記事ID138046のサムネイル画像

【本格コーヒーを自宅で】人気コーヒーケトルおすすめランキング10選

コーヒーケトルは自宅などで美味しいハンドドリップコーヒーを淹れるのに欠かせないアイテムです。素材や注ぎ口、形の異なるたくさんの商品が販売されていますが、ご自身に合ったコーヒーケトルを選ぶためのポイントとおすすめ商品10選をご紹介していきたいと思います。

コーヒーケトルを使って本格コーヒーを淹れよう

コーヒーケトルとは一般的なやかんとは違い注ぎ口が細くなっているので一定量ずつお湯を注ぐことができる器具で、美味しいコーヒーを淹れるために欠かせないアイテムです。喫茶店やカフェなどでバリスタが使用しているのを見たことのある方も多いのではないでしょうか。

 

美味しいコーヒーを淹れるためには少量ずつのお湯をゆっくりと注いでいく必要があります。やかんやポットから淹れるとお湯の量が多すぎたり勢いがありすぎてしまうので、コーヒーにこだわりがある方や美味しいコーヒーを飲みたいという方はコーヒーケトルの使用がおすすめです。

 

エスプレッソマシンなどで手軽に淹れることもできるコーヒーですが、ゆっくりと時間をかけて自分好みに淹れたコーヒーは普段の何倍も美味しく感じるはずです。ぜひコーヒーケトルにもこだわり、ワンランク上のコーヒータイムを過ごしてみてください。

コーヒーケトルの選び方

コーヒーケトルは様々な種類が販売されていますが、美味しいコーヒーを淹れるためにはご自身に合った商品を選ぶことが大切です。具体的にどんな点をチェックすべきかなどについてまずは説明していきたいと思います。

注ぎ口の形状から選ぶ

コーヒーケトルの注ぎ口は細口タイプと鶴口タイプの2種類があり、注ぎ口の形状によって出るお湯の量やスピードが変化します。ご自身のレベルやどんなコーヒーを淹れたいかなどを考慮して選ぶことが大切です。

初心者の方は細口タイプがおすすめ

コーヒーの味や風味は注ぐお湯の量やスピードによって左右されますので、注ぎ口の形状は美味しいコーヒーを淹れるために非常に重要なポイントとなります。注ぎ口が細く、太さが全て一定の細口タイプは初心者でもお湯の量やスピードが調整しやすいのが特徴です。

 

注ぎ口が細いので一気にお湯が出てしまう心配がなく、コーヒーケトルの使用に慣れていない初心者の方でもムラなく安定してお湯を注ぐことができるのです。そのため初めてコーヒーケトルを購入する方やハンドドリップに慣れていない方は細口タイプがおすすめです。

 

細口タイプのコーヒーケトルの注ぎ口は本体の下部の方から伸びているが特徴の一つです。お湯の量が少なくなってきた場合でも本体を少し傾けるだけでお湯が出てきますので極端に傾ける必要がなく、お湯の残量が少ない時でもコントロールしやすいのが嬉しいですね。

中級者以上は鶴口タイプがおすすめ

鶴口タイプのコーヒーケトルは注ぎ口の根元が太くなっており、蛇口タイプやペリカンなどと呼ばれることもあります。根元から注ぎ口の部分まで全体的に太めの作りになっており、様々な注ぎ方ができるのでハンドドリップに慣れている方や上級者の方におすすめのタイプです。

 

傾け方を調整することで一気に大量のお湯を注いだり点滴投下というお湯を一滴一滴注ぐ方法など幅広いドリップ方法を楽しめるのが特徴の一つです。濃いめのコーヒーや苦みの強いコーヒー、口当たりの軽いコーヒーなどコントロール次第で様々なテイストのコーヒーを楽しめます。

コーヒーケトルの素材で選ぶ

コーヒーケトルは主にステンレス、銅、ホーローの3種類の素材でできています。それぞれの特徴などについて説明しますので、ご自身に合った素材のコーヒーケトルを選んでみてください。

ステンレス製を選ぶ

コーヒーケトルの中でも販売数が最も多いのがステンレス製のものになります。様々なメーカーがステンレス製のコーヒーケトルを販売しているので好みのデザインのものを見つけやすく、お手頃価格で購入することができるので初心者の方には特におすすめです。

 

ステンレスは耐衝撃性に優れているので万が一落としてしまった場合でも割れたりする心配がないなど耐久性が高く、さらには錆びにくいためお手入れも簡単なのが嬉しいですね。ただし水分が付いたまま放置すると錆びの原因となりますので注意が必要です。

 

ステンレス製のコーヒーケトルのデメリットとしては保温性が低いのでお湯が冷めやすいという点が挙げられます。またステンレス特有の匂いがお湯に移りやすいため、敏感な方は味や香りが気になるという可能性もありますので注意が必要です。

銅製を選ぶ

銅製のコーヒーケトルは銅の美しい色合いと高級感のある光沢さで見た目にも楽しむことができるのが嬉しいですね。使い込むほどに味が出てくるのも特徴の一つですが、表面が黒く変色してしまう酸化現象が起こりやすいのでお手入れに手間がかかるのが難点の一つです。

 

銅は熱伝導率に優れているのでお湯を早く沸かすことができますし、保温性も高いのでハンドドリップに適した素材だということができます。また銅製のコーヒーケトルで注いだお湯で淹れたコーヒーはまろやかな口当たりになるのが特徴です。抗菌性にも優れているのが嬉しいですね。

 

デメリットとしては耐久性が低いため傷がつきやすく、落としてしまうと凹みの原因となってしまうので取り扱いには注意が十分な必要です。湿気や水分、塩分に弱く、他の素材よりも高価ですが、銅製コーヒーケトルはその高級感と味のある見た目で人気があります。

ホーローを選ぶ

鉄などにガラスの粉を高温で焼き付け、ガラスの膜で表面を覆った素材をホーローと呼びます。様々な色で塗装された商品が多いためカラーバリエーションが豊富ですし、デザイン性も豊かなのでキッチンに置くだけでおしゃれな雰囲気を演出することができるのが嬉しいですね。

 

ホーローは熱伝導率が高く、保温性にも優れているためゆっくりと時間をかけて淹れるハンドドリップコーヒーに最適な素材です。錆びや汚れにも強く、万が一汚れが付いてしまった場合などでも簡単に汚れを落とせるのでお手入れが簡単なのも嬉しいポイントですね。

 

デメリットとしては急な温度変化や衝撃に弱く、やや重さがあるという点です。また素材の特性上注ぎ口の太さを一定にするのが難しいためホーロー製のコーヒーケトルのほとんどは鶴口タイプです。そのためハンドドリップに慣れている方や中級者以上の方の使用がおすすめです。

コーヒーケトルのスペックから選ぶ

コーヒーケトルは容量や重さ、形状など商品によってそれぞれ違いがありますが、使用される方や使用状況によって選ぶべきコーヒーケトルが異なります。具体的にどんな点をチェックすべきかを説明しますので、購入の際の参考にしてみてください。

淹れる量に合わせた容量選びが大切

コーヒーケトルは容量が大きければ大きいほどケトルの重量が重くなり、手への負担が大きくなるためお湯の量の調整が難しくなります。そのため1度に淹れるコーヒーの杯数をしっかりと考慮し、それに合った容量のコーヒーケトルを選ぶことが大切なポイントとなります。

 

コーヒーケトルは様々な容量の商品が販売されていますが、目安としては1〜2杯なら700ml、3〜4杯なら1L前後のものがおすすめです。ケトルの容量が小さすぎる場合は途中でお湯を足さなければならないので、杯数に合わせた容量選びが非常に大切です。

ケトル自体の重量もチェック

上記の項目でも説明しましたがコーヒーケトルが重いと手への負担が大きくなり、湯量の調整やお湯のコントロールが難しくなってしまいます。美味しいコーヒーを淹れるためには安定して一定量のお湯を注ぐことが大切ですので、ケトル自体の重さもしっかりとチェックしましょう。

 

容量が大きいとその分コーヒーケトルの重量も重くなりますので、初心者の方は1〜2杯用の小さめのサイズの軽いものがおすすめです。また商品や素材によっても重さは異なってくるので、購入前に実際に持ってみて無理なく持てる重さか確認することをおすすめします。

持ち手の形状も大切なポイント

コーヒーケトルの持ち手部分の太さや長さなどは商品によって違いがあるのですが、持ちやすく手に馴染みやすい形状のものを選ぶことが大切です。お湯を注ぐ時にコントロールしやすく、余計な力を入れることなく自然と持てるものが理想的な持ち手の形状です。

 

また持ち手部分の素材も非常に重要なポイントとなります。本体と同様に持ち手部分がステンレスや銅、ホーローなどの場合は熱により熱くなっているため直接持つことができないので注意が必要となります。その場合はミトンを使用するなどやけど対策をしっかりとしましょう。

 

持ち手部分が樹脂や木製の場合は熱が伝わりにくく、ミトンなど使わずに直接持つことができるものがほとんどです。ご自身が持ちやすく手に馴染むもの、使いやすいものを選ぶことが大切ですので購入前にはしっかりと確認することが必要です。

IH対応のタイプを選ぶ

ご自宅のコンロがIHコンロの場合、IHに対応したコーヒーケトルかどうかを確認してから購入することが大切です。IHに対応していないコーヒーケトルをIHコンロで使用してしまうとコーヒーケトルの破損やIHコンロの故障に繋がる恐れがありますので注意が必要です。

 

ステンレス製の商品がIHに対応しているものが多いですが、銅製やホーロー製などの商品でも一部IH対応のものもあります。またハロゲンコンロ対応の商品もありますので、商品を購入する際には商品パッケージや注意書きをしっかりと確認しましょう。

コーヒーケトルの人気ランキング10選

第10位

Lautechco

ハンドドリップコーヒーポット ファイン口ポット

価格:922円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さくて持ち運びにも最適

容量が350ml、本体サイズの高さが94mmで直径が67mmとコンパクトサイズが魅力のコーヒーケトルです。1杯から2杯のコーヒーを淹れるのに最適なサイズですので、キャンプなどのアウトドアでの使用もおすすめです。さらに小さい250mlも販売されています。

 

広口タイプですのでお湯を入れやすく、中までしっかりとお手入れができるのも嬉しいですね。細口タイプの注ぎ口ですので初心者の方でも使いやすいですし、小さくても持ちやすいよう計算された安定感のある持ち手で使いやすいのが嬉しいポイントですね。

注ぎ口細口タイプ素材ステンレス
容量350ml本体重量記載なし
対応熱源記載なし
第9位

カリタ

コーヒーポット ドリップ式専用

価格:7,510円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使うほどに味わいのでる本格派コーヒーケトル

1958年に創業したカリタは創業以来様々なコーヒー器具の製造と販売を行ってきた人気のメーカーです。そんなカリタから販売されているのがこの商品です。銅製で鶴口タイプのコーヒーケトルは、喫茶店やカフェなどで実際にバリスタが使用する本格派の商品です。

 

日本製の商品ですので安心して使用できますし、内側がメッキ加工されているので水質変化が起きにくいのも嬉しですね。しっかりと手入れをすることで長く使い続けられますし、使い込むほどに味わいが出て経年と共に変化する表情を楽しむことができます。

注ぎ口細口タイプ素材
容量700ml本体重量605g
対応熱源ガス
第8位

ユキワ

コーヒーポット

価格:9,207円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ仕様の本格派コーヒーケトル

高品質ステンレスメーカーとして有名なユキワのこちらの商品はレストランや喫茶店などでバリスタが実際に使用するプロ仕様のコーヒーケトルです。本体と蓋が蝶番で繋がれているのでお湯を注いだ時など本体を傾けても蓋が外れる心配がないのが嬉しいですね。

 

持ち手の根元部分に数カ所小さな穴が開けられているのですが、この穴があることで熱が逃げ取っ手が熱くならないよう工夫がされています。750mlと容量は多めですが、縦長のスタイリッシュなデザインですので場所を取らずに保管することができます。

注ぎ口鶴口タイプ素材ステンレス
容量750ml本体重量539g
対応熱源ガス
第7位

HARIO

ドリップケトル ボナ

価格:3,462円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温かみのあるお洒落なコーヒーケトル

1921年に創業した耐熱ガラスメーカーのハリオは現在では様々なコーヒー関連用品などを製造・販売する人気メーカーです。そんなハリオから販売されているのがこちらのコーヒーケトルはホーロー製ですが注ぎ口が細口タイプですので初心者の方にもおすすめです。

 

シンプルなホワイトの色味と温かみのある天然木でどこか高級感を感じさせるお洒落なコーヒーケトルなので、キッチンに置くだけでお洒落な雰囲気になるのが嬉しいですね。ガス火だけではなくIHにも対応していますので様々な場面で使用できるおすすめ商品です。

注ぎ口細口タイプ素材ホーロー・天然木
容量800ml本体重量記載なし
対応熱源ガス・IH
第6位

カリタ

コーヒーポット コーヒー達人

価格:2,488円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鮮やかな色合いが美しい

9位の銅製コーヒーケトルと同じカリタから販売されているホーロー製のコーヒーケトルです。注ぎ口の形状が鶴口タイプですのでお湯を一気に注いだり1滴ずつ垂らしたりなど様々な淹れ方を楽しむことができるのがこのコーヒーケトルの魅力です。

 

お湯を少量ずつ注ぎやすいよう注ぎ口先端の形がカリタ特有の形になっているため、初めて鶴口タイプを購入する方にもおすすめです。アンティークのようなお洒落な色合いと可愛らしい形なのでキッチンに置くだけでお洒落な雰囲気を演出してくれます。

注ぎ口鶴口タイプ素材ホーロー
容量1L本体重量660g
対応熱源ガス
第5位

HARIO

ドリップケトル・ヴォーノ

価格:2,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる熱源に対応のおすすめコーヒーケトル

IHやハロゲンなどあらゆる熱源に対応したステンレス製の細口タイプのコーヒーケトルです。持ち手部分は樹脂製になっているのでミトンなど使用せず直接持つことができ、波形になっているので握りやすく安定してお湯を注ぐことができます。

 

蓋のつまみ部分も樹脂加工されており、平らな形状になっているので逆さまに置くことができるなど細かい部分まで配慮された使い勝手抜群のおすすめコーヒーケトルです。容量が800mlと使いやすいサイズ感なのも嬉しいポイントですね。

 

シンプルですがお洒落さも感じられるウェーブ状のデザインで、キッチンに置くだけでお洒落さを演出してくれること間違いなしです。お洒落で高級感のある見た目だけではなく、機能性が高く使い勝手も抜群ですので初心者の方にもおすすめの商品です。

注ぎ口細口タイプ素材ステンレス・樹脂
容量800ml本体重量0.42kg
対応熱源ガス・IH・ハロゲンヒータなど
第4位

月兎印

スリムポット

価格:3,078円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本製にこだわった職人による手作りコーヒーケトル

100年近い歴史を持つ老舗ホーローメーカーが製造してるこちらのコーヒーケトルは、1点1点熟練の職人によって手作業で作られているのが特徴の一つです。カラーバリエーションが豊かで、どの色も発色が美しくどんなキッチンにも馴染むのが嬉しいですね。

 

底に向かってやや広くなっている本体の形状や注ぎ口の形状、そして「日本製」にこだわった高品質さで発売当初から人気のロングセラー商品です。持ち手部分と蓋のつまみなど直接手で持つ部分も樹脂加工などは特にされていないので使用の際には注意が必要です。

注ぎ口細口タイプ素材ホーロー
容量700ml本体重量580g
対応熱源ガス
第3位

タカヒロ

コーヒードリップポット 雫

価格:8,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超細口の注ぎ口なので本格派ドリップができる

ステンレスの産地として有名な新潟県で製造され、高性能さと使い勝手の良さでカフェや喫茶店でバリスタが使用する人気の商品です。一般的な細口タイプのコーヒーケトルよりも注ぎ口が細くなっており、従来の商品と比べると4mmも注ぎ口が細くなっています。

 

注ぎ口が細く、さらには注ぎ口が反り返っていることで少量ずつ安定してお湯を注いだり点滴投下などができるのがこの商品の特徴の一つです。お湯の切れも良いので効率良くご自身の思い通りのドリップができ、様々な淹れ方を楽しめるのが嬉しいですね。

注ぎ口細口タイプ素材ステンレス
容量900ml本体重量400ml
対応熱源ガス・IH
第2位

パール金属

コーヒードリップ ポット

価格:1,322円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格で初めての方にもおすすめ

容量が1.1Lと大容量で、ガスコンロやIH、ハロゲンヒーターなど様々な熱源に対応しているおすすめのステンレス製コーヒーケトルです。持ち手と蓋のつまみ部分が樹脂加工されているので持ちやすく、やけどの心配なく安心して使用することができます。

 

本体と蓋の噛み合わせ部分が凹凸になっているのでしっかりと蓋が締まり、お湯を注ぐ時などケトル本体を傾けても蓋が外れてしまう心配がないのが嬉しいポイントですね。価格も非常にリーズナブルですので初めてコーヒーケトルを購入する方にもおすすめです。

注ぎ口細口タイプ素材ステンレス・樹脂
容量1.1L本体重量370g
対応熱源ガス・IH・ハロゲン
第1位

和平フレイズ

コーヒーポット カンパーナ

価格:1,795円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れた超軽量コーヒーケトル

こちらのコーヒーケトルは容量が700mlですが、本体の重量がわずか390gと非常に軽量なのが特徴の一つです。初めてケトルを使用してコーヒーを入れる方などハンドドリップにあまり慣れていない方でも持ちやすく扱いやすいため初心者の方にもおすすめです。

 

持ち手部分が樹脂加工されているのはもちろん、折り返しが付いているのでケトルを持ち上げやすいのが嬉しいですね。広口設計になっているので中までしっかりと洗うことができますし、約1800円というお手頃価格で購入できるコスパ抜群のおすすめ商品です。

注ぎ口細口タイプ素材ステンレス・樹脂
容量700ml本体重量390g
対応熱源ガス・IH

コーヒーケトルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5047854の画像

    和平フレイズ

  • 2
    アイテムID:5048543の画像

    パール金属

  • 3
    アイテムID:5048591の画像

    タカヒロ

  • 4
    アイテムID:5048542の画像

    月兎印

  • 5
    アイテムID:5047833の画像

    HARIO

  • 6
    アイテムID:5048511の画像

    カリタ

  • 7
    アイテムID:5048517の画像

    HARIO

  • 8
    アイテムID:5048559の画像

    ユキワ

  • 9
    アイテムID:5047878の画像

    カリタ

  • 10
    アイテムID:5048568の画像

    Lautechco

  • 商品名
  • コーヒーポット カンパーナ
  • コーヒードリップ ポット
  • コーヒードリップポット 雫
  • スリムポット
  • ドリップケトル・ヴォーノ
  • コーヒーポット コーヒー達人
  • ドリップケトル ボナ
  • コーヒーポット
  • コーヒーポット ドリップ式専用
  • ハンドドリップコーヒーポット ファイン口ポット
  • 特徴
  • コスパに優れた超軽量コーヒーケトル
  • お手頃価格で初めての方にもおすすめ
  • 超細口の注ぎ口なので本格派ドリップができる
  • 日本製にこだわった職人による手作りコーヒーケトル
  • あらゆる熱源に対応のおすすめコーヒーケトル
  • 鮮やかな色合いが美しい
  • 温かみのあるお洒落なコーヒーケトル
  • プロ仕様の本格派コーヒーケトル
  • 使うほどに味わいのでる本格派コーヒーケトル
  • 小さくて持ち運びにも最適
  • 価格
  • 1795円(税込)
  • 1322円(税込)
  • 8600円(税込)
  • 3078円(税込)
  • 2790円(税込)
  • 2488円(税込)
  • 3462円(税込)
  • 9207円(税込)
  • 7510円(税込)
  • 922円(税込)
  • 注ぎ口
  • 細口タイプ
  • 細口タイプ
  • 細口タイプ
  • 細口タイプ
  • 細口タイプ
  • 鶴口タイプ
  • 細口タイプ
  • 鶴口タイプ
  • 細口タイプ
  • 細口タイプ
  • 素材
  • ステンレス・樹脂
  • ステンレス・樹脂
  • ステンレス
  • ホーロー
  • ステンレス・樹脂
  • ホーロー
  • ホーロー・天然木
  • ステンレス
  • ステンレス
  • 容量
  • 700ml
  • 1.1L
  • 900ml
  • 700ml
  • 800ml
  • 1L
  • 800ml
  • 750ml
  • 700ml
  • 350ml
  • 本体重量
  • 390g
  • 370g
  • 400ml
  • 580g
  • 0.42kg
  • 660g
  • 記載なし
  • 539g
  • 605g
  • 記載なし
  • 対応熱源
  • ガス・IH
  • ガス・IH・ハロゲン
  • ガス・IH
  • ガス
  • ガス・IH・ハロゲンヒータなど
  • ガス
  • ガス・IH
  • ガス
  • ガス
  • 記載なし

まとめ

ここまでコーヒーケトルの選び方のポイントの説明とおすすめ商品10選をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。コーヒーケトルはご自身のレベルに合わせてタイプを選び、使いやすさなどを考慮して商品を選ぶことが大切なポイントです。ぜひこの記事を参考にコーヒーケトルを選び、本格的なコーヒーをご自宅で淹れてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ