記事ID138007のサムネイル画像

【薪割りが簡単にできる和斧・洋斧】斧のおすすめ人気ランキング10選

斧は焚き火や薪ストーブ用の薪割りに便利で、いい斧を選べば楽に薪割りができます。しかし、斧はたくさんの種類がありどれが自分にとってベストなものかわかりにくいです。そこで、斧の選び方や、人気のおすすめ商品をランキング形式でまとめましたのでご覧ください。

斧はキャンプファイヤーや薪ストーブの必需品

斧は森林伐採や薪割りなどに使われる道具で、木やグラスウールやFRPでできた柄の先に大きな刃がついています。コンパクトで使いやすい手斧(ハンドアックス)や薪割りに適したスプリッティングアックス、森林作業に使われるフォレストアックスなどがあります。

 

斧はキャンプファイヤーや薪ストーブの薪割り用として人気があります。薪ストーブは近年一般家庭でも設置するところが多くなり、自宅で薪割りをして薪の備蓄をする方が増えてきました。大量に薪を割るので、耐久性に優れて軽い力で木を割れる斧が必要になります。

 

そこで今回は、薪割りや森林作業の枝打ちなどに使えるおすすめの斧をランキング形式でご紹介します。和斧や洋斧などいろんなタイプの斧をご紹介しますので、自分の使いやすいベストな斧を見つけてください。

斧の選び方

斧は形や用途、素材などを基準に選びます。自分使い方にあった斧の選び方をご紹介しますのでご覧ください。

和斧か洋斧かで選ぶ

斧は日本で昔から使われている和斧と、外国で使われていて日本にも普及した洋斧があります。それぞれの特徴をご紹介しますのでご覧ください。

和斧は柔らかい針葉樹を切りたい方におすすめ

和斧は日本で昔から使われている斧です。斧の刃の断面はくさび型になっていて、木の繊維が真っ直ぐなスギやヒノキなどの針葉樹を切るのにおすすめです。切った後に木が周りに飛ばないので安心して切ることができます。

 

和斧の刃には、片側に3本の線、反対側に4本の線が刻まれています。3本線はミキでお神酒のこと、4本線はヨキで、木が育つために必要な要素である土・水・空気・太陽のことです。今でも和斧はヨキと呼ばれることがあります

 

また、身(3)を避(4)けるという意味もあり、伐採で倒れてきた木を避ける安全祈願のための印でもあります。和斧は実用的な面もありますが、山に対する畏敬の念を込めた道具でもありす。日本の文化を肌で感じたい方におすすめの斧です。

 

 

洋斧は堅い広葉樹を切りやすい

洋斧は外国で使われる斧で、ナラやケヤキなどの硬い広葉樹を切るのにおすすめです。形は、先端が細く中央付近から一気に太くなっています。太くすることで木に対して外側に向かう圧力がかかり、繊維を引き裂くように切ることができます。

 

洋斧は暖炉が普及しているヨーロッパ地方で、主に薪割り用として使われています。太い広葉樹を叩きつけるように切るので、切った薪が斧の左右に飛んでいきます。周りに人がいないことを確認して使いましょう。

 

和斧で広葉樹を切ると完全に切れずに、刺さった状態でとまってしまうことがあるの注意しましょう。洋斧は小さなものから重い大きなものまでたくさんの種類があります。デザインもバリエーション豊かなので、おしゃれな斧がほしい方にもおすすめです。

用途で選ぶ

斧は使う用途によって最適な種類があります。効率的に木を切れる斧をご紹介しますので、斧選びの参考にしてください。

薪を小さくしたり枝打ちをするなら手斧(ハンドアックス)がおすすめ

切った薪が大きすぎたり、買ってきた薪のサイズを調整したい場合には、手斧(ハンドアックス)がおすすめです。手斧は和斧にも洋斧にもありますが、洋斧の方が種類がたくさんあります。

 

手斧の特徴はコンパクトなことです。柄が35cm前後と片手で持ち運ぶのに丁度いい大きさで、一本持っておくと便利でおすすめです。薪割りに使うには重さと長さが足りないので、割った薪をさらに小さくして焚きつけようにするなどの作業に向いています。

 

コンパクトなので枝打ちにも向いています。枝打ちとは、枯れた枝や余分な枝を切り落として、木の成長の手助けをする作業で森を育てるために大切なことです。森林伐採をするにも便利に使え、キャンプでも持っていると便利なのでおすすめです。

薪割りをするにはスプリッティングアックスが使いやすい

薪割りに使用するには柄が70cm程度あるスプリッティングアックスがおすすめです。スプリッティングアックスは洋斧で、和斧の場合は木割り斧といいます。木割り斧よりもスプリッティングアックスの方が刃の部分が大きく重いので、強い力で薪を割ることができます。

 

スプリッティングアックスは刃の部分(ヘッド)に重心がかかるようにできています。力を抜いて振り下ろしても、斧自体の重さが効率的に刃にかかるので薪をきれいに割ることができます。洋斧独特の中央から広がる刃の形も影響して楽に薪を割ることができます。

 

洋斧のハンドアックスの場合は、柄に湾曲がついていて力が入りやすくなっているものが多いですが、スプリッティングアックスの場合は真っ直ぐになっているものが多いです。コンパクトな刃で軽い木割り斧か力強いスプリッティングアックスは好みで選んでください。

 

 

森林作業にはフォレストアックスやブロードアックスがおすすめ

森の樹木の伐採作業専用の斧がフォレストアックスです。フォレストアックスは洋斧でフェリングアックスとも呼ばれます。森林作業をする方向けに使いやすい工夫がされているのでおすすめです。

 

フォレストアックスは木が切りやすいように、薄くて大きな刃がついています。柄も80cm前後と長いので振り下ろすことで遠心力がかかり、ヘッドの部分にパワーが集中します。洋斧独特の刃の形がさらに切れ味を増して木を切りやすくするのでおすすめです。

 

森林作業で使う斧には他にブロードアックスという洋斧があります。ブロードアックスは切り出した材木の表面を切って角材にするために使用します。和斧ではまさかりがこれに近い役割を果たします。

 

 

柄の素材で選ぶ

斧の柄の素材は、木やグラスファイバーがあります。それぞれの素材の特徴をご紹介しますのでご覧ください。

木の柄は軽さと手に馴染む感覚が魅力

斧の柄の素材の定番といえば木です。軽くて弾力性があるので木を切ったときのショックを吸収することができおすすめの素材です。加工がしやすいのも魅力でストレートな形状にしたり、湾曲をつけて斧を使いやすくしたりすることができます。

 

木は自然の素材なので温かみがあり、コーティングがされていなければ汗を吸いとり手が滑るのを防ぐ効果もあります。また、木の模様をデザインとして楽しむこともできるので、洋斧をおしゃれに見せるデザインの一部としての役割も果たしています。

 

昔から使われている素材なので、定番商品や評価の高い斧に使われていることも多く、たくさんの種類の中から選べるのでお気に入りを見つけやすくおすすめです。傷がつきやすいデメリットがありますが、風合いを楽しむのにはおすすめの柄の素材です。

軽くて強いグラスファイバー製の柄

グラスファイバーの柄は軽くて強いのが特徴です。木の柄も軽いですがグラスファイバーの柄はさらに軽く、木よりも丈夫にできています。実用製のみで選ぶならグラスファイバーがおすすめです。

 

グラスファイバーはガラスの繊維を束ねて作ったものです。プラスチックと混ぜ合わせて成形された場合はFRPという素材になります。FPRの見た目はプラスチックに似ていますが、非常に強度のある素材になります。

 

FRPはレース用バイクのカウルにも使われるほど丈夫な素材です。グラスファイバーやFRPの柄は斧を酷使しても壊れにくく安心して使うことができおすすめです。しかし、木の柄のように温かみや模様を楽しむことができないので、好みでどちらか選んでください。

重さで選ぶ

斧は自分の体力に合わせた重さを選びましょう。薪割りなどで重すぎる斧を使うと、腰を痛めたり、腕や肩に疲労がたまることがあります。また、枝落としや薪割のサイズ調整などに重い斧を使っていると時間がかかり効率的ではありません。

 

手斧(ハンドアックス)でおすすめな重さは1kg以下です。手斧を何回も振り下ろすのは意外と体力を使うので1kg以下のものを選びましょう。なるべく刃(ヘッド)の部分に重さがかかっているものを選べば切るのが楽になります。

 

手斧以外の柄が70cm以上ある大型斧は、2kg〜3kgを基準にして選びましょう。主に薪割りに使用しますが重い方がよく切れます。しかし、重すぎると体力の消耗が激しくすぐに疲れてしまうので適度な重さを選ぶのをおすすめします。

斧の人気ランキング10選

第10位

バーコ

Hatchet 手斧 HGPS-0.6-360

価格:2,019円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポップなカラーリングがかわいい手斧

バーコは高品質の鋼を使ったのこぎり歯の製造から始まったメーカーで、斧の品質にも定評があります。この斧は全長36cmの洋斧で0.8kgと軽量なので持ち運びが楽でおすすめです。刃渡りは手斧としては長めの11cmでしっかりと木に当てることができます。

 

ポップなカラーリングがかわいいので斧のデザインにこだわる方にもおすすめです。柄も明るい色の木でできているので、他の斧にはないおしゃれ感があります。木の柄は持ったときの温かみがあるのでおすすめの素材です。

 

刃はあまり鋭くないので、切れ味を増したい方は刃を研ぐ必要があります。研がなくても木に打ち込み、さらに何回か打ち付けることで切ることもできます。大きな薪を作るときには向いていないので、割った薪や買ってきた薪のサイズ調整用としておすすめです。

和・洋洋斧種類手斧(ハンドアックス)
柄の素材重量0.8kg
全長36cm
第9位

WETTERLINGS(ウェッタリングス)

ノルディックフォレストアックス WNF124

価格:23,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

職人がハンドメイドで作った玄人ごのみのフォレストアックス

スウェーデンの老舗斧メーカーウェッタリングスのハンドメイド斧です。森林作業用のフォレストアックスで、柄の長さは81cmと長く力強く枝などを切ることができおすすめです。見た目は地味ですが、斧としてのクオリティが高い玄人ごのみの斧です。

 

刃は斧職人がハンドメイドで製造したもので、鋭く尖っているので乾燥していない木でも楽に切ることができます。また、刃の素材は素材内の不純物が少なくて切れ味のいいスウェーデン炭素鋼で作られているのでおすすめです。

 

柄には非常に硬い木材であるアメリカンヒッコリーを採用しています。アメリカンヒッコリーは衝撃吸収性能にも優れているため、木に打ち付けたときの衝撃を和らげてくれます。刃につける革製のカバーもついているので持ち運び時も安心でおすすめです。

和・洋洋斧種類フォレストアックス
柄の素材木(アメリカンヒッコリー)重量刃の重さ1.4kg
全長81cm
第8位

千吉

馬金型手斧 鋼付 両刃

価格:2,994円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

和斧の定番ブランド千吉シリーズ

藤谷産業のオリジナルブランド千吉の手斧です。刃には和斧の特徴である3本&4本の線が入っています。全長は約34cmとコンパクトで枝打ちなどの細かい作業に向いています。刃がしっかりと研いでありコンパクトですが薪割りに使用してもよく切れておすすめです。

 

しっかりとしたストレート形状の木の柄が持ちやすく、木を切る時に力が入りおすすめです。洋斧と比べると地味なイメージがあるのが和斧です。しかし、日本製の手斧のクオリティは高く、耐久性もあるのでぜひ使っていただきたいおすすめの斧です。

 

千吉の手斧には、他にも柄がグラスファイバー製のものもあります。グラスファイバー製は非常に丈夫で、軽いので木の千吉手斧が使いやすいと感じた方はグラスファイバー製もお試しください。千吉シリーズを使って楽に木を切りましょう。

和・洋和斧種類手斧(ハンドアックス)
柄の素材重量0.7kg
全長34cm
第7位

ハスクバーナ・ゼノア

スプリッティングアックスS2800

価格:11,361円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FPRの柄とテフロン加工の刃で斧の耐久性をアップ

全長70cmで振り下ろすと遠心力が強くかかり薪割りがしやすいサイズです。スプリッティングアックスと呼ばれる薪割り専用の斧の使いやすい斧です。黒く見える刃の部分はテフロン加工が施されています。

 

また、刃の反対側はハンマーとしても使えるように作られています。刃の部分は最初は研がれていないので自分で研ぐ必要があります。柄は軽くて強いFRPでできています。FRPはガラス繊維とプラスチックを混ぜたもので衝撃も吸収するのでおすすめの柄の素材です。

 

プラスチック製のカバーもついているので持ち運びにも便利です。ブラックとオレンジのデザインもかっこいいのでおすすめです。洋斧の定番メーカーであるハスクバーナの斧の素晴らしさを感じてみたい方はぜひ選んでください。

和・洋洋斧種類スプリッティングアックス
柄の素材FRP重量2.8kg
全長70cm
第6位

ファイアーサイド

グレンスフォシュブルークス 442

価格:22,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

刃にスウェーデン鋼を使用して耐久性と切れ味がいい

全長約69.5cmで2.4kgの適度な重さが使いやすい薪割り用斧です。洋斧でスプリッティングアックスという種類になります。柄は木でできていているので衝撃吸収力が高く、手にしっくりと馴染みます。

 

刃はスウェーデン鋼を使用しているので硬くて耐久性が高いです。刃渡りは75mmとコンパクトなので木への食い込みがよく、力を入れ過ぎなくても楽に薪割りができます。柄には滑り止め加工もしてあり安心して使うことができおすすめです。

 

価格は高いですがその分クオリティは高く硬い広葉樹でも楽に割れるのでおすすめです。切れ味のいい刃ですが、切れ味を保つために定期的に研ぐ必要があります。長く使える斧なので、切れ味が悪くなったら研いで常にコンディションのいい状態で使いましょう。

和・洋洋斧種類スプリッティングアックス
柄の素材重量2.4kg
全長69.5cm
第5位

フィスカース

X25

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

グラスファイバーの柄が丈夫で軽く使いやすい斧

フィンランドの園芸ブランドであるフィスカース製で非常に人気がある斧です。人気の秘密は人間工学に基づいて作られたデザインです。ストレートな柄にコンパクトなヘッドを持ち、全体がブラックで統一されているのでクールなデザインでおすすめです。

 

刃の素材はフッ素コーティングされたカーボン鋼を使用していています。木に楽に入り込み、抜く場合も簡単でおすすめです。柄の素材にはグラスファイバーのナイロン強化樹脂を使用しているので強く、中が空洞になっているので軽いです。

 

一つ上のサイズのX27も人気があります。しかし、日本人には全長80cmで2.4kgとほどよい大きさのX25が扱いやすくおすすめです。洗練されたデザインと薪割り専用の斧としての機能を持ち合わせたX25をおすすめします。

和・洋洋斧種類スプリッティングアックス
柄の素材グラスファイバーナイロン強化樹脂重量2.4kg
全長80cm
第4位

髙儀(Takagi)

高儀 村国 木割オノ 1.5kg

価格:5,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

髙儀の薪割り用和斧はクオリティが高くおすすめ

薪割り用専用の木割り斧で、刃には和斧の特徴の3本&4本線が入っています。洋斧のスプリッティングアックスに当たるもので和斧では木割り斧と呼びます。全長は90cmと長めですが、重さは1.5kgと軽いので扱いやすい木割り斧です。

 

販売元の髙儀は慶応2年に越後の鍛冶屋からスタートし、斧やノコギリ、ノミ、カンナなどの道具を150年以上作り続けている老舗メーカーです。この木割り斧にもその技術が生かされて精度の高い製品に仕上がっています。

 

大きいサイズの割に安めの価格も魅力です。柄の素材は樫を使っているので非常に堅く力いっぱい薪割りをしても折れることがなく安心して使えます。日本人に使いやすいサイズで使い勝手がいい薪割り用の斧をお探しの方におすすめです。

和・洋和斧種類木割り斧
柄の素材木(樫)重量1.5kg
全長90cm
第3位

helko(ヘルコ)

スプリッティングマスター DT-6

価格:11,457円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドイツ職人の魂が作った薪割り用の斧

ドイツの老舗斧メーカーのヘルコ社のスプリッティングアックス(薪割り斧)です。薪の割安さとトリコロールのカラーリングが魅力、薪割り斧の定番商品になっているのでおすすめです。少し湾曲した柄は薪を割りやすくするための工夫です。

 

斧の重さは2.7kgと日本人には若干重めで全長は80cmあります。ヘッドの部分だけで2kgあるので先端部分に十分な力がかかり薪を楽に割ることができます。洋斧の特徴として割った薪が左右に飛んでいくので、ガードを作って飛びすぎないようにしましょう。

 

柄はクルミ科で非常に堅いヒッコリーを使用しています。ヒッコリーはその堅さを生かして野球のバットや、ドラムスティックの材料としても使われています。刃の中央から急激に太くなる断面形状なので、木を裂くように楽に割ることができおすすめです。

和・洋洋斧種類スプリッティングアックス
柄の素材木(ヒッコリー)重量2.7kg
全長80cm
第2位

Safety Life

Jeeper FT-958

価格:2,290円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

刃の赤いカラーがおしゃれで使いやすい手斧

全長38cmのコンパクトな手斧です。大きめな薪のカットや、買ってきた薪のサイズ調整などにぴったりな大きさの斧です。人間工学にもとづいてつくられた柄の湾曲が特徴で、効率よく薪を切ることができます。

 

重さは0.8kgで手斧として使うのにちょうどいいです。専用の刃カバー付きなので、持ち運びのときにも安全でおすすめできます。刃の赤いカラーリングがおしゃれで使うたびに楽しくなる手斧です。

 

刃はついていないので、切れ味をよくするために刃付けが必要です。刃付けは専門業者に頼むか、自分で砥石などで研ぐ必要があります。ハスクバーナなどの手斧に比べて価格が安いので、斧初心者が最初選ぶ一本としてもおすすめです。

和・洋洋斧種類手斧(ハンドアックス)
柄の素材重量0.8kg
全長38cm
第1位

ハスクバーナ・ゼノア

手斧 38cm

価格:5,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スウェーデン鋼で刃が強い手斧の定番商品

手斧の定番といえば、このハスクバーナ38cmです。ハスクバーナはスウェーデンでチェーンソーや芝刈り機を販売するメーカーで、刃物製造技術を使って斧も製造しています。刃の素材は堅くて耐久性の高いスウェーデン鋼を採用し切れ味もよくおすすめです。

 

柄の素材は堅くて衝撃吸収能力の高いヒッコリーを採用し、手に負担が少なくなっています。また柄の曲線的な形は、薪割りが楽にできるように設計されたもので、ハスクバーナの手斧の最大の特徴にもなっています。

 

0.6kgと手斧としては軽いのも使いやすさのポイントです。キャンプなどで使うときに、軽いので楽に持っていけます。革の刃カバーもついているので、キャンプの他の荷物と一緒に積んでも、傷をつけることがないので安心でおすすめです。

和・洋洋斧種類手斧(ハンドアックス)
柄の素材木(ヒッコリー)重量0.6kg
全長38cm

斧のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5048359の画像

    ハスクバーナ・ゼノア

  • 2
    アイテムID:5048361の画像

    Safety Life

  • 3
    アイテムID:5048363の画像

    helko(ヘルコ)

  • 4
    アイテムID:5048365の画像

    髙儀(Takagi)

  • 5
    アイテムID:5048366の画像

    フィスカース

  • 6
    アイテムID:5048367の画像

    ファイアーサイド

  • 7
    アイテムID:5048387の画像

    ハスクバーナ・ゼノア

  • 8
    アイテムID:5048371の画像

    千吉

  • 9
    アイテムID:5048373の画像

    WETTERLINGS(ウェッタリングス)

  • 10
    アイテムID:5048389の画像

    バーコ

  • 商品名
  • 手斧 38cm
  • Jeeper FT-958
  • スプリッティングマスター DT-6
  • 高儀 村国 木割オノ 1.5kg
  • X25
  • グレンスフォシュブルークス 442
  • スプリッティングアックスS2800
  • 馬金型手斧 鋼付 両刃
  • ノルディックフォレストアックス WNF124
  • Hatchet 手斧 HGPS-0.6-360
  • 特徴
  • スウェーデン鋼で刃が強い手斧の定番商品
  • 刃の赤いカラーがおしゃれで使いやすい手斧
  • ドイツ職人の魂が作った薪割り用の斧
  • 髙儀の薪割り用和斧はクオリティが高くおすすめ
  • グラスファイバーの柄が丈夫で軽く使いやすい斧
  • 刃にスウェーデン鋼を使用して耐久性と切れ味がいい
  • FPRの柄とテフロン加工の刃で斧の耐久性をアップ
  • 和斧の定番ブランド千吉シリーズ
  • 職人がハンドメイドで作った玄人ごのみのフォレストアックス
  • ポップなカラーリングがかわいい手斧
  • 価格
  • 5720円(税込)
  • 2290円(税込)
  • 11457円(税込)
  • 5380円(税込)
  • 5999円(税込)
  • 22499円(税込)
  • 11361円(税込)
  • 2994円(税込)
  • 23100円(税込)
  • 2019円(税込)
  • 和・洋
  • 洋斧
  • 洋斧
  • 洋斧
  • 和斧
  • 洋斧
  • 洋斧
  • 洋斧
  • 和斧
  • 洋斧
  • 洋斧
  • 種類
  • 手斧(ハンドアックス)
  • 手斧(ハンドアックス)
  • スプリッティングアックス
  • 木割り斧
  • スプリッティングアックス
  • スプリッティングアックス
  • スプリッティングアックス
  • 手斧(ハンドアックス)
  • フォレストアックス
  • 手斧(ハンドアックス)
  • 柄の素材
  • 木(ヒッコリー)
  • 木(ヒッコリー)
  • 木(樫)
  • グラスファイバーナイロン強化樹脂
  • FRP
  • 木(アメリカンヒッコリー)
  • 重量
  • 0.6kg
  • 0.8kg
  • 2.7kg
  • 1.5kg
  • 2.4kg
  • 2.4kg
  • 2.8kg
  • 0.7kg
  • 刃の重さ1.4kg
  • 0.8kg
  • 全長
  • 38cm
  • 38cm
  • 80cm
  • 90cm
  • 80cm
  • 69.5cm
  • 70cm
  • 34cm
  • 81cm
  • 36cm

まとめ

斧のおすすめ人気ランキング10選はいかがだったでしょうか。薪割りが楽にできる素材や柄の形に工夫がされたものなど、さまざまな種類がありました。ぜひ、お気に入りの斧を見つけて、キャンプでの使用や薪割り、森林作業などに役立ててください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ