記事ID138012のサムネイル画像

【寒さも負けない】ベンチコートのおすすめ人気ランキング10選

スポーツ時やウィンターシーズンなどに大活躍するベンチコート。ベンチコートは機能性に富んだアウターでその着用機会は多くあります。おしゃれで使えることも。今回はそんなベンチコートのおすすめをランキング形式でご紹介させていただきます。

レディースでも着用したいベンチコート

ベンチコートといえば、多くのかたが男性が着用している印象ですが、近年では女性の着用も目立ってきていて、ファッション性に富んだアイテムも多くなってきています。カラー展開やデザインも多くなっているで、自分の好きなアイテムが見つかるかもしれません。

 

ベンチコートは他の洋服と比べて、豊富な機能性を兼ね備えています。防寒対策はもちろんのこと、雨の時の防水機能、保温機能、防カビやアウトドアの際も活躍します。これだけの機能性を兼ね備えていながら、価格帯もお手頃なものが多いのでぜひチャレンジしてみてください。

 

温度対策として有効なベンチコートはサイズ感も重要で女性なら、レディースをしっかりと着用するようにしましょう。サイズが大きくて、身体とコートの間に間が空いてしまうと風が入ってきてしまい、効果が薄れてしまう恐れもあります。

ベンチコートの選び方

それでは実際にベンチコートの選び方を具体的にご紹介していきます。

コートの厚さで選ぶ

コートの厚さによって動きやすさが変わるので、着用に向いているシーンも変わってきます。

厚手のコート

ベンチコートを選ぶ時に、どれだけ寒さを凌げるかを重要視される方も多いと思われますが、そんな時には中綿の入った厚手のコートを選ぶようにしましょう。これらのコートは寒さから身を守ってくれます。

 

また、その分保温性もあるので、一旦温まってしまえば熱が逃げることなく長時間暖かさを持続させることができます。雨天時も内部に水分を浸透させずにいてくれます。しかし、一定以上含んでしまうと重くなってしまうので注意が必要です。

 

厚手のコートは薄手のものより、価格が高騰する場合があるのでそちらにも注意は必要です。厚手のものは比較的スポーツ用途のものが多いエスが、近年ではファッション性のある厚手のベンチコートもあります。

薄手のコート

コートを着る際に動きやすさを重視したい方は、薄いコートを選びましょう。薄いコートは機動範囲が多く様々なシーンで動きやすさを確保してくれます。また、ファッション性に優れているので、重ね着をすることも可能になります。

 

スポーツをする際も動きやすさをキープしたい場合は、薄手のベンチコートを選びましょう。ウィンターシーズンのスポーツ時に寒さから身を守ることは重要ですが、運動をすれば体温はある程度温まるので、薄手のベンチコートもおすすめできます。

 

薄手のコートでも素材によって、向いていむシーンなどが変わるので、ぜひご自分のニーズにあった一着を選んでいきましょう。薄手のものでも中に裏地がついていれば保温性はとても高いベンチコートになりますので、チェックして見てください。

着ていくシーンによって選ぶ

ベンチコートはタイプによってデザインが大きく変わるので、着ていく場所にあったコートを選びましょう。

機能性重視

購入するベンチコートは、どのようなシーンで着用するかによって選ぶべきコートが変わります。スポーツ時や着用するときは寒さから身体を守りたいという方にはデザインよりも機能性を重視したコートを選ぶことをおすすめします。

 

基本的にベンチコートの機能は防寒、防水、フードがあれば雨もしのげます。また最近のものは軽量化されたものが多いので、そういった機能にも注目していきましょう。また激しく動くシーンで着用する場合は、コートはボタン留めよりシッパータイプのものを選びましょう。

 

ポケット部分もジッパーになっていれば貴重品を落としてしまう心配もありませんね。機能性が優れているベンチコートは主にスポーツブランドから出されていることが多いです、そちらも把握しておきましょう。

ファッション性重視

ベンチコートを至福の時に着用したいという方は、もちろんファッション性が欲しいですよね。以前までベンチコートといえば、ファッションとは無縁でスポーティな印象がありましたが、近年ではファッション性に富んだデザインのもの多く発売されています。

 

レディースのベンチコートでファッション性を重視したい場合は、シルエットが細いタイプのコートを選びましょう。そうすればより私服にマッチして、女性らしいラインを印象づけることができます。

 

外みのキルティングのデザインもコートによって大きく変わるので、そちらにも注目して自分の好みに合うコートを探しましょう。ダウンコートを着用してもシルエットや、ディテールに注目すればファッション性に富んだスタイルを作ることはできます。

ディテールに注目する

コートなので、それぞれのディテールがとても変わるので自分に適切なコートを選びましょう。お好きなディテールでコートを選んでみても良いですよね。

フードに注目

ベンチコートといえばフードが付いていることがほとんどですよね。このフードのデザインもコートによって大きく変わります。最近では立体裁断といって、フードに立体感を持たせるように設計されたものもあります。

 

フードに厚みを持たせれば、かぶった時の保温性は高まりますし、薄い素材を着用すれば動きやすさが増します。そのように細かな点に留意すれば自分にぴったりのコートが見つかります。

 

また、二重構造のフードになっているものも多く、そうすればレジャーの際もとても役に立ちますね。襟がついていてさらにフードが付いていれば風も入ってこないので、防寒性はさらに高まります。

裏地に注目

コートといえば実は注目したいのが、裏地の存在。コートは外側のデザインや生地感に注目される方も多いですが、保温性や防寒をして、コートの購入を考えている方は実際に体に触れている内側の裏地に注目しましょう。

 

この裏地の生地によって保温性の良し悪しは決まります。内側に羽毛や特殊な加工のされた記事が採用されていれば、価格は高まりますが、保温性は高まります。せっかく購入しえ長期間しようするコートならしっかりと温めてくれるコートを選びたいですよね。

 

基本的にはベンチコートには中綿が入っていて、それでコートに厚みが出ています。それだけでも保温性はあるのですが、さらに裏地があり、それが体に触れていれば保温性は劇的に向上します。

丈感に注目

ベンチコートを選ぶ際に意識したいのが丈感。ベンチコートは基本的にはロング丈のkーとになるのですが、その長さはもちろんコートによってまちまちです。膝下のものもあれば膝上のものもあります。

 

基本的にスポーツ時や激しい運動の時に着用する場合は膝上のものが好ましいでしょう。やはり運動の際に膝下まで丈があるコートでは動きづらくなってしまいます。膝下丈であれば、女性らしいシルエットを作ることも可能になります。

 

ファッション的な用途で着用する場合には逆に膝下のコートが好ましいです。膝下丈のアウターはスタイルアップ効果があり、女性であれば気になるヒップのシルエットも自然に隠してくれます。

カラーに注目

ベンチコートも色々なカラー展開で発売されています。基本的には黒やホワイトが多いですが、中には柄の入ったデザインや派手なカラーのものも存在します。周りの方と被りたくない、他の人と差をつけたいという方にはカラーのついたコートをおすすめします。

 

また、スポーツをする際の団体やその他のイベントなどで着用する場合にはチームでカラーを合わせて購入するのもありでしょう。スポーツブランドが出しているベンチコートではカラーをオリジナルで作成することもできつので、気になる方はチェックしてみましょう。

 

ファッション的な要素でもカラーコートは差し色にもなりおすすめできます。近年ベンチコートはレディースを中心に流行っているので、色付きのコートはとてもおすすめできます。海外の有名セレブもカラーベンチコートを着用しているほどです。

ベンチコートのおすすめランキング10選

第10位

ミズノ

スポーツ ベンチコート

価格:10,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量素材

有名スポーツブランドのミズノから発売されているベンチコート。ポリエステルをメイン素材に使用したスポーツ向きなコートで、防寒性にも優れています。カラーはブラックの一色展開です。

 

ミズノは機能性アイテムを作ることに定評があり、スポーツの分野でも評価の高いブランドです。スポーツやアウトドアの際にベンチコートを着たい場合はこちらを選んでみましょう。価格帯も高価格ではないので、一着持っておくのはおすすめできます。

 

シンプルなデザインで、多くの方に着用していただける一着になっています。さらに袖にはボタンがついていて、自分で調節できる点も大きなメリットと言えるでしょう。袖がしっかりと密閉されていれば風が入ってこないので、さらに高い保温性を保てます。

素材ポリエステルタイプスポーツ
ファーなし
第9位

The NorthFace

アウトドア ベンチコート

価格:38,653円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レジャーにはもってこい

The NorthFaceが出している人気のベンチコート。The NorthFaceはアウトドアブランドでとても人気に高いブランドになります。その機能性はとても高く定評があり、近年ではデザイン性のも力を入れています。

 

このベンチコートはその高い機能性から、多くのシーンで活躍するでしょう。細部にまで徹底的に考え込まれたそのディテールはこの価格帯でも満足できるほどです。アーム周りはしっかりと体温を維持できるように細く設計されています。

 

またこのベンチコートは、ファッション的な用途で着用することもでき、The NorthFaceのベンチコートを私服で着用している方も近年では多くいます。もちろんその高い機能性、保温性はウィンターシーズンにはマストになってくるでしょう。

素材ナイロンタイプスポーツ・ファッション
ファーなし
第8位

ノーブランド

着痩せ ダウンコート

価格:3,438円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

着痩せ効果でスタイルアップ

着痩せ効果の高いこのベンチコート。着痩せ効果があるのは女性にはとても嬉しいポイントですよね。女性専用として設計されたシルエットとデザインでおしゃれに着こなすことができます。これで寒い冬も乗り切れますね。

 

保温性と快適さを考慮した、程よいコートの厚みで、ふわふわとした触り心地が特徴的な一着。愛らしさの中にさりげない上品さが垣間見えるこのコートは冬のマストアイテムになるでしょう。

 

価格帯もとてもお手頃で、複数買いしてもお値段がはらない価格となっています。カラーはブラックとグレーの2色展開で、お好きなカラーを選んで楽しんでみましょう。ダウンコートならではの大きめに入ったキルティングがとてもおしゃれですね。

 

素材ポリエステルタイプファッション
ファーなし
第7位

ノーブランド

軽量 ベンチコート

価格:6,650円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量素材でお出かけ楽チン

ポリエステル100%の軽量素材を使用した、とても軽いベンチコートになります。やはりアウターでも軽量のものを着用したいですよね、軽量であれば動きやすいので、活用シーンも増えるでしょう。

 

カラーはブラックの一色展開でシンプルなデザインになっています。中綿には上質なダウンを採用して触り心地もふかふかのコートになっています。また通勤や通学にも向いていて、どの年代の方にもおすすめできるコートです。

 

防風機能もついているので、汚したくない洋服を中に着用すればカバーすることもできます。フードも女性らしいふんわりとした設計になっているので、そちらもおすすめできる点です。

素材ポリエステルタイプファッション
ファーなし
第6位

ノーブランド

無地 ベンチコート

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなコートが欲しいならこちら

ディテールにわたるまで徹底してシンプルにこだわった一着。価格帯もとてもお手頃で初めてベンチコートに挑戦する方にもおすすめできます。カラーもベンチコートでは珍しい6色も展開しています。

 

また、他のベンチコートと違う点はフードにファーがついていて、機能性ファッション性ともに向上しています。機能面では、さらに防寒性がつき雨などの急な天候の変化にも対応することができます。

 

ファッション面でもファーがつくことにより、コーデにアクセントをつけることができます。カラー展開も豊富なので、ぜひ自分に合うぴったりの一着を見つけてみてください。大きめに設計されたキルティング加工が特徴的でおしゃれです。

素材ポリエステルタイプファッション
ファーあり
第5位

Mini Sunshine

防寒 ベンチコート

価格:1,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防寒対策もバッチリ

大きめのサイズのアウターをゆったりと着たいという方も中にはいるでしょう。そんな方におすすめなのが、XXLまで用意されたこの大きめサイズのベンチコート。ベンチコートは形状から、サイズ展開が用意できない中、こちらは注目です。

 

もう一つの特徴はその価格の安さ、コートというアウターでもアンダー2000円という安さで提供をしています。カラー展開も4色で展開しているので、色違いで購入してもいいかもしれません。

 

大きめのサイズでもシルエットは細身でさらに軽量仕様なので多くの方におすすめができます。コートの丈が下に行くにつれて広がっているので、そのシルエットも女性らしさを印象づけてくれます。

素材ポリエステルタイプファッション
ファーなし
第4位

ノーブランド

超ロング ベンチコート

価格:7,950円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丈の長いコートでスタイルアップ

アマゾンでも評価の高い、超ロング丈のベンチコート。ベンチコートを購入する際にその丈感には注目したいですよね。また、長い丈のコートが欲しい問い方もおられます。そんな方にはこのコートをおすすめします。

 

Sサイズでも着丈は115cmなので丈は長めになります。身長との差を考えて購入を考えましょう。カラーブラックのみの一色展開となっています。ボリューム感があるように見えますが、とても軽量でウィンターシーズンにはもってこいのベンチコートです。

 

素材にナイロンが使用されていることもありとても頑丈で、長期間にわたって着用したい方にもおすすめできます。丈感が膝下ということもあり女性らしさも演出することができ、上品な印象を与えてくれます。

 

 

素材ポリエステルタイプファッション
ファーなし
第3位

habille

ロング丈 ベンチコート

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファッション性も抜群

カラー5色展開のベンチコート。シンプルなデザインで多くの方におすすめできます。また、サイズ展開の幅も広く、最大で3XLまで展開されています。デザインのキルティングは大きめにデザインされていてそれもまた特徴的です。

 

チャックを上まで締めれば、首回りもカバーしてくれる襟付きで、寒さ対策もバッチリです。大きめにデザインされたフードがさらに可愛らしさを出してくれます。他のベンチコートに比べてフードの構造にこだわっている一着です。

 

価格帯もちょうどよく、一着購入すればウィンターシーズンには対応できるバランスのとれた一着となっているでしょう。

 

 

素材ポリエステルタイプファッション
ファーなし
第2位

FILA

シープボアベンチコート

価格:6,300円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボア付きのベンチコート

有名スポーツブランドフィラから発売されているベンチコート。フィラはスポーツウェアでの評価も高く、このベンチコートもデザイン機能性ともに優れた一着です。カラーはブラックとネイビーの2色展開となっています。

 

アマゾンでの評価も高く多くの方が高評価を押しています。比較的に薄い素材のコートになりますが、中には羽毛が敷き詰められているので、その保温性はとても高いものがあります。

 

着丈も100cmとちょうどよく初めてベンチコートを購入される方にもおすすめできる一着となっています。女性のボディラインにしっかりとフィットする設計で、スポーティの中にも可愛らしさのあるデザインになっています。

素材ポリエステルタイプスポーツ
ファーなし
第1位

ノーブランド

スリム ベンチコート

価格:3,589円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスがよく初心者の方にもおすすめ

全体的にバランスのとれたノーマルタイプのベンチコートで初心者にもおすすめの一着。スリムなシルエットで、ブラックの一色展開コート。中綿にはフェイクダウンを採用し、ダウンさながらの保温性、使用感を実現しました。

 

軽量素材で動きのあるシーンでも対応が可能です。フェイクダウンは重さがあまりないので、そういった点でも多くの方におすすめできます。ふんわりとした質感で軽い着心地を実現。

 

程よい膝下丈が女性らしくもあり、おしゃれな印象を与えてくれます。防寒対策もできてファッション性もある、さらに着痩せ効果のある設計となっています。ベンチコートで迷っている方はぜひ挑戦して見てください。

素材ポリエステルタイプファッション
ファーなし

ベンチコートのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5045816の画像

    ノーブランド

  • 2
    アイテムID:5048743の画像

    FILA

  • 3
    アイテムID:5045812の画像

    habille

  • 4
    アイテムID:5045811の画像

    ノーブランド

  • 5
    アイテムID:5045807の画像

    Mini Sunshine

  • 6
    アイテムID:5045803の画像

    ノーブランド

  • 7
    アイテムID:5045801の画像

    ノーブランド

  • 8
    アイテムID:5045799の画像

    ノーブランド

  • 9
    アイテムID:5045796の画像

    The NorthFace

  • 10
    アイテムID:5045793の画像

    ミズノ

  • 商品名
  • スリム ベンチコート
  • シープボアベンチコート
  • ロング丈 ベンチコート
  • 超ロング ベンチコート
  • 防寒 ベンチコート
  • 無地 ベンチコート
  • 軽量 ベンチコート
  • 着痩せ ダウンコート
  • アウトドア ベンチコート
  • スポーツ ベンチコート
  • 特徴
  • バランスがよく初心者の方にもおすすめ
  • ボア付きのベンチコート
  • ファッション性も抜群
  • 丈の長いコートでスタイルアップ
  • 防寒対策もバッチリ
  • シンプルなコートが欲しいならこちら
  • 軽量素材でお出かけ楽チン
  • 着痩せ効果でスタイルアップ
  • レジャーにはもってこい
  • 軽量素材
  • 価格
  • 3589円(税込)
  • 6300円(税込)
  • 6980円(税込)
  • 7950円(税込)
  • 1999円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 6650円(税込)
  • 3438円(税込)
  • 38653円(税込)
  • 10680円(税込)
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ナイロン
  • ポリエステル
  • タイプ
  • ファッション
  • スポーツ
  • ファッション
  • ファッション
  • ファッション
  • ファッション
  • ファッション
  • ファッション
  • スポーツ・ファッション
  • スポーツ
  • ファー
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

まとめ

今回はおすすめのベンチコートをランキング形式でご紹介させていただきました。近年ではファッション性にも優れたものが多いベンチコート。ぜひご自分のニーズにぴったりの一着を見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ