記事ID138020のサムネイル画像

【大人気!愛車がピカピカに】おすすめの洗車ブラシランキング10選

洗車ブラシは愛車をキレイに洗う際に必須のアイテムですが、しっかり車や洗う場所に合った製品を選ばないと逆に愛車を傷つけてしまう場合があるので注意が必要です。今回はおすすめの洗車ブラシの種類や選び方を紹介します。愛車をピカピカにしたい方は必見です。

洗車ブラシは泡立ちが大事なポイント

洗車ブラシで重要視されがちなのはブラシの硬さですが、泡立ちが続く時間もしっかりとチェックしておくべき大事なポイントの1つです。泡立ちが悪く長く続かないと何度も洗剤を使用する必要があるので経済的な面でもおすすめできません。

 

また車のボディ部分の洗浄は素早く行う必要もあるため何度も泡を付け直して洗浄していては最初の方に洗っていた部分が渇いてしまったりします。そうなるとキレイに洗車する事も難しくなってしまうので泡立ちが長続きする製品から選ぶのも大事です。

 

泡立ちの良さや長く続くかどうかは実際に使用してみないと分からない部分ではありますが、現在では口コミやレビューから知ることも可能な場合が多いので泡立ちに関してもしっかりと情報をチェックしてから選ぶようにしましょう。

洗車ブラシの選び方

洗車ブラシは一見すると同じような製品が多いですが素材や最適な部位などがしっかりと設定されている事が多いので自分のニーズに合った製品から選ぶのが大事です。

洗車ブラシの素材から選ぶ

洗車ブラシには大きく分けると3つの種類に分類できます。それぞれメリットやデメリットがあるので自分が使いやすいと感じる素材から選ぶようにしましょう。

動物繊維の製品から選ぶ

動物繊維素材を採用した洗車ブラシの特徴は何よりもブラシが柔らかいというのが大きな特徴です。そのため傷が付きやすい車のボディを洗車するのに最も最適な種類です。主に馬や羊、豚などの毛を使用している場合が多いです。

 

動物繊維の中でも柔らかさなどに違いがあるので洗車する部位に合わせて種類を選ぶのが大事なポイントです。羊毛は動物繊維の中でも非常に柔らかくハンディモップの素材としても人気が高く愛車を傷つけたくない場合には特におすすめです。

 

馬の毛は薬品耐性が高いといわれており使用すればするほど馴染むような感覚になるのも馬の毛の特徴です。柔らかいのが特徴ですが力強く擦れば傷はついてしまうので過度に力を入れすぎないように注意が必要です。

食物繊維の製品から選ぶ

植物繊維の素材を採用している洗車ブラシは毛先が多くコシが強いのが特徴なので車などのボディを洗車すると傷がつきやすいので注意が必要です。そのため傷が付きやすいボディよりもホイールやタイヤに向いている種類です。

 

ホイールでもアルミホイールは傷がつきやすいので注意しましょう。植物繊維で使用されやすい素材はヤシやシダが多いです。どちらもブラシの硬さで言うと硬い部類に分類されるので使用する部位には気を付けて使用しましょう。

 

他にも麻などもよく使用され、麻は吸水性が高く水を1度含ませるだけで長く洗浄することができる点も特徴の1つです。植物繊維を使用した洗車ブラシは洗浄力が高いので汚れやすいタイヤなどの洗車ブラシによく使用されている種類です。

化学繊維の製品から選ぶ

化学繊維を採用した洗車ブラシは比較的に価格が安価に設定されている製品が多いのが特徴で一般的にはプラスチックを使用しています。その中でもポリプロピレンやポリエチレンなどと違う素材を使用しています。

 

植物繊維を使用した製品と同じでコシが強くブラシは硬い部類の製品が多いですが、加工によっては柔らかくなるのでしっかりと硬いか柔らかいかチェックしてから購入するようにしましょう。様々な耐性があるので使いやすいです。

 

化学繊維を採用した洗車ブラシは流通量も多くデザインも豊富な製品が多いので多くの製品から選べる点が上記で紹介した種類とは違う特徴の1つです。自分が気に入った素材を使用した洗車ブラシを使用するようにしましょう。

ブラシの硬さから選ぶ

上記でブラシの素材について紹介しましたが、選ぶ際は素材と同じぐらい硬さも重要になります。しっかりと硬さもチェックしておきましょう。

柔らかい製品から選ぶ

ブラシが柔らかい場合は主に車やバイクのボディ部分を洗車するのに最適です。ボディの塗装部分は特に傷が付きやすいので柔らかい洗車ブラシで洗浄するのがおすすめで、硬いブラシでは不向きな部分です。

 

またホイールもアルミホイールは他のホイールよりも傷がつきやすい場合が多いので柔らかい洗車ブラシで洗浄する方も多くいます。一般的に傷が付きやすい部分には柔らかい洗車ブラシを使用するようにするのが大事なポイントです。

硬い製品から選ぶ

ブラシが硬い洗車ブラシは汚れが多いホイールやタイヤ部分の洗浄に最適です。特にタイヤは溝が多く汚れが中まで入り込んでいる場合が多いので毛先がしっかりしている硬いブラシじゃないと汚れが落としにくいです。

 

またホイールも中の方が汚れやすいので硬いブラシでしっかりと汚れを落とす必要があるので硬いブラシがおすすめです。このように洗う部位によって硬さを変えて洗車するのが洗車の鉄則なのでしっかりとブラシの硬さを合わせるようにしましょう。

洗う場所に最適な製品から選ぶ

ブラシの硬さだけでなく形状や持ちやすさ、サイズなどによっても最適な洗える部位が違うのでしっかりと最適な製品から選ぶようにしましょう。

部分専用ブラシから選ぶ

洗車ブラシは素材やブラシの硬さが違うことは上記でも紹介しましたが、最近の製品はしっかりとどこの部位に最適化を事前に表記してくれている製品が多いので自分が洗いたい場所に最適な洗車ブラシを購入するようにしましょう。

 

ボディ用やタイヤ・ホイール用というように表記されているので間違えることなく購入できるので特に気を付ける必要もないですが、万が一ということもあるので自分が洗いたい場所に最適な商品から選ぶのが大事なポイントです。

車高が高ければロングタイプを

持ち手の部分が伸縮する製品だったり、元から長い製品は車高の高い車を洗車するのにおすすめです。一般車でも天井を洗浄しようとすると少し台が必要になるので車高が高い車に乗っている方は伸縮するような製品を選ぶのがおすすめです。

 

何度も台に上り下りするのは面倒なだけでなく事故にも繋がってしまいます。車高は最初から分かっている部分なので高い場所でも洗える洗車ブラシを選ぶようにしましょう。

通水タイプの製品から選ぶ

値段は高くなってしまいますが通水タイプの洗車ブラシも非常に人気が高いです。洗車ブラシにホースを取り付けられるタイプでブラシで洗浄しながらホースから水が出るので片手で水を流しながらブラシで洗浄が可能な便利な商品です。

 

また洗剤ボトルが付けられる製品だと泡立てた泡も一緒に出せるので、いちいち持ち替えて洗浄する必要がないので便利です。ただし通水タイプを購入する際は自分のホースに対応しているかどうかチェックしてから購入しましょう。

 

通水タイプの中にはブラシ部分が回転する製品も販売されています。自分で腕を動かす必要がないので非常に便利ですが細かい部分の汚れを落とすなら自分で洗った方が確実性が高いので、自分が気に入った方法で洗うのがおすすめです。

人気の洗車ブラシのランキング10選

ここから人気の洗車ブラシをランキング形式で紹介します。洗車ブラシは洗う部位に合わせた製品を選ぶのが大事なポイントになるのでしっかりと選ぶようにしましょう。

第10位

Amazonベーシック(AmazonBasics)

ホイールブラシ ショートハンドル

価格:978円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ショートハンドルで狭い場所の洗浄に最適

ショートハンドルになっているので握りやすく洗いやすいホイール用の洗車ブラシです。こちらの商品はショートハンドルだけでなくロングハンドルの種類も展開されているので興味がある方は調べてみてください。

 

ブラシ先端は柔らかいので車の塗装やクロム仕上げなども傷つける心配がない点もおすすめのポイントで洗車初心者の方も使いやすい人気の商品です。ブラシ周囲にはゴム製のバンパーが取り付けられているので当たっても傷をつける心配がありません。

 

グリップもラバー製になっているので滑りにくく本体の下部には吊り下げようの穴が付いているので保管する際も引っ掛けるだけで保管できるのでおすすめです。価格もリーズナブルな非常に人気の高い洗車ブラシです。

サイズ全長34cm重量204g
ブラシの素材適用部位ホイール全般
握りやすさ通水×
第9位

株式会社タロウワークス

タイヤ洗車ブラシ プロフェッショナル

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

毛先の耐久性は抜群

タイヤ洗車ブラシですがタイヤだけでなくフロアマットなどの洗浄も可能な使い勝手の良い洗車ブラシです。プロフェッショナル仕様となっているので品質が高く、もう少し奥や中まで洗いたいにしっかりと応えてくれます。

 

ブラシ本体は軽量なので長時間の洗浄でも疲れを感じにくく人間工学に基づいた形状をしているので非常に洗いやすい点もおすすめのポイントです。ブラシはしなることがないのでちっかりと力強く使用することができます。

 

また毛は非常に耐久力もあるので長い期間使用しても負けることがありません。洗車の中でもタイヤの洗車は非常に時間がかかる面倒ですが、こちらの商品を使用すれば面倒なタイヤの洗浄も楽しい時間に早変わりする人気の商品です。

サイズ210㎜×64㎜/毛・25mm重量118g
ブラシの素材適用部位タイヤ
握りやすさ通水×
第8位

ハンディクラウン(Handy Crown)

やわらかマルチブラシ

価格:650円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車内外の隙間に使える

車外の細かい隙間だけでなく車内の隙間にまで使用ができる非常に使い勝手の良い商品です。車内であっても隙間は非常に多くクーラーの通風口やサイドブレーキ周囲の隙間などの洗浄に最適です。

 

エンブレムの窪みやホイールのナットやボルト部分の洗浄にもしっかり使用が可能で見えない部分の隙間の洗浄ができるので非常に愛車がキレイになります。また、こちらの商品は他の部位用の種類も販売されているので自分のニーズに合った種類から選べます。

 

スリム設計になっておりブラシ部分の毛が非常に長いので奥までしっかり毛が入り込み洗浄します。毛も柔らかく車の塗装などを傷つける心配もなく車内での使用時も奥に入り込んだゴミやホコリをしっかりとかき出してくれます。

サイズ23.2x10x0.2cm重量59g
ブラシの素材適用部位車内外の隙間
握りやすさ通水×
第7位

チャミ

洗車ブラシ 5本セット

価格:2,039円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お得な5本セット

洗車ブラシが5本セットになったお得な商品です。5本セットでこのお値段なので非常にリーズナブルで人気が高くサイズ違いになっているので細かいエンブレム部分の洗浄など様々な場所に使用ができます。

 

またブラシ自体も水洗いが可能なので長く衛生的に使用ができる点もおすすめのポイントで手では洗浄できない細かい場所に最適です。ブラシの素材には豚毛をしており非常に柔らかいため愛車を傷つける心配がありません。

 

ハンドルの素材にはPPを使用しているので握りやすく洗いやすい点も人気の理由の1つで洗車ブラシの下部には穴が開いているので保管する際にも非常に便利なだけでなく洗った後に乾かす際も引っ掛けて乾かすことが可能で乾きが早いです。

サイズ20.5cm/22cm/22.5cm/23cm/24cm重量300g
ブラシの素材豚毛適用部位様々
握りやすさ通水×
第6位

ハンディ・クラウン(Handy Crown)

ソフトブラシ ホイール用

価格:842円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミホイール用のソフトブラシ

新開発の中空糸先割の洗車ブラシです。ホイールを傷つける心配がないソフトブラシでアルミホイール用となっている商品で、圧倒的な洗いやすさで非常に人気が高くスポークでもディッシュでも洗いやすいので高い人気を得ています。

 

また、こちらの商品はホイール用だけでなくマルチ用など様々な部位に合わせた種類が多く販売されているので他の部位に最適な洗車ブラシが必要ならチェックしてみてください。全長が27cmと短いので小回りがよく利きます。

 

ホイールの奥まで洗浄しやすいように設計された先端形状でしっかりキレイに洗浄が可能な商品で、ホイールナット周りの細かい場所の洗浄にも最適です。レビューでも非常に持ちやすくしっかり汚れも落とせるので重宝しています。との声が挙がっています。

サイズ全長270mm重量191g
ブラシの素材適用部位アルミホイール
握りやすさ通水×
第5位

MATCC

改良版 洗車ブラシ

価格:998円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2個セットで様々な用途に使える

ホイールブラシとタイヤブラシが2個セットになった使い勝手の良い人気の商品です。タイヤブラシはしっかりと硬くホイールブラシは柔らかいブラシになっているので愛車に傷をつける心配がなく洗車が可能です。

 

グリップが太く握りやすいのでしっかりと力を入れて洗車することができるだけでなく滑りにくくなっている点もおすすめのポイントです。曲線デザインになっているのでタイヤの溝などに入り込んだ汚れもしっかりと落とすことができます。

 

吊り下げようの穴も本体の下部に付いているので収納する際にも便利で、ホイール用とタイヤ用のブラシですが家庭での床掃除などの際にも使用ができるので多岐に渡って活躍が見込める大人気の商品です。

サイズ28.5x17.5x5cm重量449g
ブラシの素材プラスチック適用部位ホイール・タイヤ
握りやすさ通水×
第4位

ソフト99(Soft99)

洗車ブラシ EZ WASH

価格:443円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ディンプル加工で洗浄力アップ

スポンジ部分がディンプル加工になっているのでただのスポンジよりも洗浄力が遥かにアップしている人気の洗車ブラシです。グリップ部分はABS素材を使用しているので滑りにくく持ちやすいので洗いやすい点も人気の理由の1つです。

 

スポンジ部分の素材には丈夫で耐久力もあるポリウレタンを採用しているので長く使用することが可能で価格も非常にリーズナブルなので試しに洗車ブラシを使用して見たい方にもおすすめできる商品です。

 

全長は33cmしかないため保管する際も邪魔になりにくい点もおすすめのポイントで本体の下部に吊り下げ用の穴も開いているので水洗いした後に吊り下げて乾かすことも可能です。レビューでも安いし使いやすいです。といった声が挙がっています。

サイズ140×90×360×mm重量118g
ブラシの素材ポリウレタン適用部位
握りやすさ通水×
第3位

キーパー

手洗い洗車用モップ ラ・モップII

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

羊毛100%で柔らかい

素材に羊毛100%を採用したハンディモップです。化学繊維では実現しにくい動物繊維ならではの柔らかさで愛車のボディを傷つける心配がなく洗車が可能です。またハンディモップなので力加減が自分の匙加減で可能なので洗いやすいです。

 

また自分の手で洗っている感覚で洗えるのでしっかりと細かい部分までキレイに洗車が可能なので非常に人気が高いです。プロ仕様品となっているので品質が高く抜群のフィット感がある点もおすすめのポイントです。

 

毛の密度と柔らかさがNo.1であるオーストラリア産の羊毛を100%使用しており車に優しく素早く洗車が可能な商品です。レビューでも、こちらの商品を使用したらスポンジには戻れない。といった声も挙がっており高い人気を得ています。

サイズ20×25cm重量99.8g
ブラシの素材羊毛100%適用部位自動車ボディ
握りやすさ通水×
第2位

八ツ矢工業

PPカーウォッシュ

価格:450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな洗車ブラシ

形状も非常にシンプルな洗車ブラシです。シンプルなだけに性能が非常に高くしっかりと汚れを取ってくれる人気の高い商品です。洗車用だけではなく家庭の浴槽など他の場所の洗浄にも使用が可能なので使い勝手が良いです。

 

サイズが大きいのでしっかりと広い範囲を洗浄することが可能な点もおすすめのポイントで、シンプルなだけに価格もリーズナブルなので非常に人気が高いです。ブラシの素材にはポリプロピレンを使用しているので耐久力も抜群です。

 

柄部分の素材にはポリエチレンを採用し握りやすい形状になっているので滑ることなくしっかりと握れるので力強く洗浄することができます。レビューでも浴槽洗い用として購入しましたが一気にキレイにできました。との声が挙がっています。

サイズ全長380mm重量約150g
ブラシの素材PP適用部位
握りやすさ通水×
第1位

AZ(エーゼット)

3面チェーンブラシ

価格:350円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3面ブラシで洗浄力が抜群

こちらの商品は洗車ブラシではありますが、用途がバイクのチェーン用と限定的な商品となっています。3面ブラシはバイクのチェーンを様々な角度から洗浄することが可能となっているので洗浄力が非常に高いです。

 

また3面ブラシの反対側は非常に長いブラシになっているので奥にある汚れまでしっかり洗浄することが可能な点もおすすめのポイントです。ブラシの素材は耐久力もあるナイロンを採用しているので長く使用することができます。

 

シール入りチェーンにも安心して使用が可能な点も人気の理由の1つで、価格がリーズナブルな点もあり高い人気を得ている3面ブラシです。レビューでも素早くキレイになるので洗車にかかる時間が短くなりました。との声が挙がっており人気になっています。

サイズブラシ幅1.5cm重量
ブラシの素材ナイロン適用部位バイクチェーン
握りやすさ通水×

洗車ブラシのおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5045572の画像

    AZ(エーゼット)

  • 2
    アイテムID:5045566の画像

    八ツ矢工業

  • 3
    アイテムID:5045565の画像

    キーパー

  • 4
    アイテムID:5045562の画像

    ソフト99(Soft99)

  • 5
    アイテムID:5045557の画像

    MATCC

  • 6
    アイテムID:5045549の画像

    ハンディ・クラウン(Handy Crown)

  • 7
    アイテムID:5045539の画像

    チャミ

  • 8
    アイテムID:5045533の画像

    ハンディクラウン(Handy Crown)

  • 9
    アイテムID:5045527の画像

    株式会社タロウワークス

  • 10
    アイテムID:5045523の画像

    Amazonベーシック(AmazonBasics)

  • 商品名
  • 3面チェーンブラシ
  • PPカーウォッシュ
  • 手洗い洗車用モップ ラ・モップII
  • 洗車ブラシ EZ WASH
  • 改良版 洗車ブラシ
  • ソフトブラシ ホイール用
  • 洗車ブラシ 5本セット
  • やわらかマルチブラシ
  • タイヤ洗車ブラシ プロフェッショナル
  • ホイールブラシ ショートハンドル
  • 特徴
  • 3面ブラシで洗浄力が抜群
  • シンプルな洗車ブラシ
  • 羊毛100%で柔らかい
  • ディンプル加工で洗浄力アップ
  • 2個セットで様々な用途に使える
  • アルミホイール用のソフトブラシ
  • お得な5本セット
  • 車内外の隙間に使える
  • 毛先の耐久性は抜群
  • ショートハンドルで狭い場所の洗浄に最適
  • 価格
  • 350円(税込)
  • 450円(税込)
  • 2376円(税込)
  • 443円(税込)
  • 998円(税込)
  • 842円(税込)
  • 2039円(税込)
  • 650円(税込)
  • 680円(税込)
  • 978円(税込)
  • サイズ
  • ブラシ幅1.5cm
  • 全長380mm
  • 20×25cm
  • 140×90×360×mm
  • 28.5x17.5x5cm
  • 全長270mm
  • 20.5cm/22cm/22.5cm/23cm/24cm
  • 23.2x10x0.2cm
  • 210㎜×64㎜/毛・25mm
  • 全長34cm
  • 重量
  • 約150g
  • 99.8g
  • 118g
  • 449g
  • 191g
  • 300g
  • 59g
  • 118g
  • 204g
  • ブラシの素材
  • ナイロン
  • PP
  • 羊毛100%
  • ポリウレタン
  • プラスチック
  • 豚毛
  • 適用部位
  • バイクチェーン
  • 自動車ボディ
  • ホイール・タイヤ
  • アルミホイール
  • 様々
  • 車内外の隙間
  • タイヤ
  • ホイール全般
  • 握りやすさ
  • 通水
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×

まとめ

洗車用ブラシは一見すると似ている商品が多いですがブラシの硬度や握りやすさなど個人によって使いやすい製品は違います。そのため洗いたい部位や自分の愛車の種類、自分が握りやすい製品をしっかり選んで愛車をピカピカに磨いてあげましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ