記事ID138043のサムネイル画像

【初心者はチェック】オーボエのおすすめ人気ランキング10選

木管楽器の中でも高い人気を誇るオーボエ。見た目はもちろんブランドもたくさんあってどれを選べばいいか迷ってしまう人も多いでしょう。今回は、オーボエの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介します。オーボエ初心者の人は参考にしてくださいね!

木管楽器でも人気のオーボエ

美しい音色のオーボエは、見た目も豪華で世界中の人から愛されている木管楽器の1つです。オーボエの前身は、軍楽器のショームとして使われていて改良されたものが現在のオーボエの原型とされています。

 

耳に優しい音色を奏でるためには練習を重ねる必要があり、木管楽器を演奏する初心者にはやや難易度が高いと言えるでしょう。とは言っても、部活や社会人サークルといった場でオーボエを担当することになり前向きに練習しようと思っている初心者もいるはずです。

オーボエの選び方

タイプで選ぶ

オーボエにはドイツ式とフランス式の2つのタイプがあります。オーボエを演奏する前に理解しておきましょう。どんな特徴があるか、どちらのタイプが主流なのかも合わせて知識として知っておくといいでしょう。

ドイツ式

ドイツ式のオーボエは、上の部分が少し膨らんでいるのが特徴です。音色は明るく演奏方法はリコーダーに似ています。19世紀には主流となっていたタイプのオーボエとして知られています。

 

現在では、オーボエ奏者はこちらのタイプのオーボエはほとんど使っておらずウィーンフィルハーモニー管弦楽団やウィーン奏者のみが使っています。実際にオーボエを買うとなるとフランス式にはなりますがドイツ式の存在だけでも知っておくといいでしょう。

 

 

フランス式

フランス式のオーボエは、別名コンセルヴァトワール式とも言われるタイプで大きな音が出る特徴があります。また、キーシステムを導入していてドイツ式が気になる場合も初心者はこちらのタイプからマスターした方がいいでしょう。

 

フランス式(コンセルヴァトワール式)は、19世紀に開発されたオーボエでコンセルヴァトワール・ド・パリというパリ音楽院で採用された経緯もあります。現代ではフランス式がオーボエの主流ともなっています。店頭やネット販売でもほとんどこちらのタイプが販売されています。

システムで選ぶ

オーボエを演奏する時に重要なオクターブキーですが、こちらは2種類のシステムがあります。メンテナンスのしやすさもチェックして、2種類のシステムがどんな風に違うのか頭に入れておきましょう。

セミオートマティック

セミオートマティックはパーツが少なくメンテナンスしやすいのが魅力の1つです。第一オクターブキーと第二オクターブキーのレバーを押したり引いたりして音を奏でます。

 

重さ自体も軽く特殊奏法もできるので演奏できる幅も広いです。現代の楽曲には特殊奏法が盛り込まれているものも多いので、様々な楽曲を弾く場合はこちらがおすすめです。また、難易度の高い曲を演奏する時にも何かと困りません。

フルオートマティック

フルオートマティックは、造りが複雑でメンテナンスがしにくいです。セミオートマティックと違い、第一オクターブキー第二オクターブキーが連動していて演奏する時は楽ではありますが初心者にはセミオートマティックがおすすめです。

 

演奏するのに肺活量が必要でパワーを要求されるフルオートマティックは、経験を積んでから挑戦してみるのにおすすめのシステムのオーボエです。

素材で選ぶ

見た目で選びたい人は、オーボエを素材で選ぶのもおすすめです。他のオーボエと差別化したい人は必見です。もちろん、どんな場所で演奏することが多いのかも選ぶ軸にすることを忘れないようにしましょう。

グラナディラ

グラナディラは黒のオーボエを作る木材です。クラリネットにも同じ木材が使われています。おしゃれな雰囲気で重厚感もあるオーボエと言ったらこの素材とされるくらい定番の素材です。

 

グラナディラを使ったオーボエは、音が遠くまで届くのでコンサートホールといった広い場所で演奏するのにはおすすめです。値段が高いオーボエになればなるほど、この素材を使っているので初めからオーボエにお金をかけたい人は素材に注目してみましょう。

ローズウッド

ローズウッドは茶色のオーボエを作る木材です。黒のオーボエはありきたりだから違うカラーのオーボエを選びたい人は検討してみるといいでしょう。音色は華やかでありながら柔らかく、音にまとまりがあります。

 

屋外の演奏の場合はローズウッドの素材のオーボエはあまり向いていませんが、室内演奏する時にはおすすめです。2台目としてローズウッドの素材のオーボエを持っておくのもいいでしょう。

ブランドで選ぶ

オーボエの人気ブランドはたくさんあります。その中でも有名なものや知っておくと盛り上がるブランドを中心に紹介します。

Buffet Crampon

世界的にも代表的なブランドであるBuffet Cramponは、クラリネットでも有名なブランドでもあります。滑らかな弾き心地を楽しめるこちらのブランドのオーボエは、初心者にもおすすめです。

 

人間工学を取り入れてオーボエを持ちやすいようなキーの配置や形にもこだわっているので、楽器演奏者の手にもフィットしやすいです。音が出しやすいモデルもあるので、気になる人はチェックしてみましょう。

Marigaux

Marigauxはフランスのオーボエメーカーで、世界でも60ヶ国以上のオーケストラ奏者に使われています。初心者はもちろん、オーボエのことを知り尽くしているプロ幅広い人から支持されています。

 

こちらのブランドのオーボエは、深みのある音色を奏でることができるということで有名です。中でも、910モデルは世界中の人から高い評価を得ているオーボエです。フルオートマティックではありますが、初心者でも気になる人は使ってみる価値アリです。

YAMAHA

YAMAHAのオーボエは造りが均一でキーの調節も職人が手作業で行うというこだわりがあります。世界的にもたくさんのファンがいるYAMAHAのオーボエは、木管楽器に限らず様々な分野でその素晴らしさを発揮しています。

 

音色は柔らかみがあるのと同時に深みがあり演奏している側も心地よい気持ちになります。トーンホールに樹脂加工したものもあり、オーボエの歪みやひび割れへの対策がされています。精度や安定性も高くなるので長く同じオーボエを使いたい人にはおすすめのブランドです。

Patricola

オーボエを全て手作業で作っているブランドとして有名なPatricolaは、木管楽器そのものにこだわりたい人におすすめです。パーツの製造や加工そしてメッキ作業などを手作業で行っているだけでなく、木材は自然乾燥するという徹底ぶりです。

 

手間をかけて作られたオーボエだからこそ、音の存在感はずっしりとありながらも明るい音色を奏でるといった特徴があります。

オーボエのおすすめ人気ランキング10選

第10位

Buffet Crampon

オーボエ E-45

価格:414,700円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鳴らしやすさで選ぶならこれ!

有名なブランドであるBuffet Cramponで鳴らしやすさを求めるならこちらのオーボエがおすすめです。木管楽器初心者はもちろん、プロレベルでなくても演奏しやすいということで学校の備品などにもピッタリなオーボエだと言えるでしょう。

 

オーボエの中は割れにくいように木と樹脂が一体化している造りになっているので、買って間もなく割れてしまう心配もありません。世界的に有名なブランドだということで、ブランドで選んでみるのもおすすめです。

 

見た目も豪華でしっかりしているので、ソロはもちろんバンドなどに混ざって演奏する時も他の楽器と見劣りすることもありません。ある程度、見た目重視でオーボエを選びたい人にも一押しの商品です。

タイプフランス式システムセミオートマティック
素材グラナディラ重量-
第9位

Jマイケル

Jマイケル オーボエ OB-1500

価格:139,460円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

屋外演奏が多い初心者に

オーボエを始めたばかりの初心者に安心の合成木で作られたオーボエです。室内はエアコンを入れれば特にオーボエが変形する心配はありませんが、屋外は暑い時期になると温度も上昇し合成木でないと変形する可能性もあります。

 

こちらのオーボエは、黒檀の粉末を樹脂と合わせて作った合成木で作っているので場所を気にせず初心者でもオーボエの練習をすることができます。40万も50万もするオーボエは初めから買わないけど、変形しにくいオーボエを選びたい人にはいいでしょう。

 

子どもや知り合いへのプレゼントとしても、オーボエの中ではそれほど高くない値段なのでもらった相手もそれほど困らないレベルのおすすめの商品です。もちろん、自分へのプレゼントに購入するのもおすすめです。

 

タイプフランス式タイプセミオートマティック
素材合成木重量-
第8位

ジンバオジャパン

オーボエ【JBOB-581】

価格:426,600円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バンドやアンサンブル向けのオーボエ

見た目も華やかで優しいローズウッド材を取り入れたオーボエです。吹いた感じは軽く、音程も安定しているのでオーボエの入門としてこちらの楽器を買うのもおすすめです。

 

オーボエに挑戦したいけど、見た目は他の人と差を付けたいという人にはぴったりです。気になる音色ですが、主張が強すぎず他の楽器とアンサンブルしやすい音色なのでソロでの演奏以外でも活用できる幅が広いです。

 

値段はそこそこしますが、ローズウッドで軽い吹き心地を求めるなら思い切ってこちらの商品を選ぶのもおすすめです。バンドやサークルをしている人は特にセカンド楽器として、こちらのオーボエを持っておくといいでしょう。

 

タイプフランス式システムセミオートマティック
素材ローズウッド重量-
第7位

YAMAHA

YOB-831L カスタム Duet+ デュエットブラス

価格:768,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

16年ぶりにモデルチェンジしたオーボエ

16年ぶりにモデルチェンジしたYAMAHAのこちらのモデルは、国内だけでなく海外のアーティストとの話し合いを重ねた上で慎重に話し合われ開発されたオーボエです。

 

音色には豊かさと響きやすさを出すことができるエッジのきいたトーンホールやリードレシーバーを取り入れています。人間工学を取り入れたオーボエの細部の性能を見直し、より演奏しやすいオーボエに刷新されています。

 

キーのタンボ皿を取り入れることで、綺麗な音色を出しやすくなっています。初心者で、モデルチェンジされた商品が気になるという人にもおすすめです。

タイプフランス式システムセミオートマティック
素材グラナディラ重量-
第6位

Fossati

Fossati / FJ55 フォサッティ オーボエ セミオート

価格:334,000円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音を出しやすく使いやすい

安定した音色を出しやすいこちらのオーボエは、オーボエにあまり慣れていない初心者にもおすすめです。オーボエのジョイント部分には、ぐらつきを防ぐために金属製のリングを取り付けているので安心です。

 

長年使っていると劣化しやすい受け側のソケット部分も金属製なので、バランスが崩れてしまう心配もなくダブルテノンリングを採用しているのでオーボエ本体の寿命もしっかり伸ばすこともできます

 

丁寧に使うことで金属製リングやソケット部分を金属製にしていることがさらにプラスに働き、長期間オーボエを使うことも難しいことではなくなります。初めから長く使いたい人はオーボエがどれだけこだわりを持って作られているか見ておくといいでしょう。

タイプフランス式システムセミオートマティック
素材グラナディラ重量-
第5位

Marigaux

マリゴ オーボエ(フルオート) 910

価格:1,257,600円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者からプロにまでおすすめ

有名ブランドマルゴ社の代表的なオーボエでもある910は、世界的にも人気のモデルです。オーボエ初心者はもちろんプロまで幅広いレベルの人が使って、音の美しさに魅了されています。音色はどんなものか気になるという人にもおすすめです。

 

人気があるだけでなく、ブランドとしてもオーボエの商品モデルとしても有名なこちらは値段はかなり高いですが一流品なので持っていて損はありません。使われている木材は、4年以上乾燥させたものを使用しています。

 

楽器としての耐久性も高く長期間使いたい人にもおすすめのオーボエです。フルオートマティックなので、演奏方法は少し主流のセミオートマティックと少し異なることも頭に入れておきましょう。

タイプフランス式システムフルオートマティック
素材グラナディラ重量-
第4位

ゼンオン

ゼンオン オーボエ ZOB1500

価格:147,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

環境のことを考えた地球に優しいオーボエ

純正の木材を使ったオーボエの手触りをもっと手軽に味わいたいと考える人におすすめのオーボエです。オーボエ本体には、エボニー粉末と樹脂を混ぜた合成木材が使われています。金額も手頃なので初心者にもおすすめです。

 

合成木を使ったオーボエで地球にも優しい商品です。気になる吹き心地ですが、純正の木材を使用していないとは思えないほどの快適さなのでオーボエ初心者でも安心です。

 

合成木材を使っているからこそ、割れにくく変形もしにくいので大切に手入れしていれば長く使うことも難しくありません。ある程度上達してきたら、ワンランク上のオーボエを買うのもおすすめです。

タイプフランス式システムセミオートマティック
素材合成木材重量0.6kg
第3位

Marigaux

Marigaux Lemaire/SP オーボエ (マリゴ ルメール)

価格:466,560円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロフェッショナル仕様に憧れる人に

Marigauxでもこちらのオーボエは、プロフェッショナル仕様の商品です。ルメールは、マリゴ社と野中貿易というオーナー会社が監修した日本仕様のオーボエで音色はもちろん見た目もグラナディラ材を使っているので本格派にこだわりたい人におすすめです。

 

値段は木管楽器でしかもスペシャルオーダーモデルなので高いですが、その分音色はプロが使用しても十分満足できるレベルなのでオーボエ初心者からトップを目指して練習に励みたいという人にはいいでしょう。

 

本体はもちろん付属品もプロフェッショナルモデルと同等のものなので、まずは形から入りたい人も十分モチベーションを上げて練習することができるはずです。初心者はもちろん、オーボエ上級者にもおすすめの商品です。

タイプフランス式システムセミオートマティック
素材グラナディラ重量-
第2位

ammoon

初心者入門10点セット オーボエ Cキー

価格:48,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ高めで初心者にぴったり!

オーボエを始めたばかり、あるいはこれから始めてみようと思っている人におすすめのオーボエです。家に届いたら必要なものが全てセットになっているので、すぐに練習することができます。リードやマウスピースも付いているのでコスパも高いです。

 

はっきりとした音色を奏でてくれるので、ソロ演奏だけでなくオーケストラ演奏の時にもおすすめのオーボエです。難易度の高い曲を演奏するにはあまり向いていませんが、初心者向けの易しい曲を演奏するくらいであれば問題ないでしょう。

 

移動に便利なケースも付いているので、室内での練習はもちろん屋外での練習も楽です。ただ、値段が安く中国製ということもあって本格派の人には向いていないでしょう。あくまで、練習用のオーボエということで購入するのが良さそうです。

 

 

タイプフランス式システムセミオートマティック
素材ベークライト重量620g
第1位

ヤマハ

ヤマハ オーボエ YOB-431

価格:354,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同じものを長く使いたいならこれ!

こちらのモデルのオーボエは、人間工学を取り入れたキーが使われているので手のひらのフィット感はもちろん演奏もしやすいオーボエに仕上がっています。また、長期間使うことができるように一部のキーには一本芯金を使っているのでメンテナンスもしやすいです。

 

オーボエの音色はしっかりとしたバランスとイントネーションを兼ね備えているのでオーボエ初心者はもちろんプロにもおすすめです。グラナディラ材も使っているので見た目も高級感がありずっしりとしています。

 

ケースカバーが付いたバッグは、耐久性もあるので長期間使ってもすぐにヨレてしまうこともありません。教室に通う時はもちろん、コンサートホールにも持っていきやすいシンプルなデザインです。

タイプフランス式システムセミオートマティック
素材グラナディラ重量-

オーボエの商品比較一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5046677の画像

    ヤマハ

  • 2
    アイテムID:5046632の画像

    ammoon

  • 3
    アイテムID:5046682の画像

    Marigaux

  • 4
    アイテムID:5046721の画像

    ゼンオン

  • 5
    アイテムID:5046781の画像

    Marigaux

  • 6
    アイテムID:5046827の画像

    Fossati

  • 7
    アイテムID:5046841の画像

    YAMAHA

  • 8
    アイテムID:5047026の画像

    ジンバオジャパン

  • 9
    アイテムID:5047049の画像

    Jマイケル

  • 10
    アイテムID:5047050の画像

    Buffet Crampon

  • 商品名
  • ヤマハ オーボエ YOB-431
  • 初心者入門10点セット オーボエ Cキー
  • Marigaux Lemaire/SP オーボエ (マリゴ ルメール)
  • ゼンオン オーボエ ZOB1500
  • マリゴ オーボエ(フルオート) 910
  • Fossati / FJ55 フォサッティ オーボエ セミオート
  • YOB-831L カスタム Duet+ デュエットブラス
  • オーボエ【JBOB-581】
  • Jマイケル オーボエ OB-1500
  • オーボエ E-45
  • 特徴
  • 同じものを長く使いたいならこれ!
  • コスパ高めで初心者にぴったり!
  • プロフェッショナル仕様に憧れる人に
  • 環境のことを考えた地球に優しいオーボエ
  • 初心者からプロにまでおすすめ
  • 音を出しやすく使いやすい
  • 16年ぶりにモデルチェンジしたオーボエ
  • バンドやアンサンブル向けのオーボエ
  • 屋外演奏が多い初心者に
  • 鳴らしやすさで選ぶならこれ!
  • 価格
  • 354000円(税込)
  • 48599円(税込)
  • 466560円(税込)
  • 147999円(税込)
  • 1257600円(税込)
  • 334000円(税込)
  • 768000円(税込)
  • 426600円(税込)
  • 139460円(税込)
  • 414700円(税込)
  • タイプ
  • フランス式
  • フランス式
  • フランス式
  • フランス式
  • フランス式
  • フランス式
  • フランス式
  • フランス式
  • フランス式
  • フランス式
  • システム
  • セミオートマティック
  • セミオートマティック
  • セミオートマティック
  • セミオートマティック
  • フルオートマティック
  • セミオートマティック
  • セミオートマティック
  • セミオートマティック
  • セミオートマティック
  • 素材
  • グラナディラ
  • ベークライト
  • グラナディラ
  • 合成木材
  • グラナディラ
  • グラナディラ
  • グラナディラ
  • ローズウッド
  • 合成木
  • グラナディラ
  • 重量
  • -
  • 620g
  • -
  • 0.6kg
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

まとめ

今回は、オーボエの選び方とおすすめの商品をランキング形式で紹介しました。明るくて優しい音色のオーボエは奥が深いことが分かったでしょうか。これからオーボエを演奏する予定の初心者の方は、どんな部分に着目してオーボエを選べばいいのか紹介したポイントも参考にしてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ