記事ID138162のサムネイル画像

【イラストを鮮やかに彩る】人気の水彩色鉛筆おすすめランキング10選

普段イラストを描かれますか。趣味や気分転換にイラストを描かれる方、またはお仕事としてイラストを描かれるプロの方もいらっしゃると思います。イラストを描く際に水彩色鉛筆は大変重宝しますが、どんなものがおすすめなのでしょうか。ご紹介していきたいと思います。

手軽に本格的な描写を楽しめる水彩色鉛筆

みなさんはイラストを描くのは好きですか。イラストを描きたいと思っても、絵を描く画材や道具は様々な種類があるため何を使って書けばいいか迷ってしまいますよね。そんなとき水彩色鉛筆は、描きたいときにたくさんの用具を用意するなどの必要がなく手軽に絵を描くことができます。

 

また、絵の具やコピックなどの画材と違って、鉛筆1本は数十円〜数百円と、比較的安価なので、高い出費をすることなく多くの色を揃えることができます。手軽にかけて低いコストで道具を揃えられるということで、初心者だけど絵を描いてみたいという方にも水彩色鉛筆はうってつけです。

 

ではそんな水彩色鉛筆は何をポイントにして購入すればいいのでしょうか。たくさんの種類があるけどどんなものを選べばいいのかわからない。そんな方に向けて今回は、水彩色鉛筆の選び方とおすすめの水彩色鉛筆をランキング形式でご紹介していきたいと思います

水彩色鉛筆の選び方

では早速水彩色鉛筆の選び方のポイントをご紹介していきます。

描き心地で選ぶ

水彩色鉛筆は描き心地がそれぞれ異なります。柔らかい描き心地、発色の良さ、水に対する溶け具合、なめらかさなどのポイントはメーカーや種類によって個性があります。お店などで実際に描き心地を試せる場合もありますので、描き心地にこだわりたい方は試してみましょう。

 

お気に入りの描き心地が見つけられるかもしれません。

重ね塗りのしやすさで選ぶ

水彩色鉛筆は水彩絵の具と同じように混色ができます。塗り方、その濃さ、水の量、筆のタッチで色合いが変わります。重ね塗りをするときは、はじめに塗った色が乾いてから次の色を重ねることで下の色が透けて見え、水彩画らしい透明感を表現できます。

鉛筆の水への溶けやすさやにじみ具合なども鉛筆の個性が出ますので、重ね塗りのしやすさも要チェックです。

芯の硬さで選ぶ

絵を描く際に重要になってくるのが書き味です。水彩色鉛筆の書き味を決めるのが芯の硬さですが、風景画や静物画など、何を描くかによって向いている芯の硬さが異なります。そこでここでは芯の硬さと描くのに向いている対象についてご説明します。

細かい描写に向いている硬質

芯の硬い硬質の水彩色鉛筆は、線密画のような細かい絵を描くのに向いています。芯が硬いためイラストを描いていると少しずつ芯が減っていき、少しずつ細かく絵を塗るのに適している芯の硬さです。じっくりと細部にこだわって描写をしたいときに硬質の色鉛筆が適しています。

 

留意点としては、硬質の色鉛筆は他のタイプと比べて水に溶かしにくいという傾向があるため、広い範囲にわたって絵を塗りたいという場合には塗りにくくなっており適しません。しかし、縁取りなどの線やはっきりとしたイラストを描くのに向いており、そのようなときに硬質の水彩色鉛筆はおすすめです。

色のタッチを程よく残すことのできる中硬質

中硬質は芯の硬さが硬質と軟質の中間程度になっています。ですので、硬質よりは水に溶けやすく、広範囲を塗ることができますが、しっかりと色鉛筆的な細かいタッチを残すことができます。色鉛筆の特色と水彩画の特色をどちらも表現することができます。

 

色鉛筆画らしさというのも絵に表すことができるので、色鉛筆画の特色を残しておきたい人に中硬質の水彩色鉛筆は適しています。ふんわりとし過ぎず、それでいてかっちりとしすぎないほどよい柔らかさを表現することができます。

 

色鉛筆画の特色と水彩がの特色を兼ね備えているので、「とりあえず水彩色鉛筆でイラストを描いてみたい」という初心者の方にも気軽に始めることができおすすめです。

水彩画らしい技法を存分に楽しむことができる軟質

軟質の芯は柔らかいため水に溶けやすく簡単に色を混ぜ合わせることができます。色鉛筆ながら水彩絵の具を使っているような感覚を楽しむことができます。パステルやコンテに近い柔らかさで、紙に色がのりやすくなっています。

 

また、発色も硬質や中硬質と引っ掻くすると鮮やかなものが多くなっています。硬質は線密画に向いていますが、軟質は反対に広い範囲を塗るのに適しています。そのため筆圧が弱い人でも思い通りに描きやすく、手軽に水彩がらしいタッチを楽しむことができます

 

お年寄りの方やお子様、強い筆圧で書くことが難しいような方で、水彩色鉛筆で絵を描いてみたいという方には軟質がおすすめです。

色数で選ぶ

水彩色鉛筆は12,24,36,48色などセットで売られているものが多いです。どのくらい多彩な色で表現して楽しみたいのか、または気軽に水彩色鉛筆で絵を描いてみたいのか、ご自身の意向によって色数を決めていきましょう。

気軽に始められる12色

まずは気軽に水彩色鉛筆で絵を描いてみたいという方には12色がおすすめです。基本的な色をおさえてあるため、細かい表現は難しいかもしれませんが、大体の表現は可能です。また12色セットは価格も1000円以下のものが多く、初心者にも手軽に購入しやすくなっています。

 

そのため、「水彩色鉛筆ってどんな描き心地なんだろう」「試してみたい」という方に適しています。

初回購入に最もおすすめな24~36色

水彩色鉛筆で絵を描きたいと考える方に最もおすすめなのが24〜36色のセットです。12色では表現できない細かい色彩を鮮やかに表現することができます。またこのくらいの色数であれば「入っているけど微妙な色合い過ぎて使えない」というようなもったいないことは防ぐことができます。

 

24~36色は種類も多く、様々なメーカーや種類のものから選ぶことができ選択肢が多いので便利です。

より多彩な表現を楽しみたいなら48色以上

48色以上のセットも数多く販売されています。中には150色、200色を超えるようなセットもあります。これらのセットではいうまでもなく、より多彩な表現が可能になります。

 

また、色数が多ければ多いほど、持っているだけでワクワク感を味わうことができます。たくさんの色鮮やかな色鉛筆が揃っているだけで、なんだか「何でもいいから描いてみたい」、というような意欲が湧いてきます。

 

コレクター感覚になってしまうような贅沢感・本格的な感じを味わいたい、といいう方はこれらのセットがいいのではないでしょうか。

単品で売られているかで選ぶ

水彩色鉛筆を使用する場合はすべての色をまんべんなく使用するのではなく特定の色をたくさん使用する場合があると思います。好きな色ほどすぐなくなりやすいので、色鉛筆が単品販売されているかも要チェックです。きちんと色が揃っているとモチベーションが上がりますよね。

シーンに合わせた入れ物を

色鉛筆の入れ物にも種類がありますので、ご自身の使用シーンに合わせてケースについても考えるといいと思います。最も多いのが平型の缶に入ったものです。丈夫ですし、持ち運びもしやすくおすすめです。

 

丸型の缶に入っているものもあります。こちらはフォルムが可愛らしく、持ち運びもしやすいてす。紙箱や柔らかいプラスチックケースに入ったようなものもありますが、こちらはケースが低コストで、あまり外に持ち出したりしないような場合におすすめです。

水彩色鉛筆の人気ランキング10選

第10位

火星文具

色鉛筆 水彩ペン イラスト 画材セット

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性アップの付属品が付いた水彩色鉛筆セット

第10位は火星文具の色鉛筆 水彩ペン イラスト 画材セットです。普通に描けば色鉛筆として、水に付けて絵をなぞれば水彩画になります。鉛筆の描き心地はサラサラとして描きやすく、なめらかなタッチで絵を描くことができます。

 

水彩インクの色鉛筆であるため油性色鉛筆の鮮やかな書き味よりは細かい表現法を演出することができます。ぼかし技法も簡単に扱うことができるため「水彩画にチャレンジしてみたいけど不安」「苦手だ」という方にもぴったりです。六角軸で持ちやすくなっています。

 

機能性アップの付属品がついています。水筆は水を蓄えることができ、軸を押すだけで水が出るので色鉛筆で描いた絵をなぞる際に便利です。延長ホルダーは鉛筆を長く使って短くなった場合でも軸を延長できます。

芯の硬さ色数48色
ケース布製巻きつけ型
第9位

ターレンスジャパン

ヴァンゴッホ 水彩色鉛筆 60色

価格:6,010円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オランダの王室から“ROYAL”の称号を授けられた画材メーカーの水彩色鉛筆

芯の硬さ軟質色数60色
ケース平型缶
第8位

サクラクレパス

水彩色鉛筆 24色

価格:2,442円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

筆付きで水彩画・色鉛筆画がすぐに楽しめる

第8位はサクラクレパスの水彩色鉛筆 24色です。色鉛筆と水彩画の両方のタッチを楽しむことができますので、塗り絵を趣味としている方にも、水彩画スケッチを楽しみたいという方にも気軽におすすめできる商品になっています。

 

色鉛筆の繊細な描写や混色効果を表現でき水彩画の着色表現などが同時に楽しめる1品で2度おいしい商品です。全ての色が水溶性で描いてから水を含ませた筆で上からなぞれば、水彩画のような表現が可能です。筆が付いており初めての方でも気軽に水彩スケッチが出来ます。

芯の硬さ色数24色
ケース平型ブック型
第7位

TOPERSUN

水彩色鉛筆 72色セット

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

艶やかな発色、充実の72色

第7位はTOPERSUNの水彩色鉛筆 72色セットです。こちらは色の純粋性に優れた高級微粒子顔料を厳選し、透明度と彩度の高い色調に設計されています。微妙な中間色や淡いカラーもくっきりとクリアに描くことができ、デリケートな色彩表現が思いのままです。

 

また色芯は耐磨耗性に富み、色を付けやすく長持ちです。製作中に芯カスで作品を汚すことが少なく、細い線も塗りも快適なタッチで描けます。また72色ととても多くの色がそろっているので、微妙な色の表現を丁寧に再現することができます。

 

そのため、お子様はもちろん、大人の方のお絵描きにも満足出来る水彩色鉛筆です。72色と大容量なので、多彩な表現にこだわりたい方、微妙な色彩をきちんと表現したい方におすすめになっています。

芯の硬さ色数72色
ケース平型缶
第6位

三菱鉛筆

水彩色鉛筆 ユニウォーターカラーコンパクト 12色

価格:803円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に始められる1000円以下の水彩色鉛筆

第6位は三菱鉛筆の水彩色鉛筆 ユニウォーターカラーコンパクト 12色です。こちらはお値段が1000円以下のため、思い立ったときに気軽に購入できるリーズナブルさが魅力です。お手頃ですが水筆ペンもついています。

 

芯の硬さ色数12色
ケース平型プラスチック
第5位

Youtumall

水彩色鉛筆 塗り絵 画材セット

価格:1,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発色鮮やかで細やかな描き心地に優れる48色セット

第5位はYoutumallの水彩色鉛筆 塗り絵 画材セットです。こちらの水彩色鉛筆は発色鮮やかで細やかな描きに優れており、同時に折れにくく高品質です。色の吸着性が優れておりなめらかな描き心地と多彩な色味を提供します。

 

変色や退色が少なく、色をつけやすく長時間保つことができます。3.0mm幅の高品質な芯で折れにくく、絵や文字を書く際のひっかかりが少なく、滑らかな書き心地です。最適切な硬度を選び、高耐磨耗性を持っているため、削る際にも芯が折れにくくなっています。

 

従来の水溶性色鉛筆と比べ、芯を太くすることにより割れを防止しています。 優れた材料を採用しているため環境にも身体にも優しく無毒無害で、お子様にも安心してご利用いただけます。円形のケースが持ち運びに便利になっています。

芯の硬さ色数48色
ケース丸型
第4位

ステッドラー

ノリスクラブ 水彩色鉛筆 36色

価格:1,636円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

芯折れ防止仕様の子供にも適した水彩色鉛筆

第4位はステッドラーのノリスクラブ 水彩色鉛筆 36色です。ノリスクラブの水彩色鉛筆はコストパフォーマンスが高く低価格なのが特徴です。また、低価格色鉛筆は丸軸のものが多い中、お子様のために転がりにくい六角軸を採用しています。

 

また、ステッドラー独自の芯折れ防止加工(A・B・S)で強度を高めているため、色鉛筆によくある芯折れを劇的に軽減しています。絵の具の持つ繊細さと、色鉛筆の持つ手軽さをミックスした使いやすい水彩になっています。

 

ステッドラー社は筆記具、製図用具など独創的製品の製造業者として長らく世界のトップランクに名を連ねてきました。その中でもこちらは世界で一番厳しいと言われる安全規格(EN-71)に適合し高い安全性を証明された商品で、信頼性が高くプレゼントにもおすすめです。

芯の硬さ色数36色
ケース平型プラスチック
第3位

ファーバーカステル

水彩色鉛筆 平缶 36色セット

価格:1,497円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤いパッケージでおなじみの描き心地なめらかな水彩色鉛筆

芯の硬さ軟質色数36色
ケース平型缶
第2位

三菱鉛筆

水彩色鉛筆 ユニウォーターカラー 36色

価格:4,035円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

表現の幅が広がる水彩色鉛筆

芯の硬さ中硬質色数36色
ケース平型缶
第1位

ステッドラー

カラトアクェレル 水彩色鉛筆 36色

価格:3,976円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どなたでも簡単に水彩画を楽しめる

芯の硬さ-色数36色
ケース平型缶

水彩色鉛筆のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5053387の画像

    ステッドラー

  • 2
    アイテムID:5053438の画像

    三菱鉛筆

  • 3
    アイテムID:5053459の画像

    ファーバーカステル

  • 4
    アイテムID:5053504の画像

    ステッドラー

  • 5
    アイテムID:5053479の画像

    Youtumall

  • 6
    アイテムID:5053613の画像

    三菱鉛筆

  • 7
    アイテムID:5053621の画像

    TOPERSUN

  • 8
    アイテムID:5053626の画像

    サクラクレパス

  • 9
    アイテムID:5053642の画像

    ターレンスジャパン

  • 10
    アイテムID:5053654の画像

    火星文具

  • 商品名
  • カラトアクェレル 水彩色鉛筆 36色
  • 水彩色鉛筆 ユニウォーターカラー 36色
  • 水彩色鉛筆 平缶 36色セット
  • ノリスクラブ 水彩色鉛筆 36色
  • 水彩色鉛筆 塗り絵 画材セット
  • 水彩色鉛筆 ユニウォーターカラーコンパクト 12色
  • 水彩色鉛筆 72色セット
  • 水彩色鉛筆 24色
  • ヴァンゴッホ 水彩色鉛筆 60色
  • 色鉛筆 水彩ペン イラスト 画材セット
  • 特徴
  • どなたでも簡単に水彩画を楽しめる
  • 表現の幅が広がる水彩色鉛筆
  • 赤いパッケージでおなじみの描き心地なめらかな水彩色鉛筆
  • 芯折れ防止仕様の子供にも適した水彩色鉛筆
  • 発色鮮やかで細やかな描き心地に優れる48色セット
  • 手軽に始められる1000円以下の水彩色鉛筆
  • 艶やかな発色、充実の72色
  • 筆付きで水彩画・色鉛筆画がすぐに楽しめる
  • オランダの王室から“ROYAL”の称号を授けられた画材メーカーの水彩色鉛筆
  • 機能性アップの付属品が付いた水彩色鉛筆セット
  • 価格
  • 3976円(税込)
  • 4035円(税込)
  • 1497円(税込)
  • 1636円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 803円(税込)
  • 1799円(税込)
  • 2442円(税込)
  • 6010円(税込)
  • 2380円(税込)
  • 芯の硬さ
  • -
  • 中硬質
  • 軟質
  • 軟質
  • 色数
  • 36色
  • 36色
  • 36色
  • 36色
  • 48色
  • 12色
  • 72色
  • 24色
  • 60色
  • 48色
  • ケース
  • 平型缶
  • 平型缶
  • 平型缶
  • 平型プラスチック
  • 丸型
  • 平型プラスチック
  • 平型缶
  • 平型ブック型
  • 平型缶
  • 布製巻きつけ型

まとめ

ここまで水彩色鉛筆の選び方とおすすめ商品をご紹介してきましてがいかがでしたでしょうか。芯の硬さで書き味が変わったり水彩色鉛筆は奥深いですが、たくさんの種類があって選ぶのが楽しいのではないでしょうか。ぜひ商品選びの際に本記事を参考にしていただければ幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ