記事ID138109のサムネイル画像

【車整備に最適】ガレージジャッキのおすすめ人気ランキング10選

車を持っている人で、足回りの整備などをよく行う時に使うものがあります。それは、ガレージジャッキと言って、車体を持ちあげてタイヤ交換などを行うことが出来ます。今回は、ガレージジャッキの選ぶ方とおすすめ人気ランキング10選を紹介するので、参考にしてみてください。

ガレージジャッキを使って車の整備をしてみよう

タイヤの交換を行う際、よくジャッキアップして作業する場面を想像すると思います。このときに使われているのがガレージジャッキと呼ばれるものであり、車などにも備え付けられているでしょう。よく使う人も多いものとなります。

 

特に、車を自分で整備しているという人は、このガレージジャッキがなければ話にならないほど重宝するものです。ですが、これからガレージジャッキを選び始めるという人は、何を基準にすれば良いか分からないという人もいると思います。

 

今回は、ガレージジャッキを初めて選ぶ人でも安心できるポイントとおすすめ人気ランキング10選を紹介していきます。ポイントとしては、大きさ・耐重量・形状・用途などがあります。しっかりと確認して、自分に合ったガレージジャッキを選んでみてください。

ガレージジャッキの選び方

ガレージジャッキを選ぶなら、それぞれの特徴を知っておく必要があります。また、用途によっても違うので、よく確認しておく必要があるのです。

使う車の大きさで選ぶ

ガレージジャッキを選ぶ際、使う車の大きさを確認しておきましょう。これを確認しておかなければ、誤った選択をしてしまうこともあるのです。

大型車用なら大きいサイズ

大型車を使っている人は、それだけ車の重量も大きくなります。その車をジャッキアップするためには、ガレージジャッキも出来るだけ大きいものを用意する必要があります。そうしなければ、効率よく作業しにくくなるのです。

 

また、小さいジャッキでは、大型車を上手くジャッキアップ出来ないことも多く、最悪壊れることもあるのです。これが、ジャッキアップ中に壊れたとなれば大変なことになるので、出来るだけ丈夫で大型車にも使えるガレージジャッキが必要になるでしょう。

 

大きいガレージジャッキは、それだけ大きな車を持ちあげることが可能となります。また、大きい分、安定感もあるため、より安心して作業を行うことが出来るのです。大は小を兼ねると言うように、1つは大きなガレージジャッキを持っておいた方が良いでしょう。

小型車ならサイズはある程度自由に出来る

小型車を使っている人は、ガレージジャッキの大きさはそこまで気にする必要はないと言えます。とはいえ、より安全性を考慮するなら、大きめのガレージジャッキを選ぶことをおすすめします。これにより、安定性がかなり増すでしょう。

 

小型車で、小さい目のガレージジャッキと言えば、シザーズジャッキと呼ばれるものがあります。これは、重量が軽く、コンパクトなものとなります。そのため、使い勝手が良く、軽い車などにはよく使われています。

 

ですが、やはりコンパクトな分、耐久性は低めになっています。そのため、途中で大型車に買い替えた人などは、改めてガレージジャッキを購入する必要があるでしょう。とはいえ、あって困るものでもないので、臨機応変に使ってみることをおすすめします。

大きいサイズと小さいサイズをそれぞれ持っておく

車に使うガレージジャッキは、大きいものと小さいもので種類が分かれています。ですが、理想を言うなら、双方を持っておくことおすすめします。大きいものと小さいものがあれば、様々な場面で使い分けることが出来るのです。

 

大きいガレージジャッキは、主に持ち上げ専門として使うことが大前提となります。そして、小さなガレージジャッキは、足回りを支える補助としても使えるだけでなく、車体の下に入りにくい大型ガレージジャッキの代わりとしても使えます。

 

このように、車の整備の際、大きいガレージジャッキ・小さいガレージジャッキがともにあれば、実用性が向上するのです。特に、車を整備するのが好きな人には重宝するでしょう。かなり便利なので、ぜひ大きいものと小さいものの両方を揃えてみてください。

耐重量で選ぶ

ガレージジャッキを選ぶ際は、その耐重量にも注目しておきましょう。支えられる重さによって、使えるかどうかが決まってくるのです。

自分の車の重量を把握しておく

最近になって、若者を中心に車離れが進んでいます。とはいえ、未だに多くの人が車を一台以上所持していることは確かであり、それに伴い整備が必要になってきます。そんなときに役立つのが、ガレージジャッキと言えるでしょう。

 

そして、ガレージジャッキを使う際に注意しなければならないことが、どれだけの重さに耐えられるかです。これを調べるためには、まず自分が使っている車の重量を調べなければなりません。重量によって、使えるガレージジャッキも変わってくるのです。

 

ガレージジャッキの耐重量は、1トン・2トン・3トンなど様々です。コンパクトカーなら、そこまで耐重量は必要ないですが、それ以上だとさらに上の耐重量が必要になるでしょう。その点を踏まえて、ガレージジャッキの性能をよく確認しておいてください。

耐重量には余裕を持たせておく

ガレージジャッキを選ぶ際に見ておくポイントとして、耐重量を紹介しました。ですが、ただ自分の車と同じくらいの耐重量を選ぶだけでは十分とは言えないのです。この場合、なるべく耐重量には余裕を持たせておくようにしましょう。

 

というのも、耐重量をきっちりと守っていると、ジャッキアップする際にかなり苦労することになるからです。また、リミット一杯の重量の場合、壊れやすくなってしまいます。この点も踏まえて、耐重量には余裕を持たせるべきなのです。

 

耐重量に余裕を持たせておくと、それだけジャッキアップが楽になります。これにより、作業がかなりスムーズになるため、効率を上げることも出来るのです。出来るだけ作業を楽にしていきたいなら、耐重量には余裕を持たせておくことをおすすめします。

使う頻度によっては耐重量を気にしなくても良い

ガレージジャッキを選ぶ際、余裕のある耐重量を持たせた方が良いことを紹介しました。これは、ガレージジャッキをより安全かつ効率的に使うための方法と言えるでしょう。ですが、使う頻度によってはあまり気にする必要はないときもあるのです。

 

ガレージジャッキを使う場合というのは、一般的にタイヤ交換が主になります。車好きな人は、様々なセッティングを行うため、ガレージジャッキを使う頻度は上がってきます。とはいえ、普通に車に乗るなら、ガレージジャッキを使う頻度は少ないと言えるでしょう。

 

使う頻度が少なければ、その分耐久力は持続しやすくなります。よって、車とガレージジャッキの耐重量が同じくらいでも、壊さずに使うことが出来るのです。あまりガレージジャッキを使う機会がない人は、この点も考慮して選んでみてください。

形状や用途で選ぶ

ガレージジャッキ選ぶときは、形状や使用用途にも注目してみましょう。どんなときにどんなガレージジャッキを使うかによって、選び方が違ってくるのです。

持ち運びをしたいならシザーズジャッキ

ガレージジャッキは、その名称とおり、車のガレージなどで使うものとなります。ですが、実際には外に持ち出して使うことも多いのです。そのため、外出先でガレージジャッキを使いたいなら、持ち運び重視で選ぶと良いでしょう。

 

持ち運びがしやすいガレージジャッキとしては、シザーズジャッキがあります。このジャッキは、全体的に小柄な形状が多く、重量も軽めになっています。そのため、女性が使う場合でも、問題なく使うことが出来るのです。

 

ですが、小柄な形状のため、あまり耐重量が大きくないという特徴もあります。そのため、大型車を使う人は、あらかじめ耐重量を調べてからシザーズジャッキを選んでみてください。外出先で使えるガレージジャッキがあれば何かと便利なので、持っておくとよいでしょう。

ガレージでの作業がメインならフロアジャッキ

外ではあまりガレージジャッキを使わず、自分のガレージ専用として選ぶなら、フロアジャッキがおすすめです。フロアジャッキは、サイズは様々なものがあるのですが、シザーズジャッキと比べて耐重量が大きいものも多くあります。

 

特に、ジャッキ上げをして長時間作業を行う人は、耐重量が大きいものをしっかりと選んでおきましょう。ガレージジャッキは、あくまでも車を上げることが目的の道具ですが、やはり作りがしっかりしていないと、途中で壊れてしまうことも多いのです。

 

よく、ガレージジャッキで車を上げたまま作業をしてしまう人もいますが、あれは本来の使い方ではありません。ジャッキ上げの後は、別の道具で車を支えてから作業します。ですが、短時間作業ではガレージジャッキのみなので、フロアジャッキを使う方がおすすめとなります。

ジャッキを上げられる高さは意識しておく

ガレージジャッキには、それぞれ最低位と最高位と呼ばれるものがあります。これは、車を上げる際の高さを表しており、車によって使えるかどうかが決まってくるのです。そのため、ガレージジャッキを選ぶ際には、かなり重要なポイントとなるのです。

 

大抵の場合、ガレージジャッキの最高位を気にする人が多いのですが、最低位もしっかりと見ておきましょう。最低位が高すぎると、車の下側にガレージジャッキを差し込むことが出来ないのです。これでは、ガレージジャッキの意味がありません。

 

まずは、ガレージジャッキの最低位を確認してから、改めて最高位がどれくらいあるかを見ていきましょう。最高位は、なるべく高い方が作業がやりやすいため、どれだけ上がるかは重要です。自分の作業環境に合わせて、最低位・最高位を確認してみてください。

ガレージジャッキのおすすめ人気ランキング10選

第10位

エマーソン

パンタジャッキ

価格:2,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡易的に使えるガレージジャッキ

ガレージジャッキの中では比較的小さい部類に入るのですが、使い勝手がかなり良いものとなります。また、価格もかなりリーズナブルのため、初めて購入する人でも手が出やすいでしょう。持ち運びにも便利です。

 

タイヤ交換だけを行うときは、これがあればすぐに済むでしょう。また、すでに別のジャッキがあるときでも、予備として持っておくことが出来ます。元々備え付けられたジャッキの代わりに使っても良いです。

 

このガレージジャッキは、あくまでも簡易的な作業を行う際に使うこと前提としておきましょう。後は、フロアジャッキと併せて使うなどが、最も使いやすい方法となります。耐重量は1.0tなので、使う車には注意しておいてください。

耐重量1.0t最高位380mm
最低位90mm重量2.1kg
第9位

大橋産業

油圧式フロアジャッキ

価格:3,542円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あまり力を入れずにジャッキアップ出来る

油圧式のガレージジャッキであり、あまり力を入れずに使えるのが特徴となっています。ジャッキアップの際、完全手動ではなかなか高さを上げることが出来ません。ですが、油圧式なら、短い時間・小さな力で簡単にジャッキアップ出来るのです。

 

油圧式は、レバーを上下させることでジャッキアップを行うことが出来ます。また、このガレージジャッキに関しては、2tまで耐重量があるので、大抵の車両なら持ち上げることが可能です。その分、重さがあるので持ち運びには向いていません。

 

ですが、このクラスのガレージジャッキの中では、かなり価格もリーズナブルになっています。初めて本格的なガレージジャッキを購入する人でも、比較的手が出やすいでしょう。使いやすいとの評判もあるため、ぜひ試してみてください。

耐重量2.0t最高位385mm
最低位135mm重量9.0kg
第8位

エマーソン

油圧式フロアジャッキ

価格:4,100円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実積と信頼のあるガレージジャッキ

ガレージジャッキを販売しているメーカーの中でも、かなり信頼性の高いエマーソンブランドのものとなります。価格もかなりリーズナブルであり、小型車や普通車などに使いやすいガレージジャッキとなっています。

 

このガレージジャッキなら、ある程度持ち回りが良いので、作業の際にも使いやすいと言えるでしょう。油圧式であるため、小さな力で効率よくジャッキアップを行うことが出来ます。そのため、女性でもしっかりと使いこなすことが出来るでしょう。

 

また、このガレージジャッキはSGマークが付いたものとなっています。これは、安全性の高い商品に付けられるマークであり、信頼の証と言えるものなのです。使い勝手が良いガレージジャッキなので、ぜひ試してみてください。

耐重量2.0t最高位385mm
最低位135mm重量10.3kg
第7位

メルテック

フロアジャッキ

価格:5,521円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミニバンやワンボックスに使えるガレージジャッキ

ミニバンやワンボックスなどにも使えるガレージジャッキとなります。このレベルのガレージジャッキなら、一般的な車を使っている人なら、問題なく活用することが出来るでしょう。アタッチメントもあるため、さらに使いやすいです。

 

ミニバンやワンボックスに使えるのはもちろんのこと、これくらいの耐重量があれば、小型車なら余裕を持って使うことが出来るでしょう。ジャッキアップは、ギリギリ持ちあがるより、余裕のある方が安定して使うことが出来るのです。

 

よく、耐重量がギリギリのガレージジャッキを使って壊れたという話を聞きますが、これは無理をさせ過ぎていることも要因です。そのため、ミニバン・ワンボックスだけでなく、小型車を持っている人も、ぜひこの商品を試してみてください。

耐重量2.25t最高位410mm
最低位133mm重量11.6kg
第6位

メルテック

フロアージャッキ

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐重量の多いガレージジャッキ

耐重量が大きく、大型車でも問題なく使うことが出来るガレージジャッキとなります。これがあれば、一般的に使われている車のほとんどで活用することが出来ます。自宅に複数台の車がある人は、これ1つで補うことが出来るでしょう。

 

また、油圧式なので、小さな力でも効率的にジャッキアップを行うことが出来ます。最高位も高いため、車高が高い車でも問題なく使うことが出来るでしょう。アタッチメントも別売りで販売しているため、用途に合わせて活用することも可能です。

 

さすがに大型トラックなどであれば、少し使いづらいですが、複数所持していれば活用することは可能です。一般的な車であれば問題なく使うことができ、耐重量にも余裕が出来るでしょう。使いやすくパワーのあるガレージジャッキなので、ぜひ試してみてください。

耐重量3t最高位435mm
最低位140mm重量14kg
第5位

エマーソン

油圧式フロアジャッキ

価格:7,061円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エマーソンブランドの3tガレージジャッキ

ガレージジャッキの中でも有名なエマーソンブランドの3tガレージジャッキとなります。エマーソンは、主にタイヤ交換を念頭に置いたブランドであり、一般的に使うガレージジャッキとしては、かなりおすすめの部類に入るものです。

 

ガレージジャッキは、車にこだわりを持つ人なら整備のお供に使うことが多くなるものです。ですが、一般的によく使われる場面はタイヤ交換が主となります。そのため、特にこだわりを持っていなければ、エマーソンはかなり使いやすいものとなるのです。

 

このガレージジャッキは、耐重量が3tまであるため、普通車ならかなり余裕を持って使うことが出来ます。安全設計の証でもあるSGマークも付いているので、安心して使うことが出来るでしょう。価格もそこまで高くないので、ぜひ試してみてください。

耐重量3t最高位435mm
最低位135mm重量15.0kg
第4位

マサダ製作所

シザースジャッキ MSJ-850

価格:9,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

油圧式のシザーズジャッキ

シザーズジャッキですが、油圧式のため使いやすい商品となっています。油圧式は、すべからく少しの力で簡単にジャッキアップが出来るので、おすすめ商品だと言えるでしょう。シザーズジャッキは、持ち運びも簡単なので、車載用としても使えます。

 

シザーズジャッキの中では、それなりに高価な部類に入りますが、その分性能は高めになっています。特に、シザーズジャッキの弱点となりやすい耐久性も高いため、安心して活用することが出来るでしょう。

 

ジャッキアップは、多かれ少なかれ危険性をはらんでいることが多いものです。特に、シザーズジャッキに関しては、フロアジャッキよりも耐久性が低めだと言われています。その点、このシザーズジャッキはある程度信頼出来るので、ぜひどうぞ。

耐重量0.85t最高位381mm
最低位121mm重量5.9kg
第3位

WEIMALL

ガレージジャッキ

価格:12,310円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車高が低くても使えるガレージジャッキ

車高が低い車でも、問題なく使うことが出来るガレージジャッキとなります。最低位が75mmまであるので、大抵の車に使えるガレージジャッキだと言えるでしょう。車の車高を低めに設定している人には、特に重宝するものとなっています。

 

ガレージジャッキの中には、車高の低い車に対応出来ないものも多いのですが、これを使えばその問題を一気に解決することが出来るでしょう。キャスターとハンドルも付いているので、お手軽に使うことも可能です。

 

設計に関しても、デュアルポンプを採用しているため、簡単にジャッキアップを行うことが出来ます。これを1つ持っているだけでも、かなり実用性が上がるため、使ってみることをおすすめします。

耐重量3t最高位500mm
最低位75mm重量33kg
第2位

TORIN

ガレージジャッキ

価格:21,900円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

海外でも多く使われているガレージジャッキ

日本だけでなく、あらゆる国でも使われているガレージジャッキとなります。その数は140ヵ国にも及び、出荷台数1.5億台以上を記録しています。世界的に信頼度の高いガレージジャッキとなっていると言えるでしょう。

 

ジャッキアップの際も、ダブルピストンを採用しているので、力をあまり入れずに済みます。また、高さ調整も楽に出来るので、作業の効率化に繋がっているのです。ジャッキアップ速度もあるため、スムーズに作業を行うことが出来ます。

 

また、接着部はゴム製になっているため、車に不要な傷を付けずに済みます。かなりリピートされているガレージジャッキであり、信頼度も折り紙付きとなっています。役立つこと間違いなしなので、ぜひ試してみてください。

耐重量3t最高位465mm
最低位100mm重量26.8kg
第1位

KIKAIYA

ガレージジャッキ

価格:55,810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気の力でジャッキアップするガレージジャッキ

最低位が低く、空気の力でジャッキアップできるガレージジャッキとなります。車高が低い車でも問題なく使うことが出来て、なおかつ空気の力で簡単に作業出来るため、使いやすいと言えるでしょう。

 

また、ロングジャッキのため、車体を持ち上げる効率がさらに上がっています。さらに、最低位だけでなく、最高位もかなり高いので、タイヤ交換以外の作業でも十分使いやすくなっているのです。

 

価格は少々高い部類になるのですが、それだけの価値があるガレージジャッキとなっています。自宅のガレージに1つあれば、かなり使えるため、ぜひ末永く使ってみることをおすすめします。

耐重量2t最高位505mm
最低位98mm重量58kg

ガレージジャッキのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5050343の画像

    KIKAIYA

  • 2
    アイテムID:5050338の画像

    TORIN

  • 3
    アイテムID:5050345の画像

    WEIMALL

  • 4
    アイテムID:5050346の画像

    マサダ製作所

  • 5
    アイテムID:5050341の画像

    エマーソン

  • 6
    アイテムID:5050344の画像

    メルテック

  • 7
    アイテムID:5050339の画像

    メルテック

  • 8
    アイテムID:5050342の画像

    エマーソン

  • 9
    アイテムID:5050340の画像

    大橋産業

  • 10
    アイテムID:5050347の画像

    エマーソン

  • 商品名
  • ガレージジャッキ
  • ガレージジャッキ
  • ガレージジャッキ
  • シザースジャッキ MSJ-850
  • 油圧式フロアジャッキ
  • フロアージャッキ
  • フロアジャッキ
  • 油圧式フロアジャッキ
  • 油圧式フロアジャッキ
  • パンタジャッキ
  • 特徴
  • 空気の力でジャッキアップするガレージジャッキ
  • 海外でも多く使われているガレージジャッキ
  • 車高が低くても使えるガレージジャッキ
  • 油圧式のシザーズジャッキ
  • エマーソンブランドの3tガレージジャッキ
  • 耐重量の多いガレージジャッキ
  • ミニバンやワンボックスに使えるガレージジャッキ
  • 実積と信頼のあるガレージジャッキ
  • あまり力を入れずにジャッキアップ出来る
  • 簡易的に使えるガレージジャッキ
  • 価格
  • 55810円(税込)
  • 21900円(税込)
  • 12310円(税込)
  • 9300円(税込)
  • 7061円(税込)
  • 6480円(税込)
  • 5521円(税込)
  • 4100円(税込)
  • 3542円(税込)
  • 2460円(税込)
  • 耐重量
  • 2t
  • 3t
  • 3t
  • 0.85t
  • 3t
  • 3t
  • 2.25t
  • 2.0t
  • 2.0t
  • 1.0t
  • 最高位
  • 505mm
  • 465mm
  • 500mm
  • 381mm
  • 435mm
  • 435mm
  • 410mm
  • 385mm
  • 385mm
  • 380mm
  • 最低位
  • 98mm
  • 100mm
  • 75mm
  • 121mm
  • 135mm
  • 140mm
  • 133mm
  • 135mm
  • 135mm
  • 90mm
  • 重量
  • 58kg
  • 26.8kg
  • 33kg
  • 5.9kg
  • 15.0kg
  • 14kg
  • 11.6kg
  • 10.3kg
  • 9.0kg
  • 2.1kg

まとめ

ガレージジャッキの選び方とおすすめ人気ランキング10選を紹介しました。ガレージジャッキは、車を持っている人なら使う機会が多いものとなります。なるべく丈夫かつ実用性の高いものを選ぶためにも、今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ