記事ID138005のサムネイル画像

    【快適な草刈作業を】刈払機おすすめ人気機種ランキング10選

    特に夏場は雑草も生えてきて、庭先や農作業などでの草刈が非常に面倒になります。そこでおすすめなのが「刈払機(草刈機)」。様々なモデルがあり、何を選んだら良いかわからないという方も多いのではないでしょうか?今回は刈払機おすすめランキング10選をご紹介します。

    自分に合った刈払機で快適な草刈り作業を

    刈払機」(かりはらいき)は、草など細い木を刈り払うための機械で、先端の回転する刈刃を左右に振ることによって、雑草等を刈り倒してくれます。草刈機とも言います。

     

    現在、肩かけ式の刈払機が主流となっており、軽くて使いやすいモデルが様々なメーカーにより展開されています。雑草を手で抜いたり、あるいは、除草剤を使ったりと除草には様々な方法がありますが、やはり一番楽で手軽にできるのは、刈払機を使うことではないでしょうか。

     

    刈払機は、草を刈るのに非常に便利なアイテムであり、場所も選ばず使用できるため、草を刈るのに便利な道具が欲しいと思ったら、まず一番に導入を検討するのがおすすめです。今回は刈払機を選ぶ際のポイントと、おすすめの機種をランキング形式でご紹介します。

    刈払機の選び方

    刈払機にもいろいろ種類があります。目的に合っていない刈払機を選んでしまうと、想定した時間内に作業が終わらなかったり、身体に余計な負担がかかったりしてしまいます。そこでここでは刈払機を選ぶ際のポイントをご紹介します。

    エンジン式か電気式かで選ぶ

    現在、刈払機にはエンジン式のものと電気式のものがあります。使う環境によって一長一短があるため、どちらを選べばいいのかはそれぞれ異なってきます。事前にどんな場面で使用するか決めておきましょう。

    エンジン式

    刈払機で最も一般的なのが、エンジン式の刈払機です。ガソリンや混合ガソリンを燃料とします。エンジン刈払機の一番のメリットとしては、運転時間が長くパワーもあるという点です。広い土地で本格的な草刈作業をする場合などでは、エンジン式の刈払機一択となるでしょう。

     

    どこのメーカーの刈払機でも共通して排気量が大きいほどパワーも強くなり、様々な草木に対応することができるようになります。また、エンジン式の中でも「4サイクル」と「2サイクル」に種類が分かれています。

     

    4サイクル式は重量がありますが、音が静かで燃費が良く、2サイクル式は燃費が悪いですが、パワーがあるのが特徴です。ただ、エンジン式のデメリットとしては、準備と長期保管には手間がかかるといった点が挙げられます。

    電気式

    ここ最近で普及してきているのが電気式の刈払機です。電力の供給方法には、「電源コード式」と「充電式」があります。電源コード式は、コンセントからコードを通して電源を供給するタイプです。燃料切れの心配がないため、長時間の作業に向いています。

     

    電源コード式はエンジンやバッテリーを搭載しない分、重量が軽めです。騒音が小さいというメリットもあります。 ただし、コードが届く範囲しか作業ができないので、あまり本格的な作業には適さないと言えるでしょう。

     

    一方で、充電式はバッテリータイプなのでコードの制限がありません。使用の際の手軽さはピカイチでしょう。また、モーター駆動のため軽く、音も静かなので場所を選ばずに使用できます。 ただし、稼働時間が短いのと、充電時間が必要な点には注意が必要です。

     

     

    ハンドルタイプで選ぶ

    ハンドルの形状によって使いやすさが異なります。どのような場所で使うかにもよって、最適なものが違ってきますので、その点も併せて見ていきましょう。

    バイクハンドル(両手)タイプ

    バイクハンドルタイプ」は、刈払機の中でも最も一般的なハンドルタイプです。棒の左右にU字型のハンドルがついていて、両手で持つタイプです。無理のない姿勢で振り回し操作を楽に行うことができるのが特徴です。

     

    バイクハンドルタイプは平坦地での刈払作業に適しており、作業時の安定性にも優れているので、初心者の方にも向いているタイプと言えます。ストラップで吊り下げて振り回すように刈払を行うため、体にかかる負担も比較的少なくできます。

    ループハンドルタイプ

    ループハンドルタイプ」は、棒の途中に輪の形のようなハンドルがついており、片手で輪を、もう片手で棒を握るタイプのハンドルです。

     

    また、フロントハンドルの握る位置を変えることで、刈払機本体の角度をある程度変える事ができるので、バイクハンドルタイプより斜面にも適しているのがこちらのタイプです。

    ツーグリップタイプ

    ツーグリップタイプ」は突出したハンドルがついておらず、両手で棒を握るタイプです。こちらも斜面での作業に適したハンドル形状と言えます。

     

    地形に合わせて握り方を変える事ができ、狭い所でも作業しやすいため、樹木が細かく生えている場所や、細かな作業が必要な場所でも使いやすいのが特徴です。ですが、握るところが限られているため、上記の2つと比較すると若干疲れやすいタイプとも言えます。

    背負いタイプ

    背負いタイプ」は、重量のあるエンジン部を背負い、ハンドルとグリップだけを操作して作業するタイプです。腕の負担が軽減されるため、長時間の作業や傾斜地での作業に向いています。背負いタイプは26ccや30ccなど、排気量の大きい刈払機が中心となっています。

    刈刃のタイプで選ぶ

    刈払機の刃のタイプはいくつか種類があります。それぞれ特徴をご紹介しますので、使う環境に最適な刈刃を選ぶようにしましょう。

    チップソー

    刈払機で最も一般的な替え刃「チップソー」です。鋸刃の先端に金属片がついており、鋭利な回転場を刈刃とします。

     

    チップソーは、背の高く硬い雑草や竹なども簡単に刈払う事ができるので、純粋な草刈性能は抜群に高いです。その一方で刈払可能な範囲は狭く、適切な方法で使用しないと作業効率が落ちたり、危険が及ぶことがありますので注意が必要です。

     

    刃の大きさは、9インチと10インチがあり、10インチは草メインで、9インチは枯れ木など硬いものがある時にも対応できます。その他にも両刃や、刃の枚数などにもいろいろな種類があります。

    ナイロンコード

    ナイロンコード」は細く柔らかい草をこまめに刈るような、お庭の手入れに最適です。ナイロンのコードを高速回転させて、叩き砕くように刈払う仕組みです。安全性が高く刈払範囲も広いので、障害物が多い場所でも使用することができ、作業効率が非常に良いというメリットがあります。

     

    その反面、硬い草や生い茂った草などは苦手とします。また低排気量の刈払機の草刈りには向いていません。そして、安全性の高いナイロンカッターでの刈払ですが、金属刃よりも小石などが飛び散るためゴーグルや作業着で身を守る必要があります。

     

     

    金属刃

    「金属刃」は、比較的背の低く柔らかい雑草などの刈払に向いているタイプです。チップソーとは違い、外周がノコギリ状でなく刃数が少ない構造となっています。

     

    金属刃は再研磨が可能で、その点で最も経済的と言えます。刃の数も2枚や4枚、それ以上のものもあり、それぞれ特徴が異なります。

     

    用途に合わせて刃数を選びます。特に2枚刃のものは価格もとても安価で、裏表で使用でき、研磨できる範囲も広いのでプロや上級者も好んで使用しています。

    樹脂刃

    樹脂刃」は、ヘリコプターの羽のような形状の合成樹脂の刈刃が付いているタイプです。高速回転による遠心力で雑草をなぎ払う仕組みなので、金属刃よりも安全に作業できるだけでなく、ナイロンコードよりも切れ味が高いのが特徴です。

     

    その一方で、幹が太い草や、固い草だと刃がたたないこともあります。

    刈払機おすすめランキング10選

    第10位

    マキタ(Makita)

    草刈機

    価格:11,010円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    静かな作動音で近所迷惑にならない

    刈払機が入れない場所でも活躍してくれるのが、こちらのマキタの充電式刈払機です。燃料が不要ですし、排気ガスも出ないので環境にも優しいのが魅力です。エンジンもすぐにかかりますし、作業音が静か。ご近所さんに気を遣うことなく使用することができます。

     

    刃の素材は樹脂で、石などに当たると刃が引っ込む仕様になっているので、安心して使うことができます。ループ型ハンドルなので、使いやすい角度に調整可能です。

     

    また、ロックボタンを押すだけでヘッド角度を5段階調整できるので、ベンチの下など、奥の方の刈込みにも便利です。重量もわずか2.9kgと軽量なので、女性にもおすすめのモデルです。

    タイプ充電式ハンドルタイプループハンドルタイプ
    刃の種類ナイロンコード重量2.9 Kg
    第9位

    ホンダ

    ホンダ エンジン式 刈払機 草刈機 [25cc] UMK425K1-UVJT

    価格:37,100円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    平地から畔道まで幅広く活躍

    チップソー仕様のホンダのエンジン式モデルです。改良を重ねた「飛散防護カバー」で草詰まりを軽減することに成功しました。バイクハンドルタイプで平地から畔まで幅広く活躍する一台です。車のガソリンでOKなので、混合ガソリンを作る手間は不要です。

     

    スロットル部分には「ファイントリガー」を搭載。スロットルを握れば刃が動き、離せば止まる安心設計で安全に作業ができます。握り続けても疲れにくい理想的なグリップ形状です。

     

    4ストロークならではの高効率な燃焼で燃費を低減。オイルを燃焼させる混合ガソリンを使用しないので、環境にもやさしく、オイル消費も低減できます。「満タンにして1時間30分使え燃費が良い」「力強く楽に刈ることができる」など口コミでも評価の高い刈払機です。

    タイプエンジン式ハンドルタイプバイクハンドルタイプ
    刃の種類チップソー重量6kg
    第8位

    ブラックアンドデッカー(Black + Decker)

    自給式ナイロントリマー

    価格:12,999円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    付属品も充実のナイロンコード式

    ブラック・アンド・デッカー」は、創業から100年を迎えるアメリカの企業です。電動工具や錠前などを手掛けています。こちらは、芝を均一に刈り取ることができる軽量な刈払機です。

     

    ナイロンコード式なので、草を刈る以上の切断能力はありませんが、ナイロンコードとカバーにより、庭石や壁を傷めることなく作業できます。ナイロンコードには、自給式と呼ばれる供給方式が採用されており、自動的に長さが調整されます。

     

    また、付属品として急速充電器が付属しており、充電時間は約60分ほどの短さです。ショルダーストラップや収納バッグが付属するのも、嬉しいところ。軽量構造とショルダーベルトにより、安定した姿勢で作業ができます。

    タイプ充電式ハンドルタイプループハンドルタイプ
    刃の種類ナイロンコード重量2.4 Kg
    第7位

    マキタ(Makita)

    電気草刈機

    価格:12,672円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    安全性と切れ味が両立した樹脂刃を採用

    樹脂製の刃を採用しているマキタの電源コード式刈払機です。樹脂製の刃は、金属刃よりも安全に作業できるだけでなく、ナイロンコードよりも切れ味が高いのが魅力です。

     

    硬い物に当たっても反発の少ないスイングバックタイプで、際刈りも安心です。刃の固定はネジ留め式で、専門の工具がなくてもコインなどを使って取り外しができます。高い信頼性を誇っているマキタ製なのも、安心して購入することができるポイントと言えます。

     

    平地でも、傾斜地でも握りやすい形状のループハンドルを採用しています。大型スイッチなので手袋をしていても操作しやすいのもポイントです。

    タイプ電源コード式ハンドルタイプループハンドルタイプ
    刃の種類樹脂刃重量2.1 Kg
    第6位

    リョービ(Ryobi)

    刈払機

    価格:18,230円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    比較的安価な両手ハンドルモデル

    広い面積の草を刈るときに便利なバイクハンドル式の刈払機です。バイクハンドル式のものは若干高価なものが多い印象がありますが、こちらは、その中でも比較的安価なモデルです。製品に付属しているのは、金属製の刃ですが、別売のナイロンコードも使用可能です。

     

    安価ながら、22mlエンジン式と同等のパワーなので、家庭用の草刈機としては十分すぎるくらいの性能を備えています。電力は電源コードで得るタイプです。

     

    静かで低振動なので、場所や時間をあまり気にせずに作業することができます。長時間作業しても疲れにくいのもポイント。エンジン式に比べ、1/10以下のランニングコストなのも魅力です。

    タイプ電気コード式ハンドルタイプバイクハンドルタイプ
    刃の種類チップソー重量5.0kg
    第5位

    ハスクバーナ・ゼノア

    刈払機

    価格:35,437円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    ストレスを感じないハイパワーが魅力

    シンプル機能が扱いやすい、ゼノアのお手頃タイプのエンジン式刈払機です。操作性と機能性を兼ね備えたバイクハンドルタイプ。エンジンにはゼノア独自の「ストラト・チャージドエンジン」を搭載。

     

    環境に配慮されたエンジンでパワフルでありながら、環境にもお財布にも優しい1台です。ナイロンカッターにも対応しています。ゼノア独自の低振動システムを採用。2サイドストッパと剛性を上げた、角型スプリングでより強力に振動を低減します。

     

    エンジンのストップスイッチも手元にも配置されているので、緊急時でも素早くエンジンを停止できます。EZスタート搭載により、女性でも簡単にエンジン始動が行えます。起伏の緩やかな場所での草刈におすすめのモデルです。

    タイプエンジン式ハンドルタイプバイクハンドルタイプ
    刃の種類チップソー重量4.9 Kg
    第4位

    ボッシュ(BOSCH)

    草刈機

    価格:6,680円(税込)

    Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    電源コード式のコストパフォーマンスが高いモデル

    ドイツのメーカー「BOSCH(ボッシュ)」の製品です。ボッシュは、世界の50カ国以上に子会社や現地法人を置いているグローバル企業です。日本に進出してからも既に100年以上の歴史のあるメーカーです。

     

    こちらは、電源コードで電力を得るタイプで、電源コードの長さは10メートルあります。自宅の庭先で使用するような場合には、十分な長さでしょう。バッテリーを積んでいないこともあり、本体の重量は1.8kgと軽量。もちろんバッテリー切れの心配はありません。

     

    刈刃はナイロンコードカッターを使用するタイプなので、径が太い硬い植物や、生い茂った雑草の切断には不向きですが、自宅の庭で使う場合には、この点は問題にはならないでしょう。

    タイプ電源コード式ハンドルタイプツーグリップハンドル
    刃の種類ナイロンコード重量1.8Kg
    第3位

    マキタ(Makita)

    刈払機

    価格:44,897円(税込)

    Amazonで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    平地で使いやすい4ストロークエンジンタイプ

    マキタのエンジンタイプの刈払機です。ジュラルミンシャフトパイプ仕様で、強度が約1.5倍に。負担のかかる先端部も二重構造になっているので隙間なく頑丈に出来ています。バイクハンドルタイプなので、平地で扱いやすいモデルとなっています。

     

    重量があるものの比較的静かで燃費が良い「4サイクルエンジン」タイプです。「楽らくスタート」付で、スタータロープを引く力が約1/3 から 1/2に軽減されます。また、ウレタン製腰当て付と、オイル量の確認が簡単なのも嬉しいところ。

     

    パワーで選ぶならばやはり、エンジン式簡単がおすすめです。長時間の草刈りや、本格的な作業をしたい方におすすめです。「音が静かで使い心地が良い」などと口コミでも非常に評価の高い商品です。

    タイプエンジン式ハンドルタイプバイクハンドルタイプ
    刃の種類チップソー重量9kg
    第2位

    リョービ(Ryobi)

    刈払機

    価格:12,891円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    金属刃とナイロンコードの刈刃の使い分けが可能

    黄色いカラーが印象的なリョービ電源コード式の刈払機です。リョービは、扱いやすさに定評があります。こちらは、住宅地などの家まわりの草刈りから、芝刈りまで対応できる音の静かな刈払機です。電気コードタイプなので、バッテリータイプよりもパワーがあります。

     

    初めから「金属刃」と「ナイロン糸のカッター」がセットになっています。別途購入すればプラカッタを取り付けることもできます。非常に汎用性の高い一台です。広い面積の草刈りは金属刃で効率的に、塀や庭石の近くはナイロンコードに切り替えれば安全に作業できます。

     

    また充電が切れて使えなくなる心配がないので、時間を気にせず作業することができます。「電動なので音が静かで家庭用には十分」「女性が一人でも使いたい」など、口コミでの評価も非常に高い刈払機です。

    タイプ電源コード式ハンドルタイプループハンドルタイプ
    刃の種類金属刃・ナイロンコード重量4.6 Kg
    第1位

    髙儀(Takagi)

    2WAYグラストリマー

    価格:13,380円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    パワフルなチップソーと軽快な樹脂ブレードで2WAY使用

    ハイパワー且つ2WAY仕様が特徴の充電式の刈払機です。チップソーと樹脂製の刃の両方が最初から付属しています。別売りのパーツで対応できる商品は多いですが、最初から両方がセットになっている商品は少ないです。

     

    普段の草刈りは樹脂製のブレードで十分だけれど、生い茂った径の太い雑草を刈る機会がある方には一台二役のとても使い勝手の良いモデルです。刃の前方にはフロントガードが付いており、石や壁などに刃が当たって欠けてしまう事故を防ぐことができます。

     

    また、後方には安全カバーが付いているので、安全に作業ができるように配慮もなされています。充電式の草刈機の中では、低価格なのも魅力の一つです。充電式ですが、パワーもあり口コミでも大好評。女性にもおすすめの刈払機です。

    タイプ充電式ハンドルタイプループハンドルタイプ
    刃の種類金属刃・樹脂刃重量約1.8kg

    刈払機の比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5045547の画像

      髙儀(Takagi)

    • 2
      アイテムID:5045883の画像

      リョービ(Ryobi)

    • 3
      アイテムID:5045522の画像

      マキタ(Makita)

    • 4
      アイテムID:5045794の画像

      ボッシュ(BOSCH)

    • 5
      アイテムID:5046066の画像

      ハスクバーナ・ゼノア

    • 6
      アイテムID:5046051の画像

      リョービ(Ryobi)

    • 7
      アイテムID:5046112の画像

      マキタ(Makita)

    • 8
      アイテムID:5046139の画像

      ブラックアンドデッカー(Black + Decker)

    • 9
      アイテムID:5046058の画像

      ホンダ

    • 10
      アイテムID:5046038の画像

      マキタ(Makita)

    • 商品名
    • 2WAYグラストリマー
    • 刈払機
    • 刈払機
    • 草刈機
    • 刈払機
    • 刈払機
    • 電気草刈機
    • 自給式ナイロントリマー
    • ホンダ エンジン式 刈払機 草刈機 [25cc] UMK425K1-UVJT
    • 草刈機
    • 特徴
    • パワフルなチップソーと軽快な樹脂ブレードで2WAY使用
    • 金属刃とナイロンコードの刈刃の使い分けが可能
    • 平地で使いやすい4ストロークエンジンタイプ
    • 電源コード式のコストパフォーマンスが高いモデル
    • ストレスを感じないハイパワーが魅力
    • 比較的安価な両手ハンドルモデル
    • 安全性と切れ味が両立した樹脂刃を採用
    • 付属品も充実のナイロンコード式
    • 平地から畔道まで幅広く活躍
    • 静かな作動音で近所迷惑にならない
    • 価格
    • 13380円(税込)
    • 12891円(税込)
    • 44897円(税込)
    • 6680円(税込)
    • 35437円(税込)
    • 18230円(税込)
    • 12672円(税込)
    • 12999円(税込)
    • 37100円(税込)
    • 11010円(税込)
    • タイプ
    • 充電式
    • 電源コード式
    • エンジン式
    • 電源コード式
    • エンジン式
    • 電気コード式
    • 電源コード式
    • 充電式
    • エンジン式
    • 充電式
    • ハンドルタイプ
    • ループハンドルタイプ
    • ループハンドルタイプ
    • バイクハンドルタイプ
    • ツーグリップハンドル
    • バイクハンドルタイプ
    • バイクハンドルタイプ
    • ループハンドルタイプ
    • ループハンドルタイプ
    • バイクハンドルタイプ
    • ループハンドルタイプ
    • 刃の種類
    • 金属刃・樹脂刃
    • 金属刃・ナイロンコード
    • チップソー
    • ナイロンコード
    • チップソー
    • チップソー
    • 樹脂刃
    • ナイロンコード
    • チップソー
    • ナイロンコード
    • 重量
    • 約1.8kg
    • 4.6 Kg
    • 9kg
    • 1.8Kg
    • 4.9 Kg
    • 5.0kg
    • 2.1 Kg
    • 2.4 Kg
    • 6kg
    • 2.9 Kg

    まとめ

    刈払機の選び方と、おすすめの機種10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。 刈払機があると、庭仕事が一気に楽になりますよね。雑草は放置しておくと、ますます手が付けられなくなるのものです。自分に合った刈払機を見つけて、快適な草刈作業を行いましょう。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

    TOPへ