記事ID138174のサムネイル画像

【滑らかな書き心地】人気の水性ボールペンのおすすめランキング10選

滑らかな書き心地で、多くの字を書くことができる人気の水性ボールペンですが、実際に選ぶとなると、どれを選べばよいのか迷ってしまいます。そこで今回は水性ボールペンの選び方を解説し、人気でおすすめの水性ボールペンをランキング形式で紹介していきます。

水性ボールペンの魅力

水性ボールペンは、油性ボールペンにはない、まるで万年筆で書いているような滑らかな書き心地が魅力です。しかも万年筆の場合は、ペン先を常に同じ向きにしていないとキレイに書くことができませんが、水性ボールペンの場合には自由な向きで書くことができます。

 

また、水性ボールペンは滑らかな書き心地を得られるため、多くの文字を書く時に適しています。そのため、さらに疲れることなく書けるように、グリップのフィット感を良くしたり、使い勝手の良い水性ボールペンが数多く展開しています。

 

そこで今回は、水性ボールペンの選び方を解説し、おすすめの水性ボールペンをランキング形式で紹介していきます。

水性ボールペンの選び方

水性ボールペンの選び方のポイントは、ボール径、インクの保持形式、インクの種類、ペン先の出し方、付加機能があげられます。以下ではそれぞれについて解説していきます。

ボール径で選ぶ

字の太さに影響するボール径は、場面に応じて使い分けるととても便利です。

通常使いなら0.5mm前後がおすすめ

仕事場や自宅などで日常的に使うなら、最も主流の0.5mm前後のボール径がおすすめです。水性ボールペンのボール径は、0.5mm前後のものだと手紙を書いたりメモ書き程度に太すぎず細すぎないのでちょうど良いサイズとされています。

 

特にビジネスの現場で使う場合には、0.5mm前後がおすすめで、はっきりと読みやすい字を書きたい時には0.7mmのボール径がおすすめです。

くっきりさせたいなら太め、手帳などには細めがおすすめ

ボール径は、太ければくっきりとした字を書くことができ、細ければ細かい字を書くことができます。そこで、メッセージカードに使う場合や、勉強などに使う場合など、太くてくっきりと強調したい場合にはボール径0.7mmから1.0mm程度のものがおすすめです。

 

また、手帳や小さなマス目に記入する目的では、ボール径が0.3mm程度の極細タイプを使えば細かくて小さな文字を書くことができます。

インクの保持形式で選ぶ

インクの保持形式は、主に中綿式と直液式の2種類があります。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

コスパ重視なら中綿式がおすすめ

中綿式は、インクが染み込んだ綿やスポンジのような素材が芯の先のほうに入っており、インクはこの綿やスポンジから取りこまれてペンの先まで伝わるという構造になっています。中綿式は、ペンを上に向けてもしっかりと書くことができるという特徴があります。

 

しかし、最後の一滴まで使い切ることができません。わりと古くから使われている方式で、リーズナブルな価格で出回っているため、コスパを重視したいという方からは多くの支持を集めており、おすすめです。

 

 

最後の1滴までしっかり書ける直液式

直液式は中綿式のように綿やスポンジを使用せず、直接芯にインクが入れられているタイプで、その構造はとても複雑なため、中綿式と比較すると価格は高めの設定になっている点が特徴です。

 

直液式のメリットは鮮やかで柔らかい印象の文字を書くことが可能で、さらに最後の一滴まで使うことができます。また、芯に直接インクが入っているので、外見からでもインクの残量がひと目で確認することができるので、非常に便利なインクです。

インクの種類で選ぶ

インクの種類には染料インク、顔料インク、ゲルインクが主として使われています。それぞれの特徴を把握することで選び方が簡単になります。

絵をかくときには染料インクがおすすめ

染料インクは、水に溶けやすい染料を色材として使ったインクで、紙に染込み馴染みやすい点が特徴です。様々なカラーバリエーションのインクを作りやすいため、絵をかくときにいは染料インクがおすすめです。

 

染料インクは耐光性と耐水性が低いため、長期保存には適しません。各メーカーでは、パイロットがVコーンで、ぺんてるのボールペンテルに使用しているので、参考にするとよいでしょう。

正式書類に使うなら顔料インクがおすすめ

顔料インクは耐光性に優れているので、長期保存するうような正式書類への使用に向いているインクといえます。さらに顔料インクは紙の表面に粒子が付着するので、裏抜けしにくいという利点があります。

 

また、耐久性にも優れているので、滲みにくいという特徴も併せ持ちます。しかし、顔料がペン先で詰まる可能性を持つので注意が必要です。

 

水性顔料を使用しているのが三菱のユニボールビジョンエリート、ユニボールアイ、パイロットのマルチボール、ぺんてるのマイクロボールです。

水性インクの弱点をカバーするゲルインク

ゲルインクは染料や顔料に水を加えた水性のインクをさらにゲル化剤を加えたものをいいます。ゲル化剤を加えることで水性インクのデメリットである滲みやすさをカバーしながら、なめらかな書き心地を実現させています。

 

しかし、水性タイプに比べると価格は高めに設定されている商品が多く、年賀状のインクジェット紙やFAX用紙なぢ、表面がつるつるしたタイプに書くと、インクが乗りにくいというデメリットがあります。

 

ゲルインクは水性インクのデメリットの部分を補うインクとして人気を集めていますが、紙によっては逆効果になることがあるので注意が必要です。

ペン先の出し方で選ぶ

水性ボールペンのペン先の出し方にも様々な方式があります。自分にはどのような出し方が使いやすいのかを確認しておきましょう。

片手で使いたいならノック式がおすすめ

ノック式ボールペンとは、カチっと片手で押すだけでボールペンの芯が本体から出て、もう一度押すと出ていた芯が中に引っ込むタイプです。片手で芯の出し入れができる点で非常に便利なボールペンとされています

 

手帳や本のページをめくりながら、または電話を取りながら片手でボールペンの芯を出してすぐに書く準備ができるため、効率的なボールペンとしてオフィスなどで重宝されています。さらにキャップを紛失する心配もありません。

キャップ式は乾燥予防におすすめ

キャップ式水性ボールペンは、芯の先が出たままのボールペンで、インク漏れやうっかりどこかに書いてしまうことを防ぐために専用のキャップが付いているタイプです。使用する際にはキャップを外したり紛失の心配もありますが、比較的軽量に作られています。

 

キャップを外す作業が必要な点があるなど、どこか不便な印象がありますが、高級ボールペンなどはキャッ式を採用しているものが多く、また、見た目のスタイリッシュでおしゃれなデザインなど、根強いファンも多くいます

付加機能性で選ぶ

どうせ選ぶなら付加機能がついた水性ボールペンもチェックしておきましょう。

消せるボールペン

消せるボールペンの魅力は書いた文字を消せる点にあり、最も主流なタイプが消しゴムのような消し具で擦って消すことができるタイプです。最も知られているのが、フリクションボールペンです。

 

発売当初はボールペン業界に革命を巻き起こしたアイテムとして大きな話題にもなりました。擦って消すことができ、消しゴムのような消しカスが出ない点が特徴です。何度でも書いて消すことができるので、オフィスや学校でも重宝されています。

便利な多色ボールペン

1本で何種類もの役割を果たしてくれる多機能ボールペンで、多色ボールペンとも呼ばれ、学校での勉強やオフィスで活躍します。

 

黒や赤、青など、複数のボールペンを必要とせず、1本で何役にもなる点で機能性抜群で、さらに持ちやすい抜群のグリップ性を発揮するものも展開しています。

 

さらにボールペンを持ち帰る必要もなく、筆箱内もスッキリとすることができ、ボールペンだけではなくシャープペンシルも兼ね備えたアイテムも人気です。

書きやすさならグリップ力に優れたボールペン

水性ボールペンは、滑らかな書き心地が特徴なため、長い時間書くことに適しているとされています。さらに持ちやすさを改善することで疲れずに多くの文字を書くことができます。そこでグリップ部分を改良したアイテムが多くリリースされています。

 

特にグリップ部分をラバー素材にした商品が多く、さらにボールペンのバランスを均一に保つことでストレスなく文字を書くことができるモデルも展開しています。

 

実際に握ってみて、使いやすいボールペンを選ぶことをおすすめします。

ボディの太さや重さで選ぶ

ボディの太さや重さは、筆圧の強弱や、疲労感に影響してきます。自分がどのような筆圧で、どれくらいの文字を書くのかによって選び方も変わってきます。

筆圧が強い人は軽め、筆圧が弱い人は重めがおすすめ

水性ボールペンの選び方で、ボールペン自体の重さが重要なことは意外と知られていません。基準としては、筆圧が強い方は軽めの水性ボールペンがおすすめで、筆圧が弱いという方には重みがあるボールペンがおすすめです。

 

筆圧が強い方が重めのボールペンを使うと、余計な労力が出て疲れやすくなってしまいます。そのため軽めのボールペンを使うことでストレスなくスラスラと書くことができます。筆圧の弱い方が重めのボールペンを使えば、安定して書くことができます。

グリップの太さでバランスをとる

グリップ部分が太いボールペンは低重心で持ちやすいというメリットがあります。低重心のため、強く力を入れなくてもしっかりとした文字を書くことができるので、筆圧の弱い人におすすめです。

 

また、長時間、多くの文字を書く機会が多いという方にとっては、力を必要としないので、疲労感を軽減することができます。

水性ボールペンの人気ランキング10選

第10位

Uni

ユニボール シグノ エンジェリックカラー

価格:86円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

写真や濃い色の紙にもくっきり、鮮やか!

ボール径0.7mmと太めサイズで、天使のようなパステルカラーで、手紙やカード、写真や手帳もカラフルでキレイに書くことができます。

 

新開発の顔料インクを採用しているため、隠蔽性があり、紙など下地の色に影響されることなく、はっきりとした濃い描線を書くことができます。また、アシッドフリーで、大切な紙や写真をいためることがありません。

 

そしてピグメントインクのため、書いた文字や絵を年数の経過とともに劣化させることがなく、長期間キレイな状態に保つことができます。メモや手帳への書き込みなどの日常使いはもちろん、イラストにもおすすめの人気の水性ボールペンです。

ボール径0.7mmインクの種類ピグメント顔料インク
ペン出し方法キャップ式機能アジッドフリー
第9位

Uni

ユニボール シグノ スパークリング

価格:85円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手紙やグリーティングカードにぴったり

水や光に強く、色褪せしにくい顔料インクにたっぷりのラメを配合して、これまでにはない眩しいキラキラ感を演出する人気のボールペンです。また、軸やクリップにもキラキラ光るラメを入れているデザインも人気です。

 

メモ帳や手帳、ノートのような薄い白い紙でも色鮮やかな字を書くことが可能で、グリーティングカードなどのデコレーションに最適です。

 

キラキラにとてもかわいくおしゃれな仕上がりで、ただのスケジュール帳も一目でわかる楽しいスケジュール帳にデコレーションすることができます。

ボール径1.0mmインクの種類顔料インク
ペン出し方法キャップ式機能ラメ配合
第8位

三菱鉛筆

ユニボールRE 0.5 ガンメタリック

価格:2,049円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

消せる!ゲルインクボールペン

熱消去性インクを搭載した水性ボールペンで、60℃以上の熱を加えることで文字を消すことができます。ノック部の専用消し具で描線をこすることで生じる摩擦熱によって、化学変化が起こり、インクが無色になるため、何度でも書き直すことができます。

 

消し具は軸を逆さにするだけで内蔵されているロック機構が作動し、消し具を固定するためしっかりと消すことができます。

 

消しゴムのような消しカスがなく、書き直しの多いビジネスシーンや急な予定変更のあるスケジュール帳直し、数独やイラストなど趣味の分野でも大活躍する人気でおすすめの水性ボールペンです。

ボール径0.5mmインクの種類ゲルインク
ペン出し方法ノック式機能熱消去
第7位

三菱鉛筆

ゲルボールペン シグノ

価格:143円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セルロースなのファイバーを世界で初めて実用化

セルロースナノファイバーを世界で初めて実用化した新開発ゲルインクボールペンで、筆記時に粘度が適切に変化し、速書きの筆記に耐えられるため、筆記描線がカスれることがありません。

 

また、筆記時に粘度が下がるため、インクが紙面にしっかり乗り、ペン先にインクがのこりにくく、インク溜まりができにくいという特徴があります。

 

オフィスユースに最適な、上質感あるカーボン模様のデザインで、ゲルインクのため耐水性、耐光性に優れ、水に濡れてもにじまない、人気でおすすめの水性ボールペンです。

ボール径0.5mmインクの種類ゲルインク
ペン出し方法ノック式機能セルロースナノファイバー
第6位

三菱鉛筆

スタイルフィット 5色ホルダー

価格:362円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホルダーとリフィルを組み合わせて、自分にあったペンが作れる

自分にあった機能とスタイリングが選べるペンホルダーで、別売りのリフィルを5つ選んでセットすることが可能で、シャープペンシルとボールペンの組み合わせができます

 

クリップが付いているため、胸ポケットや手帳に書けて持ち歩くこともでき、ノック式のシンプルですっきりとしたデザインで、金属パーツが搭載され、高級感あふれるホルダーが特徴です。

 

シャーペンとボールペン、カラーインク3色を上手く使い分けることで学習やスケジュール帳へ書き込む筆記具としておすすめの水性ボールペンです。

ボール径0.28mm,0.38mm,0.5mmインクの種類水性顔料ゲルインク
ペン出し方法ノック式機能多機能
第5位

三菱鉛筆

ピュアモルト

価格:348円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウイスキーを育んだ樽材使用

時に刻まれた風格が特徴で、樽からペンに生まれ変わった人気アイテムです。木の優しい、心和む質感と、文字に伝わる優しいぬくもりが手にしっくりと馴染みます。また、自然な色調とフォルムがあたたかさを感じさせます。

 

ボール径は0.65mmで通常使いに適しており、ゲルインクを採用して滲みを防ぎ、さらに滑らかな書き心地を実感することができます。

 

優しい輝きのシャンパンゴールドが木肌とマッチした、親しみやすい一本になっています。木材を採用することで、重すぎず軽すぎない心地よい水性ボールペンです。

ボール径0.5mmインクの種類ゲルインク
ペン出し方法ノック式機能フィット性
第4位

Uni

ユニボール シグノ

価格:107円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

極細なのになめらか

なめらか新配合インクとエッジレスチップを搭載したノック式ゲルインクボールペンです。ペン先と紙の摩擦抵抗を軽減するためチップ先端の角をなくし、なめらかな書き味を実現し、堅ろう性にすぐれたステンレスチップ、インク直流を防止するスプリングチップ機構を採用しています。

 

インクの配合を見直し、インク色の鮮やかさやにじまず極細描線が書ける特徴はそのままに、なめらかさを向上させています。濃くてにじまない水性顔料インクを使用し、耐水性、耐光性にもすぐれています。

 

グリップと軸とのつなぎ目が目立たない、新しさのあるデザインで、シンプルで凹凸のない流れるような形が魅力で、先軸全体がにぎりやすいラバーグリップになっているおすすめの水性ボールペンです。

ボール径0.38mmインクの種類水性顔料インク
ペン出し方法ノック式機能エッジレス/ラバーグリップ
第3位

三菱鉛筆

ユニボールエア 0.5 黒 10本

価格:1,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気のように軽く書けるボールペン

ペン先内部が筆圧に合わせて上下に作動し、インクの流量を最適にコントロールする新開発チップを搭載しており、空気のように軽い書き味実現しています。また、ペン先のチップを覆うソフトカバーが紙との摩擦を減らすため、引っ掛かりがなくスムーズに書けます。

 

ボールペンでありながら世界で初めて書き方。筆圧によって描線幅を変化させることができ、従来のボールペンでは表現できなかった宛名書きなどでのトメ、ハネ、ハライやメリハリのある文字を書くことができます。

 

ソフトカバーは樹脂製のため、使い込むほど一人一人の書き方クセに合う形状になじみ、柔らかな曲線で構成され、先端まで段差がないなめらかな形状は、特徴である描線の表現力をデザインしています。

ボール径0.5mmインクの種類水性インク
ペン出し方法キャップ式機能コントロールチップ
第2位

三菱鉛筆

ユニボール・アイ 黒 10本

価格:1,106円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

なめらかな書き味

なめらかな書き味とくっきり鮮やかな文字を書くことができ、透明窓から残量が一目でわかる水性ボールペンです。顔料インクを使っているので、ペン先のインクの流出量が一定なので、最後の一滴まで文字がかすれることがありません。

 

ペン先にはステンレスチップを採用しているので、軽く書いてもしっかりとなめらかな書き味で、小さな子供が誤って飲み込んでしまった場合の窒息を防ぐための、空気穴のあいた安全キャップを採用しています。

 

価格も非常にリーズナブルな価格で、コスパに優れたおすすめの水性ボールペンです。

ボール径0.5mmインクの種類水性インク
ペン出し方法キャップ式機能ステンレスチップ
第1位

サクラクレパス

多機能ペン ボールサインプレミアム 4+1

価格:1,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全身一色、際立つ存在感

細部まで全身一色にこだわったデザインは、ビジネスシーンで颯爽と使うことができます。低重心設計の真鍮製のグリップは安定した筆記を可能とし、ボール径は0.4mmで細かい字を書くことに適しています。

 

黒、赤、青、緑の4色の水性ボールペンに、0.5mmシャープをプラスした多機能ペンになっています。携帯しやすい12mmの細軸で、手帳や胸ポケットにもスッポリと収まる持ち運びに便利なサイズです。

 

インクには水性顔料ゲルインクを使用し、色鮮やかで、濃くハッキリ書くことができる人気でおすすめの水性ボールペンです。

ボール径0.4mmインクの種類水性顔料ゲルインク
ペン出し方法ノック式機能多機能

水性ボールペンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5053099の画像

    サクラクレパス

  • 2
    アイテムID:5053124の画像

    三菱鉛筆

  • 3
    アイテムID:5053144の画像

    三菱鉛筆

  • 4
    アイテムID:5053161の画像

    Uni

  • 5
    アイテムID:5053175の画像

    三菱鉛筆

  • 6
    アイテムID:5053192の画像

    三菱鉛筆

  • 7
    アイテムID:5053215の画像

    三菱鉛筆

  • 8
    アイテムID:5053270の画像

    三菱鉛筆

  • 9
    アイテムID:5053286の画像

    Uni

  • 10
    アイテムID:5053254の画像

    Uni

  • 商品名
  • 多機能ペン ボールサインプレミアム 4+1
  • ユニボール・アイ 黒 10本
  • ユニボールエア 0.5 黒 10本
  • ユニボール シグノ
  • ピュアモルト
  • スタイルフィット 5色ホルダー
  • ゲルボールペン シグノ
  • ユニボールRE 0.5 ガンメタリック
  • ユニボール シグノ スパークリング
  • ユニボール シグノ エンジェリックカラー
  • 特徴
  • 全身一色、際立つ存在感
  • なめらかな書き味
  • 空気のように軽く書けるボールペン
  • 極細なのになめらか
  • ウイスキーを育んだ樽材使用
  • ホルダーとリフィルを組み合わせて、自分にあったペンが作れる
  • セルロースなのファイバーを世界で初めて実用化
  • 消せる!ゲルインクボールペン
  • 手紙やグリーティングカードにぴったり
  • 写真や濃い色の紙にもくっきり、鮮やか!
  • 価格
  • 1500円(税込)
  • 1106円(税込)
  • 1880円(税込)
  • 107円(税込)
  • 348円(税込)
  • 362円(税込)
  • 143円(税込)
  • 2049円(税込)
  • 85円(税込)
  • 86円(税込)
  • ボール径
  • 0.4mm
  • 0.5mm
  • 0.5mm
  • 0.38mm
  • 0.5mm
  • 0.28mm,0.38mm,0.5mm
  • 0.5mm
  • 0.5mm
  • 1.0mm
  • 0.7mm
  • インクの種類
  • 水性顔料ゲルインク
  • 水性インク
  • 水性インク
  • 水性顔料インク
  • ゲルインク
  • 水性顔料ゲルインク
  • ゲルインク
  • ゲルインク
  • 顔料インク
  • ピグメント顔料インク
  • ペン出し方法
  • ノック式
  • キャップ式
  • キャップ式
  • ノック式
  • ノック式
  • ノック式
  • ノック式
  • ノック式
  • キャップ式
  • キャップ式
  • 機能
  • 多機能
  • ステンレスチップ
  • コントロールチップ
  • エッジレス/ラバーグリップ
  • フィット性
  • 多機能
  • セルロースナノファイバー
  • 熱消去
  • ラメ配合
  • アジッドフリー

まとめ

ここまで、人気の水性ボールペンのおすすめ10選を紹介してきましたが、気になる水性ボールペンは見つかりましたでしょうか。水性ボールペンには様々なインクの種類やボール径があります。自分の使い勝手に合った水性ボールペンを選んでみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ