記事ID138035のサムネイル画像

    【風味が際立つ】コーヒーフィルターおすすめ人気ランキング10選

    ドリップ式コーヒーを好んで飲まれる方にとってはコーヒーフィルターは必須のアイテムですね。どんなコーヒーフィルターを選べば良いか分からない方へ向けて選び方やおすすめ商品をまとめていますので、ぜひ最後まで目を通して頂くことをおすすめします。

    素材の味を引き出すコーヒーフィルター

    子供の頃は嫌いだったのに大人になると良さが分かるものはたくさんありますが、コーヒーはその内の一つではないでしょうか。起床・休憩・食後など一日の中でもコーヒーを飲むことは多いですね。コーヒーの起源は諸説ありますが、今日では多くの人に親しまれている飲み物です。

     

    そんなコーヒーを飲む際に必要なのがコーヒーフィルターです。インスタントの場合を除き、基本的にコーヒーは豆から抽出した液体を飲むので濾過をする必要があります。また濾過した粉豆の殻の後始末を簡単にするためにもコーヒーフィルターを使うのが一般的です。

     

    コーヒーフィルターと言えば紙製のものを想像しますが、金属やネル製のフィルターもあります。それぞれ使い勝手や風味が異なりますのでコーヒーの味を探求したい方は色々試してみるのも良いでしょう。旨味をダイレクトに味わいたい方はコーヒープレスを使うのもおすすめです。

    コーヒーフィルターの選び方

    特に細かいところは気にせずコーヒーフィルターを購入される方も多いと思いますが、コーヒーフィルターには様々なメーカーやタイプがあります。選び方のポイントを挙げていきましょう。

    タイプで選ぶ

    コーヒーフィルターは素材から大きく3つのタイプに分類できます。非常に一般的なものから少しこだわったもの、プロも使用する本格タイプまであるのでそれぞれ解説していきます。

    ペーパーフィルター

    コーヒーフィルターと聞いて多くの方がイメージされるのがこちらのペーパーフィルターですね。最もポピュラーなタイプで、コーヒー粉の油分がしっかり濾過されるのでサッパリとした風味になります。使い捨てタイプなので絞り粕を落とす必要もなく手軽に使える点が魅力です。

     

    ペーパーフィルターには2種類の素材があり、一つ目は酸素漂白フィルターと呼ばれる白いタイプです。漂泊することによりリグニンというペーパー独特の匂い成分がコーヒーに移ることを防止しています。コーヒーの味に細部までこだわるなら白いペーパーフィルターをおすすめします。

     

    もう一つは茶色の無漂白タイプです。漂泊する代わりに水に長時間晒していることから「みさらしフィルター」とも呼ばれています。漂泊タイプより紙の風味がコーヒーに移りやすいですが、環境に優しく安価なことから人気のタイプです。化学物質が気になる方にもおすすめです。

    金属フィルター

    こちらはその名の通りフィルター部分が金属で出来たタイプで、最大の特徴はコーヒーの風味が強く残る点です。ペーパーでは除去してしまうような酸味・甘味・苦味をダイレクトに抽出するので、コーヒー豆が持つ本来の味わいを楽しむことができるのが特徴です。

     

    ほとんどの商品がステンレス製となっており耐久性は高めです。ペーパーフィルターと違って繰り返し使えるので、ランニングコストが抑えられ環境にも優しいところもポイントです。ただし使う度に絞り粕を洗い流す必要があるので、お手入れが面倒な方にはおすすめできません。

     

    またペーパーでは濾過出来ていた微細なコーヒー粉も金属フィルターでは通してしまうので、少し粉っぽい濁ったコーヒーになってしまう点に注意が必要です。やや大雑把な味やざらつくような舌触りもコーヒー本来の癖として楽しめる方にはぜひおすすめしたいタイプです。

    ネルフィルター

    ネルフィルターは老舗のコーヒーショップでも使われている布製のコーヒーフィルターです。起毛のコットン生地やリネン生地で作られているものが多く、金属フィルターと同じく洗って繰り返し使うことができます。しっかり絞れば乾くのにそれほど時間は掛かりません。

     

    味わいとしてはペーターフィルターと金属フィルターの中間と言ったところです。金属フィルターでは通してしまうような微細なコーヒー粉もキャッチするのでマイルドな味に仕上がり、ペーパーフィルターでキャッチするようなコーヒー成分は通すのでしっかりとした風味になります。

     

    濾過のスピードが速いので一気にお湯を注ぐと薄味のコーヒーになってしまいます。数回に分けてお湯を注ぎじっくり蒸らしながら濾すと良いでしょう。金属フィルターとは違って使用前の煮沸や使用後の丁寧な洗浄など、細かいメンテナンスが必要な点に注意です。

    使いやすさで選ぶ

    コーヒーは一日の中でも頻繁に飲むものですので、コーヒーフィルターはなるべく使いやすいものが良いですね。使い勝手や入手のし易さにおいてチェックすべきポイントを挙げていきます。

    形状をチェック

    コーヒーフィルターを選ぶ上では形状も重要ですね。コーヒーフィルターには台形と円錐形の二種類があり使い方や風味がそれぞれ異なります。台形は底面が平らになっているため安定感があり、品数が多いので手に入りやすいのが特徴です。日本で最も普及している形状と言えます。

     

    お湯を注いだときにブレることはあっても、大きく傾いたりはしませんので落ち着いて濾過することができます。コーヒー粉全体にお湯を馴染ませることにより雑味を吸収しマイルドな風味を楽しむことが出来ます。円錐形は台形に比べてやや細長いのでコーヒー粉の層が厚くなります。

     

    お湯がコーヒー粉に長く触れるため、成分の濾過性が高いのが特徴です。余計な油分が出ないのですっきりとした味わいになります。それぞれの特性を考えた上でドリッパーの形に合うものを選びましょう。ドリッパーと同じメーカーのコーヒーフィルターがベストチョイスです。

    価格をチェック

    ドリップコーヒーが好きな方は、暑い時期以外はほぼ毎日コーヒーを飲むことでしょう。コーヒーフィルターは飲む度に必要ですので、コスト面も考えなければなりませんね。使い捨てか繰り返し使えるタイプか、どちらのコーヒーフィルターにするかはよく考えましょう。

     

    ペーパーフィルターの場合は1枚3-5円程度のものが100-300枚のセットになって販売されていることが殆どです。1枚につき2-4杯使えるフィルターが多いので、一人なら300枚で一年は持つでしょう。ランニングコストを掛けたくないという方は金属製のフィルターもおすすめです。

     

    高いもので数千円ほどの値段になりますが、大切に扱えば長持ちするので長期的にはお買い得と言えるでしょう。しかし高価なフィルターなら必ず美味しいという訳ではありません。家計的に無理のない範囲で、余裕をもって丁寧にコーヒーを淹れることが大切です。

    メーカーで選ぶ

    好きなブランドや使っているドリッパーに合わせたメーカーのコーヒーフィルターを選ぶのも良いですね。たくさんのメーカーが存在していますが、中でも有名な3社を紹介します。

    Melitta(メリタ)

    メリタはドイツ・ミンデンに本社を置くコーヒー機器の総合メーカーです。ペーパードリップの仕組みを開発したメリタ・ベンツ氏により1908年に創業しています。日本国内ではメリタ・ジャパン社が支社業務を行っており、コーヒーをはじめ食品関連の商品を展開しています。

     

    メリタの主力フィルターはもちろんペーパー式で、無漂白タイプが比較的多いのが特徴です。独自の3種構造で雑味を抑えながら美味しくアロマを抽出する工夫がされており、ペーパーフィルターながらグルメ・オリジナル・アロマジックなど種類が豊富なのも魅力的ですね。

     

    国際機関である森林管理協会(FSC)が規定する「FSC認証」を取得している商品もあり環境への配慮にも力を入れていることが伺えます。ペーパードリップシステムを発明したメーカーだけあって、ペーパーフィルターへの強いこだわりと情熱を持っています。

    Karita(カリタ)

    カリタは神奈川県横浜市に本拠を構えるコーヒー関連機器の総合メーカーです。1958年に東京都日本橋で設立された有限会社カリタが源流となっており、当時の喫茶店ブームもあって順調に業績を伸ばし現在に至ります。ちなみに上記のメリタ社とは社名が似ていますが無関係です。

     

    環境志向を取り入れた無漂白(みさらし)ペーパーフィルターをいち早く開発した企業としても知られています。カリタのペーパーフィルターはコーヒーの雑味をブロックし、香ばしい風味が綺麗に出るのが特徴です。使い捨てタイプながらプロも認める高い品質を備えています。

     

    中でも縁が波打った形状の「ウェーブシリーズ」ペーパーフィルターは、お湯を中心に落とすだけで自然に放射線状に広がって馴染んでくれます。お湯が偏りにくく速やかにドリップができるので、なるべく早くコーヒーを淹れたいという方におすすめのシリーズです。

    Hario(ハリオ)

    ハリオは東京都中央区に本社を置く耐熱ガラス容器メーカーで、国内で唯一耐熱ガラス工場を保有している企業でもあります。1921年に理化学用硝子器具の製造販売を行う柴田弘製作所が設立されたことが始まりです。ガラスの王様「波留王」が社名の由来となっています。

     

    耐熱ガラス製のコーヒードリッパーが有名なハリオですが、高性能なコーヒーフィルターも人気です。ハリオのコーヒーフィルターは円錐型のペーパーフィルターが主力となっており、注いだお湯が長時間コーヒー粉に接することによりネルフィルターに近い味を表現できます。

     

    フィルター内部には複数の溝が設けられており、空気を通すことでコーヒーの粉を膨張させることができます。これもネルフィルターと似た方法であり美味しいコーヒーを抽出する秘訣となっています。ハリオは世界中のコーヒー愛好家も魅了しているおすすめメーカーです。

    コーヒーフィルターの人気ランキング10選

    第10位

    CHEMEX (ケメックス)

    フィルター FP-2

    価格:2,365円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    渋み成分をしっかりと除去

    アメリカのコーヒー関連商品メーカー「ケメックス」のペーパーフィルターです。一般的なペーパーフィルターの2-3割増しの強度を備えているので、コーヒー粉をしっかりと濾すことができます。抽出性能だけでなく美しいデザインも人気の要因となっています。

    サイズ33*21cm対応人数3人
    内容量100枚素材
    第9位

    E-PRANCE

    ステンレスフィルター

    価格:1,580円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    湿度を一定に保つ優れた熱伝導

    取っ手付きのオシャレなこちらはステンレス製のコーヒーフィルターです。もちろんペーパフィルターは不要なので、繰り返し使うことができ経済的です。メッシュの二層構造により目詰まりし難く、スムーズな抽出で美味しいコーヒーを淹れることが出来ます。

    サイズ12.5*12.5*9.5cm対応人数1-4人
    内容量1枚素材316ステンレス
    第8位

    Melitta (メリタ)

    アロマジック ブラウン

    価格:778円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    厳選されたバージンパルプ

    コーヒー関連商品で世界的に有名なドイツのメーカー「メリタ」のペーパーフィルターです。同社の独自技術である「アロマホール」が、濾過初期のうまみ成分と上質のアロマをキャッチして抽出しますので、雑味が無く深いコクのある味わいを表現できます。

     

    FSC認証で環境にも優しい自然派商品となっており、余分な化学薬品が使われていないのも嬉しいですね。

    サイズ16.8*10.5*4.8cm対応人数2-4人
    内容量200枚素材紙バルブ
    第7位

    HARIO(ハリオ)

    ウッドネック ネルドリップ FD-3

    価格:923円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    本格派の深みとコク

    コーヒー関連商品を展開している人気の国産メーカー「ハリオ」のコットン製ネルフィルターです。きめ細かい生地を通してじっくりと抽出されたコーヒーは、素材本来が持つ苦みやコクを十分に生かした味に仕上がります。

     

    コーヒー粉の油分の酸化を防ぐため使用後は水洗いし、水を入れた容器に浸して冷蔵庫で保管する必要があります。後処理はやや面倒ですが、ペーパーフィルターとは違った深い味わいを楽しみたい方におすすめです。

    サイズ11*11*19.5cm対応人数3-4人
    内容量3枚素材コットン
    第6位

    丸太衣料(Maluta)

    ネルドリップ コーヒーフィルター

    価格:315円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    渋みを抑えたマイルドな風味

    コーヒーの濾過に最適と言われているネル生地を使ったネルフィルターで、まろやかでえぐみの少ない味を表現することができます。水洗いで凡そ60回繰り返し使うことが可能ですので、使い捨てのペーパーフィルターにも劣らないコストパフォーマンスを備えています。

     

    飲食店向けの業務用アイテムですがもちろん一般の方でも利用して頂けます。プロ仕様のきめ細かな抽出をぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

    サイズ12*17*1cm対応人数2-4人
    内容量2枚素材ネル生地
    第5位

    HARIO(ハリオ)

    ペーパーフィルター VCF-01-100W

    価格:1,358円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    お得な大容量セット

    コーヒー関連商品で人気の「ハリオ」の漂白ペーパーフィルターです。ご家族みんなでコーヒーを飲むというご家庭にぴったりの500枚セットです。円錐の形状ですのでお湯がコーヒー粉と接する時間が長く、しっかりと抽出して深い味わいを楽しめます。

     

    100枚セットでは物足りないという方におすすめです。コーヒーのえぐみが無くなりマイルドに仕上がるとレビューでも満足度の高い商品です。V60ドリップ用ではありますが、もちろん他メーカー製のドリップでも使えます。

    サイズ18*16*5cm対応人数1-2人
    内容量500枚素材パルプ100%
    第4位

    HARIO(ハリオ)

    ペーパーフィルター VCF-02-100W

    価格:240円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    人気メーカーの定番シリーズ

    国内の耐熱ガラスメーカー「ハリオ」の円錐型ペーパーフィルターです。同社のコーヒードリップと併せて使うのがベストですが、ペーパーフィルター自体の性能が優れているためドリップの種類を問わず幅広く使われている定番のシリーズです。

     

    フィルターを円錐の形状にすることでコーヒー粉の層が深くなり、注がれたお湯が中心に向かって流れます。そのためお湯がコーヒーの粉に触れている時間が長くなり、じっくりと抽出することできます。汎用性が高く1枚当たりの価格も安いのでおすすめです。

    サイズ17*12.5cm対応人数1-4人
    内容量100枚素材バージンパルプ
    第3位

    和平フレイズ(Wahei freiz)

    マイチョイスカフェ RD-0089

    価格:1,254円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    金属製ならではのシャープな味わい

    メタリックな円錐型デザインが美しいこちらはステンレス製のフィルターです。ペーパーフィルターを使わず直にコーヒー粉とお湯を淹れるタイプで、洗って繰り返し使うことが出来るので経済的です。ペーパーフィルターを定期的に買い足したくない方におすすめです。

     

    2種類のステンレスメッシュ構造で、コーヒーの粉がカップにほとんど落ちないようになっています。味の輪郭まで分かるようで美味しくなったとレビューでも好評です。見た目がおしゃれなのも嬉しいポイントですね。

    サイズ14.3*12.5*9cm対応人数-
    内容量1枚素材18-8ステンレス
    第2位

    大紀商事

    コーヒーフィルター 珈琲パチット

    価格:1,009円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    大きめのコーヒーカップにも対応

    左右のフックをコーヒーカップの縁に掛けることで、ドリッパーをセットすることなくコーヒー粉を濾過できる優れたペーパーフィルターです。特殊な素材でバランスよく蒸らすことが出来るので、本格的な味を手軽に楽しむことが出来ます。

     

    ドリップコーヒーとこのフィルターがあれば何時でもコーヒーが飲むことができます。手間いらずでホッと一息、くつろぎのひと時を満喫したい方におすすめです。ただしお湯を一気に注ぐとコーヒー粉ごと溢れる恐れがありますので、ゆっくり淹れるようにしましょう。

    サイズ8*7.4cm対応人数1人
    内容量100枚素材PET/PP不織布紙
    第1位

    Kalita (カリタ)

    ウェーブシリーズ KWF-185

    価格:301円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    取出し&保存に便利なジッパー付き

    コーヒーフィルターでお馴染みの国産メーカー「カリタ」の漂泊ペーパーフィルターです。側面に設けられた20本のウェーブによりドリッパーとの接触面を小さくし、長時間の蒸らしでもお湯が偏らずコーヒー粉全体を濾過できるのが特徴です。

     

    お湯を注ぐポイントがズレていても、底が平らなためバランスよく馴染んでくれます。1枚当たりの価格も安く、淹れやすいとレビューでも満足度の高い商品です。一般家庭からプロレベルまで誰もが手軽にドリップコーヒーを楽しめるおすすめのシリーズです。

    サイズ18.5*4cm対応人数2-4人
    内容量50枚素材針葉樹パルプ

    コーヒーフィルターのおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5046473の画像

      Kalita (カリタ)

    • 2
      アイテムID:5046546の画像

      大紀商事

    • 3
      アイテムID:5046571の画像

      和平フレイズ(Wahei freiz)

    • 4
      アイテムID:5046599の画像

      HARIO(ハリオ)

    • 5
      アイテムID:5046615の画像

      HARIO(ハリオ)

    • 6
      アイテムID:5046626の画像

      丸太衣料(Maluta)

    • 7
      アイテムID:5046637の画像

      HARIO(ハリオ)

    • 8
      アイテムID:5046662の画像

      Melitta (メリタ)

    • 9
      アイテムID:5046678の画像

      E-PRANCE

    • 10
      アイテムID:5046692の画像

      CHEMEX (ケメックス)

    • 商品名
    • ウェーブシリーズ KWF-185
    • コーヒーフィルター 珈琲パチット
    • マイチョイスカフェ RD-0089
    • ペーパーフィルター VCF-02-100W
    • ペーパーフィルター VCF-01-100W
    • ネルドリップ コーヒーフィルター
    • ウッドネック ネルドリップ FD-3
    • アロマジック ブラウン
    • ステンレスフィルター
    • フィルター FP-2
    • 特徴
    • 取出し&保存に便利なジッパー付き
    • 大きめのコーヒーカップにも対応
    • 金属製ならではのシャープな味わい
    • 人気メーカーの定番シリーズ
    • お得な大容量セット
    • 渋みを抑えたマイルドな風味
    • 本格派の深みとコク
    • 厳選されたバージンパルプ
    • 湿度を一定に保つ優れた熱伝導
    • 渋み成分をしっかりと除去
    • 価格
    • 301円(税込)
    • 1009円(税込)
    • 1254円(税込)
    • 240円(税込)
    • 1358円(税込)
    • 315円(税込)
    • 923円(税込)
    • 778円(税込)
    • 1580円(税込)
    • 2365円(税込)
    • サイズ
    • 18.5*4cm
    • 8*7.4cm
    • 14.3*12.5*9cm
    • 17*12.5cm
    • 18*16*5cm
    • 12*17*1cm
    • 11*11*19.5cm
    • 16.8*10.5*4.8cm
    • 12.5*12.5*9.5cm
    • 33*21cm
    • 対応人数
    • 2-4人
    • 1人
    • -
    • 1-4人
    • 1-2人
    • 2-4人
    • 3-4人
    • 2-4人
    • 1-4人
    • 3人
    • 内容量
    • 50枚
    • 100枚
    • 1枚
    • 100枚
    • 500枚
    • 2枚
    • 3枚
    • 200枚
    • 1枚
    • 100枚
    • 素材
    • 針葉樹パルプ
    • PET/PP不織布紙
    • 18-8ステンレス
    • バージンパルプ
    • パルプ100%
    • ネル生地
    • コットン
    • 紙バルブ
    • 316ステンレス

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。コーヒーの味は豆によって異なってくるのはもちろんですが、同じ豆でも濾過の方法やフィルターそのものが違ってくると風味も大きく変化します。コーヒーの世界は奥が深いので、色々なフィルターを試してみて自分好みの味を見つけるのも楽しいですね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

    TOPへ