記事ID138151のサムネイル画像

【野球好きなら必見】野球グローブのおすすめ人気ランキング10選

野球にとって、必要不可欠な道具としてグローブがあります。グローブは、ポジションやメーカー、フィーリングなどの要素が強く、選ぶのが難しいとされています。今回は、野球グローブの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介するので、参考にしてみてください。

野球グローブを使って野球を始めてみよう

野球と言えば、今や日本を代表するスポーツの1つになっているものです。その野球熱は、本場であるメジャーにも劣らないものであり、ハイレベルな試合が毎年プロリーグで行われています。また、アマでも野球好きな人が日夜特訓しているのです。

 

今の日本になくてはならない存在となった野球ですが、これから始めるという人も多いでしょう。その際、まず必要になってくるのがグローブとなります。ポジションによって使うグローブは違うのですが、最初は何を選ぶか迷う人も多いのです。

 

今回は、初めて野球をする人でも迷わないために、グローブの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介します。ポイントとしては、ポジション・メーカー・フィーリングとなります。これらを念頭に置き、自分が使いやすい野球グローブを選んでみてください。

野球グローブの選び方

野球グローブを選ぶ際、それぞれの特徴やメーカーなどをよく見る必要があります。適当に選ぶと、後悔することもあるのです。

ポジション別に選ぶ

野球にはそれぞれ決まったポジションがあります。そして、それらのポジションごとに相応しいグローブはある程度決まっているのです。

キャッチャー志望ならキャッチャーミット

野球をプレイする上で、かなり重要なポジションとなるのがキャッチャーです。あまり野球を観ない人からすると、ピッチャーの球を受けるだけのポジションと思われがちですが、そんなことはありません。司令塔として、無くてはならない存在なのです。

 

ですが、基本はピッチャーの球を受けるのがキャッチャーの役割となります。この際、使うべきグローブとして、キャッチャーミットがあるのです。キャッチャーミットは、皮が分厚く、それでいて球を受けるポケットが浅めに設計されています。

 

キャッチャーは、ピッチャーの速い球を受け続けるため、手に懸かる負担が大きいポジションです。また、盗塁阻止のために素早く送球するため、なるべくポケットが浅く球を取りやすいグローブが必要となります。それこそがキャッチャーミットというわけなのです。

ファースト志望ならファーストミット

野球をプレーする上で、おそらく最も球が来るポジションとしてファーストがあります。内野の中でも、特にアウトを取るために球を受けることが多いということは、それだけグローブも大きくなくてはいけません。

 

そのため、ファーストミットを選ぶときは、なるべく大きくて先が長いものを選んでみましょう。大きくて長ければ、それだけ球を落とす確率が減るため、よりアウトにしやすくなります。これにより、安定した守備を行うことが出来るでしょう。

 

また、ファーストは球をよく受けるポジションのため、なるべく革が厚いものを探してみてください。何度も球を受けることで、手が痛くなってきてミスに繋がることもあります。少しでも安定したプレーを目指すなら、大きさ・長さ・革の厚さを考慮してみてください。

その他はグローブの長さで選んでみる

野球には、それぞれポジションというものがあり、使われているグローブも少しずつ違っています。ですが、キャッチャー以外は、多少の違いはあってもそこまで形状が異なるものではありません。そのため、最も重視されるのは、グローブの長さとなります。

 

グローブが長いものは、必然的に大きさも増すことになります。長さが必要になるポジションとしては、外野が挙げられるでしょう。外野は、長打を追いかけて飛びつくため、少しでも捕球できる範囲を広げる必要があるのです。

 

捕球範囲を広げるためには、やはりグローブの長さを増やす必要があります。もちろん、外野以外の内野に関しても同じことが言えます。また、内野に関しては、長さと合わせて捕球のために深さも必要です。とはいえ、長さが共通して必要なので、よく見ておきましょう。

初心者ならオールラウンドを選ぶ

グローブの選び方には、それぞれのポジションごとに違いがあります。ですが、これはあくまである程度経験者になってから考えても遅くはありません。初めて野球をプレイする人は、まずグローブに慣れることから始めることをおすすめします。

 

そして、グローブに慣れるために使えるのが、オールラウンドタイプになります。これは、基本的にどんなポジションでも使えるグローブなので、誰でも気軽に使うことが可能です。キャッチャーミットだけは、専用を選ぶ必要があるのは知っておきましょう。

 

実際、複数のポジションを務める人は、オールラウンドタイプのグローブを使っていることも多くあります。それほど実用性が高く、場面を選ばないのがオールラウンドです。早めにグローブに慣れたい人、複数ポジション持ちの人はぜひ使ってみてください。

メーカーを確認する

グローブを選ぶ際、どこのメーカーが作っているのかも重要なポイントとなります。それぞれに特徴があるので、確認しておきましょう。

価格帯が広いのはミズノ

グローブを販売しているメーカーの中で、最も価格帯が広いと言われているのがミズノとなります。ミズノは、野球だけでなくスポーツ全般で商品を販売している有名メーカーとなります。信頼度は折り紙付きだと言えるでしょう。

 

実際、ミズノを使用しているプロ野球選手もいることから、誰でも使えるグローブだということが分かります。そして、グローブの種類が多いことから、価格に関しても幅広く選ぶことが可能となっています。

 

初めてグローブを購入したいと思っても、高いものばかりではなかなか決断出来ません。ですが、ミズノのグローブなら、格安グローブから本格派グローブまで、様々な価格帯から選ぶことが出来ます。おすすめメーカーなので、参考にしてみてください。

革にこだわるならZETT

グローブを選ぶ際、重要になるポイントとして革があります。革がしっかりしているグローブは、それだけ手にかかる負担を軽減してくれるため、安心して捕球することが出来るでしょう。手の怪我は、野球をプレイする上で一度はぶつかる壁となります。

 

そんな革にこだわっているメーカーが、ZETTになります。このメーカーは、他のメーカーと比べても革の質に気を配っているとされており、使用感も良いと評判になっています。多くの人が愛用しているグローブだと言えるでしょう。

 

グローブの革は、耐久性はもちろん、弾力性や柔軟性も必要になってきます。それぞれ、使う人の手入れなどで違いはあるのですが、元の革が良いかどうかも深く関わってきます。より正確なプレーを目指すなら、革に定評のあるZETTも見ておいてください。

SSKも日本では有名

グローブメーカーの中で、ミズノに次ぐ勢いで知名度があるのはSSKだと言えるでしょう。多くのプロ野球選手が愛用しており、メジャーでもよく使われています。日本における知名度はもちろん、海外でも有名なメーカーとなります。

 

SSKのグローブは、汎用性が高いとして一定の評価を得ているものが多いです。また、中には、特定の性能に特化したものもあり、メーカーの臨機応変さが伺えるようになっています。多くの人が使っている理由がこのあたりにあると言えるでしょう。

 

野球をプレイする上で、一度は使ってみるこをおすすめできるメーカーがSSKとなります。価格も様々なものがあり、初めてでも購入しやすくなっています。末永く使えて汎用性のあるグローブが揃っているので、ぜひ試してみてください。

メーカーごとの特徴を知っておく

グローブを作るメーカーには、それぞれで特徴が多くあります。また、この特徴は実際に使った人にしか分からないものもあり、一概には断言できません。そのため、まずは目に付くメーカーを多く試してみることをおすすめします。

 

自分に合ったグローブを本気で探すなら、それぞれのメーカーを使い分けることも重要になります。これにより、どのメーカーがどんなグローブを作っているのかを見極めることが出来るのです。もちろん、最初のメーカーが合うならずっと使うのもアリです。

 

野球に限らず、本当に合う道具というのは人の数だけ違いがあります。まずは、自分がどんな役割を求めるのかを考えて、それに沿った性能を発揮してくれるものを選ぶべきだと言えます。グローブなどは最たる例なので、多くのメーカーを試してみてください。

自分のフィーリングに合っているか

グローブを選ぶ際、最終的に判断するポイントはフィーリングとなります。フィーリングが合えば、それが自分のオンリーワンとなっていくのです。

利き手で選ぶ

野球グローブを選ぶ際、利き腕は重要な要素となります。ほとんどの人は、右利きグローブを使うことが多いのですが、中には左利きの人もいるため、自分の利き腕にあったグローブを選ぶようにしていきましょう。

 

また、両利きという人も中にはいるため、そんな人は両利き用のグローブを使ってみることをおすすめします。これなら、その日のコンディションに合わせて利き腕をすぐに変更出来るため、臨機応変に対応することが出来ます。

 

利き腕に合わないグローブは、実践で使うことはほとんど出来ません。たまに、利き腕矯正を行う人もいますが、そのためには多くの時間がかかるので、問題なくプレー出来る利き腕に合ったグローブを選んでみてください。

サイズで選ぶ

野球グローブには、それぞれサイズが定められています。ですが、メーカーごとにサイズが違うことも多いので、実際のサイズはよく調べておく必要があります。そうしなければ、思うようなプレーが出来ないこともあるのです。

 

野球グローブは、キャッチングにおいて繊細な面が多くあるため、サイズが合わないと思うような結果を出すことは出来ないでしょう。大きすぎず小さすぎないものを選ぶことで、自分のプレーを100%引き出すことが出来ます。

 

サイズの目安は、各メーカーが表などで出していることがほとんどです。ですが、どうしてもきっちりとしたサイズで野球グローブを選びたいなら、実際に手にはめてみることが1番だと言えます。納得のいく形で野球グローブを選んでみてください。

最終的には自分が使いやすいかどうか

グローブは、様々なメーカーが知恵を振り絞って作っています。実際、プロ野球選手などは、自分の気に入ったメーカーを持っており、オーダーメイド発注をしていることがほとんどなのです。グローブは、それほどこだわる必要があると言えます。

 

そして、最終的にどんなグローブを使うかは、フィーリングが大部分となるのです。いくら優れた素材と最高の技術を注ぎ込んで作られたグローブでも、フィーリングが合わなければ意味がありません。宝の持ち腐れとなってしまいます。

 

もちろん、素材や技術はグローブを選ぶ際に重要なポイントではあります。ですが、それだけを見るのではなく、あくまで自分が使ってどうなのかによって判断してみてください。そうすれば、後悔のないグローブ選びが出来るでしょう。

古くなっても愛着を持てるグローブが良い

グローブにはフィーリングが重要だと紹介していますが、これにはある程度時間がかかることもあります。というのも、グローブはある程度使い込まなければ手に馴染むかどうかを判断しにくいからです。

 

グローブに限らず、道具というのは使って手に馴染むまで時間がかかるものです。特に、革で出来たグローブは、真の力を発揮するまで慣らしていく必要があります。慣れてきて初めて、自分に合うかどうかの最終判断が出来てくるでしょう。

 

とはいえ、最初のフィーリングが良ければ、ある程度気に入るグローブを選ぶことは可能です。そして、最終的にフィーリングが合うグローブは、古くなっても愛着を持てるものを選んでください。これが、プレイする上での強い味方になってくれるのです。

野球グローブの人気ランキング10選

第10位

ZETT

野球グローブ

価格:3,740円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者におすすめのグローブ

初めて野球をプレイする人におすすめのグローブとなります。オールラウンド仕様のため、ポジションに関わらず使うことが可能です。衝撃吸収パッドも付いているため、手の保護のしっかりと行うことが出来るでしょう。

 

合成皮革は、本革と比べて柔らかいため、捕球を行いやすくなっています。サイズは小さめになっているため、子供でも問題なく使うことが可能です。手が大きすぎる人は使いにくいため、購入するときは注意しておいてください。

 

ZETTは、革に定評のあるメーカーであり、衝撃吸収もしてくれるため安心して使うことが出来ます。特に、このグローブは初心者でも問題なく使えるようになっているため、これから野球を始める人は、試してみてください。

素材合成皮革サイズ11.5インチ
タイプオールラウンド
第9位

GP

キャッチャーミット

価格:3,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャッチャーの練習としては使いやすいグローブ

初めて野球をプレイする中で、キャッチャー練習に使いやすいグローブとなります。感触としては柔らかい感じであり、多少薄めに作られています。これにより、グローブを解しやすいため、初めてキャッチャーミットを扱う人には最適です。

 

キャッチャーミットは、その厚さと他のグローブとは多少違う形状から使い慣れるまで時間がかかるものです。そのため、このグローブのように多少解しやすくなっていれば、すぐに使い慣れてくるようになります。

 

主に練習用として使い続ける傍らで、本命のキャッチャーミットを探してみるのも良いでしょう。もちろん、気に入ればそのまま試合で使っても構いません。キャッチャーというポジションをしっかりと練習したい人は、ぜひ試してみてください。

素材合成皮革サイズ
タイプキャッチャーミット
第8位

GP

野球グローブ

価格:2,991円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

内野練習におすすめ

野球初心者などが、内野の練習用として使いやすい野球グローブとなります。元々、GPというメーカーは野球を始めるきっかけ作りを念頭に置いたものとなります。そのため、初めてグローブを使う人にはピッタリなのです。

 

特に、内野の練習は激しい練習を課されることが多く、グローブの損耗も激しくなります。試合用のグローブと分けたいと考える人もいることから、練習用に向いているこのグローブはおすすめと言えるでしょう。

 

とはいえ、グローブ自体の性能が劣っていると言われればそうでもありません。柔軟性に富んでいるため、内野のどんなポジションでもそつなく使いこなすことが出来ます。オールラウンドに使えるため、ぜひ試してみてください。

素材合成皮革サイズ12.5インチ
タイプオールラウンド
第7位

MIZUNO

野球グローブ

価格:9,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

内野の動きを覚えられるグローブ

内野用のグローブとしてミズノから販売されているものとなります。捕球の際、球を抑えやすくするため、敢えて少し小さめに設計されているのが特徴です。内野の動きを練習する際にも使いやすいグローブと言えるでしょう。

 

また、投げるときに球をスムーズに移動出来る作りとなっているため、より洗練された動きを行うことが出来ます。革も柔らかく作られているため、手に馴染みやすく使いやすいグローブとなっています。

 

内野練習は、野球で勝つために必須事項となっています。よく野球はピッチャーが目立ちやすいですが、その陰には内野の好守備があるのです。少しでもピッチャーの負担を軽減させて勝つためにも、このグローブで練習してみてください。

素材ナチュラルレザーサイズ9インチ
タイプ内野
第6位

ZETT

野球グローブ

価格:6,383円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

革にこだわるZETTの野球グローブ

革のこだわりに定評のあるZETTが販売している野球グローブとなります。ナチュラルレザーの感触と、使えば使うほど手に馴染む感覚は、多くの人が愛用する理由なっています。最初は少し硬めですが、すぐに柔らかくなってくれるでしょう。

 

また、オールラウンド用として作られているため、どんなポジションでも活用することが可能です。初めて野球をプレイする人から、ある程度経験済みの人でも難なく使いこなすことが出来るため、実用性が高いです。

 

練習用として使ってももちろん良いですが、試合用として取っておいても問題ないグローブとなっています。他にもグローブを所持しているなら、どちらが良いかをしっかりと見極めて選ぶようにしてみてください。

素材ナチュラルレザーサイズ
タイプオールラウンド
第5位

ミズノ

野球グローブ

価格:34,559円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

両利きの人におすすめ

野球グローブの中でも、両利き用として作られた商品となります。これがあれば、両利きで野球が出来る人の強い味方となってくれるでしょう。その日の調子に合わせて使う利き腕をすぐに変えらえるのは便利です。

 

大抵の人は、右利きグローブを使っているのですが、たまに左利きの人もいます。そして、両利きの人も当然いるため、こうした人はグローブも両利き仕様にしておく必要があります。その観点から考えると、このグローブはうってつけとなるのです。

 

メーカーはミズノであり、使い心地も良いため、安心して使えるグローブだと言えるでしょう。これから野球を始める人も、両利きでプレイ出来れば後々応用が利く選手になれる可能性があります。なかなか使えるグローブなので、ぜひどうぞ。

素材本革サイズ11インチ
タイプ両利き
第4位

ハタケヤマ

野球グローブ

価格:16,847円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

投手用に作られたグローブ

投手ように作られているピッチャーグローブとなります。メーカーは、ソフトバンクホークスの甲斐拓也選手とアドバイザリー契約を結んでいるハタケヤマとなります。親指と人差し指部分を隠しているものが、投手用グローブの特徴となります。

 

投手が使うグローブは、とにかく咄嗟のキャッチに長けたものが求められます。また、毎回投げる球を悟られないような構造も必要となります。こうした条件を、このグローブは満たしていると言えるでしょう。

 

プロが使っているメーカーは、たまに聞き慣れないものもありますが、そうしたメーカーはあくまでその選手に合うかどうかによって決まります。ハタケヤマもその1つであり、興味がるなら、ハタケヤマブランドをチェックしてみることをおすすめします。

素材ナチュラルレザーサイズ
タイプ投手
第3位

久保田スラッガー

野球グローブ

価格:20,952円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セカンド・ショート用のグローブ

セカンド・ショート用に作られたグローブとなります。メーカーは、プロの多くが愛用する久保田スラッガーとなります。湯もみ型付けを行うメーカーとしても有名であり、グローブにこだわりたい人にはおすすめとなります。

 

久保田スラッガーで取り扱うグローブは、主に内野手向けのものが多く、このグローブも同じような傾向があります。そのため、内野手の人がグローブにこだわりだしたら久保田スラッガーを選ぶ傾向もあるのです。

 

他の有名メーカーがあるなか、昔からその存在感を発揮しているのが久保田スラッガーの特徴でもあります。多少値段が高くなっていますが、こだわりを持って野球をしたいと考えるなら、おすすめなので、ぜひどうぞ。

素材サイズ22~23cm向け
タイプセカンド・ショート
第2位

Rawlings

野球グローブ

価格:11,930円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メジャー好きにおすすめ

アメリカの老舗メーカーであるRawlingsから販売されているグローブとなります。Rawlingsは、メジャー選手の中でも憧れを持たれていることが多く、かなりのプロ野球選手が愛用しています。

 

デザインもかなり人気であり、日本でもそれなりに使われています。ゴールドグラブ賞を獲得した選手の多くも、Rawlingsを使っていることが多いため、メジャー志向が強い人は使ってみて損はないグローブとなります。

 

海外で多く使われているメーカーのグローブであるため、多少日本人の手と合わないこともあります。ですが、使い慣れれば問題ないので、メジャーご用達のグローブを試したい人はぜひ使ってみてください。

素材サイズ11.75インチ
タイプオールラウンド
第1位

SSK

野球グローブ

価格:14,904円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すぐに使えるグローブ

オールラウンド仕様で、すぐにでも使えるグローブとなります。大抵のグローブは、まず慣らすまで時間をかけるものです。ですが、柔らかい素材を使っているため、すぐにでも実践で使い始めることも可能です。

 

初めてグローブを使う人で、慣らし方がよく分からないという人にもおすすめのグローブだと言えるでしょう。また、使い心地もかなり良く、長く使っていくことも可能です。深型ポケットでキャッチも容易になっています。

 

グローブを使う中で、やはり時間がかかるのは慣らし作業です。最初にある程度慣らしているグローブならともかく、一から自分でやるのは手間となります。それがどうしても嫌な人、急遽試合に出なければならなくなった人にもおすすめなので、ぜひどうぞ。

素材ナチュラルレザーサイズ
タイプオールラウンド

野球グローブのおすす商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5058352の画像

    SSK

  • 2
    アイテムID:5058350の画像

    Rawlings

  • 3
    アイテムID:5058346の画像

    久保田スラッガー

  • 4
    アイテムID:5058335の画像

    ハタケヤマ

  • 5
    アイテムID:5058312の画像

    ミズノ

  • 6
    アイテムID:5058275の画像

    ZETT

  • 7
    アイテムID:5058249の画像

    MIZUNO

  • 8
    アイテムID:5058243の画像

    GP

  • 9
    アイテムID:5058221の画像

    GP

  • 10
    アイテムID:5058218の画像

    ZETT

  • 商品名
  • 野球グローブ
  • 野球グローブ
  • 野球グローブ
  • 野球グローブ
  • 野球グローブ
  • 野球グローブ
  • 野球グローブ
  • 野球グローブ
  • キャッチャーミット
  • 野球グローブ
  • 特徴
  • すぐに使えるグローブ
  • メジャー好きにおすすめ
  • セカンド・ショート用のグローブ
  • 投手用に作られたグローブ
  • 両利きの人におすすめ
  • 革にこだわるZETTの野球グローブ
  • 内野の動きを覚えられるグローブ
  • 内野練習におすすめ
  • キャッチャーの練習としては使いやすいグローブ
  • 初心者におすすめのグローブ
  • 価格
  • 14904円(税込)
  • 11930円(税込)
  • 20952円(税込)
  • 16847円(税込)
  • 34559円(税込)
  • 6383円(税込)
  • 9780円(税込)
  • 2991円(税込)
  • 3990円(税込)
  • 3740円(税込)
  • 素材
  • ナチュラルレザー
  • ナチュラルレザー
  • 本革
  • ナチュラルレザー
  • ナチュラルレザー
  • 合成皮革
  • 合成皮革
  • 合成皮革
  • サイズ
  • 11.75インチ
  • 22~23cm向け
  • 11インチ
  • 9インチ
  • 12.5インチ
  • 11.5インチ
  • タイプ
  • オールラウンド
  • オールラウンド
  • セカンド・ショート
  • 投手
  • 両利き
  • オールラウンド
  • 内野
  • オールラウンド
  • キャッチャーミット
  • オールラウンド

まとめ

野球グローブの選び方とおすすめ人気ランキングを紹介しました。野球グローブは、ポジションによって使うものが違い、メーカーによっても違いが出てきます。また、自分のフィーリングでも違いがあるので、よく考えて選ぶようにしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ