記事ID138113のサムネイル画像

【DIYにも大人気】家具の設置におすすめの水平器のランキング10選

最近では趣味でDIYをする方も増えてきており、水平器の需要が高くなっています。ところが水平器には様々な種類が販売されているので、どれを購入すればいいか悩んでしまいます。今回はおすすめの水平器の種類や選び方を紹介します。自分にピッタリの水平器を購入しましょう。

水平器を使用すると精度が違う

最近ではDIYなども流行っており家具を自分で作成する方も増えてきていますが、実際に大型の家具を設置する際に重要なのは設置する場所が水平かどうかです。この確認を疎かにすると設置した後に大きな後悔をすることになります。

 

目視でもある程度は水平かどうかが分かりますが、しっかりと測定したいなら水平器の存在は欠かせません。水平器は非常にシンプルで手軽に水平かどうかを測定できるのでプロの方から素人の方にまで大人気の工具です。

 

一般的な気泡管水平器の場合、設置すると気泡管の中にある気泡の位置によって水平かどうかが一瞬で確認することができます。少しのズレが大きな後悔の元になるので、ぜひ水平器を使用してしっかりと測定してから作業に移るようにしましょう。

水平器の選び方

水平器はシンプルな工具ですが、種類や使いやすい工夫など様々な特徴の違う製品も多く販売されています。自分のニーズに合った製品から選ぶようにしましょう。

水平器の種類から選ぶ

水平器には多くの種類が販売されています。それぞれにメリットやデメリットがあるのでしっかりとチェックして選びましょう。

気泡管水平器から選ぶ

気泡管水平器は本体の中にアクリル製やガラス製のカプセルが入っており、その中に液体と1つの気泡が入っている非常にシンプルな水平器です。現在でも人気が高く多くの種類が多くのメーカーから販売されています。

 

カプセルには基本的に2~6本の指標線が入っている場合が多く、この指標線によってどれぐらいの傾斜があるか確認することができます。また気泡の位置のズレが一目で確認できるため細かい角度以前に傾斜があるかどうかが一瞬で判断できます。

 

下記で紹介する種類の中では最も安価な製品が多いのが特徴でプロではなく、とりあえず測定したいという方にもおすすめの種類です。製品によっては精度にバラつきがあるので購入する際には注意が必要です。

デジタル水平器から選ぶ

デジタル水平器はプロの方でも使用者が多い人気の種類で、角度が数字で見えるので素人の方でも簡単にどれぐらいの角度が付いているのかチェックしやすいです。デジタル水平器の中には上記で紹介した気泡管が一緒になっている製品も販売されています。

 

気泡管が付いている製品だと、デジタルのみの製品よりもより正確に精度が高く測定することができるのでおすすめです。サイズもコンパクトな製品が多く持ち運びもしやすいので様々なシーンで活躍しやすいです。

 

ただし構造的にシンプルな気泡管水平器よりも重量があるので高所で扱う場合などは注意が必要です。また気泡管水平器と比較して価格も少し高い製品が多い点もデメリットですが、非常に使いやすい人気の種類です。

レーザー水平器から選ぶ

レーザー水平器は一般的な水平器にレーザーが出るようになっている製品が多く、離れた場所などの傾斜も簡単に分かるので非常に便利です。主にプロが使用する場合が多かったですが最近ではDIYなどを楽しむ方が増えていることから素人の方にも人気があります。

 

価格も数万円していた物が安く販売されてきているので素人の方でも手に取りやすい製品が増えたのが特徴です。デジタル水平器や気泡管水平器とはまた違った感覚で高い精度で測定ができる点もおすすめのポイントです。

 

ただし、レーザー水平器も他の種類と同じように値段が安い製品だと精度が悪い製品もあるので、しっかりとチェックしてから購入しましょう。離れた位置の測定をするならレーザー水平器が最も使いやすく確実です。

丸形水平器から選ぶ

丸形水平器は一般的に使用されるというよりはカメラを楽しんでいる方などに人気の高い水平器です。広い範囲の水平を確認するのにおすすめで、1つ1つを適度な間隔をあけて設置することで簡単に水平の確認ができます。

 

360°の傾きを一目で確認できるため広い範囲、またはカメラの三脚などにくっ付けて使用する方が多いです。

水平器の長さから選ぶ

水平器の長さが長ければ長いほど、広い範囲の傾斜を確認することができるので使いやすいです。一般的な用途で使用するならば30cm程度が人気が高く長くても60cmあれば十分に使える人気があります。

 

これ以上長い範囲を測定する場合は複数回設置するだけで簡単に水平かどうかをチェックすることができるので問題ありません。ただ、数メートルの長さを何度もチェックするプロの方の場合は長い水平器を選ぶのもおすすめです。

 

ただし、あまりに長いと持ち運びが大変な場合があります。あくまでも自分が測定したい長さと、持ち運びしやすい長さをしっかりと考えてから購入しましょう。設置するだけで測定できるので基本は少し短いぐらいが丁度いいです。

水平器の線の数から選ぶ

気泡管水平器のカプセルに黒い線が付いている製品を多く見かけますが、この線は標線または指標線と呼ばれている線で、この指標線に本数によっては水平の取り方が変わってくる大切な線です。ここでは簡単に説明します。

 

主に2本、4本、6本と付いている製品が多いですが、中には5本といった特殊な本数の製品も販売されています。2本の場合は指標線の間に気泡があると水平という事が分かります。これは4本でも6本でも同じで、真ん中に気泡があると水平です。

 

4本線の場合の外側に気泡が接している場合は1/100勾配、6本線の最も外側に気泡が接している場合は2/100勾配となっています。詳しい使い方を知りたい方はぜひ自分でしっかりと調べてみてください。

水平器の使いやすさから選ぶ

水平器には使いやすい工夫や機能を搭載している製品が多く販売されています。自分が欲しい機能や工夫がされているかチェックしてから購入しましょう。

マグネットが付いている製品から選ぶ

鉄製の場所で水平器を使用する場合はマグネットが付いている製品がおすすめです。1度張り付けるとズレないので、より正確に水平を測定することができます。パイプなどの上で使用する際には非常に便利です。

 

同じ製品でもマグネットが付いている製品と、付いていない製品が販売されている場合が多いので注意が必要です。一般的にはマグネットが付いている製品の方が価格が少しだけ高いのでチェックしましょう。

 

ただし、一般的な家具を設置したりする場合やDIYで木製にしか使用しないと分かっている場合はマグネットは必要ありません。自分がどういった状況で使用するかしっかりと考えてから選ぶようにするのが大事です。

測定できる方向が多い製品から選ぶ

気泡管水平器などの場合でもカプセルが3つ付いており、水平・垂直・45°と測定できる製品だと非常に使い勝手が良いです。もちろん水平・垂直だけでも十分に使い勝手が良いのは確かですが、より多くのシーンで使用するなら種類が多い製品を購入しましょう。

 

いざという時に45°が測定できなくて困るといった事になる可能性もあります。また値段もそこまで大きく違う事がないので、なるべくなら測定可能な方向が多い水平器から選ぶとより使いやすいのでおすすめです。

価格と精度から選ぶ

現在では非常に安価に水平器を購入することができるようになっています。そのため水平器は値段の幅が非常に広い工具の1つです。100円で販売されている製品もあれば数万円を超える製品も販売されています。

 

値段はそれだけ水平器の精度の高さにも直結します。DIYなどで軽く測定する程度なら問題ありませんが、プロが使用する場合は精度も命になります。しっかりと価格に見合った精度の製品から選ぶのも大事なポイントの1つです。

水平器の人気ランキング10選

第10位

TJMデザイン(TJM Design)

オプティマレベル

価格:1,884円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通し穴付きで使いやすい

蓄光プレート付きなので暗所での作業でもしっかりと測定が可能な人気の商品です。本体の左右に2種類の通し孔が付いているので落下防止コードなども付けやすく安全に持ち運びができる点もおすすめのポイントです。

 

水平・垂直・45°と測定できる方向が3種類もあるので使い勝手が良く、測定面にV溝が付いているのでパイプ測定にも最適です。両端には衝撃吸収バンパーも付いているので衝撃が当たっても壊れにくいです。

 

指標線が水平の気泡管には6本、垂直、45°の気泡管には4本付けられているので非常に使いやすいです。本体の長さは130mmと持ち運びもしやすいので様々なシーンで活躍が見込める大人気の水平器です。

本体の長さ130mm重量86.2g
種類気泡管水平器測定可能な方向水平・垂直・45°
マグネット
第9位

エビス

水平器 トビレベル・プロ

価格:1,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

蓄光タイプで暗所でも見やすい

鉄骨工事など足場の組み立てに最適な水平器です。3倍強力な磁石が付いているので1度付いたら落下する心配がありません。大型シャックルが両端に1つずつ内蔵されており、カラビナに対応しているだけでなく落下防止コードにも対応しています。

 

測定面にはV溝が付いているのでパイプ測定にピッタリで蓄光付きなので暗所での作業でも問題なく測定ができます。45°も測定できる点もおすすめのポイントで、気泡管には指標線が4本、6本と入っているので測定しやすいです。

 

トビレベル・プロというだけあり感度も精度も高く本体の長さも16cmと使いやすく持ち運びしやすいので非常に高い人気を得ています。レビューでも気泡管も見やすく非常に使いやすいです。との声が挙がっています。

本体の長さ160mm重量109g
種類気泡管水平器測定可能な方向水平・垂直・45°
マグネット
第8位

トラスコ中山(TRUSCO)

ポケットレベル25×70

価格:850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポケットに収納できるサイズ

透明の素材にシンプルに気泡管が2つ付いているだけの非常に使いやすく見やすい人気の水平器です。45°の測定はできませんが一般的なDIYなど水平と垂直だけ測定したい方には非常におすすめの商品です。

 

サイズが4種類から展開されているので自分のニーズに合わせたサイズを選びやすい点もおすすめのポイントです。指標線も2本ずつ入っているので使いやすく価格もリーズナブルなのでお試しに使用したい方にもおすすめです。

 

長さは70cmと短く重量も30gと軽量なのでポケットなどに簡単に入れて持ち運ぶことができます。また非常に狭い場所で測定をする必要がある場合でも重宝します。レビューでも小さいのに非常に役立ちます。と高い人気を得ています。

本体の長さ70mm重量30g
種類気泡管水平器測定可能な方向水平・垂直
マグネット×
第7位

Woputne

レベルレーザー 水平器

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つのレーザーラインで使いやすい

こちらの商品は1台で水平器だけでなくメジャー、定規などにも使用ができる多機能な製品で非常に人気があります。暗所でもしっかりと視認ができる気泡管で作業がしやすいため使いやすい点が人気の理由の1つです。

 

レーザーラインは3種類も搭載されており、垂直・平行・十字線が出るので見やすいだけでなく使いやすいです。メジャーもロック機能が付いているので非常に使いやすく、多機能でありながらサイズはコンパクトです。

 

価格も非常にリーズナブルで、どんな方でも手に取りやすい点もおすすめのポイントです。ABS外殻とアルミ合金製の底で非常に外部からの衝撃にも強いので、様々なシーンで使える人気の商品です。

 

本体の長さ185mm重量181g
種類レーザー水平器測定可能な方向水平・垂直・平行
マグネット×
第6位

FstDgte

電子水平器

価格:2,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気泡管も付いているデジタル水平器

傾きが数字でしっかり見れる人気のデジタル水平器です。デジタル水平器ですが気泡管も付いているので、より正確に測定することができます。大型のLCD液晶で数字がしっかりと見やすい点もおすすめのポイントです。

 

本体の長さが150mmと使いやすく持ち運びがしやすいので様々なシーンで活躍が見込めます。絶対傾斜角度、早退傾斜角度がしっかりと測定できるので自分のニーズによって使い分けができるので使いやすいです。

 

3分間なにも動きがない場合は自動で電源がオフになるので電源を切り忘れても電池を無駄に消費しない親切設計です。強力なマグネットも付いているので、とても使い勝手が良いおすすめのデジタル水平器です。

本体の長さ150mm重量422g
種類デジタル水平器測定可能な方向水平・垂直
マグネット
第5位

マーベル(Marvel)

クリスタルレベル

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アクリル製で見やすい

透明なアクリル製の中に気泡管が付いているシンプルな気泡管水平器です。水平と垂直の測定だけでなくスケールが付いているので様々なシーンで活躍が見込めます。本体が透明なので非常に見やすい点も人気の理由の1つです。

 

本体の長さは95mmと非常に短く重量も95gと軽量なのでポケットに入れて好きな場所へ持ち運びすることができます。また強力なマグネットが2つも本体に埋め込まれているので鉄製の場所へ張り付けて使用することもできます。

 

センターにケガキ穴が付いている点もおすすめのポイントで、メモリなどの印刷は従来の製品よりも消えにくくなっているので長い間使用しても使用しやすいままのおすすめの気泡管水平器です。

本体の長さ95mm重量95g
種類気泡管水平器測定可能な方向水平・垂直
マグネット
第4位

FstDgte

電子水平器

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力なマグネット付き

こちらの製品は、ランキング6位でも紹介した製品の100mm版となっています。非常に人気が高いためサイズ違いが2つもランクインです。上記でも紹介したようにデジタル水平器でありながら気泡管も付いているのでより精度が高く測定できます。

 

校正ボタンを押すことで簡単に相対傾斜角度測定が可能なので、様々なシーンで角度を測定することができる点もおすすめのポイントで0~40℃の幅広い環境で使用することができるので場所を選ばず使用することが可能です。

 

もちろん3分経った場合は自動で電源がオフになる機能も搭載されているのでバッテリーが長持ちします。本体の長さが100mmになってもLCD液晶は大きく見やすいので非常に測定がしやすいおすすめの商品です。

本体の長さ100mm重量381g
種類デジタル水平器測定可能な方向水平・垂直
マグネット
第3位

ビッグマン(Bigman)

ハンディレベル

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで使いやすい

非常にシンプルな気泡管水平器です。水平と垂直の測定をすることが可能で指標線は4本ずつ入っているので使いやすいです。価格が非常にリーズナブルで本体は衝撃吸収ゴムで守られているので外部からの衝撃にも強いです。

 

蓄光タイプで暗所での作業もやりやすく本体の長さは100mmと短く設計されているのでポケットに収納しやすく持ち運びにも便利です。重量も77.1gしかないので持ち運んでいても邪魔に感じることはありません

 

測定面はV溝が付いているのでパイプなどの測定にも最適で強力な磁石が付いている点も使いやすくなっている理由の1つです。レビューでも手頃で使いやすいです。仕事で重宝しています。との声が挙がっており人気になっています。

本体の長さ100mm重量77.1g
種類気泡管水平器測定可能な方向水平・垂直
マグネット
第2位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

ハンディレベル MEGA-MAG

価格:1,527円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落下防止コードが付けやすい

本体の両端に可動式と固定式の大きなステンフックが付いているので落下防止コードだけでなくカラビナも付けやすい人気の商品です。落下防止コードの方は可動式に付け、カラビナの方は固定式に付けるとより使いやすいです。

 

重量は150gと軽すぎないので使用がしやすく、単管を叩いてもズレることがなく超強力な磁石が付いているので非常に測定がしやすいです。気泡管はブルーアイで非常に見やすく精度も高いので安心して使用ができます。

 

高品質な製品が多いことでも有名なシンワ社製な点もおすすめのポイントで、強力な磁石・落下防止コードの付けやすさなどのポイントから高所での作業にも最適な人気の高いおすすめの気泡管水平器です。

本体の長さ150mm重量150g
種類気泡管水平器測定可能な方向水平・垂直・45°
マグネット
第1位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

ブルーレベル

価格:849円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

V溝付きでパイプ測定に最適

気泡管が大型で非常に見やすいので使いやすい人気の気泡管水平器です。本体の長さは300mmと一般的にも使いやすいサイズなので家具の設置などプロから素人の方にまで使いやすいおすすめの商品です。

 

水平・垂直・45°の3種類を測定することができるので様々なシーンで活躍が見込める点もおすすめのポイントです。マグネット付きなので、より使いやすく気泡管に付いている指標線も6本としっかりと角度を測定できます。

 

測定面にはV溝が付いているのでパイプなどの測定に最適で、重量も360gしかないので何度も置いて測定しても疲れにくいです。サイドキャップは大型なのでしっかりと衝撃などから守ってくれるので安心して使用ができます。

本体の長さ300mm重量360g
種類気泡管水平器測定可能な方向水平・垂直・45°
マグネット

水平器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5052374の画像

    シンワ測定(Shinwa Sokutei)

  • 2
    アイテムID:5052372の画像

    シンワ測定(Shinwa Sokutei)

  • 3
    アイテムID:5052368の画像

    ビッグマン(Bigman)

  • 4
    アイテムID:5052364の画像

    FstDgte

  • 5
    アイテムID:5052358の画像

    マーベル(Marvel)

  • 6
    アイテムID:5052354の画像

    FstDgte

  • 7
    アイテムID:5052346の画像

    Woputne

  • 8
    アイテムID:5052336の画像

    トラスコ中山(TRUSCO)

  • 9
    アイテムID:5052332の画像

    エビス

  • 10
    アイテムID:5052324の画像

    TJMデザイン(TJM Design)

  • 商品名
  • ブルーレベル
  • ハンディレベル MEGA-MAG
  • ハンディレベル
  • 電子水平器
  • クリスタルレベル
  • 電子水平器
  • レベルレーザー 水平器
  • ポケットレベル25×70
  • 水平器 トビレベル・プロ
  • オプティマレベル
  • 特徴
  • V溝付きでパイプ測定に最適
  • 落下防止コードが付けやすい
  • シンプルで使いやすい
  • 強力なマグネット付き
  • アクリル製で見やすい
  • 気泡管も付いているデジタル水平器
  • 3つのレーザーラインで使いやすい
  • ポケットに収納できるサイズ
  • 蓄光タイプで暗所でも見やすい
  • 通し穴付きで使いやすい
  • 価格
  • 849円(税込)
  • 1527円(税込)
  • 980円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 2899円(税込)
  • 1499円(税込)
  • 850円(税込)
  • 1700円(税込)
  • 1884円(税込)
  • 本体の長さ
  • 300mm
  • 150mm
  • 100mm
  • 100mm
  • 95mm
  • 150mm
  • 185mm
  • 70mm
  • 160mm
  • 130mm
  • 重量
  • 360g
  • 150g
  • 77.1g
  • 381g
  • 95g
  • 422g
  • 181g
  • 30g
  • 109g
  • 86.2g
  • 種類
  • 気泡管水平器
  • 気泡管水平器
  • 気泡管水平器
  • デジタル水平器
  • 気泡管水平器
  • デジタル水平器
  • レーザー水平器
  • 気泡管水平器
  • 気泡管水平器
  • 気泡管水平器
  • 測定可能な方向
  • 水平・垂直・45°
  • 水平・垂直・45°
  • 水平・垂直
  • 水平・垂直
  • 水平・垂直
  • 水平・垂直
  • 水平・垂直・平行
  • 水平・垂直
  • 水平・垂直・45°
  • 水平・垂直・45°
  • マグネット
  • ×
  • ×

まとめ

プロの配管工事からDIYなどに便利な水平器を使用することでキレイに家具を設置したりすることができます。家具など設置してしまった後に、もう一度設置するのは非常に大変なので最初に水平器を使用して完璧な状態で家具の設置などを行うのがおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ