記事ID138105のサムネイル画像

【2019年最新版】バトルフィールド人気おすすめランキング10選

様々な戦争をモチーフにしており、シリアスなストーリーも多いもののわかりやすい操作性や、他のFPSにはない要素が人気のバトルフィールドシリーズ。これからFPSを始めようと思っている人も、FPSが大好きな人もハマれるバトルフィールドシリーズを紹介していきます。

世界を代表するFPSゲームバトルフィールドの魅力

「バトルフィールド」は、2002年発売の『バトルフィールド1942』より始まり、現在でも続編が発売され続けている、架空の戦争をテーマにしたゲームシリーズで、ゲームシステムは、チーム制のファーストパーソン・シューティングゲームです。

 

FPSのゲームと言えば、オンラインのマルチプレイが充実しており面白いのが基本で、もちろんバトルフィールドシリーズもマルチプレイでは総勢64人で戦えるなど、充実しているのですが、シングルプレイが充実しているソフトも数多くあります。

 

戦場の臨場感を味わえるグラフィックや、種類も豊富でソフトによっては自分好みのものまで作れてしまう武器、仲間と共に勝利をした時の快感など、いろいろな魅力がつまったバトルフィールドシリーズをランキング形式で紹介していきます。

バトルフィールドの選び方

1作目が2002年に発売されて以降、バトルフィールドはさまざまなハードや時代設定で発売されてきました。その中から自分にあった作品の選び方を紹介していきます。

ハードで選ぶ

バトルフィールドシリーズはさまざまなハードで発売されています。自分が持っているハードでバトルフィールドシリーズが発売されているかどうか、調べてみてください。

パソコン

バトルフィールドシリーズのほとんどの作品が発売されているのがパソコンです。バトルフィールドシリーズの第一作目で2002年9月13日に発売された「バトルフィールド1942」はパソコンでしか発売されていません。

 

その後の作品もまずパソコンで発売されてから、家庭用ゲーム機に移植されていたりすることも多いので、いち早くバトルフィールドシリーズで遊びたいという人は、パソコン版で遊ぶことをおすすめします。

 

家庭用ゲーム機になれた人ですと、キーボードやマウスで操作するというのがちょっと苦手な人もいるかもしれませんが、比較的操作は複雑ではないので慣れれば問題ないでしょう。

 

PlayStation3

家庭用ゲーム機で、一番数多くのバトルフィールドシリーズが発売されているのがPlayStation3です。PlayStation3はハードの容量などが過去のハードと比べてとても上がったため、とてもリアルなゲームを楽しむことができます。

 

初代のリメイクから、比較的新しいソフトまでをPlayStation3では遊ぶことができるので、一つ気に入ったバトルフィールドシリーズがあるのなら、いろいろなバトルフィールドシリーズで遊んでみてください。

 

特に、「バッドカンパニー」シリーズや、「バトルフィールドハードライン」などの、バトルフィールドシリーズの外伝的な作品で現在発売されているものは、全てPlayStation3で遊ぶことが出来るのでおすすめです。

PlayStation4

せっかくバトルフィールドで遊ぶなら、最新のバトルフィールドシリーズで遊びたいという人はPlayStation4で遊んでみてください。

 

過去のバトルフィールドシリーズもリアルで面白いのですが、やはり最新のハードは凄さが違います。また、今までになかった様々な追加要素があったり、家庭用ゲーム機ではなかなかできなかった64人対戦もできます。

 

ナンバリングタイトルの最新作から、外伝的な作品の最新作もPlayStation4では遊ぶことができますし、今後新しいバトルフィールドシリーズが発売されたときも、PlayStation4で発売される可能性が高いので、今のうちにPlayStation4を購入しておいても良いでしょう。

舞台設定で選ぶ

元々は第二次世界大戦の世界各国を舞台として、人気を博したバトルフィールドシリーズですが、シリーズによって舞台となる戦争や国が変わってくるので、気になる戦争や好きな国がある人はそういった舞台設定で選んでみると良いでしょう。

 

例えば、第一次世界大戦やロシア内戦を描いた「バトルフィールド1」では、欧州、中東、ロシアなどが出てきますし、中にはアメリカ内部での警察官と犯罪者の抗争を楽しむことが出来るシリーズなんかもあります。

 

もちろん、一番有名な第二次世界大戦を描いた作品は第一作だけではなく、リメイクされたり、ナンバリング最新作の「バトルフィールド5」でもまた舞台になったりと、何度か登場しています。

時代設定で選ぶ

バトルフィールドの描かれている時代は、過去の有名な戦争だけではなく、未来の戦争が描かれていることがあるのが特徴です。もちろん第二次世界大戦でしたら1942年頃が描かれていますし、第一次世界大戦でしたら1914年頃が描かれています。

 

中でも特に異色なのが、「バトルフィールド2142」という、タイトルの通りに2142年の氷河期の戦争が描かれているものもあります。今では未来もののFPSも増えていますが、当時としてはとても画期的で、話題となりました。

 

その他、2000年代を描いた現代の戦争を舞台としたものもあり、それぞれ舞台によって武器や、乗り物などが変わってきます。一つの時代のものだけではなく、いろいろな時代のバトルフィールドを遊ぶと、また違った面白さに気が付くことでしょう。

バトルフィールド人気おすすめランキング10選

第10位

エレクトロニック・アーツ

バトルフィールド 4

価格:1,435円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

64人対戦を実現

「バトルフィールド4」は、日本では2013年11月7日に発売されました。今作ではCOOPモードが廃止され、タイトル画面においてマルチプレイの項目があるなど、マルチプレイに力が入れられているのが特徴です。

 

世界設定は、アメリカ軍は亡命中のロシア軍人から、中国海軍の過激派張将軍が大規模クーデターを計画しており、その背後にはロシアの存在があるという情報を得る、と言った設定で、前作の「バトルフィールド3」を引き継いでおり、2020年が舞台となっています。

 

前作からの変更点として、マルチプレイが前作の24人から大幅に増えて64人となっています(PC・Xbox One・PS4版のみ)。また、マップ内に配置された1つの爆弾を入手し、相手の拠点に持ち込んで破壊する「オブリタレーションモード」などが追加されています。

発売日2013/11/7ハードPC、PS3、PS4、Xbox360、Xboxone
舞台設定中国時代設定2020年
第9位

エレクトロニック・アーツ

Battlefield V

価格:1,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バトルフィールド最新作

「バトルフィールドV」は2018年11月20日に世界同時発売されました。ボトルフィールドと言えば第二次世界大戦だと言う人も多いのですが、このバトルフィールド5は、「バトルフィールド1943」以来10年ぶりに第二次世界大戦を題材にした作品となりました。

 

「バトルフィールド1」と同様に、「大戦の書」と呼ばれるエピソード構成が導入されており、プロローグを含む4つのストーリーが発売時からプレイすることができます。その後は本作で導入された無料DLCの「タイド・オブ・ウォー」でストーリーが追加されていきます。

 

前作からの変更点としては、土嚢を積んで遮蔽物を構築したり、固定機関銃やバリケード、鉄条網によって敵の進軍を妨げたりすることができる「フォーティフィケーション」システムの導入や、弾薬所持の制限などがあります。

発売日2018/11/20ハードPC、PS4、XboxOne
舞台設定世界各地時代設定1942年~
第8位

エレクトロニック・アーツ

バトルフィールド バッドカンパニー

価格:8,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外伝的作品

「バトルフィールド バッドカンパニー」は2008年6月26日に日本で発売されました。バトルフィールドシリーズはマルチプレイ重視でシングルプレイは「練習用」という位置付けなのですが、本作ではそのシングルプレイにも力を入れた作品となっています。

 

ストーリーは、紛争の絶えない時代に軍刑務所へ収監されるはずだったプレストン・マーロウは、正規兵を割きたくない場合に最優先で作戦を押し付けられる使い捨ての兵力が集まる、アメリカ陸軍第222大隊所属"B"中隊へ配属されるところから始まります。

 

本作は正規軍を追われた主人公たちB中隊が金塊を求めて軍を離反してまで勝手気ままに行動するという破天荒なストーリーとなっており、他のバトルフィールドシリーズと比べて暗さが少なく、重たい話が苦手な人にもおすすめできる作品です。

発売日2008/6/26ハードPS3、Xbox360
舞台設定中央アジア、中東時代設定現代
第7位

エレクトロニック・アーツ

バトルフィールド2 モダンコンバット

価格:7,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

BF2を基にしたオリジナルタイトル

「バトルフィールド2 モダンコンバット」はバトルフィールド2とタイトルにも入っているものの、移植作品ではなくオリジナル作品です。プレイヤーは4ヵ国(アメリカ軍・中国軍・中東連合・欧州連合)に分かれて戦闘していきます。

 

突撃兵、狙撃兵、特殊部隊、戦闘工兵、援護兵の5種類の兵科と、兵科によって使える武器が違うので、それぞれの装備している武器を使い分けながら上手く仮想の戦場を闘い抜かなければならないのが大きな特徴です。

 

それぞれに約450ポイント程のチケットがあり、相手の拠点の過半数の占拠や、敵陣営プレイヤーを倒すことでチケットを減少させて、相手陣営のチケットを0にすることが目標の「コンクエスト」というモードがとても人気のモードです。

発売日2006/1/26ハードPS2、Xbox360
舞台設定カザフスタン時代設定現代
第6位

エレクトロニック・アーツ

バトルフィールド 1

価格:2,375円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

原点回帰

「バトルフィールド1」は2016年10月21日に発売されました。バトルフィールドシリーズとしては第12作目となる作品なのですが、題材となった第一次世界大戦が、バトルフィールドシリーズの原点でもあることから「1」とナンバリングされています。

 

1人プレイ用のキャンペーンモードでは従来の作品にあった1人の主人公が世界中を転戦するものではなく、それぞれ主人公が異なる複数のエピソードで構成されたオムニバス形式となっています。

 

同時期のライバル作品が宇宙や架空の未来など舞台に移すのに対して、第一次世界大戦時代を遡る事へ驚きの声が見られたものの、いざリリースをされるとそのクオリティは確実に進化しており、バトルフィールドシリーズの凄さを見せつけました。

発売日2016/10/21ハードPC、PS4、XboxOne
舞台設定欧州、中東、ロシア時代設定1914年~1919年
第5位

エレクトロニック・アーツ

バトルフィールド ハードライン

価格:2,398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

警察対犯罪者

「バトルフィールド ハードライン」は、日本では2015年3月19日に発売された「バトルフィールドシリーズ」のFPSです。国家間の戦争を題材としてきたこれまでのバトルフィールドシリーズとは異なり、本作では警察と犯罪者の戦いを主題としています。

 

シングルプレイのキャンペーンモードのエピソードは全10章で構成されており、ひとつのエピソードを終えると次回予告が始まるという演出で、アメリカの犯罪テレビドラマを自分で操作しているような感覚を覚えることができます。

 

警察バッジを見せて相手をひるませる、敵のマーキングや証拠などの分析としてスキャナーを使うなど独自のシングルプレイはとても面白いですし、最大64人まで遊べるマルチプレイモードももちろん搭載しています。

発売日2015/3/19ハードPC、PS3、PS4、Xbox360、XboxOne
舞台設定アメリカ時代設定2012年
第4位

エレクトロニック・アーツ

バトルフィールド2142

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

未来戦争

「バトルフィールド2142」は、2006年10月20日に発売されました。氷河期が訪れ、有用な土地や資源の多くが失われてしまった(架空の)未来の、アジア連合軍(PAC)とヨーロッパ連合(EU)間での戦争を舞台としているゲームです。

 

架空の未来が新たな戦場となり、戦闘ロボット・空中戦艦・光学迷彩等進化したハイテク兵器が多数登場する。過去のシリーズのシステムを継承しながらもバランスの悪さが改善され、新要素で更に白熱した戦いが架空の未来の戦場上で巻きおこります。

 

これまでの陣取り主体だったBF2のモードとは違い、チーム双方の拠点である空中戦艦タイタンをどちらかのチームが破壊するまで戦うモードであるタイタンモードが追加されており、新しいバトルフィールドで遊ぶことができます。

発売日2006/10/20ハードPC
舞台設定世界各地時代設定2142年
第3位

エレクトロニック・アーツ

バトルフィールド1942

価格:4,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バトルフィールドの原点

「バトルフィールド1942」は、エレクトロニック・アーツから2002年9月13日に発売されたバトルフィールドシリーズの第1作目です。歩兵戦だけではなくさまざまな乗り物の操縦も行えるFPSとして開発され、最盛期には100万人以上が遊ぶ大ヒットとなりました。

 

第二次世界大戦がモチーフで、プレイヤーは枢軸軍チームと連合軍チームに分かれて最大32vs32人のオンライン対戦を楽しめ、東部戦線、西部戦線、北アフリカ戦線、太平洋戦線での激戦となった戦場を再現したステージで、様々な兵器を駆使して戦います。

 

戦争をモチーフにしたFPSというと、ちょっと難しそうだとか、敷居が高そうだと感じてしまう人も多いでしょうが、基本操作は、WASDで移動、マウスで視点操作、左右マウスボタンで攻撃、加えて兵器乗降キーという簡単な操作も人気の要因でした。

発売日2002/9/13ハードPC
舞台設定世界各地時代設定1942年
第2位

エレクトロニック・アーツ

バトルフィールド:バッドカンパニー2

価格:9,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッドカンパニーが進化

「バトルフィールド:バッドカンパニー2」は2010年3月11日に発売されました。バトルフィールド:バッドカンパニーの続編なのですが、「破壊」の要素がさらに進化しており、車両や建物などの破壊が可能で一定以上のダメージを与えると最終的に建物全体が崩壊します。

 

1944年太平洋戦争中、日本軍が開発しているとされる秘密兵器に関する情報を手に入れるため、アメリカ軍の特殊作戦「オーロラ作戦」が密かに行われた。その作戦は公になることなく、歴史の闇に葬り去られた、というストーリーのシングルプレイも充実しています。

 

マルチプレイももちろん充実しており、ラウンドスタート直後と決着前では戦場の様相が大きく変わり、戦略的に倒壊を狙ったり環境の変化に対応するといった楽しみが増えたり、ボタン一つで敵の位置を知らせてくれるようになるなど、操作も快適になりました。

発売日2010/3/11ハードPS3、Xbox360、PC
舞台設定世界各地時代設定1944~現代
第1位

エレクトロニック・アーツ

バトルフィールド 3

価格:7,589円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新世代のFPS

「バトルフィールド3」は、日本では2011年11月2日に発売されました。ゲームエンジンがFrostBite2にアップグレードされた事によりグラフィックの写実性が増したことで、戦場の臨場感がアップし、よりリアルになりました。

 

今作からは銃を使いこむ事によってアクセサリーが解放されていき装着部位の制限のみで自由に付け替えが可能になりました。他のFPS作品においてもここまで出来るものは少なく、自分のこだわりのマイ銃を作るのも一つの楽しみです。

 

バトルフィールド2から登場していなかった戦闘機が再び登場するなど、ナンバリングタイトル作品に恥じない兵器の数々や、バトルフィールドBCより広くなったマップに、綺麗なグラフィックなど新世代のFPSの代表と呼ぶにふさわしい作品です。

発売日2011/11/2ハードPS3、Xbox360、PC
舞台設定イラン時代設定2014年

バトルフィールドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5050177の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 2
    アイテムID:5050174の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 3
    アイテムID:5050170の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 4
    アイテムID:5049987の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 5
    アイテムID:5049959の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 6
    アイテムID:5049950の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 7
    アイテムID:5049805の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 8
    アイテムID:5049799の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 9
    アイテムID:5049795の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 10
    アイテムID:5049733の画像

    エレクトロニック・アーツ

  • 商品名
  • バトルフィールド 3
  • バトルフィールド:バッドカンパニー2
  • バトルフィールド1942
  • バトルフィールド2142
  • バトルフィールド ハードライン
  • バトルフィールド 1
  • バトルフィールド2 モダンコンバット
  • バトルフィールド バッドカンパニー
  • Battlefield V
  • バトルフィールド 4
  • 特徴
  • 新世代のFPS
  • バッドカンパニーが進化
  • バトルフィールドの原点
  • 未来戦争
  • 警察対犯罪者
  • 原点回帰
  • BF2を基にしたオリジナルタイトル
  • 外伝的作品
  • バトルフィールド最新作
  • 64人対戦を実現
  • 価格
  • 7589円(税込)
  • 9000円(税込)
  • 4480円(税込)
  • 980円(税込)
  • 2398円(税込)
  • 2375円(税込)
  • 7460円(税込)
  • 8500円(税込)
  • 1650円(税込)
  • 1435円(税込)
  • 発売日
  • 2011/11/2
  • 2010/3/11
  • 2002/9/13
  • 2006/10/20
  • 2015/3/19
  • 2016/10/21
  • 2006/1/26
  • 2008/6/26
  • 2018/11/20
  • 2013/11/7
  • ハード
  • PS3、Xbox360、PC
  • PS3、Xbox360、PC
  • PC
  • PC
  • PC、PS3、PS4、Xbox360、XboxOne
  • PC、PS4、XboxOne
  • PS2、Xbox360
  • PS3、Xbox360
  • PC、PS4、XboxOne
  • PC、PS3、PS4、Xbox360、Xboxone
  • 舞台設定
  • イラン
  • 世界各地
  • 世界各地
  • 世界各地
  • アメリカ
  • 欧州、中東、ロシア
  • カザフスタン
  • 中央アジア、中東
  • 世界各地
  • 中国
  • 時代設定
  • 2014年
  • 1944~現代
  • 1942年
  • 2142年
  • 2012年
  • 1914年~1919年
  • 現代
  • 現代
  • 1942年~
  • 2020年

まとめ

バトルフィールドシリーズを過去の作品から最新の作品、外伝的な作品まで幅広く紹介してきましたが、気になる作品はありましたでしょうか?FPSが好きな人なら必ずハマるゲームばかりなので、まだバトルフィールドシリーズで遊んだことがないという人は、これを機会に是非遊んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ