【最高傑作!】村上春樹作品のおすすめ人気ランキング15選【代表作や名作も紹介】

村上春樹と言えば、普段小説を読まないような人でも一度は名前を聞いたことがある位とても有名な小説家です。村上春樹の小説を読んでみたいけれど、たくさんあってどれから読んだらいいかわからないという人のために、村上春樹の小説の魅力を紹介していきます。

中学生・高校生・大学生・社会人にも!村上春樹が人気の理由は?

村上春樹は、1949年1月12日に京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市で育ちました。何度もノーベル賞候補に挙げられるほどの作家なので、高尚で、教科書に載るような難解な文章を書く方だと思っている方も多いかもしれません。

 

実は村上春樹は作家としてデビューする前は、早稲田大学に通いながら国分寺でジャズ喫茶を経営するなど異色の経歴の持ち主です。そしてその作品世界は少し難解な部分もありますが、文章がとても読みやすくテンポも良いので、中学生から社会人まで幅広い読者に読まれています。

 

そこで今回は村上春樹の作品の選び方やおすすめの作品をランキング形式でご紹介します。ランキングは、ページ数や文学賞などを基準に作成しています。この記事の最後には村上春樹の名言もいくつか紹介しています。心に残る珠玉の言葉の数々もぜひチェックしてみてください。

村上春樹の作品の選び方

村上春樹は小説家としてデビューしてから、40年以上活躍をしています。その40年間には傑作を何作も発表しています。その中からあなたに合った作品を選ぶ方法を紹介していきます。

ジャンルで選ぶ

村上春樹の作品には、長編小説もあれば短編小説もあります。また親しみやすいエッセイから、骨太のノンフィクション作品などもおすすめです。何から読むか迷ったら、ご自分の好きなジャンルから選んでみるのもいいですね。

「小説」は村上春樹ワールドが堪能できる

村上春樹といえばやはり「小説」はぜひ読んでおきたいところです。その世界観は独特で、そこに出てくる登場人物はどこか個性的な人物ばかりです。内容はとても濃密なのですが、文章はシンプルで読みやすいところも特徴の一つです。

 

また、物語に出てくる音楽食事アートがとても洗練されていて印象に残ります。小説に取り上げられた音楽のCDが品切れになる現象もたびたび起きているほどです。

迷ったら初心者でも読みやすい「エッセイ」がおすすめ

小説の独特の世界観が少し入りにくい、という方は、まずエッセイから読んでみるのをおすすめします。世界的に著名な作家でありながら、村上春樹のエッセイはとても素朴で親しみやすい素顔が垣間見えておすすめです。

 

ジャズ喫茶を経営していたほどのジャズ通なので、ジャズをはじめ音楽の話題も豊富です。文章も読みやすく、また内容もユーモラスなので、普段あまり本を読まない方でも気軽に楽しく読めそうです。

今の村上春樹のルーツを知るなら「翻訳」を

村上春樹は若い頃から海外文学を好み、たくさんの海外文学に触れてきました。その著書にもそれらの文学の影響は色濃く出ているようです。村上春樹はそんな海外文学の翻訳本も多数手がけています。

 

実際に愛読してきた小説なので、作品への深い理解と愛情を持って翻訳されていて、その作品のよさを存分に引き出していることでしょう。村上春樹作品へ与えた影響も感じることができるので、ぜひ一度読んでみることをおすすめします。

自らインタビューして書き上げた「ノンフィクション」

村上春樹の作品には「ノンフィクション」作品もあります。地下鉄サリン事件が起きた当時、村上春樹はニュースは自分の知りたいことを何も報道してくれないと感じ、自ら事件の関係者のところへ赴きインタビューをして本を書き上げました。

 

村上春樹のノンフィクション作品は、おおげさに騒ぎ立てる訳でもなければ、必要以上に悲劇的に描くのでもなく、冷静かつ真摯に事実に向き合う姿勢が感じられます。小説の独創的な印象とはまた違う作風は、作者の誠実な人柄が感じられて一読に値します。

小学生でも読みやすい「絵本」

独特な世界観が魅力の村上春樹の小説ですが、表現や展開が少し難解で読み進めるのが難しいときは、「絵本」を手に取ってみてはいかがでしょう。例えば、「羊をめぐる冒険」などでおなじみの個性的なキャラクター「羊男」を主人公にした絵本もおすすめです。

 

小説の挿絵も描いている佐々木マキが挿絵を担当しています。ゆるいタッチのイラストにゆるいタッチの文章で、小説の不思議な世界観はそのままに、癒される絵本となっています。あまり複雑なことを考えずに世界観に浸ってみたい方にはおすすめです。

小説や文学を超えたプロとの会話を覗くなら「対談」

村上春樹は様々なジャンルの方との対談本も出しています。ノンフィクション作品でも見られる、事実に対して誠実に向き合う、真摯に人の話を聞く姿勢が顕著に感じられるのがこの対談ではないでしょうか。

 

相手は小説家の村上龍川上未映子、指揮者の小澤征爾や心理学者の河合隼雄など。小澤征爾は「あなたのおかげですごい量の想い出がぶり返した。おまけに何だか分からないけど、すごく正直にコトバが出て来た」と語っていて、その言葉からも村上春樹の話を聞く姿勢が伝わりますね。

「群像新人文学賞」は村上春樹のデビュー作

1979年に発表された「風の歌を聴け」は、村上春樹のデビュー作であると同時に、第22回群像新人文学賞受賞作でもあります。「群像新人文学賞」とは、講談社が発行する文芸誌「群像」が1958年に創設した純文学の公募新人文学賞です。

 

この作品は村上春樹がジャズ喫茶を経営していた当時に、神宮球場でヤクルト対広島戦を観戦していたときに突然小説を書こうと思い立ち、書き上げた小説だそうです。

本屋大賞受賞作は外れがない

一般的な文学賞はプロの選考委員が選ぶものがほとんどですが、「本屋大賞」は新刊を扱う書店の書店員による投票によってノミネート作及び受賞作が決まるというユニークな賞です。書店員の確かな目で選ばれた作品はどれも名作が多く、今では大きな注目を集める賞となっています。

 

村上春樹の作品はあまり本屋大賞には縁が無いのですが、2010年に「1Q84」が10位に、2014年に「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」が11位に入っています。外れがないと言われる本屋大賞のノミネート作品、もし何を読むか迷ったら参考にしてみるのもおすすめです。

小説の長さで選ぶ

村上春樹の作品には、短編集もあれば長編のものもあります。自分の小説を読む時間などを考慮して選んでみるのはどうでしょうか。

長編をじっくり読む

長編小説を読む場合は時間に余裕があるときの方が良いでしょう。特に面白い長編小説ですと、寝る前に少し読もうと思っても、凄く先が気になってしまい読んでいるうちに、寝不足になってしまうことも考えられます。

 

しっかりとここまで読んだら辞めるという意思を持つことができて、楽しみを後にとって置ける方でしたら、少しずつ長編小説を読んでいくのも良い楽しみ方です。毎日、続きが読めるということが、あなたの毎日の気力となるでしょう。

 

村上春樹の小説の中でも長編作品の中には名作が多いと言われています。自分なりの読み方で、どっぷりと村上春樹の描き出す世界に入り込んでみてください。

短編を気軽に読む

短編集を読む利点はちょっとした空き時間に気軽に読めることではないでしょうか?通勤電車の中で読むもよし、仕事のお昼休憩に読むもよし、寝る前に一作品ずつ読むのも良いでしょう。また、短編集であれば1冊でいくつもの物語が収録されているのでお得感があります。

 

中には自分に凄くハマる物語もあるでしょう。小説を買ってから長編の場合自分に合わないものだったら損した気持ちになってしまいます。長編小説に凄く有名な作品が多い村上春樹ですが、実は短編小説の名手と言われることもあります。

 

短いストーリーなのにさすが村上春樹と思わせるような起承転結があったり、魅力的なキャラクターが出てきたりと、短編小説もあなどることはできません。

文学賞を受賞した作品から選ぶ

有名な文学賞をいくつも受賞したり候補に選ばれている村上春樹なので、村上春樹の作品をまだ読んだことが無い人は、文学賞を受賞したり、候補に選ばれた有名な作品から読み始めてみるのも良いでしょう。

群像新人文学賞

群像新人文学賞は、講談社が刊行する文芸誌「群像」が、1958年に創設した純文学の公募新人文学賞です。村上春樹のデビューのきっかけとなった文学賞でありこの賞を獲得した作品は、毎年6月の「群像」に掲載されるので、これが村上春樹のデビューとなりました。

 

村上春樹が群像新人文学賞を獲得したのは、1979年度の第22回で1148編の中から選ばれて受賞をしました。とても応募する人が多い賞の一つでもあり、現在では2000編以上が送られてくる年もある文学賞です。

 

この群像新人文学賞の傾向としては、言葉や文章のリズムなどから人間性やストーリーを育むような作品や、オリジナリティあふれるエピソードの作品、スピード感がある作品や、ユーモアがちりばめられている作品も多いです。

本屋大賞

本屋大賞はは2004年に設立された他の文学賞よりも新しい賞で、NPO法人・本屋大賞実行委員会が運営する文学賞です。この本屋大賞の一番の特徴は、なんといっても賞を選ぶのが書店で働いている人だというところ。

 

書店で働いている、本が好きな人が純粋に「おもしろい」「この本を売りたい」と思った本が選ばれるために、本当に面白い本が選ばれることが多いです。村上春樹の小説は、本屋大賞にはえらばれたことこそ無いものの、さまざまな作品が上位にランクインしています。

 

上位にランクインしているだけでも面白いと言われる本屋大賞のノミネート作の中から、自分に合った一冊を探し出してみるのも良いでしょう。

映画化・ドラマ化されているものを選ぶ

村上春樹の小説には、ドラマ化や映画化された作品がたくさんあります。ドラマや映画で村上春樹の作品を見たことがある人も、一度小説を読み直してみると、ドラマや映画とは違った良さが再発見できることもあります。

 

また、話の登場人物や設定、ラストが違ったりする作品もあるので、ドラマや映画と小説をみて違うところや、自分で対比しながら見るのも面白いです。また、逆に映像化されていない小説を読んでみると、変な先入観なしに新鮮な気持ちで読むことが出来ると言った利点もあります。

 

自分にはどちらの読み方があったいるのか考えて、どの作品を選ぶか決めてみるのも良いでしょう。

年代で選ぶ

村上春樹のデビューは1979年「風の歌を聴け」で、現在まで40年以上第一線の作家として活躍してきました。その作風は年代によって移り変わってきています。読者の間でも好きな年代というのがあるようで、熱心なファンの間では時折議論になることもあります。

 

特にデビュー当時に書かれた「初期三部作」または「鼠&羊四部作」にはファンが多いです。デビュー当時の瑞々しい感性で書かれた作品にも、年月を経て熟成した味わいの作品にもそれぞれの良さがあります。何を読むか迷ったら年代を絞ってまとめて読んでみるのもおすすめです。

傑作で選ぶ

村上春樹のファンは「ハルキスト」と呼ばれています。日本だけでなく世界中に熱狂的なハルキストがいると言われていて、彼らはその作品だけでなく、村上春樹の趣味やライフスタイルにも影響を受けている方も多いようです。

 

村上春樹の小説の特徴の一つに、小説の中に出てくる音楽や料理が印象に残るということがあります。ハルキストの中にはそれらをまとめて本にした方もいるそうです。そんな村上春樹を知り尽くした熱心なファンの選ぶ「傑作」と言われる作品を参考にするのもおすすめです。

村上春樹の名作人気おすすめランキング15選

1位

講談社

ノルウェイの森

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

深く愛すること

ノルウェイの森は、1987年9月4日に発売された村上春樹5作目の長編小説であり、上下巻合わせた発行部数は1000万部を超え、日本だけではなく中国でも100万部以上を売りあげている、村上春樹の小説の中でも特に大ヒットした作品です。

 

37歳の僕が、ハンブルク空港に到着した飛行機のBGMでビートルズの「ノルウェイの森」を聴き、学生時代のことを回想したところから始まるストーリーで、主人公と村上春樹の共通点が多いところから自伝小説ともいわれていますが、これは本人が否定しています。

発売日 1987/9/4 ページ数 304
映像化 2010/12/11 文学賞 第23回春風賞など

口コミを紹介

積極的に生きることを見出している作品です。人生に傷ついたとき、人生に迷ったとき、手に取ってみるとより良い本でしょう。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

講談社

風の歌を聴け (講談社文庫)

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

デビュー作

「風の歌を聴け」は1979年7月23日に発売された、村上春樹の記念すべきデビュー作です。表紙の絵は佐々木マキが書いていますが、本文挿絵は村上春樹自身が書いており、この後3作続く「鼠三部作」の1作目でもあります。

 

タイトルは、トルーマン・カポーティの短編小説 「Shut a Final Door」の最後の一行「Think of nothing things, think of wind」から取られており、実は群像新人文学賞応募時のタイトルは違って「Happy Birthday and White Christmas」でした。

発売日 1979/7/23 ページ数 168
映像化 1981 文学賞 第22回群像新人文学賞

口コミを紹介

村上春樹の処女作。29歳までバーをやっていた彼が、突然思い立って書いた初めての作品。世界で愛される小説家の原点を知りたいなら、まず読んでおくべき一冊だろう。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

新潮社

1Q84

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

様々な文学賞を受賞

「1Q84」は2009年5月29日に「BOOK1」と「BOOK2」が発売され、2010年4月16日には「BOOK3」が発売されました。本書は1981年に描かれた短編小説「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」から派生した作品でもあります。

 

BOOK1と2は、トーハン発表の「2009年年間ベストセラー」総合1位を記録し、翌年発売されたBOOK3は、同発表の「2010年年間ベストセラー」総合5位を記録。また、BOOK1と2は第63回「毎日出版文化賞 文学・芸術部門」を受賞するなど全巻大ヒットしました。

発売日 2009/5/29 ページ数 357
映像化 - 文学賞 第63回毎日出版文化賞など

口コミを紹介

この作品はエンターテイメント性の高さにおいて間違いなく村上春樹の最高傑作だと思います。何といってもキャラクターの面白さは抜群です。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

新潮社

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

初の書下ろし長編

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」は、1985年6月15日に発売された、村上春樹初めての書下ろし長編小説です。第21回谷崎潤一郎賞を受賞したのですが、これは30代だと大江健三郎以来2人目の快挙だそうです。

 

なかなかの長編ですが、どちらかの話を読むと次の話も読みたくなってしまい、最後まで熱中して読んでしまうでしょう。村上春樹曰くこの小説は、村上春樹の自伝的な部分もあるということなので、村上春樹を深く知りたい方も是非読んでみてください。

発売日 1985/6/15 ページ数 480
映像化 - 文学賞 第21回谷崎潤一郎賞

口コミを紹介

圧巻の完成度。日本文学の金字塔の一つ。見事な着想とその構成。圧倒的なストーリテリング術。この作品の完成度を到達させた著者の技量は本当に賞賛。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

新潮社

東京奇譚集

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

名作5作収録

「東京奇譚集」は、2005年9月16日に発売された連作短編小説集です。もともと連載されていた作品の他、書下ろしとして「品川猿」が収録されており、どの話も英訳されて海外でも人気を博しています。

 

中でも特に名作と言われているのが、サーファーの息子を喪くした母の人生を描く「ハナレイ・ベイ」で、2018年10月19日には吉田羊主演で映画化されヒットしたので、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

発売日 2005/9/6 ページ数 256
映像化 2018/10/9 文学賞 第32回川端康成文学賞候補

口コミを紹介

夕暮れ、電車の中で読んでいたのに、どこか異郷へ連れていかれたような気分になりました。良いお酒を飲んで酔っ払ったような、幸せな読書気分を味わえる一冊です。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

講談社

羊をめぐる冒険 (講談社文庫)

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

鼠三部作の最終作

「羊をめぐる冒険」は文芸誌「群像」1982年8月号に掲載され、同年10月13日に講談社より単行本化されました。風の歌を聴け・1973年のピンボール・羊をめぐる冒険からなる鼠三部作の三作目です。

 

1980年10月に刊行された村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」に感銘を受けた村上春樹は、同じくらい息の長い作品を書きたい、モンタージュよりもストーリーテリングの見地から物語に勢いと強い完全性を与えたい、と思いこの作品を執筆したそうです。

発売日 1982/10/13 ページ数 268
映像化 - 文学賞 第4回野間文芸新人賞

口コミを紹介

読み終えると、めちゃくちゃせつなくなった。気の抜けた一行などどこにもないし、どのキャラクターもシーンも、確かな空気と息遣い、必然性を持っている。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

新潮社

パン屋を襲う

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

村上春樹の絵本

「パン屋を襲う」は、村上春樹が文、カット・メンシックが絵を描いた絵本で、「パン屋襲撃」と「パン屋再襲撃」の2短編が、ドイツのデュモン社よりカット・メンシックのイラストレーション付きで一冊の本として出版されました。

 

絵がついているので、ちょっと小説は難しいという方にも話が入ってきやすく、加筆修正がされているので、もともとの小説を読んでいる方でも楽しめます。また「パン屋襲撃」は日本で、「パン屋再襲撃」はメキシコとアメリカでそれぞれ短編映画化もされています。

発売日 2013/2/25 ページ数 77
映像化 1982 文学賞 -

口コミを紹介

ほんと、村上春樹の本って奥が深いですよね。一冊でここまで楽しませる本はそんなに無い。

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

新潮社

騎士団長殺し

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

1000ページ以上の大作

「騎士団長殺し」は第1部「顕れるイデア編」と第2部「遷ろうメタファー編」に分かれており、トータルすると1000ページを超える大作です。初版部数だけでも、130万部を超えており、現在でも少しずつ売れ続けている大ベストセラーとなっています。

 

作家デビュー40周年記念となったこの作品は、村上春樹の新しい世界を垣間見ることができ、第52回の新風賞の候補となったほか、第15回のキノベス!2018では第7位に、2018年の第15回本屋大賞でも上位にランクインするなど人気が高いです。

発売日 2017/2/24 ページ数 333
映像化 - 文学賞 第15回本屋大賞26位

口コミを紹介

日本の存命のエンターテインメント作家としてはピカイチだなという感想を持ちました。今や、ここまで力強く面白い作品を書ける人はいないのではないでしょうか。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

新潮社

ねじまき鳥クロニクル

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

3部作作品

「ねじまき鳥クロニクル」は1994年4月12日に発売された第1部 泥棒かささぎ編・第一部と同時発売の第2部 予言する鳥編、そして1995年8月25日に発売された「第3部 鳥刺し男編」からなる三部作です。

 

1996年2月に第47回読売文学賞を受賞したのに加えて、1999年には英訳版「The Wind-Up Bird Chronicle」が国際IMPACダブリン文学賞にノミネートされるなど、国内外で人気を博し、単行本と文庫本を合わせると200万部以上を売りあげてます。

発売日 1994/4/12 ページ数 312
映像化 - 文学賞 第47回読売文学賞

口コミを紹介

時間も空間も超えて、物語の中に引き込まれました。一番好きです。

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

新潮社

神の子どもたちはみな踊る

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

アメリカで映画に

「神の子どもたちはみな踊る」は、2000年2月25日に発売された連作短編小説集です。「地震のあとで」という副題付きで「新潮」に連載された5編の短編と、書き下ろし短編の「蜂蜜パイ」を収録しています。

 

表題作である「神の子どもたちはみな踊る」は神谷町にある出版社に勤めている25歳の男性の物語ですが、舞台をアメリカに変えてアメリカで映画化され、後に日本に輸入されるという、村上春樹初の逆輸入作品となっています。

発売日 2000/2/25 ページ数 240
映像化 2010/10/30 文学賞 -

口コミを紹介

短編で読みやすく、村上春樹ワールドたっぷりの作品です。阪神淡路大震災後に書かれた作品で、全て震災後がテーマとなっているのが特徴です。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

講談社

1973年のピンボール

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

初期三部作の第二作目

1973年のピンボールは、1980年6月17日に発売された村上春樹の2作目の長編小説です。風の歌を聴けの3年後の話で、初期三部作の二作目にあたります。第83回芥川賞と第2回野間文芸新人賞の候補となりました。1981年に村上春樹は専業作家となることを決意しています。

発売日 1980/6/17 ページ数 145
映像化 - 文学賞 芥川賞候補・野間文芸新人賞候補

口コミを紹介

親しみやすく、全体的に重々しさもないが、短い小説のわりにはとても現実的で切実なことが表現されていて、たまに無性に再読したくなる小説である。

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

講談社

ダンス・ダンス・ダンス

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

鼠&羊4部作のラストを飾る一冊

「ダンス・ダンス・ダンス」は1988年に発表された村上春樹の6作目の長編小説です。作中の「僕」は、「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」の主人公と同一人物です。

 

「羊をめぐる冒険」から4年、激しく雪の降りしきる札幌から「僕」の新しい冒険が始まります。70年代の魂の遍歴をたどった著者が、80年代を舞台に新たな価値を求めて闇と光の交錯を鮮やかに描き上げた意欲作です。

発売日 1988/10/13 ページ数 686
映像化 - 文学賞 -

口コミを紹介

村上春樹の作品を理解するうえで、欠かせない作品。村上作品の醍醐味である、現実世界と影の世界の混ざり合いが、絶妙な緩急で描かれている。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

新潮社

海辺のカフカ

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

フランツ・カフカの思想的影響

「海辺のカフカ」は村上春樹の10作目の長編小説です。フランツ・カフカの思想的影響をもとに、ギリシア悲劇と日本の古典文学がベースになっています。村上春樹の小説では珍しく、15歳の少年「僕」が主人公となっています。

 

「僕」が不思議な世界を自ら行き来しながら、心の成長を遂げていく物語です。演出家の蜷川幸雄によって2度舞台化されています。

発売日 2002/9/12 ページ数 1040
映像化 - 文学賞 -

口コミを紹介

よく指摘されている通り「世界の終わりと…」に共通する部分があります。この作品が筆者の小説世界の幹を構成するものと考えられます。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

文藝春秋

走ることについて語るときに僕の語ること

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

書き下ろしエッセイ

「走ることについて語るときに僕の語ること」は、2007年10月15日に発売された書き下ろしのエッセイです。「走ること」と自身の小説執筆の相関性を語っています。走ることについて語りつつ、小説家としての自分について表現した画期的なメモワールとなっています。

 

1983年のアテネーマラトン間での初マラソンの回想など、自身の小説家としてのキャリアがいかに走ることと繋がっていたか述べられています。

発売日 2007/10/15 ページ数 262
映像化 - 文学賞 -

口コミを紹介

私はこれまで村上春樹作品を全て読んできましたが、どの作品よりもこの本が好きです。村上春樹が物書きとして生きるために、どのようなストイックな生活を送っているかがわかりました。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

講談社

アンダーグラウンド

\毎日タイムセール開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

地下鉄サリン事件を取材したノンフィクション

「アンダーグラウンド」は1997年3月13日に発売された、村上春樹のノンフィクション文学作品です。1995年に起きた「地下鉄サリン事件」の被害者や関係者に、村上春樹自身がインタビューした内容をまとめたものです。

 

それらを通過する前と後とでは、日本人の意識のあり方が大きく違ってしまったと言う阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件。この地下鉄サリン事件の62名の関係者への丹念なインタビューをもとに、現代日本そして人間の深い闇を浮かび上がらせる渾身のノンフィクションです。

発売日 1997/3/13 ページ数 743
映像化 - 文学賞 -

口コミを紹介

この本における村上氏のインタビューの姿勢は極めて誠実なものである。個々の分析対象に過剰に感情移入することなく、事件の全貌を中立的視点から浮かび上がらせることに成功している。

出典:https://www.amazon.co.jp

村上春樹の名作比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 発売日 ページ数 映像化 文学賞
1
アイテムID:5777352の画像
ノルウェイの森 670円

詳細を見る

深く愛すること

1987/9/4 304 2010/12/11 第23回春風賞など
2
アイテムID:5777355の画像
風の歌を聴け (講談社文庫) 495円

詳細を見る

デビュー作

1979/7/23 168 1981 第22回群像新人文学賞
3
アイテムID:5777358の画像
1Q84 637円

詳細を見る

様々な文学賞を受賞

2009/5/29 357 - 第63回毎日出版文化賞など
4
アイテムID:5777361の画像
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 810円

詳細を見る

初の書下ろし長編

1985/6/15 480 - 第21回谷崎潤一郎賞
5
アイテムID:5777364の画像
東京奇譚集 464円

詳細を見る

名作5作収録

2005/9/6 256 2018/10/9 第32回川端康成文学賞候補
6
アイテムID:5777367の画像
羊をめぐる冒険 (講談社文庫) 1,100円

詳細を見る

鼠三部作の最終作

1982/10/13 268 - 第4回野間文芸新人賞
7
アイテムID:5777370の画像
パン屋を襲う 1,836円

詳細を見る

村上春樹の絵本

2013/2/25 77 1982 -
8
アイテムID:5777373の画像
騎士団長殺し 594円

詳細を見る

1000ページ以上の大作

2017/2/24 333 - 第15回本屋大賞26位
9
アイテムID:5777376の画像
ねじまき鳥クロニクル 680円

詳細を見る

3部作作品

1994/4/12 312 - 第47回読売文学賞
10
アイテムID:5777379の画像
神の子どもたちはみな踊る 529円

詳細を見る

アメリカで映画に

2000/2/25 240 2010/10/30 -
11
アイテムID:5777382の画像
1973年のピンボール 550円

詳細を見る

初期三部作の第二作目

1980/6/17 145 - 芥川賞候補・野間文芸新人賞候補
12
アイテムID:5777385の画像
ダンス・ダンス・ダンス 1,452円

詳細を見る

鼠&羊4部作のラストを飾る一冊

1988/10/13 686 - -
13
アイテムID:5777388の画像
海辺のカフカ 742円

詳細を見る

フランツ・カフカの思想的影響

2002/9/12 1040 - -
14
アイテムID:5777391の画像
走ることについて語るときに僕の語ること 570円

詳細を見る

書き下ろしエッセイ

2007/10/15 262 - -
15
アイテムID:5777394の画像
アンダーグラウンド 1,320円

詳細を見る

地下鉄サリン事件を取材したノンフィクション

1997/3/13 743 - -

村上春樹作品の売り上げランキングとは

ここでは村上春樹作品の売り上げランキングを一部ご紹介します。気になる本がランクインしているのか、チェックしてみても良いでしょう。まず、第一位は、発行部数1000万を超える映画化もされたノルウェイの森です。

 

第二位は、300万部を売り上げる1Q84で、第三位は、200万部以上を売り上げるねじまき鳥クロニクルです。どれも数百万以上の売り上げを誇る作品です。読んだことのある方もそうでない方も改めて見てみるとその凄さを再発見できるかもしれません。

村上春樹の名言は胸にささる

村上春樹は小説やエッセイで心に残る名言をたくさん残しています。その中から一部ご紹介します。「目に見えるものが、ほんとうのものとは限らない。」(神の子どもたちはみな踊る)「強い人間なんてどこにも居やしない。強い振りのできる人間が居るだけさ。」(風の歌を聴け)

 

大事なのは、他人の頭で考えられた大きなことよりも、自分の頭で考えた小さなことだ。」(スプートニクの恋人)「深刻になることは必ずしも、真実に近づくこと…ではない。」(ノルウェイの森)「一般論をいくら並べても人はどこにも行けない。」(羊をめぐる冒険)

 

そして2009年イスラエル軍のガザ侵攻という中で、敢えてエルサレム賞の授賞式に臨んだ際の「どんなに壁が正しくてどんなに卵がまちがっていても、私は卵の側に立ちます。」というスピーチはあまりに有名です。

まとめ

名作がとても多い、村上春樹の作品を有名なものから、昔からの村上春樹のファンが絶賛するものまでランキングにしてみましたが、気になる作品はありましたでしょうか。読まず嫌いはもったいないので、少しでも気になる商品があったら手に取って読んでみてください。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年11月21日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【2021年最新版】川上弘美の人気おすすめ小説ランキング10選

【2021年最新版】川上弘美の人気おすすめ小説ランキング10選

参考書・専門書
【2021年最新版】雫井脩介の人気おすすめ小説ランキング10選

【2021年最新版】雫井脩介の人気おすすめ小説ランキング10選

参考書・専門書
【2021年最新版】歌野晶午の人気おすすめ小説ランキング10選

【2021年最新版】歌野晶午の人気おすすめ小説ランキング10選

参考書・専門書
【ファンタジーの王道】上橋菜穂子の小説人気おすすめランキング10選

【ファンタジーの王道】上橋菜穂子の小説人気おすすめランキング10選

参考書・専門書
【2021年最新版】山田宗樹の人気おすすめ小説ランキング10選

【2021年最新版】山田宗樹の人気おすすめ小説ランキング10選

参考書・専門書
【天才作家】大人気の乙一小説 おすすめランキング10選

【天才作家】大人気の乙一小説 おすすめランキング10選

参考書・専門書