記事ID138145のサムネイル画像

【冷え性対策に】女性用腹巻きのおすすめ人気ランキング10選

冷えは万病の元と言いますが、様々な不調の原因となり得ます。そこで最近は体を温める温活が注目されています。そんな温活に役立つアイテムが「腹巻き」。でもどんな腹巻が良いのか分からない方も多いのではないでしょうか?そこで今回は腹巻きのおすすめランキングを紹介します。

腹巻きでお手軽に温活しよう

最近はメディアでも「温活」について取り上げられることが多くなってきました。意識的に身体を温めることは、女性特有の身体の悩みだけでなく、子どもからお年寄りまで、健康に繋がります。体温が上がると免疫力もUPすると言われています。

 

でも何をすれば良いのか分からないという方におすすめなのが、「腹巻き」です。腹巻きは下着の一つ。お腹を寒さや冷えから保護したり、腰への負担を軽減してくれます。お腹に巻きつけておけば、いつもどおりの生活の中で自然と身体が温まっていきます。

 

腹巻きを巻くと体温が1度上昇すると言われており、全身の冷えを改善する役割があります。なぜなら、内臓がお腹に集まっているため、血流が集中しているからです。最近の腹巻きは、見た目や素材も様々ですので、それぞれの用途に合った腹巻を探してみましょう。

 

腹巻の選び方

腹巻にもいろりろなタイプの商品がありますので、まずは、ランキングに入る前に、腹巻を選ぶ際のポイントをご紹介します。

素材で選ぶ

腹巻に使用される生地には、ウールや綿などの天然繊維と、レーヨンやポリエステルなどに代表される化学繊維があります。それぞれに肌触りや耐久性などが違いますので、自分の使いたいシーンに合った素材を選ぶのがおすすめです。

手入れの楽な「綿(コットン)」

綿(コットン)は、肌触りがよく昔から下着に使われることも多い素材です。丈夫で気軽に洗濯機洗いができるので、日常使いする腹巻きの素材にピッタリです。

 

また、綿は吸湿性に優れているため、夏場はしっかりと汗を吸ってくれます。その上、放湿性や通気性にも優れているので、汗を蒸発させて、夏場でも暑苦しいとは感じにくい特徴があります。また、伸縮性があるため、締め付けがきつくありません。

 

ただ、綿のみで布地を作ると、繊維の目が粗く、しわになりやすいといったデメリットもあります。そんな綿のデメリットをカバーしてくれる、「ウール」や「ポリエステル」「レーヨン」などと上手く組み合わせて作られている腹巻もおすすめです。

オールシーズ使うなら「絹(シルク)」

一年を通して腹巻きを使いたい方には、絹(シルク)がおすすめです。シルクは蚕の繭から得られる天然繊維で柔らかく、とても肌触りが良い素材です。人の肌に近いタンパク質でできており、夏は涼しく、冬は温かく着用することができます

 

繊維としての強さは強靭であり、長持ちするのもメリットです。吸湿性や通気性、保温性にも優れており、どのような季節にも万能に使えます。

 

ただし、摩擦に弱くホームケアに手間がかかる点や、比較的高価である点はデメリットといえるでしょう。布地におけるシルクの割合が高いほど、価格も高くなります。

温かくて冬場に大活躍の「ウール」

ウールは羊の毛のことであり、多くの空気を含むことができるので保温性に優れています。そのため、冬場でも暖かく、逆に夏場は空気中の湿気を吸ってそれが蒸発していくので、涼しく感じやすいでしょう。弾力性があり、シワや型くずれしにくい素材です。

 

ふんわりとした質感で、つけていても苦しさを感じないので、就寝時にも最適です。ただし、洗濯で縮みやすく、毛玉ができやすいのがデメリット。また、ボリューム感があるので、タイトなトップスの下につけると、ひびいてしまうことがあります。

デザインのバリエーションが豊富な「ナイロン・ポリエステル」

ナイロンやポリエステルは合成繊維であり、天然繊維にはできないデザインが可能で、バリエーションも豊富なのがメリットです。

 

伸縮性に優れており、シワになりにくく、しっかりと形を保つことができます。また、吸水性や速乾性、吸湿性などにも優れており、高機能な繊維と言えます。ただ、人によっては肌に合わない場合もありますので、まずは短時間の着用から試してみるのがおすすめです。

機能性で選ぶ

腹巻を選ぶ上で注目したのが、保温性・速乾性などの機能性です。腹巻にもいろいろなタイプがありますので、この点にも注目して選ぶのがおすすめです。

保温性

腹巻きを選ぶ際、もっとも重視したいのが「保温性」です。特に、冷え対策用の腹巻きは、お腹まわりを常に暖かく保てることが必要不可欠です。歩いたり、室温が上がったりといった外的な要因にも左右されない、常に暖かいものを選びましょう。

 

また、遠赤外線効果がある腹巻もおすすめです。遠赤外線とは、電磁波のひとつ。人体に吸収されると細胞の分子を活発にするため、身体の芯から温まることができます。

速乾性

寒い時期になると毎日でも着用した腹巻きですが、他の肌着などと比べると、何点も持っている方は少ないのではないでしょうか。冬は気温が低く、晴れ間が少ない日も多いので、洗い物が1日で完全に乾かないことも多いかもしれません。

 

そんな時に、着たい時にすぐ着られるよう、乾きやすい素材の腹巻を選ぶのがおすすめです。綿やウールの割合が高い素材は、吸湿性が高い分、乾燥に時間を要することが一般的です。一方で、ポリエステルは速乾性が高く、スポーツウェアなどにも使用されます。

 

速乾性と着心地を両立させたいなら、綿やウールとポリエステルが混合された材質の腹巻きを選ぶと良いでしょう。

 

着心地や用途によって選ぶ

腹巻を快適に着用するためには、着心地や用途に合ったタイプを選ぶことが大切です。その点にも注目して選ぶようにしましょう。

サイズが合っているタイプ

腹巻きの締め付けが強すぎてしまうと、内臓が圧迫されてしまい逆効果になることもあります。ですから、きちんと体にフィットするサイズの商品を選びましょう。また、腰痛改善のための腹巻は加圧効果やサポート効果があり、元々きつめに作られているものが多くあります。

肌触りが良いタイプ

腹巻きは腸が動く事によって生まれた熱を閉じ込めて保温するので肌に直接着た方が効果は上がると言われています。暖かさを求めるのなら、肌に直接着るのもおすすめですが、肌ざわりが良く、直接着けたくなるような腹巻きを選ぶのがおすすめです。

 

用途に合っているタイプ

腹巻きをどのようなシーンで、どのような目的のために使いたいかを考えると、選ぶ際の助けになります。最近では、冬用の腹巻の他にも、夏の冷房対策用、妊婦さん用、腰痛防止用など、いろいろな用途に合わせた商品が販売されています。

 

それぞれの用途に適した素材やデザインが採用されているので、より快適に腹巻きを使うことができます。

人気のメーカーから選ぶ

どの腹巻が良いか迷ってしまうという方は、人気のメーカーから選ぶというのも一つの方法です。ここでは、人気のメーカーをいくつかご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

グンゼ

グンゼ」は、1896年創業の歴史ある日本の製糸メーカーです。その高い技術力に定評があり「下着と言えばグンゼ」という、メーカーファンの方も多くいる人気メーカーです。

 

素肌の心地よさにこだわった機能性、着用感、シルエットのすべてをバランスよく兼ね備えたインナーウェなどを幅広く展開しています。 毎日をより快適に、女性の多彩なライフスタイルをサポートするブランドです

 

ワコール

言わずと知れた女性インナーブランドのパイオニア的存在の「ワコール」。その名を知らない方はいないほどの、女性下着の定番メーカーです。ワコール技術を生かしたサニタリーやサポート商品など豊富な品揃えが魅力です。

 

女性ならではの悩みや体型を知り尽くしたワコールだからこそ、腹巻きも多くの女性から支持され続けています。

ウンナナクール

ほっこりとした可愛らしいデザインのインナーでおなじみの「ウンナナクール」。見えない部分にも気を使いたい女性にもおすすめしたいデザインの腹巻きが豊富に揃っています。 さらに、切り売りタイプの腹巻もあるので、自分にぴったりのフィット感を見つけることができます。

ORGANIC GARDEN(オーガニックガーデン)

オーガニックガーデン」は、人に優しい、地球に優しいがテーマのオーガニックコットンブランドです。 商品の色は、アースカラーに仕上げるため、オーストラリアのエアーズロックピンクや、バリ島のバリチャコールなどの厳選された土を精製して着色するというこだわり。

 

加工段階に至るまで、有害物質を一切使用しないので、製造過程の化学薬品が心配な方にもおすすめのブランドです。

腹巻のおすすめランキング10選

第10位

オーガニックガーデン

はらまき 

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人に優しい、地球に優しいがテーマのオーガニックコットンの腹巻

脇継ぎの無い肌に優しい「オーガニックコットン」の腹巻きです。伸縮性のあるパイル地ででぽかぽかします。 就寝時などのネックケアとしても使えます。優しいカラーの4色から選ぶことができます。

 

縫い糸は綿100%で、品質・サイズラベルは全て表に縫いつけられているので、チクチクせず快適な着心地です。口コミでも、「締め付けもなく、程よいホールド感で通年を通して使える」との声も。エコ思考でオーガニック好きな方におすすめの腹巻きです。

素材綿80% ポリエステル15% ポリウレタン5%サイズウエスト約58-77cm
第9位

GUNZE

腹巻 シーファー

価格:974円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

服に響かない超薄手で保温性も良好

非常に薄手の「グンゼ」の腹巻きです。厚みがないのでお腹にもお尻にもひびかず着やすいと口コミでも高評価です。上部分にはゴムが入ってしっかりフィット、下部分は切りっぱなしなので、パンツなどの下に履いてもひびきません。

 

すっきりと着こなせるので、年間を通して着用することもできます。付けた瞬間の暖かさは感じられませんが、徐々に体の奥が暖まる感覚があります。綿素材のため速乾性はいま一つですが、薄手なので、干す時間が短縮されます。

素材綿85%,ポリウレタン15%サイズウエスト(胴囲):64~77cm
第8位

カサネラボ

腹巻パンツ

価格:3,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔らかく薄手な腹巻きパンツ

とにかく下半身の冷えを解消したい方へのおすすめは、こちらの腹巻きです。温かさに定評のある、表綿裏絹の生地で、パンツと一体型となっているタイプのです。

 

お腹から太ももまですっぽりと包み込んでくれるので体が暖まり、柔らかく薄手なのでフィット感も抜群です。よく伸び、嫌な締めつけ感もありません。冷え対策を万全にしたい方におすすめです。

 

「着心地が良く、気持ち良い」「締め付け感なくムレない。真夏でも履ける」など、口コミでもとても人気の腹巻きです。

素材(外側)綿 (内側)絹 特殊弾性糸使用サイズフリーサイズ
第7位

VENEX ( ベネクス )

リカバリーウェア

価格:4,104円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナノプラチナで眠りの質を改善

VENEXリカバリーウェア」は、着て寝るだけで、自立神経をを整え、自己回復力を高めてくれるウェアです。着用することで筋肉の回復を促し、繊維に練りこまれたナノプラチナにより、リカバリー能力が十分に発揮されることが期待できます。

 

生地は新たに開発したベネクス初のメッシュ素材で、軽く薄いのが特徴です。従来製品よりも通気性が約3倍高まり、速乾性も10%以上向上しました。さらに、縫い目の凹凸を少なくした縫製で仕上げているため、縫い目が体に当たる不快感もなく、就寝時も快適。

 

「お腹が自然に温かく感じてよく眠れる」「薄手で年中使える」などの声があり、口コミでもとても人気の腹巻きです。

素材メッシュ素材サイズS~M:ウエスト60-80cm L~XL:ウエスト75-95cm
第6位

NANA

シルク腰痛サポーター

価格:1,250円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チューブトップやネックウォーマーとしても利用できる

人気のシルクで作った腹巻きです。とにかく柔らかで、キツくない着心地が好評です。シルクは、人間の肌に一番近い繊維で、しなやかな着心地が魅力。シルクがもつタンパク質「セリシン」は肌構成とそっくり。肌構成と共通した18種類のアミノ酸で構成されています。

 

またシルクは、通気性・保湿性などすべての点で優れています。保温性は綿の1.5倍。チクチクせず、皮膚が弱い方におすすめな素材です。

 

口コミでは「付けた感じも見た目も腹巻っぽくなくてよい」との声も。チューブトップやネックウォーマーとしても使用することができます。比較的長いのでズレず、丸まらず使いやす形の腹巻きです。

素材シルク95% ポリエステル5% サイズフリーサイズ
第5位

World Bridge

腰暖ベルト

価格:1,170円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

巻き方を変えて腰とお腹を暖める2WAY使用

腰痛持ちの方におすすめなのが、こちらのベルトタイプの腹巻きです。肌触りの良い裏起毛が腰を温め、自然な暖かさをキープしてくれます。着用後後ろに回せばお腹を温められる腹巻仕様の2WAYで利用できます。

 

通気性・伸縮性もあり、自宅での洗濯も可能です。肌触りの良い裏起毛が腰部を保温し、 自然な暖かさを保ちます。冬場はもちろん、夏場のエアコン対策としても活躍します。

 

冷え性の方や、生理痛などでお悩みの方にもおすすめ腹巻です。「値段以上の温かさ」との声もあり、口コミ評価の非常に高い人気の腹巻きです。

素材サイズ縦20 ウェスト S 55-70 M 65-80 L 75-90 XL 85-100 cm
第4位

株式会社ニット・ウィン

腹巻

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上質シルクを100%使用した腹巻

上質なシルクを100%使用しており、肌触りの良さが抜群の腹巻きです。ずっと触っていたくなるようなさらっとした感触が楽しめます。敏感肌の方でも、安心して使えます。

 

シルクは保温・保湿効果と放湿性があるので、夏は余分な熱や湿気を放湿し、冬はしっかり潤いを保ちながらお腹を温めてくれます。夏に汗をかいても吸湿で爽やかに、冬は保温と断熱で温かい、1年中着心地がとても良い天然素材です。

 

こちらは、薄手の生地でシンプルなデザインなので、インナーとしても目立つことなく着用できます。「平熱が1℃上がった」との声もあり、口コミでも高評価の腹巻きです。

素材シルク(絹紡糸)100%サイズ幅約26cm 長さ約35cm
第3位

Wing/Wacoal

ハラマキ

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

肌側は綿100%で柔らかな肌ざわり

言わずと知れた女性インナーブランドのパイオニアである「ワコール」。その姉妹ブランドの「ウイング」は、ワコールの商品開発のノウハウを活かした、高品質でファッション性の高い、洗練されたインナーや下着を幅広い層の女性に向けて展開しています。

 

こちらは、シンプルなデザインで使いやすい腹巻です。とても薄く、ゴワゴワせず生地の質感が良いです。1,000円を切るお手頃価格も魅力。肌側の生地は綿100%でやわらかな肌ざわりです。吸汗速乾素材でさらっと快適に着用できます。

 

口コミ評価も高く「着け心地が最高」「薄くて良くフィットする」などの声も。トップスに響かない薄手なので、ストレスなく1日を過ごせる腹巻です。

素材綿70%、ナイロン25%、ポリウレタン5%サイズLL
第2位

ソワン

腹巻

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シルク100%で夏は涼しく冬は暖かい

純シルク100%使用の腹巻きです。とても軽く、絹本来の吸収性、保湿性に富んでいます。繊維間の隙間に多くの空気が含まれるので、熱伝導率が低くなるため、蒸れ感の無い心地良い保温効果が得られるのが魅力。冬は暖かく、夏は涼しく着用することができます。

 

夏の冷房対策から、冬場の重ね着まで、アウターに響かない薄手の腹巻きです。細かくやわらかな、のびのびゆったりの生地に仕上がっています。

 

また、シルクは静電気が起こりにくく、人に与える影響の心配がありません。「薄くても温かい」「夏場でもおすすめ」など、口コミ評価の高い人気の腹巻きです。

素材シルク100%サイズ幅約25cm 長さ約36cm ウエスト63~84cm
第1位

GUNZE

愛情腹巻 綿リッチ リブ

価格:918円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

腹巻きの定番といえばこれ

綿素材で、リブ編みのスタンダードな「グンゼ」の腹巻です。綿の素材は通気性がよく、吸収性にも優れています。夜に腹巻きをして寝るという方には、暑くならず汗も吸い取ってくれる綿は最適です。伸縮性もあり、これを着ていれば夜もぐっすり眠れます。

 

肌にやさしいフィット感も魅力。ソフトタッチが長持ちします。サイズ展開、カラーバリエーションも充実しているので、男女問わず使用することができます。

 

お手頃価格で、耐久性にも優れているので、一度腹巻を試してみたいという、腹巻きが初めての方にもおすすめです。「夏の寝冷えに効果あり」などと、口コミでも大好評の商品です。

素材綿サイズM~LL

腹巻きのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5052048の画像

    GUNZE

  • 2
    アイテムID:5052139の画像

    ソワン

  • 3
    アイテムID:5052050の画像

    Wing/Wacoal

  • 4
    アイテムID:5051905の画像

    株式会社ニット・ウィン

  • 5
    アイテムID:5052156の画像

    World Bridge

  • 6
    アイテムID:5052045の画像

    NANA

  • 7
    アイテムID:5052150の画像

    VENEX ( ベネクス )

  • 8
    アイテムID:5052046の画像

    カサネラボ

  • 9
    アイテムID:5051873の画像

    GUNZE

  • 10
    アイテムID:5051917の画像

    オーガニックガーデン

  • 商品名
  • 愛情腹巻 綿リッチ リブ
  • 腹巻
  • ハラマキ
  • 腹巻
  • 腰暖ベルト
  • シルク腰痛サポーター
  • リカバリーウェア
  • 腹巻パンツ
  • 腹巻 シーファー
  • はらまき 
  • 特徴
  • 腹巻きの定番といえばこれ
  • シルク100%で夏は涼しく冬は暖かい
  • 肌側は綿100%で柔らかな肌ざわり
  • 上質シルクを100%使用した腹巻
  • 巻き方を変えて腰とお腹を暖める2WAY使用
  • チューブトップやネックウォーマーとしても利用できる
  • ナノプラチナで眠りの質を改善
  • 柔らかく薄手な腹巻きパンツ
  • 服に響かない超薄手で保温性も良好
  • 人に優しい、地球に優しいがテーマのオーガニックコットンの腹巻
  • 価格
  • 918円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 1170円(税込)
  • 1250円(税込)
  • 4104円(税込)
  • 3880円(税込)
  • 974円(税込)
  • 1512円(税込)
  • 素材
  • 綿
  • シルク100%
  • 綿70%、ナイロン25%、ポリウレタン5%
  • シルク(絹紡糸)100%
  • シルク95% ポリエステル5% 
  • メッシュ素材
  • (外側)綿 (内側)絹 特殊弾性糸使用
  • 綿85%,ポリウレタン15%
  • 綿80% ポリエステル15% ポリウレタン5%
  • サイズ
  • M~LL
  • 幅約25cm 長さ約36cm ウエスト63~84cm
  • LL
  • 幅約26cm 長さ約35cm
  • 縦20 ウェスト S 55-70 M 65-80 L 75-90 XL 85-100 cm
  • フリーサイズ
  • S~M:ウエスト60-80cm L~XL:ウエスト75-95cm
  • フリーサイズ
  • ウエスト(胴囲):64~77cm
  • ウエスト約58-77cm

まとめ

腹巻のおすすめランキングをご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?なかなか冷えが解消しないという方は、ぜひ腹巻きの力を借りて、体を芯から温めてみてはいかがでしょうか?ぜひ今回のランキングを参考にして、お気に入りの腹巻きを見つけてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ