記事ID138086のサムネイル画像

    【生ゴミを減らしたい】おすすめのコンポスト人気ランキング10選

    生ゴミや雑草を植物を育てるためのたい肥に替えてくれるコンポスト。ゴミは減らせるし、植物を育てるのに一石二鳥だけど、種類が多すぎて選べないという方もいるのではないでしょうか。今回はコンポストの選び方やおすすめ商品の人気ランキングをご紹介していきます。

    コンポストで生ゴミを処理する

    コンポストは生ゴミや枯れ葉、雑草などを処理することで、たい肥として再利用できるようにするアイテムです。生ゴミは水分を含み、そのままにしておくと腐敗が進んで臭いを発するようになりますが、コンポストは微生物に分解させることで腐敗せずに処理することができます。

     

    コンポストで作ったたい肥は、鉢植えや家庭菜園などで使用することが可能です。原材料が分かっているので、菜園で作った野菜を安心して食べることができます。日々のゴミを少なくすることができるので、ゴミ出しも楽になります。

     

    今回はコンポストの選び方や、おすすめ商品の人気ランキングをご紹介していきます。気になる商品があれば、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

    コンポストの選び方

    コンポストを便利に使っていくために、選び方のポイントをご紹介します。コンポストをどのように使っていくか考えながら見ていきましょう。

    処理方法

    コンポストは、微生物を利用してゴミを処理するバイオ式を採用しています。バイオチップと混ぜ合わせることで、微生物に有機物を酸化分解してたい肥を作ります。生ゴミは水と二酸化炭素、それにたい肥まで分解され、生ゴミ自体を減量します。

     

    バイオ式は、微生物が活発に働ける環境が必要で、生ゴミの処理スピードも早くはありません。バイオチップを入れ替えたり、追加する必要がありますが、他の生ゴミ処理機に比べランニングコストをおさえることができます。

     

    バイオ式のコンポストは大型なので、屋外での使用を推奨している商品が多く見られます。住宅街で使用する場合は、臭いなどで近隣に迷惑にならないように、低臭タイプのコンポストを選ぶようにしましょう。

    種類で選ぶ

    コンポストにはたい肥を作るための方式が3つあります。住宅環境やたい肥ができるまでの期間など、状況に応じて選ぶようにしましょう。

    土中タイプ

    コンポストを土の中に埋め込むことで、土の中の微生物を利用して生ゴミなどをたい肥化していきます。底に穴が空いたコンポスト容器を使い、地中に2〜30cmほど埋めて、枯れ葉や枯れ草などを入れます。その上から生ゴミを入れて使用していきます。

     

    発酵を早めるためには、米ぬかやぼかし、発酵剤をいれてかき混ぜます。中身が8割ほどになったらコンポスト容器を取り、ビニールシートを中身にかけて3ヶ月ほど熟成させれば完成です。

     

    土中タイプのコンポストはかき混ぜる手間が少なくて良いのが特徴です。大量に処理しやすいですが、庭や畑にスペースが必要です。

    密閉タイプ

    コンポストを密閉することで、酸素が必要のない嫌気性の微生物を利用したり、好気性の微生物でたい肥を作ります。ふたを閉めて使用するので、虫がわきにくく、屋内でも使いやすい特徴があります。ゴミを分解していくと、アルコールや酸が出るので独特の酸っぱい臭いがします。

     

    使い方は、新聞紙を敷いてぼかしをひとにぎり程度まきます。そして、生ゴミを投入したらよく混ぜて、中ふたを空気をぬきながら閉めます。その上から上ふたを閉めます。コンポストで発酵が進むと、発酵液ができるので水抜きコックから抜き取るようにします。

     

    発酵液は液肥として使えるので、1,000倍から2,000倍程度に薄めて使いましょう。コンポスト容器が満杯になったら1週間から2週間熟成させて完成です。たい肥を完熟させたい場合には、他の容器や地面などで、発酵を続けるようにします。

    ミミズコンポスト

    コンポストにミミズを入れて処理する方法です。ミミズに生ゴミや土を食べさせることで細かく分解していく方法で、ミミズが食べて糞をすることで、微生物が増え、たい肥を作ります。ミミズが動くことでコンポストの中身を撹拌してくれるので、臭いが少ない特徴があります。

     

    温度管理や雨がかからない場所に置くなど、管理が必要ですが、良質のたい肥を作ることができます。ココナッツ繊維などを敷き、その上におがくずとピートモスを混ぜ合わせて湿らせます。そこにミミズを投入し2日から3日待ちます。

     

    コンポストに生ゴミを入れ、その上から土をかぶせます。これを繰り返し行なって、3ヶ月ほどしたら、たい肥の完成です。

    処理できる量で選ぶ

    コンポストは生ゴミを処理できる量が決まっています。1日にでる生ゴミの量をあらかじめ確認しておいて、必要な量を処理できるコンポストを選ぶようにしましょう。処理できる量が多いほど、コンポストも大きくなるので、設置場所の確保なども同時に考える必要があります。

     

    また、たい肥がどれくらい必要なのかということも、考えておく必要があります。使用しないたい肥はそれ自体を置いておく場所が必要になります。必要なたい肥の量も考慮に入れバランスよく使用していけるようにしていきましょう。

     

    コンポストを2台置けるスペースがある場合は、完熟させるためのコンポストと生ゴミを処理するためのコンポストというふうに分けて使うと便利に使うことができ、なおかつたい肥を保存しておけます。

    使用する場所で選ぶ

    コンポストは屋外用のものが多いですが、中には室内で使えるものもあります。コンポストをどこに置けば使いやすいかで選びましょう。

    室内で使用する

    コンポストを室内に置くことで、料理をして出た生ゴミや食べ残しなどを、その場でコンポストに入れることができ、便利に使うことができます。室内にコンポストを置く場合、臭いや虫などが気になりますが、防臭対策がしっかりとしたモデルを選ぶことで対処できます。

     

    室内で使えるコンポストは、容量が少なく、処理できる量も限られてしまいます。生ゴミをすべてたい肥化するのではなく、ある程度割り切って必要な分だけ処理をするという考えで購入することが必要です。鉢植え用にたい肥が必要など、少ない量でも良いという方におすすめです。

    屋外で使用する

    コンポストを屋外に設置する場合、多くの種類の中から選ぶことができます。サイズも豊富にあり、敷地の大きさや設置場所のスペースによって選ぶようにしましょう。屋外用のものは、臭いがもれてしまうこともあるので、近隣の迷惑にならないように配慮する必要があります。

     

    屋外用のコンポストは、処理したい生ゴミの量や、使いたいたい肥の量、そして設置する場所の広さによってなど、さまざまな選び方ができますが、人目につく場所に設置する場合、デザイン性などにもこだわって選ぶことをおすすめします。

     

    また、容器の気密性が無い場合は、虫などが発生しやすいので、防虫ネットや薬品などで虫の対策をする必要があります。

    価格で選ぶ

    コンポストは電気を使わない土中タイプや密閉式であれば、低い価格で購入することができます。電気を使用して、自動撹拌するタイプなどは、初期費用がかかるだけでなく、電気代などのランニングコストがかかります。便利さはありますが、価格を重視する場合はおすすめできません。

     

    ただし、自治体によってはコンポストなど生ゴミ処理機に対して、助成金が受けられる場合もあり、安く購入できる可能性もあります。購入価格の半額まで助成金を得られるなど、自治体によっても異なるので、気になる場合はお住いの自治体に問い合わせしてみましょう。

    コンポストの人気ランキング10選

    第10位

    新輝合成

    ミラクルコンポ 200型

    価格:5,702円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    エコマーク認定製品

    環境保全に役立つ商品につけることができるエコマークを取得しているコンポストです。6人から10人分の生ゴミを処理することができ、たい肥を作ることができます。ふたはスライドロック式になっているので、開閉がしやすくしっかりと密閉することができます。

     

    レビューを参考にすると、大型コンポは便利、今まで生ゴミとして出してましたがこれからは、堆肥に還ると思うと楽しみ楽しみです、梅雨時に不可欠な品でありコスト的にも大満足ですという評価を見ることができます。

     

    2台のコンポストを使って、完熟たい肥を作りながら、もう一方で生ゴミの処理をする方法がおすすめです。

    種類土中タイプ容量200リットル
    設置場所屋外
    第9位

    三甲

    コンポスターD-70型

    価格:6,900円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ハエの発生を抑制

    ふたと本体には二重の壁があり、耐久性や耐水性に優れています。また、臭いがもれにくく水の侵入も抑えられています。土をコンポストの周りにしっかりとかけることで、生ゴミを密閉し、動物による食い散らかしなども予防することができます。

     

    生活防虫駆除剤バラコンポをふた裏につけられるようになっているので、生ゴミに触れることなく交換が簡単にできます。また、本体の内部にはハエの幼虫返し機構がついているので、ハエの発生を抑制することができます。

     

    シンプルな形状なので庭に設置しても主張せず、景観を損ねずに設置することができます。容量のある土中タイプのコンポストを探している方におすすめです。

    種類土中タイプ容量70リットル
    設置場所屋外
    第8位

    WORTH園芸

    堆肥コンポスター

    価格:9,980円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    250リットルの大容量

    250リットルの大容量をもつコンポストで、ふたが大きく生ゴミを入れやすく、出来上がったたい肥は下にある口から簡単に取り出すことができます。プラスチック製で紫外線で劣化しないように加工が施されているので、長く使っていくことができます。

     

    上下を分けることができ、ひとつは完熟用のコンポストとして使い、もう一つは処理用のコンポストとして使うことができます。上下で分けた場合、下のコンポストにはフタがなくなるので、ビニールシートなどでフタをつける必要があります。

     

    雑草や果実、生ゴミなどを大量に処理することができるので、大きいサイズのコンポストを求めている方におすすめです。

    種類密閉タイプ容量250リットル
    設置場所屋外
    第7位

    エコ・クリーン

    ル・カエル

    価格:6,804円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    400gのゴミを毎日分解

    カラフルなカラーのコンポスト本体は、補強リブ構造になっているので耐久性があり、通気穴が底についているので通気性を高めています。不織布製の巾着を使うので、取り出すことができ、メンテナンスを簡単にすることができます。

     

    レビューを参考にすると、容器ごと天日干しが出来巾着袋でマットの移動が楽で快適に使えています、私の環境にはこのシステムとてもしっくり来てとても気に入りました、一人分の生ごみならほぼ消費してくれるのでとても満足していますと高い評価が見られます。

     

    届いたその日から使える基本セットになっているので、コンポストをすぐに使いたいという方におすすめです。

    種類密閉タイプ(好気性)容量32リットル
    設置場所屋外
    第6位

    国華園

    ロータリーコンポスターダブル

    価格:13,111円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    回転式の大容量

    コンポストにゴミを入れて2日から3日程度の間隔で、5〜10回ほど回転させて使います。160リットルの大容量で、間仕切りを設置することで、80リットルの2つの部屋を作ることができます。たい肥を発酵させつつ、新しいゴミを処理することができるので便利に使えます。

     

    レビューを見てみると、回転をさせるには勢いをつければ難なく回転するので、これは攪拌にはとても便利ですと高い評価を見ることができます。

     

    作ったたい肥をコンポストから取り出す際は、開口部を下に回転させることで楽に取り出せ、周囲も汚さずに使うことができます。コンポストを熟成用と処理用の2つ用意しようと考えている方におすすめです。

    種類密閉タイプ容量160リットル
    設置場所屋外
    第5位

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

    エココンポスト IC-100

    価格:4,880円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    太陽光の熱を吸収する

    土に20cmほど埋めて使う土中タイプのコンポストです。黒い本体カラーによって、太陽光の熱を吸収して、コンポスト内の温度をあげることで、発酵スピードを促進します。防臭剤がセットされているので、臭い対策もすることができます。

     

    レビューを見てみると、計画的に設置運用すれば生ゴミ減量対策にも堆肥作りにもなる優れモノです、密封性がよくなる為外側からはほとんど臭いがしません、黒いので熱がこもりよく発酵してくれます、黒いので目立ちませんと高い評価を見ることができます。

     

    容量も大きいので、家庭菜園などでたい肥をよく使う方におすすめです。

    種類土中タイプ容量95リットル
    設置場所屋外
    第4位

    スターエンジニアリング株式会社

    バイオクリーン

    価格:95,498円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    長期間使える基材を採用

    アシドロ菌を使用したコンポストで、24時間以内に投入した生ゴミの85%を水や炭酸ガスに分解し、残りの15%は基材の一部にします。撹拌や温度湿度管理を自動ですることができ、処理が完了した場合節電モードに切り替わるなど省エネで使用していくことができます。

     

    レビューを参考にすると、設置も簡単でしたし生ごみもすぐ分解してくれますし非常に満足しております、追加の種も要らないし出来ている肥料を見るのが楽しみにもなっていると高い評価を得ています。

     

    屋外用のコンポストなので、軒下など屋根のある場所に設置する必要があります。5年以上基材を使用できるので、かかる費用は初期費用と電気代のみ。管理など自動で行うので、手間をかけずに生ゴミの処理をしたい方におすすめです。

    種類密閉タイプ容量
    設置場所屋外
    第3位

    グリーンパル

    EMエコペール

    価格:1,439円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    中身が見える

    コンポストを室内で使う時に求められる、臭いや虫の混入を防ぐ密閉性を持っています。見た目はシンプルですが、たい肥を作るための性能があり、価格も手に取りやすい価格なので、これからたい肥作りをはじめる方におすすめです。

     

    レビューを参考にすると、蓋が柔らかくて取り外しが楽です、使いやすい商品です、生ゴミの量が減ります、この生ごみ処理容器は半透明で中身が程よく見える、この低価格でとても扱いやすく当家の生ゴミ処理容器の主力として活躍してくれていますと高い評価が見られます。

    種類密閉タイプ容量18リットル
    設置場所室内
    第2位

    伸和(SHINWA)

    キッチンコンポスト

    価格:1,980円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    しっかりと密閉できる

    コンポストに生ゴミを入れてEM菌を入れてまぜるだけでたい肥化することができます。生ゴミを入れてからは、たまにガス抜きをしてあげるだけで、1週間から2週間で出来上がります。柔らかいフタを採用しているので、力を入れることなく開け閉めを簡単にすることができます。

     

    レビューを見てみると、2台体制での使用がおすすめです、キッチンコンポストはコンパクトで扱いやすいのでもう1台追加購入しました、家の中においていますが、密封しておけばにおわないです、臭いもほとんどもれず液も取り出しやすいですと高い評価を得ています。

     

    デザイン性も高く、キッチン周りに置いても邪魔にならないサイズなので、最初のコンポストとしても扱いやすくおすすめです。

    種類密閉タイプ容量19リットル
    設置場所室内
    第1位

    エコ・クリーン

    自然にカエル S

    価格:19,618円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ハンドルで撹拌する本格派

    1日の処理能力が700gと、三角コーナー1杯分の生ゴミを処理することができるコンポストです。水気を切った生ゴミを入れてハンドルを回してかき混ぜるだけで処理をすることができます。電気も使用しないので、ランニングコストをかけることなく使用することができます。

     

    レビューを参考にすると、食と生態系を連関させる幼児教育に生かせる優れものだと思いました、簡単で無駄のない商品、土の回転をさぼりがちでも(いる日はよく回してる)ちゃんと活動してくれてるし、苦手なものさえ入れないよう心掛ければエコだし家も清潔と高い評価を得ています。

     

    ワンタッチでふたをあけることができるなど、料理をしながら生ゴミを投入することができます。室内用のコンポストを求めている方におすすめです。

    種類密閉タイプ(好気性)容量30リットル
    設置場所室内

    コンポストのおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5050997の画像

      エコ・クリーン

    • 2
      アイテムID:5051002の画像

      伸和(SHINWA)

    • 3
      アイテムID:5051005の画像

      グリーンパル

    • 4
      アイテムID:5051018の画像

      スターエンジニアリング株式会社

    • 5
      アイテムID:5051027の画像

      アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

    • 6
      アイテムID:5051034の画像

      国華園

    • 7
      アイテムID:5051052の画像

      エコ・クリーン

    • 8
      アイテムID:5051081の画像

      WORTH園芸

    • 9
      アイテムID:5051084の画像

      三甲

    • 10
      アイテムID:5051090の画像

      新輝合成

    • 商品名
    • 自然にカエル S
    • キッチンコンポスト
    • EMエコペール
    • バイオクリーン
    • エココンポスト IC-100
    • ロータリーコンポスターダブル
    • ル・カエル
    • 堆肥コンポスター
    • コンポスターD-70型
    • ミラクルコンポ 200型
    • 特徴
    • ハンドルで撹拌する本格派
    • しっかりと密閉できる
    • 中身が見える
    • 長期間使える基材を採用
    • 太陽光の熱を吸収する
    • 回転式の大容量
    • 400gのゴミを毎日分解
    • 250リットルの大容量
    • ハエの発生を抑制
    • エコマーク認定製品
    • 価格
    • 19618円(税込)
    • 1980円(税込)
    • 1439円(税込)
    • 95498円(税込)
    • 4880円(税込)
    • 13111円(税込)
    • 6804円(税込)
    • 9980円(税込)
    • 6900円(税込)
    • 5702円(税込)
    • 種類
    • 密閉タイプ(好気性)
    • 密閉タイプ
    • 密閉タイプ
    • 密閉タイプ
    • 土中タイプ
    • 密閉タイプ
    • 密閉タイプ(好気性)
    • 密閉タイプ
    • 土中タイプ
    • 土中タイプ
    • 容量
    • 30リットル
    • 19リットル
    • 18リットル
    • 95リットル
    • 160リットル
    • 32リットル
    • 250リットル
    • 70リットル
    • 200リットル
    • 設置場所
    • 室内
    • 室内
    • 室内
    • 屋外
    • 屋外
    • 屋外
    • 屋外
    • 屋外
    • 屋外
    • 屋外

    まとめ

    ここまでコンポストの人気ランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。コンポストは捨てていた生ゴミを処理することで、捨てるゴミを減らせるだけでなく、たい肥として活用できます。コンポストを導入して地球にも家計にも優しい生活を営んでみてはいかがでしょうか。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

    TOPへ