記事ID138176のサムネイル画像

【使える】離乳食用ブレンダーのおすすめ人気商品ランキング10選

いざ離乳食が始まったといっても、色々と工夫が必要ですよね。まだ歯が発達していないこともあり、小さくすりつぶしたりして、細かくしてあげる必要があります。そこで今回は、おすすめの離乳食用ブレンダーをご紹介します。これがあると、かなり楽ですよ。

離乳食用ブレンダーを使って、時短で食事を作りましょう。

赤ちゃんは最初、母乳で育ちますが、離乳をすると次は離乳食を、食べるようになります。育児の上で大変なことは数えきれないほどありますが、その中でも、離乳食作りは、初めて作ることもあり、かなり手間がかかりますよね。小さくつぶしたりと、工夫が必要になります。

赤ちゃんが成長して離乳食という次の段階に進むのは、成長の明かしてもありかなり嬉しいことですよね。ただ、ママにとっては、作業が増えることにもなるので、育児疲れなどで、かなりストレスになることもあります。そこで便利なのが、離乳食用ブレンダーです。

そこで今回は、おすすめの離乳食用ブレンダーをご紹介していきます。作るのに手間がいる離乳食もこれがあることで、サッと作ることができますよ。始めて使用される方のためにも、選び方も丁寧に説明していくので、この記事を参考にしながら、選んでみましょう。

離乳食用ブレンダーの選び方

いざ育児をするとなると、色々バタバタしがちで、細かい部分まで手が回らないこともおおいですよね。離乳食用ブレンダーがあることで、家事の手助けにもなるので、一度検討してみましょう。

性能で選ぶ

性能が高ければ高いほど、時間を有効的に使用できるので、子育てに忙しいママさんには、特に重視していただきたいポイントです。

パワーで選ぶ

まず商品を選ぶ際に、最も注目する方が多いのが、パワーだと思います。離乳食用ブレンダーに関しては、消費電力と回転数の大きなものものほど、パワフルで素早い撹拌ができるので、チェックしておきましょう。

 

消費電力が300W以上のものであれば、硬い食材も楽に細かくすることができ、かなり使い勝手が良いと思います。また、回転数が大きなものも、パワーが十分あると判断できるので、まずはパワーにポイントを置いて、選んでみましょう。

 

大体、毎分10,000回転以上するものを目安に選ぶことで、快適に使えるものが、選べるかと思います。ただし、これはあくまで目安なので、自分が使いやすいものを探すことが大切です。

連続稼働時間で選ぶ

基本的に離乳食用ブレンダーは、高速回転による、負荷や温度上昇を防ぐために、一度に連続して使える時間が、あらかじめ決まっているので、しっかりとチェックしておきましょう。

 

できるだけ連続して攪拌でき、長時間使用できるものを選ぶようにしましょう。また、待機時間もできれば確認しておきたいポイントです。一旦使用した後、数分から数十分使用できない商品もあります。

 

待機時間が長いと、無駄な時間を使ってしまうので、注意しましょう。ただ、一旦回転を止めれば待機時間なしで、再度使える商品もあるので、使いやすいものを選ぶことをおすすめします。

機能性で選ぶ

機能性が充実していると、それだけストレスなく使用できるので、どういった機能が備わっているのかを、チェックしておきましょう。

安全性で選ぶ

赤ちゃんは基本的に、ベッドなどで寝かせていることが多いのですよね。そのため、安全だと思いがちですが、いつの間にか移動していることもあるので、安全性には十分注意しましょう。

 

また、他に小さなお子さんがいる場合は、赤ちゃんに気を取られているうちに、怪我をしていたなんてケースもあります。なので、家族全員の安全を確保するためにも、安全に使えるものを選びましょう。

 

事故防止機能があるものであれば、より安心してお使いいただけます。また、高温や過負荷状態の際に、自動停止する機能を持ったものなども、事故を回避する役割を果たしてくれるので、チェックしておきましょう。

利便性で選ぶ

いざ離乳食用ブレンダーを使用するとなっても、使いにくかったり、お手入れがしにくいと、使うのが嫌になりますよね。必ず使用する時だけでなく、使用後の利便性についても、考えておく必要があるので注意しましょう。

 

もし機械に慣れていない場合は、シンプルな構造になっているものや、操作性が簡単なものを選びましょう。ロコミなどを参考にすることで、選びやすくなるかと思います。また、一番重要なポイントとして、お手入れのしやすさが挙げられます。

 

このアイテムは、食材の調理に使うものなので、細かいパーツもきちんとお、手入れできるものが理想的です。ステンレス製のものであれば、サッと汚れも落とせ、清潔感を保つことができます。なので、使用されている素材にも注目し、使いやすいものを選びましょう。

用途で選ぶ

ご自身がいつ使用したいかや、コードがあった方が使いやすいかなど、ご家庭に合わせて選択し、安全に使えるものを探してみましょう。

タイプで選ぶ

離乳食用ブレンダーには、シンプルなタイプと、色々な機能が備わった、多機能タイプがあります。高機能なものほど、価格も高くなる傾向にあるので、用途や使い方以外にも、予算も考えながら、選ぶようにしましょう。

 

基本的にシンプルタイプは、すりつぶしたりする機能が主となり、作らています。なので、液体状の離乳食を作るのにおすすめです。ただし、ある程度成長してきたら、小さめの固形の野菜などを、食べさせる必要があります。なので、多機能タイプを買い揃えておきましょう。

 

コストが気になる場合は、あらかじめ多機能タイプを選んでおくと、経済的にも優しいかと思います。多機能タイプだと、離乳食以外にも、調理やお菓子作りなど、普段用としても使用できるので、ご家庭に合わせて適切な方を、使ってみましょう。

コードの有無で選ぶ

商品によって、コード式とコードレスがあるので、チェックしておきましょう。一般的に販売されている商品は、コード式のものが多くなっています。このタイプであれば、コンセントに挿すだけで手軽に使用でき、充電する必要がありません。

 

なので、使いたい時にサッと使えるので、とても便利です。ただし、コンセントが届く範囲にしか移動できないので、引っ張ったりしないようにしましょう。一方コードレスは、コンセント不要で使えるので、自由に移動することができます。

 

お子さんの様子をちょっと見たい場合でも、サッと観に行くことができます。ただし、使用するには必ず充電する必要があるので、注意しましょう。また、フル充電で何分使えるかを、必ず確認しておくことが大切です。

サイズ・メーカーで選ぶ

疲れを必要以上に溜めないためにも、しっかりと手にフィットするものを、選ぶようにしましょう。また、選び方が分からない場合は、メーカーに絞って選んでみてください。

サイズで選ぶ

離乳食用ブレンダーを選ぶ際は、サイズにも注目してみましょう。持ちやすく、しっかりと手にフィットするものであれば、疲れにくくて使いやすさも上がります。特に育児をしている際は、色々なことを次から次へとする必要があるので、ちょっとしたことでも、疲れやすくなります。

 

なので、スムーズに操作するためにも、自分に合ったサイズのものを、選ぶようにしましょう。また、滑りにくさなど、細かい部分もチェックしておきましょう。さらに、あまりキッチンの収納スペースにゆとりがない場合は、比較的コンパクトなものを選ぶようにしましょう。

 

出しっぱなしにしていると、いつの間にかお子さんが触って、事故になることもあるので、必ず収納する必要があります。後は、軽量なものほど、手に疲れが溜まりにくいので、重さも重視しつつ選びましょう。

メーカーで選ぶ

色々なメーカーから販売されているので、もし選び方に迷った際は、まずはメーカーに縛って、選んでみてはいかがでしょうか。ただ、メーカーによって機能性が異なるので、商品詳細は要チェックです。例えば、テレコムであれば、操作性にも優れて、シンプルなデザインの商品が多いです。

 

キッチンなどにも、相性抜群なので、一度使ってみましょう。また、ブラウンなどもおすすめです。このメーカーは、シンプルタイプとハイグレードタイプの、両方を販売しています。目的や用途に合わせて、適切なものを選ぶことができるので、チェックしてみましょう。

 

海外製のものでも、機能が非常に高い商品もあるので、ロコミなども参考にしながら、選ぶことをおすすめします。もし故障などが不安な場合は、アフターサービスが受けれるメーカーのものを選びましょう。

先端の素材・価格で選ぶ

素材や価格にもこだわって選ぶことで、より使いやすく、自分に合った商品が、見つかりやすくなるかと思います。

先端の素材で選ぶ

先端の素材は、商品によって異なるので、注目しておきましょう。プラスティックでできたものは、軽量で持ち運びやすいメリットがあります。なので、持ち運びがしやすいなど、使いやすくおすすめです。

 

ガラス製のものであれば、耐久性にも優れているので、長く綺麗に使用することができます。なので、毎日使うようであれば、ガラス製のものを選ぶようにしましょう。

価格で選ぶ

育児を行うためには、色々なグッズが必要になりますよね。そのため、あまり高い離乳食用ブレンダーを購入するのは、抵抗があるといた方も、多いのではないでしょうか。

 

その場合は、比較的リーズナブルな価格で購入できる商品を、選ぶようにしましょう。ただし、中には甘く作られていることもあるので、きちんとロコミもチェックしておきましょう。

離乳食用ブレンダーの人気ランキング10選

第10位

ツインバード工業

チョッパー付ハンディーブレンダー KC-4832BR

価格:8,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少量でもサッと作れて、そのまま鍋に入れて使用できます。

赤ちゃんの離乳食やジュース作りが、より簡単に行えます。練る・混ぜる・刻むなど、1つで色々な使い方が行えます。また、着脱が手軽なボタン式で、取り外しがかなり楽に行えます。

 

さらに、用途に合わせて、スピードを2段階で切替できます。ドレッシング作りなどにも便利で。便利な目盛り付きで、かなり使い勝手が良くなっています。

 

洗うのも楽なので、買って間違いなしといった、ロコミが挙がってました。鍋などの容器に直接入れて使えるので、すりおろしリンゴや野菜のポタージュスープなどが、少量でも簡単に作れます。

サイズ6.6×6.6×38cm重さ1.1kg
消費電力100W最大連続稼働時間1分30秒
第9位

Cuisinart

スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS

価格:16,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロック機能がしっかりと備わっているので、誤作動を起こしません。

一般的な機能に加え、おろし・こねまでできる、1台7役の商品となっています。より安全に調理するために、誤作動防止の2段スイッチ方式を採用しているので、安心してお使いいただけます。

 

また、先にロックボタンを押しながら、ONスイッチを押すとロック解除になるので、より安全性が高くなっています。どちらか一方のスイッチを押すだけでは、作動しない設計なので、お子さんが誤って触ってしまっても安心です。

 

安全性が非常に高く、かなり便利な商品といった、ロコミが挙がっていました。時間や手間のかかるおろしも、あっという間に完成させることができます。

サイズ60x67x388mm重さ0.8kg
消費電力400W最大連続稼働時間-
第8位

シロカ

ハンドブレンダー SCB-401

価格:3,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな操作方法なので、機械に慣れていな方にも最適です。

操作方法は、スイッチ1個を押すだけなので、初めての方にもスムーズに操作していただけます。なので、調理家電を扱うのが苦手な方でも、簡単にお使いいただけます。

 

この離乳食用ブレンダーを使うことで、面倒な裏ごしもこれ一本ででき、手軽に短時間で調理することが可能です。調理の際に必要なのはこれだけなので、洗い物も楽に行えます。

 

比較的リーズナブルな価格で購入できるので、購入しやすいといった、ロコミが挙がっていました。パパッと離乳食も作れ、大切な赤ちゃんとの時間を、有意義に使用できます。

サイズ6.3×6.3×35.1cm重さ0.5kg
消費電力150W最大連続稼働時間-
第7位

アイリスオーヤマ

ハンドブレンダー HBL-200

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

場所を取りすぎないので、手軽に活用できます。

つぶす・泡立てる・刻むが1台でできるので、普段使いにもおすすめの商品となっています。出生クリームの泡立て以外にも、玉ねぎのみじん切り、スムージーなどを、手軽に簡単に作ることができます。もちろん、離乳食用としても最適です。

 

さらに、レバーの場所が分かりやすくなっているので、初めての方にもおすすめです。 全てのパーツをまとめてコンパクトに収納できるので、収納スペースを取りすぎず、快適に使用できます。

 

安いのにかなり万能といった、ロコミが挙がっていました。スッキリまとめることができるので、キッチンを広々使えます。

サイズ5.4×6.8×40cm重さ2.3kg
消費電力200W最大連続稼働時間3分
第6位

ブラウン ハウスホールド

ハンドブレンダーマルチクイック MQ100

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単に扱えるので、疲れなどを感じさせません。

ワンタッチで使える大きなスイッチで、ストレスなく使用できます。シンプル操作で、長時間使っていても疲れにくいように、配慮されています。なので、お疲れのママにも、快適に使用できる離乳食用ブレンダーです。

 

また、人間工学に基づいたデザイン設計で、スッと手に馴染み、しっかり持てて滑りにくいので、扱いやすくなっています。さらに、独自のベル型シャフトにより、きめ細やかでなめらかな仕上がりを実現します。

 

離乳食用に使っていて、ストレスフリーで扱えるといった、ロコミが挙がっていました。飛び散りを防いで、キッチンを清潔に保ちます。

サイズ75×75×340mm重さ567g
消費電力-最大連続稼働時間45秒
第5位

TeLife

ハンドブレンダー HB-2050

価格:4,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たくさんの方に支持を得ていて、氷を入れて使用することも可能です。

固形物をペースト状にできるので、色々な調理に使用できます。また、熱湯消毒できるものなので、衛生的に使えるので、赤ちゃんのためにも安心してお使いいただけます。離乳食用作りに、かなり役立ちます。

 

また、刻む・つぶす・混ぜる・泡立てる・砕くが、これ1台で全て行えます。毎日忙しいママや、プロの料理家からも、高い評価を得ていて、便利でおすすめの離乳食用ブレンダーです。

 

氷も砕けるなど、かなり多様に使えるといった、ロコミが挙がっていました。6段階スピード調整機能を搭載し、ざっくり混ぜたい時や、なめらかにしたい時まで、作る料理に合わせて、自由に設定できます。

サイズ-重さ1.5kg
消費電力500W最大連続稼働時間-
第4位

LINKChef

ハンドブレンダー HB-1230

価格:6,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目もおしゃれで、デザイン性にも優れています。

おしゃれなデザインで、見た目も同時に楽しめます。アタッチメントを交換すれば、色々な用途に活用できるので、普段使いにも最適です。毎日手軽に、ひと手間かけたお料理を楽しめます。

 

この離乳食用ブレンダーは、飛び散り防止設計で、快適に使用できます。また、低速モード・高速モードを搭載しているので、料理に合わせて選択することができます。

 

しっかりと混ぜることができるので、離乳食もムラなく作れるといった、ロコミが挙がっていました。鍋に直接使えるので、かなり手軽にお使いいただけます。

サイズ25×18×25cm重さ1.8kg
消費電力300W最大連続稼働時間-
第3位

ブラウン ハウスホールド

ハンドブレンダー MQ535

価格:7,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音設計なので、お子さんが眠っていても安心です。

消費電力を抑えながら、スピーディーに調理をすることができます。振動と音を抑えながら、パワフルモーター仕様になっているので、ストレスなくお使いいただけます。



使い勝手のいい大きめの2段階スピードボタンを採用し、自由自在に扱っていただけます。ターボ切り替えも片手で簡単にでき、かなり楽に操作できます。

 

ミキサーとはまた違う使用感で、こちらの方が色々な調理に対応できるといった、ロコミが挙がっていました。独自のチューリップ型の回転刃カバーと刃の角度が、食材をカバー内で回転させながら滞留させ、なめらかにスピーディーに食材をつぶします。

サイズ70×70×380mm重さ0.72kg
消費電力-最大連続稼働時間120秒
第2位

ブラウン ハウスホール

ハンドブレンダー MQ73

価格:15,120円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

繊細な調理が行え、長くお使いいただけます。

大きいボタンの握り具合によってスピードが変化し、食材に合わせてスピードを自由に変えられます。さらに、パワーコントロールの実現により、繊細な調理が可能となっています。

 

この離乳食用ブレンダーは、優れた基本性能で、料理も簡単に作れます。独自のベル型シャフトは、しっかり食材を巻き込むので、ムラなく美味しく仕上げます。

 

付属品も充実しているので、一式揃うといった、ロコミが挙がっていました。お手入れも簡単に行えるので、長くお使いいただけます。

サイズ70×70×400mm重さ889g
消費電力-最大連続稼働時間120秒
第1位

テスコム

スティックブレンダー THM311-W

価格:2,022円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レシピなども付き、料理の幅も広がります。

比較的リーズナブルな価格で、初めて使用される方にも、おすすめの離乳食ブラウンです。離乳食も、素早く簡単に作ります。

 

また、握りやすく、操作しやすいボディ形状で、しっかりとフィットします。鍋に直接入れられるので、スープ作りにも最適です。

 

大きすぎないので、収納もしやすいといった、ロコミが挙がっていました。効率良くブレンドできる専用カップや、レシピも備わっています。

サイズ336×52×60mm重さ550g
消費電力150W 最大連続稼働時間-

離乳食用ブレンダーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5052710の画像

    テスコム

  • 2
    アイテムID:5052706の画像

    ブラウン ハウスホール

  • 3
    アイテムID:5052713の画像

    ブラウン ハウスホールド

  • 4
    アイテムID:5052717の画像

    LINKChef

  • 5
    アイテムID:5052725の画像

    TeLife

  • 6
    アイテムID:5052730の画像

    ブラウン ハウスホールド

  • 7
    アイテムID:5052737の画像

    アイリスオーヤマ

  • 8
    アイテムID:5052739の画像

    シロカ

  • 9
    アイテムID:5052743の画像

    Cuisinart

  • 10
    アイテムID:5052761の画像

    ツインバード工業

  • 商品名
  • スティックブレンダー THM311-W
  • ハンドブレンダー MQ73
  • ハンドブレンダー MQ535
  • ハンドブレンダー HB-1230
  • ハンドブレンダー HB-2050
  • ハンドブレンダーマルチクイック MQ100
  • ハンドブレンダー HBL-200
  • ハンドブレンダー SCB-401
  • スマートスティックハンドブレンダー CSB-80JBS
  • チョッパー付ハンディーブレンダー KC-4832BR
  • 特徴
  • レシピなども付き、料理の幅も広がります。
  • 繊細な調理が行え、長くお使いいただけます。
  • 静音設計なので、お子さんが眠っていても安心です。
  • 見た目もおしゃれで、デザイン性にも優れています。
  • たくさんの方に支持を得ていて、氷を入れて使用することも可能です。
  • 簡単に扱えるので、疲れなどを感じさせません。
  • 場所を取りすぎないので、手軽に活用できます。
  • シンプルな操作方法なので、機械に慣れていな方にも最適です。
  • ロック機能がしっかりと備わっているので、誤作動を起こしません。
  • 少量でもサッと作れて、そのまま鍋に入れて使用できます。
  • 価格
  • 2022円(税込)
  • 15120円(税込)
  • 7300円(税込)
  • 6999円(税込)
  • 4780円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 3240円(税込)
  • 16200円(税込)
  • 8640円(税込)
  • サイズ
  • 336×52×60mm
  • 70×70×400mm
  • 70×70×380mm
  • 25×18×25cm
  • -
  • 75×75×340mm
  • 5.4×6.8×40cm
  • 6.3×6.3×35.1cm
  • 60x67x388mm
  • 6.6×6.6×38cm
  • 重さ
  • 550g
  • 889g
  • 0.72kg
  • 1.8kg
  • 1.5kg
  • 567g
  • 2.3kg
  • 0.5kg
  • 0.8kg
  • 1.1kg
  • 消費電力
  • 150W
  • -
  • -
  • 300W
  • 500W
  • -
  • 200W
  • 150W
  • 400W
  • 100W
  • 最大連続稼働時間
  • -
  • 120秒
  • 120秒
  • -
  • -
  • 45秒
  • 3分
  • -
  • -
  • 1分30秒

まとめ

今回は、おすすめの離乳食用ブレンダーをご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。初めての離乳食は、かなり神経を必要とするので、疲れがゾッと出る方もいます。赤ちゃんが安全に食べれるようにするためにも、この機会に使ってみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ