記事ID138055のサムネイル画像

【使いやすいのはどれ?】ケガキ針の人気商品おすすめランキング10選

金属など硬い材料の表面に、加工時の目印をマーキングできる工具がケガキ針です。ケガキ針は様々な工具メーカーから多種多様な商品が販売されていますが、今回はケガキ針を選ぶ際のポイントをチェックするとともに、おすすめの商品をランキング形式でご紹介したいと思います。

硬い材料にもしっかり目印が付けられるケガキ針

工作物を加工するときに、要求される寸法や穴を開ける位置などを材料に書き入れることができる工具がケガキ針です。ケガキ針の先端は針状に鋭く尖っており、金属などの表面を削ってケガキ線を引くことで材料を加工する際の目印を書き入れることができます。

 

金属などの加工面には鉛筆やチョークなどでうまく線を引くことができず、加工中に触れてしまうと消えてしまいますが、材料の表面を傷つけて引かれたケガキ線であれば消えることがなく、工作物の加工をスムーズに行うことができます。

 

また、材料に細く鋭い線を引くことができるケガキ針の用途はそのほかにも多彩です。大工用具メーカーや測定機器メーカーを中心として数多くのケガキ工具が販売されていますが、ケガキ針だけでも様々な種類の商品が販売されています。工作物の正確な加工を行うためにも、それぞれの商品の特徴を知っておきたいところです。

ケガキ針の選び方

ケガキ針の形状やスペック、機能などの違いはケガキ針の使い勝手に大きな差異が出る部分です。ケガキ針は用途に応じて多種多様な商品が販売されていますので、ケガキ針の主な種類や様々な商品の特徴などを挙げながら、ケガキ針を選ぶ際のポイントを見ていきたいと思います。

形状で選ぶ

ケガキ針には様々な形状の商品がありますが、形状によって想定される用途も違ってきます。また、ケガキ線を引く前の材料表面の処理などにも使える形状になっている商品もあります。ケガキ針をどのような場面で使用するかを想定して、ご自身にとって使い勝手が良さそうなケガキ針を選んでください。

ペンシル型

コンパクトなサイズで扱いやすいのがペンシル型のケガキ針です。鉛筆のように持って使うことができるので、複雑なケガキ線や精密なケガキ線を引くのに適しています。派生タイプとしてシャープペンシル状などのケガキ針もあり、針先の収納や交換などが可能となっている商品もあります。

K型

両方の先端が尖っている両針型のケガキ針で、裏ケガキとも呼ばれています。一方の先端は直針状になっており、もう一方の先端(逆端)は折れ曲がった曲針状になっています。折れ曲がっている方の針先は、材料の側面や底面、裏側などのケガキ作業をする際にも安定した角度で使うことができます。

N型

一方の先端が直針状のケガキ針となっており、もう一方の先端(逆端)がバチのように平らな形状になっているケガキ針です。バチケガキとも呼ばれており、直針状の先端をケガキ作業に使えるほか、平らなバチ部分をスクレーパーのように使用することができます

 

バチ部分の主な用途としては、ケガキを行う金属面のサビ落しやスケール(水垢)の除去に使用できるほか、ケガキ線が見えやすいように塗布される青ニスや塗料の除去に使用することが可能です。そのほかにも、シール剥がしなどの用途にも使われます。

その他の形状

そのほかのケガキ針の形状としては針に柄の部分を付けた千枚通し型のケガキ針や、精密ドライバー型のケガキ針などがあります。また、本体そのものが直針状の針になっているシンプルな形状のケガキ針もあります。

仕様や機能で選ぶ

ケガキ針の材質としては鋼を使用しているものが一般的ですが、そのほかにも針部分の先端に硬いチップを取り付けて強度を上げたケガキ針も多く見られるようになりました。また、用途に応じて針先を交換することが可能なケガキ針や、持ち運びなどの利便性も考えられたケガキ針もあります。

焼入れ加工

鋼で出来ている針の先端部分を丈夫にするための熱処理が施されているケガキ針です。組織構造が変化する変態点以上の温度まで上昇させた鋼を急激に冷却することを「焼入れ」と呼び、鋼をより硬くすることができます。先端が摩耗した時は、研ぎ直しをすることも可能です。

先端チップ付

針の先端部分に硬度の高いチップが取り付けられていているケガキ針です。ペンシル型のケガキ針に多く採用されており、針の交換が可能な商品も多く見られます。先端チップの材質としては、タングステンスチールなどの超硬合金が使用されるほか、ダイヤモンドチップを使ったケガキ針も販売されています。

 

硬い鋼材などの表面に線を引くケガキ針はどうしても先端が摩耗してしまいますが、先端チップの付いたケガキ針であれば焼入れ加工がされたケガキ針よりも耐久性に優れていますダイヤモンドチップを使ったケガキ針は価格も相応に高くなってしまうので、一般的な用途の場合は超硬合金チップのケガキ針でも十分と言えます。

針の収納

コンパクトなペンシル型のケガキ針を中心によく見られるのが針を本体の中に収納できる機能です。シャープペンシルのようにノック式で針を出し入れできるケガキ針や、本体を回転させることで針を収納できるケガキ針などがありますが、持ち運びの際に針先を傷めることがなく、携帯するのにも便利な機能と言えます。

用途で選ぶ

ケガキ針は、タフユースに耐える丈夫なものから精細な加工に対応するものまで幅広い商品が販売されています。硬い材料の表面にも細い線が引けるケガキ針は多彩な用途に対応できるので、ケガキ針を使って螺鈿細工など工芸品の製作を行う人や、模型製作などのホビー用途として使う人もいるようです。

プロユースに

ケガキ針の主な用途としては、建築における板金工具鉄工関係の工場における測定用具などに用いられるのが一般的ですが、対象とする材料の大きさや厚さに合わせて様々な商品が販売されています。金属製のボディを採用したケガキ針であれば、ハードな環境での使用にも耐えてくれそうです。

 

また、ケガキ針を取り扱うメーカーはそのほかにも様々な機械器具も取り扱っているので、ゲージなどの測定工具とセットになって販売されているケガキ針もあります。用途によってはセット商品を購入するのもお買い得かもしれません。 

模型用に

より精密なケガキ作業に対応可能な模型専用のケガキ針も販売されています。工具メーカからも精密ケガキ針は販売されていますが、模型専用工具を取り扱うメーカー製のケガキ針であれば模型のスジ彫り作業などに最適な針先サイズになっています。

 

主な用途としては、プラモデル部品パーティングラインなどを除去した際に消えてしまうスジ彫りのモールドを再生させるために使われますが、模型用のテンプレートと合わせて使えば、細かな個所の曲線や円などのかたちを彫り込むことも容易に行うことができます。

 

また、そのほかにもピンバイスで穴開けする箇所のアタリ取りなどにも使うことが可能です。適用素材としてはプラスチックやレジン樹脂が主なものとなりますが、金属素材であっても薄いアルミ板や真鍮板などであればケガキが行える程度の強度は備えています。

替え芯

ケガキ針の針先は使用しているうちにどうしても摩耗してしまいますが、ペンシル型のケガキ針を中心に針先が交換可能になっているケガキ針も販売されています。また、数種類のサイズの針と互換性を持っている商品もあるので、本体を1つ持っていれば用途に応じて針の太さを替えて使うことも可能です。

 

針先が交換可能なケガキ針であれば使用コストを抑えることができますが、より一層コストを抑えて使用したい場合は、ケガキ針の替え芯だけを買ってシャープペンシルなどに入れて使う人もいるようです。推奨されている使用方法ではないため、もちろん使い勝手は保証されません

ケガキ針のおすすめランキング10選

第10位

エンジニア(ENGINEER)

ケガキ針 ウラ型 TZ-05

価格:415円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルでリーズナブルなウラ型

工具メーカーとしてプロフェッショナル向け商品を数多く手掛けるエンジニア製のケガキ針です。全長は220mm、重さは30g。形状はK型となっており、主な適用素材としては真鍮などのケガキ作業に対応可能です。

 

先端は両針式となっており、一方は材料側面のケガキ作業に便利に使えそうなウラ型の曲針形状。もう一方は直針となっています。針先は焼入れ加工がされており、握りには滑り止めの加工が施されます。とてもシンプルな商品でお求めやすい価格もうれしいポイントです。

 

使用する上での難点としては、本体にメッキ加工などの表面処理が施されていないため、防錆性には若干問題があるところ。長く使いたいという人は、防錆用のオイルなどを使ってメンテナンスをすることをおすすめします。

全長220mm全幅
重さ30g針サイズ
材質
第9位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

ケガキ針 D 74444

価格:338円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドライバー形状のコンパクトなケガキ針

測定工具の製造・販売を数多く取り扱っているシンワ測定製のケガキ針です。軸形状は手に持ちやすいドライバー型となっています。本体の材質には真鍮を使用。針先の材質にはタングステンスチールを使用しており、摩耗したら新しい替え針に取り換えが可能です。

 

全長は128mmと手のひらに収まるほどのコンパクトサイズで 工具箱の中でも邪魔になりません。用途としては鉄など一般鋼材をはじめ、プラスチック類や木材などの表面のケガキ作業に適しているのはもちろん、陶磁器など様々な素材のケガキ作業に対応可能です。

 

また、とてもリーズナブルな価格で販売されているというのも嬉しいポイント。ほかにスペアの替え芯とセットになった商品も用意されています。多種多様な用途で活躍してくれそうなので、コストパフォーマンスの高いおすすめ商品と言えそうです。

全長128mm全幅10mm
重さ31g針サイズ3.5mm
材質本体:真鍮、針先:タングステンスチール
第8位

ハセガワ

モデリングスクライバー けがき針 (TT1)

価格:1,046円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かな個所のスジ彫りにも使用可能

老舗プラモデルメーカーのハセガワ製の模型専用ケガキ針です。ハセガワはプラモデル以外にも模型用ツールも数多く取り扱っており、プラモデルメーカーならではの精密な作業に対応する様々な工具をラインアップに揃えています。

 

プラモデル部品のゲート処理やパーティングライン消しを行うと、表面モールドまで消えてしまいますが、模型専用のケガキ針を使用すれば精細なモールドを再生させることが可能です。また、プラ板を切り出したり穴開け箇所の目印を付けるのにも使用できます。

 

そのほかにもハセガワからは模型用テンプレートも販売されているので、模型専用ケガキ針と併用すれば細かな個所の直線や曲線もシャープにスジ彫り線を掘ることができます。模型メーカーの専用ツールを揃えておけば、レベルの高い作品作りに役立ってくれそうです。

全長全幅
重さ35g針サイズ
材質
第7位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

ケガキ針 六角型 A 78638

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超硬チップ付きのシンプルなケガキ針

測定工具など精密機械器具の製造・販売を手掛けるシンワ測定製のケガキ針です。全長156mm、重さは34gで、軸形状は手に馴染みやすい六角型となっています。本体材質には鉄を使用しており、針先には硬度を高める超硬チップが取り付けられています。

 

主な用途としては鉄などの一般鋼材のケガキ作業をはじめ、プラスチック類や木材などの表面のケガキ作業に適しているのはもちろん、陶磁器のケガキ作業にも対応可能。鋭利で丈夫な先端部分は多様な材料に対応可能となっています。

 

また、リーズナブルな価格で販売されているというのも嬉しいポイント。これ1本を持ってさえいれば、多種多様な用途で活躍してくれるのではないでしょうか。高いコストパフォーマンスが期待できそうなシンプルなケガキ針です。

全長155mm全幅6mm
重さ36g針サイズ
材質本体:鉄、針先:超硬チップ
第6位

シンワ測定(Shinwa Sokutei)

ケガキ針 ペンシル型 C 78654

価格:745円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びに便利で多用途に対応可能

測定工具などの製造・販売を手掛けるシンワ測定製のケガキ針です。全長は140mm、製品質量は12gコンパクトなサイズで、使いやすいペンシル型のケガキ針となっています。また、取り換えが可能な替え芯式となっているのも扱いやすそうなポイントです。

 

針先には硬度1700HVの超硬チップが取り付けられており、主な用途としては鉄などの一般鋼材のケガキ作業をはじめ、プラスチック類や木材、陶磁器などのケガキ作業に対応可能。鋭利で丈夫な先端部分により様々な材料の位置出しに使用することができます。

 

針先は本体の中に収納することができるので持ち運びや携帯にも便利そうです。針のサイズは2mmで、もちろん替え芯の販売もされています。誰にでも扱いやすく様々な用途に対応可能なコストパフォーマンスの高いケガキ針なので、おすすめしたい商品です。

全長140mm全幅8mm
重さ約 12g針サイズ2mm
材質先端部:超硬チップ、本体:ABS樹脂
第5位

新潟精機(Niigataseiki)

SK 精密ケガキ針 SC-P10

価格:691円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3サイズの針が選べる精密なケガキ針

数多くの測定工具を取り扱う新潟精機製のケガキ針です。形状は手に持ちやすく使いやすいペンシルタイプで、本体全長は145mmとコンパクト。針先端部分は超硬チップ付きとなっており、針サイズは1.0mmのほかに0.5mmと2.0mmの商品も選ぶことができます。

 

用途としてはアルミやステンレスなど一般鋼材のケガキ作業をはじめ、ガラスや焼入品などのケガキ作業やマーキング作業にも対応します。本体の中に針先が収納できないのがやや不便なところですが、針先が摩耗したら新しい替え芯に交換することが可能です。

 

替え芯サイズも0.5mmから2.0mmまで3種類が用意されており、本体と替え芯には互換性があるので用途に応じて針先を交換して使用することもできます。1本持っていれば、精密なケガキ作業を中心として様々な用途で活躍してくれそうです。

全長145mm全幅13mm
重さ9g(本体重量)針サイズ1.0mm
材質
第4位

ミネシマ(Mineshima)

TM-24 精密ケガキ針

価格:790円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

模型用の精密なケガキ作業が可能

模型用工具を中心にホビー関連商品を数多く手掛けるミネシマ製のケガキ針です。用途としてはプラモデルなど模型のケガキ作業が中心となりますが、針先が丈夫なのでプラスチック以外にもアルミ板やステンレス版、真鍮板などのケガキ作業にも使えそうです。

 

プラモデルを製作する際にゲート処理やパーティングライン消しを行うと、繊細なモールドまで消えてしまいますが、細芯仕上げ模型専用ケガキ針ならばモールドを再生させることが可能です。ほかにもフィギュアモデルの筋彫りなど様々な場面で活躍が期待できます。 

 

また、針先は摩耗したら取り換えが可能な交換式となっており、専用の替え芯も販売されています。工具メーカー製のケガキ針でもペンシル型であれば模型製作に使えないこともないでしょうが、やはり模型製作には専門メーカー製のケガキ針の使用をおすすめします。

全長全幅
重さ36.3g(発送重量)針サイズ
材質針部:S80C(鋼)
第3位

角利産業(Kakuri Sangyo)

平ケガキ針

価格:484円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サビ落しなどに便利なバチ付き

大工道具や作業工具の製造販売を手掛ける角利産業(KAKURI) の平ケガキ針です。両針式となっている一方の先端部分は直針状のケガキ針となっており、鉄やアルミなどの金属面のケガキ作業用に使用することができます。

 

また、もう一方の先端は平らなバチ状となっているので、金属面のサビ落しに使用できるほか、水垢の除去などの用途にも効果的に使用することが可能です。薄くて丈夫なので、重ね置きされた金属板の中から一枚だけを取り出すのにも便利に使えるのではないでしょうか。

 

材質には強度に優れた炭素鋼(45C)を使用。先端部分には硬度を高めるための焼入れ処理が施されています。シンプルなケガキ針ですが、大工道具メーカーならではのしっかりとした作りとなっているなので一本持っていれば長期にわたって使用することができそうです。

全長182mm全幅
重さ30g針サイズ
材質炭素鋼(45C)
第2位

新潟精機(Niigataseiki)

SK 超硬チップ付ペンシルケガキ針

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超硬チップ付きのペンシルタイプ

数多くの測定工具などを製造・販売している新潟精機製のケガキ針です。本体全長は146mm。形状は使いやすいペンシルタイプで、芯が収納できるノックタイプを採用しているので、持ち運びしやすく携帯にも便利です。

 

針の先端は超硬チップ付き。用途としてはアルミやステンレスのケガキ作業をはじめ、焼入品やガラスなどのケガキ作業にも対応します。針先が細いので螺鈿細工などの細かな作業にも使えるのではないでしょうか。もちろん、針先は摩耗したら交換することが可能です。

 

このほかにも新潟精機では様々な測定工具をラインアップしていますが、デジタルゲージとセットになった商品も販売されています。先端超硬チップ付のペンシルケガキ針と合わせて使用すれば、高精度なケガキ作業を可能にしてくれるのではないでしょうか。

全長146mm全幅13mm
重さ19g(本体重量)針サイズ2mm
材質
第1位

新潟精機(Niigataseiki)

SK ケガキ針 並Kバラ

価格:483円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

両針式で丈夫なケガキ針

測定工具やDIY製品などの製造・販売を数多く手掛ける新潟精機製のケガキ針です。本体形状は両端が尖ったK型で、全長は240mm。一方の先端は直針形状で、もう一方は曲針形状となっているので、材料の側面箇所のケガキなどにも便利に使うことができそうです。

 

本体材質は針部に機械構造用炭素鋼を使用。先端硬度はHRC55~60となっており、表面にはニッケルメッキ処理が施されます。用途としては一般鋼材やプラスチックなどの素材に対応しており、ケガキ作業やマーキング作業に使うことができます。

 

また、グリップ部分にはプラスチックを使用しており、手に馴染みやすい膨らみを持った形状となっています。サイズ的には少々大柄ですが、丈夫なのでタフに使うことができそうなケガキ針です。

全長240mm全幅35mm
重さ45g針サイズ
材質針部:機械構造用炭素鋼、グリップ部:プラスチック

まとめ

今回はケガキ針を選ぶ際のポイントを説明するとともに、おすすめの商品をランキング形式で紹介しましたが、いかがだったでしょうか。ケガキ針は様々なメーカーから多種多様な商品が販売されています。ご自身の用途を考えて最適な商品を選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ