記事ID138173のサムネイル画像

    【おしゃれ】デジタルフォトフレームおすすめ人気ランキング10選

    結婚祝いのプレゼントや田舎のおばあちゃんおじいちゃんへの贈り物としても喜ばれる、デジタルフォトフレーム。人気商品から最新アイテムまで、一気に紹介していきます。あなたも是非プレゼントや自宅のインテリアとしてゲットしてみてはいかかでしょうか。

    デジタルフォトフレームの魅力

    最近、写真立てに変わって多くの家庭でみられるようになってきたデジタルフォトフレーム。その魅力は、一枚のタブレットで多くの写真をスライドショー形式で見ることができるところにあります。

     

    自動でめくってくれ、且つおしゃれなインテリアにもなる最先端のアルバムのようなものです。最近では写真とともに音楽を流してくれるモデルや、動画再生の可能なアイテムもあります。

     

    この記事では人気商品10選の中で、最新モデルも紹介していきます。 また選ぶ際に重要なポイントになってくる、サイズと解像度の比較も合わせた一覧表も最後に掲載があるので、あなた好みのアイテムをぜひ見つけて見てください。

    選び方のポイント

    デジタルフォトフレームはアイテムによってサイズや機能性、画素数が大きく変わってきます。使うことをイメージして、自分にあった商品を見つけてみてください。

    1.サイズから選ぶ

    デジタルフォトフレームには様々なサイズがあります。置く場所を想定してみましょう。
    自宅のリビングなのか、会社のオフィスなのか、病室のサイドデスクなのか。求められるサイズは違ってくると思います。

    7インチ

    7インチは郵便はがきと同じサイズととてもコンパクトで、市販されているデジタルフォトフレームの中で最も人気がある型です。このサイズなら場所を多く取ることもなく、寝室やリビングにもぴったりですね。部屋に一台置くだけで、生活が彩られ、華やかになること間違いなしです。

     

    例えば家のリビングの机に置いたと仮定して見ましょう。家族で行った旅行の写真などをスライドショーとして流すなどしたら思い出話に繋がることで家族の絆が深まったり。。一家団欒の時間にはもってこいのアイテムです。

     

    また贈り物としてはこのサイズが一番喜ばれるのではないでしょうか。遠く離れた親友や入院中のおばあちゃんおじいちゃんなど、置き場所に困ることなく、写真を楽しむことができます。思い出の写真を一緒に送れば、オリジナリティ溢れるプレゼントになりますね。

    10インチ

    10インチであれば、広い部屋でもどこからでも見ることができます。また7インチよりも画面サイズが大きいので、解像度が増えることで高画質な画面を楽しむことができます。人の表情など細かい部分まで鮮明に見ることができますね。

     

    この写真のように、店舗内での宣伝媒体としても使うことができます。一枚のデジタルフォトフレームで何度も画面が切り替わるので、多くの情報量を与えることができるのが良いポイントですね。

     

    また10インチになると部屋の壁にかけたりと、インテリアとしても楽しむことができます。風景動画やおしゃれな洋画を流したりすれば、雰囲気作りとしても大活躍すること、間違いなしです。

    15インチ

    15インチとなると、かなり大型のサイズ感になってきます。高画質で大画面での迫力を楽しみたい方におすすめです。絵画のように、壁に飾って鑑賞するのも楽しみ方の一つではないでしょうか。

     

    多人数でのパーティーなどには最適です。昔の仲間で集まったホームパーティーなどでは懐かしい写真や思い出の動画を流して見たり、恩師からのビデオメッセージなどを放映したら、盛り上がること間違いなしです。

     

    特殊な使い方としては、結婚式のウェルカムボードなどに使われるケースもあるようです。通常のウェルカムボードよりも見せることができる写真が増えて、昔話に花が咲きそうですね。ぜひ取り入れて見てはいかがでしょうか。

    機能性で選ぶ

    今では動画再生や音楽再生だけでなく、目覚まし機能や人感センサーのついているものなど、多様なアイテムがあります。

    タイマー・目覚まし機能

    例えば寝室にデジタルフォトフレームを置く場合、目覚まし機能がついているととても便利です。朝起きて目覚ましを止めるときに思い出の写真を見ると、一日がハッピーになりそうです。出てくる写真をランダムにしても面白そうです。「明日の朝はどの写真かな」など考えながら寝るのも楽しいですよね。

    タイマー機能が付いていればオフィスなどでも活躍するのではないでしょうか。会議開始時間になるとお気に入りの、愛する家族やペットの写真が出てきたりしたら、仕事も捗りそうです。

    また決めた時間になると自動で電源がオフになる機能が搭載されていれば、使わない時間の無駄な電気消費を防ぐことができます。タイマー機能はお財布にも優しいので、購入する際はぜひチェックして見てください。

    人感センサー

    普通の写真たてとは違い、電気が必要なのがデジタルフォトフレーム。欲しいけれど電気代が気になる…という方も多いのではないでしょうか。そんな方には、この機能が搭載されているアイテムがおすすめです。

     

    人感センサーがついているデジタルフォトフレームだと、近くに人がいない時は電源が自動で消えてくれるので無駄な電力消費を抑えることができます。地球にもお財布にも優しい機能ですね。

     

    一定の範囲内に人がいる時のみ電源がつくこの機能をもつデジタルフォトフレームの中には、感知時間を設定することができるアイテムもあるので、人気商品10選の中で、後ほどご紹介します。チェックして見てください。

    動画・音楽再生機能

    デジタルフォトフレームという名前が付いてはいるものの、今や写せるのは写真だけではありません。動画や音楽も再生できるアイテムが増えてきています。スライドショーに合わせて音楽を選んでみるのも楽しみの一つです。

     

    例えば先ほど紹介した15インチ型のものと合わせれば、大人数のパーティーや鑑賞会を楽しむこともできますね。大きいサイズで動画や音楽を流してみれば、雰囲気も作れるおしゃれなインテリアになります。

     

    旅先で撮影した動画も、画素数が高く大きい画面で流すことができたら、複数人で思い出を振り返ることができます。大型のデジタルフォトフレームがあれば、場が盛り上がること間違いなしですね。

    内蔵メモリ

    せっかくデジタルフォトフレームを買っても、思った以上に取り込める画像数が少なかった、写真を入れてもすぐに容量がいっぱいになってしまう、などといった事態になったらとても悲しいですよね。

     

    そう、内蔵メモリも商品を選ぶ上でとても重要なのです。特に贈り物として誰かにプレゼントするとき、どのくらいの多くの写真を流すことができるのか、取り込める内蔵メモリの容量は必ずチェックするようにしましょう。

     

    外部メモリ、SDカードなどを挿入するタイプのものなども増えてきているので、そういった部分も合わせて、見ていってください。

    wi-fi機能

    中には、WiFi機能の付いているデジタルフォトフレームもあります。WiFi機能が付いていないアイテムに比べると比較的高額になってくるので注意が必要ですが、デジタルフォトフレームという枠を超えた使い方が可能になってきます。

     

    インターネットに繋げることができるので、スマホやタブレットにある動画や音楽、写真が再生できたり、映画も見ることができますね。

     

    タブレットのような使い方ができるので、予算に余裕がある方にはぜひおすすめです。

    解像度で選ぶ

    機能性の高いカメラでとった写真を楽しみたい方が気になるのは、写真の解像度、画素数ではないでしょうか。せっかく良い写真が撮れても、画質が悪かったらがっかりしますよね。高い画素数のデジタルフォトフレームであれば、より美しい写真を鑑賞することができます。

     

    商品によって解像度は様々ですが、800×480ピクセル以上のものがおすすめです。機能性の高いカメラだけではなく、最近ではスマートフォンでとる写真・動画の画質もどんどん良くなってきているので、解像度は気になると思います。

     

    人感センサーやサイズなど、わかりやすい機能や見かけに目をとらわれがちですが、解像度もそれらのポイントに負けないくらい重要なチェックポイントだと思います。しっかりチェックして見てくださいね。

    デザイン性で選ぶ

    デジタルフォトフレームは写真を楽しむだけではなく、インテリアとしての役割も担っています。部屋や玄関、寝室などに置くことを想定すると、デザインも選ぶ上で重要なポイントになってくるのではないでしょうか。

     

     

    まず形。四角形のいわゆるフォトフレームというものから、時計の形をしたものやハート型のものなど、フォトフレームの概念を覆すようなアイテムもたくさんあります。小さなお子様がいる家庭などでは、少しユニークな形をしたものを購入してみるのもいいかもしれません。

     

     

    色や模様も様々な種類があります。シンプルな部屋には白いアイテムを、またシックでレトロな雰囲気の部屋には木目のデジタルフォトフレームを選ぶなど、デジタルフォトフレームを置く部屋や空間に合わせて、選ぶのも楽しいのではないでしょうか。

    コスパで選ぶ

    アイテムを選ぶ上で、お値段もとても大事になってきますよね。比較的安価なデジタルフォトフレームと、高価なデジタルフォトフレームでは、かなりの違いがあるので手短にご紹介していきます。

     

    まず、あんまり多くの機能は必要ない、簡単な操作で写真のスライドショーのみを楽しみたいという方には、安価なものをおすすめします。特にご高齢の方への贈り物などとしては、使い方が複雑なものよりは、こうした安価な商品が良いと思います。

     

    一方で動画・音楽再生やwifi機能などが搭載されているものなど、最新のアイテムにはわくわくするような高性能な機能がたくさん備わっています。お値段は少し高くなりますが、使いこなせる自信のある方にはこういった商品がおすすめです。

    デジタルフォトフレームの使い方

    この記事を読んでいる方の中には、デジタルフォトフレームを持っているけれど使っていない、タンスの奥底にしまってある、などという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方に向けて発信したいと思います。

     

    例えば、いつも支えてくれている奥さんや、お世話になっている先生などに、デジタルフォトフレームのスライドショー機能を使って、感謝の気持ちを伝えて見るのも活用方法の一つだと思います。

     

    思い出の写真や、メッセージを書いたスライドを作成してフォトフレームごとプレゼントして見るのも、新しくて嬉しいサプライズに違いありません。ぜひ活用して見てください。

    デジタルフォトフレームの人気ランキング10選

    これまで紹介した、サイズ、画素数、機能性、デザイン性といったポイントを思い出しながらぜひご覧ください。10位から順番に見ていきましょう。

    第10位

    ソニー(SONY)

    デジタルフォトフレーム S-Frame D720 7.0型

    価格:6,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    操作が簡単。使いやすさ重視の方におすすめ

    この商品の特徴は、余計な機能がついておらず、安くて使いやすいというところにあります。また、比較的安価にも関わらずスライドショーの途中から再生が可能なので、飽きることなく楽しむことができます。

     

    内臓メモリー128MBですが4000枚の写真が入ります。写真の取り込みも簡単です。カレンダー・タイマー、音楽再生機能はついていますが動画再生機能はついていません。

     

    サイズは7インチと、邪魔にならず一番人気の型です。離れて暮らしているおばあちゃんなどに、孫の写真を入れてプレゼントしたら大変喜ばれるのではないでしょうか。

    サイズ7インチ解像度800×480
    機能性動画・音楽再生機能
    第9位

    Aitsite

    デジタルフォトフレーム 10.1インチ

    価格:6,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    画質が綺麗。コスパが最高の商品

    この商品の特徴は、多くの機能がついているという点です。動画・音楽再生機能、カレンダー・タイマー機能、人感センサーなど、先ほどご紹介した機能のほとんどがついています。

     

    設定した時刻に合わせて電源を自動的にオン/オフする機能もついていますし、2メートル以内の動きが感知できます。30秒/1分間/3分間/4分間など感知時間も可能なので、付けっ放しにしてしまい電気代が…という事態になる不安もありません。とても便利ですね。

     

    画質も申し分ない上に、もし故障したり落としてしまったりしても、1年間のメーカー保証もついているため安心して購入することができます。これはかなり高めのポイントですね。

    サイズ10インチ解像度1024×600
    機能性動画・音楽再生/カレンダー・目覚まし時計/人感センサー
    第8位

    MUHEN

    デジタルフォトフレーム

    価格:6,899円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    大画面で画質も良い商品。壁掛けも可能。

    10インチと、画面が大きめの商品です。そして画質もとても良いので、人の表情など細かい部分まで鮮明に見ることができます。一眼レフなどをお使いの方で、高画質のまま写真を鑑賞したいという方にぴったりの商品です。

     

    さらにこの商品のポイントは、デスクなどに立てかけるだけではなく、フックがついており壁にかけることも可能だということです。自分が撮った写真をお部屋のインテリアとして鑑賞することができるのは素敵ですね。

     

    また発光効率に優れるLEDバックライトを使用しているため、省エネにも繋がります。明るさの細やかな詳細設定も可能なので、部屋の明るさや写真の楽しみ方によって変えられるのも嬉しいポイントですね。

    サイズ10インチ解像度1024×600
    機能性動画・音楽再生/人感センサー /カレンダー・目覚まし時計
    第7位

    moonka

    デジタルフォトフレーム(15.6インチ&ブラック)

    価格:18,000円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    超大型且つ高画質

    この商品は液晶エリアが横34.7cm×縦19.5cmで縦横比が16:9の15.6インチと、かなり大型のデジタルフォトフレームです。フレームも黒とシックなデザインなので、お家に飾ったら、存在感のあるおしゃれなインテリアとして活躍しそうですね。

     

    画面が大きいのでお店の広告機として活用しても、多くの人の目に止まること間違いなしです。画面が大きいため画質が粗くならないか不安の方も多いと思います。しかしこの商品はIPS の1920×1080P解像度と、画素数も高いため心配いりません。

     

    そしてもう一つのポイントが、強化ガラスを使用しているため、万が一落としたりぶつけたりしても安心だということです。画面も大きいですし、万が一の時のことを考えると、嬉しいポイントですね。

    サイズ15.6インチ解像度1920×1080
    機能性動画・音楽再生/人感センサー
    第6位

    FamBrow

    デジタルフォトフレーム 7インチ

    価格:5,499円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    シンプルで低価格

    この商品は安くてシンプルなところにあります。5000円代にしては解像度も1280×800ピクセルと、鮮明な画像を楽しむことができます。

     

    また、自動スライドショーの機能がついているのも特徴の一つです。SDカード等でこのデジタルフォトフレームに写真を取り込むだけで、自動でスライドショーを流してくれます。操作が簡単なのも嬉しいですね。

     

    シンプルなデザインであり、また時計やカレンダーなど便利な機能も搭載されているので、寝室のインテリアにぴったりですね。

    サイズ7インチ解像度1280×800
    機能性動画・音楽再生/カレンダー・目覚まし時計
    第5位

    DFSSF

    デジタルフォトフレーム

    価格:7,299円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    2019年最新モデル

    2019年最新モデルとだけあって、多機能性に優れています。カレンダー ・タイマー機能、音楽・動画再生機能、人感センサーはもちろん、記憶式のリモコンなど新しい機能がついていることも特徴の一つです。

     

    こちらの商品はIPS液晶を使っているので、正面からはもちろん、上から見ても横から見ても画質が綺麗なのが特徴です。部屋に置くとなると、様々な角度からデジタルフォトフレームを見ることになるので、これはポイントとしてとても高いですね。

    サイズ10インチ解像度1280×800
    機能性動画・音楽再生/人感センサー /カレンダー・目覚まし時計
    第4位

    Onlydroid

    デジタルフォトフレーム 7インチ

    価格:5,499円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    低価格なのに機能性抜群

    この商品の特徴は何と言っても低価格というところにあります。あまり高額のものをお求めではない方におすすめ。しかし低価格だからといってなんの機能もついていないわけではありません。

     

    人感センサーやタイマー、カレンダー機能も搭載されています。アマゾンのページには、画質も値段の割には綺麗で申し分ないといった内容のレビューが多く掲載されていました。5000円台でこの機能性は、十分に購入する価値があると思われます。

     

    大きさも7インチとちょうどいいサイズ感です。お部屋のインテリアを増やすと考え、ポチッと購入して見てはいかがでしょうか。

    サイズ7インチ解像度 1024×600
    機能性人感センサー/カレンダー・目覚まし時計
    第3位

    Y21

    デジタルフォトフレーム 11.6インチ

    価格:11,599円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    複数の自動再生モード搭載

    この商品の特徴は、複数の自動再生モードが楽しめるところです。オフ、ループプレイ、写真、音楽、映画、音楽+写真などがあります。

     

    デジタルフォトフレームでありながら、音楽再生機能ではスピーカーとしての役割、また映画を流すことができるテレビのような役割も担ってくれるんですね。これ一台購入するだけで、生活が華やかになるのではないでしょうか。

     

    11インチと画面サイズも大きめで、且つ1920*1280pixelの高解像度液晶画面とどの角度からも鮮明な画像が見れるこのデジタルフォトフレームは、家族みんな、で楽しむことができます。

    サイズ11インチ解像度 1920×1280
    機能性人感センサー/カレンダー・目覚まし時計/動画・音楽再生
    第2位

    Kenuo

    デジタルフォトフレーム 7インチ ホワイト

    価格:5,899円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    32GBのSDカードつき 多機能商品

    こちらの商品の一番の特徴は、音質です。デジタルフォトフレームにも関わらず、音質にこだわっているので、高音質の音楽や動画再生を楽しむことができます。

     

    音楽好きの方などは、スライドショーに合わせた音楽を選択して鑑賞するのもこの商品の楽しみ方の一つだと思います。また店舗などでの商品紹介の写真を集めれば、広告機としても活用できます。

     

    人感センサーがついているので、いちいちスイッチをon/offする必要がありません。無駄な電力消費も抑えられます。また写真のプレビュー機能も搭載されている点も大きな特徴の一つです。

    サイズ7インチ解像度1280×800
    機能性人感センサー/カレンダー・目覚まし時計/動画・音楽再生
    第1位

    Onlyesh

    デジタルフォトフレーム  ホワイト

    価格:7,999円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    シンプルで高機能

    この商品の特徴としては、シンプルなデザインで機能性も高いというところにあります。リモコンもついているので操作も簡単にできるのもポイント高めです。このように白くてシンプルなデザインだと、どんな部屋にも溶け込みそうですよね。プレゼントにぴったりです。

     

    もちろん人感センサー、タイマーやカレンダーといった機能も搭載されています。また操作も簡単なので初期設定さえやってあげられれば、高齢者の方でも楽しむことができると思います。

     

    画素数も大きいので、鮮明でクリアに見ることができる写真を鑑賞できること、間違いなしです。お値段もちょうどよく、シンプルで機能性高い。文句なし、堂々の人気ナンバーワンです。

    サイズ10インチ解像度1280×800
    機能性人感センサー/カレンダー・目覚まし時計/動画・音楽再生

    デジタルフォトフレームのおすすめ一覧

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5060760の画像

      Onlyesh

    • 2
      アイテムID:5060717の画像

      Kenuo

    • 3
      アイテムID:5060763の画像

      Y21

    • 4
      アイテムID:5060756の画像

      Onlydroid

    • 5
      アイテムID:5060734の画像

      DFSSF

    • 6
      アイテムID:5060971の画像

      FamBrow

    • 7
      アイテムID:5060968の画像

      moonka

    • 8
      アイテムID:5060713の画像

      MUHEN

    • 9
      アイテムID:5060711の画像

      Aitsite

    • 10
      アイテムID:5060704の画像

      ソニー(SONY)

    • 商品名
    • デジタルフォトフレーム  ホワイト
    • デジタルフォトフレーム 7インチ ホワイト
    • デジタルフォトフレーム 11.6インチ
    • デジタルフォトフレーム 7インチ
    • デジタルフォトフレーム
    • デジタルフォトフレーム 7インチ
    • デジタルフォトフレーム(15.6インチ&ブラック)
    • デジタルフォトフレーム
    • デジタルフォトフレーム 10.1インチ
    • デジタルフォトフレーム S-Frame D720 7.0型
    • 特徴
    • シンプルで高機能
    • 32GBのSDカードつき 多機能商品
    • 複数の自動再生モード搭載
    • 低価格なのに機能性抜群
    • 2019年最新モデル
    • シンプルで低価格
    • 超大型且つ高画質
    • 大画面で画質も良い商品。壁掛けも可能。
    • 画質が綺麗。コスパが最高の商品
    • 操作が簡単。使いやすさ重視の方におすすめ
    • 価格
    • 7999円(税込)
    • 5899円(税込)
    • 11599円(税込)
    • 5499円(税込)
    • 7299円(税込)
    • 5499円(税込)
    • 18000円(税込)
    • 6899円(税込)
    • 6999円(税込)
    • 6000円(税込)
    • サイズ
    • 10インチ
    • 7インチ
    • 11インチ
    • 7インチ
    • 10インチ
    • 7インチ
    • 15.6インチ
    • 10インチ
    • 10インチ
    • 7インチ
    • 解像度
    • 1280×800
    • 1280×800
    • 1920×1280
    • 1024×600
    • 1280×800
    • 1280×800
    • 1920×1080
    • 1024×600
    • 1024×600
    • 800×480
    • 機能性
    • 人感センサー/カレンダー・目覚まし時計/動画・音楽再生
    • 人感センサー/カレンダー・目覚まし時計/動画・音楽再生
    • 人感センサー/カレンダー・目覚まし時計/動画・音楽再生
    • 人感センサー/カレンダー・目覚まし時計
    • 動画・音楽再生/人感センサー /カレンダー・目覚まし時計
    • 動画・音楽再生/カレンダー・目覚まし時計
    • 動画・音楽再生/人感センサー
    • 動画・音楽再生/人感センサー /カレンダー・目覚まし時計
    • 動画・音楽再生/カレンダー・目覚まし時計/人感センサー
    • 動画・音楽再生機能

    まとめ

    デジタルフォトフレーム人気10選、いかがでしたでしょうか。様々な商品があったと思いますが、上のおすすめ一覧表も参考にしながら、予算や使いたい機能、デザインなどを考えて選んで見てください。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

    TOPへ