランスが良く、書きやすくて疲れにくいのが特徴です。グリップはローレット仕上げになっていますのでザラつきがあって滑りにくく手に馴染んでくれるでしょう。

直径1.1cm芯の太さ0.7mm
収納方法ノック式
第6位

LAMY

4色 ボールペン 油性 2000

価格:7,866円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い込むほど味わいのある油性ボールペン

おすすめの油性ボールペンラインキング6位はドイツのハイデルベルグにある筆記メーカーLAMYの4色油性ボールペンです。1966年に誕生した油性ボールペンで落ち着いた上品な光沢が高級感を感じさせてくれます。

 

ユニークなデザインが人気で使い込むほどに艶が増し、傷が目立ちにくいのが特徴です。直径は1.1cmで芯は別売りとなっていますが芯とセット売りにもなっていますので購入するのに便利でしょう。

 

ノック式になっていますので誰でも使いやすく、またデザインがオシャレですのでビジネスの場で使うのにピッタリの油性ボールペンです。またプレゼント用としてもおすすめです。

直径1.1cm芯の太さ別売り
収納方法ノック式
第5位

トンボ(Tombow)

油性ボールペン ZOOM

価格:1,386円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長年愛用者のいるロングセラーの油性ボールペン

おすすめの油性ボールペンランキング5位は1986年から愛されているロングセラーモデルの油性ボールペンです。アルミの軸が素敵なデザインです。直径は1.7cmで芯の太さは0.7mmとなっています。ペン先の収納方法はキャップ式です。

 

しっかりとした筆記ができる低重心設計ですのでウエイトバランスが良くて書きやすい油性ボールペンです。ラバーグリップと絶妙な太さが持ちやすく、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。

 

グリップを外すと替芯を交換できるので長く使えるのがおすすめのポイントです。シンプルなデザインですのでプレゼント用にも最適です。また水性ボールペンとシャープペンシルも同じデザインの物が販売されています。

直径1.7cm芯の太さ0.7mm
収納方法キャップ式
第4位

NaSh-Design

アクロ ドライブ 細字 0.7mm

価格:2,220円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感のある見た目が素敵な油性ボールペン

おすすめの油性ボールペンランキング4位は芯が詰め替え式になっている油性ボールペンです。専用の芯が別売りになっていますので好みの芯の太さを選ぶことができます。直系は1.09cmで収納方法はツイスト式です。

 

専用の芯は低粘度インクを採用しています。くっきりと濃い発色ですがスラスラと書けるのが特徴です。真鍮がボディに使われていますので適度な重みがあり、ペン先がぶれにくく書きやすい油性ボールペンです。

 

見た目に高級感がありますのでビジネスシーンにおすすめな他、プレゼント用としても喜ばれること間違いありません。色は全部で6種類用意されていますのでお好みの色を選ぶことができます。

直径1.09cm芯の太さ別売り
収納方法ツイスト式
第3位

BICジャパン

油性ボールペン クリックゴールド

価格:162円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分の好きな色が選べて個性を発揮できる

おすすめの油性ボールペンランキング3位はさりげない個性を発揮したい方におすすめの油性ボールペンです。直径は1.3cmで芯の太さは0.7mmです。ノック式ですので片手で簡単にペン先を出し入れすることができますのでおすすめです。

 

レトロでベーシックなデザインとゴールドのパーツが高級感を演出してくれる素敵な油性ボールペンとなっています。ボディカラーが全部で19色も用意されていますので男女問わず好きな色を選ぶことができますのでさりげなく個性を発揮したい方に特におすすめです。

 

スリムなボディですので持ちやすく、長時間の筆記を行っていも疲れにくいのが特徴です。使い切りタイプの油性ボールペンですので価格が安価な設定ですのでビジネスマンは勿論、学生さんにもおすすめしたいオシャレな油性ボールペンです。

直径1.3cm芯の太さ0.7mm
収納方法ノック式
第2位

伊東屋

ROMEO ボールペン 太軸

価格:9,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

書き心地を追求した油性ボールペン

おすすめの油性ボールペンランキング2位は書き心地を追求した油性ボールペンです。直径は1.3cmで芯の太さは1.0mmと太めですので宛名書きなどにおすすめです。1914年に発売した伊東屋オリジナルの油性ボールペンです。

 

歴史ある油性ボールペンが2009年にROMEOとして復活した油性ボールペンです。どこか懐かしさを覚えるボディは落ち着きがありますので現代のビジネスの場に相応しいでしょう。どんな方にもおすすめできる油性ボールペンです。

 

書き心地を追求した油性ボールペンはウエイトバランスが良く、滑らかな書き心地に仕上がっています。収納方法はツイスト式ですのでどんな場所でもTPOを気にせずに使えますのでおすすめです。インク芯の色は黒・赤・青・緑の4色です。

直径1.3cm芯の太さ1.0mm
収納方法ツイスト
第1位

三菱鉛筆

油性ボールペン ピュアモルト 0.7

価格:696円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木のやさしい温もりが素敵な油性ボールペン

おすすめの油性ボールペンランキング2位は軸に木が使われている油性ボールペンです。直径は1.09cmで芯の太さは0.7mm、ノック式です。油性ボールペンの軸に使われている木は樹齢100年のオーク樽で使われていた木を使用しています。

 

そのため他の油性ボールペンにはない味わい深いデザインの油性ボールペンです。ペンを握ったときに伝わってくる木の優しい温もりが素敵でおすすめの油性ボールペンとなっています。使い込めば使い込むほど手に馴染み、しっかりとした書き心地が特徴です。

 

高級感のある見た目に反して価格が手頃ですのでビジネスマンだけではなく、学生さんや主婦の方などどんな方にもおすすめしたい油性ボールペンとなっています。色はナチュラルとブラウンから選ぶことができます。

 

直径1.09cm芯の太さ0.7mm
収納方法ノック式

油性ボールペンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5054892の画像

    三菱鉛筆

  • 2
    アイテムID:5054911の画像

    伊東屋

  • 3
    アイテムID:5054879の画像

    BICジャパン

  • 4
    アイテムID:5054026の画像

    NaSh-Design

  • 5
    アイテムID:5054020の画像

    トンボ(Tombow)

  • 6
    アイテムID:5054859の画像

    LAMY

  • 7
    アイテムID:5054833の画像

    ゼブラ(ZEBRA)

  • 8
    アイテムID:5054015の画像

    トンボ(Tombow)

  • 9
    アイテムID:5054013の画像

    三菱鉛筆

  • 10
    アイテムID:5054006の画像

    カミオジャパン

  • 商品名
  • 油性ボールペン ピュアモルト 0.7
  • ROMEO ボールペン 太軸
  • 油性ボールペン クリックゴールド
  • アクロ ドライブ 細字 0.7mm
  • 油性ボールペン ZOOM
  • 4色 ボールペン 油性 2000
  • 油性ボールペン F-701 0.7mm
  • 油性ボールペン ZOOM L105 0.5 シルバー
  • 加圧ボールペン パワータンク 0.7
  • ジェットストリーム 3色ボールペン スヌーピー
  • 特徴
  • 木のやさしい温もりが素敵な油性ボールペン
  • 書き心地を追求した油性ボールペン
  • 自分の好きな色が選べて個性を発揮できる
  • 高級感のある見た目が素敵な油性ボールペン
  • 長年愛用者のいるロングセラーの油性ボールペン
  • 使い込むほど味わいのある油性ボールペン
  • ステンレスの軸が人気の油性ボールペン
  • スタイリッシュなデザインがビジネスシーンにピッタリ
  • 防災グッズとしてもおすすめの油性ボールペン
  • 滑らかな書き心地の油性ボールペン
  • 価格
  • 696円(税込)
  • 9180円(税込)
  • 162円(税込)
  • 2220円(税込)
  • 1386円(税込)
  • 7866円(税込)
  • 756円(税込)
  • 1567円(税込)
  • 1510円(税込)
  • 610円(税込)
  • 直径
  • 1.09cm
  • 1.3cm
  • 1.3cm
  • 1.09cm
  • 1.7cm
  • 1.1cm
  • 1.1cm
  • 1.4cm
  • 1.52cm
  • 1.2cm
  • 芯の太さ
  • 0.7mm
  • 1.0mm
  • 0.7mm
  • 別売り
  • 0.7mm
  • 別売り
  • 0.7mm
  • 0.5mm
  • 0.7mm
  • 0.5mm
  • 収納方法
  • ノック式
  • ツイスト
  • ノック式
  • ツイスト式
  • キャップ式
  • ノック式
  • ノック式
  • ツイスト式
  • ノック式
  • ノック式

まとめ

油性ボールペンの選び方とおすすめの油性ボールペンを「直径」「芯の太さ」「収納方法」をもとにランキング形式で紹介しました。日頃から使う機会が多い油性ボールペンですので自分に合った油性ボールペンを選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ