記事ID138019のサムネイル画像

【さまざまな形態】マキタの掃除機おすすめ人気ランキング10選を紹介

マキタは業務用の掃除機を主に提供している工具メーカーです。一般家庭用のコードレス掃除機を販売しており、タイプもさまざまです。精力的に販売しており、吸引力の高さ、バッテリーの性能の高さからユーザーからの支持も厚く信頼のあるメーカーの商品となっています。

マキタの掃除機の魅力

マキタは日本において業務用掃除機の販売数のトップシェアを誇るメーカーです。それだけでなく一般家庭用にも主にコードレス掃除機を販売しており、その吸引力の高さやバッテリー性能の高さから多くのお客さんから支持されています。

 

バッテリー性能の高さが生み出す利点としては短い充電時間で長時間使用することが可能であるという点です。一般的なコードレス掃除機の充電時間3~4時間のパフォーマンスをわずか20分の充電時間で体現させることが可能です。

 

業務用掃除機を作り続けていることから、掃除しやすい機体の重さにも熟知されている為、一般的な掃除機の重量よりも約1kgほど軽くなるように仕上げられています。今回はそんなマキタの掃除機について紹介していきましょう。

 

マキタの掃除機の選び方

シェアの多くを占めているコードレス掃除機にもさまざまな種類が用意されています。ここからはそのタイプごとの違いについて紹介していきます。

3種の集塵方法から選ぶ

マキタの掃除機には主に3種類の集塵方法が存在しています。まずは、それぞれ3つの集塵方法に関するメリットやデメリットについて紹介していきます。

サイクロン式

サイクロン式は吸引したごみを遠心力によりごみと空気を分離することで掃除していくタイプです。主なメリットとしては、ごみと空気が分離されることで排気される空気が汚れておらず清潔であるということです。

 

また紙パック式くらいの交換コストはかかりません吸引力も持続されるので本体にかかるコストも低く抑えられるでしょう。デメリットは頻繁にごみ捨てを行う必要があります。加えてごみを捨てる際にほこりが舞いやすいという点でしょう。

 

こちらのタイプを購入した後の注意としてはフィルター掃除をこまめに行う必要があることです。紙パック式の場合は不要ですが、サイクロン式の場合吸引力にも影響するので定期的に行うことが求められます。

カプセル式

カプセル式の掃除機とは紙パック式でいく紙パックやサイクロン式のフィルターの代わりに本体カプセルに直接ごみを集塵するタイプのことを表します。容量も紙パックよりも大きくカプセルをひねるだけでごみを捨てることができるので非常に便利です。

 

ごみを捨てるタイミングも自分の裁量で行えるので、こまめに捨てていれば吸引力も安定します。さらに本体はどのタイプよりも軽量仕様なので、掃除のしやすさも抜群です。デメリットを上げるとするならばカプセルを覆うフィルターを水洗いしなければならないところです。

 

吸引力や耐久性には優れていますがメンテナンスはしっかりおこなわなければならないので、そこが難点です。

 

 

パック式

掃除機が販売されている歴史の中で最もオーソドックスな方式といえるのがこちらの紙パック式です。ごみがたまれば紙パックをそのまま放棄することで交換完了となっている為、衛生面ではこれに勝るものをありません。

 

さらにごみ捨ての回数も最も少なく済むのでめんどくさがり屋な人にもおすすめです。吸引力も高く人気のタイプではありますが、やはり交換コストをネックに思う方も多数いらっいます。

 

もう1つのデメリットとしては排出される空気がごみと一緒に処理されるので臭いであったり細かい粉塵が飛び散ってしまうということです。以上の観点を鑑みて購入を検討してください。

補足:アタッチメントの使用でタイプ変更

既にマキタのフィルター式掃除機を購入されたという方で、紙パックを交換する作業が面倒になってきたという方や、サイクロン掃除機を今まで購入したことはないけれど試してみたいなと検討されている方はサイクロンアタッチメント A-67169の購入を検討してみてもいいでしょう。

 

マキタより販売中のスティック掃除機のみの対応にはなりますが、紙パック式の掃除機をサイクロン式に切り替えることが可能です。すでにこちらのアタッチメントを使用したことのある方の意見としては吸引力の衰えを感じることはなく、快適に掃除を進めることができているとのことです。

電源入力方式で選ぶ

マキタのスティック掃除機の電源入力方法が2種類存在します。1つがトリガー式、もう1つがボタン式です。2つの方式の違いについて簡単に説明していきます。

トリガー式

トリガー式とは引き金を引くことにより電源のオンオフを切り替えることができる方式のことです。つまり、吸引している時間は常にトリガーを引き続ける必要があります。長時間の掃除には向きませんが、細かいところを掃除したりする場合はすぐに切り替えができるこちらのタイプがおすすめです。

 

集塵方式についてですが、トリガー式掃除機はカプセル式対応のみになっています。そのあたりの様子も鑑みて購入を検討しましょう。

ボタン式

ボタン式は他メーカーの掃除機をこれまで使っておられた方にもなじみの深いタイプでしょう。初めて購入する方向けに簡単に概要だけ記しておきます。ボタン式掃除機の最大の特徴は吸引力の強弱を変更することができる点にあります。

 

掃除をする時間帯や掃除をする場所(畳、カーペット、フローリング)に応じて切り替えることができます。さらにトリガー式とは違いボタンを押し続けなければならないことはなく、長時間の掃除を行う際にはこちらが最適でしょう。

充電方式の違いで選ぶ

直接充電方式

直接充電方式とはバッテリー内臓タイプの掃除機です。メリットとしては充電しながら掃除を行うことができる為、利便性は高いと思われがちですが充電が完了してから使用するとなると3~4時間待たなければならないデメリットを抱えているが故でもあります。

 

バッテリーの交換も難しいとの意見もあるので、そのほかの機能を気にっているわけではない場合はあまりおすすめできないタイプでしょう。

外付け充電方式

外付け充電方式は本体に取り付けられているバッテリーを取り外し専用の充電器に装着することで充電していきます。充電時間も比較的短く隙間時間に充電しておけば問題なく使用可能でしょう。

 

交換用のバッテリーを購入しておけば、トラブルが起きたとしてもすぐに交換したり、充電が切れてしまった場合のスペアのバッテリーを用意したりすることができるのでおすすめです。

主なバッテリーの電圧で選ぶ

マキタの用意する掃除機はバッテリーの電圧の違いにより重量、機能面も異なります。電圧ごとの違いについて簡単に紹介します。

7.2Vのバッテリー

マキタの掃除機の中で最も低い電圧のバッテリーが7.2Vです。小型で軽量、価格も抑えられることから特定の部屋用の掃除機のような用途に使用されています。使用年度や使用回数にもよりますが強モードで12分、標準モードで24分が連続使用時間となっています。

 

バッテリーのサイズが小さい分どうしても容量も少なくなりますが、長時間使用を見込まれていない方にはおすすめです。

10.8Vのバッテリー

10.8Vのバッテリーは軽さは求めるけれど、7.2Vくらいの吸引力では物足らないという方におすすめの商品です。これより上位機種の高機能モデルには劣りますが、家庭内における多少のごみならば問題なく吸引することから、人気の高いシリーズになっています。

14.4Vのバッテリー

このクラスより上のバッテリーは家庭向けの販売ももちろん行われていますが、どちらかとううと業務用モデルとされています。建設現場などのハードな現場でも問題なく動作するので、そういった用途におすすめです。

18Vのバッテリー

こちらのモデルはバッテリータイプは最もマキタの中で最も強い吸引力を発揮してくれるタイプとなっています。14.4Vよりも18Vの方が生産量が多く業務用としても主力を担っています。バッテリー重量としてはどちらもあまり変わらないので、新規購入を検討されている方はこちらがおすすめです。

マキタの掃除機ランキング10選

第10位

マキタ(Makita)

CL100DW

価格:13,361円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴミ詰まりを改善してスムーズな掃除を

10位にランクインしたのはCL100DWという機種です。こちらのモデルはマキタが販売している商品でも最軽量モデルになっており、総重量は1kgを切る0.88kgなので物置の上の誇りがたまりやすい位置に対しても使用可能です。

 

スイッチの方式はトリガー式ということで、短い時間で細かいところを掃除する時に適しているモデルになっています。またそういう掃除を行いたいときに活躍するT型ノズルも付属しているのでソファーや棚の下の掃除にも対応しています。

 

安定の良いローラー構造とゴミ詰まり軽減してくれる構造になっているので、長期間メンテナンスをすることもなく掃除を行うことも可能にしてくれます。

バッテリー10.8Vスイッチ方式トリガー
第9位

マキタ(Makita)

CL105DW

価格:10,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格を抑えたい方はこちら

9位にランクインしたのは CL105DWです。こちらのモデルは販売されたのが少し前で、機能も最小限に抑えられていることから価格は抑えめになっています。しかし、一人暮らしの方やたまに掃除するだけであるという方にはおすすめの商品でしょう。

 

充電時間は比較的長くなりますが、吸引力はパワフルモードを搭載することで「強」モードでは約40%のパフォーマンスアップを実現しておりフローリングの隙間やサッシの溝のゴミも丁寧に吸い上げてくれます。

 

期待自体はとてもコンパクトに仕上がっており、ホウキのように扱うことができることから業務用掃除機としても評価されているので、マキタの掃除機を初めて購入するという方にもおすすめです。

バッテリー10.8Vスイッチ方式ボタン
第8位

マキタ(Makita)

CL140FDRFW

価格:24,165円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LED搭載で暗いところでも活躍

8位にランクインしたのはCL140FDRFWです。こちらのモデルはLEDを搭載することで暗い現場でも楽に掃除することが可能になりました。手が届きにくくなかなか内情がわからない溝などにも使用することが可能です。

 

大容量の集塵カプセルを搭載しており650mlがたまるまでは交換、ごみ捨て不要です。これにより大幅にごみ処理の回数を減らすことに成功しました。バッテリーは14.4Vとマキタ掃除機の中ではパワフルな分類に位置づけされます。

 

バッテリーにはリチウムイオン電池を採用しているので同シリーズの電動工具の使用することも可能です。しかし、スイッチ方式がトリガー式なのであまり長時間の使用には向いていないでしょう。

バッテリー14.4Vスイッチ方式トリガー
第7位

makita

CL105DWN

価格:10,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絨毯の掃除もこれ1つで

7位にランクインしたのは絨毯のお掃除もこれ1つで大丈夫なCL105DWN です。ブラシにはフローリング等の床を磨くことができる床磨きブラシと絨毯の上の取りにくいごみを簡単に取り除いてくれる毛とりブラシがあります。

 

隙間の奥の奥まで掃除することができるノズルも装着されているので幅広い場所のお掃除が簡単です。また収納しやすいようにまっすぐ立てやすい設計になっており省スペースにも役立ちます。

 

旧モデルよりも改善された吸引力と駆動時間が向上してる新モデルをぜひ体験してみてください。

 

 

バッテリー10.8Vスイッチ方式ボタン
第6位

マキタ(Makita)

CL072DSH

価格:11,684円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格だがパフォーマンスは良

6位にランクインしたのは CL072DSHです。こちらのモデルは低価格帯の商品として位置づけられていますが、軽量かつバッテリーの持続時間も高価格モデルに劣らないことから人気を博しています。

 

こちらのモデル方紙パックの収納ケースにはフロントカバーが採用されるようになりごみ捨ての処理もかなり楽になりました、さらに充電量の確認も容易になりました。ボタンの下の赤色LEDランプが点滅するとバッテリ切れをお知らせしてくれます。

 

吸引力はそれほど強くありませんが、新生活の始まりで1台も所有していない方にはおすすめです。

 

バッテリー7.2Vスイッチ方式ボタン
第5位

マキタ(Makita)

CL180FDRFW

価格:24,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパワーモデルを始めたい方

5位にランクインしたのは CL180FDRFWです。こちらの商品はマキタの中でも最高峰のバッテリーパワーの18Vを有しています。吸引力は驚異の37Wを発揮し大方のごみであればきれいに吸い上げてくれます。

 

バッテリーのパワーに比重して重量も重たくなりがちですが、こちらの掃除機は総重量1.4kgとそれほど重たくないので掃除の際に困ることもないでしょう。ノズルなしでも吸い取りしやすいように吸引口も斜めカットになっているので掃除のやりやすさという点でもおすすめです。

バッテリー18Vスイッチ方式トリガー
第4位

マキタ(Makita)

CL142FDRFW

価格:25,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重量がありすぎるのが苦手な方に

4位にランクインしたのは別売りのCL182タイプより吸引力は控えめでも構わないから、できれば軽量の掃除機を使用したいという方におすすめのCL142FDRFWです。バッテリータイプは14.4Vなので、全体としては吸引力は高い位置に分類されるので心配ありません。

 

斜めカットの吸引口やダストパックにフロントカバーを装着したりワンタッチスイッチによる連続運転のような基本的な装備に関してももちろん搭載されています。

 

さらに、ごみストッパというごみがこぼれ落ちる現象を食い止めてくれるものまで搭載されているので、アフターケアーもばっちりです。

バッテリー14.4Vスイッチ方式ボタン
第3位

マキタ(MAKITA)

CL182FDRFW

価格:24,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワー、使用時間ともに良

3位にランクインしたのはパワー、使用時間ともに最高峰のCL182FDRFWです。ここまで紹介してきた中で薄々気づいている方もいらっしゃるでしょうが、やはりパワーを求めるならば紙パック式のものを選びましょう。

 

その上でどのようなバッテリーが搭載されているのかを確認することが求められます。こちらの機種は18Vで電動工具などにも使われている商品なので、パフォーマンスに関してはなんら問題ありません。

 

使用時間は強で20分、標準モードで40分くらいが目安になっています。一般家庭から建設業、清掃業の方まで幅広く使っていただけるモデルでしょう。

バッテリー18Vスイッチ方式ボタン
第2位

マキタ(Makita)

CL108FDSHW

価格:13,431円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ良の新機種

2位にランクインしたのは満を持して発売された新モデルでコストパフォーマンスに優れる CL108FDSHWです。このモデルの最大の特徴はバッテリーはそれほど協力ではありませんが、吸引力の強さを3段階切り替えることができるところでしょう。

 

最も強いタイプのパワフルモードにすると吸引力が30Wまで上がるためほとんどのごみは吸い取り可能でしょう。カプセル方式を採用しているタイプですが、上記で紹介したアタッチメントを装着すればサイクロン式にも変更可能です。

 

これまでマキタの掃除機を使ったことがないという方の入門モデルとしても強くおすすめのタイプとなっています。

バッテリー10.8Vスイッチ方式ボタン
第1位

マキタ(Makita)

CL107FDSHW

価格:14,013円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最もバランスに優れたタイプ

1位にランクインしたのはこれまで紹介した中で最もバランスに優れているとされているCL107FDSHWです。こちらもバッテリーパワーはそれほど優れていませんが、パワフル、強、標準の3つのモードに切り替え可能です。

 

別売りのバッテリーを装着すればパワフルモードで最長27分も持続するので、使用時間を期されている方にもおすすめです。ほかにもノズルなしで掃除することも可能な斜めカット吸引口のようなおなじみの機能も搭載されています。

 

どれを購入すべきか悩まれた方はぜひこちらを購入してみてはいかがでしょうか?

バッテリー10.8Vスイッチ方式ボタン

マキタの掃除機の商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5049878の画像

    マキタ(Makita)

  • 2
    アイテムID:5049875の画像

    マキタ(Makita)

  • 3
    アイテムID:5049873の画像

    マキタ(MAKITA)

  • 4
    アイテムID:5049860の画像

    マキタ(Makita)

  • 5
    アイテムID:5048817の画像

    マキタ(Makita)

  • 6
    アイテムID:5048810の画像

    マキタ(Makita)

  • 7
    アイテムID:5048291の画像

    makita

  • 8
    アイテムID:5047835の画像

    マキタ(Makita)

  • 9
    アイテムID:5047831の画像

    マキタ(Makita)

  • 10
    アイテムID:5047827の画像

    マキタ(Makita)

  • 商品名
  • CL107FDSHW
  • CL108FDSHW
  • CL182FDRFW
  • CL142FDRFW
  • CL180FDRFW
  • CL072DSH
  • CL105DWN
  • CL140FDRFW
  • CL105DW
  • CL100DW
  • 特徴
  • 最もバランスに優れたタイプ
  • コスパ良の新機種
  • パワー、使用時間ともに良
  • 重量がありすぎるのが苦手な方に
  • ハイパワーモデルを始めたい方
  • 低価格だがパフォーマンスは良
  • 絨毯の掃除もこれ1つで
  • LED搭載で暗いところでも活躍
  • 価格を抑えたい方はこちら
  • ゴミ詰まりを改善してスムーズな掃除を
  • 価格
  • 14013円(税込)
  • 13431円(税込)
  • 24700円(税込)
  • 25180円(税込)
  • 24190円(税込)
  • 11684円(税込)
  • 10290円(税込)
  • 24165円(税込)
  • 10100円(税込)
  • 13361円(税込)
  • バッテリー
  • 10.8V
  • 10.8V
  • 18V
  • 14.4V
  • 18V
  • 7.2V
  • 10.8V
  • 14.4V
  • 10.8V
  • 10.8V
  • スイッチ方式
  • ボタン
  • ボタン
  • ボタン
  • ボタン
  • トリガー
  • ボタン
  • ボタン
  • トリガー
  • ボタン
  • トリガー

まとめ

今回はマキタ掃除機の特徴や選び方などを中心に紹介してきましたが、いかがでしたか。品番だけ見ているとなかなか違いを見出すことが難しいでしょうが、それぞれの持つ特性は異なります。故にランキングのみに頼らず自分に合った商品を選び方を参考に選んでいただけると幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ