記事ID138031のサムネイル画像

【大人気!高速で釘が打てる】おすすめの釘打ち機ランキング10選

釘打ち機はネイルガンとも呼ばれる高速で板などに釘を打ち込めるエアー工具の1つです。テレビでも見かける機会が多いので目にしたことがある方も多いかもしれませんが主にエアーコンプレッサーに繋いで使用します。今回は釘打ち機のおすすめの種類や選び方を紹介します。

釘打ち機はDIYでも大活躍

軽いリフォームやガーデニング、最近とても流行っているDIYでも釘を打ち込む作業というのは非常に多いです。また手打ちで釘を打つのはプロでも怪我をしてしまう作業の1つで素人がやると非常に危険です。

 

そんな際に便利なのが釘打ち機です。一般的にはコンプレッサーに繋げてエアーで釘を打ち出すエアー工具ですが、最近ではコードレスで釘を打ち込むことができる釘打ち機も人気になってきており素人でも使いやすい製品も多く販売されています。

 

手打ちで釘を打つよりも確実で力強く釘を打てるので非常に人気があります。ただし釘打ち機には非常に多くの種類が販売されているので自分がどういった用途で使用するか把握してから釘打ち機の種類を選ぶのも大事なポイントです。

釘打ち機の選び方

釘打ち機は上記でも紹介しましたが対応する空気圧や釘の種類など一見しても分からない違いがある製品です。しっかり自分の用途に対応する製品から選ぶようにしましょう。

釘を打ち込める素材の種類から選ぶ

釘打ち機の種類によっては打ち込むことができる素材が違う製品も多く販売されています。これらはエアーの強さや対応する釘の長さによっても変わりますが釘打ち機本体のパッケージなどに表記されている場合も多いです。

 

そのため自分が使用する用途がハッキリしているなら、対応している釘打ち機から選ぶのが最も大事なポイントです。DIYやガーデニングなど様々な用途で使用する場合でも対応する素材が何なのかチェックしてから購入すると失敗することが少ないです。

 

インターネットや通販などで購入する際は対応する素材が分かりにくい場合があるので欲しい製品を見つけたら公式のホームページなどでしっかりと確認したり口コミやレビューを読むことで分かる場合もあるのでしっかり目を通しておきましょう。

コードレスの釘打ち機から選ぶ

釘打ち機というと一般的にはコンプレッサーと繋いで使用するエアー工具の釘打ち機をイメージしますが、最近ではコードレスでもエアー工具の釘打ち機と同じ程度の作業が可能な製品も販売されています。

 

コンプレッサーを別に用意する必要もないコードレスは簡単な釘打ちをする際には非常に重宝するので自分が使用する用途をしっかりと考えてコードレスで問題ない場合はコードレスの釘打ち機から購入するのも選択肢の1つです。

空気圧の種類から選ぶ

コンプレッサーに繋いで使用する釘打ち機の場合は空気圧が常圧か高圧かの2つ種類が販売されています。自分のニーズに合った種類の空気圧から選ぶようにしましょう。

常圧タイプから選ぶ

常圧タイプは高圧タイプとパワーはほぼ同じですが気圧が小さい製品が多いため釘を打ち込んだ際の反動が大きい場合があります。また本体のサイズや重量が高圧タイプと比較すると大きい製品が多いのも特徴の1つです。

 

そのため作業する際に力がない女性などの場合は高い場所へ釘を打ち込みにくいというデメリットがあるので注意が必要です。最近では高圧タイプの製品の人気が高くなってきており常圧の人気は下がり気味になっています。

高圧タイプから選ぶ

高圧タイプの釘打ち機は最近では主流になってきており人気が高くなっています。常圧タイプよりもエアの高圧化が実現したため本体の釘を打ち込む部分がコンパクトになっている製品が多いです。

 

そのため釘打ち機本体のボディもコンパクトになっており重量も軽量化されている製品も多いのが特徴です。反動も小さいので扱いやすく力のない女性でも上の方にある場所に釘を打ち込みやすく扱いやすいため人気があります。

 

また釘を打ち込む際の音も小さくなっているので常圧タイプと比較してもメリットが多く最近では流通量も多い種類です。非常に扱いやすくもあるのでこれから釘打ち機を購入するなら高圧タイプがおすすめです。

本体のサイズや重量から選ぶ

釘打ち機のサイズや重量もしっかりチェックしておくべき大事なポイントの1つです。サイズは使用している際は特に気にならないですが収納した際や持ち運ぶ際にはなるべくコンパクトな製品が便利なので小さい製品がおすすめです。

 

重量はサイズよりも重要です。釘を打ち込む場所は目線の高さや下ばかりではなく時としては自分の身長よりも高い場所に多く打ち込む必要がある場合も多いです。そんな際に本体が重たいと作業の際に腕が疲れてしまいます。

 

また打ち込む場所が目線の高さや目線よりも下であっても長時間の作業をする場合は少しでも軽量の釘打ち機がおすすめです。そのため釘打ち機の重量にはしっかりと注意してから選ぶようにしましょう。

対応する釘から選ぶ

釘打ち機には対応している釘の種類や釘の長さがあります。自分のニーズに合った対応する釘が使用できる釘打ち機から選ぶのも大事なポイントです。

釘の種類から選ぶ

釘の種類は非常に多く細かく分けると、ここでは書ききれない程の種類が販売されています。そのため自分が使用したい場所に対応している釘が打ち込めるかどうかは釘打ち機を購入する前にしっかりとチェックしておきましょう。

 

釘打ち機で使用する釘は一般的にはロール釘とされておりNやNB・NCなどと釘の種類があるので対応しているか調べて購入するようにしましょう。また釘打ち機の種類ではフィニッシュネイラやピンネイルなど特殊な釘に対応している製品も販売されています。

 

対応する釘の種類は非常に難しいポイントですがしっかりと調べて自分のニーズに合った釘に対応している製品から選ぶようにしましょう。ショップなどの店員さんに聞いたりするのもおすすめです。

釘の長さから選ぶ

釘の長さも釘打ち機の種類によって大きく違うポイントです。一般的には打ち込みたい資材の厚さの2~3倍の長さの釘に対応しているのがおすすめとされています。また打ち込める釘の長さに幅があるほど使い勝手が良い製品という事になります。

 

例をあげると1cmの木材に釘を打ち込む場合は対応する釘の長さが20mm~30mmある釘打ち機を購入するのがおすすめです。長すぎる場合は問題ありませんが短すぎるとしっかりと打ち付けることができないので危険です。

 

また打ち込む深さを調整できる製品も多く販売されており非常に便利です。なるべく対応する釘の長さの幅が広く打ち込む深さを調整できる製品を購入すると様々なシーンで使用ができるのでおすすめです。

人気の釘打ち機のランキング10選

ここから人気の釘打ち機をランキング形式で紹介します。しっかりと対応する空気圧や釘をチェックしないと使用できない事になってしまうので注意して選びましょう。

第10位

HiKOKI (ハイコーキ)

高圧ねじ打機

価格:61,225円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

早打ち施工に最適なスピードモデル

こちらの商品は釘ではなくネジを打つためのエアー工具となっているので購入する際は注意してください。ネジの長さ25~41mmの長さのネジに対応しているので打ち込む資材が厚くてもしっかりと打てる人気の商品です。

 

スピードモデルタイプのため早打ち施工に最適で連続でネジを打ち込みたい場合には非常に重宝します。装填本数もロール1本分である100本も装填できるため何度も装填し直す必要が無く使いやすいです。

 

空気圧の種類は高圧なのでしっかりと力強く打ち込むことが可能で保護メガネやノーズキャップも付属品として付いてくる点もおすすめのポイントです。木下地から鋼製下地まで使用ができる非常に使い勝手の良い人気の商品です。

重量空気圧の種類高圧
使用空気圧力1.76~2.26MPa対応する釘の長さネジ25~41mm
対応する釘の種類ネジ主な用途木下地から鋼製下地まで幅広く
第9位

HiKOKI (ハイコーキ)

高圧ロール釘打機 ケース付

価格:84,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

打込み深さを調整可能

N・BN・CNの種類の釘に対応している人気の釘打ち機です。打ち込む深さを自由に調節することが可能なので非常に使いやすくなっています。下地や鋼板3.2mm厚の資材にも使用が可能なので様々なシーンで活躍が見込めます。

 

それだけではなくコンクリートにも使用が可能な点もおすすめのポイントです。シート連結だけでなく針金連結の釘にも対応しているので幅広く使える点も人気の理由で打ち込みも単発か連続かを自由に切り替えることが可能となっています。

 

らくらくマガジンやトリガロック付きなので簡単・安全に使用ができるため初心者の方でも安心して使用ができます。グリップラバーの内側にクッション材を入れているので握りやすく手が疲労しにくいです。

重量空気圧の種類高圧
使用空気圧力対応する釘の長さ50~75mm
対応する釘の種類N・CN・BN主な用途下地・躯体・鋼板3.2mm・コンクリート
第8位

マキタ(Makita)

ポケットエア釘打

価格:35,660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

内装ボード用の製品

内装ボード用の釘打ち機で簡単なリフォームやDIYなどで重宝する人気の商品です。電動工具やエアー工具を販売しているメーカーの中でも非常に人気の高いマキタ社製なので安心して使用ができる点も人気の理由の1つです。

 

16~32mmの長さのポケットネイルに対応しているので使い勝手が良く重量が僅か900gしかないので上の方にある位置に釘を打ちたい場合でも手軽に持っていけます。そのためどんな場所でも使いやすく様々なシーンで活躍すること間違いなしです。

 

グリップ部分も滑りにくく握りやすいように設計されている点もおすすめのポイントでレビューでも安心して使用ができるメーカーです。といった声や思った以上に良い商品です。との声が挙がっており高い人気を得ています

重量約900g空気圧の種類
使用空気圧力0.44~対応する釘の長さ16~32mm
対応する釘の種類ポケットネイル主な用途内装ボード
第7位

HiKOKI (ハイコーキ)

コードレス仕上釘打機 ケース付

価格:40,036円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレスで扱いやすい

コードレス仕様の釘打ち機でホースなどが邪魔に感じることなく使用ができるので非常に使いやすい人気の商品です。仕上げ釘打ち機なので様々なシーンで活躍するといった事は難しいですが仕上げの釘打ちに関しては使いやすく重宝します。

 

リチウムイオン電池を使用しており釘の総点数は1ロール分である100本も装填できるので何度も釘の補充をする必要がない点もおすすめのポイントです。対応可能な釘の長さも15~40mmと幅が広い点も人気の理由の1つです。

 

標準付属品に保護メガネも付いているので安全に作業を行えます。またライトも本体に付いているので暗い場所での作業も確実に行え、空打ち防止機構も搭載されているので安全プラス安心に作業ができる人気の商品です。

重量空気圧の種類
使用空気圧力対応する釘の長さ15~40mm
対応する釘の種類主な用途仕上釘打ちなど
第6位

マックス(MAX)

常圧フィニッシュネイラ

価格:14,349円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

装填本数は100本

圧力の種類が常圧のフィニッシュネイラです。回り縁や棚の取り付けに最適な商品で人気が高いです。価格が他の釘打ち機と比較してもリーズナブルになっているので初心者の方などはこちらの商品もおすすめです。

 

釘の装填本数は1ロール分である100本もあるため何度も釘の装填をする必要が無く面倒な手間が省けます。保護メガネやスパナなども付属されている点もおすすめのポイントでネイル足の長さは15mmから35mmまで5mm毎に対応可能です。

 

握りやすいグリップ設計で扱いやすく重量も1kgを切る軽量さで長時間の作業でも腕が疲れにくい点も人気の理由です。グリップカバーが付いているのでグリップを握っても冷たくない点も使用者から見て嬉しいです。

重量998g空気圧の種類常圧
使用空気圧力0.5~0.7MPa対応する釘の長さ15・20・25・30・35mm
対応する釘の種類フィニッシュネイル主な用途仕上釘打ちなど
第5位

マックス株式会社

高圧コイルネイラ

価格:90,201円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富な安全装置で安心して使用ができる

保護メガネだけでなくキャリングケースが付属しているので持ち運びにも便利な人気の商品です。使用する空気圧力が1.2~2.3MPaとなっているので分厚い資材や硬い資材にでも力強くズバッと釘を打ち込むことが可能です。

 

釘の総点数は1ロール分である100本よりも多く最大で300本の釘を装填することができるので長時間の作業や連続で釘を打ち込む作業時でも活躍が可能です。しっかりと安全装置も付いているので安心して作業ができる点もおすすめのポイントです。

 

エアダスタ機構も搭載されており片手で風量の調整をすることもできます。他にも装填がしやすいだけでなく調整もしやすい新マガジンや高効率エンジンを採用しているので非常に使いやすく人気の高い釘打ち機です。

重量空気圧の種類高圧
使用空気圧力1.2~2.3MPa対応する釘の長さ
対応する釘の種類主な用途
第4位

マキタ(Makita)

サイディング用高圧エア釘打機

価格:58,885円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シート釘300本が装填可能

エアー工具や電動工具を販売しているメーカーの中でも非常に人気の高いマキタ社製の製品なので品質が高く安心して使用ができる商品です。サイディング用の高圧釘打ち機でシート釘が300本も装填できるので非常に使い勝手が良いです。

 

対応する釘の長さも27~50mmと非常に幅が広いので様々な厚さにも対応ができる点もおすすめのポイントです。重量は1.8kgと他の釘打ち機と比較しても扱いやすいレベルなので腕が疲れることなく作業を行うことができます。

 

本体のサイズは長さと高さが約28cmもあるので保管する際にはスペースに注意が必要です。単発、連続打ち自動切換え機構も搭載されているので使い勝手が良く非常にサイディング張りが美しく行える人気の商品です。

重量1.8kg空気圧の種類高圧
使用空気圧力0.98~2.26Mpa対応する釘の長さシート釘27・32・38・40・45・50
対応する釘の種類主な用途サイディング
第3位

マックス(MAX)

常圧ステープル用エアネイラ

価格:9,838円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日曜大工やリフォームに最適

リフォームやDIY、ガーデニングなど様々な用途で使用が可能な人気の釘打ち機です。価格も非常にリーズナブルになっているので初心者の方やお試しに釘打ち機を使用してみたい方にもおすすめの人気の商品です。

 

使用空気圧力は0.5~0.7MPaの常圧タイプで付属品に保護メガネや六角スパナなども付いているので非常に使いやすいです。対応する釘の長さも10~25mmもあるので様々な厚さの資材に対応することができます。

 

滑りにくく握りやすいグリップになっているので扱いやすく安全に使用がしやすい点もおすすめのポイントです。ステープル装填本数は100もあるので長時間の作業や多くのステープルを打ち込む作業にも問題なく使用が可能です。

重量1.1kg空気圧の種類常圧
使用空気圧力0.5~0.7MPa対応する釘の長さ10・13・16・19・22・25mm
対応する釘の種類主な用途リフォームからDIYまで幅広く
第2位

HiKOKI (ハイコーキ)

コードレスピン釘打機

価格:27,149円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートプッシュ機構搭載

こちらの商品はコンプレッサーを必要としないコードレスタイプの釘打ち機でホースなどが邪魔になることなく作業が行えるので非常に使い勝手が良いです。ただし本体のみなので蓄電池や充電器が必要なら別で購入する必要があるので注意が必要です。

 

対応する釘の長さは15~35mmと非常に幅が広いので様々なシーンで活躍が見込めます。ダイヤル式で打ち込み深さを調整できる点もおすすめのポイントで打ち込み時の反動も少ない設計になっているので力のない方でも使用しやすいです。

 

独自のスマートプッシュ機構搭載で最後まで釘をガイドするので仕上がりが非常に美しい点もこちらの製品の特長の1つです。空打ち防止機構で安全に使用が可能なだけでなくLEDライトで暗い場所での作業にも最適です。

重量2.2kg空気圧の種類
使用空気圧力対応する釘の長さ15・19・25・30・35mm
対応する釘の種類主な用途
第1位

日立

釘打ち機

価格:11,975円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専用ケース付きで収納便利

他の釘打ち機と比較しても価格がリーズナブルな人気の商品で専用ケースが付いているので収納や持ち運びに便利なおすすめの釘打ち機です。対応するステープルの長さは13~38mmと非常に広いので様々なシーンで活躍が見込めます。

 

本体の重量は1.0kgと軽量なので上にある場所に打ち込む際にも腕が疲れにくい点もおすすめのポイントでステープルの装填本数は100本もあるので何度もステープルの補充をする必要がないので扱いやすいです。

 

こちらの商品はカプラーが交換済みなので届いてすぐに使用が可能な点も人気の理由でレビューでも、この性能でこの価格なら大満足です。といった声も挙がっており非常に高い人気を得ているおすすめの釘打ち機です。

重量1.0kg空気圧の種類常圧
使用空気圧力5-8.5(kgf/cm2)対応する釘の長さ13~38mm
対応する釘の種類主な用途フロアネイラー

釘打ち機のおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5047779の画像

    日立

  • 2
    アイテムID:5047770の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 3
    アイテムID:5047763の画像

    マックス(MAX)

  • 4
    アイテムID:5047760の画像

    マキタ(Makita)

  • 5
    アイテムID:5047751の画像

    マックス株式会社

  • 6
    アイテムID:5047743の画像

    マックス(MAX)

  • 7
    アイテムID:5047737の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 8
    アイテムID:5047693の画像

    マキタ(Makita)

  • 9
    アイテムID:5047684の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 10
    アイテムID:5047669の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 商品名
  • 釘打ち機
  • コードレスピン釘打機
  • 常圧ステープル用エアネイラ
  • サイディング用高圧エア釘打機
  • 高圧コイルネイラ
  • 常圧フィニッシュネイラ
  • コードレス仕上釘打機 ケース付
  • ポケットエア釘打
  • 高圧ロール釘打機 ケース付
  • 高圧ねじ打機
  • 特徴
  • 専用ケース付きで収納便利
  • スマートプッシュ機構搭載
  • 日曜大工やリフォームに最適
  • シート釘300本が装填可能
  • 豊富な安全装置で安心して使用ができる
  • 装填本数は100本
  • コードレスで扱いやすい
  • 内装ボード用の製品
  • 打込み深さを調整可能
  • 早打ち施工に最適なスピードモデル
  • 価格
  • 11975円(税込)
  • 27149円(税込)
  • 9838円(税込)
  • 58885円(税込)
  • 90201円(税込)
  • 14349円(税込)
  • 40036円(税込)
  • 35660円(税込)
  • 84400円(税込)
  • 61225円(税込)
  • 重量
  • 1.0kg
  • 2.2kg
  • 1.1kg
  • 1.8kg
  • 998g
  • 約900g
  • 空気圧の種類
  • 常圧
  • 常圧
  • 高圧
  • 高圧
  • 常圧
  • 高圧
  • 高圧
  • 使用空気圧力
  • 5-8.5(kgf/cm2)
  • 0.5~0.7MPa
  • 0.98~2.26Mpa
  • 1.2~2.3MPa
  • 0.5~0.7MPa
  • 0.44~
  • 1.76~2.26MPa
  • 対応する釘の長さ
  • 13~38mm
  • 15・19・25・30・35mm
  • 10・13・16・19・22・25mm
  • シート釘27・32・38・40・45・50
  • 15・20・25・30・35mm
  • 15~40mm
  • 16~32mm
  • 50~75mm
  • ネジ25~41mm
  • 対応する釘の種類
  • フィニッシュネイル
  • ポケットネイル
  • N・CN・BN
  • ネジ
  • 主な用途
  • フロアネイラー
  • リフォームからDIYまで幅広く
  • サイディング
  • 仕上釘打ちなど
  • 仕上釘打ちなど
  • 内装ボード
  • 下地・躯体・鋼板3.2mm・コンクリート
  • 木下地から鋼製下地まで幅広く

まとめ

人気の釘打ち機をランキング形式で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。釘打ち機は使い方を間違えると非常に危険な工具なのでしっかりと安全に使用できるかどうかもチェックしてから購入し、安全にリフォームやDIYなどを楽しんでみて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ