記事ID138103のサムネイル画像

【あると便利】インバーター発電機のおすすめ人気商品ランキング10選

近年多発している自然災害で、電気が通らずかなり多くの方が、困るケースが多いですよね。また、アウトドアなどでも、電気が必要なことが多々あります。そこで便利なのが、インバーター発電機です。今回はおすすめの、インバーター発電機をご紹介していきます。

インバーター発電機を使って、手軽に電気を得ましょう。

インバーター発電機と聞いても、聞きなれない方の方が、多いのではないでしょうか。このアイテムは、屋外でも家庭電源並の電気を、手軽に給電できる発電機のことをいいます。ただ、商品によって重さなどが異なってくるので、しっかりと商品詳細を確認しましょう。

このアイテムは、周波数を安定させることのできる、インバーターが組み込まれています。よって、安定した電気を作ることができるメリットがあり、アウトドアでもしっかりと機能を発揮してくれます。緊急時などにも役立つので、気になる場合はチェックしましょう。

そこで今回は、インバーター発電機を、ご紹介していきます。とはいっても、初めて使用される方は、いまいち選び方が、分からないですよね。そんな方のためにも、丁寧にご説明していくので、この記事を参考にしてみましょう。あなたにピッタリのものが、あるかもしれません。

インバーター発電機の選び方

メリット・デメリットで選ぶ

あらかじめメリット・デメリットを分かっていると、かなり使い勝手も良くなります。メリットは最大限に性能を生かすことができ、デメリットはそのマイナス面を、カバーすることができる部分もあります。

メリットで選ぶ

インバーター発電機とは、屋外でも家庭用電源と同じように、手軽に電力を供給できるアイテムになっています。このアイテムを使用することで、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

 

実は、インバーターが組み込まれていることで、家庭用のコンセントで供給されるような、質の高い正弦波の電気を作り出すことができます。なので、不安定で全然電気が来ないといった、心配が一切ありません。そのため、緊急時などにも役立てることができる、メリットがあります。

 

さらに、手軽に持ち運ぶことができローラー付きのものまであるので、使いやすいものをチェックしてみましょう。このように、どういったメリットがあるのかを把握しておくだけで、使い勝手がさらに良くなるので、チェックしておきましょう。

デメリットで選ぶ

あらかじめデメリットも分かっていれば、そのマイナス面をカバーしながら使う方法が見つけ出せるので、把握しておきましょう。インバーター発電機は基本的に、サイズが大きいものがほとんどです。また、それなりの価格もします。

 

さらに、本体自体が重いものが多いので、しっかりとチェックしておきましょう。デメリットの中でも一番のマイナス点は、やはり騒音です。最新モデルのものであれば、インバーター発電機の騒音値は、かなりの静音となっている商品が、増えているいます。

 

とはいっても、どうしてもエンジンの駆動音だけは、どうすることもできません。ただ、エンジン音に関しても、比較的抑えられているものもあるので、一度チェックしてみましょう。快適に使うためにも、デメリットも把握しておくべきポイントです。

定格出力で選ぶ

どの程度の出力が必要なのかを、まずは計算しておきましょう。サイズが小さいとお値段も比較的安いので、お求めやすくなっています。ただし、十分な電力を受けれない場合があります。

1000W以下を選ぶ

商品のよって、インバーター発電機の出力の大きさが異なるので、使いやすいものを選びましょう。例えば、1000W以下のものであれば、本体も比較的小さいので、使いやすいかと思います。このぐらいの出力であれば、ノートパソコンなど、日常的に使用する小型家電に最適です。

 

さらに、ハロゲン投光器などの機械工具にも使えるので、かなり役立ちます、小さいからとといって、機能が低いわけではないので、存分にお使いいただけます。コスパにも優れているので、おすすめです。また、他のものに比べて低価格なので、予算に合わせて選びやすいです。

 

ただし、ホットプレートやドライヤーなど、出力が多くいるものには、対応できない場合があるので注意しましょう。消費電力だけでなく起動電力にも注目し、きちんと作動させることができるかを、確認しおきましょう。

1000~2000Wを選ぶ

使用できる家電などに左右されたくない場合は、1000~2000W程度のものを選ぶようにしましょう。基本的に1000W以上の出力がある場合は、ほとんどの電気製品をに対応し、手軽に使用することができます。本体のサイズや重さも丁度良く、使いやすさも十分兼ね揃えています。

 

1000W以下のものよりは、少し大きめになってしまいますが、比較的使いやすいので、チェックしてみましょう。コスパにも汎用性にも優れているので、初めて使用する方は、この程度の出力があるものから、使ってみましょう。ただし、1度に複数の家電を動かすことができません。

 

例えば、1300Wのホットプレートを使用する場合、起動電力は1倍なので、起動電力も1300Wになります。このホットプレート使うには、定格出力が1400W程度のものが必要になります。このように、出力があまり大きいと、一度で供給できないことがあります。

2000~3000Wを選ぶ

しっかりとパワーがあり、同時に2つの電気を供給したい場合は、2000W以上の出力ものもが最適です。このぐらいの出力があれば、2人暮らしなどの小規模家庭アイテムを、手軽に使用することができます。

 

普段使いとしてもおすすめですが、緊急時の非常電源として備え付けておきたい場合は、このタイプのものが最も最適となっています。緊急時の備えを日頃から行っておくことで、いざという時に役立つので、対策をしたい場合はこのタイプを選びましょう。

 

価格も高いので、予算と兼ね合わせながら選びましょう。特に緊急時のみに使用する場合は、災害などが起こった時に、必ずしもご自宅にいるとは、限りませんよね。なので、すぐに購入するのではなく、本当に必要かどうかを見極めて、選ぶようにしましょう。

動力源で選ぶ

あまり頻繁に使用しない場合は、ガスタイプを選び、長時間使用する場合は、燃料タイプがおすすめです。

ガスタイプを選ぶ

より手軽に使用する場合は、液化ブタンなどを使用する、ガスタイプがおすすめです。どうしても出力や連続使用時間では、劣ってしまいます。ただ、燃料みたいにガソリンスタンドなどに購入しに行く手間がなくなるので、一番使いやすいでしょう。

 

近くにあるスーパーや、ホームセンターで手軽に購入することができるので、後々のことを考えると、こちらの方が手軽かもしれません。ただ、人それぞれだと思うので、自分が使いやすい方を選びましょう。ガスタイプであれば、比較的安価で購入でき、コスパにも優れています。

 

また、ボンベ式なので、交換がしやすく、メンテナンスなどがしやすいメリットがあります。万が一ガスが余っても、家庭用のカセットコンロなどにも使えるので、とても便利です。たまにしか使用しない場合は、このタイプが最適です。

燃料タイプを選ぶ

商品によって、使い方が異なるので注意しましょう。燃料を入れるタイプであれば、比較的出力が大きく、一度給油すれば、長時間発電機を動かすことができます。なので、長時間供給したい場合や、たくさんの家電を長時間動かしたいという場合は、このタイプのものを選びましょう。

 

とはいっても、燃料が定期的に必要になるので、ガソリンを購入しに行く手間がかかります。さらに、長期間使わない場合は、燃料をそのままにしておくことができません。なので、燃料抜きをする必要があります。

 

人によっては、かなり手間がかかることがあるので、使用ペースなどに合わせて、選ぶようにしましょう。また、運転中のガソリンの臭いが気にあることもあるので、メリット・デメリットを比較しながら、使用しましょう。

スペックで選ぶ

重さや音の大きさをチェックしておくだけでも、かなり使いやすくなるので、必ず見落とさないようにしましょう。

重さで選ぶ

どのメーカーの商品も、使いやすいようにコンパクト設計となっている、ものが多くなっています。ただし、どの商品も大体10kg程度から、70kg程度にはなってしまいます。なので、必ずどのぐらいの重さがあるのかを、チェックしておきましょう。

 

なるべく軽く、運びやすさを重視しない場合は、ローラーなどが付いているものがおすすめです。ただ、運びやすさを重視して選ぶと、どうしてもパワーが衰えてしまいます。なので、携帯性を重視するか、パワーを重視するかを見極めて、適切なタイプを選ぶようにしましょう。

音の大きさで選ぶ

商品を選ぶ際に重要なポイントとして、運転音の大きさがあります。インバーター発電機の標準的な騒音値は、本機から7m離れて、4方向の騒音測定値平均は60db程度とされています。

 

ただ、近年では44dBから50dbのものが販売され、少しうるさい程度で済むものが多くなっています。ただ、ものによっては周囲の迷惑になることがあるので、注意しましょう。快適に迷惑をかけず使用するためにも、どれぐらいの音がするのかを確認してから、購入することをおすすめします。

サイズで選ぶ

いざインバーター発電機を使用するとなっても、サイズがあまりに大きいと使いづらい場合があるので、注意しましょう。特に収納スペースの有無は、きちんと確保しておきましょう。ここでいいやと置いておくと、つまづいたりして、怪我をしてしまうことがあります。

 

また、外に置いておくと、いつの間にか取られしまったケースもあります。そのため、しっかりと室内又は専用のケースなどに収納し、保管もしっかりと行えるかどうかを考えながら、選ぶようにしましょう。

インバーター発電機のおすすめランキング10選

第10位

やまびこ

インバーター発電機 IEG1600M-Y/M

価格:97,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで携帯性もあり、おしゃれなデザインです。

商用電源と同等の良質な電気で、コンピュータなどを使用することが可能です。レッドのデザインで、おしゃれですよ。

 

さらに、エコ発電設計で、バッテリー充電専用出力付きとなっています。超低騒音となっているので、音を心配することはありません。

 

このサイズでこの出力の高さは、ありがたいといった、ロコミが挙がっていました。このインバーター発電機には、オイルセンサーが備わっています。 

サイズ49×28×45.5cm重さ20kg
タイプ燃料定格出力600W
音の大きさ-
第9位

三菱重工

三菱ポータブルカセットガス発電機 MGC900GB

価格:94,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燃料の交換が非常に簡単で、手も汚しません。

手軽に手に入るガスを使用するので、コスパにも優れています。

 

さらに、燃料の調達や交換が簡単で、初めての方にもおすすめのインバーター発電機となっています。

 

燃費が良くコスパも良いといった、ロコミが挙がっていました。いつ起こるか分からない災害に、しっかりと威力を発揮してくれます。

サイズ40×33×33cm重さ21kg
タイプガス定格出力600W
音の大きさ60db
第8位

URCERI

インバーター発電機

価格:59,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用のキットを使えば、2台接続できますよ。

インバーター方式を採用し、波形ひずみ率を2.5%以内に抑えています。よって、家庭用電源と同レベルの安定電気供給が可能で、手軽に使用できます。

 

ガソリンタンク容量は4Lあるので、存分に長時間稼働させれます。途中で使えないなんてことがないので、ストレスフリーです。

 

燃料が入れやすいので、スムーズに給油できるといった、ロコミが挙がっていました。市販の並列運転接続キットで、本製品2台を接続することも可能です。

サイズ48×29×41.5cm重さ21.5kg
タイプ燃料定格出力1880W
音の大きさ59db
第7位

ヤマハ

発電機 東日本地域専用 EF900FW

価格:39,150円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耳にも優しい設計となっているので、騒音が気になりません。

このインバーター発電機は、レジャーから業務、バックアップ電源まで、様々な用途にお使いいただけます。火力調整の必要なIHコンロや、メタルハライド投光機なども、使用可能となっています。

 

さらに、出力波形を改善し、波形ひずみ率を約25%から8%以下に抑えています。よって、これまで使用に適していなかった電気製品にも対応し、活躍の場を一段と広げることに成功しています。

 

使える幅が広く、緊急時に役立ったといった、ロコミが挙がっていました。人に優しい運転音:にし、音の変動を低減させ、より耳障りの少ない優しい音質を実現しています。

サイズ40.1×29.8×42cm重さ24kg
タイプ燃料定格出力700W
音の大きさ-
第6位

バイクパーツセンター

インバーター発電機 SF2600F

価格:64,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性も確保されているので、安心して活用できます。

コンパクトでありながらも、定格出力2600Wの出力を確保できるので、しっかりと機能を発揮できます。さらに、ハンドル付きなので、楽に運ぶことが可能です。

 

また、樹脂カバーを採用しているので、より軽量化を実現しています。操作パネルを集中させ、使いやすくなっているので、初めて使用される方にもおすすめです。

 

操作しやすく、初めてでも扱いやすいといった、ロコミが挙がっていました。安全性も確保されていて、過負荷防止装置で、万が一の際も安心です。

サイズ620×370×540mm重さ33kg
タイプ燃料定格出力2600W
音の大きさ60db
第5位

ヤマハ

防音型インバータ発電機 EF1600iS

価格:115,225円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音で、騒音を気にする心配がありません。

可搬性に優れているので、使い勝手がかなり良いですよ。さらに、静音設計で手軽に使用できます。

 

また、軽量でコンパクトなボディとなっているので、持ち運びにも最適です。コントロールパネルと、リコイルスターターを同一面に集中し、扱いやすくなっています。

 

音が全然なく良いといった、ロコミが挙がっていました。これ1つで、より幅広い実用性を実現し、便利でおすすめのインバーター発電機です。 

サイズ49×39×32cm重さ20kg
タイプ燃料定格出力1600W
音の大きさ89db
第4位

本田技研工業

エネポ EU9iGB

価格:131,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガスタイプなので、万が一の時に活躍します。

国土交通省指定である、97基準値超低騒音型となっています。そのため、小さな音で使え、おすすめのインバーター発電機です。


エコスロットル搭載により、従来にない実用域での優れた低燃費性を、発揮しています。カセットボンベを使って、手軽に電源を得ることが可能です。

 

停電時に重宝しているといった、ロコミが挙がっていました。車輪とハンドルが付いているので、キャリーバッグのようにスムーズに移動できるようになっています。

サイズ524×262×365mm重さ19.5kg
タイプガス定格出力900W
音の大きさ79db
第3位

バイクパーツセンター

ポータブルインバーター発電機 SF-1000F

価格:34,010円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定して供給できるので、アウトドアにも最適です。

安定した電圧でパソコンやテレビなど、精密機器にも使用できます。安定した電力を供給できるので、安心して活用できます。

 

さらに、出先でも快適に使用でき、携帯性に優れていておすすめの、インバーター発電機となっています。

 

コンパクトなので、荷物になりにくいといった、ロコミが挙がっていました。ハンドル付きで、楽々運べますよ。

サイズ460×245×385mm重さ15kg
タイプ燃料定格出力900W
音の大きさ58db
第2位

ヤマハ

発電機 西日本地域専用 EF23H

価格:47,119円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

環境だけでなく、体にも気を使えるアイテムです。

業務用としても使え、高出力タイプなので、色々な機器に使用できます。高い耐久性と信頼性を持ち、環境にも優しい商品です。

 

また、省エネ設計となっているので、燃費も大幅に軽減しています。さらに、アスベストが出ない材質を使用しているので、体にも優しくなっています。

 

体も労わることができ、安心できるメーカーといった、ロコミが挙がっていました。新設計のエンジンや、新形状のオルタネーターコアの採用により、コンパクトにしています。

サイズ51×41.5×42.5cm重さ43kg
タイプ燃料定格出力2500W
音の大きさ93.5db
第1位

工進

インバーター発電機 GV-16i

価格:119,232円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

うるさすぎないので、安心して使用できます。

このインバーター発電機は、パソコンや携帯電話などの精密機器に対応し、あらゆる機器に使用できます。

 

また、家庭用のコンセントと同じように使用可能で、車で使用しているシガーソケット端子付き機器にも対応し、あらゆるものに使用できます。

 

性能が本当に良く、購入して損はないといった、ロコミが挙がっていました。電力使用目安がランプで分かる、パワーインジケーター付きとなっています。

サイズ29.3×49.8×45.9cm重さ22kg
タイプ燃料定格出力1600W
音の大きさ59db~65db

インバーター発電機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5049357の画像

    工進

  • 2
    アイテムID:5049364の画像

    ヤマハ

  • 3
    アイテムID:5049368の画像

    バイクパーツセンター

  • 4
    アイテムID:5049371の画像

    本田技研工業

  • 5
    アイテムID:5049369の画像

    ヤマハ

  • 6
    アイテムID:5049392の画像

    バイクパーツセンター

  • 7
    アイテムID:5049403の画像

    ヤマハ

  • 8
    アイテムID:5049409の画像

    URCERI

  • 9
    アイテムID:5049413の画像

    三菱重工

  • 10
    アイテムID:5049430の画像

    やまびこ

  • 商品名
  • インバーター発電機 GV-16i
  • 発電機 西日本地域専用 EF23H
  • ポータブルインバーター発電機 SF-1000F
  • エネポ EU9iGB
  • 防音型インバータ発電機 EF1600iS
  • インバーター発電機 SF2600F
  • 発電機 東日本地域専用 EF900FW
  • インバーター発電機
  • 三菱ポータブルカセットガス発電機 MGC900GB
  • インバーター発電機 IEG1600M-Y/M
  • 特徴
  • うるさすぎないので、安心して使用できます。
  • 環境だけでなく、体にも気を使えるアイテムです。
  • 安定して供給できるので、アウトドアにも最適です。
  • ガスタイプなので、万が一の時に活躍します。
  • 静音で、騒音を気にする心配がありません。
  • 安全性も確保されているので、安心して活用できます。
  • 耳にも優しい設計となっているので、騒音が気になりません。
  • 専用のキットを使えば、2台接続できますよ。
  • 燃料の交換が非常に簡単で、手も汚しません。
  • コンパクトで携帯性もあり、おしゃれなデザインです。
  • 価格
  • 119232円(税込)
  • 47119円(税込)
  • 34010円(税込)
  • 131280円(税込)
  • 115225円(税込)
  • 64800円(税込)
  • 39150円(税込)
  • 59800円(税込)
  • 94280円(税込)
  • 97000円(税込)
  • サイズ
  • 29.3×49.8×45.9cm
  • 51×41.5×42.5cm
  • 460×245×385mm
  • 524×262×365mm
  • 49×39×32cm
  • 620×370×540mm
  • 40.1×29.8×42cm
  • 48×29×41.5cm
  • 40×33×33cm
  • 49×28×45.5cm
  • 重さ
  • 22kg
  • 43kg
  • 15kg
  • 19.5kg
  • 20kg
  • 33kg
  • 24kg
  • 21.5kg
  • 21kg
  • 20kg
  • タイプ
  • 燃料
  • 燃料
  • 燃料
  • ガス
  • 燃料
  • 燃料
  • 燃料
  • 燃料
  • ガス
  • 燃料
  • 定格出力
  • 1600W
  • 2500W
  • 900W
  • 900W
  • 1600W
  • 2600W
  • 700W
  • 1880W
  • 600W
  • 600W
  • 音の大きさ
  • 59db~65db
  • 93.5db
  • 58db
  • 79db
  • 89db
  • 60db
  • -
  • 59db
  • 60db
  • -

まとめ

おすすめのインバーター発電機をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。人によってはかなり役立つアイテムなので、一度チェックしてみましょう。ただし、あまり使い慣れていない場合や、収納スペースがなければ、かえって邪魔になってしまうので、注意しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ