記事ID138095のサムネイル画像

【素敵に彫りたい】おすすめの人気レーザー彫刻機ランキング10選

プラスチックや木材など、色々な素材をカットしたりデザイニングしたいという時もあると思います。そんな時に役立つのがレーザー彫刻機です。DIYなどをされない方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、物作りに便利なレーザー彫刻機の選び方を見ていきましょう。

基本としてレーザー彫刻機とレーザーカッターは同じ

レーザー彫刻機は、レーザーカッターと違うものかと思う方もいるかもしれませんが、基本として同じ装置となっています。レーザー加工機とも呼ばれます。レーザー光により色々な材料にカット、彫刻、マスキングといった加工が可能な、デジタル工作機械です。

 

レーザー彫刻は、材料に照らされているレーザー光が、線単位で削っていくという加工になります。これはグリッド彫刻と言われる加工法であり、線に沿い加工するためにレーザーは水平方向に動くのです。

 

水平加工するレーザー彫刻は、JPEG等の画像や写真、イラストもしくはロゴ、象眼細工、微細文字、スタンプといったものをレーザー加工のためのデータに変換した、ラスター形式が使われます。

レーザー彫刻機の選び方

レーザー彫刻機にも色々な種類がありますし、機能も備わっているものです。ここでは、レーザー彫刻機の選び方について探っていきたいと思います。レーザー彫刻機はどの様に選んでいけば良いのでしょうか。

加工材料や材料のサイズで選ぶ

レーザー彫刻機は、加工をする素材や材料がどの程度のサイズかによって選ぶのも大事です。さて、その見極め方法はどの様なものなのでしょうか。探っていきたいと思います。

加工する素材より大きめの加工エリアである機種を選ぶ

レーザー彫刻機で加工が可能な素材は、幅や奥行きといったサイズが機種によって違ってきます。例えば、加工エリアの幅は、406.4ミリのものもあれば609.6ミリ、大きいものになれば1219.2ミリのものまであるのです。

 

奥行きに関しても、304.8ミリのものから609.6ミリのものまであります。使う人が予定している、加工素材のサイズに比べてレーザー彫刻機の加工エリアが大きな機種を選らばなければいけないことを、知っておきましょう。

 

サイズにも着目してレーザー彫刻機を選ぶ必要があるということです。

素材の高さよりも収納高さのある機種を選ぶ

レーザー彫刻機を選ぶなら、素材の厚みにも注目する必要があります。中でも立体的な素材を加工するとすれば、その高さよりも収納高さのある機種を選ぶのがカギです。もし加工素材が幅50ミリ×奥行き200ミリ×高さ200ミリの場合を見てみます。

 

それなら、デスクトップタイプの機種では加工エリアの最大幅406.4ミリを超えることになるものがあります。そうなると収納可能高さの102ミリも超えてしまうため、レーザー彫刻機にできないのです。

 

しかし、プラットフォームタイプのものなら、加工エリアの最大幅が609.6で収納可能高さが229ミリなので、レーザー彫刻機に収納できますし、加工をすることもできるでしょう。サイズの中でも、収納可能高さについてもチェックして選ぶのが大事でもあるのです。

したい加工ができるレーザー発振器と出力で選ぶ

レーザー彫刻機を選ぶなら、自分のしたい加工ができるレーザー発振器(レーザーを発生させる装置)が搭載できることや、出力から選ぶことも必要になります。ここで、その詳細について見ていきましょう。

目的とする加工が可能なレーザー発振器が搭載できる機種を選ぶ

レーザー彫刻機では、切断やマーキング、彫刻ができますが、レーザー光の強さ次第で切断できる厚みや彫刻の深さなどが変わってきます。レーザー発振器の出力が大きければ、それだけ加工した際の出力設定の幅が広くなって、柔軟な加工ができるようになるのです。

 

レーザー彫刻機の中には、機種次第で搭載できるレーザー発振器の出力が決まっているため、したい加工ができるレーザー発振器が搭載可能な機種を選らばなければいけません。搭載可能な出力は、例えば10Wや25W、30Wという機種もあります。

 

そして10Wから75Wまでと幅の広い出力のものが搭載可能になっているものもあります。レーザー発振器が搭載できるかどうかもポイントになるのです。

出力を吟味して選ぶ

5ミリの厚さのアクリルをレーザーカットしたいなら、普通なら25W以上のレーザー発振器を使い、厚さ10ミリのアクリルであれば一般的に100Wよりも大きな出力のレーザー発振器を使うのがおすすめになっています。

 

レーザー彫刻やレーザーマーキングについては、レーザーカットよりも少ない出力で加工できるので、レーザーカットをする際に必要となる出力をベースとして選ぶことで問題はないでしょう。レーザー発振器の出力を選ぶとしたら、価格にも大いに左右することです。

 

なので、メーカー等に相談するのも一案となります。レーザー彫刻機を購入するなら、レーザー発振器の出力にも着目しましょう。

本体のサイズやレーザー波長で選ぶ

レーザー彫刻機を選ぶとしたら、置く場所次第でのサイズも大事になりますし、加工する素材でレーザー波長でも選ぶ必要性があります。その選び方について、見ていきましょう。

設置する場所を考慮したサイズを選ぶ

レーザー彫刻機を置く場所が決まっているなら、レーザー彫刻機そのものがその場にきちんと納まるかどうかがポイントです。それに、レーザー彫刻機本体だけでなく集塵脱臭装置やコンプレッサーといった周辺機器も必要となります。

 

そのため、レーザー彫刻機本体の平面サイズより2倍ある面積が求められます。必要なスペースは、機種もしくは周辺機器次第となるので、分からないことはメーカーに聞いたりするのも手段でしょう。

 

例えば、幅660ミリ×奥行き635ミリ×高さ335ミリというサイズの機種もありますし、幅1753ミリ×奥行き1168ミリ×1105ミリという大きさのものまであります。置く予定のスペースと機器のサイズを測ってから購入するのは大事なことです。

用途に合うレーザー波長を選ぶ

レーザーというのは、波長によって幾つかの機種に分かれていて、レーザー光の波長が違ってくれば印字ができる対象物も異なるものです。波長が短ければ熱影響があまりなく、微細加工に優れています。

 

反対に波長が長いと熱影響が多くて、溶接や切断に優れてくるのです。こうして、各自の特徴を生かして加工素材もしくは用途にマッチしたレーザーを選ぶのがカギとなります。なお、波長が短いのは紫外線であり200nmほどとなっていて、赤外線は波長が長く100nm程度です。

 

この様に、レーザー彫刻機を選ぶならレーザーの波長にも着目する必要があるでしょう。

彫る素材で選ぶ

レーザー彫刻機を選ぶのなら、どういったものに彫刻を施すのかによって選ぶのも1つの手かもしれません。それにはワット数も関わってきますので、その点についても探っていきたいと思います。一体、どの様にして選べば良いのでしょうか。

紙やプラスチックの加工をする用途で選ぶ

レーザー彫刻機は、ワット数により照射するレーザーの強度が異なります。深く彫るためには高いワット数が求められるものの、ワット数が低くても紙を切断することやプラスチックの表面を僅かに彫ることは可能です。

 

それに、木材を焦がして彫刻することもできるでしょう。低い出力でも、深く彫る場合は同じ絵柄を繰り返して彫刻することにより、深さを出すことが可能になります。とは言え、熱がかかるので焦げることや熱で素材が歪むことがあるでしょう。

 

紙やプラスチックを加工するなら、ワット数が低くても対応できるということです。

木材や革、ゴムなどの加工をする用途で選ぶ

レーザー彫刻機にはワット数の高い機種もあります。1000mwの出力なら、木材や竹、プラスチック、革、ゴムそしてコルクといった彫刻ができるでしょう。もっと高い1500mwになれば、もっと深く彫ることが可能になり、薄い素材なら切断もできるのです。

 

何の加工をするのかや、レーザー彫刻機で切断する必要性があるのかどうかをしっかりと考えたうえで、最も適したスペックのレーザー彫刻機を選ぶのが大事になります。ちなみに、アクリルを加工するなら、臭いだけでなくプラスチックが燃える際のガスも発生することがあります。

 

よって、換気には十分注意をしてレーザー彫刻機を使用するのがカギです。

コストで選ぶ

レーザー彫刻機を使うとなると、コストが生まれるのは必須です。レーザー彫刻機を購入してから想定外のコストがかかってしまったということが起こらないために、コスト面もしっかりと重視して選びたいものです。

オプション費用をみて選ぶ

機器本体だけでなく、コンプレッサーや消臭機、排気装置といった周辺機器も必要になります。加工する素材や設置環境で周辺機器にかかる価格も大きく変わってくるでしょう。そしてオプション費用ということでイニシャルコストにも左右します。

 

もしオフィスで煙が多く発生するMDFを加工するとすれば、消臭機の性能も高い性能が求められるのです。性能が高ければフィルターや活性炭などの消耗品も必要になります。

レーザー彫刻機そのものの費用をみて選ぶ

レーザーはレーザーチューブがメイン装置ですが、いつまでも使い続けられるわけではなく、この点はどのレーザー彫刻機にも言えることです。もし長く使っていくのであれば、レーザーチューブの交換やチャージをしなくてはいけないことを、前もって知っておくことも大事です。

 

それだけでなく、レンズやミラー、駆動系であるローラーそしてベルトなどとなっています。レーザー彫刻機の各部品がどの程度の交換頻度なのかや、交換したならどれくらいの費用がかかるかを前もってチェックしておきましょう。

見えない部分のコストにも配慮して選ぶ

レーザー彫刻機は熱を発生させる機械ですし、安全のために使っている際には傍に誰かがいなくてはいけません。そうなると、人件費もかかってくるでしょう。加工の速さだけでなく、加工し始めるまでのセットアップがどれほどに簡単にできるのも、大事になってきます。

 

パートの方でも扱えるのか、それとも社員の方のみが扱えるのかによっても、年間の人件費のコストも変わってくるのです。扱い方の手順も、購入前にチェックするのが大事です。

レーザー彫刻機の人気ランキング10選

第10位

Meterk

レーザー彫刻機 1500mW

価格:18,441円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetoothにも対応

こちらのレーザー彫刻機は、ビジュアルや機能面でNEJEの製品と酷似しているのが特徴です。Bluetoothにも対応しているのもポイントになっています。加工したい位置に加工を施すには慣れる必要がありますが、2万円以内で購入できます。

 

それに、初めてレーザー彫刻機を扱ってみたいという方にもおすすめかもしれません。精度が高くて安定性も高いので、DIYをされる方にもうってつけでしょう。それに、一般的なレーザー彫刻機よりも実用的なものがあります。

 

例えば、ワイヤレスブルートゥースやUSBケーブル接続のどちらともサポートしているのです。

加工範囲42×42×78mm出力1500mW
加工可能素材木材、プラスチック、竹、ゴム、PCB、皮革、カット紙などレーザー波長405 nm
第9位

Snapmaker

高精度 cnc レーザー 光造形 printer

価格:107,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台で3役をこなす

こちらは、3Dプリンターとレーザー刻印、CNC彫刻の3役を1台でできるという優秀さです。レーザーカッター機能については最低限に抑えられてはいますが、DIYに必須である3つの機能を備えているので、今後DIYをしようと考えている方にうってつけです。

 

組み立てが簡単なのもポイントになっています。全金属性の本体はモジュール構造になっていて、合計で10個のパーツが付いているうえに慣れない方でも10分程度で簡単にセットアップができるでしょう。

 

それに機能モジュールを入れ替えれば、すぐにでも3Dプリンターからレーザー刻印機とCNC彫刻機に変えることができるのです。

加工範囲125×125mm出力200mW
加工可能素材木材、竹、皮、プラスチック、紙、布、非透明なアクリルなどレーザー波長405nm
第8位

SOCOCO

DK-BL(QC-1230)

価格:13,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでも高い出力

このレーザー彫刻機は、コンパクトなサイズではありますが1500mwという出力がある手頃さがポイントです。多くのOSに対応していますし、無線の接続と操作ができるのでとても手軽にレーザー彫刻を楽しむことができます。

 

レーザー光から保護するためのグラスが付いているのも見逃せません。5V1a電源アダプタか、モバイル電源、コンピュータのUSBポートを介して充電が可能となっています。

加工範囲42x42x78mm出力1500mW
加工可能素材木材、プラスチック、竹、ゴム、PCB、皮革、紙等レーザー波長不明
第7位

JNL RETAIL STORE

Yihiro レーザー彫刻機 1000mW

価格:12,160円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでリーズナブル

こちらは出力が1000mwとやや低めでOSもWindowsにのみ対応ではあるものの、コンパクトですしリーズナブルな製品です。制御ソフトも簡単な操作性ですし、画像を取り込んでデータを機械に転送しOKボタンを押すのみとなっています。

 

堅い木やプラスチック、竹、ゴムなどは加工可能であり、印鑑彫刻もできるのです。しかし、金属やアルミニウム、アクリルには対応していません。

加工範囲38×38mm出力1000mW
加工可能素材堅い木、プラスチック、竹、ゴム、革、切り紙等レーザー波長不明
第6位

TEN-HIGH

CO2レーザー彫刻機

価格:213,412円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアアシストシステムも搭載

こちらは、レーザー出力を調整できますし出力も安定していて、強力な力と色々なオプションがあります。温度制御ディスプレイについては、冷却水の温度がいつでも表示されていて常に機械の動作状況の確認ができるでしょう。

 

視覚的なパネルになっているので、レーザー彫刻を専門としている方でなくても簡単に操作ができます。また 赤色光測位システムについては、その位置が目に見えるので正確であり効率的にデザインができるのです。

 

さらに彫刻中の燃焼を防止するためにある難燃システムである、エアアシストシステム も搭載しています。

加工範囲400mm×300mm出力40w
加工可能素材大部分有機材質と非金属材料、アクリル、合板、MDF、木材、PVC、皮革、ガラス等レーザー波長10.64um
第5位

SHUOGOU

1500MW レーザー彫刻機

価格:49,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保護メガネも付属

こちらはコンパクトなミニレーザー彫刻機であり、家庭で使用するのにもおすすめかもしれません。保護メガネも付属していますので、目の安全もバッチリです。それにこちらの機種は、印鑑を作る際にも高精度となっています。

 

使用方法は、初めにボードにUSBケーブルを接続してから、ソフトウェアをインストールし彫刻を開始します。少しだけ湾曲したオブジェクトに印をつけたいケースもあるかもしれませんが、こちらの機種は焦点距離が固定されています。

 

なので、マーキングできるのは完全に平坦になっている面のみです。

加工範囲14 x 20cm 出力 15W
加工可能素材ステンレス鋼、鉄、陽極酸化アルミニウム、セラミック、石材、木材、竹、皮革、プラスチック等レーザー波長不明
第4位

KKmoon

自動 K5タイプ

価格:16,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レーザー保護パネルが付いている

こちらのレーザー彫刻機は、5つのショートカットボタンによって彫刻する前のレーザーヘッドの動きを容易に制御して、彫刻する際には一時停止と開始することが可能です。それにアップグレードになっている3000mwというレーザー出力と、インターフェースが付いています。

 

これにより、精度が高くて強度のある安定性が保証されます。80×80ミリメートルの彫刻エリアは、彫刻の目的による大きさの制限はありません。調整ができる彫刻の深さは、0から1ミリメートルであり良質かつ効率の高い彫刻が望めるでしょう。

 

さらに、目がレーザーで傷つくことを防止するためにレーザー保護パネルが付いているのもポイントです。

加工範囲80×80ミリメートル出力3000mW
加工可能素材硬質木材、プラスチック、竹、ゴム、皮革、カット紙などの可燃性プラスチック等レーザー波長450nm
第3位

ノーブランド

2.5W 卓上レーザー加工機

価格:28,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分で組み立てるタイプ

こちらのレーザー彫刻機は、自分で組み立てるタイプのDIYキットです。この組み立てをするのには1時間から2時間程度を要するでしょう。アクリル板や木材、竹、プラスチック、革、ゴムといった透明でなくて光を反射しないカラーの素材に彫刻できる、レーザー彫刻機となっています。

 

またソフトウェアCDが付属していて、永年無償アップデートにも対応しています。PCソフトは英語および中国語にのみ対応しているのですが、インターフェースがシンプルになっているため感覚で使うことができるでしょう。

 

こちらは、レーザー彫刻機の扱いに慣れた方におすすめです。

加工範囲35 x 50cm出力 2.5w
加工可能素材アクリル板、木材、竹、プラスチック、革、ゴム等レーザー波長不明
第2位

KKmoon

レーザー刻印機 AC100-240V

価格:17,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外部制御ボタンつき

こちらは、下にベースがありませんし彫刻のサイズや高さ、方向が制限されず、DIYの実用性が高まっています。レール設計が革新的であり、彫刻の範囲が80ミリメートルに増加している点もチェックです。

 

外部制御ボタンが付いていますが、これは霧の換気ファンが付いていて彫刻の霧を吸ってくれるので、画像が見えにくくなることはないでしょう。それに焦点を合わせるためにレーザーを左右に回転させれば、焦点が小さくなればそれだけ彫刻の効果が良好になります。

 

それに、高い精度となるのです。

加工範囲80×80mm出力3000mW
加工可能素材紙、木材、竹、プラスチック、皮革、ゴム、アクリル、金属塗装面等レーザー波長450nm
第1位

zmart

15W 強力レーザー加工機

価格:71,222円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本語マニュアルも付いている

こちらの製品は、15Wという強力なレーザー彫刻機であり、日本語マニュアルも付いていますので安心です。また、一部は組み立て式になっていて金属加工にも対応しています。前もってパソコン等に繋いでおけば問題ありません。

 

しかし、電源に繋ぐだけでもレーザーが照射される点は知っておくのが大事かもしれません。それでも、画像での彫刻だけでなくnc制御でも動くところは魅力でしょう。

加工範囲15cm×15cm出力15W
加工可能素材ステンレス鋼、鉄、陽極酸化アルミニウム セラミック、石材、木材、竹、皮革、プラスチック等レーザー波長450nm

レーザー彫刻機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5051848の画像

    zmart

  • 2
    アイテムID:5051802の画像

    KKmoon

  • 3
    アイテムID:5051765の画像

    ノーブランド

  • 4
    アイテムID:5051755の画像

    KKmoon

  • 5
    アイテムID:5051724の画像

    SHUOGOU

  • 6
    アイテムID:5051685の画像

    TEN-HIGH

  • 7
    アイテムID:5051652の画像

    JNL RETAIL STORE

  • 8
    アイテムID:5051625の画像

    SOCOCO

  • 9
    アイテムID:5051320の画像

    Snapmaker

  • 10
    アイテムID:5051311の画像

    Meterk

  • 商品名
  • 15W 強力レーザー加工機
  • レーザー刻印機 AC100-240V
  • 2.5W 卓上レーザー加工機
  • 自動 K5タイプ
  • 1500MW レーザー彫刻機
  • CO2レーザー彫刻機
  • Yihiro レーザー彫刻機 1000mW
  • DK-BL(QC-1230)
  • 高精度 cnc レーザー 光造形 printer
  • レーザー彫刻機 1500mW
  • 特徴
  • 日本語マニュアルも付いている
  • 外部制御ボタンつき
  • 自分で組み立てるタイプ
  • レーザー保護パネルが付いている
  • 保護メガネも付属
  • エアアシストシステムも搭載
  • コンパクトでリーズナブル
  • コンパクトでも高い出力
  • 1台で3役をこなす
  • Bluetoothにも対応
  • 価格
  • 71222円(税込)
  • 17999円(税込)
  • 28700円(税込)
  • 16599円(税込)
  • 49999円(税込)
  • 213412円(税込)
  • 12160円(税込)
  • 13999円(税込)
  • 107780円(税込)
  • 18441円(税込)
  • 加工範囲
  • 15cm×15cm
  • 80×80mm
  • 35 x 50cm
  • 80×80ミリメートル
  • 14 x 20cm
  • 400mm×300mm
  • 38×38mm
  • 42x42x78mm
  • 125×125mm
  • 42×42×78mm
  • 出力
  • 15W
  • 3000mW
  • 2.5w
  • 3000mW
  • 15W
  • 40w
  • 1000mW
  • 1500mW
  • 200mW
  • 1500mW
  • 加工可能素材
  • ステンレス鋼、鉄、陽極酸化アルミニウム セラミック、石材、木材、竹、皮革、プラスチック等
  • 紙、木材、竹、プラスチック、皮革、ゴム、アクリル、金属塗装面等
  • アクリル板、木材、竹、プラスチック、革、ゴム等
  • 硬質木材、プラスチック、竹、ゴム、皮革、カット紙などの可燃性プラスチック等
  • ステンレス鋼、鉄、陽極酸化アルミニウム、セラミック、石材、木材、竹、皮革、プラスチック等
  • 大部分有機材質と非金属材料、アクリル、合板、MDF、木材、PVC、皮革、ガラス等
  • 堅い木、プラスチック、竹、ゴム、革、切り紙等
  • 木材、プラスチック、竹、ゴム、PCB、皮革、紙等
  • 木材、竹、皮、プラスチック、紙、布、非透明なアクリルなど
  • 木材、プラスチック、竹、ゴム、PCB、皮革、カット紙など
  • レーザー波長
  • 450nm
  • 450nm
  • 不明
  • 450nm
  • 不明
  • 10.64um
  • 不明
  • 不明
  • 405nm
  • 405 nm

まとめ

様々な素材に彫ることのできるレーザー彫刻機にも種類があることが分かるでしょう。レーザー彫刻機を選ぶなら、加工をしたい素材や材料のサイズがどの程度なのかを考慮するのも一案です。それにレーザーの出力で選ぶという手段もあります。あなたにとって使いやすいレーザー彫刻機を選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ