記事ID138060のサムネイル画像

【工具を収納】人気のツールキャビネットおすすめランキング10選

今はDIYなども大変人気なため、家にたくさんの工具などがあるという人も多いのではないでしょうか。きちんと収納をすることで使いたいときに使いたい工具をサッと取り出せることができます。そんな工具を収納するためのツールキャビネットをご紹介していきます。

ツールキャビネットを使って工具をすっきり収納しよう

DIYなどの人気に伴い、女性でも男性でも気軽に工具を扱うことが多いですよね。それぞれの用途に応じた工具を使うことで、より自分の思い通りのものを作ることができます。DIYをしているときはもちろん、使っていないというときでもすっきりと工具を収納することは大切です。

 

そんな工具を収納するアイテムとしてツールキャビネットをおすすめします。たくさん工具を持っているという人は、ぜひツールキャビネットを使ってすっきりと工具を収納してくださいね。

 

今回は、おすすめのツールキャビネットをご紹介していきます。DIYが好きな人はぜひチェックしてみて、よりDIYを快適に行えるようにしてくださいね。

ツールキャビネットの選び方

ツールキャビネットは、どういった特徴で選ぶべきなのか、そのポイントをご紹介していきます。より多くの工具を収納したいという人はぜひチェックしてみてくださいね。

キャスターの有無

キャスターが付いていることで、ツールキャビネットを動かすことができます。また、同じ場所で工具を使用するという人は、ツールキャビネットを動かす必要はありません。キャスターが付いているかどうかというのもツールキャビネットを選ぶポイントです。

キャスターが付いている

キャスターが付いているタイプのツールキャビネットは、移動することができるのが最大の利点です。様々な場所で工具を使いたいという人や、より自分の近くでツールキャビネットを使用したいという人におすすめです。

 

キャスターを動かすことができる重さの中で使うことが求められるため重さのある工具をたくさん収納しては、キャスターを動かすことができません。キャスター付きのツールキャビネットを選ぶ人は、中に入れる工具の重さにも注意してくださいね。

 

大きさも、キャスターなしのツールキャビネットに比べて小さくなってしまうのも特徴です。収納したい工具の量に合させてツールキャビネットを選ぶことが大切です。

キャスターが付いていない

ネジなどの小さな部品を細かく分類したいという人は、キャスターが付いていなくて引き出しがたくさんついているツールキャビネットを使用することをおすすめします。

 

キャスターが付いているタイプのツールキャビネットよりもサイズは小さいため、机の上に置いて使用することで、簡単にその時に必要な部品を取り出すことができます。細かな部品はつい混ざってしまったりしますよね。そんな部品の収納におすすめです。

オープンタイプか引き出しタイプか

ツールキャビネットの中には、気軽に取り出すことができるオープンなワゴンタイプの商品もあれば、引き出しの中に収納することで中の工具が見えないタイプの商品もあります。好みに合わせて選んでくださいね。

オープンタイプ

全ての工具を見渡せるオープンタイプのツールキャビネットは、引き出しを開け閉めする作業をすることなくサッと工具を取り出すことができるのが魅力的な点です。

 

オープンタイプのため、どこに何の工具があるのかをすぐに把握ができるのも嬉しいポイントです。足りなくなった工具の補充なども簡単に簡単に行うことができます。一目でわかるように工具を収納したいという人はぜひオープンタイプのツールキャビネットを使ってください。

 

工具が外に見える状態になっているため、誰でも簡単に工具を取り出すことができます。大切で高価な工具などは盗難の被害にあう可能性もありますので、外に出す工具とそうでない工具を分けることをおすすめします。

引き出しタイプ

ツールキャビネットの中に工具を収納して、完全に工具を見えない状態にできるのが引き出しタイプのツールキャビネットです。すっきりとして見た目にこだわって工具を収納したいという人はぜひ引き出しタイプのツールキャビネットを使ってみてくださいね。

 

一目にどんな工具があるかが分からないため、誰でも簡単に工具を持ち出すことが難しいのも特徴です。自分だけで工具を使うという人にもおすすめのタイプです。

 

しかし、収納場所が多いツールキャビネットは、どこにどういった工具を収納したか分からなくなるということもあります。サッと工具を取り出すためにどこにどの工具を収納したかをしっかりと把握するようにしましょう。

カラーで選ぶ

ツールキャビネットで使われている主な色は、赤、黒、シルバーの3種類です。どの色の商品を選ぶかも、ツールキャビネットを選ぶ楽しさの1つですよね。ぜひ自分の好きな色を選んでくださいね。

黒色のツールキャビネット

様々な色が発売されているツールキャビネットですが、その中でも誰でも使いやすいのが黒色のツールキャビネットです。男性でも女性でも選びやすい色で数多くのツールキャビネットが発売されています。

 

また、黒はその場にもなじんでくれるのも特徴です。ツールキャビネットを目立させずに保管したいという人は、ぜひ黒のツールキャビネットを選んでみてはいかがでしょうか。重厚な雰囲気を作り出すこともでき、おしゃれに工具を収納することができます。

赤色のツールキャビネット

はっきりとした色合いであることが多い赤色のツールキャビネットはどのような場所においてもすぐに見つけることができるのが特徴です。DIYなどをする場所は広さが必要で、大きな木など、様々な材料がおいてあり雑多な場所となってしまうことも多いですよね。

 

必要な工具が収納してあるツールキャビネットがどこにあるかを誰でも分かりやすくするために、はっきりと目立つ色である赤色を選んでみてはいかがでしょうか。どこに置いていてもすぐに見つけることができます。

 

赤色のツールキャビネットはデザイン性も高いため、可愛らしいツールキャビネットが欲しいという人にもおすすめのカラーです。

 

シルバーのツールキャビネット

シンプルな色合いが魅力のシルバーは、黒色と同様誰でも使いやすい色合いのため、ツールキャビネットを初めて選ぶという人にもおすすめしたいカラーです。

 

光沢のあるシルバーは、おしゃれかつシンプルに工具を収納することができます。おしゃれですが主張しすぎることがないため、周りの雰囲気を邪魔することなく置いておくことができるのもおすすめしたいポイントです。

 

色にこだわりがないという人でも気軽に手に取ることができるカラーのため、ぜひシルバーのツールキャビネット使ってみてくださいね。

特徴で選ぶ

ツールキャビネットは商品によって、様々な特徴があります。自分が求めている特徴を持つツールキャビネットを使うことによって、より使いやすいツールキャビネットとなりますので、商品ごとの特徴にも注目してください。

鍵がついている

引き出しタイプのツールキャビネットは、鍵がついている商品も多いです。特に自分が大切にしたい工具などは鍵付きの引き出しに入れることで安心して工具を守ることができます。

 

工具の中には、なかなか手に入れることができないアイテムや、高価なアイテムも多いですよね。そういった工具をしっかりとツールキャビネットに収納しつつ安全に収納するためにも鍵付きのツールキャビネットをおすすめします。

 

ツールキャビネットを置く場所によっても、鍵付きのツールキャビネットを選んだ方がいいのか鍵付きでなくてもいいのか選ぶツールキャビネットが違ってきます。自分の持っている工具や置き場所も踏まえて選んでくださいね。

引き出しの数

引き出しタイプのツールキャビネットは、商品によっていくつ引き出しがあるのか異なってきます。収納したい工具の量でも引き出しの数は異なってきますので、ツールキャビネットを選ぶ前に収納したい工具をチェックしてくださいね。

 

また、収納する工具の量だけではなく、どれだけ細かく収納したいかでも引き出しの数は決まってきます。工具は使用用途や種類によって細かく分類されますよね。多くの種類がある工具を分けて収納したいという人は、引き出しの数が多いツールキャビネットをおすすめします。

 

引き出しの数が多くなればなるほど細かく収納することができます。しかし、どの工具をどの引き出しに収納をしたか分かりづらくなってしまうので、工具の把握をすることが大切です。

ツールキャビネットのおすすめランキング10選

いくつかツールキャビネットを選ぶときに大切なポイントをご紹介してきました。このポイントを踏まえたうえで自分の使用目的や好みに合わせたツールキャビネットを選んでくださいね。ここからは実際の商品をご紹介していきます。

第10位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

PC-30

価格:1,381円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かな工具の分類におすすめ

ネジなどの小さな工具を細かく分類したいという人におすすめのツールキャビネットです。好きなように工具を分類して収納することができるのが魅力的です。小型のツールキャビネットのため、机の上などに置いて使用するのをおすすめします。

 

また、引き出しタイプではありますが、引き出しが透明になっているため中に何が入っているかが外から見てわかるのも嬉しいポイントですよね。細かく分類した工具がすぐにどこに何があるかが把握できます。

 

キャスターが付いていないタイプのため、置き場所を決めて使用します。置きたい場所がこのツールキャビネットの大きさがはまるかどうかをしっかりとチェックしてくださいね。

サイズ20×13×30mm重量1.09kg
キャスタータイプ引き出し
第9位

ITC

toolchest2830inch

価格:99,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水に強いステンレス製

水に強くさびにくいステンレス製のツールキャビネットのため、水を扱う場所でも使用することができるのが特徴です。シンプルかつおしゃれな空間を演出できるステンレスのツールキャビネットです。

 

上部の天板部分が木製のため、置いておくだけでおしゃれでデザイン性にも優れています。デザイン性にもこだわってナチュラルな雰囲気のあるツールキャビネットが欲しいという人におすすめの商品です。

サイズ910×487×955mm重量65kg
キャスタータイプ引き出し
第8位

京都機械工具(KTC)

SKX3805BK

価格:55,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツーウェイロックのキャスターで自在に動かせる

キャスターの回転だけでなく、台座の回転も自在に行うことができる移動が楽に行えるツールキャビネットです。そして、キャスターの回転と台座の回転を両方ロックすることで、止めたいときにしっかりと止めることができます。

 

ツールキャビネットにおいて大切なのが強度です。重い工具を入れるため、丈夫なツールキャビネットであることが重要なポイントです。このツールキャビネットは天板から底面迄支柱を通すことでより強度を上げています。

 

壊れることを心配することなく安心して使用することができるツールキャビネットです。たくさんの工具を入れたいという人におすすめです。今回ご紹介した黒だけでなく豊富なカラーバリエーションがあるのも魅力です。

サイズ680×460×975mm重量65kg
キャスタータイプ引き出し
第7位

SIS

XTB407

価格:21,288円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

7段の引き出しでたっぷり収納

深さの違う引き出しが7段ついていることにより、たくさんの大きさ違いの工具を収納することができます。収納力に優れたツールキャビネットのため、たくさん収納できる商品をお探しの人におすすめです。

 

移動させるときに使用するハンドル部分が大きくて握りやすいため重いツールキャビネットでも簡単に移動させることができます。キャスターも12cmと大きめのため安定感があるのも魅力的なポイントです。

サイズ690×460×880mm重量40kg
キャスタータイプ引き出し
第6位

toolsisland(ツールズアイランド)

ローラーキャビネット

価格:29,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

側面にも収納可能

7段の引き出しがついているため大容量タイプのツールキャビネットです。引き出しだけではなく側面にも扉があり縦に収納したい工具をすっきりと収納することができます。引き出しだけでなくあらゆる方法で収納することができます。

 

一番上の天板部分は細かい部品も収納できる分類トレーがついているため、ネジなどの細かいアイテムもすっきりと収納することができます。これから使う工具を出しておく一時保管場所としても使用することができます。

 

様々な大きさの工具を1つのツールキャビネットに収めたいという人はぜひこちらの大容量のツールキャビネットを使用してみてはいかがでしょうか。

サイズ767×893×462mm重量57kg
キャスタータイプ引き出し
第5位

トラスコ中山(TRUSCO)

TWR4

価格:11,895円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

深さのあるトレイが特徴

トレイの部分が深さがあるため、工具を置いていてもトレイから落ちる心配がありません。工具は重くて硬いアイテムが多いため、安全に保管できることはとても大切なポイントです。深いトレイで安全に工具を保管することができます。

 

トレイの位置を移動させることができるため、好きな高さの工具を収納することができます。高さのある工具が入らないということがないためよりストレスなくすっきりと工具が収納できるのが魅力的です。

 

 

サイズ586×320×833mm重量11kg
キャスタータイプオープン
第4位

トネ(TONE)

WS207S

価格:65,443円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

引き出しロック付き

シルバーでシンプルかつスタイリッシュなデザインが魅力のツールキャビネットです。引き出しタイプでボールペアリング式ダブルレールを使用しているためスムーズで安定感のある使い心地が魅力です。

 

引き出し部分にロック機能が付いているため、勝手に引き出しが動くということもなくより安全性を高めたツールキャビネットとなっています。鍵付きの引き出しもあるためより大切な工具を収納することができます。

 

安全性にも、防犯性にも優れたツールキャビネットのため、高価な工具を収納したいという人にもおすすめの商品です。

サイズ676×459×995mm重量63.5kg
キャスタータイプ引き出し
第3位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

HDW-3H

価格:7,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこでも気軽に移動できる

ツールキャビネット自体が軽いため、重い工具を入れても簡単に移動ができるのが特徴のツールキャビネットです。収納スペースが3段に分かれているため、そんなに細かく工具を収納することがないという人にもおすすめです。

 

オープンタイプのツールキャビネットのため、誰でも気軽に工具を取り出すことができるだけでなく、一目でどんな工具がどこにあるのかを把握できるのも魅力です。ネジなどを入れておける小さな収納スペースがあるのも嬉しいポイントです。

 

収納スペースにはスポンジシートがついているため、工具やツールキャビネットを傷つけることなく、また工具を置いたときに大きな音を立てることなく収納することができるのも魅力的です。

サイズ650×410×975mm重量5.96kg
キャスタータイプオープン
第2位

京都機械工具(KTC)

SKX2614

価格:37,001円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かい工具も大きな工具も一緒に収納

引き出しと1段のオープンスペースがあるため、大きな工具も小さな工具も一緒に収納することができるツールキャビネットです。自分の好みによって様々な使い方ができるため一気に工具をすっきりと収納することができます。

 

引き出しタイプは入れることができる工具の大きさが決まってきて、大きくて厚みのある工具は収納することができません。反対に、オープンタイプのツールキャビネットだとネジなどを収納するのが難しいこともあります。

 

引き出しタイプとオープンタイプのどちらの機能も備えていることでより様々な種類の工具を1つのツールキャビネットの中に収納することができます。

サイズ775×515×880mm重量48kg
キャスタータイプ引き出し・オープン
第1位

イーバリュー(E-Value)

ETR108R

価格:12,312円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスが高い

低価格でもしっかりと工具を収納することができ、丈夫なツールキャビネットであるためコストパフォーマンスが高いと人気のツールキャビネットです。価格にもこだわってツールキャビネットを選びたいという人はぜひチェックしてくださいね。

 

引き出しタイプですっきりと収納することができるのも特徴で、引き出し部分にはベアリングレールが使われているため引き出しの開閉がスムーズを行うことができます。重い工具を入れているためスムーズな引き出しの開閉はとても大切です。

 

鮮やかな赤色のため、どこに置いていたとしても、誰が見てもすぐにツールキャビネットを見つけることができるのも特徴です。

サイズ620×330×1070mm重量27.5kg
キャスタータイプ引き出し

おすすめのツールキャビネット商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5047276の画像

    イーバリュー(E-Value)

  • 2
    アイテムID:5047350の画像

    京都機械工具(KTC)

  • 3
    アイテムID:5047286の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 4
    アイテムID:5047360の画像

    トネ(TONE)

  • 5
    アイテムID:5047352の画像

    トラスコ中山(TRUSCO)

  • 6
    アイテムID:5047367の画像

    toolsisland(ツールズアイランド)

  • 7
    アイテムID:5047365の画像

    SIS

  • 8
    アイテムID:5047295の画像

    京都機械工具(KTC)

  • 9
    アイテムID:5047366の画像

    ITC

  • 10
    アイテムID:5047364の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • ETR108R
  • SKX2614
  • HDW-3H
  • WS207S
  • TWR4
  • ローラーキャビネット
  • XTB407
  • SKX3805BK
  • toolchest2830inch
  • PC-30
  • 特徴
  • コストパフォーマンスが高い
  • 細かい工具も大きな工具も一緒に収納
  • どこでも気軽に移動できる
  • 引き出しロック付き
  • 深さのあるトレイが特徴
  • 側面にも収納可能
  • 7段の引き出しでたっぷり収納
  • ツーウェイロックのキャスターで自在に動かせる
  • 水に強いステンレス製
  • 細かな工具の分類におすすめ
  • 価格
  • 12312円(税込)
  • 37001円(税込)
  • 7180円(税込)
  • 65443円(税込)
  • 11895円(税込)
  • 29990円(税込)
  • 21288円(税込)
  • 55000円(税込)
  • 99980円(税込)
  • 1381円(税込)
  • サイズ
  • 620×330×1070mm
  • 775×515×880mm
  • 650×410×975mm
  • 676×459×995mm
  • 586×320×833mm
  • 767×893×462mm
  • 690×460×880mm
  • 680×460×975mm
  • 910×487×955mm
  • 20×13×30mm
  • 重量
  • 27.5kg
  • 48kg
  • 5.96kg
  • 63.5kg
  • 11kg
  • 57kg
  • 40kg
  • 65kg
  • 65kg
  • 1.09kg
  • キャスター
  • タイプ
  • 引き出し
  • 引き出し・オープン
  • オープン
  • 引き出し
  • オープン
  • 引き出し
  • 引き出し
  • 引き出し
  • 引き出し
  • 引き出し

まとめ

おすすめのツールキャビネットをご紹介してきました。よりこだわってDIYなどをしようとすると、工具はどんどん増えていってしまいますよね。すっきりと工具を収納してストレスなくDIYを楽しんでくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ